加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

MY網練習

2015-06-28 | バンド
バンド「MY網50円」の練習でした この前の練習ではメンバーの1人が病欠でしたので、その分全員が揃った今回はいい感じにまとまっていました

 

更に今回はゲスト、というかすでにメンバー的な雰囲気を持ったYufco(野本由布子/劇団カンタービレ)も参加。前回2013年のライブに引き続き今秋も登場するゆえにメンバーとは和気あいあい



今秋のライブではカッコよくロックしますよぉ~



でもってスタジオ後は、過去に何度か行ったバンド御用達の寿司屋で決起会 写真には撮りませんでしたが、豚肉の角煮、牛筋の煮込み、カツ煮、ポテトサラダが次から次へと出てきて、相変わらず寿司にはたどり着きません



すきを見てようやっと握りを注文



名物の太巻き寿司。手のひらサイズ



私個人の〆はクジラベーコンと芋焼酎

満足の一日でしたぁ~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TBS「レッドクロス~女たちの赤紙~」

2015-06-28 | 映像系仕事
今回、中国ロケに参加した作品はこちらです。
タイトルと放送日がTBSのHPで発表されましたので、ここでもご案内いたしま~す!


TBSテレビ60周年特別企画 2夜連続スペシャルドラマ
『レッドクロス~女たちの赤紙~』

2015年8月1日(土)・8月2日(日)よる9時から

出演:
天野 希代…松嶋菜々子
     ◯
馬渕 ハル…高梨 臨
村本 多美…柴本 幸
     ◯
岡野 悟…須田邦裕
中川 香織…渡辺真起子
村本 幸喜…加藤虎ノ介
村本 紗智…蔵下穂波
幼少の博人…高村佳偉人
少年の博人…中村瑠輝人
中川大地…市村涼風
幼少の希代…原 涼子
女学生の希代…高田里穂
 
日笠兵士…日笠 圭
古賀 まき(同僚看護婦)…手塚真生
山口 みち(同僚看護婦)…井上朋子
中島 和子(同僚看護婦)…松岡璃奈子
吉田 弘子(同僚看護婦)…山口景子
松本 千代(同僚看護婦)…福吉真璃奈
森 文子 (同僚看護婦)…安部智凛
野田 テル(同僚看護婦)…今村有希
大坪 洋子(同僚看護婦)…浦まゆ
 
高木 志津…中島ひろ子
天野 絹江…浅茅陽子
溝口少佐…吉沢 悠
蔵原 基介…橋本さとし
中川 光…赤井英和
     ◯
天野 大祐…山崎 努

 

私は、後編の最初あたりに登場します。
「中国人養父の元から抜け出してしまう日本人少年2人をかくまう男」です。さて、その正体は・・・?
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

うわ♪

2015-06-27 | 日々是充実
夜7時の夕焼け♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

撫順ロケ

2015-06-26 | 映像系仕事
夏の特番ドラマで赴いた中国・東北地方にある撫順



友誼賓館なる高級ホテルが宿泊場所。せっかくの広いダブルベッドなのに、端っこに寝るなんて貧乏性そのまんまでした(笑)。結構やわらかくてね・・・腰痛を悪化させてしまいました(涙)



これがそのホテルです。でっかいッス。要塞みたいでしょ



撫順のオープンセット。戦時中の満州です。



日本の占領下だったという設定ゆえ、和風の広告が貼られていました。



セットの一角でのランチタイム。役者もスタッフも青空の下で和気あいあい

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どこの国の?

2015-06-26 | バンド
北京の楽器売り場で売られていたドラムセット

 

カッコいいじゃん コブラのマークがロックっぽくていいよね。ジャズとかクラシックには合わないかもしれないけど(笑)。どこの国のだろ?見てくるのを忘れた・・・。ちなみにシンバルはトルコ製。いい音かな
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「太陽!」ミニパネル展

2015-06-25 | 太陽!
東京は銀座、山野楽器店で展示されている「太陽にほえろ!ミニパネル展」に行って来ました。

数年にわたり発売されて来たDVDシリーズの最終盤がまもなく発売されるにあたっての宣伝も兼ねての展示。



ボス編最終回に向けての一連のエピソード&女係長編のパート2が収録されているゆえに、数枚のスチールもその頃からピックアップされていました。

でもこれだけ(笑)。さみしい・・・。1階から2階に下る階段の狭い踊場の壁に展示されているだけ・・・。さみしい・・・。もうちょっと、ねぇ~?
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

続・ちょいと中国に。

2015-06-24 | 生姜焼き&中華
今月の頭に2泊で行ってきた中国・撫順ロケに引き続き、再び中国に行って来ました
今回は北京を中心に、河北省豊寧でも撮影してきました。豊寧は北京市内から車で5時間 山と草原の街です。
その写真はまた後日にアップしますが、まずは現地で食した料理の数々を一気にアップします。料理名は・・・ほとんどワカラン(汗)

 

 豊寧のホテルで用意されていた数々のうちの一部。
羊肉とセリの火鍋。いやはや、辛い辛い!でもコクがあって美味しい!右隣は玉子ときくらげの炒め。日本でもおなじみになって来ましたね。
トマトと玉子のスープ。大好きなんです。さらに香菜(パクチー)が香ばしくてねぇ~。何杯飲んだろうか



出たぁ~~~!鶏の足先~~~~しゃぶるしゃぶる!ピリ辛で進む進むぅ~


 こちらは豊寧での撮影を終えての帰途。立ち寄ったレストランでの夕食。

 

羊肉をさくっと焼いたもの、豆腐と野菜のピリ辛炒め、いんげんとジャガイモの炒め(イモが甘くて美味)、白菜炒め・・・。



そば!日本風のそば。いわゆるラーメン系の麺が一般的である中国で、そば粉から作った麺は初めてでした。それを中国風味の汁につけて食べました



 北京で宿泊した錦江之星酒店(JinjyangーInn)の朝食バイキング。ゆで卵に春巻きに餃子に揚げパン、おかゆにメロンにスイカとプチトマト。オレンジジュースはホットでした(汗)

 

 北京のショッピング街・王府井で買った「糖胡蘆(tanghulu)」 サンザシの実を砂糖飴で固めたお菓子。北京の名物で一般的には冬のお菓子。でもここは地方や外国からの観光客が集まる場所ゆえに、今の時期でも作られているわけです。



 その王府井のデパートのレストランフロアで食べた冷やし担々麺。ピリ辛の冷やし中華ってとこですかね。この辛い味が日本とは違うんですよねぇ・・・。脇のドリンクは「酸梅湯(suanmeitang)」。程よい酸味の梅ジュース。好き

 

 ホテル近くにあったレストラン「東方宮」。中国北西部にある蘭州の料理を出しています。五目チャーハンと羊の串焼き。ご飯はぱらぱらだし、肉は歯ごたえがあるし、どちらもピリ辛で美味いなぁ・・・

 

 

 ちょいと興味があって、白いご飯が食べたくて・・・吉野家の牛丼!
日本とおんなじです。サラダと飲み物のセットで700円。「千島」とはサウザンアイランドの事です。残念だったのは紅生姜がないこと。そう言えば80年代に北京に行き、市内にできた第1号店で食べた時も紅生姜はなかったな。

 

 「狗不理(goubuli)」の肉まんとおかゆ・漬物のセット。900円!狗不理は1800年代に天津で生まれた肉まん店のブランドだそう。ま、普通においしいです。



 帰国する日に北京空港で食べたラーメン店「麦麦麺(maimaimian)」。奥の二つは店名にもなっているオリジナル麺。牛肉骨をベースにしているらしいのですが、さっぱりです。手前はそのオリジナルに酸味を利かせた豆板醤をのせた一品。意外と美味しいっす。

そしてご紹介のラストは・・・

 

北京のオープンセット撮影所でのランチ
いわゆるケータリングシステムですが、毎日毎日、中国人ケータリング担当者が美味しい中華を作ってくれます。そしてこの日は、日本人制作スタッフも加わり、そうめんが出てきました

 

1か月にわたる中国ロケで、中華ばかりではしんどい思いをする日本人に向けて、時々このように和食も用意したそうです。
数日前に北京に来た私でさえ、そうめんののど越しとツユのうまさに思わずため息が出ましたね


長々とご覧いただきありがとうございました。ちなみに参加したドラマはこちらです。

8月放送「TBSテレビ60周年特別企画 2夜連続スペシャルドラマ」(タイトル未定)
出演・松嶋菜々子 山崎努 高梨臨 柴本幸 赤井英和 高村佳偉人(子役) 市村涼風(子役)・・・他

“女性の社会進出"の先駆け的存在。日中戦争/激動の時代に信念を持って生きた1人の女性の家族愛の物語。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぼろぼろゴジラ

2015-06-23 | 温故知“旧”
持っているんですよ、ケイブンシャ発行の「ゴジラ」(昭和47年初版)



もうボロボロでね。背表紙も裏表紙もあったもんじゃない(笑)。3冊セットね



でもさ、あまりゴジラに興味を示した記憶がない私なのに、なぜこのような、今となっては貴重な1冊を買ってもらったんだろう。



同社発行の「原色怪獣怪人大百科」も持っていて、こちらはそれこそ穴が開くほど何度も何度も見入っていたからボロボロびりびりになって捨ててしまったように記憶しています
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

七曲署もう一人の刑事

2015-06-21 | 太陽!
無性に見たくなったんです。無性に会いたくなったんです。彼女に



「太陽にほえろ!」七曲署一係の女性刑事・谷山美沙に



「マミー刑事登場!」(1983年3月)
谷山美沙は、ジプシー刑事転勤後に転属されて来た女性刑事。大学卒業後に警察学校に通ったキャリア的バックボーンを持ち、鼻っ柱が強くて、男なんかに負けないわよ!ってな意気込みで登場。他署から“変なの”を引っ張ってくるのが好きなボスのお眼鏡にかなったわけだが・・・ストーリー展開中に強盗犯人に襲われ、その恐怖心から辞表を提出。その後に故ロッキー刑事の妻であり、交通課の岩城令子婦警が一係に配属されて来て“マミー刑事”誕生につながる・・・。
谷山美沙はある意味悲劇的な刑事でしたね。いい方は悪いけど「ドラマ制作上の当て馬」って感じでね



石原裕次郎編の「七曲署一係」に名前を連ねた刑事たちは全部で24人ですが、正式に配属された谷山美沙も含めてもいいのではないかな・・・なんてことも考えたりしちゃってます

演じた高田早苗も複雑だったかもしれませんね。「レギュラー刑事になれるの!?」って。もちろんそんな事はないってことを了承しての出演だったんだけども。
高田早苗はその数年前に放送された「熱中時代パート2」では北野先生(水谷豊)の同僚教師役でレギュラー出演していましたっけ。今はどうしているのかな


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大人の夜・・・

2015-06-19 | 温故知“旧”
たまたまYoutubeで見つけた懐かしのテレビ画面。
「ナイトスクリーン」
高校生~大学生の頃だったかな・・・平日の深夜1時ぐらいから始まる日本テレビ系の再放送枠。



やさしいボサノバ調の電子オルガン(キーボードとかエレピというより、この表現の方がしっくりする気がします)に乗って、女性ボーカルの甘い声で「パッパパヤッパ~」。暗闇に佇む高層ビルの静止画が大人の時間をいざなっている気がしてね。
なんかワクワクしたな。

みなさんもYoutubeで探してみてください。あの頃の、大人になり切れていない自分が舞い戻ってきますよ
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする