加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

「北浜」生姜焼き

2011-01-31 | 生姜焼き&中華
地元横浜駅西口地下街にある『北浜』。いわゆる和定食の店です。



中高年のご夫婦が仲むつまじく蕎麦を食べ、しわしわの…でも可愛げのあるおばあちゃんが口をモグモグさせて美味しそうにうな重を食べ、「あたしゃ中流階級よ」ってなおばさんが寿司の握りを頬張りながら昼のひと時を楽しみ、メタボのおじさんが油ギッシュに天ぷら定食セットをパクついています



豚ロースの生姜焼き定食。うん、おいしい でもちょいと薄味かなぁ。お上品な味ってことだな



ご飯に生姜焼き。ほ~~~~ら食べたくなるでしょう~~ ヒッヒッヒッヒ・・・
コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

さらば愛読書

2011-01-30 | 温故知“旧”
「週刊明星」「週刊平凡」。毎週1冊ずつ必ず買っていたっけ。
学生時代に愛読していた雑誌、約400冊(約9年分)を整理しました



クリアーケース5箱に入れてずっと物置にしまっていたのですが、古書店やネットオークションで売却できるほど価値が無く、色々と考えた末に廃棄処分にしようと思っていました。が、愛着があるゆえになかなか思い切りがつかず・・・



ネットで知り合った方が快く引き取って下さるという事になり、プレゼントしました お役にたてれば嬉しいなっと



写真は3箱ですがあと2箱を整理中・・・ 重い重い・・・



神田・聖子結婚、明菜自殺未遂@マッチ宅、日航機墜落事故、天皇ご崩御、ひばり・裕次郎逝去、田原・美穂交際発覚、「あぶ刑事」人気沸騰、ベイブ解散、名高達郎婚約破棄、さんま・しのぶ熱愛、徹・郁恵結婚、ダイアナ妃来日、「はね駒」斉藤由貴、W浅野人気、夏目雅子逝去、清原・桑田人気・・・まぁ、いろいろありましたな
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カ~~ッと熱いぜ

2011-01-29 | 中国
先日横浜・中華街に行った時に買った“黄飛紅”なるメーカーの「脆椒花生」なるスナック菓子



いやはや・・・辛いからいカライ なんたって赤唐辛子とピーナッツを油炒めしたもんで



ほら、唐辛子がそのまんま入っているでしょ?いや、美味しいのよ。香ばしいのよ。一口食べたら止まらないのよ



でも食べる時にはこんな顔になります

“黄飛紅”・・・「HUANG FEI HONG」ホアン・フェイ・ホンと発音します。どこかで聞いた発音だなぁ・・・と思っていたら思い出しました。
「黄飛鴻」。中国・清時代の名だたる武術家です。彼を主人公にした映画は数え切れず、と言われています ジャッキーチェンも演じた事がありますし、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」も彼を題材にしていました
偉大なる英雄の名前をもじってブランドにしちゃうなんて中国らしいですな(笑)。




コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

おもちゃ箱

2011-01-26 | 温故知“旧”
我が家のおもちゃ箱・・・元は昆虫観察用のプラスティックケースなんだけど  こまかいオモチャ類がゴチャッと入っています。その中から一部をご紹介します



昭和30年代に普及したブリキのロボット。それを全長8センチほどのミニタイプとして現代に復元されたものです(材質はブリキじゃないけど)。愛嬌があって可愛いっす



こちらもブリキ製のミニカー。めっちゃ小さい3センチサイズ しかし、なんでこんなにあるんだろう?弟のかな・・・



非常~~~に簡単な作りですが、なぜか愛着を感じます



おもちゃ箱の中で燦然と輝き誇っているのがこの『グレートマジンガー』です



全長25センチ程度のソフトビニール人形(のちにスタンダードサイズと呼称)全盛期において、10センチほどのこれを僕らは“ミニ人形”と呼んでいました。昭和50年の発売当時の値段は100円と記憶しています
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台湾風味

2011-01-25 | 生姜焼き&中華
横浜の中華街。お気に入りの店があるので愛妻と行って来ましたぁ



まずは『你好(ニイハオ)』。メインストリートから市場通りに入って、さらに路地裏にある小さなお店です
写真は台湾名物の「魯肉飯(lu rou fan)」。豚の角煮と高菜が盛られた丼です。甘辛の角煮がご飯によく合います 高菜でさっぱり感を楽しんで煮玉子でお得感(笑)・・・ってな感じです。ガッツリ行けます



左はこのお店でしか見た事のない、いわゆるオリジナルメニューの「焼き担々麺」。麺を軽く炒めたところに辛味胡麻ダレを絡ませています。美味い 手前は「ザーサイ炒め」。とはいってももやしがメイン。でもザーサイの独特の辛さがピリッといい味を演出しています。魯肉飯や焼き担々麺でなんとなく飽きて来た時に“口直し”。食欲増進



所変わってこちらは『香格里拉(シャングリラ)』。可愛い台湾人のママがいつも笑顔で迎えてくれる喫茶店。中国茶が数種類あって楽しめます この日オーダーしたのは「馬鞭草茶」(手前)。柑橘系の香りがほんのりと漂って来るさわやかテイストです 気に入ったぁ 愛妻が手を添えているのは中国茶の王道、ジャスミン茶。飽きの来ない味ですねぇ



疲れた体を癒してくれるゴマ団子。ちゅるちゅる~ってノド越しもバツグンです みなさんもどうぞ~
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新旧『塔』

2011-01-23 | まち・町・街
スカイツリーvs.浅草五重塔。
にらみ合いか、はたまた微笑み合いか♪d(⌒〇⌒)b♪
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

加湿器分解

2011-01-20 | 日々是充実
20年ほど使用してきた加湿器。先日スイッチを入れたら「ガガガ…ガゴッ…ギギギ…ゴゴゴ…」と奇声を発しはじめ、なにしろご機嫌斜め、というよりさすがに寿命のようだ(+_+)

一般ゴミとして廃棄できないので分解する事に。そうすりゃプラスチック系、小さな金属系、一部家庭ゴミ系として廃棄できるからね>^_^<

おふくろが愛用していた加湿器くん。長い間ご苦労さまでしたm(__)m
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

“夫婦”再会

2011-01-19 | 仲間・先輩・後輩
昨年の舞台『フォトグラフ』で共演した“お母さん役”の寿崎千尋さん。彼女が出演している舞台『12人の怒れる女』(エア・スタジオ主催)を見て来ました



元々は'50年代に製作されたアメリカ映画「12人の怒れる男」を脚色した内容で、いわゆる陪審員制度のもとで、とある殺人事件の犯人ははたして有罪か無罪か・・・を問うストーリーです
『フォトグラフ』では優しくも病気によって死を迎えるお母さんを演じた寿崎さんですが、今回の役では・・・とにかく迫力がありました。酒でも飲んで敢えてハイテンションにしているのかと言わんばかりの熱演です
さすが女優さんです
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

生姜焼きカレー

2011-01-18 | 生姜焼き&中華
生姜焼き+焼そば、生姜焼き+うどん(そば)、生姜焼き+パンを今までに発見してブログにご紹介しましたが、新たに「カレー」を見つけました



といっても、カレーライスの脇に生姜焼きが添えられているだけなので、それぞれの味を“安心して”楽しむ事が出来ます(笑)



「お?」と思ったのがカレーと共に出された箸。生姜焼きがあるゆえなのですが、「カレーに箸」というなかなかお目にかかる事が無い状況を楽しむべきと考えた私は、スプーンを使わず箸でカレーライスを完食しましたぁ
横浜駅西口地下街「カレーハウス・リオ」
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

細川俊之さん・和田勉さん

2011-01-18 | 仲間・先輩・後輩
「(セリフを)何度か噛んだあれは誰だい?」
10年前に自ら脚本を執筆し、演出も担当。そして出演した舞台『テニアン・アイランド』。
共演者の紹介でその舞台を観に来て下さったのが細川俊之さんでした。
たまたま本番中にアクシデントがあり、動揺した私がセリフを続けて噛んでしまったのを目撃した細川さんが発した一言が冒頭の言葉でした。
打ち上げでのネタになったのは言うまでもありません。

私がこの世界に入ったきっかけは故・横澤彪さんプロデュースによる『さよなら李香蘭』('89年フジテレビ)ですが、最初に決定していた演出担当が和田勉さんでした(諸事情により製作日程が大幅に変わった関係で、のちに和田氏は降板)。何度か打ち合わせでお会いし、時には宴席でもご一緒しました。豪快でダジャレを連発する氏に周りは一生懸命について行ったっけ。

お二人のご冥福をお祈りいたします。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする