酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

パセリ豊作につき

2013-06-30 | こしらえた話。
我が家バルコニー菜園のパセリがもりもり生っている。

小食な食卓では食べきれぬ。食べないにしても摘んではドライにするとか、とにかく収獲しなくては、もったいないことになる。


とにかくは消費。昨夜はパスタに。


ボンゴレビアンコにイタリアンパセリを。
炒める時、食べる時と二度に分けて入れると美味しいよと教えてくれたのは中華のシェフだった(笑)
今回はアンチョビも効かせて、まずまずの出来だ。
ところでこのボンゴレ。予定ではロッソとなるはずだった。

先日、冷凍庫の整理の都合でトマトソースを使わねばという話をした。
それで、ボンゴレロッソをこさえようとアサリの砂抜きをし準備完了。いそいそとニンニクなど刻み、フライパンを出しさて調理開始というとき、あれ?トマトを解凍してない!ことに気づき急きょ赤が白になったという次第。
結局トマトソースは冷凍庫のなかに居座っているという訳だ。

イタリアンじゃない方のパセリ(正しい名があると思うが)で


パセリバター。ガーリックバターのパセリ入りだ。
何たってガーリックトーストが好き。これは他に白身魚や貝類のグリルに使うと美味しい。冷凍しておけるので便利だ。

二株しかないがモリモリとしていたパセリは、おかげで少しだけスカスカしたのだった。
コメント (2)

絶妙なる部位。

2013-06-29 | 酒風景
「川わき」での晩酌。

カウンターの冷ケースを吟味すると、エビが旨そうだ。でもイカも食べたいしと思案していると、色々を少しずつ盛り合わせてあげるとマスターからの提案。


旨そうだ。
おや、このマグロの雰囲気は、いつも食べたいと熱望しているアソコかい?

限りなく中トロに近い赤味。旨いんだなココが。マグロの中で最も好きなとこ。これさえあればぎんぎんのトロもしゃきんとした赤身もいらない。

おおっ、何とツイている。その日その日良いものを仕入れている小さな居酒屋。
世の中に刺身占いといのがあれば最高点。



さて今朝のTVめざまし土曜日。

射手座は最悪。
コメント (4)

浅草に里心。

2013-06-28 | 写真部屋
先日は「よしや」さんでどじょうを食べたものだから、どうにもこうにも4月に行った浅草の「駒形どぜう」が懐かしくて仕方ない。
ついでに朝っぱらから呑んだ築地やら、楽しく呑み歩いたあちこちが懐かしい。
まるで浅草にホームシック(?)なのだった。

そうそう、そんな時は


ンラブ気電 ではない。
神谷バーで買ってきた「電気ブラン」をちびちびと。

お江戸は何度行っても面白い。
コメント

納豆に滋養アップ。

2013-06-27 | 酒風景
もう7月になろうというのに、今日は5月並の温度とか。
なかなか毛布さんとお別れできないのだった。

さて、メカブを混ぜたりキムチを混ぜたりしながら、毎日楽しんでいる(いや、健康上のノルマとも言う)納豆生活。
先日は酒のアテとしてラッキョウとコラボ。


どこでも売ってるラッキョウ漬け。これを刻み納豆と和える。
肝心なのは汁を使うこと。結果、ラッキョ納豆は甘い仕上がりになるのだが、これはこれで旨い。甘さが気になるなら一味唐辛子を加えても。

漬け汁にこそラッキョウの滋養があるのよと言っていたのは、かの細木数子先生(六星占術の大家)。
彼女がブレイクしていた頃、テレビでご自身が簡単料理ということでラッキョウを使った何かを拵えていたのを参考に納豆に応用した次第。

匂いのあるものと匂いのあるものを混ぜると、そりゃ大変なことになるような気もするが、互いの存在を緩衝するのか、意外にあっさりテイスト。
ならばスタミナアップってことで、キムチも足してやれ~!というのはけっこう大変なことになるので、おすすめはしない(笑)。ちなみに実験済み。

懐かしいな、六星占術。
ちなみにあたしゃ火星人(+)。
コメント (2)

どぜう。

2013-06-26 | 酒風景

やきとり横丁(とは戦前からの小路の愛称。「ふらりーと」という平成になってからの愛称もあるが、今般においてはあえてそう呼びたい)の中にあって、実力派と言われる「よしや」さん。

表に大きなポリバケツがあったら、それは夏の味覚到来の合図(断じてゴミバケツじゃないよ)。
バケツは仕入れたドジョウの水槽がわり。そう、ドジョウ料理が始まったのだ。

昨日、少しばかり汗ばむ午後3時。
3時のおやつはドジョウに決定(笑)。


開け放した扉、路地の打ち水が涼風を届ける。そんな中、柳川をつつきながらの一杯は格別だ。


冷やをもらい、すずめに舌鼓。

ああ、今日が休日でよかった、ここが「よしや」でよかった。ほんとに心地よい時というのは、心の中では面倒くさいことはあまり考えていないものだ。



なので、いつもの記事のような味がどうのこうのは、以下省略。
コメント (4)