酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

普段、普通のしあわせ

2011-03-31 | こしらえた話。
豆腐ステーキを拵えた。



キッコーマンサイトのレシピ。ニンニク、醤油が香ばしい。

日配品が当たり前に買えること。
その意味を深く思うこの頃。

「いただきます」の意味も多様化するということか。

ごちそうさまでした。
コメント

その毛。

2011-03-30 | 写真部屋


旭山動物園にて。冬まっ白なホッキョクギツネがまん丸になって寝ておる。

ああ、その毛。
触りたい。癒されたい。

コメント (1)

ZOO旭山 夫婦百景

2011-03-28 | 写真部屋
ヒトとは違い、一般的に動物の恋の季節は定期的。

今まさにホッキョクグマがそのタイミング。
旭山には現在、ふた組のカップルにベビーが期待されている。

その1。もともと旭山にいる個体。イワンとルル。



例年になくオスのイワンが積極的らしく、飼育場ではかなり激しい追いかけっこが。
で、たまに交尾のような仕草も。
数メートル前で繰り広げられるそれ。熊だけに迫力は破格だ。
それを目の当たりにしたヒトの親子。そのことは見なかったことにする親の不自然な態度がおもしろい。

もう一組。時間差で札幌からやってきたピリカとサツキ。



お風呂であ~いい湯だな、なんて、そんなわけない。



やはりこちらも、かなり激しい恋のやりとり。

どうぞ今年こそは嬉しいニュースにあやかりたいものだ。

カップルといえば他にも。



オオカミのケンとマース。春の陽ざしに昼寝中。
こちらは5月あたりに発情期となるらしい。

みんながんばれ~
コメント (1)

アザラシ生まれた

2011-03-27 | 写真部屋
久々の旭山動物園。



春の日にアザラシも気持ちよさそう。

偶然にも嬉しいニュース。
ゴマフアザラシの赤ちゃんが昨日生まれたとか。まだネットでも未発表だった。

昨日生まれたばかりのが

いた~!



親は育児をしていないらしい。
よって飼育員さんによって育てられる。

それにしても可愛い。



しかし稚内あたりでは、冬にシベリアからやって来たゴマフアザラシが港に住み着いて、漁業被害もあったらしい。
野生動物と人間の関係は難しい。

あ、転がった。
お腹にはヘソの緒が残っているのが見える。さすが昨日の生まれたて。



今回は他にも面白いモノが撮れた。整理をつけて後日また見ていただきたいと思います。
コメント (1)

不合理な時間。

2011-03-26 | 日記
「忙しい」という言葉は使いたくないが、なんかそんな感じ。
なので、それを不合理な時間と呼ぶことにしようかな。

年度末である。

年度予算。この時期になると慌てて執行するのはよくある話。
それでばたばたしているここ数日なのだった。

困るわけじゃないのに無理して金を使う。
日本中のそれを義援金に回したら良いのに。
コメント (1)