酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

夏実感の宵 酒は国稀

2016-05-31 | 酒風景
変哲のない呑み方をして大人しく家で寝ようと思っても、やはり物足りない。

ので、

草庵で呑み直し。


どーんと国稀のお出迎え。知ってはいたが味わうのは初めての機会となる。
さらりと口当たりがしなやかで美味。

突き出しは鰹の刺身。


夏だね。国稀にもよく合う良い肴でござる。

それにしても日焼けの腕がひりひり。
おしぼりで冷やしながら酒を呑むのも一興(な訳あるか!)。
よく見りゃ店主も日焼け顔。
日曜日は増毛町の甘エビ祭りに行ってきたそうな。だから国稀があるんだね。

なのでエビもある。


味見程度でいいからと2尾を味わう。
甘エビは年中漁れるが、やはり夏というイメージが強い。

ふと気づけば、夏の肴に日焼け仲間。夏のムードが一杯なのである。これで南部鉄の風鈴でもチリンと鳴れば、もうイチコロだな。

来るな来るなと言っても夏は来る。嬉しいようなそうでないような。
コメント

今朝のびっくり。

2016-05-30 | 日記
また1キロ増えている。
これで「6キロ痩せなきゃ」にノルマを再び変更。



おかしい、こんなはずじゃない。
体重計さんったら、今朝は魔が差したのかも知れないな。

昨日だって、たしかにお昼はいろいろ食べたが(余ったお弁当まで食べた)、その分、夜は軽く済ませてるし。
春先からの運動不足がたたって、太りグセがついたとか?
コメント

ソフトボール焼け。

2016-05-29 | 旨かった話
日曜日、ソフトボールの日本リーグを観戦。


いつもの女将の店の、女将夫妻に誘われ出かけたのだった。


女将が用意してくれたお弁当(一人分)、このほかにお寿司、ビールたくさん馳走になり、すっかり花見気分(笑)


何となく座ったら応援グッズを渡されて必然的に日立を応援(笑)

プロ野球のような大味な迫力こそないが、スピード感と正確なプレイはさすが。
守備なんか、いつも見てる高校野球(地区予選)の子らより断然うまい(比較対象にムリあるか)。

今日は二試合を観戦。終わってみれば顔がヒリヒリ、腕は片側だけ焼けてツートンカラーになっていた。
気温が涼しいからと油断した。気温と日光は別物だな。

ひりひり。
コメント

かなり、非日常。

2016-05-28 | 旨かった話
アフターファイブを紅茶で過ごす。


誘われて紅茶専門店「石渡紅茶」(西武旭川店の中)へ。

なんだか新鮮だ。画像の質感、当ブログでは滅多に見られない(笑)
メニューはアフタヌーンセットなるご覧の状態でスコーンやケーキなどがついたもの。
お連れの女性は紅茶とかパンとかジャムとかに明るい人なのでどう評価しているか分からないが、自分はお茶がパーコレーターなんぞでサーブされただけで、満足。

そもそも自分の仕切りだと、まず来ない場所。昔は行きつけのカフェドライフの姉妹店ライフラプサンでフレーバー系を楽しんだものだが、年を取って行動範囲がますます狭くなってしまった。
人のお誘いに乗ってみるというのは、いろんな意味で有難い。
コメント (2)

焼き塩さばのリメイクつまみ。

2016-05-27 | こしらえた話。
焼いた塩サバがたくさん余ったら(という人はあまりいないと思うけど)、自分は大概こうしている。

骨を除いて身を細かく刻んで、ごま油で軽く炒める。


さらに、たっぷりなゴマと鰹節を加え醤油・みりん少々。
旨い! 旨すぎて味見が止まらない(笑)

という苦難を乗り越えふりかけの完成。


と言いながらふりかけてないけど。酒のアテにもってこいなのだった。
ちまちまとつまみながら、酒も旨い!

今回の塩サバは、いつもの女将から。
先週、例のイベントで多めに焼いておいた塩サバが余ったもの。店を手伝った自分がご褒美として頂戴し、冷蔵庫で眠らせておいたのだった。

話はもどるが、ほんとに旨いんだ、コレ。
余ったら、どころかこれを作りたくてサバを買ってくるほどだ。

ビミョーに脂臭くサバの風味が絶妙。
これならサバが苦手な子供でも、いや無理か。
コメント (2)