「太陽にほえろ!」当直室 仮設日誌 PART2

6年半ご愛顧いただいた『太陽にほえろ!当直室』(since2002年5月)復活ブログ、引っ越しました。(2014年7月)

トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N 太陽にほえろ!07 スープラ (赤) 発売

2017-04-24 22:40:38 | クルマネタ
予ねてより・・・というか、相当前から発売予定であった、

トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 LV-N 太陽にほえろ!07 スープラ (赤) が発売になりました。



正確には初代スープラの初期GTターボのレザーシートです。
ワインレッドなのでかなり派手な仕様なのですが、何しろ太陽の歴史でセリカ系の赤なんていうのは珍しくも無いので(^_^;)

#695から#701までという非常に短い間の登板で、見た目の派手さから比べると、殆ど活躍していないに等しいのですが・・・。
#693から先行して登場した、この前リリースされたマークIIに比べても雲泥の差だし。

そして、チョイスされたお話しが、



第697話 マミーを怒らせた少年

この話、潰されそうになるジャパンの白や黄色いジェミニぐらいしか記憶が無かったもので、ノーマークでした(^_^;)
(セミレギュラー化していた「・139」マークIIも)

ちなみに、スープラ登場は冒頭の暗がり・ブルコンコンビの張り込み・パッケージのドック運転ぐらいなので(^_^;)

やっぱり無理があるよなぁ。。。
在籍期間が7話だけだと、なかなか難しい。

ただ、個人的には#697、かなり好きな・・・というか、マミー目当てですが(^_^;)


ところで、トミカリミテッドヴィンテージ ネオ の太陽にほえろ!シリーズ、プレジデント2台がまだ発売を控えていますが、やっぱり長期レギュラー車が欲しいですよね。
西部署関係は木暮ガゼールの発売も決まり、日産刑事モノ系で幅広く展開するであろう30系のセド・グロも発売も控え、羨ましい限りというか・・・。

という事で、呪文を唱えてみます(^_^;)

マカロニ・ジムニーを机上に飾りたい・・・

白いクジラを机上に飾りたい・・・

金のカリーナHTに「デンカブジ」と書いて机上に飾りたい・・・

ねずみ色のスプリンタークーペを机上に飾りたい・・・

緑のスプリンターLBを机上に飾りたい・・・

ワインレッドのセリカLBにシグマの白パトをぶつけた・・・机上に飾りたい・・・

殿下コロナを机上に飾りたい・・・

71トレノをくるくる回した・・・机上に飾りたい・・・

グリーンメタのターセルに消火器を・・・机上に飾りたい・・・

110系クラウンセダンを河原の小屋に突っ込・・・机上に飾りたい・・・

110系クラウンHT、あずき色とグレーメタを机上に飾りたい・・・ついでに後期白ディ―ゼルも・・・

ソアラが無いじゃないか・・・

カムリ・ビスタも揃えたい・・・

へいち号も机上に飾りたい・・・

マイコンのブルーバードは・・・どうでもいいです。。。


・・・・妄想が過ぎました。。。




この記事をはてなブックマークに追加

太陽放送予定 2016.04.20号

2017-04-20 06:25:08 | 放送予定
相変わらず、バタバタやっているけぶでございます<(_ _)>

いただいたメールへの返答もできず、何とも不甲斐ない状態なのですが、もうそろそろ落ち着いてきそうなので、何とか休みにでも・・・とは思っておりますが(^_^;)
それに、書きたいことが溜まり過ぎているので、ボチボチ解放しなければ・・・。

ただ、真っ先には・・・ボギー殉職直後ぐらいに山さんのように伸びた小生の散髪でしょうか。

さて、太陽方面は、

アド街の西新宿で太陽がチラっと取り上げられたり、ラジオでメインテーマが流れたり、バラエティでも太陽楽曲の使用が目立っている昨今、小野寺さんは大阪府警の教材DVDにご出演などのニュースがあったり、終了30年経過した作品とは思えない採り上げられぶりの4月です。


向う一週間の太陽放送です。

とちぎテレビの放送は4月から時間変更になっていたんですね(^_^;)
夜中から昼間という大胆な移動ですが。



【CS】

▼ファミリー劇場・マイコン登場編

4/21(金)
6:30~7:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#627 感謝状
ファミリー劇場HD(CS)

4/21(金)
7:30~8:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#628 ヒーローになれなかった刑事
ファミリー劇場HD(CS)

4/21(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#629 ドリーム
ファミリー劇場HD(CS)

4/21(金)
21:00~22:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#630 必死のマミー
ファミリー劇場HD(CS)



=初放送=

第629話 59.12.21 ドリーム (マイコン)白石まるみ 西岡徳馬 片岡弘貴


 とある公園で、響組のチンピラ・山中の死体が発見された。頭部を滅茶苦茶に殴打されていた。
マイコンは山中にポケットにあった写真に写っていた女子大生・美由紀に当たる。
彼女は「ドリーム・ロマンスシリーズ」を愛読する、いつも夢見ているような娘だった。
その翌朝、今度は昨日の公園に居た古賀巡査が自分が山中を殺したと遺書を残して自殺、調べてみると、山中と古賀は美由紀を巡って三角関係の様相を呈していたようだ。
マイコンから連絡を受けた美由紀はつらそうに耳をふさぎ、マイコンに縋り付きそうな態度に、彼も彼女を放置できず美由紀の手料理をご馳走になり、来る土曜の夜8時にデートの約束をする。
そして土曜日、一係に拳銃密輸で手配中の田沼が現れたとの連絡があり、一係の面々は田沼のいるホテルに急行、そこへ響組で山中の兄貴分の浜田が現れ、マイコンが尾行するもののまかれてしまう。
その間にデートの時間は過ぎてしまったため、マイコンは美由紀のマンションへ向かい、夜明けのため時間を考え訪問せず、非常階段に座り彼女の出てくるのを待ったがいつの間にか寝てしまう。
そこへ外出支度の美由紀が部屋から出てきて迎えの車に乗り込んだのだが、運転席にいたのはなんと浜田、マイコンが走って車を追うもののまたもまかれてしまう・・・・。

マイコン登場から5作目の主演という、意外に破格の扱いでしばらく動きのなかった太陽自体に新味を加えようというところで、今までの主演編の中ではマイコンらしさが生かされた作品であるものの、事件は思わぬ方向へ向かっていきます。その中核にいるのが白石まるみさん演じる美由紀のいわゆる「不思議ちゃん」女子大生。溌剌として夢見ているようで根っこに何か暗いものがあるような、男なら放って置けない彼女にマイコンは完全に「ドリーマー」(^_^;)になっていきます。
というか、新人格のメンバーがロマンス(悲恋)編に挑むのは、通例もっと後なんですが、そういう意味でも破格の扱いかもしれません。(そもそもプレ登場編がスペシャル編でしたからね)
ラストのブラックな「オチ」もなかなか効いた部分があったりして(^_^;)


第630話 59.12.28 必死のマミー (マミー)川辺久造 浜田晃 堀田真三

 高級クラブのホステス・順子の絞殺死体が川に浮かんだ。
事件当夜、現場近くを通った高級車のセンから、政界とも繋がりが深い元総会屋・前島が浮上した。
しかし、前島によるとその夜はホテルの一室ではあったものの、順子と会って子供の名門小学校への裏口入学を依頼されただけだという。
順子には5歳になる貴司という息子がおり、夫と別れた後の順子の楽しみと云えば、貴司の成長だけだったようだ。
その貴司が事件当日、母と一緒にホテルに行っていることを知ったマミーは、幼稚園で預かられたままだった貴司から何かを目撃していないか聞き出そうとしたが、前島の写真に怯えたほかは、全く口を開こうとしない。
どうやら貴司は、極度の衝撃を受けた後に口がきけなくなってしまったようだった。
その衝撃とは、やはり母親の不測の事態を見ていたとしか考えられない。
やがて、前島が順子などの女性を韓国に旅行させては覚せい剤の入った民芸品を持ち帰らせていたらしいことがわかり、それに気が付いた順子がそれをネタに前島に子供の裏口入学を強要した為殺されたものと思われた。
だが、証拠は無く、貴司の証言が頼りだった。
そんな矢先、貴司が誘拐された。
どうやら、前島の配下が貴司の口封じに動いたようだ。
貴司を奪われたマミーは単独で配下の車を追跡し、殺されそうになった貴司を奪還したものの・・・・。

1984年を締めくくるのは、マミー版「グロリア」的作品、脚本は柏原寛司さん。
きな臭さが漂うハードさと、マミーと母親を亡くし一種のショック状態に陥った子供との交流のハートウォーミングさが共存している、この頃の作風とはちょっと違った仕上がりになっている印象です。


【地上波】

▼テレ玉・テキサス&ボン編


4/20(木)
20:00~20:55
太陽にほえろ!
テレ玉1(地上波)
「切札」


第188話 51.02.20 切札 (山さん)岸田森 松宮五郎 三田村賢二

自動車事故の死亡した被害者と加害者は大学同期で同じ会社に勤めていた。加害者の方は社長「ジュニア」。
この件にやり手弁護士の多々良が絡んでくる。
社長ジュニアが被害者の婚約者に乱暴しようとしていたことや、被害者の形相を見た山さんは計画殺人の疑いで捜査を進めていくが、事件は被害者側との事故としての示談が成立してしまう・・・。
それでも捜査を進める山さんに多々良弁護士の巧妙な罠が待っていた・・・。

岸田森さん唯一の太陽ゲスト出演作、森さんらしい「悪徳弁護士」像です。
山さん、周りが心配する割にはそれほどひっ迫していないところもまた余裕な感じで良いです。  


▼チバテレ・ボン&ロッキー編

4/21(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!
チバテレ1(地上波)
第282話 一流大学



第292話 53.03.03 一流大学 (長さん家族)佐々木勝彦 生井健夫 信実恭介 東条きよし

 長さんの長男・俊一は二校の大学受験に失敗、最後の一校の合格発表に望みをつないでいた。
そんな矢先、ホテルで受験生の父親から入学金を奪う強盗事件が続発、七曲署管内でも発生してしまう。
犯人の二人組で逃走に使用されたのは赤い外車としか判らなかったが、外車は早瀬婦警が駐車違反でレッカー移動したもので、盗難車だと判ったが、犯人につながる証拠は得られなかった。
しかし捜査の結果、これまでの犯行に共通してリストアップされた平井という男と、平井の友人で外車の駐車場に出入りしていた吉沢が重要容疑者として浮かぶ。
平井は、以前客室に入ろうとして見つかり解雇されており、平井の指紋がホテルの駐車場のカードから出たものと一致した。
そんな折、同じホテルでまた入学金強奪事件が発生、今度に被害額は3000万円と跳ね上がった。
ところが平井は既に逮捕され取り調べ中、吉沢にもアリバイがあって捜査は完全に行き詰まる。
ただし、模倣犯という可能性も考えられた・・・そんな時、同じホテルで事件が起きたということで、そのホテルの有能な一流大学出のフロントマン・三村が気になった長さんは、彼について聞き込んでみると・・・・。

俊一の大学進学問題、長さん自身の大学コンプレックス(これはかなり直ってはいますが)、それが相まって今回の長さんはいつもに増してイライラしています。令子程度の押し出しであればいつもはニコニコしている長さんも、今回はカンに障った為にギスギス、さらに俊一と長さんも長さんの勘違いでギスギス・・・、しかしながらそれに途中で気付く長さんもイケてる感じといったら良いのでしょうか(^_^;)

というわけで、俊一進学問題解決編であります。



▼とちぎテレビ・スコッチ登場編


4/23(日)
12:00~12:55
太陽にほえろ! スコッチ刑事編 第220話 ジュンの復讐
とちぎテレビ1(地上波)


第220話 51.10.01 ジュンの復讐 (ボン・ジュン・チーム)岡田英次 川合伸旺 鹿内孝

 テキサスの殉職は、拳銃密造組織の黒幕を捕えるという大きな課題を残していましたが、今回はその解決編。
執念に燃える一係の面々でしたが、テキサスが「逮捕」した中で唯一組織のボスと繋がりがあった勝田が射殺されたことで、捜査は行き詰まると思われたところで、ボスのアイデアで「臭い」の捜査の尖峰として、ある意味テキサスの「忘れ形見」である警察犬ジュンが招かれます。

今回の目玉は、
ハディラ v.ヒンメルブラウ=警察犬ジュンの卓越した演技。
ジュン自体がはみだし警察犬でありながら、天才的な能力を持った犬だということも判明します。
テキサスの忘れ形見という観点もあって、この作品でジュンの存在は太陽のセミレギュラーとして重要な位置を占めていきます。
それは、後にスコッチ転勤後の第一作がジュンの再登場であることからも証明されていると思います。

また、殉職したテキサスも殉職シーン以外にこの作品の為の「声の出演」を果たしています。

さらに、10月番組改変期ということもあり、派手な自動車爆破もあったりします。

復讐編としては、次々に関係者が殺されるというパターンは、ボギー殉職時に継承されますが、#220については#498と違い絶望的な側面での光明という部分では弱い感じがしますが、とにかく派手な感じです。

BGMにしても「怒りのテーマ’76」の間奏部分を使用するなどの特徴があります。


▼TVQ・マカロニ登場編

4/20(木)
15:00~16:00
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 #5 48時間の青春
TVQ九州放送1(地上波)

4/21(金)
15:00~16:00
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 #6 手錠と味噌汁
TVQ九州放送1(地上波)



第5話 47.08.18 48時間の青春 (シンコ・宗さん)二瓶康一(火野正平) 井上孝雄 八木昌子 武藤章生 

 宗吉が深酒で朝帰りして、シンコを激怒させた朝、
シンコがかつて補導した清という少年が少年院から脱走したと、少年院の木下が七曲署へやってきた。
2ヶ月後の出所予定を控えて何故?
48時間以内に少年院に戻れば説諭だけで済むが、それを過ぎると警察の手に移り犯罪扱いになる。
シンコはかつて清が出入りしていた深夜喫茶へ捜しにいくと、そこに清の姿があった。清は48時間の自由を楽しみたいだけで脱走したと語り、明日の晩には帰るという。
本来であればすぐ少年院に連れ戻すところだが、なにかを感じたシンコは清の云う自由に付き合うことにした。
自由気ままに行動しているように見える清だったが、やはり何か目的があると睨んだシンコは、一係の刑事たちの忠告を振り払い、自分の責任で清を少年院へ返すと言い、清と行動を共にすることを続けたが・・・・。

当時の主役格であるシンコの初主演作、関根恵子さんが渋谷警察署で一日署員として入署したことなどもトピックス的に入りながら、シンコがかつて補導した少年との交流を描きます。ただ、その交流にしても、当時の世相を反映してかなり刹那的な面があります。
細かいところは色々突っ込みどころはあるでしょうが(^_^;)
現在、自転車の旅を継続中の火野正平さんが清役を好演、ただし、恵子さんより正平さんの方が5歳以上年上なのですが(^_^;)

主役格のシンコの主演なので、マカロニの出番は少ないです、ハイ。



第6話 47.08.25 手錠と味噌汁(マカロニ・長さん・ウタ)真家宏満 中北千枝子 上田忠好 塩田順司

 遅刻寸前の時間に目が覚めたマカロニが急いで出勤しようとしたところに、下宿のウタが相談を持ち掛けてきた。
近所の谷家の昭一という息子の様子がおかしいというが、マカロニは遅刻しそうなので下宿を急いで出てしまう。
出勤したマカロニだったが、ウタはボスに電話でマカロニが聞く耳を持たないことに対し苦情を入れてきていた。
ボスはマカロニに昭一の捜査を命令、長さんが付き合うこととなった。
やる気のないマカロニに対し、長さんは今朝の味噌汁が妙に塩辛かったから大事件が起きると嘯く。
しかし、昭一には特に問題は無く、昭一を尾行するしかなくなったが、マカロニはとうとう痺れを切らし、張り込みから理由を付けて逃げ出した。
翌朝、ウタは昭一が特に問題ないことをマカロニから聞くが、ウタは納得せず、終いには自分で捜査すると言い出す始末。
実際行動を開始したウタは、「母」と名乗り勤め先の警備室に乗り込むと、昭一は退職届を出していた。
1週間前から様子がおかしかったこと同僚たちが語りだし、刑事には当たり障りのないことを言って凌いだという。
さらに谷家では昭一が夕べから帰宅していないことが判明したが、まだ事件なのかどうかわからない。
そんなところに山さんは、ある家出人の手配書を持ってくる。
吉川という貿易会社の経理課員だが、その会社が昭一が警備しているビルにあり、さらに失踪の晩は昭一の担当だったことがわかる。
そんな時、マカロニが焼き鳥屋で酒を飲んでいると、消えた昭一がひょっこり現れ、意気投合してしまうが・・・・。

一番一係で刑事らしい長さんと、一番刑事らしくないマカロニが組んだ初めてのお話し。
さらに、本来であればもっと活躍する予定だったと思われる、マカロニの下宿主人・武田ウタが活躍し、最終出演になる話でもあります。
事件は最初は取り越し苦労かと思われながら、殺人・横領が絡んでくるという、初動とは違った「塩辛さ」があります。
という、マカロニのやる気の無さも含め、独特な雰囲気が味わえる作品だと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

太陽放送予定 2017.04.13号

2017-04-13 07:10:48 | 放送予定
相変わらず、当日帰宅の当日出勤継続中のけぶです<(_ _)>

TVQのマカロニ編はかなり反響があったようで、地上波キー系列局の底力発揮ですね。

ところで、長年のミスを訂正します<(_ _)>

放映リスト内で、村岡女史(浜美枝さん)の主役表記を#3に入れていました。
あのリストを製作して15年ぐらいになりますが、いままで気が付かなかったのが不甲斐なくて・・・。
お詫びして訂正させていただきます。


さて、向う一週間の太陽放送です。
TVQ分については、時間切れで薄い内容になってしまいました<(_ _)>



【CS】

▼ファミリー劇場・マイコン登場編


4/14(金)
6:30~7:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#625 四色の電車
ファミリー劇場HD(CS)

4/14(金)
7:30~8:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#626 激走・大雪渓
ファミリー劇場HD(CS)

4/14(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#627 感謝状
ファミリー劇場HD(CS)

4/14(金)
21:00~22:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#628 ヒーローになれなかった刑事
ファミリー劇場HD(CS)


=初放送=

第627話 59.12.07 感謝状 (ラガー)川田あつ子 小瀬格 下塚誠 

 ラガーとブルースが追跡中の犯人車両が小学生をひきそうになったが、間一髪のところを女子高生の鈴木清美が身をもって救った。清美は毎朝自主的に小学校の校門前で交通整理をしている関心な少女で、彼女に対して七曲署から感謝状が出されることになった。
その報告をラガーから聞き、無邪気に喜ぶ清美だった。
ところがそれから数日後の夜、その清美がマンションの屋上から転落死してしまう。
ラガーは、卒業したら保母になるのだと目を輝かせていた清美が自殺するわけがないと、他殺の線で捜査を開始した。
やがて、清美が死亡する3日前に千葉でのロックコンサートに行き、その帰りに2人分の買い物をしていたことが判明、コンビニに残っていた防犯カメラの映像から、同伴者は清美が兄のように慕っていた、清美の交通事故で亡くした弟の担任だった教師の太田だとわかった。
だが、太田は清美の死とは関係ないと言ったものの、なにか引っかかるものがあった。
そんな矢先、太田がコンサートのあった次の日から、自分の車に乗っていないことがわかった。その夜、飯田橋で一件のひき逃げ事件が起きていた。
ラガーは、太田がそのひき逃げの犯人であり、同乗者の清美を口封じで殺したと推理したが、太田の車は電柱にぶつけたということで修理した後で、証拠は何もなかった。
ラガーたちは飯田橋のひき逃げ現場で下水をさらい、太田たちが居た痕跡をさがしたところ、一枚の紙片を発見した・・・・。

冒頭からのカーアクションがアクティブなのと、清美の川田さんのフレッシュな笑顔と、ラガーへのビンタで、すっかりコメディー編になるかと思いきや、本作のゲスト主役である清美が早々に死んでしまうという、ラガーではなくとも困惑する展開になっています。少女の二面性という面もあるかと思いますが、清美の極端な面がこの事件を困惑させたという所もあるかと思いますが、それがこの作品のミソなのかもしれません。


第628話 59.12.14 ヒーローになれなかった刑事 (マイコン・山さん)川口敦子 石原ゆう 江角英明

 マイコンがとある踏切で男性が線路上に倒れているのを発見、必死に助け起こそうとしたが、男の身体は動かず、マイコンの目前で轢死した。
呆然とするマイコンは、新聞記者に「自殺だと思う」と呟き、それが報道され世間のひんしゅくを買った。
「疑問を呼ぶ、軽はずみ発言」「ヒーローになれなかった刑事」等々・・・。
特に、死んだ折原の妻・綾子の怒りは激しく、調べもしないで故人の名誉にかかわることを決めつけていいのか、自殺ではなく事故死であると抗議してきた。
署長から謝罪を公表するよう云われ意気消沈するマイコンに、山さんは謝る前にもう一度現場へ行けと指示、その結果折原は両手で線路にしがみ付き死んだ可能性が強いことがわかり、一係では自殺説で捜査を開始、折原の52年の生涯のためにも真相を究明することにした。
だが、折原は真面目一筋の男で、社内の評判もよく、自殺するわけがないというのが周囲の証言だった。
そのうち、綾子は一係の対応に業を煮やして、名誉棄損で告訴した。
捜査が手づまりのなか、折原に生命保険が掛けられていることに注目、自殺では保険金が半額になってしまうことと、折原が死ぬ1カ月前に綾子の浮気調査を私立探偵に依頼していたこと、さらに折原が死ぬ1週間の間には貯金がキャッシュカードで引き出され預金残高が底をつきそうになっていたことが判明、折原は綾子の浮気を苦に自暴自棄になって自殺したと一係では推理するが、結局、綾子には浮気の事実は無かった。
山さんももっと深く、折原の死ぬ直前の行動を丹念に調べ上げていき・・・・。

マイコン軽はずみ編(^_^;)
結構シビアな状況に落とされるマイコンを一係の真打・山さんがガッチリフォローします。
それに、最後まで真相だと思われるものが二転三転するところもあり、マイコンとしては生きた心地がしなかった事件ではないかと思いますが、中高年には折原の気持ちが少なくとも判る筈・・・。

「犬も居なくなった・・・。」
がこの事件を象徴しているセリフです。


【地上波】



▼テレ玉・テキサス&ボン編


4/13(木)
20:00~20:55
太陽にほえろ!
テレ玉1(地上波)
「愛」


第187話 51.02.13 愛 (テキサス・ボン)竹下景子 三景啓司 松川純子

強盗事件が起き、犯人は判明したものの、偽名を使っており身元が解らない。
わずかな手がかりから、捜査線上に浮かんだのは医大に通う苦学生だった。
そして、犯行の動機は彼が常連であるレコード店の娘の夢をかなえる為だった。  
難病で余命幾ばくも無いその娘の夢(ウィーン旅行)は確実に叶いつつあったが・・・。

テキサスはその娘をボンと共に張り込みますが、テキサスはその罪もなく、健気に前向きに生きている娘に同情していきます。
やがてボンも同調してきて・・・。

当時売り出し中の竹下景子さんのイメージそのままのような役柄、久々登場の三景さんの熱演、そして優しいテキサス。
この作品もある意味テキサスのファンタジー編と言えなくもない?



▼TVQ マカロニ編

4/13(木)
15:00~16:00
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 #3 あの命を守れ!
TVQ九州放送1(地上波)

4/14(金)
15:00~16:00
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 #4 プールサイドに黒いバラ
TVQ九州放送1(地上波)


第3話 47.08.04 あの命を守れ! (マカロニ・ゴリさん)河原崎建三 黒沢のりこ 大辻しろ

 来日した外国要人をライフルでねらう若い男・早川が逮捕された。
意外にも早川はマカロニが非番の日に偶然出会って、普通にいる「新宿の若者」として話した相手だった。
ライフル以外に自分を託すことができなかった早川の暗い青春は、現代の青年に共通のものなのか。
刑事と犯人との大きな立場の差があれど、同じ若者としてその在り方に怒りをおぼえるマカロニ。
さらに要人は別な誰かに狙われると察知したボスたちは、早川の交友関係を洗う一方、ゴリさんを要人警護に派遣するが・・・。

同じ若者という立場なのに刑事という職で嫌われることや、若者が破滅へ突っ走ってしまう不条理さへのモヤモヤを抱えながら、狙撃手を刑事として逮捕するという複雑な心境のマカロニを描きます。
明らかに可愛くない人形(^_^;)、ゴリさんの露出(^_^;)、山さんの猫騙し的落としのテクニックなども堪能できます。


第4話 47.08.11 プールサイドに黒いバラ (村岡・マカロニ・ゴリさん)浜田晃 深江章喜 宇南山宏

 歩道橋から香港帰りの商事会社員が落ちて死んだ。
事故死で片づけられようとしたがゴリさんは殺人であることを見抜き、捜査一係が他殺の線で追うことになった。
ゴリさんと組んだマカロニは聞込みから当日、被害者がオリエントプールで泳いでいたことをつきとめる。
そして被害者に泳ぎをコーチしたという房江が淳の目にとまった・・・。

ボンドガール・浜美枝さんが麻薬事件にからむナゾの女・村岡房江役で初登場、ゴルフ帽からヒントを得て創作した新式日よけ帽を披露する一方、マカロニが華麗なオートバイ操縦をみせます。

村岡女史初登場ですが、本作とジーパン以後の作品と明らかに違うのは、今回はマカロニとのロマンス的なエッセンスが加えられている面。
後年を知ったしまった人たちにはちょっとコソばゆいというか・・・(^_^;)


▼チバテレ・ボン&ロッキー編

4/14(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!
チバテレ1(地上波)
第281話 トラック刑事


第291話 53.02.24 トラック刑事 (ロッキー)川地民夫 結城しのぶ 久遠利三  

 不動産屋の主人がナイフで刺殺され、1500万円の現金が奪い去られた。
凶器のナイフから持ち主はトラック運転手の西本と判明、アリバイが調査された。
西本によると、その日は映画を観たと話したが、その映画館ではその日ボヤ騒ぎがあった。
西本はそのことを知らず、アリバイは崩れた為、西本への容疑は濃厚になったが、何故多額の金が必要となったか、奪った金が何処にあるか等の裏付けが乏しいとボスは判断し、西本の突っ込んだ身辺調査が開始された。
金の行方を探るため、ロッキーは西本の運転する長距離トラック便の助手として乗り込んだ・・・。

東京-青森のロードムービー的要素をベースに2人の男の「葛藤」を描きます。
穏やかなれど影があり、何かを背負っている雰囲気の西本、実は非常に「男気」溢れた好漢だったりします。演じるは日活では御馴染み川地民夫さん。
その何かを背負っている部分に、結城しのぶさん演じる女性が深く絡んでいます。

今回はロッキー単独主演、今まで蓄えられてきたロッキーの魅力が爆発する話ともいえると思います。
え~クライマックスは結構劇的ながら、ヒゲフェチ諸兄姉にはロッキーと一緒に妙にニタニタしてしまうかと・・・(^_^;)
というか、ロッキーにはトラックが似合います。。。

なお、久々にボスの凄みを目撃できます・・・これ、秒殺的勢い。


▼とちぎテレビ・スコッチ登場編

4/16(日)
12:00~12:55
太陽にほえろ! スコッチ刑事編 第219話 誘惑 ←「誘拐」の誤り
とちぎテレビ1(地上波)


第219話 51.09.24 誘拐 (山さん)田中明夫 南条弘二 島田妙子

 誘拐された高校生の兄が養子であったこと、その兄が誘拐に関わっていると疑われたことから、山さんの辛い捜査が始まります。

それまで、高子が緩衝剤になって山さんの息子(今作では洋一、復帰後は隆)養子ということはあまり突っ込んでは扱われませんでしたが、高子死後、山さんの家族を扱う場合どうしても避けて通れないテーマになりました。
露口さんは家族を扱う事よりも、山村の刑事としての活動を描いてほしいという要望があったようですが、山村家の家族を扱う事で、山さん自体を「スーパーマン刑事」にさせなかったという作り手の姿勢も見えます。
現に、高子にしても洋一=隆にしても、山さんの弱点として有効に活用された印象があります。
それが最終的に結晶化したのが殉職編だった・・・というのは、私の印象です。

今回登場する家族は実は非常にいい家族ですが、その良さが誤解を招いてしまったという部分もあり、山さんには非常に考えさせられた事件だったようです。
何となく、この事件がきっかけで洋一=隆を溺愛していくようになった感じもします。
それと同時に血の繋がらない家族というあり方を再確認したといったほうが良いかもしれません。

今回はセキトラ・カーアクションの関虎実さんが演者としてもカーアクションでも活躍されます。

この記事をはてなブックマークに追加

太陽放送予定 2017.04.06 祝!TVQ放送開始

2017-04-06 02:07:32 | 放送予定
さて、向う一週間の太陽放送。

【CS】


▼ファミリー劇場HD初放送・マイコン登場編

4/7(金)
6:30~7:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#623 マイコン刑事登場!
ファミリー劇場HD(CS)

4/7(金)
7:30~8:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#624 張り込み
ファミリー劇場HD(CS)

4/7(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#625 四色の電車
ファミリー劇場HD(CS)

4/7(金)
21:00~22:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#626 激走・大雪渓
ファミリー劇場HD(CS)


=初放送=

第625話 59.11.23 四色の電車 (ドック)長谷川論 伊川久美子 堀之紀


 東京・総武線の高架沿いの道で早朝、若い女性がナイフでめった突きにされて死亡、前後して神戸の山陽本線のそばと大阪の環状線のそば、そして、東京・千代田線のそばでも若い女性の刺殺事件が発生、何れも現場には濃い緑色のライターが残されていた。
ドックは電車の特徴に事件のカギがあると見て、鉄道関係を調査したところ、事件の起きた各線には何れも103系と呼ばれる通勤型の古いタイプの車輛が走っていることが判った。
それらの車輛は、各路線を引退した後、常磐線を走っているという。
総武線の黄色、大阪環状線のオレンジ、山陽本線のスカイブルー、千代田線のシルバーと緑という四種類の103系列車が、緑色の常磐線がツギハギされて走っているのだ。そして、常磐線の濃い緑こそ犯人の残しているライターと同じだった。
これらのことから、ドックは常磐線のツギハギ車輛に対して怒りを覚えている鉄道マニアの犯行ではないかと考え、ツギハギ車輛を送り出している残った東京・中央線のそばで事件が発生すると推理、マイコンがホームズ三世で更に絞り込んだ場所は、多摩川の緑地公園であった。
マミーが囮を買って出て、公園で網を張ったが、犯人は人の好さそうな若者を装ってマミーに近づき、ナイフを振りかざした。
マミーは負傷したものの生命に別状はなかったが、犯人には逃げられてしまう。
しかし、犯人のモンタージュと、山さんの調べを総合して、若松という男が浮かんできた。
若松は鉄道マニアであり、アパートの目前に常磐線の緑色の車輛が走っていた。
さらに調べてみると、若松には好きな女性が居たが、鉄道マニアということで「暗い」と判断されフラれていた・・・・。


マニアックなマイコンが登場した直後に、現在では市民権を得ていますが「鉄道マニア」の起こした広域連続殺人事件を扱う本作。当時は「マニア=オタク=暗い」というイメージが根強く、女性マニアなんていう存在がほぼ皆無に近い状態だったと思います。
拘りが怒りを呼んだ為に発生してしまった事件でありながら、罪のない女性が「女性だから」ということで殺されるという不条理もありますが、それなりに突っ込んだマニア臭がする作品に仕上がっています。



第626話 59.11.30 激走・大雪渓 (ブルース・マイコン)綿引勝彦 苅谷俊介 戸塚孝  

 ブルースとマイコンが休暇を利用して白馬岳に釣りに出かけた。
喧々諤々しながらものんびり竿を垂らしているところに、明らかにハンターのものとは違う銃声が聞こえてきた。
二人が音のする方へ行ってみると、そこには銃の密売人で有名なヘンリー原田と相棒である金森と共に銃の試射を行っていた。
ブルースとマイコンは原田たちに見つかってしまうが、何故か金森が銃の密売相手である響組の使者だと原田に紹介して事なきを得た。
どうやら原田たちは響組と銃の取引をするらしい。
しかし、本物の響組が現れ窮地に陥るブルースたちだったが、またもや金森が次の買い手である竜神会の偵察員であると決めつけて、ここでも命拾いをする。
その金森にブルースは見覚えがあった。
ヘンリー原田を追い続けて、刑事を辞めた西崎という男だった。
西崎の計らいで何度も命びろいをしたブルースたちは西崎に協力するため、竜神会の使者を演じた。
しかし、ブルースたちが公務ではなく単なる休暇で白馬に来ていたことを察した西崎はブルースたちに銃を向ける・・・・。

水と油な感じのブルースとマイコンの記念すべきコンビ第一作。
釣りに誘ったのは間違いなくマイコンなのですが、マイコンの人懐っこさと、ブルースのハードボイルド感が上手くクロスしている感じになっています。
凸凹コンビがいきなり命の綱渡り状態になってしまいます。
ゲストの苅谷さんはまだ『西部警察』のイメージが強い時期で、衣装はゲンに生き写し状態。
綿引さんは#596からそれほど間もない登場で、イメージがダブる部分がありましたが、そんな感じがあまりしないのは、果たして演じる西崎が敵なのか味方なのか最後までわからない存在であったというのが強いのかもしれません。



【地上波】

▼テレ玉・テキサス&ボン編


4/6(木)
20:00~20:55
太陽にほえろ!
テレ玉1(地上波)
「復讐」


第186話 51.02.06 復讐 (ボス・チーム)日下武史 山本紀彦 市地洋子 

 ボス主演作が続きます。
今回は診療拒否という社会問題を別な視点から描く意欲作です。
また、日下さん他芸達者なゲストが盛り立てます。

ひき逃げ犯・脇田が護送中に逃走、以前から脇田の事件に計画性を感じていたボスは、彼の赤子が病院を「たらい回し」にされたために亡くしていたことを突き止める。
そして脇田の「殺した」男は、生きていた赤子を最後に診た早坂医師のいとこだった。
早坂に執拗に復讐しようとする脇田、早坂の家族をガードする藤堂一家、苦悩する早坂医師・・・。

医師として「診ない」という選択をしなければならなかった早坂医師の厳格な考え方、その早坂と脇田の仲立ち的な立ち位置で事件に挑みながら、刑事として厳格に対応するボスと、プロフェッショナルな2人のやりとりも見どころです。

このころのボス編はかなり良いです。


▼チバテレ・ボン&ロッキー編

4/7(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!
チバテレ1(地上波)
第280話 執念


第290話 53.02.17 執念 (山さん)垂水悟郎 山本昌平 小野木克志

 十年前、何者かに殺人依頼を受け実行した殺し屋の脇田は本庁の吉沢刑事によって逮捕されていた。
この事件の裏には汚職が絡んでおり、残酷な計画殺人として捜査されたものの、脇田は最後まで依頼人の名前を明かさないまま刑期を終え、出所することになった。
吉沢は脇田が十年前の依頼人と必ず接触すると判断し、出所時から脇田の尾行を始めていた。
そんな時、殺人事件が発生し、現場から発見された凶器の指紋などから、犯人は何と吉沢の息子・修であると特定され、修を重要参考人として指名手配することになった。
山さんは、まだ何も知らない吉沢に息子が指名手配されたことを報告、捜査に協力するよう依頼するが・・・。

刑事の職に身を呈しているのは同じ、さらに妻の最後を看取ることが出来なかったことも共通している、鬼虎と異名を持つ吉沢刑事と山さん。
同じような刑事スタイルに見えながら、私生活の考え方は全く違う2人を描いていくわけですが・・・。
刑事としての誇りを尊重し、それに犠牲になった人間に対する考え方をどう持つかが、今回のテーマかと。

山さんの他界した妻・高子が久々の「登場」、山さんに重要なアドヴァイスをもたらします。
(バンクフィルムではなく、この作品の為に新緑されたものです。)
しかし、あの赤子は・・・隆なのか、#127で流産した山さんの実子なのか・・・。


▼とちぎテレビ・スコッチ登場編

残念ながらお休みです。


▼TVQ九州放送 マカロニ編

4/6(木)
15:00~16:00
新番組 太陽にほえろ! マカロニ刑事編 #1 マカロニ刑事登場!
TVQ九州放送1(地上波)

第1話 47.07.21 マカロニ刑事登場! (マカロニ・ボス)水谷豊 鹿沼エリ 浜畑賢次

 早見淳という若者が七曲署捜査一係に配属された。
スズキ・ジムニーで出勤、パンタロン・スーツの長髪というおよそ刑事らしくない見た目から、怪訝そうに尋問する石塚誠、それをクールに見つめる島公之、お茶を差し出してくれた温厚そうな部長刑事の野崎太郎、そして淳の「重役出勤」に睨みを利かす係長の藤堂俊介。
淳に早速、その容姿から「マカロニ」という呼び名が発生した。
早速、管内でチンピラ射殺事件が発生、藤堂は淳に向かいの麻雀屋に詰めている「山さん」と組めと指示。
山さんこと山村精一は淳のことなど気にせず麻雀に没頭していたが、ある電話によって動き出す。
山村は情報屋を使って、事件のあらましと犯人を掴んだ。
容疑者である守が恋人や仲間のいるレストランに現れると考えた淳は張り込みを開始するが、現れた守に逃げられ追跡するも、拳銃を抜いた守に応戦できず、駆けつけた石塚が足を撃たれて、成す術のない淳の前から守は消えてしまった。
さらに、藤堂に怒鳴られ、意気消沈する淳。
「拳銃を撃たなかったことがそれほど悪いことなのか・・・」
藤堂の怒りに合点がいかない淳は、入院している石塚のもとに立ち寄ったが、石塚に激怒させてしまう。
藤堂の怒りは、拳銃を撃たなかったことへの責めではなく、刑事として犯人を逃がしてしまったことに対しての責めであることを石塚は自らの姿勢を語りながら淳に説いた。
目が覚めた淳は、拳銃と警察手帳を内田伸子婦警に預け、一人の若者であり刑事として、同じ若者である守を追う決意を固めた。
しかし、守の背後にはある組織が動き出していて・・・・。

記念すべき太陽第一回目はマカロニ刑事登場です。
拳銃が好きで、なんとなく刑事をカッコよく感じて警官になった早見淳が七曲署着任早々に出くわす、拳銃好きの若者が起こした「人殺し」。
「へそ曲がり」な一係の面々に揉まれながら、自分自身の若者として・刑事としての淳自身の気づきを描いていきます。
というよりは、太陽以後の刑事ドラマ登場編の基本フォーマットになった話とも言えます。

当初の太陽は、集団ドラマではなく、マカロニを主役に据えた普通なドラマ展開でしたが、回を重ねる毎に藤堂チームの物語の色合いを濃くしていきますが、実はその片鱗が既に第一話でも充分違和感なく感じられるという不思議な話であると共に、今現在の「主役ありき」のドラマ造りとは違う、奥の深さが感じ取れるのも興味深い点ですが、当時の新宿の風景、イガイガ頭の長さん(^_^;)、短髪の山さん、懐の深い内田親子(^_^;)、そしてなんとなく不良っぽい感じとエリート的な香りを漂わせている若きボスにも注目です。

が、やっぱりマカロニの奔走がメインの見どころではあります。

若く、さらに当時久々に演技畑に復活した水谷豊さんの守も注目ですね。


4/7(金)
15:00~16:00
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 #2 時限爆弾 街に消える
TVQ九州放送1(地上波)


第2話 47.07.28 時限爆弾街に消える (マカロニ・山さん)松山省二 吉田柳児 御影伸介 

 当直明けのマカロニが帰ろうとした時、英文の「Molotov Cocktail」の作り方書いた英文の紙切れを訳してくれとゴリさんに頼まれる。
それを聞いたボスは即座に火炎瓶の作り方だと悟り公安に連絡していたところに、マカロニを名指しで爆破予告の電話がかかる。
愉快犯的相手の態度に怒りを覚えるマカロニだったが、なんとか自分をなだめながら、何度かかかってくる電話の対応をした。
相手から聞き出し内容、ダイナマイトの盗難など事実を判明し、いたずらではないことが確定的になる。
マカロニにはこんな嫌がらせをされる覚えも無く、困惑する一方だったが、爆破場所を聞き出し、登戸鉄橋に急行するとボート乗り場付近で不審なボートを発見した。
間もなく、無人のボートが水上で爆発したが、その爆発を見届けた後のように一台のバイクがその場から立ち去ろうとしていた。
マカロニがバイクで追い詰め、立ち去り男を確保した。
取り調べに当たる山さんとマカロニ。ひどくマカロニには反抗的な立ち去り男は三田という25歳の若者であることが判明したが、マカロニはそれでも三田の記憶がない。
取り調べを進める内に三田はまだ爆弾を仕掛けていることが判明、七曲署上層部に焦りの色が見えてきたとき、山さんは三田を外に連れ出し、爆弾のありかを探っていく。逆におどけてあちらこちら刑事たちを連れまわす三田だったが、あるボウリング場の前で表情が変わった。
そのわずかな変化を山さんは見逃さず、一気に「落とし」にかかる・・・!

マカロニをからかう愉快犯と思いきや、実はマカロニのさり気ない「正義」で人生を狂わされたというしっかりとした動機を持っていた三田。
その事実を知らぬまま、その出来事すら忘れてしまっていたマカロニには、ショック以上の何物でもなく、最後には過去の自分の行動に対して三田に詫びるという、なかなか出来ないことをやっています。
松山さんがその屈折してしまったけれども、素直な面も持ち合わせている三田を好演します。
さらに、今回は山さんの凄味と落としのテクニックが充分以上に堪能できる秀作だと思います。

というか、殿下はゴルフの打ちっ放しにパンツ披露(^_^;)など、どういうキャラクターにしたかったんだろうという話でもありまして・・・・(^_^;)

この記事をはてなブックマークに追加

ボスが購入した「マイコン」命名由来本

2017-04-02 16:06:26 | 当直室日記
パチンコってわけ行かないだろ?・・・カシャカシャカシャ ペシ! カシャカシャカシャ ペシ!

「ダセェ!」と泣く淳二。


ファミ劇・マイコン登場を祝して(^_^;)
メモっときます。

ボスが購入した「マイコン」命名由来本は、

誰にでもわかるマイコン入門―まださわったことのない人、これからさわる人の読む本 単行本 – 1981/8
桑山義明 (著)
日本実業出版社


この当時でも結構年数が経っている本ですが、1986年に「新版」が発行されているので、ロングセラーだったんじゃないかと思います。

一応Amazonでは中古本を購入できるようです。

「マイコン」というのは、どちらかというと既製品というよりは、自分でパーツを組み込んで自作するイメージが私は強いです(^_^;)

この記事をはてなブックマークに追加

TVQ太陽放送視聴可能報告

2017-03-31 07:02:47 | 太陽愚連隊関連
太陽愚連隊総帥・九州男児ペッパー先輩よりメールが。

地上波放送エリアではないものの、ケーブルテレビで視聴可能だということです。

とりあえず確認してみるのがいいのかもしれません<(_ _)>

この記事をはてなブックマークに追加

太陽放送予定 2017.03.29号 マイコン登場とあの頃・・・

2017-03-29 06:47:20 | 放送予定
色々とやることが詰まり過ぎて、困り果てているけぶでございます<(_ _)>

まあ、小生のことはどうでもいいのですが(^_^;)

BS朝日の『特捜最前線』、今週いっぱいで終わるようです(^_^;)
ナーンちゃっておじさんで終了というシュールな終わり方のようで(^_^;)
結局どういう基準でセレクト放送されたのか判りませんが、夏子の死もスルーしての選択なので、名作選というわけでもなく、東映で放送されているセレクションから当たり障りのないところをチョイスしている感じと、櫻井・ピンさん・杉さん主演編を抜き出している感じなので、比較的近年までメジャーな俳優さんの主演編というのが基準なのかもしれません。
それにしても、山手中央署のつなぎかぁ・・・。


さて、九州では太陽放送が決定、TVQはキー局系列なので、現在地上波で放送しているU局系と違い、広域で放送を観ることが出来るようなので、中々凄い。
福岡や佐賀の他、ケーブルテレビであれば九州の他県でも観ることが可能なようなので、九州太陽陣には通常ネットワークに入っていなくてもケーブルテレビで観ることが可能かどうか確認してみてください。
(とは言いながらも、小生自身地元の人間ではないので、期待しないで確認してみてください(^_^;))

さて、向う一週間の太陽放送。


【CS】

▼ファミリー劇場HDリマスター・ブルース活躍編(再放送)

3/31(金)
6:30~7:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#621 決闘
ファミリー劇場HD(CS)

3/31(金)
7:30~8:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#622 ブルースの賞金稼ぎ
ファミリー劇場HD(CS)

▼ファミリー劇場HD初放送・マイコン登場編

3/31(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#623 マイコン刑事登場!
ファミリー劇場HD(CS)

3/31(金)
21:00~22:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#624 張り込み
ファミリー劇場HD(CS)


第623話 59.11.09 マイコン刑事登場! (マイコン)沢口靖子/谷村光一 井上三千雄

七曲署捜査一係に、本庁のコンピューターと直結した端末機が配置されることとなった。
誰がコンピューター担当になるか話題になっている中、1カ月前のコンピューター事件で本庁より派遣された水木悠の顔が各々に浮かんできた。
まさかと各人が思った時、悠がパソコン=ホームズ三世を刑事部屋に持ち込んできて。
更にその荷物運びに若手署員の憧れの的である婦人警官の香坂美津子を巻き込んで親し気に会話しているのを怪訝そうに観る先輩刑事たち、そんな時に近郊強盗事件が発生し、犯人は店内に忽然と現れ、監視カメラを一発の銃弾で破壊し、300万円以上の金を奪って逃走。
本庁のコンピューターデータから旋盤工の佐川が容疑者として浮かび上がった。
佐川は犯行の数分前まで銀行に客として居たため、トイレで着替えて犯行に及んだとみられた。
拳銃マニアでもあり、射撃練習をしていた倉庫も発見されたことから、佐川を第一容疑者として一係は証拠かために入ったが、ホームズ三世がそれでも佐川の犯人である確率を100%ではないとの答えに悠は釈然としないものを覚えていた。
確かに、逃走用のオートバイを用意する共犯者が居なければ、佐川の犯行は難しいところがあった。
やがて、悠とマミーは佐川に脅されてオートバイを銀行前に置いた高校生を発見、ラガーたちが佐川の確保に彼のアパートへ向かったが逃走、部屋からは奪った金が発見された。
佐川が犯人であることは動かしようのないものになったが、ホームズ三世はデータを入れれば入れるほど佐川の犯人である確率を低く計算し、とうとう10%以下であるとはじき出してしまい、悠を悩ませるが・・・・。

1カ月前のスペシャル登場時には既にレギュラー入りを予感させる登場を見せた水木悠が本庁より一係へ配属、同時に一係にもパソコンが導入されます。
パソコンが話題になっていた時期ですが、厳密に言うと「オフコン」の時代。黒バックの画面に白い文字、デカイフロッピーディスクを基礎起動用を一枚入れ、更に運用メモリ用にもう一枚入れるというのが一般的な時期でした。
そういう面倒なギミックを省き、どちらかといえば現在のパソコンのような描き方をしています。

そして、強力セミレギュラーの投入?と思われた東宝シンデレラの沢口靖子さんのぎこちなさにも注目です。
ただ、翌年(というか、まもなく)には朝ドラ主演をゲットするので、この作品のみの登場となってしまいました。

そして何より水木悠。
ボスと山さんのゴリ押しで、当時は既に古い呼び名だった「マイコン」という称号が与えられます(^_^;)
まあ、一係の「与えられる」ニックネームについては・・・・いい加減だし、かっこ悪いし・・・というのは定番であるので(^_^;)
捜査経験も刑事としての経験も、警察官としての経験も浅いマイコンが今回はコンピューターと対立する部分もありながらも、結果的には「データ不足」。
やっぱり、データ収集はあの当時インターネットがほぼ無かった時代には完全に足で収集しなければならないので、必然的にマイコンも身体を動かすことになりますが、太陽としては久々な「ひよっこ刑事」の登場は結構興味深いものがありました。
それにこれから繰り広げられる、「問題児としてのマイコン」というテーマも「一般的な若者に近い人物像」という意味でも、新風が太陽内に吹きましたし、マイコン登場直前から口数の多くなるブルースとのコンビネーションは末期の見どころの一つになっていきます。
前にも書きましたが、ブルースとマイコンで、かつての初期ゴリさんと殿下のコンビネーションの再現を目指した部分はあったと思います。特にマイコンは殿下をなぞったような基本設定(上流家庭育ちで優しい)であるため、遠回しな感じですが原点回帰を狙ったところも感じられます。

さて、意外と「狙い」があって、今でも通用するキャラクターなマイコンですが、石原良純さんの参加については賛否がありました。
ボギーの後任は金田賢一さん(後のデューク)であって、金田さんのスケジュールが合わなかった為、ご破算になったという説があります。その中で『西部警察PART-III』の終了が決定し、欠員があった太陽への出演が決定、西部出演中に10月のスペシャルで主役を張って、西部放送終了後、放送的には3週間ほど空けてレギュラー入りとなりました。
印象的には急な流れだったように記憶しており、個人的には「コンピューター計画」の破格な扱いでレギュラー入りを確信したと思います。
そんな流れだったので、裕次郎さんのコネでの参加ではないかという評判が立って、さらに西部警察での特別扱いもあまり評判が良くなかったことから、太陽参加についてはネガティブな印象を受けたのはありました。
神田さんも石原プロですが、日テレなどの石原プロ制作ではない他ドラマでの活躍があっての参加であったために、直・石原プロというイメージはありませんが、どうしても良純さんのキャリアでは「コネ」という部分がクローズアップされてしまうのは仕方がないことではありました。
そのような背景だったので、太陽参加の必然性が当時あの時点ではあまり感じられなかったというのはあったと思います。
ただ、その辺りを太陽制作側も良純さん(石原プロ)も考えられていたようで、確かにプレ登場編は破格の扱いでしたが、本来1982年映画主演デヴューなので又野さんよりキャリアがあるのにもかかわらず一番下のキャスト扱い、更にはマイコン自体も年齢関係なく大卒故警察学校卒業時期が一番若いということだけで下っ端扱いになって、それをマイコン自身もわかっていながら何も言わず受け入れたという、本来であれば考えられない扱いを受けています。

そういう裏話があったマイコンについて、それまでのスター刑事像とは違ったひよっこ刑事として描かれることが当初は多かった為、テレビ雑誌だったと思いますが、あまり恰好の良いとは言えないイラストの人物紹介が掲載されたりして、マイコン自体のキャラクターがそれまでカッコイイ刑事像を期待していた視聴側にとっては評判があまりよくなかったのは事実でしたが、西部署の「五代純」では良純さんご自身の色が出せずに終わったのとは違い、マイコン役では良純さんの素性を活かしながら、数々の失敗を繰り返して刑事として成長する過程を描くことになり、太陽全体ファン諸氏の中には私のように徐々にマイコンを受け入れたという方が多いように思います。

太陽史上、最も21世紀の現代でも受け入れられそうなキャラクターでありながら、それ故数々の問題を起こしてしまう側面を持っていた、実は太陽の成長コンセプトにハマっているマイコンの活躍が鮮やかな映像で再び始まります。


第624話 59.11.16 張り込み (トシさん・マイコン)壇まゆみ 柳川慶子 北村総一郎   

浅田不動産の社長が何者かに殺され、犯行後に近くの食堂で返り血を浴びた男が週刊誌のグラビアじっと見つめていたという証言があった。
そのグラビアは東都デパートの社長御曹司である島崎と同じデパートの元店員の良子との結婚が間近に迫っていた事を報じたものだった。
良子は母・政江とアパートに二人暮らしで、父は政江と15年前に離婚した水谷という男であった。
その水谷は浅田不動産に自分の店を詐欺まがいな手口で奪い取られていたことから、水谷の容疑は濃厚になった。
一係では水谷が娘の結婚式に現れると推理して、トシさんとマイコンが良子たちのアパートを張り込むことになった。
ただし、破談になる可能性が高いため、島崎家に良子の父のことが知られないように一係では良子に知られないように谷口を逮捕することを目指したが、経験が少ないマイコンは数々の失敗を起こし、トシさんをハラハラさせる。
さらに尾行するマイコンを良子がまいたことから、トシさんは良子がひそかに谷口と会っているのでないかと睨んだ。
案の定、良子はあるレストランで水谷と待ち合わせをしていたが、またもやマイコンの勇み足で谷口を逃がしてしまう。
そして、とうとう結婚式の当日を迎えてしまうが・・・・。

プロ刑事であるトシさんと、ひよっこ刑事マイコンのコンビ作。
離婚により家族ではなくなった父と娘の愛情、その父が殺人者、娘の結婚を破談させない為に配慮する一係に、それを思わずもかき乱してしまうマイコン。
マイコンとしては一所懸命なりながら、どうもその行動が浮ついている。
一方、トシさんはデリケートな事件に細心の注意をはらいながらマイコンの面倒も見なければならないという窮地(^_^;)
今回のトシさんはちょっと怖いです、ハイ。



【地上波】

▼テレ玉・テキサス&ボン編



3/30(木)
20:00~20:55
太陽にほえろ!
テレ玉1(地上波)
「虹」

第185話 51.01.30 虹 (殿下)水沢アキ 加藤和夫 原口剛 大和田獏

1億2千万強盗が発生、そしてもう一軒、自動車事故で男は焼死、女は助かり病院へ。その車の中から拳銃が発見される。
ただし、助かった女は記憶をなくしており、証言を引き出すことは困難に思われたが・・・。
殿下と女は以前ひょんなことから出会っていた・・・。

記憶喪失の経験がある殿下が、以前会ったことのある記憶喪失で「あろう」女性の記憶を呼び覚ますために奔走します。
その女性役に、後にゴリさんの婚約者として登場する、麻生晴子になっている水沢アキさんが好演します。
本当は夢を追って東京に出てきたものの、夢破れ故郷に帰ろうとしたところで殿下と出会い、思いとどまり東京に残った・・・・そんな彼女の不幸と再出発を描きます。

▼チバテレ・ボン&ロッキー編
3/31(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!
チバテレ1(地上波)
第279話 殿下と少年

第289話 53.02.10 殿下と少年 (殿下)片岡五郎 井上博一 伊藤平山 

傷害罪で手配されていた牧野を逮捕したゴリさんと殿下。
彼には余罪があり、宮城県警から身柄送致要求がきて、殿下は牧野の護送を命じられる。
手錠に繋がれ、列車に乗った殿下と牧野、実は車内には牧野の仲間が2人乗り込んでおり、牧野は彼らと目配せして近くの座席に座らせた。
そんな時殿下たちの前席に赤子と少年・孝を連れた主婦が座った。
列車が黒磯駅に近づいた時、牧野がトイレに行きたいとねだり席を立ったが、トイレの前で牧野の仲間が殿下に拳銃を突き立てる。
その上、後から付いてきてしまった孝までも拉致、黒磯駅で下車を強いられた。
その頃一係では、ゴリさんが知っている男が現れ、「島さんがあぶない!」と・・・。
殿下の危険を察知した一係は駅に連絡をとったものの、殿下たちは姿を消したあとで、さらに殿下たちと孝と思われる少年が複数の男と一緒に下車したという証言があったことから、彼らの捜索が開始される。

自分だけが拉致されず、関係のない子供まで巻き込まれた、何とか必死に逃げ道を確保しようとする殿下ですが、肝心な少年が牧野達に迎合するような姿勢・・・少年には少年なりの暗い過去があり・・・。
殿下編の中でも個人的にオススメしたくなる回です。
孝についても取り立てて「テレビ映え」するのようには思えない、普通の感じの子供をキャストインさせながらも、実はその普通さがその重い過去をリアルに伝えてくれる感じがして、クライマックスは結構泣けてしまいます。。。

脚本は大山のぶ代さんが執筆なさっています。


▼とちぎテレビ・スコッチ登場編

残念ながらお休みです。

この記事をはてなブックマークに追加

備忘録と、4月よりTVQ九州放送にて太陽放送開始!

2017-03-27 07:07:18 | 放送予定
テレ朝単発スペシャルドラマ『そして誰もいなくなった』のクライマックス、渡瀬恒彦さん演じる元東京地裁裁判長の独白に身震いしてしまって、直後に放送された、日テレ系『最後の一日・最後の言葉〜ホントにそれでいいんですか?』を見て、また身震いしてしまった方、多かったのではないでしょうか。
放送予定には入れようか迷って外したのですが、一応チェックを。
何しろ、この手の番組はちょっと最近多い感じがして、中身がどうなるかわからなかったので・・・・

最終回の裕次郎さんアドリブシーンが採り上げられました。
確かにいくつか突っ込みどころもあり、(石原プロが太陽を生み出したという誤解を生みそうな部分、出演予定はなかったという部分は、あの時点で番組を降板していて出演予定が無かったのに、急遽出演することになり最終回が制作されることになったこと等)、アドリブシーンも結構ブツブツ編集されていたことなど・・・。
ただ、全体的に真摯に特集していたのと、鈴木一平監督の出演が驚きました。
使用素材は、最終回・最終回取材VTR、静止画に#243,244。


さて、話変わって九州太陽ファン陣に朗報です。

テレビ東京系のTVQ九州放送にて、4月より太陽放送開始です!

太陽にほえろ!マカロニ編
木・金曜午後3時
4月6日スタート

デジタル放送化後、マカロニからジーパン編のみ放送実績がある日テレ系ではなく、アナログ時代ではありますが、北海道では最終回まで放送したテレ東系なので、長期放送が期待できるかもしれませんが、さて。

この記事をはてなブックマークに追加

太陽放送予定 2017.03.23号

2017-03-23 07:13:29 | 放送予定
まだまだ余裕なきけぶでございます<(_ _)>


向う一週間の太陽放送です。


【CS】

▼ファミリー劇場・ブルース活躍編



3/24(金)
6:30~7:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#619 犯人の顔
ファミリー劇場HD(CS)

3/24(金)
7:30~8:30
太陽にほえろ!HDリマスター版#620 素晴らしき人生
ファミリー劇場HD(CS)

3/24(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#621 決闘
ファミリー劇場HD(CS)

3/24(金)
21:00~22:00
太陽にほえろ!HDリマスター版#622 ブルースの賞金稼ぎ
ファミリー劇場HD(CS)

=HD初放送=

第621話 59.10.26 決闘 (ドック)小野進也 佐藤晟也 前沢迪雄
 

ドックが暴力団組長を狙う殺し屋2人を鮮やかな拳銃裁きを駆使して逮捕した。
その翌晩、ドックの部屋に見知らぬ男から電話が入り、ドックの活躍を褒めた後に自分と射撃の決闘をしろというのだ。
ドックは相手にしなかったが、男は「その気にさせてやる」と脅迫まがいの言葉を放った。
翌朝からドックには災難が続いた。
坂の上からトラックが滑り降り危うく轢かれそうになったり、ブルースと同乗した覆面車がワイヤーで大型トラックと結び付けられ、後ろから追われ、覆面車に追突しながら赤信号の交差点に押し出そうとされたり。
ドックはこれらの出来事で電話の男は本気で自分に決闘を挑んできていると判断、殺し屋逮捕の際のドックの活躍を目撃しファイトをかきたてられたらしい。
そして、今度は一係に男から再び決闘を迫る電話が入り、さらに逆探知に成功し、発信元の倉庫にドックとブルースは踏み込むが、中には時限爆弾が仕掛けられ、危うく命を落とすところで難を逃れた。
一方、殺し屋の逮捕現場近くの喫茶店で決闘男と思われる芹沢を割り出した。
芹沢は建設会社の優秀な社員だったが、3ヶ月前に血液の難病におかされていることを知ってから無気力になり、さらに父親がハンターだったこともあり大変なガンマニアだったことから、この無茶苦茶な決闘に自分の死に場所を見出したのではないかと思われたが・・・・

ドックのハードアクション編としてはこの当時最高潮の話、選ばれたドックは「その気にさせられる」ため執拗に付け狙われ、肉体的に満身創痍でクライマックスの芹沢との対決に挑みます。
神田さんも撮影時に足の肉離れにみまわれ、結果的に切迫感にリアリティを与えた格好になっています。
ゲストの小野さんはカナダ編以来2年ぶりのご出演ですが、まだ杜丘の印象がぬぐえない時期でした・・・。
自動車事業部諸兄には80系スプリンターセダンSRの登場がトピックスでしょうか(^_^;)


第622話 59.11.02 ブルースの賞金稼ぎ (ブルース)石橋蓮司 和崎俊哉 立川光貴

とある喫茶店に銀行強盗犯が逃げ込んだが、ブルースたちが駆けつけると強盗犯は拳銃で撃たれ倒れていた。
話によると、居合わせた客の中の一人でサングラスの男が強盗犯を拳銃で撃ち去っていったという。
どうもサングラス男は何かで急いでいたようで、籠城しようとする強盗犯に付き合っていられなかったらしい。
ブルースは現場に落ちていたサングラス男の弾丸ペンダントをポケットに入れ、喫茶店のマスターが立ち聞きしたサングラス男の電話の内容である、横浜のバー「ポールスター」に向かう。
ブルースはバーで例のペンダントで遊んでいると、今井という男が「氷室さんですね?」と近づいてきた。
今井はブルースを自分の仕えている立花のもとへ案内、立花は尾崎という男に奪われた娘を取り返してくれたら報酬に大金を払うという。氷室=サングラス男はどうやら一匹狼の賞金稼ぎ的な生業の男のようだ。
ブルースは立花も何か後ろ暗いところがあるのではないかと探りを入れると、ヘロインを密輸しており、それを横取りした尾崎は取引完了までの保険として娘を奪ったということであった。
ただ、尾崎は黙って娘を引き渡すような男ではないので、一刻も早く奪い返してほしいと立花は懇願する。
ブルースは娘の生命の危機を優先せざる負えなく、氷室になりすまして依頼を引き受けた。
やがてブルースは尾崎が暴力団とヘロインの取引をする場所を突き止め一係へ連絡、ブルースに尾崎逮捕は神奈川県警の仕事だから手を引くことを命令したが、ブルースは単独で取引現場に侵入した・・・・

ブルース活躍編の締めくくりは、久々に横浜ほぼオールロケ編。
ブルースのある意味探偵的な活躍で、まさにブルース主演となっています。
脇も石橋さんや立川さんなど、個性的な面々で固められ、ブルースを盛り立てています。



【地上波】

▼テレ玉・テキサス&ボン編


3/23(木)
20:00~20:55
太陽にほえろ!
テレ玉1(地上波)
「金庫破り」

第183話 51.01.16 金庫破り (山さん)大滝秀治 津田京子 車邦秀

元金庫破りで現在は金庫製作を請け負う常吉とっつあんに指南を受ける藤堂一家。
その直後、常吉の金庫が連続して破られ金を奪われる事件が発生、その容疑者に常吉の唯一の弟子的立場にある男が捜査線上に浮かびますが、その男は常吉の娘とかけおちし子供を儲けていましたが、その子は心臓病を患っており、その手術代を工面する為の犯行と推測した山さんたちは、常吉の金庫がある場所をマークしますが・・・。
追跡中に死んでしまう男、男に代って孫の為に何とか金を工面しようと、「昔取った杵柄」を解禁しようとする常吉、刑事としてと常吉の「友人」として苦悩する山さん、それらを静かに描きます・・・。

大滝さんは#62で金庫破りの名人として登場、しかし黒幕的な役割で冒頭とラストのみに登場という形でしたが、今回は大滝さんが全国的に注目されて始めた時期で、ゲスト主演をつとめます。さらには山さん=露口さんとのがっちりいぶし銀の競演を観ることができる貴重な回です。


▼チバテレ・ボン&ロッキー編

3/24(金)
20:00~21:00
太陽にほえろ!
チバテレ1(地上波)
第278話 射殺

第288話 53.02.03 射殺 (ゴリさん・ボス)内藤武敏 稲葉義男 文野朋子

信用金庫に押し入り、多額の現金を強奪し警備員を射殺して逃走した二人組の強盗を追っていたゴリさんとロッキー。
ロッキーは途中で足を撃たれ、犯人と思われる1人を発見したゴリさんは銃撃戦の上、彼を追いつめ射殺してしまった。
拳銃の腕前は警視庁管内でも指折りのゴリさんが犯人・香川を射殺してしまったことに対して、査問委員会が開かれた。
査問委員3名、取り調べる関本委員、弁護役のボス、そして云わば「被告席」に立ったゴリさん・・・。
委員会は関本の厳しい詰問を中心にゴリさんが不利な状況へ進んでいくものの、ボスは頑としてゴリさんを弁護する。
一方、残った一係の人員は、ゴリさんが「止む追えず」射殺に至った経緯を証明するために奔走するが・・・。

ゴリさんの「代表作」というと、この作品を挙げる方も多いと思われる、厳しくも・・・名作です。
ゴリさんの信念を覆されかねないまでに追いつめられながら、一係のメンバーが苦悩しながら真実の証明をコツコツと行っていきます。
観ているこっちは解っている、ゴリさんが人を殺したくないから拳銃の腕前を磨き、空の拳銃を持っていること。
こっちまでもが画面に向かって弁護したくなります。
それを代弁してくれるのが当然ボスなわけですが、そのボスをも「手詰まり?」と感じさせるようなこともあったりと、この作品はいつ観ても緊張します。

ただ、この話のラスト・・・ボスとゴリさんが唯の部下・上司の関係ではなく、友情関係で結ばれているというのが垣間見られる、涙ながらには観られない後姿も披露です。

ちなみに、太陽中毒連では「大河(氏)の写真に風穴」でこの作品は通ります。。。

▼とちぎテレビ・スコッチ登場編

残念ながら、お休みです。



この記事をはてなブックマークに追加

どういう基準で放送されるのか?

2017-03-14 07:00:55 | 当直室日記
BS朝日で3月21日から放送開始される『特捜最前線』。

#20「刑事を愛した女」から始まるという変則技でした(^_^;)

多分、商品化されている作品の中からのセレクトされて放送されるのではと思っていましたが、ちょっと飛び過ぎでは。。。
しかし特命課については、現状何かしらお金を出さないと観ることが出来ないので、セレクション放送でも貴重な機会ではあります。

さて、あっという間に終わるのか、それとも足踏みしてくれるのか・・・(^_^;)

この記事をはてなブックマークに追加