加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

生姜焼き弁当とかき揚げラーメン

2017-04-30 | 生姜焼き&中華
自分で弁当を作りました。時々作るんですけどね。冷蔵庫にあった肉で作ったのは生姜焼き(汗)
しょーがないじゃん、好きなんだから~~~



色味も美しさもなーんもないけど、この写真を見ているだけでよだれが
あ、もちろん野菜サラダを別個につけましたよ



地元駅の立ち食いソバ店にラーメンが登場。ならばこうしてもらいましょう~~
イタル:  「ラーメンにかき揚げのせてくださーい」
おやじさん:「え?いいの?へぇ~

うわっ。うんめぇ~
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寒空はだか君

2017-04-28 | 仲間・先輩・後輩
「テレビに出ま~す。見てくださ~い
本人から連絡をもらってBSの寄席番組を視聴。落語家と共に出演していたのが「音楽漫談」の寒空はだか君。



寒空はだか。冬にこの名前を聞くと思わず温かいものを食べたくなります(笑)
「女々しくて」の歌で人気のゴールデンボンバーズはギターを弾くマネをしている、いわゆる“エアギター”です。海外ではエアギターコンテストが開催されて日本人が優勝したりしています。
この寒空君、30年前からエアギター漫談を続けています。エアギターの元祖と呼称されてもいいはずですね。“ジャンジャカジャカジャカ・・・”と見えない弦をかき鳴らして、さらーっとネタを披露していきます。



彼との付き合いも古く学生時代に小堺一機さん・関根勤さんのライブを一緒にサポートしていたっけ。もちろんネタを作ってステージに立っていたな。あ、その頃彼は大学の落語研究会にいたと記憶しています

彼の作った名曲「東京タワーの歌」



「タワ~、タワ~、東京タワーに上ったわ~、売店でおみやげ買ったわ~・・・」
韻を踏んだ、なんて事のなさすぎるシャレの歌詞が、ツボをくすぐるんですよ。こそこそこそ・・・と(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

京浜工業地帯

2017-04-26 | ヨコハマ
京浜工業地帯の一角にあるJR京浜東北線・新子安駅から海側に歩いてみました。と、言っても時間がなかったのでほんのちょっとですが(汗)



なんか、この光景だけで「うお~~!映画みたい~~~!」と思えてしまいます。アトラクションがたくさんあるテーマパークをも想像させてくれます。
今度は時間を作ってもっと歩いてみようっと。



大好きなツツジが咲き誇ってます。久しぶりに蜜を吸ってみるか
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「港のヨーコ」台本

2017-04-23 | ブギウギ
映画「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」(1975年・松竹)の台本を入手しました





大ヒットした同名曲をベースにした映画ゆえに、多くのブギウギバンドファン、ジャパニースロックファンが期待したようですが、その評価は「う~~~~む・・・」だったようです。
脚本も監督も名だたる方たち、俳優陣も主役の早乙女愛をはじめ、松坂慶子、原田美枝子、多岐川裕美、谷隼人、森次晃嗣、地井武男など当時勢いのある若手や中堅勢で固めていたのですが・・・「ヒットしたその波にあやかっちゃえ」と軽いノリで企画されたといわれても仕方がない内容なのかもしれません





「港のヨーコ」をヒットさせた当の本人たち・・・ブギウギバンドのメンバーは“食堂の客”で登場。台本で探してみたら、たった1シーンのみ。早乙女愛がバイトしている大衆食堂で食べている客AとB。これが誰だったのかは映像を見ない限りわかりませんが、下のスチールを見ると左側の和田静男が喋っているようです。もう一人はセオリー通りで行けば宇崎竜童ではないかと考えられます。ということは後の2人はセリフなし? まぁアドリブ的にセリフがあったのかもしれません。



とは言え、ファンとしては覗いてみたい(笑)作品です
でも、台本表紙にあるタイトルロゴはも~~~ちょいと、なんか、いいデザインにできなかったのかな
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

拓郎&シャープ

2017-04-21 | レコード
吉田拓郎。
日本フォーク界の神。ロックファンでもクラシックファンでも歌舞伎ファンでも誰でも知っている大御所シンガー。私だって何曲も知っています。なのに私は今まで一枚も持っていませんでした
で、今回購入したのがコチラ。



「落陽」(1979年・フォーライフ)

日本武道館、静岡市民文化会館、愛知県篠島で行われたコンサートのライブ盤です。会場の観客の手拍子や歓声がどよめく・・・というのかな、臨場感というのかな、自分もそこにいるかのような錯覚に陥りますね。拓郎のライブって「音」とその「どよめき」が一体化しているというのが、私の拓郎に対するイメージなんです
ドラマ「俺たちの勲章」の主題歌のオリジナルバージョンともいえる“ああ青春”。トランザムのは何度も聞いたけど、拓郎のは初めてです。いいですねぇ
“落陽”アコースティックバージョン。「大地」が見えてきます。“旅の宿”・・・くーっ、熱燗飲みたい

   



「シャープ・ファイブ スクリーン・ゴーゴー」
井上宗孝&シャープ・ファイブ(1968年・コロムビア)

GS人気時代の一角を背負っていたバンド。インストルメンタル系のバンドという程度の事しか知りませんでしたが、「すごいバンドだよ」と誰かに聞いたことがあって購入 オリジナル楽曲ではなく映画音楽のカバーですが、シンプルなエレクトーンサウンド、細い音のギター、乾いた高音のドラムはあの当時のサウンドです。大好きな音です
“続・荒野の用心棒”“男と女”“ロシアより愛をこめて”“黒いオルフェ”“夕陽のガンマン”などが収録されています

ネットで検索をかけてみたら、GSの人気グループ「シャープ・ホークス」・・・4人のボーカルグループ(リーダーは安岡力也!)のバックバンドを務めていて、後に独立したようです。
ジャケットのドラムセットのシンプルさといったらカッコいい ひと回りして現在の若手バンドのドラマーも、ほとんどこのスタイルのセットを使用していますね。しかも、メーカーはLUDWIG(ラディッグ)。アメリカの老舗メーカーですよ~~~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バンド新曲&生クリーム

2017-04-17 | バンド
バンド「MY網50円」の練習がありました





今年はライブをやらないため、のんびりムードがありますが、来年に向けて新曲の練習を始めました。和洋問わず、あの歌この歌それもこれも・・・ってな感じです。



久々の勢ぞろい写真。こんな構図もまた楽しや(笑)



練習後の一杯。今月誕生日だった2人にはコレ
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プロ野球観戦

2017-04-15 | 日々是充実
過日。誘われて地元・横浜スタジアムに行って来ました
阪神対横浜。あれ? わしはハマっ子だから横浜対阪神って言った方がいいのかな? っていうかベイスターズか。あ、DēNAがいいのか(汗)
野球、うといんですよ。小さい頃から。キャッチボールぐらいしかやっていなかったし



ってことで、野球観戦には崎陽軒のシウマイ弁当~~~~

しかし、なんですな。
外野に近い内野席の一番後ろの席だったんですけど、選手が投げたり打ったりするボールが意外と大きく見えたり、三塁から一塁に投げられるボールが真っすぐなことったら・・・素敵すぎる バッターが打ったホームランや外野まで飛んでゆく打球が描く放物線の美しさといったら・・・まぁ~、見とれてしまいました
バッターがバントすると内野&外野の選手が一斉にそそくさと前進したり、応援団の熱い歓声と演奏を間近に見たり聞いたり・・・テレビでは味わえない臨場感に興奮気味の私でした



しかし、なんですな。
スコアボードのまぶしさ。選手のプロフィールやらなんやら情報が多すぎて、肝心の点数がどこに書いてあるのか探してしまいました



しかし、なんですな。
プロ野球観戦なんて何年ぶり、いや、何十年ぶりだろ。たぶんね・・・子供の頃におやじに連れて行ってもらって以来。40年以上ぶり
楽しかったのだ~~~~~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

じゅんぺー誕生日

2017-04-14 | 桜田じゅんぺー
桜田淳子の誕生日です おめでとうございまーす
胸キュン



「もう一度だけふり向いて」1976年・ビクター

このレコード、上海に住んでいた時に「サンタクロース」にもらったんですよ(笑)。
もらった瞬間にバンザーイ!している写真が残っています。とても大人っぽい雰囲気の歌に戸惑いながらも憧れを持ったっけ。でもこの時じゅんぺーはまだ18歳なんですよね



「化粧」1981年・ビクター

先日行われた映画音楽のコンサートにゲスト出演した際に歌った曲として話題になりました。
中島みゆき作詞作曲の別れの歌です。この時じゅんぺーは23歳。落ち着いた大人の女性像を目指していたのでしょうが、明るい元気な歌をもうちょっと歌ってほしかったな。



そう、桜田淳子は明るくて元気な歌が似合うよね
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

読み込み中

2017-04-13 | 舞台・イベント系仕事
今年後半に出演するであろう老舗劇団の公演台本を、いろいろと調べつつ読んでいます。
まだ配役はきまっていませんが、ちょいと昔の人物になります。



自分にあった役か、はたまたチャレンジするような新しい役なのか。
楽しみ



役者としてもっと自信を持てるようにならなければ。
今の私・・・弱い。
人としても弱い。
くじけそうになる自分がいる。
くじけた自分もいる。

「50過ぎたらいろいろあるよ」
人生の先輩たちは口を揃えて言ってくれる。

乗り越えなきゃね、先輩たちを見習って
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中目黒の中華

2017-04-12 | 生姜焼き&中華
過日赴いた東京は中目黒。駅のこっち側は舞台出演でお世話になっている劇場があるので、この日はなかなか行かない駅のあっち側に行ってみました。

「あ~~~~!まだあるんだ、この店」と入ったのは「天竺屋台」。20数年前に入った店で、美味しかったのを覚えています。

 

玉子&トマト炒め。この取り合わせ、いかにも中華風ですね。大好きです
鶏肉のピーナツ炒め。通常は濃い味噌を絡めていますがここのは塩胡椒味。さっぱりです

 

麻婆豆腐。いやはやご飯が欲しい~っす
揚げ餃子は心を癒してくれます(笑)



香菜サラダ。中華店だからパクチーなんて言葉はないのだぁ~~・・・・・・ってアンタ誰
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする