最初はSAH

2000.11にくも膜下出血(SAH)発症。無事後遺症もなく生還。今興味あること:脳のこと,教育のこと,テニスのこと

マンドリン演奏会

2017-05-07 15:16:09 | Weblog

 

昨日は、マンドリン同好会「上智大学ソフィアマンドリーノ」の定期演奏会を、
大田区民ホールに聴きに行きました。
東急東横線の多摩川駅で東急多摩川線に乗り換え、3駅目の下丸子。
初めて行くところなので、早めに家を出たら、約束時間より早く着いてしまいました。

演奏会前に叔父叔母を中心に、聴きに来た親戚一同(なんと11名)でランチ。
この集まりが楽しくて、今回も話しが弾みました。

演奏したのは、叔父夫妻の孫息子ですが、、
二人兄弟で、お兄ちゃんは、中大の合唱団で活躍していました。
仲良し音楽ブラザースで、二人とも快活な、いい子たちです。
お兄ちゃんの演奏会もよく聴きに行きましたが、
こちらは、4月から社会人となり、弟くんは4年で就活中だそうです。
本当に月日の経つのは早い!!!!

ステージに近い席を陣取ったので、ひとりひとりの表情や音まで聴き取れて面白かったです。
自信たっぷりにいい音で弾くOG(たぶん?)の前で、
自信なさげに弾く1年生か2年生の女の子が、可愛かったです。
小さいホールの良さでした。
全体としては、とてもいい演奏で上手だったと思います。
若いエネルギーを感じて元気をもらって帰ってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「歯医者さんにほめられる歯に」ってCMおかしくない?

2017-05-05 11:01:03 | 医療と健康
前からおかしいと思っていたけど、
いつまで経っても流れているCM。

上戸彩さんが、「歯医者さんにほめられる歯に」
って言うのがありますよね。(前は堀北真希さんだったけど)

予防歯科の大切さを言いたいのだと思うけど、

歯を大切にするのは、自分のためで、歯医者さんにほめられるためにするものではありません。

「先生にほめられる点数をとりましょう!」
「親にほめられるように頑張って勉強しましょう!」
って言っているのと同じみたいで、すごく違和感を感じます。

みなさんはどうですか?

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カレンダー時計

2017-04-28 11:33:08 | Weblog
夫は4月から、週2でしていた勤務がなくなり、
ついにサンデー毎日となった。(少しだけ、不定期バイトはあるけど…)

夫は早寝早起きで、だいたい毎朝、散歩に行っているようだけど、
私は、遅寝遅起きで、7時過ぎ頃起きるようになった。

毎日が単調になると、
「今日は何日だっけ?」
「今日はゴミの日だったっけ?」
などという会話が多くなる。

(脳外科に入院していた時は、毎日聞かれたなぁ~!)

人間、毎日同じ日課を繰り返すだけになると、
誰でも曜日感覚がなくなってしまう。
ただでさえ年齢的に認知機能が悪くなっているのに…

そこで、我が家は、カレンダー時計を購入しました。
テーブルの上に置いてあるので、朝一番で確認できます。
「これはいい!!!!」
これでゴミ出しに日も、間違えることはありません(笑)

明日からゴールデンウィークが始まります。
もう、混み混みの観光地に行く必要はありません。
いつでも、天気のいい時にフラリと出かけられるにですから…
サンデー毎日生活を夫婦で満喫しましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月も、もう終わり!

2017-04-27 13:49:50 | Weblog

桜が咲いて、様々な花が次々に咲き、若葉の美しい季節になったと思ったら、
4月ももう終わろうとしています。
最近はブログを更新するのが億劫になって、
せっかく、色々写真を撮ってきたりしたのにちっとも書かずに溜まってしまいました。

14日には前回、はとバスツアーで、(「はとバスツアー」
挑戦したけど、強風のため登れなかったスカイツリーに
ついに登って、素晴らしい景色を見て来ました。
(5周年だそうですが、意外と空いてました)


↑(伝法院の庭)

      ↑(雷門の提灯を下から見た写真)

その後、浅草寺の伝法院が特別拝観をしていたので、
見学したら、仲店や表通りの喧噪をよそに
静かでゆっくり散歩できました。

次の日から、風邪をひいていたのに、出歩いたせいか熱も出て、咳もひどくなり、3日ほどダウン。

19日には、日本橋三越新館10階の「紫苑」で中華ランチ。
酢豚が美味しいと聞いていましたが、ホントにGoo!でした。

久しぶりにメンバーが揃うので、お会いしたくて
熱も下がったので、無理して、出かけていきましたが、咳がひどく、不快な思いをさせてしまいごめんなさい。

でも、皆さん元気で、とても嬉しかった

次の20日には、まだ咳が続いているのに
京王多摩川で中学の時の仲間とテニス。

24日には表参道のサラダビュッフェのお店でランチした後、
青山の紀ノ国屋を覗いたり、
骨董通りのお洒落なインテリアのお店を覗いて、
六本木ヒルズまでお散歩。

結構な距離歩きました。
六本木ヒルズでケーキ&コーヒーして、
帰りはバスで渋谷へ。

昨日はアウトドアテニスレッスン。

ハードなスケジュールで遊んでいるうちに、風邪もついに治りました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年のお花見

2017-04-07 15:15:35 | Weblog


昨日、お花見に行ってきました。
世田谷区を流れる仙川沿いに咲く桜です。

成城学園前駅北側にある懐石料理のお店、
「創作料理 ほしや」で、まずランチ。
カウンター5席、半個室2室、完全個室1室
の小さなお店です。私たちは、完全個室。
お味は素晴らしく、一つ一つしっかりとしたお味がついていました。
郊外だからか
この「旬のひるげ御膳」が1480円という信じられないお値段。
デザートに暖かいわらび餅のいただきました。
美味しかったけど、きなこにちょっとむせそうになりました。

一流レストランのように店主のお見送りを受け、
お腹いっぱい、大満足でいざお花見に。
成城学園の裏を通って仙川の遊歩道に出ました。
今年の桜は、開花してから寒い日が続いたせいか、
なかなか満開にならず、満開に近い木と
つぼみがまだ開いていない木が混ざっていました。

でも祖師谷公園の真ん中あたりの広場まで行ったら、満開で素晴らしい景色が見られました。
千歳烏山駅まで歩いて、友人の家で、美味しいサバランをいただきいっぱいおしゃべりして帰ってきました。

かなりの距離を歩きましたが、捻挫した足も大丈夫でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捻挫治りました

2017-04-05 17:37:30 | 医療と健康




捻挫を治して、今日からテニス復帰です。
3月27日(月)のレッスンで転んで捻ったのですから、9日間で治りました。(治しました)
30日(木)には、①のように青くなって腫れてしまったので、
これは、一ヶ月くらいかかってしまうかと思ったけど、
今日は②のようにちょっぴり青いところはありますが、痛みはほぼなくなったので、
ロキソニンテープを貼って、キネシオテープでテーピング③、
着圧ソックスを履いて、さらにサポーターをして④、テニスをしたら、普通に出来ました。

治し方は
(1)丸一日、湿布して保冷剤を巻き付けて徹底的に冷やす。
  (レッスンで汗をかいていたのでお風呂に入りましたが、足は湯につけないようにしました)
(2)次の二日間絶対安静(買い物も夫に行ってもらい、弁当や寿司で済ます)
(3)四日目、まだ写真①のように青くなって腫れていたが、
  痛みがだいぶ治まったのでお風呂に入って、痛くないようにマッサージを始める。
(4)それからは、毎日出来るだけ動かして、マッサージ、マッサージ。
  青くなって腫れていると、触るのが怖いけど、痛いところと痛くないところがある。
  痛いところはそおっと、痛くないところは、何度も何度もマッサージ。

血行をよくして、筋肉に栄養を与えれば、治りはいいはずです。

バンザーイ!よかった、よかった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捻挫

2017-03-28 15:13:37 | 医療と健康
昨日は雨降りで、車は車検に出してあったので、歩いてテニススクールに行きました。

スクールは、インドアでサーフェスがカーペットなので、濡れた靴でプレイすると
引っかかって転ぶことがよくあると何度も注意されていました。

それなのに濡れた靴を玄関マットで拭いて(よく拭いたつもりでした)練習をしました。

クラスも昨日はスクール生4人だけだったので、かなりハードでした。
最後の試合練習になるとかなり疲れていましたが、
頑張って走って、ボールをとろうとしたら、アッと思った瞬間、
転んで足首をひねってしまいました。
「あ~あ、やっちゃった
『後悔先に立たず』とはこのこと。
玄関を出る時、ちょっと不安を覚え、
「シューズは履き替えた方がいいかな?」と思ったのですが、
「面倒だから、マアいいや」と、そのまま出ちゃったんですよね。

スクールの方が、すぐに氷を持ってきてくれて冷やして、
終わってから湿布を貼って手当てをしてくれました。
青くなって、腫れていたので、
「まずいなぁ」と思いました。
友人に車で家まで送ってもらい、帰ったらすぐまた冷やして、
夜寝る時も、保冷剤で冷やしました。
今朝、おそるおそる湿布を剥がして取り替えたら、青くはなっていましたが、
腫れは、昨日よりもいいくらいになり、痛みも昨日よりましになりました。
ロキソニンの入った湿布薬(期限は切れていましたが)を貼って、
脊柱管狭窄症の手術の時に履かされた、血栓予防の着圧ソックスをはいてサポーターをしたらとてもいいようです。
頑張って、早く治さなきゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

叔母の七回忌

2017-03-26 17:22:21 | 海音寺潮五郎
昨日は、2011年6月に亡くなった叔母(母の妹)の七回忌と
祖父母、S家の法要がありました。
総勢26名。母は5人兄弟姉妹の長女で一番上、
7回忌の叔母が二女で2番目。その下に3人男兄弟です。
母と叔母は亡くなりましたが、下3人兄弟は健在。

5人兄弟姉妹の割に、孫曾孫、連れあいまで集まってこの人数ですから、
こじんまりです。でも、親戚同士はとてもとても仲良しで濃密。
それは祖父母(海音寺潮五郎夫婦)が、5人の年の離ればなれの子どもに
愛情だけは、他家にないほど注いで育てたことによると思います。
墓参りと法要の後、いつものように赤坂四川飯店で会食。(「叔母の四十九日と納骨」)
四川飯店は、陳健民さんが始めた頃から、祖父のお気に入りで、私も何回か連れてきてもらいました。
亡くなって、海音寺潮五郎記念館が出来てからも、何かというとここで会食でした。

おこげにあんをかけてジューっと音がしてかき混ぜるパフォーマンス。
動画がアップできず残念です。

辛すぎるのに弱い私ですが、昨日は予約してくれた義叔母が
「あまり辛くしすぎないで」と言ってくれたそうで、
どれも、美味しく食べられました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稲葉 猛 近作展 2017

2017-03-22 15:01:52 | Weblog



大学時代の友だちNさんのお義兄さん、稲葉猛氏の個展が
表参道ヒルズの同潤館で、開かれます。
稲葉さんのプロフィールはこちら→「稲葉猛さん」
作品はこちら→「ネットギャラリー」

稲葉さんは武蔵野美大を出て、画家志望。
Nさんのお姉さんは学校を卒業してフランスに憧れていたそうです。
二人は出会って意気投合。お姉さんがデンマークにお手伝いさんの働き口を見つけて、
1968年、シベリア鉄道ではるばるデンマークに行って2年半、そしてノルウェーに1年滞在。
その後フランスへと移り住んだとか。
1974年、私たち夫婦が結婚して、フランスに新婚旅行で行ってお会いした時、
まだ、パリにたどり着いていなくて、アンジェという郊外の古い町に住んでいました。
それから間もなく、パリに住むようになったそうです。
稲葉さんはずっと絵を描き続けて、Nさんのお姉さんは猛烈勉強してガイドの資格を取って働いて、
今日もパリに住み続けているという、何ともつわもの夫婦!

前回、前々回の個展では空き缶アートに凝っていたけど、今回は違ってソフトな感じです。

お近くにお出での方はぜひ覗いてみて下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本大震災から6年

2017-03-12 14:47:33 | Weblog

3.11東日本大震災から、6年が経ちました。
社会全体でも、個人的にも色々なことがあって、随分前のような気もします。

被災地の今の様子を伝える報道が多い中、
何といっても、福島第一原発の今の様子と、
それによって避難を余儀なくされた住民や、町の様子が一番の問題だと思います。

帰宅困難区域は全くのゴーストタウン化して、
居住制限区域や避難指示解除準備区域が解除になっても、
住民は帰還せず、少数高齢者だけが帰宅して、町が成り立たないようになっている。

除染も十分とは言えず、福島第一原発が中の核燃料が、未だどうなっているかわからず、
何十年経ったら、危険がなくなるのかもわからない状態です。

私だったら、絶対に戻りません。

世界の多くの国が、日本の震災時の様子を見て、
原発を廃止して、別の道を歩んでいるのに、
被爆国で、あの事故を経験して、それを目の当たりに見ている日本が、
次々原発を再稼働していくことが、どうして許されるのかわかりません。

あの災害をきっかけに我が家は太陽光発電システムをつけました。(「太陽光発電」2012.10
発電量と消費量をみると、息子が家にいた時は、およそ消費量の約80%を発電してましたが、
息子が家を出てからは丁度100.99%(発電量7151.1Kwh 消費量7080.7Kwh 2015.11-2017.2)
が自前発電で賄えてます。(若者がいると消費電力がいかに多いことか!)

据え付けるのに補助金を使っても1,445,000円かかってますから、まだ元はとれていませんが、
毎月の電気代はほとんど戻ってくる額の方が多いので、大助かり。

それほど、太陽光発電は素晴らしいと思うのに、震災後でも家の周りで太陽光発電パネルをつけている家は本当に少ない。
それは何といっても、国がいまだ原発推進政策で、補助金は原発に回し、自然エネルギー政策にまわらないので、
設置費用がさがらず、つけている人が電気料金を押し上げているような「印象操作」をしているからだと思う。

原発は事故の問題だけでなく、放射性廃棄物の処理方法もいまだ決められず、今の人類には手に負えないものです。
将来的に出来るようになるかもしれませんが、何時になるか全くわかりません。
原発が世界的に受け入れられなくなってきたことは、「東芝」の危機問題ではっきりしてきました。
それなのに民進党まで「原発ゼロ」の時期を言えないとは…

日本はどうなるのでしょう??トホホ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

賢い医者のかかり方

2017-03-04 15:17:55 | 医療と健康
今日の朝日新聞土曜版の9面の「知っ得なっ得」という連載コラムに
「賢い医者のかかり方」という記事がありました。
(クリックすれば朝日デジタルに繋がります)

5回連載されていましたが、今回が最終回で、
「医者にかかる10ヵ条」というものでした。
イラストがとても面白く、思わず吹き出してしまいました。

10ヵ条とは

①納得できない時は何度でも質問する
②伝えたいことは事前にメモしておく
③大事なことはメモをとって確認する
④自覚症状や病歴は、患者の伝える大切な情報

治療中や再診時には
⑤その後の変化も伝える
⑥これからの見通しを聞く

⑦よりよい関係づくりは患者にも責任がある
⑧対話の始まりはあいさつから
⑨医療にも不確実なことや限界がある(ことをしる)
⑩自分が受ける治療は自分が決める

でした。

私たち患者は、医師に前に出ると緊張してしまいます。
ただでさえ、年をとると、耳の聞こえが悪くなり、頭の回転速度が落ちます。
医師は何度も色々な患者に話していることでも、患者には初めてのことが多い。
専門用語など交えて話されたら、ちんぷんかんぷんになってしまいます。
「よく分からないのですが」とか「もう一度お聞きしてもよいですか?」
とか丁寧に聞き直すことは大切だと思います。

許可を取って、録音させてもらうこともいい方法だと思います。

最近はネットなどで、調べられて、そこに書いてあったことが自分に当てはまり、
重病かと心配になることは多いと思います。
色々調べることはいいことだと思いますが、ネットに書いてあることは全てが本当というわけではないし、
なにより、医師はプロであることをしっかり自覚して、意見を求めたり、質問したりすることが大切です。

ネットで得た知識をひけらかし、
まるで、専門知識を持っているつもりになって、医師に対すれば、
反感を持たれるだけで、自分の得になることはないので注意!

ちなみに私は、毎回外来で、
「血圧はどうですか?」
と聞かれるので、血圧の変化をグラフにしてドクターに見せています。

先日作ったグラフをみると
冬場高かった血圧がだいぶ落ち着いてきたことがわかり、
自分でも
「いい調子かも?」と思えてとてもいいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう3月!

2017-03-02 13:22:56 | Weblog

ブログの更新を怠っていたら、もう3月になってしまいました。
花壇のクロッカスも咲き始め、
あんずの花も咲き始めました。
でも、今日はせっかく「今日こそはパッと咲こう!」と思っていた花に、
冷たい雨が降り注いでいます。
今年は沢山の実がなりますように!
(去年はたった1個の不作でしたから…「今年のあんず 一個だけ!」

梅も、前の家の影で日当たりのよくない木は漸く満開。
日当たりのよい木はもうすっかり散ってしまいました。

どうも世の中暗いニュースばかりで、
おまけに天候や気温に気分が左右される人間なので、
ずっと、書く気になりませんでした。
でも、まだ寒い日がありますが、
このところ日も長く、暖かくなってきたことだし、
書くことは、ボケ予防にもなるそうです(笑)

それにスポーツをすることは何より、血管の老化予防にいいと、    
先日も外来診察でマイドクターに言われたので、    
ブログと、テニス頑張って続けていきたいと思います。

このブログは、2005.5.2始めました。
開設から 4,322日!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脳動脈瘤 抑える薬

2017-02-09 14:02:29 | くも膜下出血

2017.2.8 朝日新聞朝刊 ↑クリックで大きくなります

昨日の朝日新聞の朝刊に「脳動脈瘤 抑える薬へ期待 京大仕組み解明
という記事が掲載された。(朝日デジタル記事「脳動脈瘤、薬の治療に道 京大、炎症の仕組み解明」

この記事によると、今まで、破裂するとくも膜下出血になる脳動脈瘤の発症については不明であったが、
京都大学の青木友浩准教授らが、白血球の一種であるマクロファージュ(よく聞きますね)という細胞の
表面にあるタンパク質が血管内に炎症を起こす物質を活発化させて、動脈瘤を作ることをラットで突きとめたそうだ。

そして、このタンパク質の働きを抑える薬を、人工的に脳動脈瘤を発生させたらラットに飲ませたら、
瘤周辺のマクロファージュが減り、瘤は大きくならなかったということだ。

ただ今回使った薬は、他の病気の治療に使って、副作用が見られたため、まだ安全性の高い薬を開発しなければならないとのこと。

脳動脈瘤の発生のメカニズムがわかって、それを抑える方法がわかったということは、くも膜下出血克服の第一歩!
期待しましょう!

遺伝リスクの高いくも膜下出血。
我が家の娘と息子に脳動脈瘤の検査を受けるように薦めているが、
忙しさを理由にまだ受けていない。
見つかった場合の不安も大きいに違いない。

以前「大動脈瘤が薬で治せる!?」なんて記事があったけど、未だ進んでいる様子はない。
この話どんどん進んで、早く薬が出来て、例え脳動脈瘤が見つかっても、大きくならず、さらに消失させることができる日が来ますように!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結婚式っていいですね!

2017-02-05 13:17:38 | Weblog
 alt=

昨日は親戚のお嬢さんの結婚式でした。
我が息子の5ヶ月後に誕生して、同じように育って、同じように息子のちょっと後に結婚。
プロフィール紹介などを見ると、彼女もバリバリ理系女で、婿さんも同じ研究室の先輩だとか。

花嫁のお母さんの話を聞くと、
二人とも仕事で忙しく、結婚式も二人で全部決めて、親には全て事後承諾。
「どんなドレスを着るのか、式も披露宴もどんな感じになるか、全然わからないのよ」

親戚だからでしょうか、息子の時と、よく似た話で、全体に雰囲気もよく似ていました。

BoAのファンで韓国語を始めた(息子もBoAの大ファンでした)話しから、
ホテル婚で、お嫁さんが、この日のために眼鏡を外して、コンタクトにした話まで、先日の息子の結婚式そっくり!

一人娘ですから、寂しいに違いありませんが、幸せそうな我が娘の花嫁姿と凜々しいお婿さんに、お父さんも満足そうでした。
うきうきしてる二人を見ると、周りの人も幸せ気分になれて本当にいいものです。

おめでとう 幸せになってね!!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日新聞コラム「文豪の朗読」2

2017-01-30 17:20:10 | 海音寺潮五郎
昨日(2017.1.29)の朝日新聞朝刊、読書欄コラム記事
「文豪の朗読」に
海音寺潮五郎の「西郷と大久保」が掲載されました。
前回は「武将列伝 勝海舟」(2016.7.3)でした。

史伝小説である「西郷と大久保」は、薩摩で幼なじみだった二人が
共に力を合わせて維新を成功させながら、維新後、意見が分かれて対立していく過程を描いていて、
明治維新を知る上の必読書だと私は思っている。

コラムの冒頭に作家佐伯一麦が書いているが、
仙台の伊達政宗の御霊屋「瑞鳳殿」に至る坂の途中に
西南戦争、薩摩兵士の墓があるということだ。
国事犯として収監されたその兵士たちが、
各地の開墾や築港工事に携わり、
宮城県の開発に大きな役割を果たしたこと、初めて知った。

自作の朗読であるが、我が祖父海音寺潮五郎の朗読は、
コラムに書かれている通り、ぶっきらぼうすぎて、
もう少し、魅力的な読み方にしたら、作品も生きるのではと思ってしまいます。
でも、佐伯氏は、
「朗読は平静さを失わず、それだけに革命家西郷と政治家大久保の性格が伝わってくる」
なんて上手に褒めてくれている(笑)
聴きたい方はこちら→『海音寺潮五郎が読む「西郷と大久保」 芝居気は皆無』

このコラムは、作家の朗読のソノシート付雑誌、「月刊朝日ソノラマ」というものを元にして書いているとか。
ほかの作家の朗読も聴きたい方はこちら→「文豪の朗読」

←記事はクリックすれば大きくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加