Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

プログのお友達滞在7日目 ムールマリ二エールと海洋博物館見学

2017-07-03 16:04:33 | 私の住む街とフランスの紹介

日曜日手ぶらで市場では買わないといながらムール貝とおいしそうな地方特産のメロンにはころり、そのほかにもお買い物してしまいました。今日の夕食はシンプルにムールマリニエール。ソーニャさんが滞在中は貝類をたくさん食べたいとおっしゃっていたので。ムールマリニエールはシンプルなのですが私は好きなレシピです。ムール貝の本当の美味しさをしみじみ味わえ 残ればそのあと色々なお料理に変化させることができる基本の料理ですし。。

朝早くから外出 午後1時過ぎに帰宅。お昼は 昨日多めに作った丸ズッキー二のファルシーのお料理に土地のお百姓さんの元で買ってあった羊のメルゲーズやトマトと玉ねぎのサラダを足して帰宅後即昼食ができました。写真は無しです。

夕食は

ムールマリニエール

何度もレシピ書いていると思いますがムール貝を洗い。玉ねぎ 大蒜の微塵切り、タイム、ローリエ、白ワイン・胡椒を振り火にかけ揺すりながら貝を開かせます。出来上がりにバター少量とレモン汁そしてパセリやバジリコなどお好みの香草を沢山添えます。

じゃが芋のオーブン焼き

ふつうはフリット、ジャガイモの揚げたものが添えられます。我が家では油分の少ない揚げないもの

  作り方

1 じゃが芋を好みの形に切ってから水洗いをしてグルテンを落とす。

2 キッチンペーパーなどで水気をしっかり切る。

3 塩、胡椒、大蒜のすりおろし、好みのハーブ(私はローズマリーまたはパプリカが好みです)、オリーヴオイル少々(この日のようにじゃが芋600g位だったら大1-1.5位)と2のじゃが芋 と味がよくなじまるように混ぜる。

4 180度に温めたオーヴンで焼く35分ほど焼く。

コールスローサラダ

とんがりキャベツがあったので中の芯の部分を利用して。

  作り方

キャベツの千切りに色が勝ちすぎない位の量の人参の千切り 少し塩でもんでしんなりさせ その後水気を切る。

自家製ニンニクの効いた マヨネーズ+同量のヨーグルト(私はライトな生クリームが好みです。というわけでお砂糖は本当に少なく加えます)に、砂糖ほんの少し、私のマヨネーズはマスタード効いていますが少し加え胡椒を聞かせて和えたもの。

干しブドウと私の好みで玉ねぎ微塵切りを塩でもんで水洗いきつく切ったものも入っています。

初めに少し塩でもんであるので塩味は加減してください。普通は塩もみしないのですがこのサラダはかなり水気が出るのでこのように作っています。

 

朝食の写真は今まで載せませんがメロンの季節、生ハムとメロンの取り合わせがよく出てきます。コンフィチュールの瓶がそのままで見苦しいのですが。苦笑

コンフィチュールはそれこそ色々な種類があります。でも開けてしまうと消費できずその後冷蔵庫に長くというルートになりそれにソーニャさんは甘いものに飛びつく方ではないのであまり開けませんでした。開けたものもっとあるのですがその日により変えました。

これに フルーツジュース、ヨーグルトや日によってはチーズとかセルフサービスで好きなものを取り分けて頂くようにな朝食でした。

時には前日のお料理の残りが食べたいということも。

 

さて今日のお散歩。

フランスでは月曜の朝はみなお店が閉まっているので今日はラロシェルの大きな海洋博物館にご案内しました。

入口

博物館を入ると大きな5つほどの部屋がラロシェルの 港 船、外国との交流 漁業関係 ラロシェルの海に関する歴史の資料が詳しく展示されています。

下の写真はラロシェル魚の水揚げ港の模型 左は以前のラロシェルの港。右は現在のレ島近くのもの。ラロシェルは潮の干満の激しさに漁船は港には即入れない日もあり新鮮な魚を提要できないことで現在の右の水揚げ港に移動しました。先日日曜日にソーニャさんにご案内したいと訪れたのですが閉まっていて残念な思いをしました。

古い町の地図やイベントの写真も沢山

資料館の部分を過ぎてあとは3つの船を訪問できます。一つは下の写真下左のこれは有名なフランスの気象観測船。フランス1 。右も網漁で有名なアングモワの名の漁船です、

フランス1から訪れることにしました

航海の間にはやはり美味しいものを食べることは大事。台所や食堂 保存食の場所もはかなり広く充実しています。

メニューもこれはことにクリスマスのものが掲載されていました。

生牡蠣

トリュッフ入りギャランティーヌ

サーモン オランダ風(これはオランデーズソースが添えられるものと思います)

七面鳥のマロン詰め ポテトチップ

クリスマスビュッシェ

赤ワインと白ワイン

ふと航海中に生牡蠣などどのように手に入れるのだろうと主人に質問。気象観測船は陸から遠くない場所に停泊1か月おきに陸に戻るしほかの観測船フランス2も交代に入るので物資には困らないとのことでした。

 

 船室も天井も高く乗員の挌により小さめの二人部屋から 広い全部整っている個室まで色々。割と快適そうです。

サロンにはちょっとエロティックな風刺画がかかっています。

ずんずん上って

 

てっぺんのデッキにあるここち良いカフェで冷たいドリンクを飲みながらちょっと休憩。右手の長い白い屋根の建物は昔の卸し中央魚市場です。きれいに改造されてフランス社会党の全国会議が開かれる建物も 長いこと続いたのですが現在はブルターニュ地方に移動・

他の船の見学今日は止めにして帰途に。

お土産屋さん昔はしゃれたものが置いてある大きなものがあったのですが現在は船の展示場になりソーニャさんちょっと がっかり。近くに海の蚤の市があるので足を運んだのですがフランスは12時から14時まではお昼休みでお店閉まります。日本だったらオフィスの人々がショッピング稼ぎ時なのにということです。

初めて訪れ(カフェにだけは来たことありますが)とっても興味深く(ことにラロシェルの港の歴史は)そのうちまた訪れたいと思っています。

ソーニャさんのこの日の記事は此処に

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp 
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

シャンドルー(Chandeleur )にクレープを

2011-02-03 02:56:27 | 私の住む街とフランスの紹介
毎年2月2日には同じ記事を書くのだけれど今日はシャンドルー(Chandeleur)クリスマス12月25日から40日目聖母マリアの清めの日 教会は一斉に蝋燭を灯し悪を追い払い年の豊作を願います。一日違いの節分のようですね。Chandlle シャンドルとは蝋燭のこと 蝋燭の儀式がシャンドルーの語源です。
そしてクレープを食べます。

シャンドルーイヴのクレープ


昨日はシャンドルーには一日早かったけれど暖炉に火を入れ蝋燭を灯してシャンドルーイヴ クレープで祝いました。
大きなクレープではなく小さな食卓に器械を配置焼きながら楽しむ物。
用意したのは ハム・グルイエールチーズ・サラダ・ピクルス・コンフィチュール
クレープにはそのほかにスモークサーモン 茸のクリーム煮 そのほかディップ的なものがよく合います。

今日のお昼 シャンドルーの日にもやはり食べなくてはと又繰り返し。私クレープ サレ好みです。笑
用意した物は大体同じでも盛り合わせサラダにして各々好きなものを取り分けて頂きました。

盛り合わせサラダ

 
 *サラダ菜

 *ツナペースト(ツナを細かくほぐし玉葱の微塵切りの水にさらした物 ケーパーを混ぜマスタードとガーリックの効いた自家製マヨネーズで合えたもの。クレープに塗って食べるのにはぴったりです)

 *人参 根セロリ 干し杏の千切りサラダ(レモン汁とオリーブオイル塩胡椒のさっぱりした物)

 *ハム

 *コーン

脇にヴィネグレットソースを添えました。(が使用しませんでした)

手巻きクレープ


好きなものをのせてナイフとフォークで食べる人もいますが私はこのように繰るくるっと巻いて手巻き寿司のように手に持って食べてしまいます。
野菜を一杯入れるのが好き。横目で見ていた主人も真似して。
なんだかタコスの様でもありますね。

ハムと目玉焼きのクレープ


これはクレープ屋さんでスタンダードな物。大きなクレープに包んで真ん中をちょこっと開けて出されます。

クレープ器でクレープを焼いている最中にチーズを載せ溶かしハムを載せ温め最後に半熟目玉焼きを。

自家製コンフィチュールのクレープ


最後はデサートに自家製のコンフィチュールを用意。
上から時計回りでブラックチェリー・ミニ グリーントマト・生姜の効いたマルメロです。

クレープ生地の作り方材料は色々前にも書いてあるのだけれどスタンダードの物ご参考までに記しておきます。

  *小麦粉 250g
  *牛乳 1/2L(又は牛乳40cl+水10cl)
  *卵 3
  *塩 一つまみ
  *油(溶かしばたー大1+菜種油 大2)私は生地の中に混ぜ焼く時には最初にフライパン油をしみさせた油でサッと拭き後は油使用しません。

最低1時間は寝かしてください。

今日の生地はもっと水の多い薄めの物ですが大きなフライパンで焼く時やなれない時はかけ易いのでお勧めしません。

なお他のクレープ生地(上品な物や蕎麦粉の物 パンケーキのような物 色々な種類 前の記事に生地の混ぜ方や順序等と共に記してありますのでご興味のある方はどうぞご覧ください)

2007年のシャンドルー

2008年のシャンドルー

2010年のシャンドルー


下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。


にほんブログ村 料理ブログへ -->
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ヴィオレット スミレの村のアペリティフ

2009-12-22 22:19:53 | 私の住む街とフランスの紹介
シャンペンを飲む機会のある時期となりましたね。目先を変えてこのようなものはいかが?



何かシャンペンの中に入っていますよね?



何でしょう!!!



今年5月に主人の姉妹4人とその連れ合い2人 私達夫婦 計8人我が家に集合 3日間 家族集まり楽しい時を過ごしました。その際ニース(詳しくはニースより山沿い地中海を眼下にそしてエレガントな山々ーことにBaousー画家マチス シャガールの住んでいたいたヴァンス Vence 今回 彼女の家に滞在お世話になりました。)の一番年上のの義姉がプレゼントしてくれたヴィオレット スミレのコンフィ(砂糖漬け)です。
シャンペンの中にそっと落とします。しばらくするとほんの少しだけれど花びらが広がりほのかなピンク色に。(紫色ではなくて)
そのまま味わうとかなり微妙でスミレの花の微かな匂いの方が食感より勝るというのが私の感です。

今回その生産地 ヴァンスよりさらに高地 山腹にしがみついたような美しい中世期の村 Tourettes sur loup (トゥレット シュール ルー 狼という名の川沿いの小さな散歩道 とでも訳してよいのでしょうか?)を訪ねてきました.
多くのこのような村のごとく アーティザン 職人肌の芸術家村です。中世のフランス貧困な村々 ペストによる破壊の年月の苦しみの後 スミレを栽培しようと団結 飢餓を乗り切り今ではフランスでスミレ ヴァイオレット と 言うとこの村の名前が出てきます。このコンフィに始まりスミレのリキュール スミレの入ったお茶などなども。毎年3月には華やかなスミレ祭りで賑わうそう。義姉の孫娘マルゴーちゃんは毎年楽しみに待っているそうです。



本当に寒い日で誰も散歩する人々無い中 義姉と楽しい午後の散策の時間を過ごしました。



私 色々サボテン ベランダで楽しんでいるのだけれど 果てしなく底に落ちるような山の斜面に大きく尊大なサボテンが誇らしく。
ああ 南仏なのだわ。 この日の寒さに震えながらもなんとも暖かい心持の幸せな午後でした。




下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。

にほんブログ村 料理ブログへ

-->
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ロワール河沿いの洞窟住居と茸栽培

2008-05-14 23:45:56 | 私の住む街とフランスの紹介
もう本当に二昔前のことだけれど始めてロワール河に家庭滞在した時ルームメートのフィンランドの御友達アンナがこの辺には洞窟に住む人がいるのだから絶対訪れようと強固に言われました。その時代にはこの洞窟住居 (maison troglodytique メゾン トログロディティック)のことについては知識皆無でした。



これはロワール河左岸ソーミュール からシノンに向かう途中の割りと有名なソーミュールワインのカーブです。葡萄畑を前にロワール河の谷の斜面の洞窟にカーブがあります。



ロワール河に削られた谷。その崖の白いTuf(f)autという砂質の白亜の石材はロワール河地方のお城作りのために利用採掘。その後当然穴が出来ますよね。
その跡を利用してワイン貯蓄のカーブに仕立て前には住居 城を構えたり又は洞窟自体を住居に活用。



中に入るとひんやりしています。洞窟を支えるために厚い壁の仕切りが長々縦横しています。中壁には小さな窓が奥深い建築で出来るだけ光を確保するように沢山。
外側には大きな窓 底からはロワール河の優しい風景が見渡せます。

夏場には住み心地がよいでしょうね。




洞窟 他の利用法としては Champignière 茸の栽培 この地方フランスでも有名です。訪れてみました。

それは奥深い迷路ごときの洞窟です。かび臭い湿った匂い。



詳しくは書かないので少ない写真だけれどご想像くださいね。



これはマッシュルーム



マッシュルームの茸菌



プリューロット (Pleurote)平茸の種類
フランスでは養成される茸でマッシュルームト同様一年を通して手に入りやすい茸です。こりこりの歯ごたえ。



これは椎茸。
この4 5年頻繁に出回っています。10年前位にも出ていたけれど。美容のサプリメントとか化粧品に特に。この頃はマルシェでも簡単に手に入ります。でもお値段はごくごく高く私は絶対買いませんよ。

ちなみにマッツシュルームは1kg 4ユーロ。プリューロットは6-7ユーロ。
ところがところが、、、椎茸は20ユーロを越すのですよ。セップを始めとする季節それは美味なの森林産の茸より高価。

土地の美味しい物は果てしなく。自然の恵みの中で生まれる何気ない食べ物を発見賞味したい私です。(野草はただいまかなり凝っていますしね)



下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。

にほんブログ村 料理ブログへ

-->
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ロワールの旅 眠れる森の美女の城 ユッセ

2008-05-01 23:43:14 | 私の住む街とフランスの紹介
ロワール河の旅。フランスでは一番美しいフランス語を話す地方と言われる 森 緑多くロワール河に合流する数々の川の数々。風景を越え はるか昔の 気品高い馬車の音 気位高い騎士の姿 そしてルイ14世の好んだダンスの音楽。聞こえてきません?



ロワール河に流れるアンドル(Indre)川の畔。

ユッセ城 ペローの有名な童話(ペローの原作は本当は大人向けのニヒルな作品です。機会があったら読む事お勧めですよ) 眠れる森の美女 の舞台としたお城です。



城の中には眠れる森の美女を語る蝋人形とこのお城を代々所有した家族の繁栄 絢爛な舞踏会を偲ばせる数々の衣装の美術館になっています。





この写真からは判らないけれど現代的なファッサードの部分かなりあります。
歴史については私簡単な知識しかないので敢えて触れませんね。






ご存知? お城にはいつもハーブの畑が在ります。自給自足 現代薬学の初め 圧倒される建築拝観の後ささやかな自然にふれほっと安心する光景です。



これはシャペル 教会堂



前にペローの眠れる森の美女についての御料理  ロバートソース。プログを始めた時期に一度ご紹介致しました。よろしかったらペローの原作のお姫様が目を覚ました後の話とお料理の話し。レシピも入っていますのでご興味の有る方は此処をどうぞ

載せきれないので何枚かの写真です。 楽しんでいただければ嬉しく思います。

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。

にほんブログ村 料理ブログへ

-->
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加