加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

あの事件の跡地

2022-03-30 | 温故知“旧”

先日ブログにアップした映画「帝銀事件」。その現場に行って来ました・・・と言っても、建物はすでに何度か変わっているので、その面影はありません。

昭和23年。事件発生時。

昭和60年代。

今はマンションです。

眺めながら・・・周囲を歩きながら・・・色々思いを馳せてきました。何はともあれ亡くなった方々の冥福をあらためて祈ってきました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地上波で「七つの会議」

2022-03-27 | 映像系仕事

私が出演した映画「七つの会議」(池井戸潤原作/福澤克雄監督/2019年)が地上波で放送されます

2022年4月3日(日)夜9時~TBS系列

中堅電機メーカー「東京建電」で発生した不祥事をめぐって入り乱れる役員・社員の思惑・・・

野村萬斎・・・東京建電・営業課長

橋爪功・・・東京建電・社長

世良公則・・・東京建電・副社長

香川照之・・・東京建電・営業部長

春風亭昇太・・・東京建電・経理部長

そして 加山到・・・東京建電・製造部長

 

セリフはありませんが、役員会議や社長室の場面では素晴らしき先輩方に囲まれています

 

TBSドラマ「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」「ルーズベルトゲーム」など、一連の池井戸潤原作/福澤克雄監督作品でおなじみの出演者たちが集結した痛快な社会派ドラマ。どうぞお楽しみに

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハマ散策

2022-03-26 | ヨコハマ

愛妻の親戚が来浜したのでランチしてからハマぶらしてきましたぁ~

 

まずは・・・老舗の牛鍋店「荒井屋」。かみさんたちは明治時代から伝わる牛鍋定食を グツグツ・・・よだれダラダラ

私は牛ステーキ丼 いや、これ、なかなかイケます。がっついて食べてあっという間に平らげてしまったので、かみさんたちがゆっくり食べているのをじ~っと見てました(笑)

すみません・・・一人昼飲みしちゃいましたぁ

 

乗っちゃいました「エアキャビン」。桜木町駅前からぶら下がっているロープウェィ。昨年これができた頃、「誰がこんなのに乗るか!たった10分で1000円もして、なんならもっと距離伸ばせよなぁ~!」とほざいていましたが・・・いざ乗ってみたら、一番はしゃいでいたのが私でした

 

いやいや、コロナでなかなか散策/観光なんてできてませんでしたから、なんか気持ちがすっきりしました

 

そしてお土産は「泉平(いずへい)のお稲荷さん。江戸時代から続く老舗中の老舗です。ふつーで美味しいんです。飽きない味なんです。江戸や明治、大正の人たちも食べていた味なんでしょうね

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

早朝のバスターミナル

2022-03-24 | ヨコハマ

某日の夜明け前@横浜シティエアターミナル

私も成田空港や羽田空港に行くときにはお世話になっているバスターミナルです。

その日はたまたま早朝にそこにいたのですが、いやはや・・・色とりどりの大型リムジンバスがひっきりなしに到着してきました。

30分弱の間に10本ほど

 

秋田や青森、仙台、或いは名古屋、大阪、京都、広島、岡山・・・もうね、あっちこっちから来るんですねぇ。

いずれも前日の夜遅くに各地を出発して、朝の横浜に到着。降りてきた人はみな眠そうでした

 

その合間にここから出発する成田空港行きと羽田空港行きのバスも滑り込んで来ます。

 

いや、もう・・・見ていて楽しい~~~~~と思う私はバスマニア たしかに・・・ミニカーは欲しいかも

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

節電

2022-03-22 | 日々是充実
2022年3月22日。数日前に続いた20度〜24度の春陽気から一転、小雪が舞ったヨコハマ。
過日の東北地震の影響もあり、東電管内の電力供給がままならないゆえ、政府は電力需給逼迫警報を発令。
暖房は20度で…との事で履行。あとは厚着して過ごしてます。
戸建てにはしんどいなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スネア。手元に38年

2022-03-18 | バンド

私が愛用しているスネアドラム YAMAHA/YD9000シリーズ/モデルナンバー:SD955R

YD9000シリーズって、1970年代後半に登場したドラムセット。3000シリーズから始まり5000、6000、7000、8000・・・9000シリーズはいわば最高峰で一流ミュージシャンがこぞって使っていたセットでした。 バスドラ、タムタム×2、フロアタムの基本セットだけで40万円程度と記憶しています。これにセットの中心的役割を果たすスネアドラムや、シンバル類、スタンド類、フットペダルに専用スローン(椅子)を揃えて、いわゆる”ドラムセット”と初めて言えるわけです(シンバルは高額なので総額70万ぐらいにはなる・・・)。

 

ギター、ベース、管楽器などは、プレイヤーが自身の愛器を持ってスタジオ練習に入るのですが、ドラムセットは持ち運びができないのでスタジオに置いてあるのを借ります。でも心臓部分でもあるスネアだけはどうしてもどうしてもどうしても欲しくなるんですよね

大学3年の時に、吉祥寺のヤマハ楽器店で遂にスネアを購入。定価は45000円程度だったと思いますが、モデルチェンジだか、店頭展示品のみになっていたかで29000円台でゲット。バンド”ASO”を結成して1年後、コンビニのバイトで一生懸命に貯めたお小遣いでようやく買いました。それだけに今でも愛着があります

 

スネアと同時に購入したソフトケース。桜美林大学、ANA、MY網50円の各ステッカー。いつの時代にもこれを使っていたことが窺がえます(BATMANは単純に好きだから)。裏面の「PENTA」とは、当時よく利用していたスタジオの名前で、令和になった今でも東京都内や横浜に数店舗ある老舗です。後年MY網50円時代にこのステッカーを見たPENTA/20代の従業員。「うわっ!すげぇっす!レアもんっす!」と見入っていたっけ。

 

大学時代に行なった合宿時の一枚。左側に、ギターケースと共にスネアケースがあるでしょ?これが嬉しいんだ。右の写真ではスタジオのセットを叩いてますが、スネアは私のです

 

大学3年の秋。某大学祭に出演した時の2枚。バンド名はASO(AFTER SCHOOL ORCHESTRA) 青春を謳歌していました。あ、そうかぁ・・・この頃はメガネではなくコンタクトだったんだなぁ。

数年前のMY網50円時代。スネアは同じものですが、ドラムセットは中古で購入したYD8000シリーズ/クリームホワイト色。発売当時の価格30万円台が・・・なんと38000円(笑)

こうしてみると・・・YAMAHAのヘビーユーザーですなぁ。しかし高校の時に初めて使用したのはPEARL、でも実はTAMAが好きという事は黙っておこう・・・

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

絹さや

2022-03-17 | 日々是充実

近所に住んでる野菜栽培が好きなおじさんによって、”実効支配されている”我が家の庭

おじさんが丹念に育ててきた絹さやを収穫しました。あ、いや・・・厳密に言うと、おじさんが収穫してビニール袋に入れてドアノブにかけておいてくれたのを、仕事から帰宅した私が気付いたのですが(笑)

 

年末年始の寒さに耐えて少しずつ大きくなっていました。そして今、鮮やかな緑色を放っています

普通に湯がいて、マヨネーズかな

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

気になるなぁ、「帝銀」

2022-03-15 | あ、これ見ました

どうしてこの事件に興味を持ったのか、正直憶えていません。若かりし頃に俳優業の勉強の一環として、たまたま深夜放送で見た映画「帝銀事件 死刑囚」がきっかけだったのかなぁ。

でもなぜだか気になって書籍に目を通し、目についた関連記事を切り取ったり・・・。

 

「帝銀事件 死刑囚」(日活/昭和39年・1964年)

主演に信 欣三(しん きんぞう)。取り巻く警察官や報道記者に内藤武敏、井上昭文、草薙幸二郎、庄司永健、藤岡重慶、高品格、佐野浅夫、鈴木瑞穂、日活若手女優の山本陽子、笹森礼子・・・。後の「太陽にほえろ!」「大都会」「西部警察」の署長やらおやっさんやら係長やら、或いは水戸黄門やらがアツく迫ってきます。

 

終戦から3年目。昭和23年・1948年の1月。帝国銀行椎名町支店(豊島区長崎)で起きた強盗殺人事件。

「近所で集団赤痢が発生して、その一人がこちらの窓口で預金をした。ついては感染拡大予防のために薬を飲んでほしい」。

東京都のマークが入った腕章を着用し、東京都衛生課或いは厚生省職員と書かれていた名刺を差し出したのは、軍服姿の男性(戦後直後はまだまだ軍服やいわゆる国民服を着た人が多くいた)。「緊急事態ゆえGHQから直接指示が出て馳せ参じた」・・・と。支店内にいた職員や住み込みで暮らしていた家族全員を一堂に集め、予防薬と称した毒薬の服用を勧めた。16名のうち12名が死亡。その残虐性と死亡者多数により全国に知れ渡る大事件となった。

 

 

映画ではその犯人の顔を見せないように後頭部しか映さない演出。刑事たちや新聞記者たちの捜査線上に浮かんだ何人もの容疑者が登場したのち、最後に顔出ししたのが信欣三演じる画家・平沢貞通。

いくつかの状況証拠などにより逮捕された平沢だが、初公判で無罪を主張するが死刑が確定。冤罪ともいえる環境の中「救う会」が結成されるなど多くの支援者が奔走するも、警察・検察側もGHQや旧日本軍との関係などが見え隠れする状況下で、平沢を無罪・釈放することもしないまま現在に至っている・・・。すでに平沢は1987年に肺炎をこじらせ、95歳で獄中死。その後養子縁組をした支援者により再審請求が何度もされるがその都度棄却。その支援者もすでに他界。事件発生から74年。今なお真相不明である。

 

ちなみに映画の脚本・監督を担当した熊井啓は、この映画が初監督初品だったとのことです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『死神 ドクター・テケレツ』上映中

2022-03-12 | 映像系仕事

加山到 新作映画『死神 ドクター・テケレツ』公開中

横浜シネマノヴェチェント(京浜急行「戸部駅」徒歩10数分)
 
本編オープニングで私の名前表記が誤っております。ご容赦ください。

監督:小山祥平 脚本:小山祥平・竹内晶子

出演:阿部晃介・山崎瑠奈・土平ドンペイ・HAMACHI・川勝折れ木・日野弘毅・三遊亭好志朗・強矢晴香・加山到・・・and more。

古典落語「死神」を題材に、人間の生死とは?を問うファンタジック・コメディストーリー。私は人の生き様・死に際を見届けるチーム死神の一人”ゲロッパ”を演じています。

<上映スケジュール/変更の可能性あり/上映館HPで要確認>

・3月12日(土)12時

・3月14日(月)19時20分

・3月16日(水)19時20分

・3月17日(木)19時20分

・3月18日(金)19時20分

・3月20日(日)12時

・3月23日(水)19時10分

・3月25日(金)19時10分 

・3月26日(土)12時20分

・3月27日(日)12時20分

・4月2日(土)4回上映予定/要確認

・4月4日(月)17時10分

・4月6日(水)17時10分

・4月7日(木)17時10分

・4月8日(金)17時10分

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

県警対組織暴力

2022-03-10 | あ、これ見ました

東映映画「県警対組織暴力」(深作欣二監督・1975年/昭和50年)

なんかね。人間臭くて好きなんですよね 「仁義なき戦い」シリーズの人気を得て製作された作品。”仁義”のヤクザ役だった菅原文太、梅宮辰夫、山城新伍らが刑事になって、引き続きヤクザを演じた松方弘樹、室田日出夫、川谷拓三ら相手に迫力のある場面が次から次へと飛び込んできます。

 

簡単に言うとヤクザ組織とどっぷり持ちつ持たれつの所轄警察の物語。とある殺人事件で菅原の元に出頭してきた松方をかばったところから始まった”男の友情物語”といっても過言ではありません。これが事実を元にしているというから一般庶民にはわからない”影の部分”が世間にはあるんだろうと、学習さえできるわけです。

この作品の最初の見せ場が、チンピラやくざの川谷拓三を取り調べる場面

 

最初はイキがっている川谷を菅原と山城が殴るわけるわ、エスカレートして川谷を全裸にしてボッコボコ こういう取り調べが「太陽にほえろ!」「大都会」「西部警察」に引き継がれているんですよね。今じゃ見られなくなった取り調べ方法です ちなみにこの時の川谷拓三のやられっぷりに感銘を受けた萩原健一が、主演ドラマ「前略おふくろ様」に川谷を準主役級に抜擢したとか。

笑ってしまうのがほんの2シーンしか出ない田中邦衛。出所してきた遠藤太津郎親分が連れてきたムショ仲間。親分の”アンコ”だったとかで、松方も室田も困惑してしまいます

 

エリートで正義感の塊である梅宮辰夫刑事が赴任してきてから、チーム松方とチーム菅原の”どっぷりの友好関係”に歪みが出てきます。「やくざを扱うにはそれなりのやり方があるんだ!」という菅原を無視して、暴力団掃討作戦を仕切る梅宮刑事。

 

梅宮の策略通りに事が進み、”刑事”であるがゆえに、ラストでは無念にも松方を射殺する菅原。わびしさと切なさと、そしてくやしさと怒りが入り混じった菅原の表情が胸に残る作品です

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする