Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

シンプルさが美味しいトリュッフを使ったお料理の献立

2017-11-29 23:37:46 | 野菜 ベジタリアン料理 Légumes

先日週末に義妹を招待した時の献立です。ローマ空港で長い待ち時間中免税店を覗き購入したイタリア産白トリュッフを使ってみました。

マンゴーと帆立貝のカルパッチョトリュッフソース

 前にご紹介いたしました。少々飾りつけ変えてみました。

今日はトリュッフソースに白トリュッフの輪切りも載せて豪華に。

我が家は家族や家族と思う友人を込めての出入り割と多いです。とっても嬉しく思っています。

簡単なものにしてね と言われること多いのですが 簡単なものにしてねと言われる前にかなりのリクエストの量があると どうします?

時間と心のゆとりのある時には私の欠点?の創作料理がかなり出てくるのですが 時間余裕のない時には皆に好まれる絶対間違いのないお料理を無難に作ります。今日のお料理のように。

素材が高貴なものなので素材を生かし味つけは最低限にしました。

 

タリアッテレと白トリュッフのクリームソース

 材料 2人分

  *タリアッテレ (フレッシュなもの使用)200g

  *トリュッフ (白)30g

  *生クリーム 10cl

  *バター 10g

  *オリーヴオイル

  *塩、胡椒

  *パセリ

  *パルメザン

タリアッテレと白トリュッフのクリームソース

 作り方

1 鍋にバターを溶かしトリュッフ輪切りにしたもの2/3を入れてさっと2分ほど香りが付くまで弱火で炒める。生クリームを加え 塩、胡椒、さらに5分ほどかき混ぜ続ながらソースを仕込む。

2 タリアッテリの茹で時間を検討ソースと同時に出来上がるように茹でる。

3 茹であがったタリアッテリにソースを注ぎ混ぜ 上に残りのトリュッフを載せパセリを飾る。パルメザンも。

生クリームはお好みで少し多めにしてもよいと思います。白ワインも加えてよいのですがここからは私の創作料理に入いるので口閉じておきます。苦笑


3人でしたがオードヴルの後この2人分で充分でした。

 

この後ごく軽いグリーンサラダもありましたが省略させていただきます。

 

そして今日の美味しいデサートは?

柿のアイスクリーム

お料理上手のお会いしたことないのですがとっても親しく思っているMchappykun さんが私が我が家熟柿のお料理を載せたときコメント欄でアイディアをくださいました。

アイスクリーム、柿のピュレー、ラム酒をミキサーに。

この日は上にも柿のピュレーを。とっても美味しく頂きました。Mchappykun さん 素敵なレシピ有難うございました。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

蛸の献立

2017-11-28 00:58:35 | 魚貝料理 poissons

フランスでは蛸はなかなか手に入りません。周りヨーロッパの国々で蛸を使用する国々が多いのにです。前日に生の冷凍蛸の脚を解凍したもの、小さめのものですが、を見つけ茹でておきました。少し塩味がありますが茹でるとあまり気にならない味のものです。

いつも美味しいものに囲まれているソーニャさんのプログを拝見いたら蛸のから揚げが。見ていて即食べたくなってしまいました。

蛸の味つけから揚げ

チキンのから揚げには普段は味醂は入れないのですが酒の代わりに味醂を入れてちょっと甘い味つけに。これはとても蛸と合って美味しいと思いました。

 作り方と作り方

  漬け汁

醤油2、味醂1 の割合に生姜 と大蒜の刷おろし、胡椒を加えたもの。

後は片栗粉を軽く振るいから揚げにします。(ソーニャさんはメレンゲ衣で)

(片栗粉 コーンスターチを切らしており 米粉で代用と思い間違ってタピオカ粉を使ってしまったというハプニングも。美味しくできたので宜しいこととします)

出来上がりに七味を振りかけると美味しいです。

蛸は柔らかく出来上がりました。主人もとっても気に入ったようです。

蛸の味つけから揚げ  1

実はこのお料理前日の夜にも作ったのです。夕方遅く彼女のプログを読んでいて即作ってしまったのです。(夜の撮影 ぼけています)我が家普段二人の時には夕食はごく軽いのです。でもワインのおつまみならと・・・・・ね。

ソーニャさん美味しいアイディア有難うございました。

 

紫大根のサラダ

この10cmほどの小さな大根は 此方では radis vert  緑大根と呼ばれており皮は白いのですがほんの少し緑がかっています。中はこのようにきれいな紫色。

薄くスライス ごく少量の塩をかけてしんなりさせ洗わないで水気を切りレモン汁。そのままでも美味しいのですがオリーヴオイルや胡麻油を混ぜても美味しいです。

 キャベツとクリストフィンと干し海老の炒め物

  材料

  A 玉葱 1/2、大蒜2片、生姜、それぞれ微塵切り

  B クリストフィン 小1 皮をむき千切り

  C キャベツ 5枚ほど 軽く湯がき千切り

  D 桜エビ  大2ー3

 *コチュジャン 小1 もっと多めでも

 *チキンブイヨン 10cl

 *白ワイン(酒の代わり)少々

 *塩、胡椒、

 *醤油

 作り方は

ひまわり油 を熱してまずA から炒め BそしてC、Dを加え塩 胡椒 コチュジャン チキンブイヨンを加えて野菜はあまり煮すぎないよう アルダンテ気味 しゃっきり炒め煮にする。醤油で味の調整。

蛸の南仏風サラダ 

これは前日のお昼に作ったものです。2色ピーマン、ミニトマト、ドライトマト、オリーブ、ケーパー、大蒜、エシャロット、バジルの葉など沢山入入りレモン汁とオリーヴオイルで合わせた香ばしいサラダです。

オードヴルにピッタリ。

機会があったらまた後に詳しいレシピご紹介致します。

 

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハンバークプロヴァンス風トマトソース煮

2017-11-26 00:04:32 | 肉料理 Viandes

久しぶりにハンバークを作りました。フランスのハンバークは牛挽肉の塊をそのまま焼くだけ。リムーザン牛のもので美味しいものを購入、はじめはフランス的にと思っていました。でも懐かしい母の煮込みハンバークに代わってしまいました。

先ごろ沢山野菜が残っているので買い物はせずソースは今日の家にある野菜の材料を考え 全然母のものと全く異なるプロヴァンス風味つけになりました。でも 一口 味わった主人 これ君のお母さんのハンバークだねと。

今日が初めてではないのですがお肉の中にマッシュルームのソテーしたものも加えて これは大好きでう。

ハンバークプロヴァンストマトソース煮

セロリ蕪のフリッター添え

   材料 6個分

 *牛挽肉 脂肪の少ないもの 500g
 
 A玉葱 1/2 微塵切り
 
 A 大蒜 1片 微塵切り
 
 A マッシュルーム 5個 微塵切り
 
 A バター 大1
 
 B パン粉 大4
 
 B 卵 大1
 
 B 生クリーム 大2
 
 B ナツメッグ 、塩、胡椒
 
 作り方
 
1 A の材料をバターでしんなりするまで炒め荒熱をとる
 
2 挽肉に 1 と Bを加え 粘りが出るまでよくかき混ぜる。
 
3 6つに分け円形に形どり真ん中は少しくぼみを入れフライパンに少しのオリーブを入れ 両面綺麗な色が付くまで焼き皿に取る。仲はまだ半焼けです。
 
4 ソース は茄子さいころ切り水で灰汁を抜いたものをオリーヴオイルで炒め 玉葱 大蒜の微塵切りを加えその後に先ごろはは新鮮なトマトがないのでトマト水煮缶、白ワイン、チキンブイヨン、ローズマリー、ローリエで軽く煮込みました。
塩、胡椒。そしてトマトや白ワインを使うと酸味が出るので隠し味に少量の砂糖を加えます。野菜の分量は今まで沢山書いてあるので敢えて記しません。
 
5 出来上がったソースの中に3を入れて火が通り味がなじむまで煮る。
 
以前にいくつかハンバークのお料理の記事を書いてあります。
 
 
 
 
以上のレシピほとんど皆同じなのですがその時の気分により少しずつ変化あります。宜しかったらご覧ください。記事によってはソースの作り方詳しく書いてあるものもあります。
 
ハンバーク 私にとっては日本の味 母の味 幼少時代 思い出の重なった懐かしい味なのでしょうね。
 
 
 
 
付け合わせのセロリ蕪のフリッター

写真を見て一見じゃが芋?と思う方々も。これセロリ蕪のフリッターなのです。私達は大好き 絶対に美味しいです。セロリ蕪は大きく持て余してしまうときには即このお料理。

作り方は簡単です。

  1セロリ蕪は棒状に切り固めに蒸しておく。

  2 フリッターの衣、私は凝りません。てんぷら粉状態のものの中を通し薄く油をひいたフライパンで全面を焼き塩、胡椒。

   フライパンの中には一度に入れず少しずつのタイミングで焼くのがコツです。

 サラダ

今日のサラダは美味しくなってきたマッシュにプランターで育てた大根の葉(大根を育てたのではなく葉のみです)にカリカリベーコンと型ゆで卵の微塵切り。カリカリベーコンシンプルなサラダにはとっても美味しいお味を付け加えてくれます。

写真には撮りませんでしたがスパゲティーを添えました。

 

明日は次女夫婦と婿さんのご両親招待。今朝買い物をしてきたのですがまだメニューが決まりません。どうしよう・・・

次女夫婦はパリ内で引っ越しにかかるので孫を預けに来ました。私達双方の両親は2週間ほど交代で預かります。1歳3か月可愛い孫 すごく活発そして先ごろ本当によく歩くようになり目にするものを口に入れるしで 小さな子供がいる家にはできていない我が家 現在色々なものをかたずけ中。今回初めて両親不在の滞在の孫。責任は大きく少しばかり緊張しています。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

帆立貝の献立

2017-11-22 23:53:29 | 魚貝料理 poissons

前の記事に続き帆立貝の献立です。殻付きで2㎏ 15ユーロ 美味しく安い季節を逃すのは残念ですよね。ことに大好物の場合。昨日のお料理には半分使用 残り半分は今日のお料理に残しておきました。この日はお魚屋さんに頼まず自分で殻を除いたのでいつも捨てられてしまうひももばっちり残して活用することに。

本当を言うとお料理とりかかる前には何を作るか決まっていなく迷っていた瞬間もあったのです。でも家にある材料を見ていたら自然に献立が決まりました。

まずは帆立貝のタルタルから

帆立貝のタルタルと2種類の柿

マンゴーもあったのですが今日は柿と合わせてみたいと思いました。これ とっても美味しかったです。柿も普通に固い市販の物と我が家のグジュグジュ柿と2種類を使い2つの食感触の異なるもの これも満足です。

  材料 2人分

 *帆立貝 4個

 *柿 1個

 *グジュグジュ柿 (我が家の渋柿をベランダで渋みがとれるまで干したもの)小さめ 3個

 *レモン汁 1/2個分

 *オリーブオイル 小3

 *塩(塩の花)、胡椒

 *三つ葉

  作り方

 1 帆立貝と柿は5㎜ほどの角切り

 2 それぞれ ほんーの軽い塩、胡椒 レモン汁 オリーブオイル1/3量で混ぜておく。

 3 セルクル型にまず柿をそして帆立貝、2回繰り返し上から圧力をかけて型抜きをする。

 4 ぐじゃぐじゃ柿 も同じくほんーの軽い塩、胡椒 レモン汁 オリーブオイル1/3量を加え ピューレー状態に。ハンドミキサーで試したのですが量が少なく思うような滑らかなピューレーにはなりませんでした。でも家庭料理なので失礼致します。

 本格的には柿裏ごしして 味付けがよいと思います。

 素材が繊細な味なので味付けは帆立貝も柿の部分もごく控えめにしました。

5 3で抜いたものに4のソースを添え 三つ葉の芽を添えて。

     三つ葉今年の春こちらで見つけ育てたものちょっとの発育だったのですが沢山の実が付きプランターの土の上にパラパラ撒いたらそれはそれは沢山発芽してくれました。小さな芽を摘んでお料理に楽しんでいます。

ちょっとフランス風的なオードブルになり今日の献立に浮いてしまうとも作りながら心配したのですがすんなりでした。

 

帆立貝の卵巣入り茶わん蒸し

殻付きの帆立貝には立派な卵巣が付いています。

卵巣を使ってフランス風ソースのお料理作ったことあります。卵巣はソースの美味しいつなぎになります。写真がないのでご披露でいませんが次回作った時ご紹介したいと思います。

でも私この卵巣と茶わん蒸しの相性は絶対に美味しいと思うのです。前回一度ご紹介したと思いますが。主人もとっても美味しいと言っていました。

今日は平茸とかなり薄い卵液の茶碗蒸しを作りました。青物は三つ葉ではなくクレソンです。少し個性のある青物を添えたいと思いました。

 

帆立貝の紐と平茸の炊き込みご飯

 

  作り方

1 紐は100g位ありました。3cmくらいに 切ります。平茸(多め)と薄み味 醤油、味醂、だし汁で軽く煮ておきます。水分は少し残っています。

2 お米は1合半ほど(あまり米の量が少ないと美味しく炊けないので  翌日にも美味しく頂けますし)、ほんの少し水を少なく昆布を入れて炊きます。(煮立ってきたら昆布を取り出します)

  主人と二人の時には横着 炊飯器で。炊き上がった時点で 1を加え15分ほど蒸らします。

ひもと昆布と平茸とそれぞれ美味しいお味を出してくれました。

  脇に焼き海苔を添えました。

大根と昆布、揚げ豆腐の煮つけ

もう一つ野菜物が欲しくこのようなお料理。先日スーパー ビオの売り場で初めて試しにお豆腐購入したら固くて美味しくなくって。でもこれ揚げたら厚揚げの感じになるのではないかと思い片栗粉をまぶし素揚げにしてみました。というわけで大根と上のご飯を炊いた際の昆布と煮しめにしてみました。。

大根は美味しかったですが豆腐はやはり厚揚げの味ではなかったです。でもまあそれなりに。フランス人ビオ志向の人には受けるかなと思いました。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

帆立貝のパイ仕立て フォンデュードポワロー(ポロ葱ソース)

2017-11-20 22:20:17 | 魚貝料理 poissons

 現在帆立貝がとっても美味しくお値段も庶民的 魅力的な食材です。私大好き。クリスマス時期にはお値段高沸するのですよ。現在買い置きをして冷凍する方々もありますが帆立貝は冷凍したくないです。新鮮なものを即味わいクリスマスには他の素材でのお料理をしたいと思っています。

帆立貝 他の魚料理と共に本当は生が一番好みなのですが 焼き方によりはほとんど生の食を味わえる今日のお料理です。

今日のソース 帆立貝と相性の良い野菜を考えました。フォンデュードポワロー 季節の美味しくなってきたポロ葱の白い部分を煮込んだ美味しいソースです。

パイ皮の中で帆立貝を焼いてしまうと生感の帆立貝は賞味できないのでパイ皮は前もって焼くことにしました。

貝殻を真似て下の写真のように。

   材料 4個分

  *帆立貝 8個

  *ポロ葱 白い部分 10cmほど

  *大蒜 1片 微塵切り

  *白ワイン 10cl

  *チキンブイヨン

  *生クリーム 10cl

  *エストラゴン 少量

  *バター 20g

  *塩、胡椒

  *オリーヴオイル 少量 帆立貝を焼くため

 

   作り方

1 パイ皮 はホタテ貝に似せて切り 包丁で飾り切目 卵黄を塗リ 180度のオーヴンで15分ほど焼く。

 冷やしてから包丁を入れ上下を切り離す。

2 鍋にバターを熱して ポロ葱 大蒜を焦がさないようにしんなりするまで炒めてから 白ワインチキンブイヨン エストラゴンを加え10分ほど気長に汁が半分ほどになるまで煮詰める。

3 2に生クリームを加えさっと混ぜ塩 胡椒で味付ける。

4  帆立貝はフライパン 熱したオリーヴオイルの中で両面さっと焼く。軽く塩(塩の花) 胡椒 お好み焼き具合の時間 今日は片面1分もかけませんでした。

5 焼いてあるパイ皮にフォンデュードポワロー(ポロ葱ソース)をそしてその上に帆立貝を載せたら出来上がりです。

クレソンサラダ

今日のようなお料理な個性のあるサラダが美味しいと思いクレソンサラダを用意しました。

堅茹で卵とアンチョビーを加えシーザーズサラダの味つけです。

ボージョレーヌーボー

帆立貝の型を抜いた後に半端なパイ地が残りこれは無駄にはできないと色々形作り パルメザンチーズとパプリカを振っておつまみ作製。

この日はボージョレーヌーボー 解禁日  フランスではあまり騒ぎ立てることない近年ですが1年に1度のことなので楽しくアペリティフを楽しみました。

 

のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加