平成エンタメ研究所

最近は政治ブログのようになって来ました。世を憂う日々。悪くなっていく社会にひと言。

相棒11 「アリス」~わたしの宝物は、幸福で変わりのなかった子供の時間よ。

2013年01月02日 | 推理・サスペンスドラマ
 沈みゆく華族、『斜陽』の世界。
 それは何と哀しいものか。
 施しをする者から施しをされる者に。
 子爵の令嬢・橘瑠璃子(広瀬アリス)にとってみれば、どんなにがく然とする現実だったことか。
 おまけに自分の経済基盤が<財産隠し>という犯罪に拠って成り立っていることを知り、施しをされる者にならないために、その悪を受け入れなければならないという苦しみ。
 自分は汚れてしまった。
 だから彼女がホテルオーナーの娘・二百郷朋子(上野美緒)に語った言葉が胸を打つ。
「私の宝物は朋子さんと過ごした、このホテルでの日々よ。幸福で変わりのなかった子供の時間よ」
 世界と調和していて、すべてが楽しかった子供時代との決別。
 瑠璃子の死は、絶望から生じた自殺であったのだろう。
 犯人の行動はそのきっかけを与えただけ。
 瑠璃子の心情を考えると、哀しくなる。

 さて、今回題材にされた戦後まもなくの時代。
 華族の没落と共に、レッドパージのことも描かれた。
 ソヴィエト、中国、北朝鮮……押し寄せる共産主義勢力に抗するため、政府は公安警察を作る。
 そのために行われた数々の謀略、陰謀。
 それを記した『国枝文書』。
 実に面白い事件設定だ。
 実際の史実を見ても、「下山事件」「松川事件」「帝銀事件」など、陰謀絡みの事件が数々ある。
 そんな時代を掘り起こしてドラマにした脚本・太田愛さんは見事。

 そして今回の右京(水谷豊)の捜査。
 完全に宝探しですね。
 『永山子爵の備忘録』、『早蕨ホテルの宿泊名簿』、『瑠璃子のスクラップブック』。
 これらの文書を読み解いていって、宝の隠し場所にたどりついてしまった。
 映画でいうと『インディー・ジョーンズ』や『ナショナル・トレジャー』みたいな感じ。
 これに殺人事件も絡まって、公安を始めとする二重三重の思惑が交差して、お正月にふさわしい豪華料理になっている。

 <スクラップブック>についても勉強になった。
 英国の貴族の娘は、日記や手紙など文字で何かを残すとゆすられるネタになるため、思い出の品をスクラップブックに貼って日記代わりにしていた。
 お洒落ですね。
 記憶を呼び起こすのは何も文字でなくてもいい、スクラップブックに貼った品など、ビジュアルからでも呼び起こすことが出来る。
 見事な文化です。
 これに詩が書き添えてあったりしたら、さらにロマンチック。
 このスクラップブックの文化は、写真が普及してアルバムという形になって消えていったのでしょうが(現在はビデオだし)、実に優雅な感じがする。
 一方、逆に今のビデオやハードディスクの記憶文化は味気ない。
 そういえば、今回の事件でも、スキャンした文書やコピーといったデジタルが出てきたが、作家は<古文書>や<スクラップブック>を登場させることで、現代文化との対比を試みているのであろう。
 『国枝文書』もカビでボロボロになってしまったし……。

 最後は享(成宮寛貴)。
 享ってかなり有能ですよね。
・右京さんに指示されなくても、殺された犬の写真を撮ってくる。傷がスタンガンであることを見破る。
・「こんな家に泊まってみたかったんですよね」と右京さんの意図を先読みして発言する。
・みつばちの箱が開けられたことも、箱の中に何かが隠されていて、犯人はそれを見つけようとしていたと推理する。
・警察庁の成り立ちをスラスラ語ることができる。
・茜(波瑠)を逃がすために、自分の彼女や同僚を使って行う連係プレイ。
・右京の言葉を読み取って、犯人が宝石箱を開けた瞬間に襲いかかり取り押さえる。おまけに手錠をはめられているのに見事なアクション!
・公安警察には「何でもかんでも隠蔽できると思うなよ!」と熱く叫ぶ。
 右京さんと、アイコンタクトとあ・うんの呼吸で行動できる点で、享は歴代相棒の中で群を抜く。
 右京さんが自分の考えを語らず享を突き放すのも、「君が自分で考えてみなさい」と鍛えているような感じもする。
 熱さと知性を兼ね備えたいい刑事になりそうです。



コメント (2)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« レ・ミゼラブル ②~貧しき人... | トップ | 仁-JIN- 再放送~「泣いても... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (沙鞍)
2013-01-17 12:43:12
始めまして。

「相棒11 元日スペシャル」がとても好きなで、ウェブで
色々な方の感想を読んでいるうちにこちらに来ました。

昭和という時代は豊かになった一方で、過去の豊かさを失った時代でもあると思います。その昭和を掘り起こす印象深い作品でした。
享もいいですよね。右京さんの新たな面、あるいはこれまで観ることができなかった行動がでてきそうで、とても楽しみです。
哀愁 (コウジ)
2013-01-17 19:32:49
沙鞍さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

過去の豊かさ。
この話の場合は<華族文化>のことをいうのでしょうが、瑠璃子たちの言葉づかい、仕草などは上品で、少女らしくて、ゆったりしてて、いいですね。
古屋信子さんの作品世界のよう。
それに世の中は変わっていくものだとしても、日本の場合は極端ですよね。
今回の「アリス」は、滅びゆく者の哀愁が感じられる見事な話でした。

享も右京さんに鍛えられて、今後どんな刑事になるか楽しみです。

コメントを投稿

推理・サスペンスドラマ」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

『相棒 eleven』 第11話 元日スペシャル「アリス」 (英の放電日記)
日本海の低気圧による雪雲(雨雲)が北陸沖にあり、その影響で電波状況が悪く、最初の15分ほど視聴できませんでした。そこで、番組サイトにアクセスしてあらすじと画像を見て、ある程度状況を把握できましたが、もしかするとキーポイントを見逃しているのかもしれません...
【相棒 Season 11】 元日スペシャル:「アリス」 (仙丈亭日乘)
旧華族の哀しみ
相棒 season11 (第11話 元旦SP・1/1) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
テレビ朝日系ドラマ『相棒 season11』(公式)の第11話 元旦SP『アリス』の感想。 好みの問題… 悪くは無いと思うし、面白味もあったと思う。ただ、好みの問題として、冒頭からゲスト登場人物たち...
相棒season11~元日スペシャル (ぷち丸くんの日常日記)
57年前の1955年のクリスマスイブに東京郊外の村の小さな美しいホテルのロビーに、宿泊客で元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルのオーナーの娘・朋子(上間美緒)が姿を現します。 二人はロビーで写...
「相棒 Eleven」第11話 元日スペシャル (日々“是”精進! ver.F)
国枝文書… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301020000/ 相棒season11 オリジナルサウンドトラック池 頼広 ハッツ・アンリミテッド 2013-01-02売り上げランキング : 1356Amazonで詳しく見る by G-Tools
相棒 元日SP (AKIRAのドラマノート)
元日スペシャル「アリス」の感想
相棒 11 新春SP (シフォンなキモチ)
今年も新春スペシャルは面白かった!やっぱ、正月は、「格付け」から「相棒」が我が家の定番です。 ショパンのノクターン20番の調べが、ほんと哀切を帯びていていい感じ。このメロディ大好きなのですよ。華族のお嬢様とそのご学友を演じた2人が上品で可愛らしかった! な...
終りなきお茶会のおひらきタイムをご存じですか?(水谷豊) (キッドのブログinココログ)
さて・・・恒例の相棒チェックである。 相棒ライターの中でも独特なムードで押してくるこの脚本家。 今回もお茶の間を妖しい世界に迷い込ませる仕掛けが抜群でございます。 その上で・・・今回は殺人あり、公安警察の暗躍あり、美少女の神隠しあり・・・歴史の暗部ありと...
相棒11 元日スペシャル「アリス」 (のほほん便り)
映像といい、幾重にも絡んでくる、それぞれの思惑といい、うんと凝ってましたね。 ダンナさんは「もっと、シンプルにできんかったのかい。レギュラー放送の方が面白かった」と、やや不評でしたが、私は満足でした ちょっと幻想的な雰囲気といい、過去と現在が交錯す...
相棒 (別館ヒガシ日記TB用)
1月2日 相棒 アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の方へ是非ともコメント宜しく願い申し...
相棒11 第11話元日スペシャル アリス (レベル999のgoo部屋)
『アリス』 内容 昭和30年、 早蕨村の、とあるホテルに元子爵の令嬢・橘瑠璃子(広瀬アリス)と ホテルオーナーの娘・二百郷朋子(上野美緒)がいた。 2人は森に入っていったのだが、突如、瑠璃子が失踪。 そして、現在。 享(成宮寛貴)の警察学校の同期で友人・大...
相棒Eleven 第11話 (ドラマハンティングP2G)
テレビ朝日開局55周年記念 第11話元日スペシャル「アリス」 2013年1月1日(火・祝) 9:00~11:30pm  今から57年前の1955年12月24日、クリスマスイブ。東京の郊外、早蕨(さわらび)村の小規模だが贅を尽くした美しいホテルのロビーに、2人の少女が元気に姿を現した。宿泊...
相棒11第11話(1.1) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
新年明けましておめでとうございます このところブログよりTwitterがメインとなってますが、 今年も自分のペースでちょくちょくブログを更新していきたいと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。 皆様にとって、僕自身にとって、2013年がよい年でありますように で...
相棒 Eleven テレ朝(1/01)#11 (ぬる~くまったりと)
第11話 アリス 公式サイトから今から57年前の昭和30年(1955年)12月24日のクリスマスイブ。郊外にある早蕨村(さわらびむら)。小規模だが贅を尽くした美しいホテル のロビーに2人の少女が元気に姿を現した。宿泊客で橘・元子爵の令嬢・瑠璃子(広瀬アリス)とホテルの...
【相棒season11元日スペシャル】視聴率と感想「アリス」 (ショコラの日記帳・別館)
『相棒Eleven』元日スペシャル(第11話)「アリス」 1月9日(水)はお休み
【相棒season11元日スペシャル】視聴率と感想... (ショコラの日記帳)
『相棒Eleven』元日スペシャル(第11話)「アリス」1月9日(水)はお休みで、次回は1月16日(水)です。3月まで続きます。元日スペシャルの視聴率は、昨年の元日SP「ピエロ」の16.2%より...