陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

改元を迎えて、< Auld Lang Syne > を聴く

2019-04-30 02:14:55 | 読書・映画・音楽

 我が国では、「蛍の光」として知られる曲であり、その日本語歌詞は誠に優雅で素晴らしい。このスコットランド民謡は、欧米では新年を迎える時に大勢の人々が集まって、<Auld Lang Syne>を楽し気に唄う。改元を迎えて、この歌を聴きたくなった。 

 ノルウェーの国民的歌手 シセル(1969-)は、1番を英語で歌い、2番以下は母国語(?)で歌っているようだが、私にはその内容が分からない。でも、迫力のある歌いぶりには感動を覚える。


Auld Lang Syne - Sissel


 

蛍の光 - Auld Lang Syne (English)スコットランド民謡 - Shaylee - Original Arrange

 

以下は、「世界の民謡・童謡」さんからの引用(コピー)。どうぞ、転載をお許し下さい。

http://www.worldfolksong.com/songbook/scotland/auld-lang.html

 

Should auld acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot,
and days of auld lang syne ?

旧友を忘れ 思い起こすことがなくても良いのか?
昔懐かしい日々を忘れても良いのか?

CHORUS:
For auld lang syne, my dear,
for auld lang syne,
we'll tak a cup o' kindness yet,
for auld lang syne.

<コーラス>
懐かしき日々のために 我が友よ
友情の杯(さかずき)を酌み交わそう
懐かしき日々のために

And surely ye'll be your pint-stoup !
And surely I'll be mine !
And we'll tak a cup o' kindness yet,
for auld lang syne.
(CHORUS)

きっと君はジョッキを飲み干す
きっと僕もそうするさ!
友情の杯(さかずき)を酌み交わそう
懐かしき日々のために

We twa hae run about the braes,
and pou'd the gowans fine ;
But we've wander'd mony a weary fit,
sin' auld lang syne.
(CHORUS)

僕ら二人で駆け回ったあの山々
綺麗なヒナギクも摘んだ
だけど僕らはさまよい続け 疲れてしまった
長い年月を経て

We twa hae paidl'd in the burn,
frae morning sun till dine ;
But seas between us braid hae roar'd
sin' auld lang syne.
(CHORUS)

僕ら二人は小川を渡った
朝日から夕暮れまで
だけど僕らを荒海が隔ててしまった
長い年月を経て

And there's a hand my trusty fiere !
And gies a hand o' thine !
And we'll tak a right gude-willie waught,
for auld lang syne.
(CHORUS)

この手をとってくれ 親友よ
そして君の手を僕に!
さあ酒をぐいっと酌み交わそう
懐かしき日々のために

 

 大晦日から元日にかけて、欧米ではこんな雰囲気で人々は新年を祝う。

André Rieu - Auld Lang Syne


 Helmut Lotti の歌い方は、英語歌詞が良くわかる内容。

Helmut Lotti - Auld Lang Syne


 ところで、蛍の光を全曲歌ってくれるのは、sayaさん。

 

Saya 蛍の光

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「平成」から「令和」への御... | トップ | ウクライナ青年のナザレンコ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (googoogoonel)
2019-10-11 03:45:29
歌詞もいいですね。

コメントを投稿

読書・映画・音楽」カテゴリの最新記事