酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

やっぱコレだね、の鍋焼き。

2012-01-31 | こしらえた話。
やっぱコレだねって、何かのフレーズだったか…

近頃、冷や麦を茹でて、釜揚げうどんのように食べるのがマイブームな自分であるが、寒い夜はやっぱコレだね、と鍋焼きうどん。



うちの鍋焼きは大体いつもこんなふう。麩がかまぼこに変わる位の事はあるが、コレがお気に入りのスタイル。

で、食べ方にもこだわりが。



麺に黄身を絡めて。なので、月見は固すぎではいけない。かといっても半熟すぎてもいけない。あまりにも生だとちょっと苦手という、自分、半熟卵にはちょっとうるさい。

麺類数々あれど、うどんは煮込めるという点で楽しみ方が多い。火にかけることで、柔らかさが増すというか、ノビてなお旨しという特製があるように思う。
そもそも鍋焼き、って、うどんのためにあるような言葉だし(よく行く蕎麦屋に鍋焼き蕎麦ってのがあって、案外旨いけどね)

はふはふと挑むように食べ尽くしたら、〆はご飯をちょっと入れて。
麺料理数々あれど、満足度でいうなら鍋焼きうどんは間違いなく高得点と思う。



鍋ならコレだね
水たき料亭『博多華味鳥』から、本場の【もつ鍋セット】モニターを10名様に!!
コメント (6)

美味しい顔、というか、ビミョーな犬。

2012-01-30 | わさび部長
近頃、わさび部長のマイブーム。

その1 納豆。

随分と美味しいらしい。もう、欲しがり方から違う。


その2 りんご。

ちっちゃい時は食べなかったんだけど、最近、お父ちゃんの免疫向上デザートを拵える折、リンゴのきれっぱしを試しに与えてみたら、一瞬の躊躇の後、美味しそうにシャリシャリ。

以降、リンゴを剥くとそわそわ。オスワリも腰が浮く。





何お上品ぶってるのかな。

ほんとはこんなヘン顔になるのに。



目、うるうる。耳、真横。美味しい~のは分かるけどヘンな顔。同じレンズなのにTHE DOG みたいに鼻デカだぞ。

良かったねえ、人生に楽しみが増えて。
コメント (6)

想像丼。

2012-01-30 | こしらえた話。
気に入って、近頃数回訪れているラーメン屋・三日月。

日替わりサイドメニューがいつも手書きボードで紹介されているのだが、いつぞや…

日替わり肉飯
きざんだチャーシューとネギ
マヨネーズとポン酢のソースで

とある。

それも食べれば過食になるので、遠慮しておいたがとても気になっていた。

(その証拠にメモってたりして)

で、想像でこしらえてみた。



チャーシューはハムメーカーのもので、本物の風合いとはちょっと違うが、それを小さく角切りにしたものと、ネギをみじん切りにしたもの。ソースはマヨネーズ(もちろんキューピー)に少しずつポン酢を混ぜながら溶いたもの。これをたらたと上からかけた。

なんだか見映えビミョーだが、旨い。そもそもマヨも含め、具材はご飯に合わないという理由がない。こりゃ酒呑みながらでもイケますな。

でも、この見映えだったらプロ仕事じゃないような。

で、おかわり。



ソースは同じ。材料の切り方を変えてみた。まだ、こっちの方が見映えする。
かつ、こうすると味わいがさらりとなる気がする。

これが、その店のそれかどうかは分からぬが、わが家のメニューにはこれで決定!なのだった。

それにしても、二杯食べて、ネギ腹になった(笑)。

(分かるかな、この感覚)

コメント (2)

新年会。

2012-01-29 | 酒風景
そう、今頃である。

いつもなら正月にやっている友人らとの集まりが、どうにも皆が揃って万障お繰り合わせの上といかず、昨日になったのである。



皆変わらぬ食欲で呑み食べし、3軒ほどハシゴ。いつものパターンだ。

デジカメ見て思い出した。

一旦お開きになった後、残党で夜食タイム。



ううっ、カレーだけならまだしも、カツまでのってる(薄~いやつだったけど)。

お達者ぶりも変わっていないのは良いことと思うが、深夜、食欲があるのは良いこととするか、でもちょっと考えねばならぬか、難しい年頃となった。

呑んでても、さすがに健康ネタが多くなったし。
コメント (2)

鶏ハム

2012-01-28 | こしらえた話。
ううむ、足の小指がひりひり。なんだか腫れているような気も。
世間で言う、これがしもやけか。

さて

ハムじゃないのだが、ハムと呼ぶ、鶏ハムを拵えたという話。



いつも行くスーパーの特売日。国産ムネブロック50円/gは、鶏ハムでも仕込もうの合図。

シンプルな味の岩塩を使えば、肉の味を残し易いのではとの素人発想。

で、そういう味になったかどうかは、いまいちハッキリしないが、まあまあいつもの出来で及第点。これを前菜に、安いワインを抜いてお気楽な晩酌が始まったのだった。

晴耕雨読。冬に当てはめると晴耕雪読ということになろうか。
この時期になると、料理など、家で何か仕込み事をするのが何だか楽しい。成り行きとして、成果品で一杯呑るのは、もっと楽しい。

塩分気にしなければ、もっともっと楽しい。




ああ、悲しいオチ。

でも、今年はコレが課題だな
コメント (2)