加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

巷でよく見るオレンジジュース

2024-03-23 | ヨコハマ

オレンジジュースの生しぼり自販機 初めて見かけたのは東京は町田駅前でした。「へぇ~、こんなのがあるんだ。」

オレンジジュース好きとしては飲みたいと思っていたのですが、ヨコハマからわざわざジュースを飲みに町田まで行くのもなんだし(笑)

そしたら・・・できたんですよ、ヨコハマに それも京浜急行の横浜駅のホームに。 閉店してしまった売店跡にど~ん!と2台

350円を入れると、機械上部にあるオレンジがゴロンと脇に移動して絞られて・・・ちゃ~んとカップの口が密閉されて出てくるんですよ。それを備え付けのストローで、ぷすっと開けて飲むわけです。

うんめぇ~~~~~~~~~~

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年2月5日 雪に雷

2024-02-05 | ヨコハマ

2月5日、月曜日。予報通り昼前から雪がちらちら 夕方から水っ気のある雪が降り始め、ヨコハマや都内をはじめ、高速道路が通行止め。

強い風により、さしていたビニ傘が”お猪口”になったもんで、雪まみれになって帰宅

そして雷。ピカッゴロゴロ・・・その影響もあるのか、テレビの画面がバグったり、何も映らなかったり・・・

 

美しいんだけどねぇ~

翌日の朝。どんな光景になっているのか・・・怖い

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

すき家はヨコハマ。

2023-12-07 | ヨコハマ

先日、愛妻と久しぶりにすき家に行って牛皿定食を食べたんです。

 

丼飯を平らげたらその底に「すき家YOKOHAMA」の文字がありました。

1982年(昭和57年)7月に弁当販売「ランチボックス生麦店」をルーツとして、同年11月に牛丼業態の1号店「すき家生麦駅前店」を開店。店名の由来は、明治時代の文明開化により広く食されるようになった「すき焼き」と「好き」をかけて命名されたものである(以上、Wikipediaより)。

すき家って、横浜で創業されていたんですね。

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

崎陽軒の自販機

2023-11-14 | ヨコハマ

”シウマイ”の崎陽軒が自販機を設置したと聞き、連れて行ってもらいました

コロナ禍により店頭での対面販売がはばかれる中、通販にも力を入れて来たようですが、2022年8月に地元ヨコハマは港南区の高速道路・日野インターチェンジ近くの販売店に設置されました。

 

冷凍タイプのシウマイや餃子、チャーハン弁当、ピラフ弁当、お赤飯弁当が販売されています。

今後、少しずつ市内に増設されていくのかな

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

横浜「ロイヤルウイング」

2023-05-22 | ヨコハマ

横浜港を拠点に東京湾を周遊しながら食事ができる大型レストラン船「ロイヤルウイング」が就航を終わらせ、その長い歴史に幕を閉じました。海の街ヨコハマ。その顔ともいえるロイヤルウイング。海上をゆったりと進むその船体を見て気持ちがほっこりしたなぁ

20年ほど前。結婚のお祝いとして、元フジテレビプロデューサーの故・横澤彪さんより、このロイヤルウイング・ランチクルーズ券をいただきました。地元ヨコハマを海上から眺めつつ頂いた豪勢な食事はなかなかのものでした

1980年頃の漫才ブームの仕掛け人であり、「オレたちひょうきん族」「笑ってる場合ですよ」「笑っていいとも」などで、ツービートやB&B、紳助・竜介、タモリ、片岡鶴太郎、山田邦子、明石家さんま、コント赤信号、東京乾電池などなどの芸人・俳優諸先輩を、多くの人たちに知ってもらうチャンスを作った方ですね。2011年に逝去されました。

横澤さん、お元気かな?

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山手の駄菓子屋

2023-05-06 | ヨコハマ

地元ヨコハマは山手駅近くの商店街。以前に一度だけ本牧散策をした際に通った事があるのですが、今回は所用があったついでにのんびりと歩いてみました。

昔ながらの電気店、薬局、自転車屋、八百屋、古書店、定食屋、そば屋・・・そんな中見つけたのがこちら

元は「昔のコンビニ」である万屋(よろずや)ですね。「うちは開業して75年・・・かな。当時はお店なんてなかったから、何でも売ってたのよ。箒・ちりとりから文房具、おもちゃ、タバコからお菓子からパンや缶詰とかね。」とおかみさん

店頭にあるおもちゃ類。とりわけ緑・ピンク・黄色のカラーボールが目を引いた。店内外壁いっぱいに吊り下げられている小物玩具も駄菓子屋の象徴であるが、私の「駄菓子屋・よろずやの定義」がまさに「店頭にぶら下がるカラーボール」だからだ 引き込まれるように店内に入ると・・・。

 

夢の世界でしたぁ~~~~

何が出るかなぁ~~の箱型めくりクジ。

また行こう!っと

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本牧ピザ@一福

2023-03-31 | ヨコハマ

10年ぶりぐらいに訪れた横浜駅西口の小さな居酒屋「一福」

聞けば昨年20周年を迎えたとか。開店当初はちょこちょこと通っていた店、マスターご夫妻も私の芝居を見に来てくれたことがあります

 

久しぶりに来て・・・”ホッ”とした自分がいました。で、頂いたのがラム串。にょほほほ~ 美味~

そしてもう一品がこちら。横浜・本牧名物の「本牧ピザ」

1950年代の横浜・本牧に開店した「イタリアン・ガーデン(通称:IG)」。そこで焼かれていたのが”四角いピザ”。その後、長い年月をかけて行く中でいくつかの地元店がそのレシピを受け継いで・・・現在では本牧の多くのカフェやレストランで、ピザと言ったら”四角いピザ”とのこと。名物として盛り上がりを見せているようです

「うちに声がかかってね。レシピはIGと同じなのよ。」とおかみさん。いやぁ~~美味しい間違いなく美味しいいくらでも食べられるかもーーーー

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お。”昭和の喫茶店”

2023-02-26 | ヨコハマ

ヨコハマは、京浜急行「子安駅」にほど近い所にある昔ながらの喫茶店の「ミネ」 以前から気になっていましてね

朝6時半に開店しているとのことなので・・・開店時間に合わせて行って来ました・・・って、そのために早起きするワタシ(笑)

 

ステキな王道モーニングセットにお会いしましたぁ~~~。トーストが厚い

 

なんと80年代に流行ったテーブルゲーム インベーダーゲームかと思いきや、「いや、麻雀ゲームなんですけどね、壊れているんですよ。直すための部品もないらしくて・・・」 いやいや、目の前にあるだけで癒されますねぇ。もう一台は、”物置き”になってます

 

食事メニューはサンドイッチ数種とスパゲッティ2種類のみ。「昔はね、ランチメニューをやっていたんですけどね。段々と体力的にきつくなってきて」と、御年83歳のご主人。え?80を越えてるの・・・と勘ぐってしまうほどお肌に潤いがある素敵なジェントルマン

ということで、改めて伺ったときに注文したのがその2種類・・・ミートソースとナポリタン。いや、なに、この洗練された風情。見た目がイメージしたものとはちょいと違うのだけど、でも味は昭和の味そのもの 愛妻と「おいしいね、コレおいしいね!」と連発 ご主人も嬉しそうでした。

また行こうっと

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

”関西版”崎陽軒シウマイ弁当

2023-02-08 | ヨコハマ

3年ほど前に知った”関西版”崎陽軒のシウマイ弁当。兵庫県姫路市にある「まねき食品」が崎陽軒と手を組んで製造販売しているシウマイ弁当。

食べましたぁ~~~

何がどう違うかと言いますと・・・。

 

(左がオリジナルのシウマイ弁当/右が関西版)

シウマイ/干し貝柱→シウマイ/出汁入り

アンズ→黒豆

黒ゴマ→白ごま

竹の子醤油煮→拍子木切り出汁煮

マグロつけ焼→サバの幽庵焼

梅干し・緑→梅干し・赤

玉子焼き→出汁巻卵

昆布と生姜→酢レンコンとしば漬け

鶏の唐揚げ→鶏のあご出汁唐揚げ

 

とにかく、全体的に出汁をメインに使用して薄味(さっぱり味)が特徴です。さすが関西。美味しいですよ。美味しいんですけど・・・食べ終わった後に「オリジナルのシウマイ弁当食べた~い」と思ってしまうのは、ハマっ子の性(さが)でしょうか(汗)

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

相次ぐ閉店(涙)

2023-01-20 | ヨコハマ

地元商店街のある店舗に貼ってあった「閉店のお知らせ」。洋品店です。確かに長い事お客さんが入っているのを見た記憶がありません。それでも毎日店を開け、店番をしていたおばあちゃん。大正時代に創業していたんですね!100年近く!?初めて知りました・・・。

高齢者向けの衣料品が中心の店だったので、私自身なかなか買いに行くことはなく、店の前を通るだけでした。ところが数年前に、店頭のハンガーラックにかかっていたジャンパーに目を奪われ、その場で買ったのがこのスカジャン。

もともとスカジャンを1枚欲しかったのですが、気に入ったデザインがなく・・・スカジャンの背中には虎や龍の刺繍が施されているのが多いのですが、ここで見つけたのが「鯉」でした。欲しかったデザインです。なぜ鯉が欲しかったのかは長くなるので(笑)。

そんな思い出がある店がなくなるのは寂しいですね。

  

この3枚は別の場所なのですが、やはり最寄り駅の近くにある古い店舗に張り出されていました。

タバコ屋、クリーニング屋、定食屋。すべて昨年の大みそかで閉店しています。昭和が遠くになりにけり・・・。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする