いろいろな出来事

日々の出来事や気が付いた事など徒然に書いている双子の父です。
思った事等を思いつきで書いています。

7月30日(金)のつぶやき

2010年07月31日 | Weblog
07:33 from Keitai Web
地下鉄駅まで四キロ徒歩中。会社着くまでに汗だくになりそうだ。
13:14 from web
近所にあるスーパーのモリヤ(仙台市)倒産してしまった・・・。仙台地裁に民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。代理人によると、負債総額は102億円。スーパー19店舗のうち、フレッシュフードモリヤ仙台駅前店など6店舗を近く閉鎖し、再建を目指す。
21:15 from web
楽天イーグルス。こんな試合していたらどのチームも負ける気がしないと思うよ。
21:26 from web
楽天イーグルス・・・でも、考えたら選手層薄すぎ。三木谷さん、選手層の充実を善処してください。
by masuenomiri on Twitter
コメント

ホルモン焼き

2010年07月30日 | 食べ物系
最近、ホルモン焼きが食べたかった。
だからちょっと寄り道してみました。

入ったお店は仙台市泉中央にある魚民の系列店「ホルモンおいで屋」
価格はリーズナブルです。



内臓系の肉食べられれば満足できます。
三人で行って食べたのはホルモン4人前、シロ2人前、まるちょう1人前、ぼんじり1人前。
この まるちょうを以前から食べてみたかった!

通常のホルモンは、開いて油を落としているのですが、このまるちょうは、輪切りにして油を落としてないのです。

今人気の 厚木シロコロホルモンもこの まるちょうを使ったものです。
肉屋さんじゃ売ってないんだよねぇ

そんな、まるちょうを今回見つけたのがうれしかった






   ↑まるちょうから油が滴れ、よく燃えます!


肉食べたから、精力付いた~。
んで、ついた精力はどうするんだ・・・



よろしかったらポチッお願いします。
   ↓




コメント

7月29日(木)のつぶやき

2010年07月30日 | Weblog
08:26 from web
久しぶりに暑いと感じない朝だ。でも、これから大雨?日本海側に低気圧がたくさんあるから太平洋から湿った空気が流れ込むね。
18:40 from Keitai Web
今日の仕事終わり。ちょっと寄り道すっかぁな。
by masuenomiri on Twitter
コメント

7月28日(水)のつぶやき

2010年07月29日 | Weblog
08:22 from web
今日も真夏日になるようだ・・・@@; いつまで続くのこの猛暑。 春あたりの長期予報じゃ冷夏だったような気がする。
08:23 from web (Re: @vivaobachan
@vivaobachan 今年のあつは、なついね@@;
19:29 from Keitai Web (Re: @kawauso55
@kawauso55 宮の杜にあるラーメン☆ビリーのつけ麺ニンニク追加がオススメ。野菜増しもするとボリュームあるよ(無料
19:31 from Keitai Web
会社から帰宅途中。酒飲み続きで財布の中には千円札二枚だけ…。懐が寒い、外は熱い。
by masuenomiri on Twitter
コメント

トンボ製作

2010年07月28日 | スポーツ系
小学校のときに入っていた野球チームのトンボ(グランドをならす時に使います)が壊れていたので修理してみました。

材料はDIYショップで買おうと思ったら結構な金額になるので廃材を使って作ることにしました。材料は荷物を載せて運ぶパレットってあるんですが、捨てる予定の物をもらい、それをばらしての製作です。
支柱は壊れたトンボからの再利用です。





費用は1個当たり200円。
材料買ったら1個作るのに2,000円位掛かるので安く上がりました。







仕上げにチームの名前も入れてみました。
素人にしてはなかなかうまく出来たんじゃない?




よろしかったらポチッお願いします。
   ↓







コメント

『となりのトトロ』、視聴率20.2%を記録! 放送12回で10回目の20%越え

2010年07月27日 | ネタ物
>宮崎駿監督の人気アニメ映画『となりのトトロ』が23日、日本テレビ系で放送され、平均視聴率が20.2%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。1989年のテレビ初放送から今回で12回目の放送ながらも、計10回目の20%越えを達成。“夏休みの定番アニメ”として、老若男女問わずあらゆる世代から愛される作品であることを改めて実証した。


『となりのトトロ』、視聴率20.2%を記録! 放送12回で10回目の20%越え


そんな根強い人気のトトロに【本当は怖い”となりのトトロ”裏話】と言う物が有る事を知りました。真偽については公式無いので不明です。


~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~

さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、
それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと書いたのがとなりのトトロであり、
作中でずっと書いていたのはその原稿だという説。

(さつきとメイがトトロと一緒にでかい木の上で何か吹いていたシーン、あそこでお父さんがチラッと木を見やり、少し満足げにして書類に向かう。確かに違和感あり。父の想像を臭わせます。)





まず、トトロというのは死神、冥界への使者であり、トトロに会った人は死が近い、もしくは既に死んでいるという裏設定。

『トトロ』とはサツキがメイに「トロルのこと?」と聞き直した様に、トロルをモデルにしています。
トロルは地方によって異なりますが、死神であったり、気に入った者には幸福をもたらしたり、またある時は子供をさらうと言われています。


そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなった
八国山病院という実際にあった病院は、末期患者や精神疾患患者を収容する場所であったという話。

上記の通り、当時の所沢周辺は実際に結核患者の療養地でした。


(母親の病気は結核であるとウィキペディアにも記されています。結核は1950年までは日本人の死亡原因のトップ。となりのトトロの時代設定は1950年代・・・)



メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、あの時既にメイは池で水死しており・・・

「これ・・これだよ」
老婆の差し出したサンダルを見てサツキは凍りついた。それはメイの物であった。
しかし、サツキはぐっと唾を飲み込み、言った。
「メイのじゃない・・・」

(確かに引きつっていました。)


今ここで本当の事を言えば、間違いなく老婆は卒倒するであろう。
老婆の身を思い、サツキは嘘をついたのだった。
妹の死を悟り、その場にしゃがみ込むサツキ。

(メイのサンダルの詳細。
ピンクで、つま先の方が2~3本のひもで、踵にも一本あるタイプだ。
沼から出てきたのは、つま先が2本、踵ヒモもあるタイプだ。そしてピンク。)



メイの物ではないと聞き、安堵してしゃがみ込む老婆。
そしてサツキは気付いた。メイは病院へ行こうとしていた。
ならばメイの魂は未だ病院を目指して迷子になっているに違いない。

「このままではメイの魂は永遠に迷子のままになってしまう・・・」
「いや、もしかしたらどこかで生きているかも知れない・・・」
サツキは決心した。かつてメイがトトロに会ったという場所で語りかけた。

「お願い・・・トトロに会わせて!!」
木のトンネルを進むサツキ。その先には以前は無かった道があった。
サツキの言葉が冥界への扉を開いたのだ。
そしてその道の先には冥界の番人、トトロがいた。




「トトロ、メイが迷子になっちゃったの。探したけど見つからないの。
お願い、メイを探して!今頃・・・きっとどこかで泣いてるわ・・・
どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ・・・」



というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、魂を運ぶ乗り物である、猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。
(ネコバスの行き先表示の札に「墓道」が出てきているのも暗示・・・)




さらに病院のシーンでは母親が



「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」


と言う。なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がして、尚且つ二人は近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずにメッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか?
それは二人が既に死んでいるからです。

そして、父親は全く気が付かなかったのに対し、母親だけが死んだメイとサツキの気配に気づいたのは、母親にも死期が近づいていることを現しています。


(生きている子供のことについて、「あの木のところで・・・」なんて言うでしょうか?
そして、母親に会わなかったのは心配かけまいとして・・・と言うのであれば、なぜメッセージ付きのトウモロコシは置いていったのでしょうか。

メイとサツキは父親にはトトロのことも猫バスのことも揚々と話していました。
「心配をかけまいとトウモロコシだけ置いて帰った」というのは、不自然すぎます。)


母親の発言に対し、父親も「案外そうかもしれないね。」

もし生きているなら「こんなところにいるわけがないだろう。」
が自然な台詞です。
否定しないのは、父親は二人が死んでいるのを知っているからです。



・メイが行方不明になった後から、メイの影がなくなっている。

・最後のシーンでは全員が若返っており、実はあれは後の話ではなく、生前の昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。 もしくはエンディングの歌が始まって以降は本編とは別の終わり。
(サツキの服装を見ると、スカートではなくつなぎのようなものを着ています。これは現実ではなく、父の想像かも知れません。)



・所沢市に隣接する狭山市で起きた、女子高生が殺害された狭山事件をモデルにしている?

サツキ=皐月
メイ=May=五月
狭山事件発生日が5月1日

狭山事件では誘拐された女子高生の姉が犯人との交渉に参加している。

トトロの舞台は狭山丘陵が広がる、埼玉県所沢市松郷地区(所沢市)。






狭山事件(さやまじけん)とは、1963年5月1日に埼玉県狭山市で起こった、高校1年生の少女を被害者とする誘拐殺人事件。同年5月23日に被差別部落出身の石川一雄(当時24歳)が容疑者として逮捕されたが、一審の死刑判決後に冤罪を主張。その後、無期懲役刑が確定して容疑者の石川は服役した(現在は仮釈放されている)。

しかし、捜査の過程におけるいくつかの問題点がさまざまな立場から提起されており、石川とその弁護団及び支援者が、冤罪を主張して再審請求をしている。また、容疑者が被差別部落出身であったことから、この事件は部落差別との関係を問われて大きく取り扱われることになった。なお、差別による冤罪を主張する立場からは、この事件に関する裁判は狭山差別裁判と呼ばれる。


ここまでなら「偶然5月だった」という解釈も出来るのですが、宮崎駿監督は左翼としても有名な方です。ググれば一発です。彼が学生運動に参加している時代に狭山事件は起きています。
(どなりのトトロと同時上映された「蛍の墓」もメインテーマは妹の死でした。)


つまり、宮崎駿監督がこの事件について精通している可能性は高く、これを皮肉って『となりのトトロ』に盛り込んだのでは、という見方も出来るわけです。

一見平和で高度経済成長によって最先進国となった”完璧な日本”が『となりのトトロ』の表向きな姿であり、しかしその裏には人種差別や理不尽な国家権力という巨悪が潜んでいるのに、なぜ気がつかない?そんなメッセージの可能性はないでしょうか。

「となりのトトロ」の劇場での上映が、戦争によって死んで行く悲しい兄弟の話「火垂るの墓」と同時上映だった点からも、何か通じるものを感じます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんな裏話があるんだね・・・・



よろしかったらポチッお願いします。
   ↓





コメント

7月26日(月)のつぶやき

2010年07月27日 | Weblog
21:52 from Keitai Web
酒飲みの帰り道。徒歩で家まで四キロの道のりが遠い…。
23:22 from web
家着いてシャワーですっきり。ビールがうまい。
by masuenomiri on Twitter
コメント

7月25日(日)のつぶやき

2010年07月26日 | Weblog
08:20 from web
昨夜のプロ野球オールスターに楽天 川岸選手出場しました。中日時代は1軍戦出場なし。2軍戦わずかに9試合で働きが認められず自由契約になり入団テストを受け楽天入団した選手です。打たれたけど、なんかすごく嬉しくてねぇ(^_^)v
10:36 from web (Re: @vivaobachan
@vivaobachanフトンしまうタイミングも大事だね。しまい忘れて夕方遅くなったら熱が残って大変だ。
10:37 from web (Re: @kawaping
@kawaping エアリにあるダイソーは物がたくさんあるから見ていて楽しいよね。
10:39 from web
午前中は小学の野球チームのトンボ(グランド整備用)を作りにいってきます。午後から海行こうと思ったけど暑いので近場のプールに行くことにした。
by masuenomiri on Twitter
コメント

7月24日(土)のつぶやき

2010年07月25日 | Weblog
11:55 from web
午前中出社で、午後から子供のバットとグローブ買いに行くよ。小学校のバットは中学じゃ使えないし、グローブも小さくなってしまった・・・。
12:30 from Keitai Web
鯛焼きラーメンに来てます、ドキドキ…。
by masuenomiri on Twitter
コメント

本日の1杯(たいやきラーメン)

2010年07月24日 | 食べ物系
「たいやき本舗 藤屋 仙台泉店」行って来ました。
鯛焼屋さんが二郎系のラーメンを出しているとの情報を得ていってみました。

食べたのは「たいやききラーメン」 ¥550-
ちゃんと白い鯛焼きが乗っかってます。
食べる時は中の餡を溶いて食べるとぐんと味が深まります。

注文の時、若奥さん?からニンニク入れますかと聞かれましたが、野菜ましだけお願いしますと、はにかんで答えました。

極太の固い麺で歯ごたえあります。
550円とは思えないほど盛がすごいです。
しかもモヤシだけではなくてキャベツがたくさん入ってます。
見た目は確かに二郎系の(俗に言う二郎インスパイア)ラーメン。
と、いいながらいまだに本物の二郎食べたこと無いけど・・・。

スープ、豚はオリジナルな感じです、きっと修行なしで自分で勉強してるのだなと、思いました。 ぶっとい麺は噛み応えがあります、ブツブツと切れるような固さです。
野菜は火のとおりが良く、柔らかすぎず硬すぎずの程よい硬さです。
厚いチャーシューが乗っており、
これで採算取れるのかなー?って心配しちゃいます。



◆餡は、ホイコーローに入っているような肉味噌です、決して小豆のアンコではありません・・・




よろしかったらポチッお願いします。
   ↓




コメント (2)