さんぽで出会う花鳥風月

ひでじいの四季の写真

マガモ

2019-01-20 22:13:10 | 

*2019年1月20日撮影

 冬なのでやむを得ませんが、雪のちらつく曇り空の日が続いています。
 それでも雪は地面に積もるほどには降りません。
 この調子でこの冬が終わってくれたら、と思っています。

 会津の鶴ヶ城のお堀にも氷がはって、カモたちもどこかへ引っ越して行きました。
 ところが今年は氷のはり方が半端で、かなりの面積で水面が残っています。
 それで水の近くに、ごく少数のマガモやコガモ、カルガモなどが、それぞれの場所を確保して居残っています。
 マガモがこんな風にして居残るのは珍しいのではないかと思うので、今日はマガモの写真です。





*2019年1月12日撮影

 残り少ない水面を泳ぐマガモのカップル?。
 水面に浮かんでいるのは枯れた松の葉のようです。
 松は常緑樹なので、冬でもみずみずしい緑の葉をつけています。
 その一方でたくさんの葉が枯れて落ちているのですが、あまり気がつきません。
 こうしてお堀の水面に浮かんでいるのを見ると、こんなに!と驚きます。





*2019年1月6日撮影

 氷の上でマガモたちは昼間はほとんど寝ています。
 カモたちは本来夜行性なのです。寒いせいもあって、昼間は極力動かないようにしているのかもしれません。
 雄のマガモに囲まれて、雌が1羽首をあげています。
 前にいる雄になにか訴えているのかも。





*2019年1月3日撮影

 氷の上に雪が積もった時、マガモの雌が1羽。
 右上の黒いところが水面。
 寒そう。

 
 
コメント

雪のミズキ

2019-01-10 22:02:47 | 樹木

*2019年1月10日撮影

 雪が降りました。
 8日、9日と2日間降って、今日10日は晴れました。
 10cmほど積もったでしょうか。今日晴れたので、もうずいぶん消えました。

 そんなわけで、雪をかぶった樹木を撮影してきました。
 ごらんいただくのはミズキです。
 初夏に白いこんもりした花をつけるミズキですが、今は雪をかぶってこんないでたちです。





*2019年1月10日撮影

 枝先にはこまかい枝があって雪をため込んでいます。
 花の季節にはこのこまかい枝の先に白い花が咲き、やがて赤い実をつけますが実は黒くなっていきます。
 実が黒くなる頃には、枝の先が赤くなって目立つようになります。
 花には蜂たちを、実には小鳥たちを呼び込みようにできています。

 松の内を過ぎると15日から小正月です。
 小正月にはミズキの若い枝に小さなだんごや色とりどりの飾りをつける「だんごさし」を、室内に飾ります。
 ミズキは「だんごさしの木」として親しまれています。
コメント

オナガ

2019-01-07 21:53:15 | 

*2019年1月7日撮影

 曇り空で時々雪のちらつく1日でした。

 めずらしくオナガの群れに出会いました。
 オナガはたくさん飛び回っているのですが、茂った枝の向こうに隠れるのであまり撮影できませんでした。
 そんななかでも、どうにかオナガらしく見える写真を選びました。
 1枚目はスギの梢にいるオナガです。
 スギがよくわからないほどフジやクズなどがからみついていて、そのツルのむこうにオナガがいます。





*2019年1月7日撮影

 これはスギの枝にいるオナガです。
 スギの実を食べているのでしょうか。
 オナガは雑食で、木の実や草の実も食べるし、虫なども食べるのだそうです。





*2019年1月7日撮影

 オニグルミの枝にいるオナガです。
 木の皮をつついて、虫を食べているように見えました。
 オナガは名前の通り尾が長くて、見た目にもふんわりと飛ぶ感じがするのですが、じつはとても動きが早い鳥です。





*2019年1月7日撮影

 同じくオニグルミの枝にとまるオナガです。
 尾が長く見えません。
 こちら側に曲げているのでしょうか。よくわかりませんが、オナガには違いありません。

 オナガは渡り鳥ではなく、一年中いる留鳥とされています。
 ここで繁殖しここに住んでいるということなのですが、めったに見ません。
 生活の中心はたぶん山の中かどこかで、冬になると食料を求めて平地に来るのかもしれません。

 
 
コメント

カンツバキ

2019-01-06 21:30:54 | 樹木

*2019年1月6日撮影

 年が明けてから、毎日降ったりやんだり、ときには晴れ間ものぞくといったあんばいです。
 冬だから晴れないのはあたりまえですが、いまのところ大雪にならずに済んでいることに感謝です。

 会津の鶴ヶ城の大手門へと登るゆるやかな坂道には、両側に椿が植えられていて「椿坂」と呼ばれています。
 江戸の昔からそうだったのかどうかはわかりません。
 秋から冬の頃、今の時期にはカンツバキが咲きます。
 春になると本物の椿が咲きます。





*2019年1月6日撮影

 この花をカンツバキというのは、私がそう思っているだけで確かなことではありません。
 カンツバキというのは、サザンカの一種で、園芸種なのでさまざまな品種があります。
 サザンカ類にはたくさんの園芸種が存在し、それらを見分けることは困難です。
 冬に咲く椿のような花という意味で、カンツバキという名はこの花にふさわしいように思っています。
 
 名前が似ているユキツバキというのは、サザンカではなくツバキの一種です。
 名前に反して春になってから花が咲きます。





*2019年1月6日撮影

 雪が積もったカンツバキの花というのは、名前のイメージにそっていい感じの写真になるのですが、残念ながらあまり雪が降りません。
 そこで雪景色のような背景を選んで、カンツバキを撮影してみました。
 この冬の時期に、懸命に咲いているカンツバキの小さな花は、とても愛おしいものです。
 
コメント

元旦の空

2019-01-01 20:24:01 | 風景

*2019年1月1日撮影

 皆様あけましておめでとうございます。
 2019年の幕開けです。
 本年もよろしくおつきあいのほど、お願い申し上げます。

 年の初めは穏やかな日和で始まりました。
 午後からは雪がちらつきましたが、午前中はまずまずのお天気でした。

 そんなわけで、今日は元日の朝の青空をごらんいただきます。





*2019年1月1日撮影

 会津の鶴ヶ城の天守閣の一部も入れて、青空です。
 年の初めだと思うと、なぜかこころ踊る空に見えてしまいます。
 ことしもきっといい年になる。そう思います。





*2019年1月1日撮影

 ちっとも冬の空のようではありませんが、元旦の空にはふさわしいような。
 青空と雲。
 さっぱり日頃のブログではとりあげませんが、じつはたくさん撮影しています。
 今年は、空と雲の写真を少し多めに登場させるかもしれません。
コメント