酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

居酒屋キャンプ。

2017-07-31 | 旨かった話
キャンプに行ってきた。


やる気満々。この他にもビール少々。

今年2度目のソロキャンプ、自ら居酒屋と呼ぶようになったのは・・・


こういう感じ。この世界を楽しむため。


ピントがずれるほど美味しかったホタテ(笑)

お通しは家の冷蔵庫から持参した炒りおから、がんもどきの煮たもの。
そしてフライパンで炒め揚げでできる鶏唐揚げ的なもの。
中盤は、フライパンを使って小さなジンギスカンも。

締めは麺。


腹が減ってなくても食べたくなるんだな(笑)
こういう場所ではカップ麺より袋麺に限る。

で、今朝は味噌汁(もちろん材料持参)とおにぎり。


おにぎりがクーラーに入れっぱなしのため冷たいのが残念であるが、これもキャンプの味と思えば悪くない。

そしてコーヒーを淹れ、お開き。

無事に帰還するも、今日は体重計には乗れない(笑)

コメント (2)

旬の茄子を肴に。

2017-07-30 | こしらえた話。
茄子はいいよね。
煮ても焼いても揚げても。生でも美味しい。

ので、

まず塩もみにして晩酌を始める。



しみじみ旨い。

お次は、その間に網で焙っておいた茄子を。



芥子醤油で。しみじみ旨い。

申し訳ないが、これでも言葉を選んでるつもり。
茄子って、こんな言葉しか思いつかないのだが、しかし、最上級の賛辞である。
茄子って、そういう味なんだ。出過ぎないところがいい。
すっごくおいしい~!のだが、不思議と気分がおっとりする。

このまま、どうかどうか、おっとりと過ごせますように(笑)
コメント

動画 酒録2016-17

2017-07-29 | 酒風景
この1年に呑んだ(画像が残っている)ものを一挙編集(笑)

コメント

新ジャガで一献。

2017-07-28 | 旨かった話
信者が と変換した我がPC(笑)

さて、新ジャガにお目にかかったのは、いつもの女将の店。


もう、北海道産が出回ってるんだね。「北あかり」というからには北海道だろう。

小芋(一旦は「恋も」と変換した我がPC)を素揚げにして塩をふっていただく。皮がパリっとしていた中はホクホク。

道産のジャガイモ、本格的に出回るのは8月以降。イメージをしては秋が旬である。
え?間近のことじゃないか。
来週には8月。お盆が過ぎりゃ気分は秋。

あ、なんだか急にそわそわしてきた(笑)
こういう話は精神衛生上よくないね。

ほか、色々頂いた中の一品。


イカと(以下と、と変換した我がPC)キュウリのサラダ。
旨いよね~、この出合の美味しさは鉄板だ。
コメント

池波先生のトマトサラダ

2017-07-27 | こしらえた話。
池波先生とは、かの時代小説家・池波正太郎氏のこと。
最近、エッセイを読み返していたら、こんなのが紹介されていた。


切ったトマトにごま油、酢、醤油をかけて食べるというもの。トマトと醤油は合うなと仰っている。また大葉は多い方が良いとも。
これはいい。うちのベランダ菜園の大葉が手に余るほどに豊作なものだから、これは好都合。

華やか!というものではないが、味わいはしみじみとしていて美味しい。酒にもすんなりと寄り添う良い肴にもなる。
池波先生の、と聞いただけで粋な味に感じてしまうから不思議だ。

ベランダ菜園といえば、うちのミニトマトもうっすらと色が付いてきた。
来週あたり、収穫できるかな。楽しみ。



ちなみに、このサラダ。レシピというものはなかったが、自分なりにレシピ化してみた。
どうぞコチラも。
コメント