加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

扉座「ドリル魂」

2010-02-28 | 仲間・先輩・後輩
劇団扉座公演『ドリル魂』をやっと見てきました。数年前より何度か上演されているのに今まで都合がつかず・・・やっと見られました。評判通りエンターテイメントに徹した舞台でした



建設作業現場を舞台に、そこで働く血の気の多い作業員たちの話。歌あり、ダンスあり、恋あり、バトルあり、観客とのふれあいあり 扉座の公演を見て演劇に興味を持つ若者が多いとよく聞きますが、それがよくわかります



出演しているゴリこと藤本貴行くん(左)とクッシーこと串間保彦くん。扉座の若手有望株です。数年前に知り合って以来お互いの舞台を見に行き来しています。

扉座・・・機会があったらぜひご覧くださいまし。オススメです
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

メニュー表記

2010-02-26 | 日々是充実
ファミリーレストランやカフェでよく見るメニュー。タイトルは英文字なのに肝心な商品名は日本語のみ。
外国人がオーダーしたくても首をかしげていました(`□´)
英語で説明を求められていた従業員も言葉がわからず首をかしげていました(;□;)!!
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

池袋「永利」

2010-02-25 | 生姜焼き&中華
中国人による中国人のための中国人の中華料理店「永利(Yong Li)」。中国に精通している方に連れて行ってもらって以来、大ファンになってしまった店。何しろ「向こうの味」「向こうのボリューム」「向こうの雰囲気」「向こうの匂い」がする店なのです。まず、日本人客はいません。
タイムスリップならぬエリアスリップしてしまうほど中国的なのであります



「素炒麺筋」・・・日本の油揚げのような食材とシイタケ、たけのこ、チンゲン菜を炒めたもの。中国独特の調味料「八角」の香りがまさに向こうの味



奥は「茄子と豚肉の土鍋ご飯」。丼好きの日本人にはうってつけ。醤油ベースの味が香ばしいです
手前は「鍋包肉」・・・から揚げにした豚肉に黒酢あんかけをからめたもの。簡単にいえば野菜のない酢豚って感じかな。これは日本国内の中華料理屋にはまずありません。しかし北京でも上海でもごく一般的な料理で、「糖酢里幾」とも言います 店に行くと必ずオーダーするほどお気に入りの一品です



エレキギターを背負ってきたイケメンの若い中国人。しっかりと両方のひじをテーブルに乗せてご飯を掻き込んでいます。日本ではお行儀が悪い!としかられるマナーですが、向こうではあたりまえ。フツーなんです。
一緒に行く人手を挙げて~~ 東京・池袋駅北口へいわ通り。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

梅は~咲いたか~

2010-02-24 | 日々是充実
咲いたか~まだかいな~♪d(⌒〇⌒)b♪

ご近所のお宅は全開バリバリです。春だな~o(^ヮ^)o
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

仮面サイダー!

2010-02-23 | ライダー!
近所に住んでいる友人が僕にと買ってきてくれた缶ジュース。なんと、「仮面サイダー」 彼女がくれたのは8号ライダー“スカイライダー”の身体部分を模した缶(写真中)。



「他にも種類があるらしいよ~」の一言にちょいと火がつきまして・・・ 全部で9種類。自販機でボタンを押しても何が出てくるかわからないゆえに、全部揃うまでに一体いくら散財するのか 気長に買うとしよう・・・ 左は5号“X(エックス)ライダー”、右は“ショッカー戦闘員”。



裏側には、缶のモチーフとなったライダーや戦闘員のプロフィール入り。結構楽しい・・・って企業の戦略にどっぷりとはまっている消費者です 味は普通のサイダー、美味です。夏にグ~~ッと飲み干したいねぇ



ちなみに上の3缶を玩具に変身させる(笑)と・・・こんな連中です
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

NHK「龍馬伝」

2010-02-22 | 映像系仕事
NHKの大河ドラマ『龍馬伝』に出演します。またまた1ポイントアクター出撃です(笑)。



第9話「命の値段」
2月28日(日)
地上波:夜8時~/BS-2:夜10時~

ミスを犯してしまった土佐藩の若い衆。その兄貴分の武智半平太(大森南朋)をとがめる上司役です。「武智・・・おまんの責は、免れんぞ」。ひれ伏した半平太は寂しくも江戸を離れて行きます・・・。



イタルを探せ!・・・ぜひご覧くださいませ
コメント (13)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

峰、終了!?

2010-02-21 | 温故知“旧”
大ショック 長年苦楽を共にしてきたタバコ「峰」が国内販売終了だと



高校の頃から・・・え、あ、いや・・・その・・・そのぐらい昔の事だから、いつからか忘れましたがず~っとお世話になって来た相棒が突然いなくなってしまう事の寂しさ。言葉では言い表せません 人と違うタバコを吸ってみたくて始まったお付き合い。思い出も色々あります
 全く知らない人とも、このタバコをネタにして会話が始まって和気あいあいになった事。
 「俺と同じタバコを吸ってるなんて嬉しいなぁ」と餞別に1カートン頂いた事。
 このタバコを現場に置いたまま、2日間の休みを経て出勤したら、1本も減らずに置かれていた事(他のタバコなら持って行かれている)。
 公衆便所にジッポライターと一緒に置いて忘れて出て行ったら、ジッポだけ持って行かれていた事。
 JT関連の仕事をした時、若いJT社員から「これ、うちが出しているんですか?知りませんでした。」と言われ、アドバイス(説教?)した事。
 ダウンタウン・ブギウギ・バンドのシングル盤「スモーキン・ブギ」のジャケ裏に「峰」の写真が小さく写っていた事。
 空港免税店や台湾でオリジナルのほかに“マイルド”“ブラック”“インターナショナル”などシリーズ化されて販売されていた事。
 「峰」といったらイタルだね・・・と言われた事。



「コレを機にタバコをやめたら?」・・・と多くの人は言います。でも親身になってくれる人はこう言ってくれました・・・「ずっと一緒だった物がなくなる、当然あると思っていたものが無くなるって・・・寂しいよな。」

今後も免税店や台湾では販売されるようです。海外旅行に行かれる人~~!イタルへの土産は「峰」ですよ~~(代金をお支払いしますので買ってきてください
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テロ対策訓練

2010-02-21 | 日々是充実
地元の横浜駅でテロ対策訓練が行われました。駅構内で化学薬品が撒かれた際の対応を周辺に勤務する方々にも見て欲しいというのも、主催者からの要望でした。
知り合いが「負傷者役」として駆り出されたので、見学してきました



犯人役がペットボトルに入った液体をコンコースに撒いた直後、通行人が次々と気分を害して倒れて行きます。



通報を受けて駆けつけた警察によって通行整理が行なわれ、一方では消防隊が防護服を着用して駆けつけてきます。



最も症状の重い被害者を担架に乗せて救出。そのあとには撒かれた液体の処理、軽度の被害者の応対、実地検分・・・と一連の流れが続いて終了。
被害者たちは「化学薬品が衣類に付着している可能性が高いので、ジャケットを脱いでまとめます」と隊員に言われ、コートやジャケットを脱ぎました。時折しも雪が降るか降らないかという天候、しかもコンコースは冷たい風が吹きぬけています。
Yシャツ姿やセーター姿になった被害者役は「演じ終ってから訓練が終わるまでの待機が寒くて一番つらかった・・・」。これこそ大きな被害 こちらの対応は全くなかったようです
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤田まことさんご逝去

2010-02-18 | 仲間・先輩・後輩
またもやベテラン俳優がお亡くなりになった・・・。藤田まことさん。テレビ草創期に一世風靡したバラエティ番組「てなもんや三度笠」(番組内でのギャグ「あたりまえだのクラッカー」は大流行)、「必殺仕事人シリーズ」の中村主水、そして・・・「はぐれ刑事純情派」の安浦吉之助刑事。



『はぐれ刑事純情派』'94年4月27日放送「母性の殺意・女刑事の怒りと悲しみ」
容疑者について聞き込みに来る安浦刑事と田崎晴子刑事(岡本麗)。



応対する事務員に扮しているのが私です。当時30歳。結構長い台詞でしたが「メジャーな刑事ドラマに出演できた!」とワクワクでした。



「この監督はね、早撮りの名人の上にね、撮り終ったらすぐに移動するから置いてかれないようにね(笑)」「そうなんですか?」・・・藤田さんとの会話でした。ちなみに手際の良いこの監督とは村川透氏。案の定、出番を終えて着替えをしていた僕はロケ隊に置いて行かれました。

まなざしが優しかった藤田さん。ご冥福をお祈りします。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なぜか・・・

2010-02-18 | 日々是充実
前回2月17日付のブログ「困った人たち」ですが、携帯電話からアクセスすると文章の途中までしか反映されていないケースがあるようです。
ちなみに私は自分の携帯電話から文章を作成しアップしておりますが、自分の携帯でも途中で切れています。
ご迷惑をおかけしています。よろしければパソコンでご覧ください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする