加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

高級中華・・・。

2024-05-29 | 生姜焼き&中華

過日、ちょいと親戚の集まりがありまして。東京駅前にある中華「過門香」で会食をしました

コースをお願いしました

冷菜6種盛り合わせ 右下はカツオの刺身に中華風タレがかかっていて美味しいのですが・・・「生」という時点で中華じゃないなぁ~という邪念が(笑) ウェルカムドリンクが付くのでビールをチョイス

ふかひれと3種具合のとろみスープ うんうん!美味しいですぅぅぅ

点心2種盛り合わせ 「もーちょっと入れてよ~。盛り合わせなんだからぁ~(笑)」

海老のマンゴーマヨネーズソース エビマヨの兄弟ってことでしょうが、中華にマヨネーズはないしなぁ・・・という邪念がここでも(笑) 美味しいけどね。

三元豚ばら肉の回鍋肉 え?ホイコーロー?全然辛くないし・・・ 白飯に載せて丼で食べたい。

北海道産小麦の九条ねぎそば 北海道と京都の合体技!・・・だけどメニューに表記されていた中国語名称は「上海香葱麺」とはこれいかに(笑) ちょいと薄味だったなぁ・・・

おすすめデザート2種 月餅と杏仁豆腐。安心できるオーソドックスな味

いかにも日本式の格式ある中華料理・・・とでもいうのかな。

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

豚肉の生姜焼き三景

2024-05-19 | 生姜焼き&中華

前回のブログで中華三種を挙げましたが、今回は生姜焼きですぅぅぅ

 

「食堂 一休」@京王線・つつじが丘駅

7年前に初めてつつじが丘に来た時に見つけてお邪魔した「一休」。そういえば・・・との思いで探して再訪

2度目ゆえにメニューに迷いましたが・・・やっぱり生姜焼き定食に(笑)

 

そうそう、こま切れ肉ゆえの一口サイズ。玉ねぎ共存型でピーマンが数切れ。玉ねぎの甘さがさほど強くないから、私としてはご飯が進む味ですね

     

配達弁当「焼肉 吉江屋」

先日の舞台公演のリハーサル時。役者もスタッフもなかなか外に出られないからと、制作側の計らいでふるまい弁当~~~ ごちそうさまでした

 

「豚肉の生姜焼き弁当」は、焼肉店のメニューをイメージしてか、副食のナムル系が充実。肉自体は甘辛風味でなかなか美味しいです

ただ・・・ビビンバ風の具材が乗っかっている白飯。 え~~、もう少し少なくして、”ご飯だけ”の味を楽しみたかったです。メインの肉を白飯と一緒に食べたかった・・・ってぜいたくな悩みか(汗)

     

愛妻の生姜焼き

大き目のロース肉ね 味も申し分なし 厚さが薄目だからご飯に巻いてもいいし、ご飯が進む進むぅぅぅ

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

下北沢・つつじが丘の中華

2024-05-16 | 生姜焼き&中華

まとめて3か所の中華をご紹介~~

 

「飛竜」@京王線・つつじが丘駅近く

知らない町に行き、いわゆる町中華を見つけると「あった、あった~」と吸い寄せられていきます

 

いただいたのは ”エビチリ焼きそば” なかなか見ない一品ゆえに楽しみにしたのですが・・・麵が柔らかかった事もあって「エビチリ味の細麺スパゲッティー」という感じでした。味はピリッとして良かったんですけどね。

     

「珉亭」@井の頭線/小田急線・下北沢駅近く

「シモキタに行ったらここ!」と誰もが言っているといっても過言ではない老舗の店 最近は訪日外国人までもが並んでいる光景に出くわします。

 

この日はたまたま、知り合いの役者と店で一緒になりまして、旧交を温めつつランチ。私は江戸っ子ラーメン(左)。昔ながらの醤油ラーメンにキムチが乗っています。友人は名物の「ラーチャン」。半ラーメン+半チャーハンのセットです。次は私もラーチャンにしよっと

     

「清龍苑」@井の頭線/小田急線・下北沢駅近く

こちらも下北沢にあります。私の好きな店で、いわゆるレストランタイプ。男性従業員は白Yシャツに黒ズボン、女性は揃いの制服を着ています

 

ここのね、五目かた焼きそば(揚げ麺)が大好きで・・・実はこれ以外食べたことはありません(汗) うまいんだな、これが 今度は違うメニューも食べてみなきゃね

 

 

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

下北沢の生姜焼き

2024-04-23 | 生姜焼き&中華

久しぶりに東京は下北沢をのんびりと歩きました。で、見つけた「”炭火焼干物定食” しんぱち食堂」

干物と銘打っているので基本的には魚定食がメインなのですが、豚肉の生姜焼き、そしてあまりお目にかからない鶏肉の生姜焼きもあります。

店に入ると調理カウンター越しから、「イラサイマーセ~」「ナンメデスーカ~」「カンタードゾ~」とアジア系の店員さん。カウンターに座るとタブレット式のメニューで選んで注文。 目の前の調理カウンターにいる3人の店員が喋っているのはタイ語?ベトナム語? ほどなく「ハイ、ドゾ~」と出てきたのが、千切りキャベツが盛られたアツアツの生姜焼き。

「え?キャベツが乗っかっている!?」「早く食べなきゃシナシナになっちゃう・・・」「キャベツはトッピングじゃないだろ・・・」

生姜焼きは玉ねぎ共存型。玉ねぎの甘さと生姜ダレのほんのり甘めが相まって、私としては「うーむ」 次回は、他の客が美味しそうに食べている焼き魚系を食べてみるかな。”炭火焼干物定食”が売りだからね

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新宿御苑前の北京飯店

2024-03-15 | 生姜焼き&中華

三度目の正直 過去2回は休業だったり定休日だったりで涙をのみました。

やった!行ってきたぜ~~~ 東京は新宿御苑前駅近くの「北京飯店」。開業して40数年の老舗の町中華です。

 

店頭のサンプルは経年によって真っ黒に近かったりして・・・いい味出しています(笑)

ザ・昭和です

注文したのが五目揚げそば ま、カタ焼きそばのお友達ですね(笑)。この数か月、ずっとずっと食べたかったんです(笑)

ナルト2枚、チャーシューも2枚 やっぱりうずらはトッピングの王子様~~~

パリパリ麺にあんかけがよく合うんだよねぇ。

もちもちプリプリは本場の中華。 こちらは日本の中華特有の「薄皮」ギョーザ ”町中華”をしっかりと堪能しました

 

実はここ、「太陽にほえろ!」で長さんとロッキーが食事をしていた店。画面に映っていた住居表示から割り出して訪れた店でした~~~

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

市ヶ谷「焼味佬(シュウメイロウ)」

2024-03-08 | 生姜焼き&中華

東京は市ヶ谷駅からほど近い広東飲茶系「焼味佬(シュウメイロウ)」に行ってきましたぁ~

北京語だと「shao wei lao(シャオウェイラオ)」ですが、シュウメイロウとは如何に? 広東語読みなのかなぁ・・・?

私が北京に住んでいた時(つまり50年前ね)に、同じく北京に住んでいた同い年5人が集まり、さらには日本人補習校で国語や算数を教えてくれた恩師を交えてのプチ北京会でした

さてさて、その後も中国とはいろいろつながっているメンバーゆえに、あれも食べたいコレも食べたいとワイワイと選んだのがこちら

 

焼き豚&ローストダック 青菜炒め

 

海老シューマイ チャーシュー腸粉(ぷるぷるの米粉皮)

 

大根餅 パリパリホルモン(皮はぱりぱり、ホルモン系はむにゅむにゅw)

 

イカ野菜炒め カイラン炒め(”芥藍”カイランという野菜です)

青島ビール(瓶が緑ではなく透明だ!)

いやいやいや・・・美味美味美味。平日のランチ時だったこともあり、店内は満席に次ぐ満席。しかも2時過ぎまで~ なかなかの人気ぶりがうかがえた店でした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

関内の老舗ポークジンジャー

2024-02-20 | 生姜焼き&中華

知らなかった~ 失礼ながら、店の名前も聞いたことがなかった~~ 「レストラン 喫茶 ”ぷらむ”」

 

古い雑居ビルの一階にある老舗のレストランは、樹々の温かさを感じられる落ち着いた雰囲気の店内。そんな雰囲気に吸い込まれるように木製の椅子に座っていました。

 

市販の姿のままの調味料類が、いかにも昭和です そして手作り感満載のメニュー。商品名はパソコン(もしかしたらワード⁉)だけど、値段は手書き。ナプキンだってこんな姿になるよう閉店後や開店前に折っているんだろうなぁ。その紙ナプキンにくるまれたフォークとナイフがこれまたザ・昭和ですね。

 

ポークジンジャーセットです マカロニサラダとナポリタン、かなりの手作り感が素敵すぎます ロース肉も厚めで食べ応え充分 和風のしょうが焼きとはちょいと異なるポークジンジャー。ジンジャーソースがロース肉によく絡んで皿盛りのライスが進んでしまいました~~

70代と思しきおかみさんが一人で調理とフロアをやっていました。物静かで、ヘタすると聞こえないほどの声。時折見せる微笑みに「店の歴史」を感じました。 「店はもう何年になるんですか?」に「57~58年ぐらい・・・」とか細い声

この店の名物はハンバーグとカレーのようです。よし また絶対に行くぞ~

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自由が丘の中華

2024-01-13 | 生姜焼き&中華

年明けすぐに、桜美林大学・中文科時代の新年会が催されました 上は70代半ばから下は50代半ばまでの卒業生が20名ほど。80歳近い恩師を迎えての和やかなひと時でした 

その時にお邪魔したのが、東京は自由が丘駅近くにある中華店「梅華」。宴会場を持つ「古き良き典型的な日本の中華レストラン」。当然メニューも昔ながらの町中華の味。ホッとできる風味が腹を満たしてくれました。

刻みネギたっぷりの蒸し鶏と揚げワンタン

エビ野菜の炒めと焼き餃子

それと・・・あとは紹興酒で酔っ払い、恩師や同窓生たちのおもしろ挨拶に吞み込まれて、写真を撮るのを忘れていました~~

 

一年生の時に担任だった恩師とは40年近くぶりに再会。真っ黒な髪もナイスシルバーとなった恩師。「加山の事?覚えてるよ~。なかなか目立ってたしなぁ(笑)」

いつまでもお元気で

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

伝説の戸部のしょうが焼き

2023-12-22 | 生姜焼き&中華

いえね。伝説と言っても私が勝手にそう言ってるだけ、そう思っているだけなんですけどね。だって「実体」を見たことがなかったもので

地元ヨコハマは西区にある京浜急行・戸部駅近くのレストラン「カレーとハンバーグの店 バーグ」 20年ぐらい前に、何度かカレーの持ち帰り弁当でお世話になった店なんですが、これが美味しかったんです そして満を持して(?)、入店しての食事は初めてだったんです。

「ようやく来ることができたか・・・」と(笑)

 

本店(磯子区杉田)の創業は1974年/昭和49年。スタミナ・カレーが売りの店として発展し、ハンバーグや唐揚げ、ステーキなども人気の洋食屋ですね。

 

そして私はメニューにあったしょうが焼きを注文。王道です 飽きの来ない、ご飯がすすむ素敵な逸品です

カレーが売りの店ですから、カウンターには福神漬けときゅうりの漬物が常備されているので、ご飯にちょい乗せ 最高の”ご飯のお供”です

次はカレー!いや・・・ハンバーグ・・・いや、ステーキも唐揚げも・・・ど、ど、ど、どうしよーー

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新宿御苑駅近くのしょうが焼き

2023-12-15 | 生姜焼き&中華

過日。所用で赴いた東京は丸の内線「新宿御苑駅」 ちょうどお昼時だったので、のんびりと散策を兼ねて歩いて見つけたのが「カフェテラス・DOM(ドム)」。昭和の喫茶店です

メニューには”ポークジンジャーライス”とありましたので早速注文。70代後半とおぼしきご主人が一人で切り盛りしています。店内の壁には「妻が病気のため、オーダー取りやサービスができません」と書かれた紙が貼ってありました。寂しさを感じましたが、それでも一人で頑張っているご主人に心の中でエールを送りました

 

玉ねぎ共存型でしたが、さほど甘みを感じさせず、たれは王道の醬油ベースでご飯が進みます。生姜のすりおろしも相まって思わずニンマリ ご飯の脇に乗っかっているたくあんに和風情緒を感じました

店を出る際に、「こちらはもう何年やっているんですか?」と伺うと、「まだ45年」とボソッと答えたご主人。「まだ」の一言に、店への情熱と愛情を感じました~~

 

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする