加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

NHK「龍馬伝」

2010-02-22 | 映像系仕事
NHKの大河ドラマ『龍馬伝』に出演します。またまた1ポイントアクター出撃です(笑)。



第9話「命の値段」
2月28日(日)
地上波:夜8時~/BS-2:夜10時~

ミスを犯してしまった土佐藩の若い衆。その兄貴分の武智半平太(大森南朋)をとがめる上司役です。「武智・・・おまんの責は、免れんぞ」。ひれ伏した半平太は寂しくも江戸を離れて行きます・・・。



イタルを探せ!・・・ぜひご覧くださいませ
コメント (13)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 峰、終了!? | トップ | 仮面サイダー! »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わ~〓楽しみ〓 (ぴろ)
2010-02-22 19:00:52
撮影は放送局でやったのでしょうか?
このところいつも一食に行くときょろきょろしてしまいます。
そのうちばったり会えたらいいな、なんて願ってます!
まるで外 (イタル)
2010-02-23 22:30:34
>ぴろさん
はい、スタジオで撮影しました。でもね、今回の大河ドラマの特徴って、毎回スタジオ収録なのにまるでロケをしたかのような映像になってるんですよね。これは素晴らしいです。
出演おめでとうございます!。 (カミタク)
2010-02-23 22:49:53
出演おめでとうございます!。龍馬伝
http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/
http://www.nhk.or.jp/kochi/ryoma/
は毎週収録して必ず見ていますので、楽しみに拝見します。うんうん、こげん顔した侍がいたら到なのですね。

万一、見逃した方は、NHKオン・デマンド
https://www.nhk-ondemand.jp/
でご覧になれます。

今年の大河ドラマは、時代考証がちょこっと???な感じを抱く時もありますが、過日の放送で吉田東洋に尊皇攘夷思想の視野の狭さを指摘された武市半平太が、吉田東洋の真意を理解できずに上士と郷士の身分差のことだと誤解して思い込んでいたシーンは、よくできていたと思いました。また、高知県と言えばほとんど坂本龍馬一色的な県ですが、岩崎弥太郎にもスポット・ライトが当たっているのは、弥太郎のベンチャー精神を是としている私にとっては、個人的に好感を持って見ています。

大河ドラマの舞台になると、その県は観光ブームになりますよね。

私は最終学歴が高知工科大の院の起業家コース
http://www.entre.kochi-tech.ac.jp/
で高知県は第2の故郷の一つですし、第2の故郷の一つ、前任地・鹿児島県は坂本龍馬の日本初の新婚旅行の舞台なので、高知にも鹿児島にも観光客がたくさん訪れてくれたらいいなぁ、と思います。

おまん・・・ (イタル)
2010-02-23 23:21:43
>カミタクくん
長かコメント、まっことありがたき幸せぜよ(苦笑)。
私のブログでも紹介しておきました。 (カミタク)
2010-02-24 00:00:21
追伸

私のブログでも、応援日記を書いておきました。
http://kamitaku.cocolog-nifty.com/rock/2010/02/post-6f4b.html
たびたび (イタル)
2010-02-24 10:30:15
>カミタクくん
感謝感謝です!チュッ!
男にキスされても・・・ (カミタク)
2010-02-24 21:37:17
確かに私は到のことが親友として大好きだが・・・

男にキスされても・・・
楽しみ増えました~♪ (KONOMI)
2010-02-25 00:12:21
勿論毎回録画して確実に観ていますから、バッチリです。
家族に自慢できます!!
今回の「龍馬伝」の注目度№1は、岩崎弥太郎さんです。
おもしろすぎる!!
そういう生い立ちだったのか~、それでどういう展開であそこまでになるの?!って、もう大注目!!

イタルくんは時代劇合ってるわ~。
かつら似合い過ぎでしょう。
そのままで暮らせそうだよ。
かつら (イタル)
2010-02-25 21:28:40
>カミタクくん
いちいち反応するんじゃない!コラ!

>KONOMIちゃん
録画しないと見過ごしてしまうかもしれませんのでヨロシク~!
観ました (LISA)
2010-02-28 21:20:26
しっかり家族そろってみました。
名前が「津波情報」で隠れたのが残念

しかし終わってからも、また再生しなおして家族でせりふを覚えてしまったほど。

いつも楽しみにしていますよ。
我が家では大スターです

スターがきてくれる日を楽しみにしています。

コメントを投稿

映像系仕事」カテゴリの最新記事