酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

キムチ納豆をさらにまったりと

2018-02-24 | こしらえた話。


黄身がとろりとからんで、旨し!
まったりネバネバな美味しさがたまらないのである。

下は1分前、出来上がりの状態。


刻んだキムチと納豆を混ぜて炒め、土手をこさえて卵を落とす。
卵が好みの固さ(柔らかさ)になったら、黄身を絡めて食うべし。
※レシピはこちら

このままゴハンにスライド、キムチ納豆丼にして食べれば、そりゃもう果てしなく美味しいだろうが、生憎あたしゃロカボの真っ最中なので、これはこれで酒肴として楽しむ。
日本酒、焼酎に溶け合うこと請け合い。まったりと楽しめるのである。

とかなんとか、やっぱゴハンだよなあ、これ・・・(笑)

--------


「体が温まる♪キムチ料理」コーナーにレシピを掲載中!
コメント

フレンチと日本酒の出合い。

2018-02-22 | SAKE TIMES


日本酒WEBメディア「SAKE TIMES」に私の連載最新話が掲載されました。

今回はビストロのオードブルでお馴染み「豚のリエット」を拵えてみました。
そんなに手間をかけず庶民的に仕上げたリエットの味わいは、狙い通り日本酒との相性もよく、楽しい晩酌となったのでした。

作り方は中でも解説。お試しあれ。
画像クリックでリンクします。
コメント

旬のめかぶで三品、三日間。

2018-02-21 | こしらえた話。
おや、生のめかぶがあるじゃないか。



鮮魚コーナーで見つけ即買い。実は初めてである。
テレビなんかで時々見かける、浜の料理さんが家で調理をして見せてくれるシーン、沸いた湯に放り込んだ瞬間に鮮やかな緑色に変わる、あれをやってみたかった。


ほんとに変わる!
色の変化を連写したかったが、これ1枚だけ(笑)

で、これをフードプロセッサーで細かく刻む。



で、もうひとつ、やってみたかったのが、タレントがロケで浜の料理さん宅を訪れてごちそうになる、採れたてのめかぶで作るめかぶ丼。

やってみましたさ。


ロカボにつきメシ少な目。貧相だ(笑)が、旨い!
ほんの数秒で完食(笑)

で、翌日は・・・


納豆とまぜて冷奴に。

で、今朝は・・・


めかぶ、オクラ、なめこ、ねばねばトリオによる掻き玉汁。

旨い!旨すぎる。二食分という設定だったのが、お代わりしてしまった。
まだ売ってるかなあ。
いつでも並んでるって代物じゃないからなあ。

いざ、リピート。
もし手に入れば、ゆでて刻んで食べて、残りは冷凍作戦。
コメント (2)

寒い日には

2018-02-20 | 旨かった話
北風だ。


そんな日のランチは、これを選択。

ビーフシチュープレート。
おまけにパン、根菜。糖質高めだが、ここは心の栄養を優先させる。



ここ数日、自分を甘やかしすぎかな・・・。


お連れさんも楽しそうにしていたし、まあよしとするか。



ううむ、どうも言い訳が多いか・・・(笑)



コメント

ロカボな食卓。

2018-02-19 | こしらえた話。
なんだかんだで、なんとか続いてるロカボ。
おかげで体重は減少傾向。あと一押しというところである。

目下、主食はこれ(笑)


キツネに生まれ変わるんじゃないかってくらいの、揚げの消費量である。

中身はネギ納豆と、向こう側はハムチーズ。タンパク質を補給してるだけじゃなく、美味しいのである。食べ応えも満点。

もう一品は、粉のないお好み焼き。


薄っぺら~(笑)
卵を溶くときに、もっと空気を含ませねば。
お好み焼きでいうなら、豚玉。豚肉、キャベツ、卵。使ってないのは小麦粉だ。世間ではこれを卵焼きとも言う(笑)
オタフクソースが美味しいので、まあ何とかなる(ソースも糖質要注意だけど)。

というか病みつきかも(笑)
コメント