狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

山城ヒロジと辻本の関係は関西生コン!

2017-03-27 19:48:43 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします。
 
辻元清美と関西生コン連合の関係  まとめまとめさまより右

LH MAGAZINEのさまより右

【森友学園】籠池メールから辻元清美と関西生コン妨害説が浮上 特大ブーメランにマスコミは当然沈黙

■【民進党】 辻元清美の反日謀略

@yamakennta
@MinshintoNews
ほれ、辻元清美は平成26、27年度の政治資金
収支報告書に大阪兵庫生コン経営者会から
献金を貰っているからズブズブじゃね~かw

#辻元清美 #生コンクリート祭り

 

保守速報さまより右

【ワロタw】辻元清美と仲良しの関西生コン、阪南地区統括責任者が日本キムイルソン主義研究会の副会長だと判明wwwwwwwwwwwwww2017年03月24日

Photo_2

 

最後に、木村真と関西生コン連合の関係  「中谷良子のブログ」さま より右

【森友学園問題】財務局を告発した豊中市議、木村真は門真の悪徳議員一派  

★森友問題で豊中市議ら近畿財務局を背任で告発へ★

学校法人「森友学園」が大阪府豊中市の国有地を格安で取得した問題で、地元市議らが土地を不当な価格で売却したとして近畿財務局を近く告発する方針を明らかにしました。 

森友学園の籠池泰典理事長は10日、小学校の認可申請を取り下げましたが、この問題を当初から指摘していた豊中市の木村真市議らは11日、市民集会を開き、「これで幕引きは許されない」と訴えました。

木村市議らは、土地売却の交渉にあたった近畿財務局の責任を追及していく構えで、代理人弁護士が「国有地を不当な価格で売却し、国に損害を与えた」として近畿財務局を近く背任罪で告発することを明らかにしました。告発対象は「氏名不詳」とする方針です。

(中略)

さて、上記のニュースに載っている財務局を告発した豊中市議である木村真は、あの悪名高い連帯ユニオン、関西地区生コン支部と地方議員ネットワークの副代表であり、東京五輪、カジノ法案に反対している反安倍・反維新の議員です。
http://www.rentai-union.com/link/

連帯ユニオンは、極左過激派であり、沖縄から機動隊を撤退させろ!という抗議を府警本部前でも定期的にやっています。彼らは日本人ではないと思います。
<iframe src="https://www.youtube.com/embed/Ik0qd0BHO7w" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>

さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」保守の会会長、松山昭彦氏のブログにも木村真のことが書かれています。
森友学園追及の裏には辻元清美が出てくる
http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34619702.html


豊中市議・木村真議員

(中略)

この木村真と盟友と豪語する極左暴力集団、連帯ユニオン近畿地方顧問である門真の悪徳戸田議員には私が大東市議会議員選挙において、ご自身の選挙区でないにもかかわらず、わざわざ私が立候補する選挙区域に出向いてこられ、朝の辻立ちで、私を貶める言葉を羅列した録音テープをスピーカーで流され、ストーカーのように付け回され、お家や電話番号をyoutubeに晒され(当時はしょっちゅう嫌がらせ電話がかかってきていました)、お手伝いくださった方や、私の親にも執拗にストーカー行為、同じく、連帯ユニオン議員ネットワークであり、反在特ネットワークという肩書のある現大東市議の光城敏雄という議員からも選挙期間前からに私は毎朝、恫喝を受けていました。私は何の組織力もないので、そこに付け込み、彼らの嫌がらせはエスカレートしていました。

大東市議・光城敏雄議員
 

どう考えてもこの異常なやり方は、日本人とは到底考えられません!

その他、この戸田議員は過去に卒業式シーズンになると国旗掲揚、国歌斉唱をしている学校に乱入し、妨害活動までしていた、いわくつきの議員であり、過去に政治資金規正法違反で有罪と公民権停止、一時は議員失職したにもかかわらず、また門真市議の議員の椅子に返り咲いているのです。

私の選挙での嫌がらせには、この戸田議員率いる、反辺野古基地活動家の極左メンバーも数名現れ、監視されていました。

このような極悪非道な人物と連携しているような豊中市議・木村真に正義をひけらかす資格などありません!

戸田議員の目がチカチカするホームページ
http://www.hige-toda.com/
戸田一派になった上西小百合
http://www.hige-toda.com/_mado04/moritomogakuen/moritomo_index.htm


連帯ユニオンをご存知ない方に説明させていただきます。

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部、いわゆる関ナマが連帯ユニオンとして有名ですが極左暴力集団、慰安婦支援団体と協力する完全な北朝鮮系で、日朝友好なにわの翼・訪朝団として2011年にも訪朝北朝鮮賛美、チュチェ思想、日本キムイルソン主義研究会の副会長は、結※久(全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン阪南地区統括責任者)

オバマ前大統領が広島に慰霊訪問された際も、歓迎街宣をしていた私達に連帯ユニオン広島支部が妨害してきました。このような労組が、日本再建に立ち塞がっているのです。極左暴力集団に対して、企業側が強い言葉で反発するのは当然だと思います。

共産党・社民党・ユニオンなど、今の日本の政府の弱体化を企て、反権力、政府、天皇、国旗国歌、靖国など反社会的な要素で 赤い革命的思想を掲げる団体、組織が様々な労働者を利用して、弱者救済などと言いつつ企業を恫喝し、日本の企業の弱体化、彼らの共産主義的イデオロギーを植えつけるのが目的。

ブラック企業、パワハラ、セクハラ、マタハラなどこういう言葉は、左翼の作った言葉で人をだまし、印象操作し、まともな企業やまともな人までをも加害者に仕立てあげる危険性があるのです。

日本の企業が北朝鮮系のユニオンなどに過去から現在まで、とめどなく脅され潰され、現在の少子高齢化もこの連帯ユニオンのような日本の労組が危機を招いていると言っても過言ではなく、日本にとって必要なのは、愛国的な保守的な労組なのです。残念ながらアメリカにはこの保守的な労組というものがあっても日本は、ほとんどが思いっきり左に傾いているような労組で占められているのが現状だと思います。

以下は悪徳労組・連帯ユニオンの面々などが参加している外国人参政権推進デモの様子ですが、撮影者は戸田議員です。日の丸国旗に汚物のマークが描かれていることを面白おかしく茶化しているのです。このような議員と連携している木村真は果たしてまともといえるのでしょうか?
<iframe src="https://www.youtube.com/embed/wt1D0ShzUDc" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>
女性の人権を徹底的に痛めつけ、傷つけた戸田と連携している木村真は、森友学園問題の不正を追及する資格などあるのでしょうか?このような問題は全国的に徹底的に調査を行えば叩けば、わんさか埃など出てくるのです。数々の悪事を働きながら、犯罪をズル賢く反日議員と連携し、隠蔽し、闇に葬り去っている朝鮮学校などの不正も糺すべきではないでしょうか?

そのうえで森友学園問題を追及するのならまだしも、朝鮮学校による土地取得問題には、この豊中市議も学者も言論人も一切言及せず、森友学園のみ徹底的に追及するというのは、パヨクの皆さんの十八番である「平等」と相反することではないのでしょうか?

国有地の格安払い下げの恩恵を受けているのは森友学園だけではないですし、国有地の払い下げ自体が問題であるならば、同じような便宜供与がある団体も当然追及されるべきです。

確かにこの一件では、刑事事件の検討など、不穏な動き、籠池理事長の傲慢さが仇となり、関わったことがない方からすれば不信を抱くのも無理はありません。教育者として失格とのご意見が出るのも最もです。とにかく籠池理事長も仰っていることが二転三転しており、真相の解明を望みますし、これ以上、保護者の方々、園児たちを傷つけないでいただきたいです。

しかし、学校を建設するということは平坦な道のりではなかったでしょうし、日本にとって悪い教育をしていたわけではなく、日本の子供達にとっては唯一の郷土愛、独立自尊の精神、健全な愛国心を学ばせる教育機関であったわけであり、都合が悪くなると無関係を装い、保身をさらけ出す自民党は、いかがなものかと思います。

何度も言いますが、この問題は、森友学園のみ特化せず、朝鮮学校問題も並列して問題化されなければ整合性はありませんし、国民は納得できないのです。

(以下 略)

 
 
 

41
コメント
【クソワロタw】関西生コン「山城議長の保釈を」250台のミキサー車などでパレード

1: (^ェ^) ★ 2017/03/26(日) 14:56:04.34 ID:CAP_USER9
山城議長の保釈を」大阪でミキサー車など250台パレード

「辺野古新基地NO」を掲げるミキサー車など250台のパレードが12日、大阪市内の繁華街であった。4労組でつくる関西生コン産業政策協議会が春闘に合わせて実施。毎年辺野古を主要スローガンの一つに掲げており、ことしは勾留が続く沖縄平和運動センターの山城博治議長の保釈も求めた。

賃上げ要求に交じって、山城議長の顔写真と「不当な長期勾留許さない」の文字が入った横幕を掲げたミキサー車もあった。

出発前の集会には約700人が参加。構成団体の全日建連帯労組関西地区生コン支部の武建一委員長は昨年の集会に山城議長を招いたことを振り返り、「逮捕、拘束は闘争を押しつぶすための攻撃だ。新基地建設は絶対に認められない」と強調した。

パレードは辺野古沖のボーリング調査を請け負う深田サルベージ建設の本社前も通り、抗議の声を上げた。

▽写真 山城議長の保釈などを求めて大阪市内をパレードするミキサー車の列=12日(関西生コン産業政策協議会提供)※画像の一部を加工しています


[沖縄タイムス 2017.3.12]
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/88215
なめこjpn@nameraretaJPN
これで福島瑞穂も繋がったね! 山城さんにお金いってるし! 関生コンだし! 沖縄タイムズだし!
たまにはやるね!沖縄タイムズ!


https://twitter.com/nameraretaJPN/status/845316759888396289?p=p

 

2: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 14:58:51.52 ID:e55AFH4X0
まさに

 

4: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 14:59:34.90 ID:D9p2JdIm0
工作員の棲み処
3: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 14:59:30.85 ID:UbRM4nCz0
ウチ負けヘン

 

5: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 15:00:03.33 ID:TM70nvIn0
朝鮮人ヤバイな!

 

6: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 15:04:40.20 ID:lmqQ99oZ0
君のミキサー車の中で回ってみいひん?

 

7: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 15:05:11.72 ID:/JFRVS0k0
みずぽ、これまで延々と顰蹙かってきてくれてありがとう!

 

12: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 16:06:22.31 ID:DM1Vtk2O0
いやあ驚いた

 

13: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 16:34:16.36 ID:ytp4HU3s0
俺も驚いた

部落は未だにこんな組織力を持ってたんだ

 

8: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 15:05:19.81 ID:20Cl1aJm0
江戸の敵を長崎で討つ ではなく

沖縄の敵を大阪で討つ デモはなんかへんな感じと思っていたら

やっぱりそういう繋がりだったのか

いっぺん名簿を整理したほうがいいな

 

14: 名無しさん@13周年 2017/03/26(日) 16:53:07.61 ID:WhgBfri50
こんなのを相手に我那覇さんは一人で戦ってたんだな。
すごいわ

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

翁長知事個人に損賠請求!政府、辺野古阻止の権限乱用で

2017-03-27 14:55:33 | 辺野古訴訟
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします。

 

  当日記は管理人が体調不良で「休息」の間も、コメント欄は新しい話題提供し続けます。(笑)

翁長知事の「あらゆる手段で辺野古阻止」が終了した話題です。

ついでに翁長知事の政治生命も終了か。

以下は東子さん、普通の宜野湾市民さんコメントです。

 

 ■ 普通の宜野湾市民のコメント


辺野古妨害 沖縄知事に損賠請求へ 政府検討 権限乱用、個人に
産経新聞 3月27日 7時55分|Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170327-00000049-san-pol

政府が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設で、同県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が移設を阻止するため知事権限を乱用すれば翁長氏個人に損害賠償請求を行う検討に入ったことが26日、分かった。権限乱用で工事が中断した損害額を算出し、個人資産で賠償を求める。移設阻止に向け本来の目的とは異なる形で権限を行使すれば違法として、国家賠償法に基づき手続きを進める方針だ。

 翁長氏は25日、辺野古の埋め立て承認を撤回する考えを明言。撤回は承認取り消しと同様の効果がある。

 埋め立て承認は、翁長氏による取り消しに伴う政府と県の訴訟で昨年12月、適法との最高裁判決が確定。判決は承認要件の根幹をなす埋め立ての適正さと環境保全策が基準に適合していると認定した。

建設工事をめぐり現状ではそうした要件を欠く事態は生じていない。重大な理由もなく移設阻止という目的で翁長氏が承認を撤回すれば、政府は撤回権の乱用にあたると判断している。

 国家賠償法上の公権力の違法な行使と認定される公算も大きい。国家賠償法では、公務員が違法に他人に損害を与えれば国や地方自治体が賠償責任を負い、公務員に故意や重大な過失があれば国などは公務員に賠償を求めることができる。

 これに基づき、政府はまず県に損害賠償を求め、続いて翁長氏の個人責任を問う住民訴訟を経て、翁長氏個人に損害賠償を求めることを想定している。

 撤回で移設工事が中断すれば、人件費や機材調達費などの損害は1日当たり数千万円に上る見通し。政府は撤回への対抗策として執行停止を裁判所に申し立てるが、認められるまでに10日前後かかるため、国が翁長氏に求める賠償額は数億円に上る可能性がある。

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

>国が翁長氏に求める賠償額は数億円に上る可能性がある。

「行動には責任が伴う」

個人賠償になる可能性があるとは、翁長知事大丈夫?

辺野古基金から「資金援助」があるから大丈夫ですね!

25日に辺野古で行われた
「県民集会」
主催者発表3500名?
あえて突っ込みませんが
あの「地獄絵図」を見たら普通の市民感覚からすると「ドン引き」なのに沖縄タイムス・琉球新報は堂々と掲載!

この「県民集会」
内外に知らせるのが目的では無く
「オール沖縄」の引き締めを図る為の集会?

翁長知事
「ナマカラルヤイビンドー」って宣言したけど

「オール沖縄」の大崩壊も
「ナマカラルヤイビンドー!」

 

 ■ 東子さんのコメント


「政府、辺野古阻止の権限乱用で沖縄・翁長雄志知事個人に損賠請求検討 2017.3.27 07:34」
http://www.sankei.com/politics/news/170327/plt1703270011-n1.html

>重大な理由もなく移設阻止という目的で翁長氏が承認を撤回すれば、政府は撤回権の乱用にあたると判断している。
>政府はまず県に損害賠償を求め、続いて翁長氏の個人責任を問う住民訴訟を経て、翁長氏個人に損害賠償を求めることを想定している。

やっぱり。3月9日にコメントしたが、
「翁長氏の個人責任を問う住民訴訟を経て、翁長氏個人に損害賠償を求める」ための、抜け穴封じだったのね↓。

「住民訴訟、首長の賠償逃れを規制…政府が改革案 2017年3月9日15時2分」
http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170309-118-OYT1T50058

>住民訴訟制度は、形骸化が問題視されてきた。
>住民訴訟で首長の違法支出が認められたとしても、議会がひとたび債権放棄を議決すれば、請求権が消滅する。
>自治体は首長に損害賠償を求められなくなる。
>司法判断は無視され、賠償金が帳消しになるケースが相次いだことで、「議会による違法行為の放置」との批判が高まっていた。

反対派は、スラップ訴訟だと、言い出すでしょう。
「知事は、県に損害を与えたという判決が出る」前に、知事の資格を失っていても、追っかけてくるのか? 
 

 【おまけ】

■普通の宜野湾市民さんのコメント

 

東京MXニュース女子問題 「在日朝鮮人の辛淑玉氏は寝た子を起こした」「沖縄県民は怒っている」我那覇真子さんら都内で抗議集会
産経新聞 3月26日 18時42分|Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000521-san-pol

虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さん(27)らが26日、東京都千代田区で抗議集会を開き、「辛淑玉氏は寝た子を起こした。沖縄県民は怒っている」などと話した。

 会合の名前は「東京MXTV問題の本質 辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」。

 主催者を代表して我那覇さんは「辛氏は本来ならば今ごろ、MXテレビに対して勝利宣言をしていたことでしょう。しかし私たち沖縄県民を怒らせてしまった。日頃はおとなしく、穏やかな沖縄県民だが、一度怒ったらタダではすまない」と述べ、「沖縄の米軍基地の問題に在日朝鮮人の辛氏がいちゃもんをつけているのは、日本という国の主体性のなさから来ている」と指摘すると、会場から大きな拍手が上がった。

 ゲストとして登壇した中部大特任教授でニュース女子にゲスト出演していた科学者の武田邦彦氏(73)は「ニュース女子に辛さんがいちゃもんをつけ、朝日、毎日、東京が取り上げ、BPOが審議入りしたが、一連の流れを見て、日本に民主主義はないものかと思う。BPOは辛さんこそ問題にすべきだ」と話し、会場から「そうだ」という声が上がった。

 また「一番の人権侵害を受けたのは(番組で司会をした)長谷川(幸洋)さん。長谷川さんは発言権がないのに、なぜ東京新聞は彼を降格させたのか。あの一件まで東京新聞は彼が司会をすることを全く問題にしていなかったではないか」と指摘した。「彼が論説副主幹から論説委員に降格されるなんてとんでもない話」とも述べた。

 会場には立ち見の人が廊下まであふれ、関心の高さがうかがえた。ほかに杉田水脈(すぎた・みお)元衆院議員、カリフォルニア州弁護士でタレント、ケント・ギルバート氏、評論家の西村幸祐氏、沖縄県東村在住の依田啓示氏、沖縄教育オンブズマン協会会長の手登根安則氏らが登壇した。

 また我那覇さんが「会場に『ヘイトスピーチをする団体に会場を貸すのか、と電話がかかってきた』」とも話し、会場がどよめきに包まれる一幕もあった。(WEB編集チーム)

〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰

昨日Yahooニュースに掲載され、この記事に対するユーザーからのコメントは
本日10時30分現在、585件。
我那覇氏を応援、支持するコメント等が9割程有り。

「沖縄の不都合な真実」が
Facebookを始めSNSでも拡散されてます。

(引用終了)

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします。
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

おぞましき辺野古の地獄絵、県知事と犯罪者が同じ演壇で反基地叫ぶ!

2017-03-27 07:58:42 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

 ■本日の催し物■

昨日に引き続き、東京近郊に在住の方、上記イベントにご参加くださいますようお願いいたいます。

                  ★

昨日の「国民集会」は、立ち見もでるほどの大盛況でした。皆様のご協力を感謝申し上げると同時に、本日も同じ会場で第二部「意見参加シンポジウム」が行われますので時間の許す限り引き続きご参加頂ければ幸いに存じます。

なお、昨日の国民大会には東京に在住で古くからの読者の町工場の親方さんが参加され、会場の雰囲気など感想をコメントされたいるので、全文紹介させていただきます。

町工場の親方さんは朝日新聞批判や左翼批判で非常に示唆にみちたコメントを下さり勉強させていただいてます。この場を借りて御礼申し上げます。

大盛況、定刻には超満員、立ち見者多数  町工場の親方さん

本日、丸の内交通協会・大会議室にて行われた、
「辛淑玉氏等、在日朝鮮人による、反米工作を糾弾する国民集会」、に参加してきました。
東京は氷雨に近い冷たい雨、でしたが、熱気を帯びた会場の空気の中、集会が進行しました。
この模様は、「チャンネル・桜」、でご覧いただけると思います。

じつは私、一昨日の土曜の夜、展転社主催の、江崎道朗氏による、
「中国共産党の対日工作と日本の課題」、
との演題の講演を聞きたくて、都心部の文京シビックセンターの小ホールで行われた集会に行きました。一昨日は良い天気でした。
同じ日、同じ時刻に、星稜会館で行われた、「東京オリンピックに台湾を国として迎えるようにしよう」、という会合と重なったためか、江崎氏の講演に来た人は会場の半分に満たない人数でした。
江崎さんの講演=情報、を是非聞きたく参加した私は少しがっかりするとともに、超多忙の時間を割いて来られた講師にすまないような気がしました。

それに反し、今日の参加者には驚きました。一昨年の武蔵野公会堂での集会、(我那覇さん、山田浩・現参議院議員、西村幸裕)も満員でしたので今日も空席が目立つようなことはないだろうとは予想しましたが、社会・経済ブログの横綱
coffeeさんの、「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」、に、「重要な集会のご紹介」、として日時等と共に、先日、狼魔人日記に書いたものを書き込んだ、私も驚きました。
数知らず多くの講演を行ってきた、西村幸裕氏も、連休、天候、周知度等から、「かなり空席もあるのではと考えたが本当に吃驚したと、うれしい誤算を語っていました。
政治家は特に敏感ですが、政治家で参加した杉田水脈さんも非常に勇気付けられたことと考えます。
杉田さんの最近のご活躍を思い、嬉しくなりました。

我那覇隆裕氏はじめ何人かの人が、この満員の中にはスパイがかなり混ざっているだろう、と語ってました。当然、左翼連合、築地・チョーニチ、新報、タイムスの人間は間違いなくいたことと思います。
しかし、彼等の胸中は暗いもだったと思います。今日の盛況に加え、私が以前から、築地の寵児、と呼んでいた、辻元清美・代議士が火だるま、とんでもないことになりそうで、ひいては民進党の信用、チョーニチの盟友「毎日」、も、一旦書いたものを、どういう理由か辻元の名前だけをすべて消すという、おかしな削除をしてネット愛好者から呆れられ、すっかりバカにされている始末です。
先行き不透明、五里霧中、どのような展開になるのか、と思います。

 

東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会

【動画】https://www.youtube.com/watch?v=hA6SQa3x22A&feature=youtu.be

沖縄タイムス+プラス ニュース

 沖縄県の翁長雄志知事は25日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前での新基地建設に反対する県民集会に参加し、前知事の埋め立て承認を撤回する方針を明言した。集会は新基地反対を訴える政党、企業、市民らでつくる「辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議」が主催し、3500人(主催者発表)が参加。知事は結集した県民を前に「撤回を力強く、必ずやる」と述べ、新基地建設の阻止に向けた結束を呼び掛けた。

 翁長知事は県議会などで、撤回を視野に入れたあらゆる手法で建設を阻止する考えを示していたが、撤回を明言するのは初めて。

 集会後、記者団に対しても撤回を断言する一方で、具体的な時期は「何月かなどとは答えられない。必ずやるということだ」と述べるにとどめた。

 政府が新基地建設を予定する辺野古での集会に就任後初めて参加し、「(辺野古違法確認訴訟で県が敗訴した)最高裁判決で(県民に)元気がなくなっていたが、今日集まった姿を見ると元に戻ったと感じ、『ナマカラルヤイビンドー(今からが本番だ)』と呼び掛けた」と意義を強調した。

 集会では「違法な埋め立て工事の即時中止と、辺野古新基地建設の断念を強く日米両政府に求める」とする決議を満場一致で採択した。

 壇上では稲嶺進名護市長が「新基地建設を国が断念するまで、われわれの力で断念させるまで、力を合わせて頑張ろう」と呼び掛けた。新基地建設問題を担当する県の政策調整監に4月1日に就任予定の吉田勝廣氏、オール沖縄会議共同代表の呉屋守將氏、県選出の野党国会議員らも決意を述べた。

 集会に先立ち、米軍基地建設の反対運動中に逮捕・起訴されて5カ月余り身柄の拘束が続き、18日に保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長があいさつした

 支援者や集会参加者に感謝しつつ「裁判を控え、しばらく抗議運動の現場に来られないが、心を一つに闘おう」と連帯を訴えた。

                          ☆

国の安全保障に関わる国防案件に反対する「県とい民集会」が行われ、沖縄長知事が就任以来初めて辺野古の現場に姿を現した。

反基地運動については、同じ日に東京では我那覇真子ら3人の沖縄県民が主催する「辛淑玉氏ら在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民大会」が行われ、沖縄の反基地運動に外国人が主導する事実が暴露され厳しく糾弾された。

そして、「ニュース女子」の内容がデマだとする辛淑玉氏らの主張に連動するように、国会では山田宏参議院が、沖縄の反基地活動家の中には、過激派と呼ばれる極左暴力集団が存在するという政府答弁を引き出している。

さらに、沖縄の反基地運動で暴力・威力業務妨害などの刑事はんとして逮捕された活動家41人の内、韓国人が4人含まれているとの答弁も引き出した。

「ニュース女子」の内容が真実であることに、図らずも国が正しいとお墨付きを与えたようなもの。

 【動画】沖縄反基地運動に参加する韓国人・在日韓国人を山田宏議員が国会で徹底追及

一方、辺野古では世にもおぞましい地獄図が展開されていた。

翁長知事と山城博治安被告人のツーショット登壇である。

>軍基地建設の反対運動中に逮捕・起訴されて5カ月余り身柄の拘束が続き、18日に保釈された沖縄平和運動センターの山城博治議長があいさつした

翁長知事は最高裁により埋め立取り消しが違法と確定し他が、それでもなお「辺野古阻止」を叫ぶ「違法知事」。

一方の山城被告人は、浮く数の刑事犯で逮捕・起訴され現在保釈中の身分。

この二人が国の安全保障逆らう反基地闘争で一致したため、同じ場で登壇するというおぞましき地獄図を展開したのだ。

犯罪者と違法知事のツーショット!

この前代未聞の「地獄図」をあたかも「反権力のカリスマ」として英雄に仕立て上げる報道をして恥とも思わない沖縄タイムス。

 

 その沖縄タイムス、自衛隊は「強姦魔」「軍隊は殺人鬼」などの暴言を吐いて批判を浴びている石嶺香織宮古島市議にコラム・大弦少弦で援護射撃した。

援護の理由として「ただ、投稿全体は。配備で隣人となる自衛隊は災害は件が評価されるが、いざとなれば実力で目的を達成する組織である。女性や子供が真っ先に戦争の犠牲になることも、歴史が示している・・・」などとしている。

突っ込みどころ満載の援護射撃だが、二つだけ問題を指摘しておこう。

>素朴な不安の表明であった

問題の石嶺市議は「素朴な不安の表明」では済まされない市会議員という公職である。 「素朴な不安」を表明するなら市議という責任ある職を辞任してから表明すべきではないか。

もう一つ指摘しておきたいのは、沖縄タイムスは石嶺市議を援護することにより、公式の意見として「自衛隊は強姦魔」「軍隊は殺人鬼」と認めたことになる。

 

【おまけ】

  • 18

【沖サヨ速報】翁長知事、ついに米軍基地前の集会に初参加「辺野古埋め立て承認撤回、必ず」「山城博治さんのお姿も拝見されたようで〜」(動画)

 
1: nita ★ 2017/03/25(土) 17:08:45.93 ID:CAP_USER9
翁長知事、辺野古埋め立て承認撤回を初明言 県民集会に3500人【動画あり】

翁長雄志知事が就任して初めて辺野古での集会に出席し「撤回を力強く、必ずやる」と述べ、名護市辺野古海域の埋め立て承認を撤回する方針を明言した。

沖縄タイムス 3/25(土) 12:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170325-00090160-okinawat-oki
動画
翁長知事、辺野古に立つ 埋め立て承認撤回を初明言
<iframe src="https://www.youtube.com/embed/WKnHbp_gKlQ" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>



196: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 18:39:25.81 ID:mH8ER3c30
参加者 
no title


 
11: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 17:13:49.29 ID:0uF6KBIR0
違法だったらとっくにひっくり返っとるわアホがw

34: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 17:20:51.25 ID:n07cDVgY0
どっちが違法だよ。

33: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 17:20:47.48 ID:oJXN11FO0
翁長って基地反対以外に何かやってんの?

57: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 17:33:54.97 ID:LN6B8/FJ0
おいおい最高裁を無視するんか?

80: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 17:45:47.18 ID:V/Jt1PFj0
オナガ一派が選挙でどんどん負けているもんな
最後のあがきだろう

110: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 17:59:14.31 ID:nsiWifUS0
犯罪者と知事が集会で一緒に居るなんて、ほんと沖縄って所は異常やな( ´д`)

154: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 18:18:38.49 ID:CSEZ4NMs0
>主催者発表で3500人余が参加した

これが県民の総意・オール沖縄ですか…

352: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 20:21:20.35 ID:J+BYVS3y0
知事の忖度状況も調べようぜw

544: 名無しさん@1周年 2017/03/25(土) 23:18:39.10 ID:op5Q1ioY0
この知事のやっていることは時間稼ぎと引き伸ばし。
少なくとも自分の任期の間ではやらない、やりたくなって
自己保身だけだと思うよ。
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

引用元: http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490429325/

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

【拡散依頼】松本浦添市長激怒、沖縄タイムスの捏造報道に

2017-03-26 05:33:24 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

 ■本日の催し物■

東京近郊に在住の方、上記イベントにご参加くださいますようお願いいたいます。

                  ★

 

「ニュース女子」問題では、裏取りの無い報道はデマなどと偉そうなことを言っていた沖縄タイムスが捏造新聞の本性を表した。

当日記は沖縄2紙の報道を称して偏向等の生易しいものではなく、黒を白と報じ犯罪者を英雄に仕立て上げる捏造新聞と書いた。

昨日のエントリーで紹介の沖縄タイムスの一面トップを飾った那覇軍港関連記事が捏造報道だったのだ。

「那覇軍港移設問題」の一番の当事者である松本浦添市長に取材をしないでフェイクニュースを報道したのだ。

しかも一面トップで!

松本市長が拡散希望されているので皆様のご協力、お願いいたします。

 

このニュースを紹介していただいた普通の宜野湾市民さんのコメントも併せて紹介します。

普通の宜野湾市民さんのコメント

浦添市の松本哲治市長が
今朝の沖縄タイムスに掲載された「軍港移設」の記事について、自身のFacebook上で鋭く疑問を呈しています。
拡散希望とのコメント有り

沖縄タイムス プロパガンダ紙決定!

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1400231096706905&id=100001600833246&refid=28&_ft_=qid.6401423453905708703%3Amf_story_key.9020299373632257082%3Atop_level_post_id.1367571919984227&__tn__=%2As

 松本 哲治

松本 哲治

今日の沖縄タイムス紙1面にこのような記事が出ています。あたかも浦添市の要望を反映した移設案が1つに絞られたかのような報道になっております。

誤解が広がらないように、この場で明言させていただきます。

現時点で「軍港移設1案に絞られた」わけでは決してありません。

正確に表現すれば、「これから現在提示されている複数の案に対してのそれぞれのメリット・デメリットをオープンにして協議していき、これからより良いベストな移設案を協働で模索して行く」と言う事です。決して案が絞られたわけではなく、「国、県、那覇市、浦添市、そして那覇港管理組合の全員が、見直し協議のテーブルに着いて、全てはこれからスタートする」と言う段階です。

誰があたかも1つの案に絞られたかのような誤った情報を意図的に流したのか?

なぜ沖縄タイムス社だけが他社をスッパ抜いた形でいきなり1面報道に打って出たのか?

なぜ浦添市にだけ事実確認をせずに勇み足報道をしたのか?

あたかも既に決定した形で先に報道する事で既成事実化してしまいたかった案とはどんな移設案なのか?

なぜ絞られたはずの図案は報道せずにいるのか?

マスコミと手を結び主導権を握ろうとしている黒幕は一体誰なのか?

選挙が終わり決着がついたかのように見えた「那覇軍港浦添移設物語」、第二幕も大荒れになりそうな空模様です。

*シェア拡散をお願いします。

画像に含まれている可能性があるもの:1人
14時間前 · 公開
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

那覇軍港の浦添移設

2017-03-25 10:21:14 | 高江ヘリパッド

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

 

 

 

今朝の沖縄タイムス一面トップは、恥晒しの極地!

「オール沖縄」及び翁長知事の矛盾を平気で並列で掲載する恥晒し。

一つ目は翁長知事の「新基地建設容認」⇒那覇軍港の浦添沖移設

そしてもう一つは「新基地建設反対」⇒辺野古移設反対

しかも「辺野古新基地建設」と書くべきを「辺野古移設」とは!

一体何を宗旨変えしたのだ! 支援者に断りも無く。

■一面トップ

軍港移設 1案に絞る

浦添市要望取り入れ

来月協議会 大筋合意へ

辺野古移設反対

 

 

今日県民集会

■二面トップ

知事きょう県民集会参加

「辺野古阻止の第一歩」

知事来月上旬訪中へ

混迷する軍港 移設進展か

沖縄タイムス+プラス ニュース

 那覇軍港の浦添移設計画を巡り防衛省が提示した軍港移設3案に関し、防衛省と那覇港管理組合、沖縄県、浦添市、那覇市でつくる移設協議会が事務レベルで1案に絞り込んでいることが24日、分かった。複数の関係者が明らかにした。4月中旬に東京で2年ぶりの協議会を開き大筋合意への道筋を描く構えで、防衛省は2017年度内に移設地の環境影響評価に着手したい考えだ。

那覇軍港(資料写真)

 関係者によると、管理組合と浦添市で最も意見が折り合っていない軍港位置に関し、浦添市の要望を満たしつつ、組合側が主張してきた物流関連用地を確保できる「折衷案」になっているという。

 23日には協議会関係者が県内で会合を開き、詰めの協議をした。4月中旬に開く協議会で正式に3案を俎上に載せ、それぞれのメリット、デメリットなどを提示する。

 浦添移設を巡っては、15年4月、松本哲治浦添市長が公約を撤回して受け入れを表明。リゾート開発のため軍港の位置などを変更した市案を示した。

 これを受け防衛省は昨年4月、浦添市の要望を盛り込んだ3案を提示した。今回事務レベルで絞り込んだ案は①西向きのビーチ②クルーズ船バース③マリーナ整備―などが盛り込まれているという。

 昨年12月には翁長雄志知事が軍港移設の容認を明言。今年2月には、移設容認を掲げた松本氏が再選を果たし、翁長氏との面談で那覇軍港移設を含む西海岸開発計画を共に推進することを確認していた。

                                            

>浦添移設を巡っては、15年4月、松本哲治浦添市長が公約を撤回して受け入れを表明。リゾート開発のため軍港の位置などを変更した市案を示した。

浦添移設反対を掲げて当選した松本知事に対し、「オール沖縄」は公約約違反だと批判したが、国や県、那覇市が容認する「浦添移設」に浦添市だけが反対しても「辺野古反対」の二の舞を演じることになる。

そうなれば浦添市の将来の経済政策が停滞する。 政治経験では翁長知事の足元にも及ばない松本市長だが、翁長知事のようにイデオロギーの(辺野古阻止)ため市経済を停滞させることを避け、現実的な「浦添移設」容認を選んだ。

つまり松本知事は仲井真前知事同様にリアリストの政治家でであった。

先の県知事選では沖縄2紙の「金で沖縄を売った最悪の知事」などと、常軌を逸した仲井真バッシングを追い風に当選した翁長知事だったが、昨年の「最高裁敗訴」以来、歯車が逆周りをし始めた。

そして来年11月の県知事船の前哨戦といわれた浦添市長選で、松本哲治氏(49)=自民、公明推薦、が新人で元市議の又吉健太郎氏候補を抑えて圧勝した。

松本氏は政府・与党が支援し、又吉氏は翁長雄志知事を支持する「オール沖縄」勢力の支援を受けた。

覇軍港の浦添移設は、辺野古移設と同様に海面の埋め立てを伴う計画。

翁長氏は辺野古移設阻止を主張する一方、那覇軍港の浦添移設については容認しているため矛盾が指摘され、自己矛盾を暴露。 又吉氏は公約を「市民投票」で決めるなどと無責任な発言で落選した。

続く宮古島市長選では、「オール沖縄」の分裂騒動が決定的となり、現職の下地市長が再選を果たした。 

宮古島市長選、「オール沖縄」の分裂騒動を露呈! - 狼魔人日記 - Gooブログ

昨年の宜野湾市長選から数えると保守系市長が三連勝である。

これで来月23日のうるま市長選で四連勝すれば事実上、「オール沖縄」は息の根を止められたことになる。

信用回復に必死の翁長知事が明日辺野古で開催予定に「県民集会」に就任以来初めて参加するとのこと。

最近沖縄2紙が「反権力のカリスマ」を翁長知事から山城博治被告にスイッチし始めたのを察知しての「現場出動」なのか。

 (この数日体調がわるく、今朝は特にきついのでこの辺で休ませていただき、後はタイミングの良い東子さんのコメントにお任せする)

東子さんのコメント

昨日、浦添はどうなっている?とコメントしたら、タイムス、新報が浦添の進捗を発表。
まぁ、そういう時期だったのだろう。

今日が、シュワブゲート前道路での3000人規模の県民集会を開くからか?
これに出席する翁長知事応援か?


「軍港移設協議再開へ 来月、2年ぶり 防衛局の3案議論 2017年3月24日 11:06」
那覇軍港 浦添移設計画 移設協議会 那覇港管理組合 軍港移設
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-466452.html

>那覇港管理組合、防衛省、沖縄県、那覇市、浦添市などは23日、那覇軍港の浦添移設計画に関する「移設協議会」を4月中にも東京で開催することで合意した。

いかにも、松本市長が望んだ協議会が再開されたようだが、あくまでもこれは事務方の協議会。
松本市長は、直接、翁長知事、那覇市長と膝を突き合わせて話ことを希望している。
翁長知事に会って、話し合いを申し込んでいる。


「翁長知事、浦添市長と初面談 西海岸開発計画で意見交換へ 2017年2月21日 05:00」
那覇軍港の浦添移設 那覇軍港 翁長雄志 松本哲治
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/85093

>那覇軍港移設を含む西海岸開発計画について、県と浦添市・那覇市の三者で意見交換の場を設けることを提案
>松本市長は「西海岸開発や軍港移設を含め、知事と私、那覇市長で意見交換をして(意見を)すり合わせる必要がある」と必要性を強調。
>年度内にも意見交換の場を持ちたい

知事と私、那覇市長で意見交換をして(意見を)すり合わせる必要。


「那覇軍港の移設、1案に絞り込み 浦添市の要望盛り込む「折衷案」 4月の協議会で大筋合意へ道筋 2017年3月25日 05:05」
那覇軍港 那覇市 浦添市
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/90092

>4月中旬に東京で2年ぶりの協議会を開き大筋合意への道筋を描く構えで、防衛省は2017年度内に移設地の環境影響評価に着手したい考えだ。

辺野古に続いて更に、政府は基地建設をしたがっているような書き振り振りだが、


>昨年12月には翁長雄志知事が軍港移設の容認を明言。
>今年2月には、移設容認を掲げた松本氏が再選を果たし、翁長氏との面談で那覇軍港移設を含む西海岸開発計画を共に推進することを確認していた。

今までのような「SACO合意の枠組みを維持する」という「軍港移設の容認」かどうかわかりにくい書き方でなく、「軍港移設の容認を明言」と書いては、翁長知事応援になっていないわね。

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

「オール沖縄」壊滅!浦添市民、那覇軍港の移設を選択

2017-03-25 05:37:37 | 未分類

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

 

 

 

冒頭から東子さんのコメント紹介です。

 

辺野古阻止は聞こえてくるけれど、浦添阻止は、聞こえてこないわねぇ。

受け入れ先の浦添、SACO合意を進める日米政府と米軍、共に松本案に賛成。
翁長知事は、浦添移設に同意。
それで、なぜ、進まないのか。

「浦添移設を進めると辺野古移設との整合性が取れない」から。

松本案を検討すると、「浦添移設」を前提にしているというのが、丸分かり。
だから、軍港移設と切り離して「那覇港の早期開発」だけ進めたい。
辺野古が阻止されていれば、2年間よく頑張ったと称賛もあっただろうが、未だ出口が見えず、翁長知事は知事生活を「基地問題だけに明け暮れている」と批判されている。
批判を払拭するために、知事生活の後半2年に「県アジア経済戦略構想推進計画実現に向けた整備」を掲げた。
富川氏が知事になったのも、その為だ。
だから、1日も早い「那覇空港隣接地の産業用地の拡張」に手を付けたい。
また、「那覇港の大型クルーズ船に対応する新施設の早期整備」は、知事になった直後から観光業界からの熱い要望だ。

「那覇空港隣接地の産業用地の拡張」と「那覇港の大型クルーズ船に対応する新施設の早期整備」は、待ったなし。
だが、翁長知事は、自ら敷いた「辺野古阻止」のレールの上にいるので、進められない。

翁長知事の苦境を救うには、「辺野古移設を県民が反対」していると同じ論で、「浦添が反対」しているが出来上がれば良い。
だから、浦添の共産党市議は、松本市長に「移設受け入れを撤回せよーーっ」と迫る、迫る。
が、松本市長、「浦添移設反対」は、まず共産党と「オール沖縄」は翁長知事に言うべきだと、返す。
↓の動画をどうぞ。

松本市長ブログ「西銘健議員への答弁(2016・12月議会)」
http://tetsujimatsumoto.ti-da.net/e9227251.html


松本市長ブログ「西銘健議員への答弁(2016・12議会)② 」
http://tetsujimatsumoto.ti-da.net/e9229458.html

>共産党は那覇軍港の浦添移設に断固反対と明言。
>翁長県知事は浦添移設容認と明言。
>しかし、その共産党が翁長県知事を支え、彼には何も言わす抗議も反対もない。
>結局は共産党は軍港移設に暗黙的容認ではないですか。


松本市長ブログ「伊礼ゆうき議員への答弁(2016・12月議会)」
http://tetsujimatsumoto.ti-da.net/e9231258.html
 

■松本浦添市長は調整に「県と浦添市・那覇市の三者で意見交換の場」の設置を希望している。

「翁長知事、浦添市長と初面談 西海岸開発計画で意見交換へ 2017年2月21日 05:00」
那覇軍港の浦添移設 那覇軍港 翁長雄志 松本哲治
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/85093

>那覇軍港移設を含む西海岸開発計画について、県と浦添市・那覇市の三者で意見交換の場を設けることを提案
>松本市長は「西海岸開発や軍港移設を含め、知事と私、那覇市長で意見交換をして(意見を)すり合わせる必要がある」と必要性を強調。
>年度内にも意見交換の場を持ちたい

だが、翁長知事、城間那覇市長に動きは見られない。
年度内に残されているのは、あと1週間。 
 
 
 

那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

松本哲治・浦添市長に聞く

キャンプ・キンザー返還前倒しを近く政府に要請

 米軍港湾施設(那覇軍港)の浦添市への移設が争点となった同市長選が2月12日に行われ、現職の松本哲治市長=自公推薦=が再選した。松本氏に軍港移設についての考え、米軍キャンプ・キンザーの返還と跡地利用のビジョンなどについて聞いた。(聞き手=那覇支局・豊田 剛)

西海岸開発の好条件揃う

 ――浦添市長選でオール沖縄候補に勝利した背景は。

那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

 (翁長雄志知事を支持する)「オール沖縄」候補とがっぷり四つの一騎打ちとなり、非常に危機感を持って臨んだが、想定外の大勝だった。わが陣営が団結し、私も知らない他市町村の団体、企業もたくさん応援してくれたのは大きな力になった。

 ――軍港移設が最大の争点となったが、容認の考えを市民にどう伝えてきたか。

 4年間、那覇軍港の浦添移設について、私が反対からどのように軍港容認に至ったのかを説明した。約2年前に記者会見したのをはじめ、大小の集会でコツコツと説明してきた。それが浸透し、市民の理解を得たと思う。

 一方で、受け入れないという事は簡単だったが、精査した結果、あえて難しい選択をするという苦しい立場を理解してもらえた。

 有権者はきっぱりとした正解を求めたがり、政治家はそれに合わせて極端な理想論を語る傾向にある。しかし、私の基本は、政治家も常に悩み苦しみ、有権者も一緒に悩んでもらうというものだ。

 ――3期務めた前任市長の儀間光男氏からずっと、軍港移設容認の候補が当選している。浦添市民の民意は軍港移設容認と考えていいか。

那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

 民意と考えてもいいと思う。ただ、現実としては、交渉や条件を付けることで、苦渋の決断として仕方なく受け入れたという表現が適切だ。軍港が来なくて困る市民はいないだろう。

 ――米軍牧港補給庫(キャンプ・キンザー)返還の見通しは。

 仲井真弘多前知事の2期目の最後、沖縄の基地負担軽減に関する四つの協議項目の一つがキャンプ・キンザーの前倒し返還だった。これについて近いうちに政府に要請する予定だ。2013年の「沖縄における在日米軍施設・区域に関する統合計画」では、普天間飛行場、キャンプ・キンザー、那覇軍港という返還の順番だったが、現状ではキンザーの返還前倒しは十分にあり得ると思う。キンザー沿いの国道58号の渋滞はひどい。現在、道路拡張を進め、それと同時に、58号バイパスの西海岸道路を建設している。これができれば基地負担軽減のシンボルになる。

 ――西海岸開発では前市政が作成した素案を見直した。米軍や政府には理解されるか。

那覇軍港の浦添市への移設を市民が選択

航空写真を使って西海岸開発について説明する松本哲治浦添市長

 現行計画は「統合計画」の前に作られたもので、いつ返還されるか分からないという当時の状況を踏まえていることは理解できる。ただ、キンザーが返ってくると分かった以上、返還を想定した西海岸開発が必要になる。現在、国も米軍も見直すことで了承している。国や米軍の要求もあるから、それを基に、関係者が一緒に新しい案を作っているところだ。

 ――これまでは県、那覇市が松本私案に理解を示していなかった。

 私は開発計画の見直しを主張してきたが、県は現行計画の考えを曲げなかった。選挙戦では、相手候補の又吉健太郎氏が現行計画維持を公約に掲げ、私は見直しを主張した。これが選挙戦の争点となり、市民は見直しを選択した。こうなれば、県、那覇市、那覇港管理組合も見直しの方向で議論せざるを得なくなるだろう。

 これからの時代、管理組合の議論はフルオープンにすべきだ。県と那覇市の誰か分からない人が浦添市の海の在り方を決めることを疑問に思う市民が多い。

 ――那覇市議会は7日、軍港移設を推進する決議を可決したが。

 那覇市のこうした進展は歓迎すべきだ。追い出す側の那覇市には受け取る側に対する配慮を最大限してもらいたい。これまでは出す側の誠意がなかなか感じられなかった。キャンプ・キンザーの倉庫群の一部機能を移設するに当たり、受け入れ側の沖縄市を訪問して頭を下げてお願いしている。

 ――キャンプ・キンザーの返還後の跡地利用・西海岸開発についての考えは。

 これだけの規模の開発はこれまでなかったことだ。しかも海に面し、(夕日が臨める)西向き、勾配、那覇に近いという最高の条件を備えている。他の返還地にはない優位性だ。ポテンシャルを生かした素晴らしいものをつくっていかなければならないと思っている。地権者の意向も聞きながら、再開発の在り方を考える協議会を加速していかなければならない。


まつもと・てつじ

 1967年、浦添市生まれ。琉球大学法文学部卒業後、英国系金融コンサルティング会社勤務を経て、米カリフォルニア大学バークレー校卒。2002年に在宅介護のNPO法人ライフサポートてだこ設立。13年に市長選に初当選。好きな言葉は百花繚乱(りょうらん)。家族は妻と娘2人、息子1人。

                                                     ☆

那覇軍港浦添沖移設に関して午後続編をエントリーの予定です。

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

山城被告の裁判は、報復を恐れる「恐怖の裁判」、暴力団裁判

2017-03-24 09:10:43 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

沖縄2紙が「反権力のヒーロー」に仕立て上げた山城博治被告の裁判が、暴力団裁判と同じく、報復を恐れる「恐怖の裁判」であることを沖縄タイムスが暴露してくれた。

ということは、これまでの沖縄2紙の「高江報道」はフェイクニュースであったことを自ら認めたことになる。

沖縄タイムス+プラス ニュース

 米軍基地建設の反対運動中に逮捕・起訴され、威力業務妨害罪などに問われている沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)=保釈中=の次回公判で、那覇地検は8日付で「議長や関係者の報復を恐れている」として、検察側証人2人の遮蔽(しゃへい)を那覇地裁に求めていることが分かった。

 弁護側は「遮蔽の必要はなく、裁判公開の原則に反する」と反論する意見書を21日付で地裁に出した。三宅俊司弁護士は「性犯罪や暴力団事件で、一般市民が証言するのとは違う。遮蔽が認められれば、公務員は姿を隠したまま好き勝手に権力を行使できることになる」と訴えた。

 27日の第2回と4月17日の第3回公判では、昨年1月に名護市辺野古で起きた威力業務妨害事件を目撃したとされる警察官と沖縄防衛局職員がそれぞれ出廷する。

 

 

 

暴力団がらみの裁判の証人が、報復を恐れ顔を遮蔽して証言台に立つ話はよく聞く。

だが今回の裁判の被告は沖縄2紙が「市民」と報じる平和活動家のリーダーだ。

しかも証人は一般市民ではなく警察官だ。

警察官が報復を恐れるのは、彼ら「市民団体」が、警察官の名前や顔写真を公表し、本人のみならず家族まで脅迫するというのだ。

↓「お前たちの家もわかっているのだぞ!妻子だってわかるんだ、ばか者!」

関連画像

 

警察官だって家族を脅迫されては、たまったものではない。 

顔を遮蔽しての証言を誰も責めることは出来ない。

相手が「クルサリンドー山城」とあっては、なおさらのこと。

しかも沖縄2紙が「市民」と報道する反基地活動家の中には、過激派と呼ばれる極左暴力集団が含まれているというのだ。

過激派 沖縄

 

警察庁や県警本部長の証言を待つまでも無い。

反基地活動家の大群が山城被告の保釈を求めて裁判所に乱入し、身の危険を感じた裁判所職員がすべての鍵を掛けて難を避けてみたり、山城被告の公判の日には裁判所にバリケードを築かざるを得ないほど反基地活動家は凶暴化している。

反基地活動家の凶暴化は他にもある。

何と拘留中の仲間を奪回に、拘置所に乱入の恐れもあるというから、本物の暴力団も真っ青である。

 

 

 那覇市樋川の那覇拘置支所駐車場側の外壁上部に、直径約10センチ、深さ約20センチほどの穴が、少なくとも12カ所開けられていることが21日、分かった。何らかの工作物を設置する作業が始まったとみられる。同日地裁前であった集会に参加した市民は「外壁には今後高さ1メートルほどのアルミ製のフェンスを設置すると聞いた」と話した。

那覇拘置支所の駐車場側外壁の上部に開けられた穴=日、那覇市樋川・同所

 付近は米軍基地建設の反対運動中に逮捕・起訴され、身柄拘束が続いていた沖縄平和運動センターの山城博治議長ら3人の釈放を求める市民らが、拘置所内に声が届くようたびたび抗議活動をしてきた場所。市民の一人は「今後、ここで抗議させないようにフェンスを設置するのではないか」と話した。同支所の担当者は沖縄タイムスの取材に対して「工事の詳細については答えられない」と回答した。

 

 

~~~~~~~~引用ここまで
 
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥越氏が記事めぐり告訴 週刊文春の編集長を不起訴

2017-03-24 06:16:38 | マスコミ批判
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

 

久しぶりに鳥越俊太郎氏がメディアに登場したと思ったら「女子大生淫行」疑惑は、疑惑ではなく事実だったとのこと。

鳥越氏は「女子大生淫行」疑惑の説明責任を問われ「文春を刑事控訴した。それが説明だ」みたいな奇妙な弁解をしていた。

だが疑惑は事実であった。

事実で無いなら民事で提訴する手もあるが、病み上がりの身でもあり、これ以上晩節を汚すことはおやめになって、このまま表舞台からフェードアウトすることをお勧めする。

鳥越氏が記事めぐり告訴 週刊文春の編集長を不起訴

去年の東京都知事選挙で落選したジャーナリストの鳥越俊太郎氏が、選挙期間中に週刊文春に掲載された記事について「選挙妨害だ」などと告訴していた問題で、東京地検特捜部は週刊文春の編集長を嫌疑不十分で不起訴にしました。

続きを読む

鳥越氏は、去年7月の東京都知事選挙の期間中に週刊文春に掲載された過去の女性関係に疑惑があるとした記事について、「事実無根であり明確な選挙妨害だ」として、名誉毀損や公職選挙法違反の疑いで東京地検特捜部に告訴していました。
これについて、特捜部は23日、「起訴するだけの証拠はない」として、週刊文春の編集長を嫌疑不十分で不起訴にしました。
週刊文春編集部は「当然の決定と受け止めています」とコメントしています。

                                             ☆

 

 

 

DAPPI @take_off_dress

鳥越俊太郎が【女子大生を「バージンだと病気だと思われるよ」と言って襲った】こと報じた週刊文春を名誉毀損と公職選挙法違反で刑事告訴してましたが、不起訴となりました。

・鳥越氏の刑事告訴、週刊文春編集長を不起訴 東京地検
朝日新聞デジタル 3/23(木) 16:12配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000061-asahi-soci
no title

https://twitter.com/take_off_dress/status/844838307557093378
 
no title
↑有名女性が応援した有名ジャーナリスト鳥越俊太郎氏は実は女性の敵でした(爆)

 当時のブログ鳥越氏、刑事告訴!「週刊文春」を 2016年07月20日より引用する。

 

1 名前: 32文ロケット砲(新潟県)@\(^o^)/:2016/07/20(水) 20:03:29.57 ID:kp8sQ9yp0.net
1抗議文

週刊文春編集部 御中

弁護団抗議文 東京都知事候補である鳥越俊太郎について、明日発売の週刊文春が、『疑惑』と見出しを打った記事を掲載することがわかった。

記事にある『疑惑』と称する案件については、事前にFAXによる取材があり、本人に確認の上、弁護団から事実無根であると文書で明確に否定する回答をするとともに、無責任に記事化すれば選挙妨害になると強く警告した。しかしながら、記事は、一方的な証言だけに基づき、『疑惑』がいかにも真実であるかのごとき印象を与えるものとなっている。

記事は、『疑惑』が事実であるとは断定せず、一方的な証言と思わせぶりな記述だけで、あたかも『疑惑』が真実であるかのような印象を与えるものとなっている。こうした手法で有権者に事実と異なる印象を与えようとする行為は、明確な選挙妨害であり、公職選挙法148条1項但書によって禁止される「虚偽の事項を記載し又は事実を歪曲して記載する等表現の自由を濫用して選挙の公正を害」する行為に他ならず、同法235条の2に規定する罰則の対象にもなりうる行為である。また、刑法230条1項の名誉棄損罪を構成する。

弁護団は、週刊文春に対し、強く抗議する。また、明日にも東京地検に刑事告訴すべく準備を進めていることを申し添える。

なお、本件に対する問い合わせなどの一切は、弁護団が対応する。くれぐれも、鳥越本人の選挙運動に対し、これ以上の妨害とならないよう、求める。

    2016年7月20日
     弁護士 弘中 惇一郎
     弁護士 藤田 謹 也


http://blog.livedoor.jp/go_wild/archives/52465594.html

 

都知事選については選挙権がないので特に興味がなく、チャンネル権を持つかみさんが見るテレビを野次馬的に見る程度なので、特にブログのテーマとしては取り上げなかった。

 

ただ、有名ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が野党統一候補で立候補し、立候補の動機が「参院選で護憲勢力が3分の2を占めたことを知り、平和憲法を守るため出馬する」みたいな発言を聞いて、新たな興味を覚えた。

 

鳥越氏の「安倍政権と真っ向から対決する」というコメントに、現在国と対決中の翁長知事を髣髴とさせたからだ。

 

国政と地方自治体の分限を履き違えている点では、翁長知事と全く同じだ。 言い換えれば、国の専権事項を地方自治体の権限であるかのような勘違いだ。

 

後期高齢者で何度もガンの手術を受けた「病み上がり」の鳥越氏を何故都知事として担ぎ上げなければならないのか。

 

それほど、革新系は人物が枯渇しているのか。 鳥越氏の出馬に関しては疑問は尽きない。

 

それでも鳥越氏が優勢だという。

 

イギリスのEU離脱の国民投票を見て分かるように、多数決による民意は有権者のレベルに応じた民意を出す。 その伝で言えばテレビメディアが総出で「護憲」「反原発」「反安倍政権」を唱える鳥越氏に肩入れし、「ポピュリズム民意」で鳥越氏が当選するのを危ぐしていた。

 

冒頭の記事は、いま話題のスプリングセンテンスが鳥越氏に嚙みついたことに弁護団が警告書を出して、脅しをかけた状況だが、不思議なことに鳥越氏本人にの「否定の言葉」がひと言も聞こえてこない。 

 

巷で噂されているように、認知症の症状のため、本人ではまともに対応できないため、弁護団がガードをしているのかと疑わざるを得ない。

 

もし事実無根なら、本人の声できっぱりと否定した後、弁護士による法的処理に進むべきではないのか。

 

「だんまり」といえば、中国海軍の戦艦が尖閣近海を審判した際、翁長知事はひと言もコメントせず「だんまり」で逃げ切ったことが記憶に新しい。

 

                 ☆

 

鳥越氏「『病み上がり』は大変な差別」と小池氏攻撃(7/19日刊スポーツ)
 東京都知事選(31日投開票)候補のジャーナリスト鳥越俊太郎氏(76)と小池百合子元防衛相(64)が、テレビ生中継で激しい舌戦を繰り広げた。
 19日、同候補の増田寛也元総務相(64)とともにフジテレビ系バラエティー番組「バイキング」に出演。ともに質問を投げ掛けるコーナーで、鳥越氏が小池氏にかみ付いた。

 鳥越氏 小池さんは街頭演説の中で、「病み上がりの人を連れてきてどうするんだ」と言われましたか。
 小池氏 言ってないですね。
 鳥越氏 ここに証拠がある。日本テレビのニュース番組でテロップが入っている(テレビ番組の画像のコピーを見せる)。
 小池氏 でも、今、お元気になられてるじゃないですか。
 鳥越氏 こういうことをおっしゃったかどうか聞きたいんですよ。
 小池氏 記憶にないですよ。
 鳥越氏 まあ、実際にはテロップに出てますからね。
 小池氏 それは失礼しました。
 鳥越氏 これはガン・サバイバーに対する大変な差別ですよ。偏見ですよ。
 小池氏 もし言っていたならば、失礼なことを申しあげました。
 鳥越氏 失礼で済まされますか。僕に対する問題じゃない。ガン・サバイバーは何十万、何百万といるんですよ。そういう人たちに「1回がんになったら、あなたはもう何もできないんだ」と決めつけるのは…。
 小池氏 いや、そこまでは言ってないですよ。それを決めつけているのは鳥越さんでしょ。これが選挙なんですよ、坂上さん。
 司会の坂上忍 急に僕に振られましたね。
 鳥越氏 病み上がりというレッテルを人にはって、差別をする。ガン・サバイバーは何もできないというイメージを与える。
 小池氏 そこまで広げて言っておりません。大変お気遣いをしているわけです、鳥越さんに対して。
 鳥越氏 え?
 小池氏 これから長い(選挙戦の期間)がありますから。逆に言えば、そこの部分しかご質問はないんですか。
 鳥越氏 僕は別に何も思ってません。一般のガン・サバイバーがどう思っているか、僕は非常に…。
 小池氏 これからはがん検診も含めて、保険会社のコマーシャルじゃないですけど、ぜひ徹底してやっていきたい。
 この舌戦を見た坂上は「オレだったら、ちびっちゃう」と迫力に驚いた様子。小池氏は「これなんか政策論争のうちに入らない。政策論争の場を自ら放棄されるのは良くない」と鳥越氏を批判した。

 

                 ☆

小池氏が弁解するとおり、「病み上がり」なのはファクト(事実)だし、鳥越氏自身も「ガンを回復した」を売り物に立候補したことも事実である。

 

熱烈な鳥越ファンはともかく、普通の人なら、ステージ4の大腸がんなどを患った後期高齢者が、実際に体力や認知能力が都知事としての激務に耐えられるか疑問に思うのは当然である。

 

実際テレビでの発言を見ても不可解な言動が目に余る。

 

「小池氏が、1回でもガンになったら何もできないと言っている!」などと言ってもいない話まででっちあげて騒ぐのは認知症の症状(幻聴)ではないのか。

そもそも安倍首相が、かつて病気を理由に首相の職を辞したことを取り上げ散々罵倒したことを忘れてしまったのだろうか。

 

認知症による物忘れでないとしたら、とんでもないダブルスタンダードである。

 

都知事候補は、小池、増田両候補ともそれぞれ特色がある。

 

どちらが勝っても、少なくとも鳥越氏が都知事になるよりまだ数段ましだと思う今日この頃である。

 

【東京都知事選】鳥越俊太郎氏に「淫行」疑惑報道 報道陣の問いかけには答えず写真あり

 

鳥越俊太郎事務所、女子大生淫行疑惑を報じた週刊文春を刑事告訴

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊「強姦魔」発言市議、開き直る!議会での謝罪・撤回拒否!

2017-03-23 08:45:43 | 高江ヘリパッド

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

 

 

【緊急の御知らせ】

「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」を、朝鮮人批判とすり替えて、会場を貸さないよう電話しているツイートを発見↓。

会場に電話しました。
tel.0332162200

担当者はヘイトスピーチ規制法のことを知りませんでした。

「犯罪に手を貸すことになりますよ」と伝えました。他の方も是非警告の電話をお願いします。

 ※辛淑玉氏は二度の反論の機会を放棄しておきながら、妨害工作ということは,敵は焦っている証拠です。

 

今回の「国民会議」を是非成功させましょう。

 

2017.3.22 16:49

更新


自衛隊差別発言の石嶺香織・宮古島市議、当選後に月収制限超える県営団地に入居

 

北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」打ち上げに備え、宮古島分屯基地に設置されたPAC3=2012年4月(大西正純撮影)北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」打ち上げに備え、宮古島分屯基地に設置されたPAC3=2012年4月(大西正純撮影)
 

 沖縄県宮古島市の石嶺香織市議(36)がフェイスブック上で、「海兵隊から訓練を受けた陸上自衛隊が宮古島に来たら、米軍が来なくても絶対に婦女暴行事件が起こる」と発言し、市議会で辞職勧告が決議された問題で、石嶺氏が1月の市議補選後に市内にある県営団地に入居していたことが22日、分かった。

 市によると、市議の月収は約34万円。石嶺氏には1月と2月の給与として2月21日に税などを引いた約62万円が支給された。県営住宅の申し込み資格は、申し込み者と同居親族の所得を合計した月収額が15万8千円以下とされ、石嶺氏は当選前の平成27年度の所得に基づき入居が認められ、今年2月に入居した。

 仲介業者が市議の月収を確認し、資格より大幅に上回るため入居するか確認したところ、石嶺氏は「住む所がないので1年だけ入居させてほしい」と答えたという。

関連ニュース

                                           ☆

FBで「自衛隊は強姦魔」「軍隊は殺人鬼」と発言し、炎上・批判を受け謝罪して撤回した石嶺香織宮古島市議。 今度は入居制限以上の給与にもかかわらず、強引に入居していたことが発覚した。

>市によると、市議の月収は約34万円。石嶺氏には1月と2月の給与として2月21日に税などを引いた約62万円が支給された

ということは、当選後で金はある。県営でなくてもどこでも住める。

低所得者に譲るべいでは。

石嶺市議が入居ることで、他に必要とする世帯が入れなくなることに気がつかないのか。

 

昨日のエントリーで、同市議の発言を「市議である前に母親である」という根拠で肯定する支援者の意見を紹介し、公人と私人の区別も無いトンデモ発言として批判した。

今朝の沖縄タイムス左トップは「自衛隊は強姦魔」「軍隊は殺人鬼」発言の石嶺宮古島市議関連で、この見出しだ。

15人退席 一般質問させず

宮古島市議 FB投稿議員に

謝罪の要求「非常識」

識者評 島袋純琉球大学教授

与党会派議員団の平良隆会長は前日可決した石嶺市議に対する議員辞職勧告決議採決の際に、石嶺議員が「議員1人の思想信条に対し、他の議員が数の暴力で辞職勧告することは到底、議会制民主主義とはいえない」と弁明したことを問題視した。

一方、石嶺氏は「議会の場での発言ではなく、すでにFB上で謝罪している。 何度も謝罪を求めるのは嫌がらせではないのか」と主張。

「内容は訂正しない。 自分の考えはそのままで、それを撤回してひれ伏しなさいというのは全く理解できないと完全に開き直っている。

石嶺市議が開き直ったのは島袋純琉球大学教授ら御用識者の支離滅裂な支援が有ったからだろう。

島袋教授は、「当事者である自衛隊関係者に誤れば済む話で、議会がこの問題を取り上げるというのは、議会が自衛隊の代理をしているのと同じで非常識」等と述べている。

 

このトンデモ市議とトンデモ教授は2人でとんでもない発言をしていることに気がつかないのだろうか。

>議会の場での発言ではなく、すでにFB上で謝罪している。 何度も謝罪を求めるのは嫌がらせではないのか」と主張。

>「内容は訂正しない。」

それではFBで撤回・謝罪したのは市民を騙したことになるのか。

市議会という公的場で「『強姦魔』『殺人鬼』発言を訂正しない」といのなら、FBでは謝罪・撤回したが公式発言の議会の場では「訂正しない」で謝罪もしない」ということか。

>石嶺議員が「議員1人の思想信条に対し、他の議員が数の暴力で辞職勧告することは到底、議会制民主主義とはいえない」と弁明したことを問題視した

議会決議は多数決で可決される。しかも今回の辞職勧告は圧倒的多数決である。

議員なら尊重すべき多数決を「数の暴力」として否定するなら、石嶺氏自身が民主主義の否定をしているのではないか。

 そのトンデモ発言の石嶺市議を支援する島袋教授も、FB発言を議会で謝罪するのは非常識だという。

非常識は、このような人物が国立大学の教授で飯が食えることだ。

この島袋教授は「琉球独立論」県民を扇動しているが、氏の論拠は「沖縄独立」ではなく「琉球王国」に復帰するというトンデモ論だ。

島袋教授のトンデモ独立論は概略こうだ。

「独立していた琉球王国を目地政府が武力で侵略し、植民地にした」・・・これが琉球処分だとのこと。

武力による植民地化は国際法違反なので、琉球処分により沖縄県にしたのは無効だ、とのこと。

したがって島袋教授の「独立論」は「琉球王国への復帰論」ということになる。

眉に唾するのを忘れないように。

偶然だが、高江・辺野古の活動家の大部分が過激派といわれる極左暴力集団であるという政府答弁を引き出した山田宏参議員議員が「琉球処分」関連の国会質疑をしていたので、引用する。

 

2016年10月20日の外交防衛委員会における山田宏と外務大臣との質疑応答より

 

 

 

○山田(宏)委員

 

 そうですよね、こんなはずないと思うんです。こういううそを書いて人を集めるというのは本当に問題だと、こう思うんですけれども。
 もう時間も迫ってまいりましたので次の最後の質問にしたいと思いますけれども、私、沖縄の問題、沖縄がいつから日本の一部になっているのかということについて、この一点だけお聞きをしておきたいと思います。
 委員の皆様にお配りをした資料の中に、琉球新報の二年前、七月十一日の記事がございます。琉球処分は国際法上不正、外務省否定せずと、こういった記事なんですね。その隣に、琉球処分の不当性が明らかになった、これから沖縄の主権回復を追求する、自己決定権を要求していくと、こういった記事なんです。
 琉球処分、御案内のとおり、一八七九年に琉球藩を沖縄県にいたしました。廃藩置県によるものであります。その前に、一八七二年に琉球藩を明治政府は設定をして、その七年後に沖縄県の設置をしたわけです。
 この処分が実は国際法、不正、違法なんじゃないかと、こういったキャンペーンが行われているんです。そのキャンペーンを基に、沖縄の中の一部の勢力は、とにかく沖縄は琉球民族の国であり、とにかく自己決定権を保障されるべきだと、もっと言えば、主権を回復させるべきだ、もっと言えば、日本から離れて、琉球王国じゃないけど、一つの独立国になるべきだという主張まで存在をしているということなんです。
 それは、どんな意見でも構いませんよ。だけれども、この背景に中国がいるんじゃないかと考えておりまして、資料の二番目なんですが、この琉球新報の記事の一年前、二〇一三年五月十二日に人民網、これは何なのかというと、人民日報、中国共産党政府の公式の新聞です。この人民日報の日本版のいわゆるニュースですね。ここに社説を掲載しまして、中国は三つのステップで琉球再議を、再議、もう一度議論する、を始動すると。第一ステップは、琉球国の復活を支持する民間組織の設立を許可することを含め、琉球問題に関する民間の研究、議論を開放し、日本が琉球を不法占拠した歴史を世界に周知させる。第二ステップは、中国政府として正式に立場を変更して、琉球問題を国際的場で喚起するか否かを決定する。そして三番目は、日本が中国の台頭を破壊する急先鋒になった場合は、中国は実際の力を投じて沖縄地区に琉球国復活勢力を育成すべき、こういうことを述べているわけです。
 この翌年にこの琉球新報の記事なんですね。私は、何かこう、全く無関係とは思えないわけです。要するに、日本を分離する、アメリカから引き離すというのを、日本も二つに、沖縄と本土とを引き離す、こういった策謀がずっと続いてきているのではないかと思うんです。
 それに一石投じてしまったのが外務省の、日本政府の判断なんです。平成十八年十一月十日に鈴木宗男衆議院議員の文書質問に対する回答で、琉球がいつから日本の国になったのかというこういった趣旨の質問に対して、沖縄についてはいつから日本国の一部であるかということについて確定的なことを述べるのは困難でありますと、が、遅くとも明治初期の琉球藩の設置及びこれに続く沖縄県の設置のときには日本国の一部であったということが確かですと、こういうふうに言っているんです。こんなことでは駄目なんですよ。これだと、要するに、もう日本は、明治の初期は沖縄は日本の一部だったけど、その前は知りませんよと。そんなことを言い始めたら、もう中国の思う存分やられちゃう。
 でも、この問題は、実は、この琉球処分と言われる沖縄県の設置に対して、当時の清国が文句言ってきたわけです。これは独立国であって、そして中国に朝貢をしてきた国だと、こう言い張った。日本は、日本の一部だと言った。今と同じじゃないか。
 今と同じときに、寺島宗則という当時の外務大臣は、この沖縄というところはもう古来から日本であるということをいろんな資料を挙げて主張しているんですよ。それが皆さんにお配りした漢文の資料です。なかなか読めませんが、今ちょっと時間がないのでその訳文は申し上げませんけれども、ここまでしてちゃんと日本国政府の主張をしているんですね。もう天平時代から関係があって、しかも正式には徳川の時代になってから琉球が日本の一部になったと、はっきり、もう全て、文化から何からいろんな資料を出して言っているわけです。
 外務省はやっぱりここまで主張しなきゃ駄目なんですよ。明治の初期には遅くともなっていたけど、それまではどうか分かりませんなんて、こんなことを言っていたら、こういった中国の策謀をただ許すだけになってしまうと私は大変心配をしております。
 そこで、最後の御質問なんですけれども、外務省は、この国連の人権何とか委員会というところから、沖縄の琉球民族について、これをきちっと話し合うべきだという勧告に対して、いわゆる琉球民族、日本で民族というのはアイヌ民族だけで、琉球民族というものは認めていないと、そういうのはないという反応をしているんです。じゃ、そう言っているからには、やっぱり昔から日本だというふうにちゃんと言えなきゃおかしいと思うんですよ。やっぱり、寺島外務大臣のときと今とやっぱりつながるような、そういう外務省の見解をきちっとまとめてほしいと、こう思っているんですけれども、いかがでございましょうか。

 

○岸田国務大臣

 

 まず、委員の御指摘の中で、琉球処分につきましては様々な見解があるとは承知していますが、一般に、明治初期の琉球藩の設置及びこれに続く沖縄県の設置の過程を示す言葉として用いられている、このように承知をしています。
 そして、従来から申し上げているように、この沖縄県については遅くとも琉球藩の設置及びこれに続く沖縄県の設置のときには日本国の一部であったこと、少なくともこれは確かであるからして、したがってこれらの措置は法的には問題はなかった、これをまず認識をしております。
 そして、それ以外の委員の方の御指摘につきましては、御指摘をしっかり受け止めた上で、何ができるのか一度検討してみたいと考えます。

 

○山田(宏)委員

 

 照屋寛徳先生も文書質問を出されて、琉球国としては、江戸の末期にいろんな国々と条約を結んだんだから国としてそうなんじゃないかと言いますけれども、その条約を結ぶときには薩摩藩の人たちがみんないるんですね、そこに。ちゃんと薩摩藩の了解を得てやってくれと、こうやっているわけです。ですから何ら問題ないんですね。
 ですから、私はやはりそういったことも含めて、この寺島外務大臣の述べた、清国に対して述べたとうとうたる論拠を踏まえながら、もう一度外務省としての見解を整理していただきたいと改めてお願いを申し上げて、質問を終わりたいと思います。
 ありがとうございました。

 

関連ブログ⇒沖縄は日本の植民地ではない!2017-03-21

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動

2017-03-23 01:43:16 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

3月26日、27日有楽町の交通協会で開催予定の「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」に妨害工作の動きが有ります。

【緊急の御知らせ】

 

「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」を、朝鮮人批判とすり替えて、会場を貸さないよう電話しているツイートを発見↓。

 

会場に電話しました。
tel.0332162200

 

担当者はヘイトスピーチ規制法のことを知りませんでした。

「犯罪に手を貸すことになりますよ」と伝えました。他の方も是非警告の電話をお願いします。

 ※辛淑玉氏は二度の反論の機会を放棄しておきながら、妨害工作が有るということは相手が焦っている証拠です。

今回の「国民会議」を是非成功させましょう。

 

                                  ☆

 

【動画】 【DHC】3/22(水) ケントギルバート・我那覇真子・居島一平【虎ノ門ニュース】(1時間01分~ニュース女子について

 

 

「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動

2017.3.22 00:24

 

 警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

 米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた

 

 

【おまけ】

  • 29

百田尚樹氏「赤坂署から、DHCシアターに『虎ノ門ニュースは極左に目をつけられています。注意を』という連絡。一番目をつけられているのは私とのこと」

 
469: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 17:31:10.70 ID:???
百田尚樹 
赤坂署から、DHCシアターに、「『虎ノ門ニュース』は極左グループに目をつけられています。注意してください」という連絡があった。 
悲しいことに、一番目をつけられているのは百田尚樹氏とのこと…トホホ。
 
40

https://twitter.com/hyakutanaoki/status/844463343670886400



 
475: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 17:44:58.95 ID:???
>>469
あのスタジオはかなり無防備に見えるからちょっと心配だな。
観覧者に変なやつが混じりこんでいても判らんし。
番組側で安全対策が出来てるならいいけど。

479: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 17:49:01.68 ID:???
>>475
ギャラリーに活動家が居て、あの中を通るコメンテーターが・・・という事態もある。

もう性善説じゃ駄目なんだよ、悲しいけど。

481: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 17:52:05.92 ID:???
生放送のスタジオ前を動員されたブサヨが埋め尽くすとか今度あるのかね?

498: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 18:19:21.31 ID:???
ニュース女子以来、ゴミクズ左翼が焦ってるが所詮ゴミはゴミ
まだまだ序の口の序の口
気を抜いたらあかん、これからだ

499: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 18:19:34.53 ID:???
ポリコレに則って安全運転の青山は一番安全だろうな
有本あたりも安全
百田と井上・ケントあたりが一番やばいな。その次が上念か
あ~、これでまた井上が枕濡らしてるかもしれんな

504: てってーてき名無しさん 2017/03/22(水) 18:22:27.73 ID:???
>>499
そんな有名人を狙うようになったら末期
心配いらね
心配を煽って黙らせようとしてるのはいるだろうが

9: 名無しさん@おーぷん 2017/03/22(水)20:33:02 ID:qcr
今は被害が出ないと動かないんだっけ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/03/22(水)21:16:09 ID:1tf
注意しろと言われてもな、困るだろうな。
カスゴミは極左シンパみたいにテロ等準備罪に反対してて、
おそらく百田氏の味方をしないだろうし。
よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

引用元: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490179995/

引用元: http://potato.2ch.net/test/read.cgi/skyp/1490073195/

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

警察庁がお墨付き!「ニュース女子の内容は真実」、国会質疑で証言動

2017-03-22 14:50:06 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

読者からの【緊急の御知らせ】

「東京MXTV問題の本質:辛淑玉氏等在日朝鮮人による反日反米工作を糾弾する国民集会」を朝鮮人批判とすり替えて、会場を貸さないよう電話しているツイートを発見↓。

会場に電話しました。
tel.0332162200

主催者は違うイベント名で申し込んでいるそうです。

担当者はヘイトスピーチ規制法のことを知りませんでした。

「犯罪に手を貸すことになりますよ」と伝えました。他の方も是非警告の電話をお願いします。

 

【動画】 【DHC】3/22(水) ケントギルバート・我那覇真子・居島一平【虎ノ門ニュース】(1時間01分~ニュース女子について

 

ニュース女子」について、現在二つにの団体が検証中である。

一つ目の辛淑玉氏が申し立てをしたBPOは、当初「お互いに話し合え」とのことだったが、その後騒ぎが大きくなったので、特に問題が有る場合の「審理」ではなく、参考意見を述べる程度の「審議」をするとのこと。

次に当事者の東京MXテレビは数ヵ月後に放映するため現在検証中とのこと。

一方、BPOに申し立てをした辛淑玉氏は、二度も討論の場を与えられていながら、逃亡し国連のなんジャら機関に「人種差別」を訴えたという。

【騙されるな!】国連の人種差別(ヘイトスピーチ)について - 狼魔人日記

反論の機会を自ら逃亡し、国連あたりで見当違いの「ヘイト」なsどと喚いてみても、負け犬の遠吠えである。

元々NHKや民法各局が金を出し合って作ったガス抜き機関のBPOが、まともに意見を出すはずは無い。 後は、数ヵ月後の東京MXテレビの検証番組を待つしかない・・・、と思っていたら、国が高江で暴力行為を繰り返す極左暴力集団の実態を国会質疑で暴露した。 

東京MXテレビの検証番組を待つまでも無く、「ニュース女子」が放映した高江報道に対し、図らずも国がお墨付きを与える結果となった。

ということは、「高江の暴徒による乱暴狼藉」を、これまで「市民による抗議活動」などと報道してきた沖縄2紙の報道がフェイクニュースであることを警察庁が暴露したことになる。

さぁどうする沖縄2紙。

こうなりゃ、暴力革命で起して沖縄独立に突っ走るか。(爆)

「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動

産経新聞 3/22(水) 0:24配信

 警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

 米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

 9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた

                       ☆

 和田政宗参議院議員のブログより抜粋。
  • 2017年03月21日 12:52

沖縄の基地反対運動 外国籍の逮捕者が4人いることが明らかに

本日、参院沖縄及び北方問題に関する特別委員会に出席。

山田宏理事が、沖縄の基地反対運動で逮捕された者のうち外国人は何人いるかと質問。

基地反対運動においてここ2年で41人が逮捕されていることは先日の私の質疑で明らかになっていましたが、「41人中4人が外国籍の者」と警察庁の答弁。

4人はいずれも韓国籍とのことです。

沖縄の基地反対運動に外国籍の人物が入り込み、しかも逮捕されていることが公式に明らかになりました。

 
国会質疑で取り上げられたハングル文字の横断幕。
 
                            ☆
 
 

【国会動画】自民・山田宏議員、沖縄反基地運動の逮捕者について質疑「41人中4人が“外国籍”、いずれも『韓国籍』」と警察庁が公式答弁...のりこえねっと・親北派・極左にも言及

 
154 :以下、VIPがお送りします [] :2017/03/21(火) 18:09:53.22 ID:xrvoyStDp
我那覇真子@ganaha_masako

沖縄反基地運動逮捕者「41人中4人が外国籍の者」国籍は「大韓民国」と警察庁の答弁。
参議院議員山田宏先生が委員会で沖縄問題取り上げて下さいました!
沖縄及び北方問題に関する特別委員会
13:00〜
C7bcENiV4AAdPVq

@ganaha_masako

山田宏先生の答弁
辛淑玉氏についても触れられました。
今日のチャンネル桜「沖縄の声」でも取り上げます。
19:00〜youtube放送
実際の動画もご紹介しますので、どうぞご覧ください。

《神質疑 沖縄反基地活動と外国人活動家》山田宏(自由民主党・こころ)【国会中継 参議院 沖縄及び北方問題に関する特別委員会】平成29年3月21日
<iframe src="https://www.youtube.com/embed/EUoDp-PMczk" frameborder="0" width="560" height="315"></iframe>



624: 名無しさん@おーぷん 2017/03/21(火)19:50:38 ID:3Rq
和田 政宗認証済みアカウント @wadamasamune
沖縄北方特別委員会に出席。
先日の私の質疑で沖縄の基地反対運動で2年で41人の逮捕が明らかになったが、
山田宏理事が、そのうち外国人は何人かと質問。
「4人が外国籍の者」と警察庁の答弁。
4人はいずれも韓国籍。

沖縄の基地反対運動に外国籍の人物が入り込み、逮捕されていることが公式に明らかに

no title

https://twitter.com/wadamasamune/status/844033488206491648
「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動
産経新聞 3/22(水) 0:24配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000502-san-soci

 



126 :以下、VIPがお送りします [] :2017/03/21(火) 11:05:27.60 ID:Gs5F/jaoU
今日の国会、山田宏さんが素晴らしかったらしい
国会ウォッチャーの方々は、丸山穂高さんに集中?
質疑が探せない

杉山 仁‏ @hitoshisugichan
参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会
山田宏議員の質疑にて
反基地運動での逮捕者の中に韓国人4名が含まれていることを確認。
辛淑玉氏の発言や挺対協の関係についても言及。
午前10:32 · 2017年3月21日



128 :以下、VIPがお送りします [] :2017/03/21(火) 11:11:27.10 ID:J9DghBXd7
129 名前:右や左の名無し様 (ワッチョイ 53cb-6w5+)[sage] 投稿日:2017/03/21(火) 10:26:12.94 ID:7j4mLIYS0.net
山田宏@沖縄北方

基地反対派は極左暴力集団でオール沖縄でもなんでもない
逮捕者には外国人は含まれているのか by山田氏
4名含まれております by答弁
国籍は韓国であります by答弁
オール沖縄なのにハングルで書いてあるポスター、誰が読めるの by山田氏
しんすごの事も出てきた―、しかも例の講演のはなし by山田氏
公安調査庁の白書には過激派のことは書いてあるけど、韓国人の件も書いてくれ by山田氏
しんすごと挺隊協の関連にも言及、沖縄の反対運動の陰に挺隊協 by山田氏



 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします
コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

それでも軍隊は殺人鬼で強姦魔!沖縄タイムスの弁明

2017-03-22 08:45:33 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

今朝の沖縄タイムスは昨日の「狂暴罪」法案の閣議決定を受け、合計七面を使って大発狂。

沖縄2紙が狂乱するのも無理は無い。

「狂暴罪」が適用されたら沖縄2紙が「反権力のヒーロー」に仕立て上げた山城博治被告や辺野古で工事妨害をしている極左暴力集団らは「共謀罪」で、一網打尽だろう。

筆者はパソコンの変換ミスの常習犯だが、「共謀罪」に関しては「凶暴罪」「狂暴罪」など、的を射た変換ミスが笑わせてくれる。 「くるさりんどー山城」の顔と「凶暴罪」が重なり、笑った。

笑った勢いで、持病の喘息発作が出てしまった。(汗)

「共謀罪」法案を閣議決定=準備段階で処罰、対象犯罪

 

時事通信 3/21(火) 8:51配信

 政府は21日の閣議で、「共謀罪」の構成要件を改め、犯罪を計画・準備した段階で処罰可能にする「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を決定した。

内閣支持微減、51.3%=「共謀罪」提出に賛成6割超-時事世論調査

 「共謀罪」を盛り込んだ法案が過去3回廃案となった経緯を踏まえ、謀議だけでは犯罪にならないようにするなど要件を厳格化し、対象犯罪を277に絞り込んだ。今国会での成立を目指す。

 2003年に国会承認された国際組織犯罪防止条約を締結するための国内法整備で、政府は20年東京五輪・パラリンピック開催に向けたテロ対策と位置付けている。だが、野党は捜査権乱用の懸念があるとの立場で、今国会最大の対決法案となりそうだ。 

                                                           ☆

【図解・行政】「テロ等準備罪」対象犯罪の内訳(2017年3月)

 

「テロ等準備罪」対象犯罪の内訳

「共謀罪」法案を閣議決定=準備段階で処罰、対象犯罪277

※記事などの内容は2017年3月21日掲載時のものです

                        ☆

「共謀罪」については、容疑者と情報を共有し合っている沖縄2紙だって、逮捕の可能性が有るが、すくなくとも一般市民が巻き込まれる可能性は、通常犯罪に一般市民が巻き込まれるくらい極めて少ない。 

もっとも沖縄2紙が「市民」と報じる極左暴力集団(過激派)が巻き込まれるというより、容疑者になる可能性は高い。

■それでも軍隊は殺人鬼で強姦魔だ!

「それでも地球は回っている」と協会に異議を唱え、処罰されたガリレオ・ガリレイはあまりにも有名。

「それでも軍隊は殺人鬼で強姦魔」と持論を述べた宮古島の女ガリレオは、市議は辞任を拒否した。

 

石嶺市議に辞職勧告 FB投稿受け宮古島市議会 本人は拒否

 

琉球新報2017年3月21日 11:07

 

 

 

 【宮古島】宮古島市議会(棚原芳樹議長)は21日午前に開かれた3月定例会で、石嶺香織市議に対する辞職勧告決議を賛成多数(賛成20、反対3)で可決した。石嶺市議が9日に自身のフェイスブック上で、米海兵隊の訓練を受けた陸上自衛隊部隊が宮古島に配備されたら「絶対に婦女暴行事件が起こる」などと投稿し、削除した件を受けた。勧告に法的拘束力はない。同市議会で辞職勧告決議が可決されるのは初めて。

                                  
 決議では「投稿は自衛隊員、米海兵隊員に対する職業的差別であり、断じて許すことができない暴言と言わざるを得ず、市議会の品位を著しく傷つけるものだ」などとした。

 議場で弁明の機会が与えられた石嶺市議は、投稿は既に謝罪・撤回しているとした上で「私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」と述べた。【琉球新報電子版】

                       ☆

>私は市民が選んでくれた議員であると自覚している。決して議会が選んだ議員ではない。辞職勧告を拒否する」

この市議、とんだ勘違いをしている。

確かに彼女に投票した人は、自衛隊配備に反対した人が多かっただろう。

だが、反対の理由が自衛隊が来ると「絶対に婦女暴行が起きる」と信じ、軍隊は「殺人鬼」と信じる人が何人いたか。

少なくとも、市議選の争点は、「軍隊は殺人鬼」「自衛隊は強姦魔」の是非を問うものではなかったはずだ。

 

しかもこの市議、記者会見では不適切な表現だったと謝罪したものの、自分が侮辱した肝心の自衛隊員やその家族に対する直接の謝罪はなかった。

結局,石嶺市議は不適切な表現は謝罪したものの、「軍隊は殺人鬼」「自衛隊は強姦魔」という本音は不変だ。

 

 

ところが、本日の沖縄タイムスオピニオン面の「論壇」に石嶺香織市議の援護射撃の意見が載ったのには、言葉を失った。

『論壇』

斉藤美喜 (宮古島 59歳)

軍隊の本質検証が必要

宮古島市議に過剰な圧力

斉藤氏は文の前半で、石嶺市議の「強姦魔」発言、「殺人鬼」発言の顛末を縷々述べた後、次のように反論している。

しかし、考えてみたい。 市議と言う立場の前に、沖縄に住む女性として、離島の母親として、小さな島に800人の自衛隊が配備されることの肌感覚で恐怖と不安があるということを。また忘れてならないのは、戦時中宮古島で慰安婦が駐留することになり17ヶ所の「慰安所」が設置された歴史が有ることだ。 沖縄本島で繰り返される数々の婦女暴行事件、1995年の少女暴行事件、そして何よりも忘れられないのは昨年、屈辱の挙句に殺害された和解女性の事件。心に染み付いた軍隊への恐れが市議の「暴行事件は怒る」発言のもとになっている。基地問題の核心部分が性への暴力であることを、沖縄に住む私たちが見失うようなことがあってはならない。(略)その危機感をそのまま口に出してしまった市議を過剰に責め立て失職を迫るやり方は、弱者を封じ込めようとするものであり、危険だ。軍隊とはそもそもどのような集団なのか、一度私たちの歴史を振り返り、検証する必要がある

                 ☆

突っ込み所満載の反論だが、斎藤氏は、石嶺市議の首吊の足を引っ張るようなコメントである。

つまり、石嶺氏の「殺人鬼」発言も「強姦魔」発言も、市議である前の「沖縄に住む女性として、離島の母親として、」当然の発言、と開き直っている。

さらに、斎藤氏は石嶺市議のバッシングを「弱者を封じ込めようとするものであり、危険だ。」とも言う。

斎藤氏の致命的間違いは、市議になった石嶺しは市議会での発言権もある強者であり決して弱者ではないということ。

斎藤氏はあくまでも、「殺人鬼」発言「強姦魔」は軍隊の本質を考えると当然の発言として、援護している。

仮にそこまで信念を貫き通すなら、「議会に選ばれたわけではない」んどと、辞任を拒否せず、宮古市民が選んだ大多数の市議の決議に従って辞職し、再度「軍隊は殺人鬼」「自衛隊は強姦魔」を主張して補欠市議選に立候補し、信を問うべきだ。

そこで再選されたら、今度jこそ誰に遠慮も無く「軍隊は殺人鬼」「自衛隊は強姦魔」と主張することができる。

だが、その場合でも石嶺市議には、次のような問題が起きる。

日本国憲法に従がえば、自衛隊は軍隊でないとされている。

しかし石嶺市議は自衛隊を軍隊と看做している。

ならば、石嶺市議は憲法改正の先頭に建つべきだし、軍隊を有するほとんどの国を「殺人鬼や強姦魔を国費で養う卑劣な国」としてて世界を敵に回すことになる。

国連軍も敵になる。

石嶺市議を援護する斎藤氏を批判していて感じた。

アホクサ!

【おまけ】

no title

【関連記事】

【沖サヨ速報】宮古島市議がトンデモ発言「米軍の訓練を受けた自衛隊が来たら、絶対に婦女暴行事件が起る」⇒ 炎上し削除、釈明文掲載 ⇒ さらに炎上

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

                                   h

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄は日本の植民地ではない!

2017-03-21 09:14:28 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

次に引用するのは「正す会」が昨配信した「メルマガ第103号」の抜粋です。

たち「正す会」は東京MXテレビの検証とは別に、独自で日本の大手メディアが抱える各種のタブーに挑戦し、検証していきたいと考えています。 これまで日本の大手メディアは「朝鮮総連問題(北朝鮮=北朝鮮民主人民共和国)、部落問題、在日朝鮮人問題など多くのタブーを見て見ぬ振りをしてきました。 近年、大手メディアの朝鮮総連問題や部落問題へのタブー化は薄らいできた感がしますが「在日朝鮮人問題」については依然として喉に突き刺さった骨の状況にあります。

今回、辛氏は、公開討論の要請文に記載されていた次の文言を「人種差別問題」にすり替えたと思われます。

「貴女は、沖縄県を日本の植民地と言い、ありもしない沖縄ヘイトに論理をすり替えた。日本国民である我々沖縄県民が、”在日朝鮮人たる貴女”に愚弄される謂れがどこにあろうか。」

私たち「正す会」が人種差別に関わっていないことは言うまでもありません。 しかし辛淑玉氏が在日朝鮮人(韓国人)であり外国人であることは、紛れもないファクトです。

ファクトをファクトとして主張して何の問題があるのでしょう。

私たちは在日外国人である辛氏が我が国の国防問題や安全保障問題に関し抗議集団を扇動したり抗議団を沖縄に送り込んでいることを批判しているのです。 この際、一般の在日朝鮮人や韓国人を批判(差別)しているわけではありません。

私たちは図らずも大手メディアがタブーとしている「在日朝鮮人問題」に切り込んだのかもしれませんが、あくまでも私たちの本来の目的は「フェイクニュース」の是正であり、結果的にはフェイクニュースにより歪められているわが国の民主主義の回復です

                  ☆

沖縄県民「在日沖縄人」あるいは「在日琉球人」と呼称し、「沖縄は日本国に植民地にされた被害者」と扇動し、沖縄を祖国日本から分断しようと目論む勢力がある。

紛れもない日本人の沖縄県民としては、要らぬお節介でありこんな迷惑な話は無い。

現在沈黙を守っている辛淑玉氏の発言に、在日琉球人と共闘する在日朝鮮人の影を垣間見ることができる。

今回の辛氏をターゲットにした公開討論なども、その趣旨には賛同できるが「在日朝鮮人たる貴女」の文言が気になるという人も存在する。

理屈では理解できるが大手メディアが作り上げた「戦後民主主義の亡霊」に怯えているのだろう。

亡霊に怯える方は次の文言を胸に刻んでいただきたい。

≪私たち「正す会」が人種差別に関わっていないことは言うまでもありません。 しかし辛淑玉氏が在日朝鮮人(韓国人)であり外国人であることは、紛れもないファクトです。
ファクトをファクトとして主張して何の問題があるのでしょう。≫

 

保守系ブログのアクセスを増やそうと思うなら「嫌韓・嫌朝鮮」をテーマにすればよいといわれる。

ところが、当日記は「従軍慰安婦問題」以外で特に「嫌韓・嫌朝鮮」テーマにしたことは記憶に無い。 

そこで辛淑玉氏が当日記に登場する以前に「在日朝鮮人」を、どのように表現していたか。サルベージしてみた。

 

 

以下政府、月内に県提訴、琉球処分 2015-11-08 の引用である。

 

「琉球処分」を韓国併合と同じ視点で見ると沖縄差別論が噴出する。

だが、歴史学者で現在副知事である高良倉吉氏によると、明治政府が沖縄に対して差別政策をした例は皆無だという。

 

明治政府の近代化改革である明治維新を全国の各藩と同様に生真面目に「琉球藩」にも適用したのが「琉球処分」である。

 

したがって、韓国併合による朝鮮籍日本人と異なり、「沖縄県民」に対しては明治憲法も適用され 明治政府が全国で一斉に実施した廃藩置県の沖縄版である。

 

明治政府は大日本帝国憲法を制定して、法の下での平等を目指して身分制度を廃止した。

 

義務教育も全国一律に実施したため識字率も本土並みに引き上げられた。 

 

沖縄県民には朝鮮籍日本人に対するような教育や戸籍の差別存在せず、参政権も本土並みになった。

                     ☆

個々に見ればいずれの時代にも程度の差こそあれ差別は存在する。

年配の沖縄県民にはヤマトンチュウーに個人的に差別されたと恨み節を唸る人がいるかもしれない。

しかし歴史学者の高良倉吉氏によると、明治政府が沖縄に対して差別政策をした例は皆無だというのだ。

一方、琉球処分こそ明治政府が断行した差別政策と主張する学者もいる。

同じく以下は政府、月内に県提訴、琉球処分 2015-11-08 の引用である。

        ★

 

 

沖縄2紙が、「国対県民の戦い」と捏造報道するとき、しばしば登場する「琉球処分」という便利な言葉がある。

 5日付沖縄タイムスの第二社会面にこんな記事が・・・。

 権力誇示の「琉球処分」 宮城公子・沖大准教授

<辺野古に警視庁の機動隊投入は・・・政治が権力を誇示するための動きではないか。>

<政府が中国の脅威を叫び、安保法も新基地建設も必要だと言う人もいるが、それは日本を守るというより、沖縄が日本のために犠牲になってもいい、沖縄を差し出せという”琉球処分”にも見える。>

 

宮城先生にはお気の毒だが、安保法も「新基地建設」(実際は辺野古移設)も、中国の脅威を避けては語れない。

 

 

■ 「琉球処分Ⅲ」■

 

「琉球処分」も廃藩置県も日本各県が経験したという視点で見れば日本史流れのの中の共同体験だと言うことが出来る。

 

廃藩置県は全国諸藩の意志に関係なく、反対する藩があれば容赦なく武力で討つという明治政府の威圧の元に断行された。

 

その意味で言えば、確かに「琉球処分」は廃藩置県の一種だといえる。

 

明治維新の原動力となった薩長土肥の下級武士は出身藩の兵と資金でもって幕府を倒した。

 

それにも拘らず、倒幕から成立した明治政府によって倒幕を支援した藩そのものも潰され、更には武士の誇りも特権も経済基盤である禄高制さえ取り上げられ四民平等の「国民」に組み込まれた。

 

自分の資金と人材により幕府を倒し新政府を作ったら、その新政府が今度は自分の全ての権益を取り上げ更には解体を迫る。

 

倒幕派の藩主から見れば、歴史上これほどバカバカしい話はない。

 

現在の例えで言えば投げたブーメランに己が身を打ち砕かれたようなものだろう。

 

島津藩主久光が家来の西郷隆盛や大久保利通が突きつけた「廃藩置県」の断行に怒り狂った気持ちは一世紀以上の時を隔てても理解できる。

 

明治の群像を『飛ぶが如く』や『坂の上の雲』でみずみずしく描いた司馬遼太郎氏は、

 

「琉球処分」という言葉が多くの琉球史では一見琉球のみに加えられた明治政府の非道な暴力的措置のように書かれていることに疑念を投げかけている。

 

「(琉球処分と)同時代に、同原理でおこなわれた本土における廃藩置県の実情については普通触れられてはいない。 つまり、本土との共同体験としては書かれていない。」(「街道をゆく 6」)

 

琉球が特殊な歴史・文化を持っていることは認めても、「琉球処分」はウチナーンビケン(沖縄独特)ではないという。

 

日本史の明治国家成立の過程で見られる普遍的な歴史的現象だというのである。

 

琉球の場合は、歴史的にも経済的にも、本土の諸藩とはちがっている。 更には日清両属という外交上の特殊関係もあって、琉球処分はより深刻であったかも知れないが、しかし事態を廃藩置県とという行政措置にかぎっていえば、その深刻のどあいは本土の諸藩にくらべ、途方もない差があったとはいえないように思える。」(「街道をゆく」⑥27頁)

 

しかし、このように「琉球処分」を琉球独自の歴史ではなく日本史の中の明治維新の一過程と捉える司馬氏の歴史観には沖縄の左翼歴史家は猛然と反発するだろう。

 

その例が先日取り上げた某大学講師の、

 

琉球は日本ではないのだから、琉球処分は明治維新の国造りの過程ではなく、海外侵略である」という論である。

 

その論に従うと「琉球処分」は無効だという。

 

煩雑を承知で、その無効論を再引用する。

 

<「人道に対する罪を構成」

 

戦争法規の適用

 

では、日本による琉球統治は正当だったのか。 日本が琉球の領土支配正当化するためには、日本が琉球を実行支配してきたか、もしくは琉球人に日本人としての帰属意識があることを証明する必要がある。

 

紙幅の関係上結論を先に述べると、日本による琉球の日本の領土編入は、国際法上の主体である琉球の意志を無視した、明治政府による暴力的で一方的な併合であり、国際法上大きな疑義があるということである。(上村英明『先住民族の「近代史」』>(琉球新報 1月15日)

 

このような論が当時から沖縄に存在するのを司馬氏は先刻ご承知のようで、自分で表立って反論せずに沖縄民俗学の大家・比嘉春潮氏の著書からの引用でやんわりと対処している。

 

<何にしても、私は10年ばかり前では、沖縄と本土とが歴史を共有しはじめた最初は廃藩置県からだ、とばかり思っていた。 しかし、そのことはすこしのんきすぎたようでもある。 ホテルの部屋にもどって~ベッドの上に寝転がっていたが、このことを考えはじめると、眠れそうにない。 
雑誌「太陽」の1970年9月号に、比嘉春潮氏が「沖縄のこころ」という、いい文章を寄せておられる。

 

≪沖縄諸島に日本民族が姿をあらわしたのは、とおく縄文式文化の昔であった。 このころ、来た九州を中心に東と南に向かって、かなり大きな民族移住の波が起こった。 その波は南九州の沿岸に住む、主として漁労民族を刺激して、南の島々に移動せしめたと考えられる。 この移動は長い年月の間に、幾度となくくりかえされた。 そしてここに、言語、習俗を日本本土のそれと共通する日本民族の1支族ー沖縄民族が誕生する。≫  

 

沖縄人の由来について、これほど簡潔に性格に述べられた文章はまれといっていい。 さらに「沖縄民族」という言葉については、氏はその著『新稿沖縄の歴史(三一書房)の自序において、「フォルクとしての沖縄民族は嘗て存在したが、今日沖縄人はナチオンとしての日本民族の1部であり、これとは別に沖縄民族というものがあるわけではない」と、書いておられる。

 

日本民族の中における沖縄人の巨視的関係位置はこの優れた民族学者のみじかい文章で尽くされているわけで、いまさら私が、那覇の町で思いわずらうこともなさそうである。
しかし、という以下のことを書く前に、1氏族が1社会を構成する前に歴史の共有ということが大きい、ということを、つい思わざるをえない。 日本の本島のなかでも、歴史をすみずみまで共有したのは、さほどの過去ではない。 例えば奥州の青森・岩手の両県が九州の五島列島とおなじ歴史の共同体験をするという時代は、秀吉の天下統一からである。(略) 豊臣政権下で大名になった五島氏は、明治4年の廃藩置県で島を去り、東京に移された。 旧藩主を太政官のおひざもとの東京に定住させるというのは、このとうじの方針で、薩摩の島津氏の当主忠義も、長州の毛利氏の当主も東京にいわば体よく長期禁足されていて、丘陵地に帰ることを許されていない。 このことは最後の琉球王尚泰においても同じである。>(「街道をゆく 6」)

 

 

 

大きな流れで言えば沖縄民族は日本民族の支流である、の一言で某大学講師の「琉球処分=違法な植民地侵略」論を粉砕している。

 

それでも司馬遼太郎氏は「共同体験をしたから結構だといっているのではない」と断り書きを入れて、

 

琉球藩が廃藩置県以前、250年にわったて薩摩藩から受けた「痛烈な非搾取の歴史」を述べて日本史上他の藩と異なる特殊性を完全に無視はしていない。

 

司馬氏は「司馬史観」と呼ばれるリアリズムを歴史小説のバックボーンにしており、

 

封建制国家を一夜にして合理的な近代国家に作り替えた明治維新を高く評価する。

 

その歴史観によれば「琉球処分」も日本が近代国家建設のため中央集権国家を作っていく合理主義つまりリアリズムの産物であり、肯定的な見方をしている。

 

DNA解析のない時代に碩学の比嘉俊春潮氏は、「沖縄人は言語、習俗を日本本土のそれと共通する日本民族の一支族、」と喝破していた。

 

では最新科学のDNA検査は沖縄人の人種的解析にどのような結論をだしていたか。(※注1)

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ほとんどの刑事事犯は外形的事実で判断する

2017-03-21 00:17:02 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

琉球新報のトンデモ社説によると、山城被告の罪状は微罪であり、有刺鉄線を切る、ゲート前にブロックを積むなどの外形的事実のみに着目して起訴事実を認定しているという。

 

その結果外形的事実のみでは「表現の自由」に基づく市民の抗議行動をも萎縮させることになりかねないとのこと。

 

だが、ほとんどの刑事事件は、事件の外形的事実で判断する。 刑事事件が専門の刑事といえども、容疑者が「殺す」と内心で思っただけでは逮捕できないからだ。 そこで殺人という外形的事実が有れば逮捕に踏み切る。 ただ、保険金詐欺のような詐欺事犯の場合は、外形的事実を疑う場合もある。

 

山城被告は暴力犯であり、詐欺事犯ではない。

 

ならば山城被告の外形的事実に着目するのは犯罪捜査ののイロハではないのか。

 

【おまけ】

 

【衝撃】琉球新報社説、一線を越える

 

 

 

1: Ψ 2017/03/18(土) 10:59:37.81 ID:ght9BH6p
 有刺鉄線を切る、ゲート前にブロックを積むなどの外形的事実のみに着目して起訴事実を認定しては「表現の自由」に基づく市民の抗議行動をも萎縮させることになりかねない。

26

リンク先全文参照
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-462932.html


 
5: Ψ 2017/03/18(土) 11:02:54.07 ID:XlXPU5jb
こりゃ酷い社説だなww

6: Ψ 2017/03/18(土) 11:03:29.55 ID:jUPiw82c
マジ基地

10: Ψ 2017/03/18(土) 11:10:55.04 ID:1YtJr9AM
新聞の社説?だよな?
有刺鉄線を切る
ゲート前にブロックを積む等の行為が「表現の自由」とはw
だったら反基地活動家等の挑発に
「土人が」とつぶやいた事こそ「表現の自由」であろう
こうした自分たちが行うことは正当、
当局が行うことは不当とする態度がダブルスタンダードだというのだよ

25: Ψ 2017/03/18(土) 11:55:29.78 ID:tHkw3yA8
流石に犯罪行為を擁護すんなやと

38: Ψ 2017/03/19(日) 00:49:41.77 ID:mdEaQzWC
1400個だか1600個は軽微じゃないわ

12: Ψ 2017/03/18(土) 11:16:57.40 ID:NZKKuupc
どう見てもただのアジビラ

27: Ψ 2017/03/18(土) 12:00:27.45 ID:w3+R7vGE
中学生でも納得しないだろうwwww

14: Ψ 2017/03/18(土) 11:20:03.36 ID:fRN1gUp2
ヘイトスピーチは犯罪でも破壊活動は表現の自由。沖縄は無法地帯だな。

18: Ψ 2017/03/18(土) 11:29:53.04 ID:/eoUuRrg
朝鮮日報新聞よりひどいな。

19: Ψ 2017/03/18(土) 11:30:40.75 ID:31ExtU8S
沖縄の新聞はすげえなほんと
朝日よりすげえ
まじすげえっす

20: Ψ 2017/03/18(土) 11:33:01.56 ID:bjimTUkL
琉球新報の社説かよー。まあその方向にドンドン進め。

21: Ψ 2017/03/18(土) 11:33:31.58 ID:SHE/mzdh
アホすぎるwwwww

7: Ψ 2017/03/18(土) 11:04:50.69 ID:nvN5Ab8o
なんか、朝鮮人みたいな屁理屈だな。
いや、朝鮮人でも遠慮するかもしれない解釈。

沖縄の基地問題には同情しているんだけどね。

24: Ψ 2017/03/18(土) 11:49:57.99 ID:eQTm0Sz1
そのうちになぜか慰安婦像が乱立するんだろ。

33: Ψ 2017/03/18(土) 13:12:21.82 ID:SHE/mzdh
>>24
反基地活動のために米軍基地前に慰安婦像を設置するのは表現の自由!!

……うん、ワケわからんなwww

26: Ψ 2017/03/18(土) 11:58:15.15 ID:JdPkyii7
表現の自由に配慮しろって犯罪を許容しろって言ってんのか?
狂ってんだろこの新聞社
 

引用元: http://carpenter.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1489802377/



*なんで「手段を改めよう」の一言が言えないのか。犯罪を煽っているとしか思えない。
もはや韓国と同等かそれ以下だ。


【関連記事】

【琉球新報/社説】対立した見解は双方の取材が報道のイロハ。悪意を持って確信犯的に放送、報道機関の一線越えた

 

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒロジは第二のカメジローか?

2017-03-20 07:17:12 | マスコミ批判

 

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

 

 

昨日のエントリーのタイトルを「暴徒の保釈で発狂する沖縄2紙」と書いたら、大きな反響があった。

当日記が繰り返し書いている「犯罪者を英雄に仕立て上げる沖縄2紙」の実際の報道をを目の当たりにしたからだ。

「反権力のカリスマ」としてマスコミが作り上げた虚像の筆頭に瀬長亀次郎氏が挙げられる。

最近では「反権力のカリスマ」として翁長知事が「オール沖縄」の支援を受けて知事の座を得た。

だが、「あらゆる手段で辺野古阻止」とは言うものの、何一つ具体策を示すことが出来ず、知事としての賞味期限が囁かれだした。

昨年の最高裁での県の敗訴以後、反基地闘争の手法で、山城被告人に代表される社民党系と、翁長知事に代表される共産党系支援者の分裂を来たし、浦添市長選、宮古島市長と昨年の宜野湾市長選を含むと3連敗をした。

この頃から、沖縄2紙の紙面に登場する「反権力のヒーロー」は口だけ番長の翁長知事から実力行使の山城被告人に代わりつつあった。

 当日記も下記のような、「山城賛歌」をからかい半分で書いた。

「ヒーローへのラブレター」、沖縄平和運動センター議長 保釈また認められず

「ヒーローの声を聴きたい!」琉球新報の博治賛歌

 【聖者誕生】教祖山城博治、沖縄タイムス「手紙形式の社説を思いた」...3つの罪で逮捕起訴された基地反対派リーダーに社説でお手紙『博治さんへ...』

まさかと思っていたが、沖縄2紙が「反権力のカリスマ」として山城被告人を、瀬長亀次郎氏の後継者に仕立て上げようと目論んでいるのを下記の記事で感じ取った。

まさかとは思うが、来年の知事選で「オール沖縄」が支援する切り札は、山城博治被告人なのか。

山城被告人の保釈を喜ぶ支援者と約半世紀前、「反権力のカリスマ」瀬長の出所を祝う支援者の姿が重なって見える。

 

 
瀬長の出所を祝う支援者

 

阿部岳記者の視点[山城議長保釈]抵抗 県民の願い代弁

 瀬長亀次郎氏が出て来た時もこうだったのだろうか。18日、那覇拘置支所前の群衆の中で、1956年の光景を想像した。

山城博治議長

 瀬長氏は復帰前、絶対権力だった米軍と闘い、微罪で1年半投獄された。当時の沖縄刑務所は今の拘置支所のすぐ近く。出所した時、門の外にはやはり多くの市民がいた。笑顔で右手を高く挙げ、応える写真が残っている。

 山城博治議長の場合はどうか。市民が歌い出した。山城議長はカチャーシーを舞い始め、輪が広がった。

 それは辺野古や高江で山城議長が育ててきた運動の形だった。機動隊と激しく衝突する一方、歌や踊りを取り入れ、なるべく幅広い層が来られるように心掛けてきた。

 形は、山城議長が不在の5カ月間も引き継がれた。政府はリーダーを現場から引きはがして打撃を与えることには成功したが、市民はしぶとく抵抗を続けた。

 18日歌われた「今こそ立ち上がろう」は山城議長の作詞。「沖縄の未来(みち)は沖縄が拓(ひら)く」と始まる。歌も闘いも、県民の最低限の願いを代弁している。

 瀬長氏は「弾圧は抵抗を呼ぶ。抵抗は友を呼ぶ」という言葉を残した。その通り、瀬長氏の投獄は逆に市民の怒りに火を付け、米軍はついに沖縄占領を続けることを断念した。

(北部報道部・阿部岳)

勾留ありきの検察立証 森川恭剛教授琉球大(刑法)

 保釈は当然だ。人質に取られたままでは弁護人も裁判を争うこと自体が難しく、無罪を主張するほど勾留が長期化しないか不安だった。検察官の有罪立証に対する防御権がやっと保証された形だ。遅きに失したが、勾留の必要がないことを、裁判官が初公判でやっと理解できたということだ。勾留理由の「罪証隠滅の恐れ」は、単なる言い掛かりで職権乱用と言える。

 しかし、被告人であることから解放されたわけではない。行動の自由が制約され、キャンプ・シュワブのゲート前に立つことも禁じられているだろう。関連する集会参加などにも影響が及ぶかは不明だが、共犯とされる男性など、会える人物にも制限があるだろう。

 初公判を傍聴したが、検察の立証は勾留ありきで、時間稼ぎの人権侵害裁判だ。証拠のビデオ映像は公訴事実前のシーンに終始した。本気で有罪にしたいのか、とあきれる展開だった。検察官は直ちに起訴を取り消し、裁判所は訴訟手続きを打ち切るべきだ。(談)

                 ☆

>瀬長氏は「弾圧は抵抗を呼ぶ。抵抗は友を呼ぶ」という言葉を残した。その通り、

 まるで、沖縄のガンジーを髣髴させる瀬長賛歌だ

だが瀬長氏は当時非合法であった共産党員であることを隠し、那覇市長に当選した。 また犯人隠避の罪状で投獄されている。

結局、瀬長氏は米軍の財政援助なくしては市の公共事業が成り立たないのを承知で米軍に反抗し、米軍が株主の琉球銀行からの融資を凍結され、辞任に追い込まれることになる。 現在の那覇市の泉崎橋が工事途中のまま長期間放置され、那覇中学や上ノ山中学に通学する生徒が大迷惑したことを昨日のことのように思い出す。

沖縄の歴史は沖縄の歪曲した新聞記事が創作するといわれる。

一旦活字化された記事は、記事が一次資料として看做される。

そして沖縄の歴史として刻まれる。

>瀬長氏の投獄は逆に市民の怒りに火を付け、米軍はついに沖縄占領を続けることを断念した。

この文言を見ると、米軍が沖縄占領を断念した理由が瀬長氏の「米軍への抵抗」であるかのような錯覚を与える。

デタラメな記事で沖縄の歴史を改竄するのは止めにしてほしい。

【追記】

 以下過去記事の引用である。

瀬長亀次郎と稲嶺進 2011-01-21

稲嶺名護市長の「反米軍基地」のかっこいい訓示を聞いて、米軍統治下で那覇市長を務めた瀬長亀次郎氏のことを連想する。

瀬長は、共産党が禁止されていた米軍統治下の沖縄で、日本共産党やコミンテルンの支援を受けていることを隠して、地域政党の沖縄人民党の所属で1956年、那覇市長選に出馬し当選を果たす。 だが瀬長市が事実上の共産党員であり、沖縄人民党が米軍の目を欺く仮の姿であることは支配者の米軍は勿論当時の沖縄住民の「知る人ぞ知る事実」であった。 では瀬長市を市長に選んだ那覇市民のほとんどが共産党にかぶれていたかというと、勿論そうではなかった。 瀬長氏の演説が巧みなのは他を圧しており、方言交じりの「ウチナー大和口」は、小難しい政治の話には縁遠いおじー、おばーでも何かひきつけるものがあった。 特に方言で訴える「アメリカの悪口」を聞いた那覇市民が日ごろの米軍への鬱憤晴らしをし、米軍に睨まれている瀬長氏に判官びいきで投票したものと考えられた。 筆者の父などは「下手な沖縄芝居を見るよりカメジローの演説を聴いたほうがよっぽど風刺が効いて面白い」といってよく演説を聞きにいったものである。  

瀬長氏を隠れ共産党と看做し蛇蝎のように嫌っていた米軍側は、瀬長氏が那覇市長に当選して穏やかに済ますわけには行かない。 当時、米本国から沖縄視察に来沖した米高官を空港に迎えにいった琉球政府の副主席が、タラップを降りた米高官に歓迎の握手を求めた。 ところがその高官、「おー!セナガ?」と驚愕の色を浮かべて握手を拒否したという。 当時の副主席は瀬長浩氏で、瀬長は瀬長でも瀬長違いだと後でわかって大笑いしたという逸話が残っているくらい瀬長氏は米軍に嫌われていた。

瀬長市長に対する米軍側の対抗処置は露骨であった。 米軍出資比率が51%の琉球銀行による那覇市への補助金と融資を打ち切ったのだ。 そのため瀬長市政は運営の危機に見舞われるが、市民は自主的な納税によって瀬長を助けようとした。瀬長氏が当選する前の納税率が77%だったのに対し当選後は86%にものぼった。そのおかげで一時の急場はなんとかしのいだが、全てを米軍の援助でまかなってきた市政が自主財源で運営できるはずも無く、継続中の道路工事や架橋工事がそのまま放置された状況に陥り、瀬長市長は一年足らずの短命で辞任に追い込まれることになる。 瀬長氏は以後、反米軍のシンボルとして、左右を問わず沖縄政界の人気者になり、沖縄初の国政参加選挙でn衆議院議員に当選する。 そして1972年の沖縄返還後は「隠れ共産党」の仮面を剥いで日本共産党に所属し、共産党副委員長などを歴任する。 ちなみに保守論客の小林よしのり氏は、著書『沖縄論』の中で「隠れ共産党員」である極左政治家・瀬長氏のことを極端に英雄化した「亀次郎の戦い」を掲載している。  筆者の感想としては小林氏の過剰な沖縄への思い入れが、瀬長氏を偶像化し過ぎてしまったきらいがある。

脱線が長びいたが、瀬長氏の経験した米軍統治下の那覇市政と現在の稲嶺氏の名護市政を同じ視点で論じるわけには行かないが、「米軍関連の補助金」を拒否して、市民の納税に頼って自立を試みる市政は良く似ていると思う。

そうそう、瀬長市政の頓挫で想いだすのは、現在の那覇市役所から国道58号に抜ける道と国道に架かる泉崎橋が工事途中で長い間放置され、交通の障害になっていたことが当時中学生だった筆者の記憶に「露骨な米軍の圧力」として鮮明にに残っている。

今も昔も政治に理想は不可欠である。 だが、理想だけで現実を見誤るとそのツケは大きな負担となって有権者に降りかかってくる。

現在の民主党政治の体たらくが生きた見本であるが、果たして稲嶺名護市長の理想はどうなるのか。 瀬長市政とは時代が違うとはいえ、米軍関連の援助を拒否して自立市政を目指すのは理想としては同じもの。 くれぐれも名護市が、瀬長市政の轍を踏まないことを望みたいものである

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加