原発問題

原発事故によるさまざまな問題、ニュース

1月18日(水)のつぶやき

2017-01-19 02:19:45 | つぶやき

この記事をはてなブックマークに追加

【フクシマ見聞録】電事連がICRPの委員の国際会議の出席旅費をぜんぶ払っていた ※64回目の紹介

2017-01-18 22:05:30 | 【フクシマ見聞録】

1876to1945さんのツイート(2013年10月01日~)を順に紹介します。64回目の紹介

【フクシマ見聞録】

電事連がICRPの委員の国際会議、それの出席旅費をぜんぶ払っていた

Akira Tsuboi@1876to1945さん 2013年12月19日のツイートから

 

福島行-崎山氏の話は続いた。「-ま、そういうことで裁判には東電は
ぜったい勝つ、ということがあるんです。

で、こういうこともありますから、基準が、、
あの規制基準が厳しければ裁判にも負けますし、あるいはその、
原子炉を停めて、あの、、修理しなきゃならない、
そういう事も頻度が高まる訳です-

 

-「ですから規制をゆるめるということが、ひじょうに
あの東電にとってはたいせつなんです。で、これを規制当局というのは、
原子力安全保安院、今はもうなくなりましたけれど保安院。

とか原子力安全委員会、なんですね。
で、そこへ手を回して、あの、リスク、、-

 

-「その、ええ停めなきゃならないことに”ならないように”、
規制をゆるめようとしてきたわけです。で、その保安院や安全委員会も東電を、
東電をほんとうは規制するんですけれども、規制する側にあるのに、

東電の”言いなりに”なっていた。で、東電が言うように規制を緩く、
期間を延ばしたり-

 

-「そういうことをしていたわけで、そういうことで規制する側が
規制される側の虜(とりこ)になっていた。

で、『規制の虜』という言葉を使ったわけです。

でこの、規制をゆるめるということに関して、
やっぱりあの放射線のリスクに関してもそういうことを使っていたわけです。-

 

-「で、その、それはどういう風にしていたかというと、
やはり放射線の専門家、とくにICRP、国際放射線防護委員会、
ここの基準に、勧告にしたがって各国はそれぞれの国の基準値を
決めている訳ですね。ですからICRPがどういう勧告を
だすかという事がひじょうに、あの、大切になってくる訳です-

 

-「彼らの関心事になってくる。で、それをあの、、
ええこれは電事連の資料からわかったんですね、
電事連というのは、あの電力会社10電力会社が作っている
連合会ですけれども、この電事連というのは一定の期間で会合を開いて、
その議事録があるわけですね。そういう資料から見たわけです。-

 

-「で、それに依りますと、あのIRRPや放射線の専門家、原子力安全委員会に、
規制をゆるめるようにはたらきかけていたというのはずっと書いてある。
で、特に、あのICRPに対してはですね委員に対しては、
そのはたらきかけをすごい強力にやっていた。-

 

-「で、その結果2007年勧告というのがあるわけですけれどもICRPの。
『電力の主張がすべて反映された』という記載があります。
で、ICRPの委員にどういうふうにはたらきかけたかというのは、
具体的に、いちばん端的な例はですね、-

 

-「電事連がICRPの委員の国際会議、それの出席旅費をぜんぶ払っていた、
というふうな事なんですね。ですから、ICRPの会議というのは、
年間何回もいろんな所で、5部門ありますし、
総会もあるでしょうからまあ何回もあるわけですね、-

 

-「で、そういうところでそういうところにICRPの委員が出席して、
それの、あの旅費はぜんぶ電事連が払うわけですから、、
その会合でなにをしたかとか、そういうことは伝えるわけでしょうね、
もちろんね。で、それはあの、、ええ、そういうことをやっていたんだと思うんです。-

 

-「で、まああの、、そういうことによって、まあ勧告にその
『電力の主張が反映された』ということがあると思いますね。

これを出して、わたしたちメディアの人に話すんですけれども、
メディア側はなかなか取り上げてくれないんですこれは、やっぱり。-」

 

※次回に続く

 2017/1/19(木)22:00に投稿予定です。 


この記事をはてなブックマークに追加

【告発!検察「裏ガネ作り」】「ここで細く長く生きろというのか」不覚にも涙がこぼれた ※55回目の紹介

2017-01-18 22:00:25 | 【告発!検察「裏ガネ作り」】

*『告発!検察「裏ガネ作り」著者 三井 環 を複数回に分け紹介します。55回目の紹介

口封じで逮捕された元大阪高検公安部長の「獄中手記」~

----------------

**『告発!検察「裏ガネ作り」』著書の紹介

12 独居房で迎えた正月 P171~

 12月27日は役所の御用納めの日である。面会も差し入れも、そして所内の購入も、来年の1月6日まで10日間ほどできない。せめて年末年始だけは家族と共に迎えたかったと思っていたのにー。

 やがて大晦日を迎えた。数日前から読書三昧の日々に入っている。それは無為だが贅沢な時間ではあった。夕食にはなんと年越し蕎麦が出た。「ここで細く長く生きろというのか」不覚にも涙がこぼれた。

 保釈請求却下に対し、弁護人において抗告申請をしたが、これも却下された。否認して真実を追求すれば、必ず人質裁判になるのが日本の司法の実情なのだ。私も現職時代は外から見ていたが、これほど酷いとは思わなかった。真実を追求するには多くの精神的・肉体的犠牲を伴うのである。

 しかし、年明けから渡眞利忠光に対する弁護側の反対尋問が始まり、新たな展望をが見え始めた。それは後に詳述するとして、拘置所で初めて迎えた正月についても少し書いておきたい。

 

 ※続き『告発!検察「裏ガネ作り」』(独居房で迎えた正月)は、

2017/1/19(木)22:00に投稿予定です。 

 

告発! 検察「裏ガネ作り」


この記事をはてなブックマークに追加

1月17日(火)のつぶやき

2017-01-18 02:18:45 | つぶやき

この記事をはてなブックマークに追加

【フクシマ見聞録】放射能汚染により耕作を禁じられた農家の方の多くの自殺の件を知った ※63回目の紹介

2017-01-17 22:05:45 | 【フクシマ見聞録】

1876to1945さんのツイート(2013年10月01日~)を順に紹介します。63回目の紹介

【フクシマ見聞録】

放射能汚染により耕作を禁じられた農家の方の多くの自殺の件を知った

Akira Tsuboi@1876to1945さん 2013年12月18日のツイートから

 

added new figure.suicide farmer.he lost his farmland wher e his father,grand father made cabbage too after 3.11.
https://pic.twitter.com/ahaTwcBew8
so many farmers are said to stop farmwork by gov because of deep contamination.it means they lost hereditary life,chain of time.


放射能汚染により耕作を禁じられた農家の方の多くの自殺の件を知った。
彼らが失ったもの。それはもちろん生計もあるが、自死までに向かわせたのは、
それが土地であり、彼らの父、祖父、曾祖父が受け継いできた
大きな時の連鎖だったことによる。

時計は、発災時の午後2時46分で静止している。

 

2011年3月29日、須賀川市である農家の方が自殺した。
政府が福島の作物の摂取制限を発令した翌日だった。

東電はこの件に関して金銭的和解をはかったが、謝罪には応じていない。
彼はキャベツを育てていたという。

 

福島行-崎山氏の発言は続いた。「-で、このところをよく調べられたのは
野村委員ですけれども、東電の内部資料をよく調べたんですね。
それで、その東電の内部資料を見て、一番わたしたち、
これ野村先生の話を聞いて一番おどろいたのは、-

 

-「それは、東電にとっての『最大のリスク』というのは、
原子炉を長期間停止しておくこと。

"それが"、東電にとっての最大のリスクだと。で、
自然災害のリスクというのは、私たちはまあ自然災害がおきて
原子力発電所で事故が起こったらそうしたら放射能が飛んできてたいへんだ、-

 

-「というのがわたしたちにとって最大のリスクです。
ところが東電にとっては、そういう事故を起こさないように原子炉を調べて、
もし欠陥があったらそこを補強しなければいけない。

補強するためには原子炉を停めるわけですけれども、
範囲が広ければ長期間にわたるわけです。-

 

-「でそういう風にして長期間原子炉を停めておくという事が
東電にとって”最大のリスク”だと。内部資料でそういう事が書いてある。

で、まあ裁判にも負けるという事はたいてい、ひじょうに損ですから
東電にとってはですね、ですから、東電に対して
裁判を起こして勝ったことは無いですね、ほとんど。-

 

-「で、わたしはあの、長尾光明さんという人が
東電の福島第一原発で四年間くらい働いてたわけなんですが
、辞められて10年くらい経ってから、多発性骨髄腫という病気になった。

で今亡くなられましたけれども、その裁判に関わったことがありますけれども、-

 

-「もう、””あらゆる手を使って””あの裁判には”ぜったい”
勝つということ、もうほんとに汚い手でも使います。

結局長尾さんは労災で、あの、ええ放射線と関連があるということを認められて、
労災認定されたにも”かかわらず”、あの、、裁判では「関係がない」
ということで負けてしまいました」-

 

-書き忘れた。国会事故調で東電の内部資料にあたられた野村委員は
、野村修也氏、中央大学大学院法務研究科教授。

そして崎山氏がこれまでの発言中もっとも声を集めて
「あらゆる手を使って」と語った長尾光明さんの裁判については
http://takasas.main.jp/column_090312.phpを参照していただきたい-

 

-一部を抜粋しておく。「長尾光明さんは東京電力福島第一原子力発電所など
で配管工や現場監督として4年3ヵ月勤務され、蓄積線量70 mSv被ばくしました。

退職してから16年後、M蛋白血症(後述)、第3頸椎の病的骨折と
左鎖骨の骨融解を起こし、多発性骨髄腫と診断されました。」-

 

※次回に続く

 2017/1/18(水)22:00に投稿予定です。 


この記事をはてなブックマークに追加