Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

蛸のから揚げの献立に キムチのパンケーキも加えてみました

2018-05-15 22:00:55 | 日本料理 惣菜料理 Japonais

昨日月曜日はお天気が良いのに加え大好きな蛸が手に入ったのでこのような献立になりました。蛸のから揚げ 大好き。揚げ物は調理場汚れて嫌がる方々多いですよね。私は一度頭に横切った食べたいものが口に入るのなら汚れても構わず揚げ物に臨んでしまう方です。(笑)

蛸のから揚げ

この蛸のから揚げは大好きです。新鮮な蛸は本当に小さなものが時折手に入る程度。あまりフランスでは食べられている食品ではありません。お惣菜の食品売り場ではマリネのもの売られていますが高価なわりに正直言って蛸の風味もなく酸味が勝って美味しくありません。

今日の蛸は冷凍物解凍されたもので少々塩味が勝っていましたがでもそれは味付けでカバーできます。とても美味しいと思いました。

   材料

 *蛸 さっと湯がいて置く 湯がき方の説明は省略致します。日本では茹で蛸が手に入りますものね。

 A 味醂、酒、醤油 同量

 A 生姜、大蒜の擦りおろし

 A を混ぜたものに 蛸 敵と負うな大きさに切りコーンスターチを振り(ジープロックの中に片栗粉を入れその中に蛸を入れ均一に軽く粉が混ざる様に振る)高温の油の中でカリッと揚げる。

 紫蘇の葉は無いので香りのよい庭中に生えているメリッサを添えました。

鶏手羽と蕪の酢醤油煮

前日寒くてこのような煮込みを作りました。青味が無く寂しいです。山椒の葉を添えました。このお料理と山椒の組み合わせはピッタリです。

詳しい作り方は同じようなもの前に載せてありますので此処をご覧ください。

おにぎり

目先を変えて白ご飯の代わりにおにぎり。

椎茸の煮漬けたものがあり上のお料理の飾りにとも思いましたが刻んで混ぜて。久しぶりのおにぎりです。

キムチのパンケーキ

 自家製のキムチ仕込みました。あまり韓国料理には縁が無く知識が無いので簡単な作り方が載っている本を購入 キムチもこの本を参考にしたのですが(キムチは材料を見ていて私の好みとは違うなと味見をしながら配合を変えたので正確な分量が判らずレシピは書くことできませんが美味しくできました。)

このパンケーキの写真を見て食べてみたいと思い作ってみました。これも昨日作って残ったものを食卓に出したものです。

  材料 レシピの半量で

 A 米粉 62、5g

 A 薄力粉 125g

 A 卵 大1/2 小なら1個

 A 水 1 175m

   A  塩 キムチの塩加減を考えご調節ください

 B 葉付き玉葱 1.5

 B 紫蘇 2枚 ないのでメリッサで代用

 B 赤唐辛子 半本 微塵切り (辛いキムチの場合は要らないと思います)

 B 大蒜 半片 微塵切り

 B キムチ 125g 細かく刻む

   作り方

1 A を 滑らかな状態に混ぜる

2 1に B を加える

3 軽く油を引いたフライパンで15mほどの円形に焼き上げる。片面3-4分ほど。私はミニクレープを焼く器械を使用。

75gほどの豚挽肉を炒めて加えると美味しいそうです。

 数えなかってのですが沢山出来てしまい2つずつに分けて即食べないものは冷凍。

 

 一年前に書いた記事添えます

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと使えたお弁当箱 前日のお料理も協力してくれました

2018-04-11 02:15:17 | 日本料理 惣菜料理 Japonais

ソーニャさんより夫婦用のお弁当箱のプレゼント届いてから随分日が経過ご披露できず心苦しく思っていました。

主人は冬場お皿も温めてサーヴィスするくらい暖かい料理は絶対に暖かいものが好み オードヴル 主食、サラダは分けて食べるフランス風の食事が本来は好みなのでお弁当料理作りには戸惑っていました。

今日は前日に作った物で1段目はご飯もの暖かいもの 2段目は冷たくても良いもの 3段目は熱々のお味噌汁でお弁当の昼食を作りました。でも熱いものは本当に熱々にと結構気を使って作り なんだか本当のお弁当とは外れているような感じがしないでも。

お雛様なような可愛いお弁当箱 雛祭時にご紹介するべきでしたね。

 

一段目 烏賊のかき揚げ天丼

前日のお昼に烏賊のかき揚を作りました。

ふだんは玉葱となのですが少し残っていた茄子 フランスの春の新大蒜も入れちょっと個性のあるかき揚です。

新大蒜

これを天丼にしました。海苔の代わりに少し残っていた青さ海苔をして更に個性を強調しました。

2段目の詰め合わせ

上から右回りに 5種類ほど

 * グラグバックス〆のサーモンの大根卸和え 

   レモン汁と生姜卸したもの大根卸し水を切ったもの、少量の醤油で和えてあります・

 * 隠元の胡麻和え これはフランスの胡麻ペースト を使用でごまかしました。苦笑

 *春先の空豆の茹でたもの 茹で上がりに軽く塩を振っただけです

 * 春蕪のレモン塩漬け 

 *アボカドの山葵マヨネーズ和え

仕切りはやはりソーニャさんの贈り物で食べられる海苔の器使用しました。

 

お味噌汁

育った家ではお味噌汁は朝のみ お昼 夜はお吸い物。でも主人はお味噌汁フアンなのでいつの時間にもでのお味噌汁。

具は蕪,若芽、豆腐です。 

今日のお弁当

 ソーニャさんごめんね。やっとご紹介でき少しばかり心軽くなりました。

 

ところで昨日のお昼の献立なのですが。(我が家は昼食がメインで夕食はごく軽く 主人の好みのスープなどが多いです)

 

 烏賊刺しみアボカド添え

 

 

私のプログご覧になっていてくださる方はもう皆さんご存知でしょうが私は烏賊には眼が無いのです。身の厚い墨に包まれたこの地の私好みの烏賊 お魚屋さん処理してくれるとのこと私はかなり忙しい日々を過ごし疲れていたのでお任せしました。

帰宅後包みを開いてみたら大きな烏賊が本当に少しの量になっていて少しがっかりしましたが美味しかったので我慢。  

 まずは烏賊の刺しみ アボカドと合わせてみました。

    材料2人前

 *アボカド 1個

 *レモン 半個 ゼストと汁

 *オリーヴオイル 大1-2 

 *塩、胡椒

   作り方

シンプルです。角切りにしたアボカドにレモンのゼストと汁をかけ混ぜてからオリーヴオイルをかけ塩、胡椒で調味さっとあまりかけ混ぜないように合わせ皿に盛り烏賊刺し 山葵を載せる。食べるときにお醤油を添えて。

アボカドと烏賊 山葵 の組み合わせは美味しいです。

 

烏賊のかき揚げ

 残りの烏賊とゲソはかき揚にしました。

玉葱、半端に残っていた茄子、新大蒜

メリハリのあるかき揚で美味しかったです。

蕪の葉の胡桃ソース和え

お友達に頂いた胡桃が沢山あるので新蕪の葉の部分さっと湯がいてから胡桃和えに

蕪のレモン和え

蕪は少量残しておいた葉と共に塩、胡椒、レモン汁、レモンゼスト、少量の醤油 胡麻油、生姜の擦りおろしと合わせジップロックに入れ約1時間。

ゆかりご飯

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

鶏カツ丼の献立

2018-03-28 23:05:09 | 日本料理 惣菜料理 Japonais

今日のお昼は鶏カツ丼にしました。昨日 農家直通の鶏胸肉を購入しました。他のお料理を考えていたのですが ふと久しぶりにカツを食べたいと思ったのです。急に食べたくなるものってありますよね。思い始めたら即にで昨日のお料理は鶏カツでした。我が家のカツは普通ヒレカツなのですが身の厚い胸肉でとてもジューシーなお肉 とっても美味しく思いました。鶏カツはヘルシーですよね。主人と二人だけだとそうは沢山食べられません。残ったもので今日の鶏カツ丼の出来上がり。

 

鶏カツ丼

鶏カツ丼の作り方は皆さまご存じなのであえて書きませんが玉葱は多めゆっくり煮て甘みが出るので味醂 醤油、だしのみで砂糖など加えずのあっさり加減薄みの味です。好みで玉葱を煮るときに生姜も加えてあるし最後に糸唐辛子を加えピリッとした味加減。

お海苔をかけるのが私の絶対の好みです。

菊芋と人参のきんぴら

牛蒡は手に入らない此方。でも菊芋 お味はかなり異なりますが代用になります。このきんぴら私は好みです。白ごまを切らしており向日葵の種の炒ったものを飾りました。

新蕪のレモン煮

やっとフランスにも春物野菜が入ってきたようで葉の付いた蕪を見つけました。はじめは蕪、葉と共に浅漬けにしようと思ったのですが現在気温低いです。今日も午後の最高気温は13度という事。朝の温度はそう低くはないのですけれど。蕪も暖かいものにしようとこのようなお料理にしました。

 蕪を細切り昆布(ブルターニュ産)とコトコト煮 最後に10日前に仕込んだベルガモットレモンの塩レモンをほんの少し入れ酒と隠し醤油で味付け 片栗粉で薄くとろみをつけました。少し塩レモンに渋みがあり 蕪も甘いけれどほろ苦さありますし これはレモン汁の方がよかったのではないかとの反省もありますが ちょっとおつなお味も。いつもの創作に走る私風料理です。

蕪の葉のナムル風

   材料

 *新蕪の葉 1把分

 *大蒜 大1片 微塵切り

 *生姜 微塵切り 小1

 *胡麻油 大1

 *胡麻塩 フランスのビオで売っている細かく砕いた胡麻と塩の混じっているもの 大1

 *酒 (白ワインで代用)大1

 *醤油 少々

 *胡椒

   作り方

1 蕪の葉は沸騰した湯に塩を少々入れさっと固めに湯がき冷水を通し固く絞って置く。細か切り。

2 胡麻油を熱し大蒜、生姜を焦がさないように炒め香りが出てきたら 1を加えさっと炒め胡麻塩、酒、醤油、胡椒で味を付け 焦げないように炒りつけるように仕上げる。

これは主人気に入ったようでお替り催促されました。。

カツ丼やきんぴらには少し甘みがあるので塩気の付け合わせとバランスが取れます。

今日の献立

 

前日のチキンカツ

キャベツ柔らかそうだったので付け合わせは千切りキャベツに。でもそのままだと主人向きではないと思いヴィネグレットソースで軽く合えて出しました。クレッソンも添えて。ピリッとしたお味がアクセントになります。

レモンでさっぱり食べるか私風のソースを作るかと迷っていたら少しとんかつソースが残っていたので万々歳。今日の鶏カツのお料理は日本風に近くなったでしょうか?

お昼にお味噌汁作ることない我が家ですが昨日はとんかつ屋さんに行った気分で作りました。写真は撮らず失礼致します。

週末に次女夫妻 孫の訪問。このようなお料理が好きで時々パリ オペラ界隈のレストラン訪れているようです。このようなお惣菜なら簡単。下準備は前もってできるし。着いた日の献立にしようかなとも考えています。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

mytaste.jp

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

鯖の胡麻漬け丼にアボカド豆腐の献立

2018-03-24 00:34:36 | 日本料理 惣菜料理 Japonais

太陽の光には恵まれていますが温暖気候の当地でもごく寒い毎日の連続です。ごく寒いと言っても朝方零下の日々は過ぎ去りました。でも今週毎日 午後一番暖かい時でも11-14度位。これは例年にない寒さ 寒がりの私 本当の春の到来願望しています。

久しぶりと言っても3日ぶりなのですがお買い物に出かけお魚調達しました。

新鮮な鯖を見つけ今日の献立です。

鯖の胡麻漬け丼にアボカド豆腐

 お魚屋さんでお客さん質問していました。

今日の鯖美味しいよというお魚屋さんの若いお兄さん達2人。

お客さん どうやって食べるの?

僕達は 生でだよ。

そのあとの会話は省略致しますが生でも食べられる新鮮な鯖は当地で手に入ります。

私は日本で小さい頃から新鮮な魚市場直通の魚介類を食べることのできる環境に育ち魚介類が好きです。でも漬け丼というのは前回帰国の際福岡に1週間過ごすまでは知りませんでした。

今日は新鮮な鯖の胡麻漬け丼に決定

鯖の胡麻漬け丼

   材量 2人前

 *鯖 150g位? 今日はフランス人好みの本当の小さな鯖 なのでスライスではなく小さめ大まかに切りました

 A 醤油 大2

 A 味醂 大2

   A  酒  大1

 A 擦り白胡麻 大2

 A 生姜の擦りおろし 小1

 A 大蒜 擦りおろし 小1/2 (これは我が家の好みで)

 A 長葱 微塵切り 大1

 糸唐辛子

  作り方

水気を切った鯖をAを混ぜた汁に最低30分ほど漬ける。時々混ぜる。

暖かいご飯の上に使った鯖を載せその上に糸唐辛子を載せる。

三つ葉が無かったのでコーリアンダーを載せました。

 

アボカド豆腐 

私はアボカド豆腐 以前 絹ごし豆腐とアボカドで作っていました。とても美味しいです。レシピは此処に。バリエーションのレシピも入っています。

豆腐の代わりに豆乳で作るレシピを見つけ作ってみました。このレシピお借りしました。

美味しかったです。おつゆはレシピよりかなり薄めに作り山葵を添えました。また作りたいです。

揚げ茄子の大根おろし載せ

まあ本当に興がないのですが 私の そして今日は主人だけだったけれど家族皆に喜ばれるシンプルな揚げ茄子 今日も出てきてしまいました。苦笑

大根卸と生姜の擦りおろしは欠かせません。

小さなマッシュのサラダ

柔らかい寒い時期に美味しいサラダも家族で嫌いな人のいないマッシュのサラダです。

日本的お惣菜料理にも少し西洋の味を効かせた一品を作る私です。普通のマッシュサラダなのですがカリカリベーコンが写真では見えないけれど入っています。マスタードと大蒜のきいた私のパンチのあるヴィネグレットソースで和えてあります。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 

 

 

mytaste.jp
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

少ししか残っていないけれど貴重なものを使い切りたくて

2018-03-11 03:13:20 | 日本料理 惣菜料理 Japonais

先日のひな祭りで美味しい穴子の佃煮を半分解凍 久しぶりに食べたちらし寿司が美味しくて今日も残り半分解凍のお料理。

時折食べたいものありますよね。一度食べるともう一度繰り返したいもの。今日はその例です。(笑)

雰囲気を変え洋風に 日本食器ではなくわざとガラス食器で盛り合わせ。でもガラス食器の写真は難しいですね。かなり磨いたつもりなのに 薄靄 失礼致します。

穴子ちらし寿司 烏賊の糸切り刺身載せ

白菜と林檎のベルガモットレモン〆

茄子のシギ焼き


穴子ちらし寿司 烏賊の糸切り刺身載せ

寿司飯に穴子の佃煮と干瓢の煮たものを混ぜたもの 先日のひな祭りのお寿司と同じです。

でも今日は半分のちらし寿司飯の上に焼き海苔の千切りを載せ2段 またちらし寿司。昔懐かしいお弁当の味です。

美味しい烏賊を見つけ糸切りこれ他のお皿に盛ろうとも思ったのですが突如ちらし寿司の上にのせてしまいました。

私の料理はいつも作りながら変化してしまいます。苦笑

庭の山葵の葉 その上に美味しい長野産の山葵(これも弟からの贈り物で大切にしまいすぎてしまったものです)。

白菜と林檎のベルガモットレモン〆ナムル風

  材料

 *白菜 20枚 細かいざく切り

 *人参 半本 細かい千切り

 *塩

 *ベルガモットレモン ゼストと汁 1個分 (小さいので普通のレモンの半分ほどです)

 *大蒜 1/2片 刷りおろし

 *生姜 刷りおろし 小1

 *塩

 *胡麻油 大1

 *向日葵種 大1 胡麻が無かったので

 

  作り方

胡麻油を除き全部を和えて20分ほど。かなり水が出てくるので軽く絞り胡麻油と混ぜ軽く炒った向日葵種を載せる。

お好みで少し醤油も。

 

茄子のシギ焼き

これは本当に私のクラッシック版。母のお料理を見ていて覚えたもの。大好きなものです。裏切りは向日葵の種の炒ったもの上に散らしたことでしょうか。

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 

 

 

mytaste.jp

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加