いろいろな出来事

日々の出来事や気が付いた事など徒然に書いている双子の父です。
思った事等を思いつきで書いています。

無事手術終了

2004年09月30日 | くも膜下出血
昨日無事手術終了。

しかし呼吸は自分では出来ず酸素マスクを付けている、実際のところ本人の記憶は1ヶ月位は飛んでいるんです。後にいろいろ聞いて編集しています。

出血の場所は頭のちょうどまん中あたり、脊椎に沿って椎骨動脈が走っていてそこに動脈瘤が何かの原因であって破裂だって・・・。



写真はクリップとシャントチューブが写ったものです。
この2点セットは一生ものですねぇ。
コメント

手術

2004年09月29日 | くも膜下出血
朝、担当の主治医の先生より手術の方法等決まったと連絡はいる。

難しい場所なのでご老人の場合は体力無いので執刀しないけど患者(私)は若いので将来もあるし体力があるので手術します、患者さんの体力を信じましょうと言われる。(言われた


コメント

くも膜下出血二日目

2004年09月28日 | くも膜下出血
CTやらMRなどで色々検査する、どうやら出血部位が難しいところのようだ、直ぐに手術できないという。

発生部位は、後頭部に小脳があるのだがその後ろ、延髄のそばらしい。
後日、解剖学の本見たら頭の丁度まんなかあたり、椎骨動脈の太いところとか。

手術の方法など先生方が話し合うので直ぐに出来ないと告げられる。

ICU(救急救命センター)で絶対安静のが続く。
暗闇で外界よりの刺激を与えぬようにし、手術の方法など決まるまで管理が続く。

だれもいない中で看護ステーションに私のベットからコールが鳴った。
なんと私が気がつき誤って点滴を抜いて焦ってコールした(とか・・・ベッドから直接手の届かない位置にあるそうで、どうやってコールしたの・・・と看護師と家内で話してたとか
コメント

くも膜下出血

2004年09月27日 | くも膜下出血
昨日の肉離れが痛む。しかし今日は仙台~広島の日帰り出張頑張らねば。

朝食前のTVを見ながらくつろいでいると、悲劇は突然に訪れた。
後頭部が痛い!

缶ビールのふたを開けたような【プシュ】という感じがした、そして激しい痛みがやってきた。
瞬間的にマズイと感じた。

家内に救急車を呼んでもらい、会社上司に電話する。
「頭が痛くて今日の出張いけません、救急車を今呼んでもらってます」と告げ電話を切る。
ソファに横になり救急車の到着を今かと待つ、一向に救急車は来ない頭はガンガン痛く呼吸が荒くなる、
よく走馬灯のようにと聞くがそんな余裕は無い・・・。

ここで後々の笑い話があるんですが、電話の後パンツをはきかえたんです、ディズニーのチップとディールの可愛いやつに
意図してこれを選んだわけではないです(弁解
病院→診察 きれいな下着はかなきゃと本能で(笑)感じたみたい。
家内はほんとにマズィとこの行動で思ったそうです。

ここから先は家内に後日教えてもらった事です。

ゼーハゼーハッと息が荒くなり家内は手は動く?大丈夫ぅ?気持ち悪いくなぁい?
吐き気は?と語りかけてくれたが、まもなく「ヒィー・・・」と悲鳴みたいな声を出して・・・

・・・このまま意識を失った・・・

意識失ってすぐに呼吸も止まった、目を見開いたまま。

えー!息してないよぉ。
ソファから引き摺り下ろし人工呼吸をしてもらう。
家内は多少の知識をもっていたので助かった。
でも、息してないしこのまま逝ってしまうの・・・なんてあっけないものだと思ったという。

救急車到着は意識失って10分くらいかも、思えば人工呼吸してもらわなかったら脳の酸素不足で重い後遺症になっていた事だろう。

救急隊員病院はから仙台国立病院でいいですか?と告げられ、「お願いします。」

病院で診てもらいCT撮影で「くも膜下出血」と診断される。
コメント

運動会

2004年09月26日 | Weblog
今日は町内会と小学校の合同運動会です、私のところの学校は生徒数が少ないので毎年一緒に行ってます。
年代別リレー参加。

さぁガンバルゾー!
最後の直線・・・ダーッ・・・ブチッ!
太ももの裏(ハムストリングス)の肉離れあえなく戦線離脱。
足を引きずりながらなんとかゴール

子どものどうして頑張らないのぉ!という言葉が痛かった・・・。
陸上競技で国体2回出場、インターハイ、インカレと出場した過去の栄光が伝説そして消滅・・・。
コメント