Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

熱々のラクレット

2011-02-02 02:12:12 | チーズ Fromages
市場に買い物に出かけると 誰も彼も会話は 寒いねー。海洋性気候 例年は冬でも温暖な地方なのだけれどこの2-3年は気候が変わってしまったみたい。東風に日は天候の良い日 でも寒い。雨が降る日は温度が上がりかなり暖かい。どちらが良いのでしょうか?
主人と二人だけだとあまり食べないラクレット久しぶりに。テーブルの中央に熱の入る器械を置くとそれだけでも温かい気分そして頂くお料理も熱々。
そしてそして何もお料理しなくても美味しいお食事が出来るのが 何より。
食卓に並べる物は・・・
ラクレットチーズ(今日はフランシュ コンテ 産)


オーベルニュ地方の生ハムにジャンボン


三色サラダ

  
  *キャロットラペ(人参の千切りと干し葡萄をれもん汁とオリーブオイルで合えたもの)
  *カリフラワーの甘酢
  *紫キャベツのサラダ
我家は野菜好きなのでこのお皿は一人分です。

コーニッション(ピクルス)


自家製 夏に塩漬けしたもの先頃甘酢に漬け替えました。酸味のきつくないロシア風ピクルスです。

後は熱々の茹でじゃが芋さえあれば。



食べ終わってからラクレットの器械にじゃが芋の写真撮り忘れたことに気がついて。お腹が一杯で改めて写真を撮る気力も無いので前にご紹介した写真載せます。このような器械です。他の大きい写真は此処に


熱々のじゃが芋二つ切りに温め溶かしたラクレットチーズをかけて。
このようにちょっと焦がしたのも私は好み。


主人は焦がさないでこのような感じのものが好み。

日本のお鍋料理のようなものですね。自分の好みに仕上げられます。
貴方はどちらがお好き?


今日は嬉しい出来事が。一通の手紙が届きました。住所はなく私の旧姓と主人の名前に私の住む村の名前だけ。村と言ったって3500人を越す人口です。よくも運よく着いたものと思います。
昔のお友達から お互い探しあい20年もの年月が過ぎていました。私が初めてパリに住むことになった時 まだお部屋が無かった時 私の日本の友人の友人の彼女がいらっしゃいと3週間もお世話になりました。レ ユニオン島出身 中国系のローズ。ローズ 薔薇の花のように明るくいつも前向きの彼女とはラロシェルに来るまで仲良くしていたのにお互い移動いつの間にか音信が途切れていました。
やはり彼女探していた日本のお友達にも即連絡 今日は寒い日の暖かい時間 長い電話交換の楽しい時間を過ごしました。


下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。


にほんブログ村 料理ブログへ -->
コメント (15)

じゃが芋とチーズのグラタンタルティフレットとお知らせ

2010-12-15 02:54:16 | チーズ Fromages
寒い日には熱々のじゃが芋とチーズのグラタンはいかがでしょうか?これフランスアルプスに近い サヴォワ地方の御料理です。

サヴォワ風タルティフレット(Tartiflette savoyard)



やはり土地のロブロッションチーズ(このチーズについては前に記事を書きましたので此処を)を使用なのだけれど今日は冷蔵庫にあったラクレットのチーズで代用しました。

ロブロッションチーズ



この御料理 ミネラルウォーターで有名な この地方のエヴィアンの高校に通っていたことのある次女の得意料理で(お友達のお母様に教わったそう。ママは教えてくれないけれどね・・・よその方だと先生のようによく聞くものね・・・どちらの言い分の方が本当でしょうか?笑)

彼女の料理なので侵害してはいけないと今まで作ったこと在りませんでした。
今日は凍てつく寒さ 買い物に出ずに家にあるもので とこの御料理です。彼女いないから傷つけないでしょう。

冬の寒い時期スキーなどウインタースポーツの後などに喜ばれる割とボリュームのあるお料理なので私風に軽くレシピを変えました。

 材料 (4人前)

 *じゃが芋(肉質しっかりした物) 1KG
 
 *ベーコン(普通200Gほど入れるのだけれど私は)100G(脂肪分の少ない物選びます)
 
 *玉葱 大2(多目が好き)

 *大蒜 2片 微塵切り(いれない方も)
 
 *生クリーム 大2

 *辛口白ワイン 15cl

 *ロブロッション 普通は400g位 (私は 250-300g位)

 *塩 胡椒 ナツメッグ

 *バター 大1+グラタン皿に塗るもの



作り方

1 じゃが芋は皮を剥いて5mmほどの輪切り塩を入れた水で硬めにゆでる。
塩(軽く 後でチーズが入るので)胡椒 ナツメッグ(好みで)を振り混ぜておく。

2 フライパンにバターを溶かしまずベーコンを炒め大蒜の微塵切りと玉葱を加え玉葱が透き通るまで炒める。塩(軽く ベーコンの塩味があるので)胡椒。

3 グラタン皿にバターを塗りまず半量のじゃが芋を並べる。2のベーコンと玉葱の炒めた物を半量。再び残りのじゃが芋にベーコンと玉葱。

4 生クリームをかけその上から白ワインを注ぐ。

5 横に半分に切ったロブロッションチーズ(表面剥かないで軽く削る)を載せ200度のオーブンで約20分ほど。綺麗に焦げ目が付くまで焼く。

付け合せはビネグレットの効いた野菜サラダが一番です。

ロブロッションチーズでなくても他の融けるタイプのチーズでも美味しく出来上がりますよ。

お皿に取り分けた写真撮ったけれど このお料理はオーブンから出したての まだぐつぐつ煮立っているようなお皿を食卓にそのまま載せて熱々を食べるのが一番です。

チーズ料理の美味しい季節になりました。

  追記

ウエブサイトの録画が昨日から始まりました。二日おきに(13,15.17.21.23日)5回シリーズです。放送された分も再び見ることが出来ます。ご興味のある方は下のサイトからどうぞ。(恥ずかしいのであまりご覧になって欲しくないのだけれど。苦笑)

トップシェフ

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。

にほんブログ村 料理ブログへ


コメント (8)

寒い季節にはラクレット

2007-12-12 14:58:01 | チーズ Fromages
去年も記事にしたことがあるけれど毎年同じ季節にはやはり同じもの食べますよね。
本当に日本の鍋料理みたい。皆で一つのお鍋を囲んで熱々わいわい食べるのが一番美味しいです。



今日のラクレットのチーズ 3種類。ナチュラルなもの。芥子の種入りに黒こしょう入り。
低温殺菌乳ではなく生の乳を使った美味しいチーズで今日のお買い得品でした。皮も香ばしいので除かなくてよいので準備も簡単。
ラクレット。余りよくないチーズを使用するとそれは匂いがきつく立ち籠もります。これは大丈夫。伸びがとてもよくて上品でとても美味しかったです。

付け合せはいつものように生ハム(今日はイタリア パルム種)チョリソ(パプリカの効いたもの)フランスリヨン産のロゼットソーセージ。オリーブにピクルス。皮のまま茹でたじゃが芋。



食卓に並べるだけで本当に主婦は助かります。
食事の支度なんてしたくないなんて日あるでしょ?
後はサラダ。デサートは今旬のクレマンティン(温州みかんのようなもの。スペイン産。最近はコルシカ島の小さな葉のついたものも出始めました。)と。オレンジがさっぱりでぴったり。

皆食卓に並べて(というか娘に食卓準備してもらいました。私疲れていたみたい。)もう私は動きませんよ。(笑)



こんな感じで食べます。



チーズがとろけ一寸焦げた時熱々のじゃが芋にかけてそれは最高。
もう10年以上も前にこの器械買いました。
購入のいきさつとラクレットチーズについてもっとお知りになりたい方は去年のこの記事お読みになってくださいね。


下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。

にほんブログ村 料理ブログへ

-->
コメント (12)   トラックバック (1)

ペンネのゴルゴンゾラチーズソース

2007-02-20 15:29:51 | チーズ Fromages
今日はイタリアのゴルゴンゾラチーズのご紹介。


 
日本語版のウイキペディアを見たら 詳細を簡潔に紹介してあるのでその文章をお借りする事にします。

ゴルゴンゾーラ(伊:Gorgonzola)は、牛乳を原料とし、ロンバルディア州とピエモンテ州をまたがる地域で生産されているイタリアの代表的なチーズのひとつで、フランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと共に世界三大ブルーチーズに挙げられている。

カード(curd)とアオカビを交互に重ねて作られ、内部には筋状のアオカビが走り特徴的な刺激臭がある。ミラノ近郊の同名の村が名前の由来だが、現在ではそこで製造されることはない。9世紀頃に、春から夏にかけて高地で放牧していた牛を秋に平野へ下ろす際、途中にあるこの村が休憩所となっていた。ここで疲れた牛から搾られた乳で作ったチーズが柔らかくておいしかったので、ストラッキーノ・ディ・ゴルゴンゾーラ(stracchino di Gorgonzola)と呼ばれるようになったのが始まりと言われている。

このチーズは大きく二種類に別けられ、青カビが多く辛味の強いものはピカンテ、クリーミーでほんのりとミルクの甘味の残っているものがドルチェと呼ばれる。ピカンテはそのまま食べることもあるが、リゾットに入れたり、ゴルゴンゾーラソースを作ってパスタにかけるなど料理に使われることが多い。数年前まではドルチェの人気が圧倒的であったが、近年では古典的なピカンテのファンも急増している。



夏の陽の衰える頃高地の原で美味しい草を食んだ牛の群れが冬の牛舎に戻る半路の憩いの場。美味しいお乳美味しいチーズが。想像できますよね。



今日の写真のチーズは優しいドルチェ。ブルーチーズ 色々あるけれど刺激的な強さは無くとてもクリーミー 日本人の方にはきっと好まれるチーズだと思います。私は大好き。

お料理にも色々使います。やはりイタリアのチーズ。パスタとはとても相性が良いのです。

例えばこのチーズ同量の液体状の生クリームとよく混ぜておきその中に熱々のパスタを入れて塩(チーズの塩見で加減を)胡椒混ぜるだけで本当に美味しいです。その場合の私の好みのパスタはやはりベンネ。しこしこした味わいのパスタにこのクリーミーなソースはぴったり。タイムを振るととても香りが引き立つと私は思います。

今日はそれにちょっぴりばかり手を加えて白ワインを加えたソースを。




 材料 2-4人分

ペンネ 250g
エシャロット 1 微塵切り
にんにく 1-2片 微塵切り
ゴルゴンゾラチーズ 150g
生クリーム 15cl 
タイム
マッシュルーム 100g
バター 10g
白ワイン 5cl(強 大 3)チキンブイヨン 5cl


 作り方 
1 マッシュルームとにんにくをバターで焦げないように炒め白ワインとチキンブイヨン タイムを加え半量になるまで弱火で煮詰める。
2 ゴルゴンゾラチーズを生クリームと滑らかになるようにかき混ぜ 1 と混ぜる。
3 ゆでたて熱々のパスタと混ぜ即食卓に。
塩胡椒で味加減を。パセリの微塵切りはお味をぐっと盛り立てます。

生クリームとチーズは同量。リッチでクリーミー。チーズの好きな方にはたまらない味ですよ。


今日は日本の京都の七味唐辛子を振ってみたらアクセントが付いてとても美味しいと思いました。

他のブルーチーズとでも美味しいものです。個性のあるブルーチーズなどは最高。手早くそして美味しくできる料理なので是非お試し下さい。

グリーンサラダ沢山用意してくださいね。このパスタの後にはとても美味しいですよ。


下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。


にほんブログ村 料理ブログへ



コメント (4)   トラックバック (1)

ラングルチーズ

2007-01-20 22:54:27 | チーズ Fromages
久しぶりにチーズの紹介を。
ラングル チーズ。



フランス東北シャンパーニュ アルデンヌ地方。
まだ訪れていないラングルの街。約3、5kmにいたる城壁に囲まれたフランスの美しい街の50の中に数えられています。機会があったら 是非 是非と念願です。
念願果たす前にその有名なラングルチーズは頻繁に楽しんでいるのですが。



A O C チーズ認証は 割りと遅く。 1991年
原産 牛乳
ウオッシュタイプ
脂肪分 50パーセント
熟成時間は最低21日。

18世紀には流行の先端 パリへ ジュネーブへ と もてはやされて 輸送されたそうです。




見てください。オレンジ色と黄色の間で揺れる上品な色。表面はひどく皺皺でしょう。でも中は真っ白きめ細かい肌なのです。
香りは個性的。ツンと でも香しく。チーズの好きな方にはおわかりかな?
ナイフを入れると。ねっとりしています。
チーズの熟成期間が進むと 表皮に苦味とねっとりが濃く。それ又チーズ好きには。(写真の物は若め)
若いこのチーズ近くのブルゴーニュ地方のマールと言うコニャックで洗われた物も美味です。表面が濃いオレンジ色に近く甘味も。(専門のチーズ屋さんで手に入ります)

デリケートなブルゴーニュワインとは最高の組み合わせです。



下のプログのランキングに参加しています。クリックしてくださると とても幸せに思います。


にほんブログ村 料理ブログへ

コメント