狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

地雷炸裂!翁長知事那覇軍港の浦添移設「容認」

2016-12-10 07:18:32 | 高江ヘリパッド

 お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■御知らせ■

美しい日本の憲法を作る

【憲法公開学習会 IN 琉球大学】

トランプ大統領が1月に誕生します。

世界は変わって、日米安保も見直される可能性出てきました。

中国が沖縄の領有権を主張してますが、この沖縄を守るためには、国防の強化を勉強する必要あります。

その要である、憲法を勉強しましょう!

 百田尚樹らの憲法ビデオも上映予定です。

 参加費無料です。ぜひ誰でもおいでください!!!! 

●日時  2016年12月14日 19:00 - 21:00

●場所  琉球大学工学部 1号館3F 322教室  地図

●会費  無料

●主催  ファイヤー和田 知久 琉球大学 工学部 情報工学科 教授
(兼)琉球大学 評議員、工学部 副学部長
〒903-0213 沖縄県西原町千原1番地

E-mail: wada@ie.u-ryukyu.ac.jp

FaceBookPage
https://www.facebook.com/events/196474700759769/

 http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~wada/Welcome.html

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします
 
 

 

翁長知事にとって、爆発したら命取りになりかねない地雷が次々と、翁長県政を脅かしている。

高江米軍ヘリパッドの事実上の容認を県議会で追及され、「容認ではない。苦渋の選択だ」などと苦し紛れの釈明をしているが、説得力はない。

何よりの「民意は自分らが作る」と豪語する沖縄2紙の逆鱗に触れてしまった以上、「容認」は文字通り容認であり、すくなくとも反対ではない。

絶体絶命の翁長知事だが、昨日の県議会で那覇市長時代からの懸案である那覇軍港の浦添沖移設を容認してしまった。

ついに那覇軍港の浦添移転に対し、「容認」という地雷を踏んでしまった。

この「容認」が来年2月の浦添市長選どのような影響を及ぼすか。

浦添沖には軍施設はない。 

したがって那覇軍港の浦添沖移転は、「普天間移設」を「新基地建設」と言い変えた翁長知事にとって「新基地建設」そのものである。

さぁ、今度の「容認」は「苦渋の選択」は使えない。

そこで「断腸の思いの決断」とでもするつもりか。

本日の「沖縄タイムスの関連見出しを紹介しよう。

■一面トップ

軍港の浦添移設容認

知事「地元意向」理由

新基地に当たらずと認識

 

■二面トップ

軍港移設容認

知事 辺野古と温度差

自民 革新分断へ照準

■三面トップ

新基地建設 国と対決

翁知事就任2年

県上告 最高裁判断に注目

■社会面トップ

知事移設容認に賛否

経済発展につながる/イノー保全最優先

那覇軍港 機能強化の懸念も

QABテレビ 2016年12月9日 18時31分

県議会 知事を野党が追及

 

県議会 知事を野党が追及

県議会では北部訓練場や辺野古の陸上工事を巡り、野党から厳しい追及が相次ぎました。

9日の県議会では11月、自民党県連の会長に就任した照屋県議が質問に立ち、県が、辺野古の陸上部分にある隊舎2棟の工事再開を認めたことについて「新基地建設に反対する知事の公約に反するのでは」と指摘しました。

これについて県は、新基地建設にかかわる工事区域の外との認識を示し、翁長知事の公約違反を否定しました。

また北部訓練場でのヘリパッド建設に関する知事の発言についても、公約違反ではないかと質しましたが、知事は否定しました。

那覇軍港の浦添移設、知事「認めることになる」

琉球新報 2016年12月9日 18:12

 
那覇軍港の浦添移設のこれまでの経緯から「認めることになると思う」と述べる翁長雄志知事=9日午後4時半すぎ、県議会

 翁長雄志知事は9日、県議会11月定例会の一般質問で那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設について、これまで明確にしていなかった県の姿勢について「認めることになると思う」と述べた。翁長知事は那覇市長時代は軍港の浦添移設を認める立場だったが、知事就任以降は明らかにしていなかった。

 翁長知事は、2003年の第4回那覇港湾施設移設に関する協議会で、防衛施設庁(当時)から施設面積が縮小された那覇軍港の代替施設の位置と形状案が示された中で、県と那覇市、浦添市が了承したことが書かれた資料を読み上げた。その上で「この資料が出てきたので認めるということになる」との考えを示した。
【琉球新報電子版】

                      ☆

>翁長知事は那覇市長時代は軍港の浦添移設を認める立場だったが、知事就任以降は明らかにしていなかった。

翁長知事は、最近では那覇軍港の浦添移設に対して賛否の態度を明確にしてこなかった。

浦添移設に関しては那覇市長当時、賛成していたので、公約違反に当たらないとしても、逆に公約違反の「浦添移設賛成」を封印したまま知事選に立候補し当選したが、就任2年目にして古傷が疼いてきたということだ。

知事は容認の理由として「地元の意向」と「釈明しているが、辺野古住民は移設に賛成だし、東村、国頭村の両村長はヘリパッド建設を容認しているので、矛盾が生じてくる。

また翁知事が「地元の意向」と言うが、当事者の松本哲司浦添市長は、浦添移設をどのように考えているのか。

松本哲治氏は、2013年2月10日の浦添市長選挙で現職の儀間光男市長や翁長那覇市長のロボット西原廣美氏ら2候補との激戦を制し初当選した。(松本:19,717票、西原:16,997票、儀間:15,501票)。投票率は63.30%である)

2013年の市長選においては、日米政府が決めた米軍の那覇軍港の浦添市沖への移設問題が大きな争点となった。

松本は「受け入れ反対」を公約に掲げて当選した。

■現実主義者松本市長の「公約違反」の経緯

しかし、政治的には素人だが現実主義者の松本市長は、実現不可能な「移設反対」を「よぷにん」に変更し、沖縄2紙に尾「公約違反」の謗りを受けることになる。

2015年(平成27年)4月20日、公約を撤回し「移設を受け入れる」と発表した。

同年4月23日、菅官房長官と首相官邸で会談し、西海岸開発を含む浦添市案への協力を要請。

5月11日、浦添市議会の野党市議は、松本に対する不信任決議案を提出する方針を固め、臨時議会の招集請求書を議長に提出。不信任決議案では「学校給食費の無料化」など松本が掲げた公約の多くが実現されてないことが指摘された

5月25日に開かれた臨時議会で不信任案は賛成少数で否決された。

 

沖縄問題に詳しい評論家の篠原章氏はこの問題について、「翁長雄志(沖縄県知事)の政治的策動の犠牲者」であると明かしている。

 

松本市長に当選の背景には、このが常にあった。

2013年の浦添市長選では松本氏と翁長那覇市長(現知事)は「那覇軍港の浦添移設問題」について、それぞれ「反対」と「容認」と対立関係にあった。

ところが来年2月の浦添市長選で、現実路線で「浦添移設」を「容認」する松本市長と、「新基地建設」で矛盾が暴露した翁長知事が支援する候補との同じ「容認」同士の対決が予想される。

実行不可能な「移設反対」を変更し、浦添市の経済発展を見据えて「容認」の現実主義者か、それとも「新基地反対」の矛盾を突かれ、意味不明発言を連発する翁長知事の推す候補か。

沖縄2紙が翁長知事に見切りをつけ始めた現状で、県民軍配はどちらに上がるか。

楽しみである。

続く

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

県が準備開始、辺野古訴訟の敗訴を想定、各種手続き「法令に基づき審査」 沖縄県議会で知事公室長

2016-12-09 18:14:46 | 高江ヘリパッド

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■公開対談の御知らせ■

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

沖縄タイムス+プラス ニュース

 謝花喜一郎知事公室長は9日、沖縄県議会11月定例会の一般質問で、名護市辺野古の新基地建設を巡る違法確認訴訟で最高裁が県側敗訴の判決を言い渡した場合、新基地を建設するため国からの各種手続き申請が想定されると説明。「法令に基づき適正に審査する。それは何ら問題ないと考える」と述べた。新垣新氏(沖縄・自民)に答えた。

                    ☆

第一審での全面敗訴を受け、県が上告中の辺野古違法確認訴訟は99%逆転勝訴は不可能と沖縄タイムス自身が承知している。

県議会でも、自民党の新垣新氏が敗訴の場合の国との各種手続きの発生について質問し、謝花知事公室長が「法令に基づき適正に審査する」と答弁している。

なんとも当たり前過ぎて間の抜けた答弁である。

法治国家の一員である沖縄県が最高裁で敗訴が確定したら法令に基づき対処するのは県議会でわざわざ答弁するまでもない。

沖縄タイムスの間抜けな記事に対し、産経新聞は県が高裁で全面敗訴を喫した時点で、既に最高裁の敗訴判決を想定の上、県の敗訴確定の場合生じる損害賠償問題について報じている。

産経新聞 2016.10.14 01:36更新

沖縄県が損害賠償対応を検討 辺野古訴訟敗訴を受け

記者の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=13日午後、沖縄県庁記者の質問に答える沖縄県の翁長雄志知事=13日午後、沖縄県庁
 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設をめぐる国との訴訟が高裁で敗訴したことを受け、県側で国から損害賠償を求められた場合の対応策が検討課題に浮上していることが13日、分かった。辺野古の移設作業中断に伴う損害額は1日当たり約2千万円に上っていた時期があり、この期間だけの累計で数億円規模におよぶ可能性がある。翁長雄志(おなが・たけし)知事は移設に抵抗する構えだが、今後の判断に影響を与えそうだ。

 翁長氏が辺野古の埋め立て承認を取り消してから13日で1年。翁長氏が承認取り消しの撤回に応じないのは違法として国が起こした訴訟は先月16日、福岡高裁那覇支部が国側全面勝訴の判決を言い渡し、県は最高裁に上告している。

 翁長氏が承認を取り消した際、防衛省は辺野古沖での移設作業中断に追い込まれた。契約していた機材などを使用できなくなり、損害額は1日平均で約2千万円と見積もられていた。2週間後に取り消しの効力を停止させ作業を再開したが、今年3月に県との和解で作業は再び中断し半年以上がたつ。

 国は訴訟の中で埋め立て工事のために1293億円分の契約を交わし、うち約577億円を支払ったことを明らかにした。承認取り消しで「577億円は無駄金となり、国民がその負担を背負う」とも主張した。

翁長氏には承認を無効化するにあたり、取り消しと撤回の2つの選択肢から取り消しを選んだ。取り消しは前知事の承認が違法と判断した上での措置だが、撤回はその後の政治判断で承認の効力を失わせるもので、より損害賠償を求められるリスクが高い。最高裁で敗訴が確定した場合、翁長氏は撤回に踏み切る考えを示唆しているが、「賠償責任はさらに強まる」(県幹部)と指摘される。

、                           ☆

>県側で国から損害賠償を求められた場合の対応策が検討課題に浮上していることが13日、分かった。

>辺野古の移設作業中断に伴う損害額は1日当たり約2千万円に上っていた時期があり、この期間だけの累計で数億円規模におよぶ可能性がある。

>翁長雄志(おなが・たけし)知事は移設に抵抗する構えだが、今後の判断に影響を与えそうだ

翁長知事が自己決定権を盾に行った埋め立て取り消しであり、それを違法として国が提訴した裁判が違法確認訴訟だ。 当然取り消しによる工事中止によって生じる国からの損害賠償請求に対しても、県は法令基づいて支払う義務が生じる。

>国は訴訟の中で埋め立て工事のために1293億円分の契約を交わし、うち約577億円を支払ったことを明らかにした。承認取り消しで「577億円は無駄金となり、国民がその負担を背負う」とも主張した。

翁長知事の責任で行った埋め立て承認取り消しであるから、工事中断により生じた577億円を国民に負担させるわけには行かない。

当然沖縄県が負担するのが筋だが、だからと言って沖縄県民全体が負担するのも納得できない。

翁長知事を国との対決に追い込んだ「オール沖縄」や逮捕された」山城容疑者や「市民」と称する極左暴力集団、そして彼らを支援・扇動した沖縄2紙に支払い責任があると考えるが、どうだろうか。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブーメラン炸裂!「新基地建設」で、県議会で野党追求!

2016-12-09 06:56:44 | 高江ヘリパッド

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■公開対談の御知らせ■

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 今朝に沖縄タイムスの見出しから翁長知事に止めを刺す記事を2件拾って紹介しよう。

■三面左トップ

自衛隊機差し止め破棄

厚木騒音訴訟 住民逆転敗訴

最高裁 将来分賠償認めず

国優先 司法の救済に壁

 

川内1号機 再稼動へ

新基準下の定検後初

辺野古隊舎工事 来週の半ば以降(ベタ記事)

 

自衛隊機の飛行差し止め認めず 最高裁、行政訴訟で初判断

 
 第4次厚木基地騒音訴訟の上告審判決を受け、「最高裁 被害救済を放棄」などと書かれた垂れ幕を掲げる原告側弁護士=8日午後、最高裁前

 米軍と海上自衛隊が共同使用する厚木基地(神奈川)の周辺住民が、国を相手に夜間・早朝の飛行差し止めと損害賠償を求めた第4次厚木基地騒音訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は8日、午後10時~翌午前6時の自衛隊機の飛行差し止めを命じた二審判決を破棄、差し止め請求を棄却した。騒音被害の賠償も二審が命じた将来分も含めた支払いを認めず、過去分にとどめた。

 今回の基地騒音訴訟は、飛行差し止めを民事訴訟だけではなく、行政機関の権限行使の是非を問う行政訴訟の形式でも求めた初のケースだった。最高裁の判断は、今後の基地訴訟に大きな影響を与えそうだ

                          ☆

>今回の基地騒音訴訟は、飛行差し止めを民事訴訟だけではなく、行政機関の権限行使の是非を問う行政訴訟の形式でも求めた初のケースだった。

米軍や自衛隊は国防・安全保障の問題であり、国の専権事項であることは言うまでもない。

今回の裁判が「行政機関の権限行使の是非を問う行政訴訟」ちうなら、最高裁が国防事案は国の専権事項である、認めてことになる。

>最高裁の判断は、今後の基地訴訟に大きな影響を与えそうだ

現在沖縄県が上告中の「辺野古違法確認訴訟」についても、大きな影響を与え、上告棄却(却下)の追い風が一段と強くなった。

知事の権限外である「辺野古移設阻止」を公約に掲げて当選した翁長知事が八方塞の窮地に追い詰められた状況だが、同じように実行不可能な公約を掲げて知事に当選した鹿児島県知事は、潔く公約撤回をした。

 

川内原発今夜再開へ 現地で抗議集会 [鹿児島県]

 

 

原子炉に向かって抗議の拳を突き上げる反原発団体=8日午前9時、鹿児島県薩摩川内市原子炉に向かって抗議の拳を突き上げる反原発団体=8日午前9時、鹿児島県薩摩川内市写真を見る
 

 定期検査で停止していた九州電力川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)は8日夜、原子炉を起動し運転を再開する。これを前に同日朝、発電所ゲート前で反原発団体が集会を開き「県民は認めていない。動かすな」と抗議した。

 午前8時からゲート前に集まった約30人は次々にマイクを握り「いまだに福島原発事故は収束していない」「県民を無視し、危険な原発の運転を強行する九電を許せない」と訴えた。

 運転再開を事実上容認している三反園(みたぞの)訓(さとし)県知事に疑問の声も上がった。7月の知事選で三反園知事と「脱原発」で政策合意し、出馬を取りやめた反原発団体代表の平良行雄氏(57)は、知事が九電に川内原発の即時一時停止を2度要請したことに触れ「あの要請は何だったのか。今からでも遅くない。九電に再開拒否を求めてほしい」と語った。

=2016/12/08 西日本新聞=

 

川内運転再開 知事は脱原発の道筋示せ

 九州電力は8日、定期検査のため原子炉を停止していた川内原子力発電所1号機(鹿児島県薩摩川内市)の運転を再開する。

 鹿児島県では、今年7月の知事選で「脱原発」を掲げた三反園訓(みたぞのさとし)氏が現職を破り初当選した。熊本地震で県民の不安が高まっているとして川内原発を一時停止して再点検することを公約に掲げた。

 知事就任後、九電に一時停止を2度要請したが、拒否された。1号機の運転再開については「私に原発を動かすかどうかの(決定をする)権限はない」と強調し、事実上異を唱えなかった。

 安全性を議論するため新設する県の検討委員会も1号機の運転再開前の設置にこだわらない考えを示した。検討委設置は関連予算を県議会に提案している段階だ。選挙で知事を支援した反原発団体からは「現状では公約違反と言わざるを得ない」との声も出ている。

 =2016/12/08付 西日本新聞朝刊

                       ☆

>運転再開を事実上容認している三反園(みたぞの)訓(さとし)県知事に疑問の声も上がった

翁長知事、三反園知事は「反米軍基地」「反原発」とそれぞれ知事の権限外の公約を掲げて知事に当選したが、三反園知事が「反原発」は知事に権限外であることを悟って、川内原発再開を容認した。

一方の翁長知事はヘリパッド建設に対し事実上の容認をしていながら「容認ではない」「苦渋の選択」などと意味不明の発言で言動矛盾を取り繕うとしている。

だが、翁長知事の矛盾に満ちた発言は沖縄2紙が批判を封印してきたからこそ成立してきた。

沖縄2紙が翁長知事批判の牙を剝いた現状では、知事が弁解すればするほど、墓穴を掘ることになる。

そこで知事は安慶田副知事を密使として沖縄2紙に接触。「苦渋の選択」の釈明をしていたらしい。

 

沖縄の副知事、「苦渋の選択」発言で沖縄タイムス社訪問 「意見交換」 沖縄県議会

沖縄タイムス2016年12月8日 12:23

 

沖縄県議会

 安慶田光男副知事は、翁長雄志知事の「苦渋の選択」発言を受け、11月30日に沖縄タイムス社と琉球新報社を訪問したことについて、「解釈について意見交換した」と説明した。島袋大氏(沖縄・自民)の質問に答えた。

 謝花喜一郎知事公室長は、県のワシントン事務所が、米国代理人登録法(FARA)に基づき、ことし1月から6月の半年間の活動日数が22日だったと明らかにした。その上で「半年間で22日(の活動実績)は、しっかりした仕事をやっているものと理解している」と述べた。花城大輔氏(沖縄・自民)への答弁。

                ☆

安慶田副知事の宣撫工作が功を奏したのか、今朝の沖縄タイムスは、県議会で県が野党議員に「苦渋の選択」で追及される記事は掲載されていない。

代わりにローカルテレビが県議会情報を報じているので引用する。

  

RBCニュース 2016/12/08 18:52 基地問題 最新ニュース

県議会「苦渋の選択」発言の真意めぐり論戦

 県議会では東村高江のヘリパッド建設をめぐる翁長知事の「苦渋の選択」発言について野党議員から真意を問う質問が相次ぎました。

 県議会は8日から各議員による一般質問がはじまり野党の自民党から7人の議員が質問に立ちました。
 野党議員からは翁長知事が東村高江のヘリパッド建設をめぐって「苦渋の選択」と発言したことについてその真意を問う質問が相次ぎましたが、翁長知事はオスプレイが使用するヘリパッドは容認できないとの答弁を繰り返しました。
 さらに自民党の島袋議員は県側が「新基地」という言葉を辺野古と高江で使い分けていると指摘しました。 また、那覇市・泊魚市場の糸満漁港への移転問題について今後の対応を問われた島尻農林水産部長は「関係者に丁寧に説明し、理解を求めていきたい」と移転を進める考えを示しました。

                                                 ☆

自民党の島袋議員は県側が「新基地」という言葉を辺野古と高江で使い分けていると指摘しました。

当日記が何度も指摘したが、普天間飛行場の辺野古移設を「新基地建設」と言い変えて「新基地建設反対」と繰り返してきた翁長知事が、「新基地建設」の文言でブーメランを喰らうとは、皮肉な結果である。

 

QABテレビ 2016年12月8日 18時34分

 

県議会 野党が高江で県を追求

 

県議会 野党が高江で県を追求

村高江のヘリパッド建設をめぐり、8日の県議会では野党が知事の姿勢を厳しく追及しました。

県議会で島袋大県議は「4000haが返還されるのは歓迎だけど、オスプレイ配備は反対。なんでこの二つを都合よく切り離すんですか?この2つはセットでしょう?!」との質問に対し、県は「北部訓練場の返還を取り決めたSACO合意には、オスプレイは含まれていなかった。環境影響評価もなされていないという点で問題だ」と述べ、オスプレイが使用するヘリパッドは容認しないという姿勢を改めて強調しました。

答弁で翁長知事は「(基地問題は)沖縄県全体で物事を考える。A、B、C、それぞれの基地があるわけで、その総合体で私は発言をしながら、できるだけ県民の理解を得たい。そういう風に考えている」としました。

これに対し、島袋大県議は「高江は新基地なんです。だから反対しなさいと言っている」と話しました

北部訓練場の返還を前に、野党議員からの追及は続きそうです。

 

>島袋大県議は「4000haが返還されるのは歓迎だけど、オスプレイ配備は反対。なんでこの二つを都合よく切り離すんですか?この2つはセットでしょう?!」との質問に対し、

>県は「北部訓練場の返還を取り決めたSACO合意には、オスプレイは含まれていなかった。環境影響評価もなされていないという点で問題だ」と述べ、オスプレイが使用するヘリパッドは容認しないという姿勢を改めて強調しました。

追い詰められた県はSACO合意には、オスプレイは含まれていなかったには、オスプレイは含まれていなかった、としてSACO合意そのものの不備に責任転嫁しているが、約20年前のSACO合意に新型機のオスプレイは含まれていないのは当然である。

それに今頃、「危険か欠陥機」としてオスプレイに反対するのは沖縄2紙と沖縄県知くらいのもので、オスプレイ反対だからヘリパッド建設に反対と言っても何の説得力もない。

>島袋大県議は「高江は新基地なんです。だから反対しなさいと言っている」と話しました

 

島袋議員は「辺野古移設を新基地建設として反対するなら、ヘリパッドも新基地だから反対しなさい」と主張している。

知事の「苦渋の選択」より、県民には容易に理解できる理屈だ。

「新基地建設」のブーメランが今頃炸裂するとは、皮肉なものである。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 

 

) 

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

恥の上塗り、翁長知事 トランプ氏に「私の考え説明したい」

2016-12-08 07:11:20 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■公開対談の御知らせ■

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

住宅密集地に隣接する普天間飛行場の辺野古移設を、「新基地建設」と言い変えて国と対決した翁長知事。

12月8日現在、知事のなす事すべてが逆風となり、支援団体の「オール沖縄」が空中分解に瀕している。

追い詰められた翁長知事の周辺を説明しよう。

1)辺野古移設⇒10月16日に那覇高裁で県が全面敗訴。 現在上告中だが、遅くとも年明け早々99%の確率で県の敗訴が確定し、県の「埋めてて承認取り消し」が違法であることも確定する。

2)宜野湾住民訴訟⇒2月7日に高裁判決が下されるが、ほぼ100%の確率で、原告住民が勝訴し、「埋め立て取り消し」の取り下げを命じる判決が予測される。

3)2月7日の高裁判決以前に、違法確認訴訟で「埋め立て取り消し」は違法と確定するわけだから、事実上2月7日の住民訴訟の高裁判決が確定する。(上告を待たず)

4)翁長知事は住民訴訟の判決確定で、取り消しの取り下げを強いられることになる。 そうなると面目丸潰れなので、2月7日の高裁判決を待たず、最高裁の「違法確定」の段階で、自ら「埋め立て取り消し」を取り下げる可能性が大。

5)高江界隈のヘリパッド建設⇒反対派「市民」による工事差し止め仮処分は却下。 工事は完成目前であり、22日には北部訓練場の「返還式」は予定されている。

6)トランプ新政権⇒安倍首相との会談で日米同明は維持・強化されることが判明。 さらに次期国防長官には海兵隊出身のマティス氏が就任予定で、日米同明はますます強化される見込み。

このように逆風を列挙してみても翁長知事が言う「あらゆる手段で辺野古阻止」が実行不可能な絵に書いた餅であることが明らかである。

常識のある人間ならこの辺で白旗を上げ敗北宣言をする時期なのだが・・・。

この期に及んで年明けにはトランプ新大統領に面会し、「辺野古移設撤回を求める」と県議会で答弁している。

前回の訪米行脚でも大統領はおろか、門前払い同様で政府職員では下っ端役人しか対応してくれなかったではないか。

貧すれば鈍するとは現在の翁長知事のこと。

恥の上塗りは勘弁して欲しい。

今朝の沖縄タイムスから翁長知事の訪米関連の見出しを抜粋する。

■二面トップ

米新政権へ直訴に意欲

知事、祝電の意図説明

県議会代表質問

県議会11月定例会は7日、2日目の代表質問があり、与党・中立の5氏が登壇した。 翁長雄志知事は次期アメリカ大統領のトランプ氏に送った祝電で、会談の機会を求めた理由「を名護市辺野古の新基地反対の県民世論、建設阻止の私の考えなどについて説明し、米国の理解と協力を促したい」と説明。新基地建設に反対する自身の考えを、トランプ氏に直訴することに意欲を示した。 山内末子氏(沖縄)への答弁。(沖縄タイムス)

翁長知事 米新政権に辺野古移設撤回求める

OTVニュース 2016/12/07 (水) 11:46

開会中の県議会で翁長知事は、アメリカのトランプ次期大統領に対し、普天間基地の名護市辺野古への移設計画を撤回するよう求める考えを改めて示しました。

普天間基地の移設計画を巡っては、アメリカ次期大統領のトランプ氏が現行の計画を推進する考えを表明しています。きょうの県議会代表質問では、新政権にどのように向き合うか県の対応について質疑が行われました。この中で翁長知事は「ワシントン事務所によれば、新たな政権が辺野古移設を堅持するとした方針を決定した事実はない」とした上で、次のように述べました。(翁長知事)「新大統領には、建設阻止に向けた私の考え及び辺野古新基地建設を巡る状況について説明し、米国側の理解と協力を促してまいりたいと考えております。」…翁長知事は来年2月のアメリカ訪問を検討していて、トランプ氏や新政権の関係者に沖縄の現状を説明する意向を示しています。

                  ☆

RBCニュース 2016/12/07 11:55

翁長知事 トランプ氏に「私の考え説明したい

 翁長知事はアメリカ次期大統領のトランプ氏の就任後、直接会談して辺野古移設問題などへの考えを説明したいと述べました。

 「新大統領には辺野古新基地建設に反対する県民世論、それを踏まえた建設阻止に向けた私の考え、および辺野古新基地建設をめぐる状況等について説明をし、米国側の理解と協力を促してまいりたいと考えております」(翁長知事)
 翁長知事は7日の県議会代表質問でこのように述べ、トランプ氏の大統領就任後に直接会談する機会を設けるようアメリカ側に働きかけていることを明らかにしました。
 翁長知事はトランプ氏に普天間基地の名護市辺野古への移設に反対する県の考えを直接説明し理解を得たいとしています。
 また、トランプ次期政権でも辺野古移設計画が堅持されるとの一部報道については「ワシントン事務所を通じて情報収集したところ現時点でそのような事実は確認できていない」と述べました。

                      ☆

>普天間基地の移設計画を巡っては、アメリカ次期大統領のトランプ氏が現行の計画を推進する考えを表明しています。きょうの県議会代表質問では、新政権にどのように向き合うか県の対応について質疑が行われました。

>この中で翁長知事は「ワシントン事務所によれば、新たな政権が辺野古移設を堅持するとした方針を決定した事実はない」とした上で

県のワシントン事務所長は違法就労ビザで違法就労中。

したがって、ロビー活動などの情報収集が不可能であり、外部業者に業務の丸投げをしていると、産経にすっぱ抜かれている。 

そんな県事務所がトランプ氏の安全保障政策の情報を得たとは考えにくい。

 

さらに翁長知事にとっての逆風は、安倍首相が1月27日、世界のどの首脳よりも先にトランプ新大統領との面会を取り付けたことだ。

1月27日軸に日米首脳会談 トランプ氏就任1週間後

 

沖縄タイムス 2016年12月6日 22:06

 安倍晋三首相は米国のトランプ次期大統領が就任した後の来年1月下旬に訪米する方向で調整に入った。トランプ氏との首脳会談は1月27日を軸に検討している。複数の日米関係筋が6日、明らかにした。1月20日の大統領就任式からわずか1週間後にトップ対話を実現することで、強固な日米同盟を内外にアピールする構えだ。

 安倍晋三首相(左)、トランプ次期米大統領(ゲッティ=共同)

 トランプ氏の世界情勢や日米同盟に対する基本認識は明確でなく、日本を含む各国の間で懸念が広がっている。首相は首脳会談で、同盟強化は米国の国益にかなうとの考えを伝え、トランプ氏の理解を求める。

 米側の都合によっては首相訪米の時期がずれ込む可能性もある。(共同通信)

                ☆

安倍首相と安全保障案件で全面対決している翁長知事と、トランプ新大統領が面会するはずがない。

それより、違法就労の移民を強制送還させるというトランプ大統領が、違法就労ビザでワシントン事務所長を務める平安座所長が案内する翁長知事が不審人物と看做され、事務所長共々強制送還されないように気をつけてほしい。

 

 

翁長知事に忠告したい。

違法就労者のデタラメ情報に乗せられて税金の無駄使いをするのは止めてほしい。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

蓮舫代表、二重国籍で神ってる!

2016-12-08 04:40:59 | 未分類

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■公開対談の御知らせ■

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト
1 名前:ひろし ★:2016/12/07(水) 18:14:51.81 ID:CAP_USER9.net
1蓮舫代表「総理自らが成長産業の大きな目玉になるとおっしゃっているんです。なぜ成長産業につながるのか教えて下さい」

安倍首相「これは先ほど申し上げました、いわば統合リゾート施設であり、床面積の3%は確かにカジノですが、それ以外は劇場であったりテーマパークであったりショッピングモールであったり、あるいはレストランであるわけです。それは当然、そこに対しての投資があるわけで、投資があり、それは雇用にもつながっていくのは事実であります。だからこそ統合リゾートと言われているわけです。町中にカジノができるものでは全くないわけでございまして、限定的な場所で今言ったような形で作られることについてはご理解をいただきたいと思う次第です」

蓮舫代表「ただのリゾート施設だったら法律は要らないんです。カジノが入っているから、こうやって法律を出しているんじゃないですか。だからカジノがどうしたら成長産業に資するのかと何度も伺っても、総理のその答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています。ちゃんと真っ正面から答えて下さいよ。

私はカジノ、こんなに拙速な審議で解禁することには反対です。公明党の山口(那津男)代表は夏、キューバのカジノ施設をご覧になられた後に言っています。『観光振興の切り札とはならない。むしろ副作用が現実的に見えてきた』と率直な感想を言っておられますよ。衆院本会議でも11人の公明党議員が自分の良心に従って、反対の決を出しています。『某国の法案』と言った方もおられる。国対委員長、幹事長も反対しているじゃないですか。なぜ連立与党も捨て置いてこんなに急ぐのか、私にはやっぱりわかりません。

http://www.sankei.com/premium/news/161207/prm1612070007-n1.html
3: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:15:30.23 ID:fZb8jsxV0
おまいう

9: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:16:12.31 ID:PW3z1S+cO
おまえが言うな

19: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:16:43.73 ID:c3/71bTp0
おまえだおまえw

15: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:16:33.56 ID:vBYH35j60
1

52: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:18:22.11 ID:VIrYSVfl0
>>15
wwwwwwwwwwwwwwwwww

197: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:24:31.85 ID:PrQa2TJ00
>>15
いいぞおまえらww

18: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:16:43.13 ID:w6aq1CGX0
もう喜劇だな

23: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:16:53.66 ID:iH8r2kjHO
お前は滑ってるけどな!

26: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:17:00.46 ID:CS1INfMQ0
蓮舫はゴミってるな

28: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:17:13.37 ID:tcWqEmfb0
そうして、鏡に向かって喋ってんの?この中国人は?

32: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:17:26.97 ID:6fTSlJMO0
一般で認知されてない自称流行語を無理に使ってくる辺りさすが空気の読めない女

39: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:17:46.05 ID:5k7zyXYY0
二重国籍の答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神ってます

45: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:18:04.27 ID:DT2rncik0
「蓮舫代表のその国籍を答えない力、逃げる力、ごまかす力、まさに神っています」

50: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:18:18.12 ID:9zCymkmJ0
国民性の違いが目の当たりだな
逆に凄いわ

56: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:18:24.87 ID:M5xTaPgI0
え?神ってるって負の意味の言葉だったの?
全然流行ってないから知らなかったわ

57: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:18:25.85 ID:YakX5Mzm0
わざわざ神ってるなんていうから違和感がある
審議時間が短いのは明白なんだからそれを言うだけでいいだろ

71: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:19:08.24 ID:/+fIwRaz0
名前差し替えるだけでアタマも使わずに完全なブーメランw

75: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:19:26.19 ID:UR5t7R+10
二重国籍で大臣まで経験した蓮舫さんこそ神ってるわ

81: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:19:47.52 ID:agORXckb0
党首討論に時事ネタとかどこまでアホなんだ

84: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:19:52.33 ID:PygKjPgd0
言葉使いが下品だなぁ
党首の器じゃないわ

85: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:19:56.90 ID:dQYHPqZd0
蓮舫のブーメラン「神ってます」

87: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:19:58.80 ID:9K8N9Qo60
党首になってからブーメランしか投げてないw

96: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:20:13.92 ID:R6OjQTKC0
神ならええやん
馬鹿じゃねこいつ?

109: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:20:46.99 ID:Xh0QDKhz0
まず戸籍を答えろよというツッコミ待ち?

111: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:20:51.59 ID:IFEdh0vr0
うーむこれは国民にもウケて支持アップ間違いなしですね~

ってか

115: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:21:05.04 ID:+eN6fX6x0
さり気なく在日企業ユーキャンと山尾に気を遣う蓮舫だった

132: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:21:45.80 ID:PN0b+EO60
流行してないと、さんざん話題の言葉を使う
この、致命的にダメなセンスよ

135: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:21:51.15 ID:2M13bEZO0
おまえは支那ってるわ

142: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:22:08.44 ID:VU4Dv84o0
やっぱシナ人に日本の空気読むのは無理だな

144: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:22:09.27 ID:+XbheiLi0
蓮舫さんは要するに国会と2ちゃんの区別がつかないんだな

146: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:22:13.48 ID:RxSv1Q9o0
発言するたび嫌われる力、まさに神っています

154: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:22:37.16 ID:zDFG5lZ50
この厚顔無恥っぷりは間違いなく日本人レベルじゃねーわ

158: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:22:41.50 ID:CMXISHva0
ドヤ顔で言ってるとこがなんとも恥ずかしいれんほー

166: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:23:10.00 ID:xJXJhoyqO
蓮舫はよくここまで自分を棚に上げた薄っぺらい主張を出来るな

普通の人間には出来ない
何故なら「恥」という感情があるから

168: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:23:16.13 ID:f7v8SkDr0
過去に自分で何を言って行動したのか忘れるDNAは、やっぱり中国人なんだな

171: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:23:22.96 ID:q43gKpux0
流行ってもない言葉を無理やり使っちゃうとこが世間と乖離してんだよねえ
こいつがバカなのは薄々知ってるけど取り巻きもバカなのかい

178: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:23:40.62 ID:DCWbbkr30
何を言おうと「おまえが言うな」で返せるからすごい

179: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:23:41.24 ID:JUdnxJyx0
蓮舫さんのブーメランの自爆率100%
神ってます

193: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:24:29.21 ID:/FczKm7M0
ワロタww
もう一人ツッコミみたいなもんだろ

206: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:24:44.07 ID:snFYfrBz0
本当なら疑惑を晴らすまで発言権なんてない問題を抱えてるんだがな
いい加減にしろ

209: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:24:54.43 ID:P4mAig9d0
蓮舫に「それ本当は流行してない」とか「それおまえが言うなよ(苦笑)」と
進言してやる側近はいないのか。

いないんだろうな。民進党の無能ぶりは想像を絶するからな。

212: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:24:58.06 ID:Vrubm27R0
連日のボケぶりw
もう、自民に雇われているとしか思えないw

225: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:25:39.63 ID:civ2ruhv0
歴代トップクラスの命中率を誇るブーメラン使い
神ってます

245: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:26:19.67 ID:jBGNzrMo0
もうこいつの自爆芸飽きたよ

246: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:26:21.07 ID:eMVWCnNY0
何かもう可哀想になってきた…

273: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:27:42.45 ID:RxSv1Q9o0
自己紹介 乙

290: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:28:26.23 ID:5Ux93r9x0
日本語理解してるのか怪しいレヴェル

291: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:28:28.97 ID:SlZ7KTvU0
さすが左翼流行語大賞を率先して流行らせようとするんだな。

299: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:28:42.68 ID:nNfQO+1V0
二重国籍のほうが流行ってたやろ

304: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:28:55.20 ID:CBpi12VQ0
お前のブーメランの方が神々しいわw

312: 名無しさん@1周年 2016/12/07(水) 18:29:14.89 ID:2LTHreC70
どうせなら日本死ねを使えよ
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

翁長知事、「苦渋」でも選択は選択、

2016-12-07 07:18:32 | 高江ヘリパッド

 お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■御知らせ■

美しい日本の憲法を作る

【憲法公開学習会 IN 琉球大学】

トランプ大統領が1月に誕生します。

世界は変わって、日米安保も見直される可能性出てきました。

 

中国が沖縄の領有権を主張してますが、この沖縄を守るためには、国防の強化を勉強する必要あります。

 

その要である、憲法を勉強しましょう!

 

 百田尚樹らの憲法ビデオも上映予定です。

 

 参加費無料です。ぜひ誰でもおいでください!!!!

      

●日時  2016年12月14日 19:00 - 21:00

 

●場所  琉球大学工学部 1号館3F 322教室  地図

●会費  無料

●主催  ファイヤー和田 知久 琉球大学 工学部 情報工学科 教授
(兼)琉球大学 評議員、工学部 副学部長
〒903-0213 沖縄県西原町千原1番地

E-mail: wada@ie.u-ryukyu.ac.jp

FaceBookPage
https://www.facebook.com/events/196474700759769/

 http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~wada/Welcome.html

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします
 
 

「あらゆる手段で辺野古阻止」を叫び続ける翁長知事にとって、また一つ逆風が吹いた。

沖縄2紙の悲鳴が聞こえるような今朝の沖縄タイムスの見出し紹介。

■一面トップ

高江工事 差し止め却下

那覇地裁 違法な騒音認めず

■二面トップ

米市議会 高江決議へ

人権救済の姿勢欠如 高江中止 地裁却下

重い届かず残念 県公室長

 

高江の容認 意図せず

知事「苦渋」発言釈明

■社会面トップ

司法に失望と怒り

涙の原告「心折れた」

高江工事差し止め 却下納得せず

「運動続けるだけ」

抗議市民から批判続出

ダンプ120台 過去最多

民間ヘリでも資機材搬入

県内に16都道府県警

高江以外 尖閣など派遣

工事差し止め仮処分、申し立て却下 北部訓練場ヘリパッド

 
米軍北部訓練場「N1地区」の二つのヘリパッド建設現場=11月12日、国頭村安波(桐島瞬氏提供)

 東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を巡り、東村高江の住民31人が国を相手に工事の差し止めを求める仮処分申し立てについて、那覇地裁(森鍵一裁判長)は6日、申し立てを却下する決定を出した。

 住民側はヘリパッド完成によりオスプレイの訓練が激化し、騒音被害が深刻化すると訴えていた。国側は、環境基準を超える程度の騒音が発生する可能性を否定していた。

 今月中旬ごろにはヘリパッドは完成する見通しで、ヘリパッド建設を条件とする北部訓練場の部分返還についての式典が22日に開催されることが予定されている。

 住民側は今年9月、工事差し止めを求める訴訟提起と併せて仮処分を申し立てた。11月24日の第3回審尋で審理は終結していた。【琉球新報電子版】

                                            

                              ☆

>今月中旬ごろにはヘリパッドは完成する見通しで、ヘリパッド建設を条件とする北部訓練場の部分返還についての式典が22日に開催されることが予定されている。

ヘリパッド建設は完成目前であり、ヘリパッド完成が前提の北部訓練場の返還式は22日に決定している。

こんな状況でヘリパッド工事の差し止めができるはずはない。

仮にほぼ完成した工事の差し止めが行われたとしたら、工事差し止めに伴う莫大な業者に対する損害賠償金の請求が予測される。 当然原告の「住民ら」に賠償請求がなされるはずだが、支払う覚悟があっての差し止め請求なのか。

 いやいや、そうれはあるまい。

敗訴を覚悟で提訴し、予定通り敗訴を喫したら「不当判決」などと騒ぎ立てるのが常套手段の反日サヨク。

損害賠償を請求されるなど想定外のできごとのはず。

 

 

高江の容認 意図せず

>知事「苦渋」発言釈明

 

米軍ヘリパッド「決して容認したわけではない」 翁長知事、県議会で改めて説明

 沖縄県議会(新里米吉議長)11月定例会の代表質問が6日午前、始まった。翁長雄志知事は米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り「苦渋の選択」と発言したことが容認と受け止められたことに「決して容認したわけではない」と改めて説明した。

 翁長知事は、SACO合意に基づき北部訓練場の約4千ヘクタールの返還に異議を唱えることが難しい一方で、環境影響評価に含まれていないオスプレイが飛んでいること、工事期間を一方的に短縮した政府の姿勢に触れ「そのようなはざまで県政を担う状況を苦渋の選択だと言った」と真意を説明した。座喜味一幸氏(沖縄・自民)への答弁。

                     ☆

 

「ヘリパッド容認ではない」 翁長知事、県議会で強調

琉球新報 2016年12月6日 12:03

米軍北部訓練場のヘリパッド新設を「容認したわけではない」と強調する翁長雄志知事=6日午前10時半すぎ、県議会

 県議会11月定例会の代表質問が6日、始まった。翁長雄志知事はヘリパッド新設が条件とされる米軍北部訓練場の過半の返還に関して、11月28日の記者会見で「苦渋の選択」と述べたことについて「決して(ヘリパッド新設工事を)容認したわけではない」と説明した。22日に開催予定の返還式典に知事が出席するかとの質問には、謝花喜一郎知事公室長が「通知が届いていないので、控えさせていただく」と述べるにとどめた。

 「苦渋の選択」発言について翁長知事は「SACO(日米特別行動委員会)合意の着実な実施において、北部訓練場の約4千ヘクタールの返還に異議を唱(とな)えることはなかなか難しいということだ」と述べた。一方で北部訓練場には「SACO合意に含まれていなかったオスプレイが飛び交っている」と問題視した。

 知事は政府のヘリパッド工事について「政府はことあるごとに地元に丁寧に説明するとしているが、自衛隊ヘリの投入や、工事期間の一方的な短縮を行うなど、その実態はかけ離れている。そのような姿勢は到底容認できない」と批判した。「そのようなはざまで県政を担う状況を『苦渋の選択』と申し上げた」ことが発言の趣旨だったと説明した。

 座喜味一幸氏(沖縄・自民)への答弁。【琉球新報電子版】

                     ☆

>11月28日の記者会見で「苦渋の選択」と述べたことについて「決して(ヘリパッド新設工事を)容認したわけではない」と説明した。

知事はヘリパッド建設に関し「苦渋の選択」をしただけであり、決して「容認」したわけではない、と意味不明な釈明に終始。

これで納得する県民は、保革を問わず1人もいないだろう。

知事のような行政責任者は「Aを選択するか、Bを選択するか」で厳しい決断を迫られるケースがある。

その際、Bを選択するのが例え「苦渋の選択」であってもBを」選択したことに間違いはない。決してAを選択したわけではないはずだ。

今回のヘリパッド建設の場合、賛成(容認)か反対かの選択のはずだ。

それを、北部訓練場の返還は歓迎するが、「ヘリパッド建設を容認したわけではない、」との釈明は通用しない。

容認していないのなら、何ゆえ「反対」と明言しないのか。

沖縄知事の発言が矛盾の塊なのは、約20年前に行われたSACO合意に翁長知事自身が賛成していたからだ。

そこで、苦し紛れにこんな弁明を続けることになる。

>北部訓練場には「SACO合意に含まれていなかったオスプレイが飛び交っている」と問題視した。

あたかもSACO合意に欠陥があるかのような弁明だが、約20年前のSACO合意に新型ヘリであるオスプレイのことを明記しているはずはない。

 ⇒防衛省・自衛隊:SACO最終報告の進捗状況

発言すればするほど窮地に追い詰められる翁長知事。

「苦渋の選択」だろうが「歓喜の選択」だろうが、知事が選択し、決断したことは間違いないはずだ。

いまさら「苦渋」で」責任逃れをしても、県民は納得しない。

来年の正月は「オール沖縄」の神輿がバラバラに砕け散って神輿に乗った知事が振り落とされ大怪我をする初夢を見ることになるだろう。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

「腹八分腹六分」の化けの皮を剝かれた翁長知事

2016-12-06 08:52:43 | 高江ヘリパッド

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 100万アクセス達成のため拡散を!

 

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■御知らせ■

美しい日本の憲法を作る

【憲法公開学習会 IN 琉球大学】

トランプ大統領が1月に誕生します。

世界は変わって、日米安保も見直される可能性出てきました。

 

中国が沖縄の領有権を主張してますが、この沖縄を守るためには、国防の強化を勉強する必要あります。

 

その要である、憲法を勉強しましょう!

 

 百田尚樹らの憲法ビデオも上映予定です。

 

 参加費無料です。ぜひ誰でもおいでください!!!!

      

●日時  2016年12月14日 19:00 - 21:00

 

●場所  琉球大学工学部 1号館3F 322教室  地図

●会費  無料

●主催  ファイヤー和田 知久 琉球大学 工学部 情報工学科 教授
(兼)琉球大学 評議員、工学部 副学部長
〒903-0213 沖縄県西原町千原1番地

E-mail: wada@ie.u-ryukyu.ac.jp

 

FaceBookPage
https://www.facebook.com/events/196474700759769/

 http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~wada/Welcome.html

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

機動隊「土人」発言は、「オール沖縄」を支援する沖縄2紙に取って追い風となるはずだった。

ところが、「ノーカット版動画」の配信などネットの驚異的普及により、沖縄2紙が報じる「抗議する市民」が実は、ヤクザも真っ青の極左日応力集団であることが判明。 沖縄2紙が報じる「高江の真実がデタラメ報道であることが国民の目に晒された。 以後、沖縄2紙が高江騒動を報じれば報じるほど自ら墓穴を掘る結果となった。

そして沖縄2紙にとってもう一つの想定外は県警が「市民ら」の違法行為に対して厳正な取締りを開始、違法テントの家宅捜索や違法行為に対する逮捕者が続出したことだ。

いくら「市民ら」が「高江の森にオスプレイは要らない」などとシュプレヒコールで拳を突き上げをしたところで、県警が本気で取り締まれば烏合の衆の空威張りにしか映らない。 

無法者には粛々と逮捕で臨むだけだ。

そもそも「根っからの保守」を自認する翁長氏が共産党、社民党ら極左勢力の担ぐ「オール沖縄」の神輿に乗ったかとが矛盾の始まりだった。

翁長知事の化けの皮が剥がれる式典、そう、北部訓練場の「返還式」は、目前に迫っている。

返還式は「腹八分腹六分」の矛盾が露呈する式典でもある。

 

<米軍ヘリパッド>抗議市民ら「高江の森にオスプレイは要らない」

 東村高江周辺の米軍ヘリパッド建設に反対する市民らは5日、米軍北部訓練場のN1ゲート前で約150人が座り込んでいる。午前から午後2時までの間に、同ゲートからトラックなど工事車両は基地内に入っていない。

米軍北部訓練場へのヘリパッド建設に反対し座り込む市民ら=5日、東村高江

 小雨が降る中で座り込み、集会を開く市民からは「高江の森にオスプレイは要らない」「やんばるの森を壊すな」と訴えた。

 ヘリパッド建設を条件に、日米両政府が22日に訓練場の一部返還に伴い、開催を予定する式典について「県民がヘリパッドに反対する中での式典に、翁長雄志知事は出席しないでほしい」との声も上がっている。

                                          ☆

県警が本気で高江界隈の取り締まりを開始して以来、拳を突き上げる以外になす術を知らない「市民」と称する極左暴力集団。

ちなみに本物の地元住民はヘリパッド建設の補償金を受取ることに同意しており、早めに工事が終わり、プロ市民らによる騒動が終結することを希望している

ヘリパッド建設を条件に、日米両政府が22日に訓練場の一部返還に伴い、開催を予定する式典について「県民がヘリパッドに反対する中での式典に、翁長雄志知事は出席しないでほしい」との声も上がっている。

現在、翁長知事は招待状の未着を理由に出席するか否かの態度を明確にしていない。

だが、沖縄県政の最高責任者の知事を国が招待しないはずはなく、沖縄知事が益々苦境に追い込まれるのは明白である。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 【東】東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する市民ら約250人は3日、N1ゲート前に朝から座り込み、「ヘリパッドは完成間近だが、最後まで建設阻止を諦めない」と誓った。

ヘリパッドH地区の路盤工事で、ホースを使い土中から水を取り出す作業が確認された=3日午後、国頭村安波(提供)

 集会では、翁長雄志知事が2日にヘリパッド建設を「決して容認ではない」と発言したことに対し、市民から“本気度”を問う声も出た。元裁判官でうるま市具志川9条の会の仲宗根勇共同代表は「知事が返還式典に出席するかどうか、出席するのであれば弁明は本物ではない」と厳しく指摘した。また別の市民は「知事は腹八分、六分での闘いを呼び掛け、沖縄にこれ以上新たな基地は造らせないと誓った。原点はわれわれと同じだ」と望みを託した。

 市民らによると同日午前10時半ごろ、ヘリパッド「H地区」を県公安委員の3人が訪れ、県警の重久真毅警備部長から説明を受ける様子が確認された。

 市民によるとH地区は工事が最も遅れており、盛り土部分の路盤造成に時間を要しているという。この日は土中からホースで水をくみ出す作業や、路盤の強度検査をする様子を確認した。

 土木に詳しい市民の1人は「水をくみ出す作業は路盤整備が不十分な証拠」と説明。また、路盤調査に工事発注者の沖縄防衛局の立ち合いがないとして「完成を急ぐあまり、いいかげんな工程になっている」と述べた。

 

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

米国防長官は海兵隊出身、狂犬と呼ばれた男、辺野古推進

2016-12-05 07:21:44 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 100万アクセス達成のため拡散を!

 

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

 

■公開対談の御知らせ■

 

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

 

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

年末を控え沖縄県政の流れがいま、大きく変わろうとしている。

22日に挙行される北部訓練場の返還式を目前に、翁長知事が、ヘリパッド建設を事実上容認したからだ。

知事の容認発言を契機にこれまで封印され来た知事批判のマグマが一気に噴出し、沖縄2紙は社説の揃いふみで、知事に牙を剥き始た。 

高江近郊で体を張ってヘリパッド建設の妨害をしてきた「市民ら」は、2階の梯子を下ろされた状態で、知事が「返還式」に出席するか否かに注目している。

返還式での知事の発言内容に関わりなく、知事が返還式に出席すること自体が、知事の支援団体に対する裏切り」行為だというのだ。

彼ら「市民」にとっては東村や国頭村がヘリパッド建設の補償金を受取ること自体も「オール沖縄」への裏切り行為になる。(【おまけ】の※参照)

知事は沖縄県政の最高責任者として最大規模の「米軍基地返還式」に欠席するわけには行かない。

奇しくも3年前の年末(12月28日)仲井真前知事が一括交付金の確約を得て「これでいい正月が迎えられる」とコメントしたため、沖縄2紙は「金で沖縄売った最悪の県知事」などと、罵詈雑言を浴びせ、仲井真バッシングは翌年の知事選まで止まることはなかった。

あれから3年、翁長知事はどのような正月が迎えられるか、いまから楽しみである。

初夢はこれまで乗ってきた「オール沖縄」の神輿から振り落とされる悪夢に違いない。

 

八方塞がりの翁長知事が最後の望みをかけたのが「暴言王」のトランプ次期大統領だ。

だが、安倍首相との会談により、「日米同盟破棄」などの暴挙を避けるようだし、日米同盟の要とも言うべき米国防長官には海兵隊出身のマティス氏内定し、日米同盟は破棄どころか、維持・強化の方針だという。

辺野古移設阻止に追い風を期待した翁長知事だたが、新国防長官の人選で最後の命脈を絶たれてしまったことになる。

 

米国防長官にマティス氏(海兵隊出身) 同盟重視、辺野古推進か

 

 【ワシントン=問山栄恵本紙特派員】トランプ次期米大統領は1日、オハイオ州シンシナティで演説し、新政権の国防長官に米海兵隊出身のジェームズ・マティス元中央軍司令官(66)を指名する方針を明らかにした。トランプ氏はマティス氏を「偉大な将軍」と評価し、国防長官として「最善だ」と強調した。5日に正式発表する。

 マティス氏は2015年1月の上院軍事委員会の公聴会で、アジア太平洋地域について「私たちが軍事力を縮小するにつれて、より強力な同盟の必要性が重要になる」と述べ、日本など同盟国を重視する考えを示した。また、アジアでの安全保障の課題として、南シナ海での活動を拡大させる中国を挙げ、「中国が南シナ海やその他の地域で脅すような役割を続けている場合、対抗する力を持つ政策を取らなければならない」と毅然(きぜん)とした対応をすべきだと強調。海軍と遠征軍を強化する必要性を訴えた。

 マティス氏はオバマ政権下の2010年に中東を管轄する中央軍司令官に就任し、13年に退役した。「狂犬」のあだ名を持ち、激しい物言いで知られる。中尉として、うるま市のキャンプ・コートニーの第3海兵師団でライフル小隊・武器小隊の指揮を執っていた。マティス氏が就任すれば、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設を強硬に推進していく可能性もある。

 文民統制の観点から連邦法の規定では元軍人は退役後7年間は国防長官に就任できない。退役から3年のマティス氏の就任には、連邦議会から規定の免除を受ける必要がある。トルーマン大統領が1950年、この規定の免除を適用してマーシャル元陸軍参謀総長を国防長官に指名している。

                    ☆

海兵隊出身の米国防長官が予定され、翁長知事と同様、追い詰められたのは沖縄2紙。

持論である「海兵隊悪玉説」や「海兵隊非抑止力説」を主張してきた沖縄タイムスが、海兵隊撤退を必死に強弁している。(次に引用の記事)

そもそも日米安全保障は日米両国の専権事項であり、沖縄タイムスがこの時期になって「海兵隊撤退」をいくら訴えても負け犬の遠吠えか、あるいは引かれものの小唄としか読者は受けとらな。

      

 翁長雄志知事や支持勢力の主張する「辺野古新基地反対」と「オスプレイ配備撤回」は在沖海兵隊の部分的な議論にとどまる。沖縄の過重負担を解決するには「海兵隊撤退の要求に踏み込むべきだ」という声が根強く残る。(特別報道チーム・福元大輔)

 日本政府は辺野古新基地の必要性について、北朝鮮や中国といった潜在的紛争地域と沖縄との距離的な関係のほか、沖縄に多様な施設、訓練場がまとまっていることで海兵隊の機動力、即応力を維持していると強調してきた。

 特に、在日米軍再編後も沖縄に残る第31海兵遠征部隊(31MEU)の陸上と航空の部隊が実践的、総合的な合同訓練を実施することが不可欠で、普天間飛行場の機能だけを県外、国外に切り離すことは困難と訴えている。

 SACO最終報告も、海兵隊の施設・区域を対象に、県内に点在する基地機能を人口の少ない北部地域に集約。冷戦後の世界戦略とオスプレイなどの新装備に対応した施設に更新することに主眼を置く。整理・縮小といっても司令部、陸上、航空、後方支援の4要素を自己完結する機能「MAGTF(マグタフ)」を県内で確保できる内容だ。

 辺野古新基地はオスプレイの拠点となる。北部訓練場の新たなヘリパッドは上陸する歩兵部隊を、空から支援するオスプレイや攻撃ヘリが使用する。鶏が先か、卵が先か、のように、部隊の拠点があるから訓練場が必要で、訓練場があるから拠点が必要という循環論法の関係が県内で成り立っている。

 つまり、普天間のような一部の機能ではなく、在沖海兵隊全体の県外移設を模索する方が軍事的合理性が高く、辺野古新基地建設に反対するなら、県内の基地機能強化につながるSACO最終報告に反対する方が整合性が保たれる。

 県内には、海兵隊以外にも、かなりの面積の米軍基地がある。例えば空軍嘉手納基地(1985ヘクタール)と、嘉手納弾薬庫(2685ヘクタール)の面積は計4670ヘクタールで、在日米軍の主要施設である三沢(1596ヘクタール)、横田(713ヘクタール)、厚木(506ヘクタール)、横須賀(236ヘクタール)、岩国(791ヘクタール)、佐世保(461ヘクタール)の6施設計4303ヘクタールを上回る。

 海兵隊は在沖米軍の兵力の6割、面積の7割を占め、県内からの撤退が実現すれば大幅な負担軽減になるが、沖縄が日米安保の負担をすべて放棄するわけではなく、非現実的な要求ではない

 

 最後に翁長知事にご忠告申し上げる。

初夢で「オール沖縄」の神輿から振り落とされる悪夢を見たとき、恐怖のあまりベッドから転げ落ちて骨折などしないように。

【おまけ】

防衛副大臣が東村に調整交付金を通知 2000万円増額

特定防衛施設周辺整備調整交付金の交付決定通知書を東村の伊集盛久村長(左端)に手渡す中嶋浩一郎沖縄防衛局長(中央)と若宮健嗣防衛副大臣

 【国頭・東】若宮健嗣防衛副大臣は4日、東村役場で伊集盛久村長や同村高江区の仲嶺久美子区長らと面談し、米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に伴う地元への財政支援として本年度新たに増額した調整交付金2000万円分の交付決定を伝えた。同席した中嶋浩一郎沖縄防衛局長が伊集村長に通知書を手渡した。

 東村は増額分を数年かけてヘリパッドに最も近い高江区のために使用する予定だ。

 伊集村長は財政支援の要請を受け入れてもらえたことに謝意を示し「高江区民が安心して生活できるよう、沖縄防衛局とも連携しながら最善を尽くして対応する」と述べた。

 同日、国頭村役場で宮城久和村長とも面談した。若宮副大臣によると、今回の両村訪問は「基地問題に取り組むにあたり、膝を交えて本音の話をする」ことが目的。

 面談後若宮副大臣は取材陣に対し、同訓練場の一部返還について「年内に返還できるよう、とにかく全力を尽くす」と強調した。【琉球新報電子版】

 

【追記】

■御知らせ■

美しい日本の憲法を作る

【憲法公開学習会 IN 琉球大学】

トランプ大統領が1月に誕生します。

世界は変わって、日米安保も見直される可能性出てきました。

 

中国が沖縄の領有権を主張してますが、この沖縄を守るためには、国防の強化を勉強する必要あります。

 

その要である、憲法を勉強しましょう!

 

 百田尚樹らの憲法ビデオも上映予定です。

 

 参加費無料です。ぜひ誰でもおいでください!!!!

      

●日時  2016年12月14日 19:00 - 21:00

 

●場所  琉球大学工学部 1号館3F 322教室

●会費  無料

●主催  ファイヤー和田 知久 琉球大学 工学部 情報工学科 教授
(兼)琉球大学 評議員、工学部 副学部長
〒903-0213 沖縄県西原町千原1番地

E-mail: wada@ie.u-ryukyu.ac.jp

 

FaceBookPage
https://www.facebook.com/events/196474700759769/

 

 

 

 http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/~wada/Welcome.html

 


忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

22日の「返還式」、知事の本意を知る踏み絵

2016-12-04 06:04:18 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■公開対談の御知らせ■

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

翁長知事が北部のヘリパッド建設を事実上容認したことで、沖縄2紙が猛反発。

これに驚いた知事が鎮火の記者会見を開いた。

だが、今朝の沖縄タイムスは知事批判の炎は鎮火どころか延焼の兆しさえみせている。

関連見出しを紹介する。

■三面トップ

オスプレイ配備分岐点

【翁長知事】 着陸対容認を否定

【日米政府】 県民に隠し続けた計画

【14年知事】 「配備撤回」公約当選(引用者ーこの部分の記事を文字起し

■社会面中段

高江 着陸帯阻止へ誓い

集会に250人 H地区 工事遅れか

 

県内では配備反対の県民大会が開かれ、抗議運動は普天間」飛行場のゲートを封鎖する辞退に発展。 しかし、12年10月に12機が飛来。13年1月、41市町村長や議長、県議らが参加し、配備撤回を求める建白書を安倍晋三首相に手渡したのも無視される形で、13年8~9月に残り12機が強行配備され、24機体制となった。当時那覇市長として建白書提出の中心的役割を担った翁長氏は14年11月の知事選で、辺野古新基地建設反対とオスプレイ配備撤回を公約に掲げ当選した。 「辺野古」では埋め立て承認取り消しの具体策を打ち出す一方「高江周辺ヘリパッド」は「今の状況では『分かりました』とは言えない」(15年12月)、「(当時を)強行に着手する政府の姿勢は到底要因で着ない」(16年7月)と慎重な物言いで反対とは明言せず、支持者からも「分かりづらい」と指摘があった。

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 米軍北部訓練場のヘリパッド建設を巡り「苦渋の選択」と発言した件について、翁長雄志沖縄県知事が2日、記者団に説明した内容は次の通り。

取材を終えて会見場を後にする翁長雄志知事=2日午後、県庁

 去る11月28日に行われた知事就任2周年合同インタビューでの私の発言について、一部のマスコミにおいてヘリパッド容認、公約違反であるとの報道がされた。このことは、私の真意とは大きくかけ離れており、本意ではないので、私の考えを正確にお伝えしたいと思う。

 まず、強調しておきたいのは、私は「建白書の精神に基づき、普天間飛行場の開鎖・撤去、辺野古新基地の建設・オスプレイの配備に反対」を公約に掲げており、オスプレイが使用するヘリコプター着陸帯については、一度も容認と発言したことはない。

 私は、先のインタビューにおいて、北部訓練場なども苦渋の選択の最たるものと申し上げた。

 SACO合意の着実な実施において、北部訓練場の約4千ヘクタールの返還について異議を唱えることはなかなか難しいということ、一方で、北部訓練場はSACO合意には含まれていなかったオスプレイが環境影響評価を行うこともなく飛び交っていること、さらには、ヘリコプター着陸帯の工事については、政府はことあるごとに、地元に丁寧に説明するとしているが、自衛隊ヘリコプターの投入や工事期間の一方的な短縮を行うなど、その実態はかけ離れたものとなっており、そのような政府の姿勢は到底容認できるものではない。

 そのようなはざまで県政を担う状況を「苦渋の選択」と申し上げたところであり、決して容認したわけではない。

 私は、2年前の知事選挙で辺野古に新基地を造らせないこと、オスプレイ配備に反対することを公約に掲げ、信念をもって取り組んでいる。

 今後も、辺野古に新基地を造らせないことを県政の柱とし、県の有するあらゆる手法を用いて取り組むとともに、普天間飛行場の5年以内運用停止等の実現、また、オスプレイの県外配備の実現に向けて取り組んでいく。

 それによって東村高江周辺のヘリコプター着陸帯の存在価値は失われ、この問題は収斂(しゅうれん)されていくものと考えている。

 引き続き、「建白書の精神に基づき、普天間飛行場の開鎖・撤去、辺野古新基地の建設・オスプレイの配備に反対」との公約の実現に向けて取り組んでいく。県民の皆さまの御理解をよろしくお願い申し上げる。

 返還式典については、現時点で案内はないので、言及することは差し控えたいと思う

                                          ☆

 翁長事が、高江ヘリパッド建設を事実上容認した。

 

知事の「容認」発言で、沖縄2紙は、これまで封印してきた知事批判解禁し、一斉に知事批判を開始した。

 

新聞の知事批判に対し、知事は「オスプレイ配備撤回で物事は収れんされるのではないか」と釈明するが、「既にオスプレイは飛んでいる。知事は一度も現場を見に来ていない」「公約違反だ。高江を切り捨てるのか」など支援者の批判の声が上げている。

 

高江ヘリパッド建設で県民の目は高江界隈に集中しがちだが、知事はすでに辺野古基地の陸上工事を容認している。

 
翁長知事のヘリパッド容認で、知事に対する国の包囲網は日に日に狭まってきた。
 
今月22日に予定されている北部訓練場の「返還式」への出席について、知事は「現時点で案内はないので、言及することは差し控えたいと」と態度を明らかにしていない。
 
だが、最大規模の米軍基地返還の祝典に、県知事が招待されないはずはない。
 
この期に及んで翁長知事が出席拒否をするとは考えにくい。
 
では、出席した場合知事が「返還歓迎」を意味する慶賀のコメントをするか。
 
それとも沖縄2紙の批判を恐れて「(返還)反対」のコメントをするか。
 
22日の「返還式」は、国と対決してきた翁長知事の今後の姿勢を占うリトマス試験紙である。
 
琉球新報は「出席」しただけで、「知事の本意が分かるなどと脅迫めいた記事で知事の出席をけん制している。

 

 

 「知事本意、式典出席可否で分かる」 着陸帯反対で市民ら集会

 

 
米軍北部訓練場の新たなヘリパッド建設に反対して座り込む人々=3日午前、東村高江の同訓練場「N1地区」ゲート前

 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で3日午前、市民ら約250人が同訓練場「N1地区」ゲート前で集会を開き、建設に反対する意思を示した。
 この日は毎週土曜の一斉行動の日で、月曜と水曜にも実施されている。
 元裁判官でうるま市具志川9条の会の仲宗根勇共同代表はあいさつで、翁長雄志知事がヘリパッド建設を容認したと報道されたことを「不本意」としたことについて「その弁明が本物かどうかは、22日に予定される返還式典に翁長知事が出席するかどうかで分かる」と指摘した。【琉球新報電子版】

22日の「返還式」は翁長知事が敵か味方かを炙り出す踏み亜である。

翁長知事が「返還式」に集積した瞬間、「市民ら」は翁長知事を敵と看做し、沖縄2紙と同様に知事批判を開始するだろう。

翁長知事は決して「良い正月」を迎えることは出来ないだろう。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

鎮火に大童の翁長知事、「苦渋の選択」でヘリパッド容認

2016-12-03 08:57:06 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

■公開対談の御知らせ■

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

「苦渋の選択」とか「断腸の思いの決断」などの文言が沖縄の新聞の見出しで目に付く。

これらは政治家が沖縄2紙の論調とは反対の決断をしたとき、沖縄2紙に媚を売るために使われる枕詞だ。

ちなみに桑江沖縄市長は「断腸の重い」でキャンプキンザーの倉庫群を受け入れ、防衛局担当者と面談のときは、嬉しそうにしていたが、芝居が下手なのか、それとも「断腸」で好物の「中身汁」でも想いだしていたのか・・・。

だが、こんな枕言葉で媚を売られても沖縄2紙の批判の矢を止めることは出来なかった。 沖縄2紙は2日付社説で翁長知事攻撃の揃い踏みである。

沖縄2紙は「沖縄の世論は沖縄2紙が作る」と豪語する。 つまり沖縄2紙が白を黒と判断したら黒が沖縄の世論ということだ。

翁長知事がヘリパッド建設を「苦渋の選択で容認」した。 容認とは紛れもなく受け入れ認めたことであり、少なくとも反対ではないはずだ。

 翁長知事は先月、菅官房長官から「北部訓練場の過半を年内に返還する」と告げられ、喜びで舞い上がってつい「大歓迎」とコメントした。

北部訓練場の返還はヘリパッド建設の完成が前提条件であり、北部訓練場の返還は、ヘリパッド建設を認めたことになる。

ところが、県議会で共産党議員に「新基地建設反対との整合性」を追求され、「歓迎だが反対」などと意味不明なコメントを知事公室長に代弁させ、その場を繕った。

だが一旦点火された知事批判の炎を鎮火させるのは至難の業だった。

以下、思いの外沖縄2紙の知事批判が激しいのに驚いた知事が、鎮火のために再度開いた記者会見のもよう。

 

知事「着陸帯容認せず」 「反対」明言なし

 

 知事就任2年を前にしたインタビューで北部訓練場内のヘリパッド建設について「苦渋の選択」と述べたことについて、翁長雄志知事は2日、記者団に対して「ヘリパッドは容認できない」と改めて示した。一方、ヘリパッド建設に明確には反対しなかった。

 翁長知事は「北部訓練場の約4千ヘクタールの返還に異議を唱えるのは難しいこととオスプレイが使用するヘリコプター着陸帯は容認できないこと、そのはざまで県政を担う状況を『苦渋の選択』と言った。決して容認したわけではない」と説明した。
 一方、知事選の公約発表会見で「ヘリパッドはオスプレイの配備撤回を求めている中で連動し反対する」と言及したことの整合性については「その時点の私の認識という意味では間違いない。今日、『容認できない』と言うことは(公約に)違反しているとは思っていない」との認識を示した。
 北部訓練場のヘリパッドとの向き合い方について、翁長知事は「公約であるオスプレイの県外配備実現に向けて取り組んでいく。それによって東村高江周辺のヘリ着陸帯の存在価値は失われ、この問題は収れんされていく」と語った。
 返還式典に出席するかについては「現時点で案内はないので言及は差し控える」とした。11月28日に実施した報道各社のインタビューで、翁長知事はヘリパッド建設について「苦渋の選択の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは難しい」と述べ、本紙などは「建設を事実上容認」と報じた。

 

 

さて、今朝の沖縄タイムスから米軍基地関連の見出しを拾ってみよう。

■一面中段

知事「容認ではない」

ヘリパッド「苦渋の選択」発言説明

 

時期米国務長官

マティス氏起用

トランプ氏方針 文民統制に懸念

■二面トップ

「オール沖縄」弱体化警戒

知事就任後「反対」は封印

嘉手納の他は撤去主張

隊者工事 10日前後に着手

防衛局 シュワブ内へ資材搬入

「北部」部分返還

22日名護で式典

返還日に合わせる

■三面トップ

知事、「公約違反」を回避

「苦渋」発言で会見

県と与党に安堵感

野党追求「後付け説明」

■第二社会面 中段

「たばこ吸い工事」

高江 市民が労基署に訴え

■知事淡々 一転硬い表情

「苦渋の選択」発言 持論繰り返す

■七面トップ

米トランプ政権 国防長官に

 

あだ名は「狂犬マティス」

批判恐れぬ物言い

沖縄基地 強化の恐れ

マティス氏 海兵隊増強に意欲

 

【速報】<米軍ヘリパッド>翁長知事「決して容認していない」 発言の真意を説明

 翁長雄志知事は2日、沖縄県庁で記者団の取材に応じ、北部訓練場のヘリパッド建設に関連した「苦渋の選択の最たるものだ」との発言が建設容認と受け止められていることに「決して容認したわけではない」と説明した。

翁長知事

 「苦渋の選択」発言の真意は、発言の前提に①4千ヘクタールの基地返還に異議を唱えるのが難しい②自身が配備撤回を求めるオスプレイが離着陸するヘリパッド建設は、容認できない―という二つの判断を同時に選ばねばならない状況だと指摘。「そのようなはざまで県政を担う状況を『苦渋の選択』と申し上げた」と強調した。

 その上で「オスプレイの県外配備の実現に取り組むことで、ヘリパッドの存在価値は失われ、この問題は収れんされていくと考えている」と改めて話した。

                       ☆

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

9秒でまるわかり!

  • 高江ヘリパッド事実上容認との報道に、翁長知事「不本意だ」
  • 北部訓練場はオスプレイ使用が前提となるため「苦渋の選択」
  • オスプレイ使用は本来のSACO合意とは違うとの認識を示した

 翁長雄志知事は29日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設で「苦渋の選択」との自身の発言が事実上の容認と報道されたことに関し、真意ではなく「不本意だ」との認識を示した。県庁で記者団に語った。

 

 知事は、苦渋の選択は、オスプレイの使用が前提となっている「北部訓練場の返還

(を容認すること)」だと説明。オスプレイを対象とした環境影響評価が実施されていないにもかかわらず、オスプレイが使用するヘリパッドが造られることは「容認していない」と述べた。また、1996年のSACO合意にはオスプレイの使用が含まれていなかったとし、現計画に関し「本来のSACO合意とは違う」との認識を示した。

 

 

沖縄タイムス+プラス ニュース

 【解説】翁長雄志知事が、米軍北部訓練場のヘリパッド建設で「苦渋の選択の最たるものだ」と発言した。「苦渋の選択」は、歴代の保守系政治家が米軍基地の移設を受け入れる際に繰り返してきた言葉であり、知事が建設を“容認”したとの受け止め方が広がるのは確実だ。知事は出馬前の政策発表で建設反対を明言しており“公約違反”の批判が上がることも避けられない。(政経部・吉田央)

記者からの質問に答える翁長雄志知事=28日、県庁

 知事が政策発表でヘリパッド建設に反対した論理構成は、こうだ。

 オスプレイの配備撤回を求める↓北部訓練場に建設されるヘリパッドではオスプレイが運用される↓自身が撤回を求めるオスプレイが離着陸するのなら、建設は認められない。

 このとき知事と政策担当者は、建設と引き換えに約4千ヘクタールの広大な米軍基地が返還される重みを理解しながらも、新たな基地機能強化への反対を分かりやすく訴えることを重視した。

 もともと、知事を支える政治勢力の「オール沖縄」は(1)普天間飛行場の県内移設断念(2)オスプレイの配備撤回-を求める「建白書」の理念で保革が集結しており、ヘリパッド建設は含まれていない。

 特に、知事を支援する保守系の勢力内には「大規模な基地返還が実現するなら、基地内移設はやむを得ない」との見方がある。知事周辺には辺野古新基地とヘリパッドの両方に反対すれば、革新勢力と一体化するとの懸念もあった。

 こうした事情から、知事は移設を強行する政府の手法を批判しつつ、建設反対の表明は控えてきた。ただ、ヘリパッド建設は米軍基地返還の代わりに、県内へ代替施設を強いるという、沖縄の負担軽減が遅れる典型的な構図だ。

 知事が選挙戦の政策に建設反対を掲げていた事実も重く、29日に始まる県議会11月定例会で整合性を問われることは必至だ。

                        ☆

「あらゆる手段を使って辺野古には新基地を作らせない」

翁長知事は14年の沖縄県知事選でそう主張して当選した。 国と対決した違法確認訴訟でも、仮に県の敗訴が確定したら「判決に従がう」と言質をとられながら「あらゆる手段で辺野古阻止」と主張している。

その一方で翁長知事は、SACO合意そのものは認める立場を取ってきた。合意には、北部訓練場の他にも普天間飛行場やキャンプ桑江など県内の米軍基地を整理した上で、順次返還するメニューが並んでいる。

この合意を否定するのは、沖縄の基地負担の軽減を職務とする沖縄県知事として困難だ。 

 
 「北部訓練場なども苦渋の決断の最たるものだ。約4000ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは、なかなか難しい」

これは11月28日、沖縄県の翁長雄志知事が就任2年のタイミングにあわせて行った記者会見での発言だ。

この発言をめぐり、2014年の知事選以来、沖縄2紙が封印してきた「知事批判」が解き放たれた。

翁長知事と地元紙の蜜月関係が崩壊した瞬間である。

これまで翁長知事は、高江のヘリパッド建設工事と北部訓練場の返還については「賛否の発言を避けてきた。

高江にヘリパッドが完成すれば、北部訓練場の過半が返ってくる。

新聞論調の合わせて工事に反対すれば、「北部訓練場の返還にも反対するのか」との批判を受けるのは必至だ。

その一方で、自らの支持基盤である「オール委沖縄」を中心にした革新政党や団体は、ヘリパッドの建設に強く反対しており、翁長知事は、自ら発した「腹八分腹六分」の板挟みのジレンマに陥っている、

翁長知事がヘリパッド工事の賛否にお明言避けてきた理由はここにある。

11月28日の記者会見に対する沖縄2紙の猛反発に驚いたおきな長知事は、火消しのために開いたのが121日の記者会見だが、相変わらず「多弁だが空虚な」コメントに終始し、結局沖縄2紙の批判を沈下させるには至らなかった。

知事の意味不明な答弁を記事から拾ってみよう。

記者「返還を受け入れるということは、ヘリパッドを容認したと受け止めた。

知事「一つを選ぶということではなく、二つを考えないといけないということで、苦渋の決断と申し上げた」

さらに知事は、ヘリパッド完成が真近に迫る中、工事をとめる具体的行動をしていないとする問いには「私が手で(オスプレイを)捕まえて止められるのであれば別だ」と語っている。

ちなみに現在ではすっかりオスプレイ容認派になった佐喜真宜野湾市長だが、2003年に当時の翁長那覇市長に率いられ、「オスプレイ反対」の東京行動に参加した前後は、「(空手の)正拳突きでオスプレイを落とす」などと、コメントしていた。

佐喜真市長については、以前翁長那覇市長と一緒に「オスプレイ反対」の音頭とりをしたり「正拳突きでオスプレイを落とす」などのバカげた発言をしたので「本物のバカ」と批判したら、支援者からクレームがついたことが有った。「本物のバカ」が新登場!小池議員の沖縄紙批判に反論?2013-04-02 その後、翁長那覇市長の呪縛が解けたような言動だったので「本物のバカ」を撤回した経緯がある。

 

知事の「容認発言」で怒り狂った沖縄2紙だが、結局「多弁だが空虚な」弁解では琉球新報、沖縄タイムスの二紙の怒り沈静化させること出来なかった。

琉球新報は、識者のコメントで次のように皮肉っている。

知事は前知事と同じように『いい正月』を迎えるのだろう。2013年の年末に県民が見た悪夢が再びよみがえった。これで知事は『自ら進んで米軍に基地を差し出した沖縄県知事』として歴史に刻まれることになる。知事を信じて闘ってきた人々への裏切り行為は断じて許されない」(11月29日付『琉球新報』30頁)

  

【おまけ】

 >

>「たばこ吸い工事」

>高江 市民が労基署に訴え

 

ヘリパッド建設完成を目前にして、県警は本気に極左暴力集団の工事妨害には逮捕で対応。

なす術を失った「市民ら」は労基署のお手伝いを始めたようだ。(爆)

法令にしたがって拳を突き上げるだけでは退屈だし、腕が疲れるので工事人の喫煙をチェックしているのだろう。

政府圧力に屈しない 辺野古・高江 市民、運動拡大へ

 

 
「政府の圧力に屈せず頑張ろう」とシュプレヒコールを上げる米軍北部訓練場のヘリパッド建設に反対する市民ら=30日午後、東村高江の米軍北部訓練場N1地区ゲート前

 【名護・東】県警が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設の抗議行動をしていた4人を威力業務妨害容疑で逮捕してから一夜明けた30日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前や東村高江の米軍北部訓練場N1ゲート前では建設に反対する市民らが連日と同様集まった。市民らは「抗議行動は絶対に萎縮しない」などと声を上げ、抗議行動のさらなる拡大を誓った。

 キャンプ・シュワブのゲート前では、市民らが30日午前9時ごろから新基地反対を示すプラカードを掲げて抗議行動を展開した。29日午前のテントでの家宅捜索現場に居合わせた伊波佳(よし)さん(74)=金武町=は「とても悔しく恐ろしさも感じた。『なぜ今ごろ』という思いだった」と振り返り、「立ち向かわないといけない」と語気を強めた。

 沖縄平和市民連絡会の城間勝事務局長は「県民を分断し、(運動の)広がりを防ごうという弾圧だ。決してめげない」と批判。その上で抗議の意思を示す大規模な集会などを開催する必要性を強調した。

 米軍北部訓練場へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)に抗議する市民らが集会を開いたN1ゲート前には30日、午前7時ごろから約250人が集結した。

 沖縄平和運動センターでの家宅捜索に立ち会った大城悟事務局長は「平日だが参加者が多い。弾圧に負けない意志の表れだ」と強調。「山城博治議長に関してはできるだけ勾留を長引かせようという意図が感じられる。運動の萎縮を狙った政府の圧力には絶対屈しない」と話した。元裁判官でうるま市島ぐるみ会議の仲宗根勇共同代表は「ブロックを積む抗議は警察官も見ていたはずだ。なぜその場で止めなかったのか。萎縮せず、より多くの人で座り込もう」と訴えた。

 

【おまけ】2

 返還”で(2016/10/08 20:54)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000085153.html

 菅官房長官が沖縄のアメリカ軍・北部訓練場について年内の部分返還を目指す考えを示したことに対して、翁長沖縄県知事は「大変、歓迎している」と述べました。

 菅官房長官:「米軍に対して、年内返還という形でこれから交渉していきたい。世界自然遺産登録の要望があったので政府として全力で支援したい」菅長官は、上空から広大な北部訓練場や返還条件となっているヘリパッドの建設を視察しました。

日米両政府は北部訓練場の半分、約4000ヘクタールの返還で合意していて、今回、実現すれば、沖縄県のアメリカ軍施設の面積は2割近く減ることになります。翁長沖縄県知事:「県の方針としても『早めに返してくれ』ということですので、大変、歓迎しながら返還については承ったわけです」
04


 8日午後に行われた会談で、北部訓練場について説明した菅長官に対し、翁長知事は早期返還を求める県の考えと合致するとして歓迎する姿勢を示しました。
59

 

 

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄県警、辺野古違法テントを家宅捜索!

2016-12-02 14:11:03 | 辺野古訴訟

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

 

 

【祝】沖縄県警、ついに辺野古違法テントを威力妨害容疑で家宅捜索! プロ土人「工事再開前の弾圧だ」と発狂

 
1: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 12:41:13.41 ID:0IoyathG0
県警は29日午前、威力業務妨害容疑で、名護市辺野古の新基地建設に反対する市民が拠点にしている米軍キャンプ・シュワブゲート前のテントや海上行動をしている市民が使うテントの家宅捜索を始めた。
市民らによると、ゲート前のテントでは約30人の捜査員が午前8時ごろには立ち入り禁止のテープを貼って捜索を始めており、午前9時40分現在も続けているという。

【琉球新報電子版】
9eca91a39e3dff27272c379e5e6b473f

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-402898.html

沖縄タイムス辺野古・高江取材班@times_henoko

11月29日午前10時16分、県警は名護市辺野古漁港の近くにある新基地建設反対運動の拠点、通称「テント2」を威力業務妨害容疑で捜索しました。
これに先立ちキャンプ・シュワブゲート前のテントも捜索。
市民は「工事再開前の弾圧だ」と抗議しました。

30

https://twitter.com/times_henoko/status/803414364900364288
 



12: フロントネックロック(西日本)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 14:57:16.20 ID:FBlcacVj0
そもそも違法ですし

10: 腕ひしぎ十字固め(宮城県)@\(^o^)/ [IT] 2016/11/29(火) 13:57:58.40 ID:l+vneWA80
>>1
他人、国、県の土地に勝手にテント張っていいと思ってる馬鹿がいるのか・・

こんなの何処の県でもアウトなんだが

3: オリンピック予選スラム(空)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/29(火) 12:43:05.35 ID:WslH+MZI0
翁長もヘリパッド賛成に回ったし左翼は風前の灯だな

【沖サヨ発狂】翁長知事、ヘリパッド建設を事実上容認「苦渋の選択の最たるものだ」




7: 中年'sリフト(岩手県【12:46 岩手県震度2】)@\(^o^)/ [ID] 2016/11/29(火) 12:51:16.79 ID:snmEXf9i0
違法テントはダメだよ~
日本語読んでね~
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1480390873/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「孔子廟は宗教施設か?」本論入らず却下/那覇地裁

2016-12-02 06:54:05 | 未分類

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

 100万アクセス達成のため拡散を!

祝!80万回アクセス達成!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

 

 

 

■公開対談の御知らせ■

 

 

 

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

 

 

 

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 ご報告が遅れましたが11月29日那覇地裁は那覇市を相手取った政教分離の住民訴訟で、住民側の請求を却下する判決を下しました。 門前払いともいえる原告の請求却下なので控訴しても勝ち目がないと、考える人も居るでしょうが、実際はその逆で、本件の場合控訴したら勝訴の可能性が極めて高いので勿論控訴するとのことです。

ここで、民事訴訟の判決における棄却と却下の違いについて説明します。

民事訴訟で裁判所が受理した訴訟について、審理の結果、提訴に理由がないとして請求などを退けるのが棄却。

申立て自体が不適法であるとして、理由の有無を判断しないで、門前払いをするのが却下。

行政訴訟の場合、最初は行政府に対する監査請求から始まるのですが、本件の場合監査請求をした時点で「時効」に引っかかり、監査請求を拒否されたので住民訴訟に提訴したわけです。

本件の場合判決は、監査請求の時点で「時効」に引っかかった点を理由に、請求自体が不適法として却下しましたが、原告代理人の徳永弁護士によると、行政府側に重大な法令違反が有る場合は「時効」は適用されないとのこと。

本件は那覇市が私有地を、久米崇聖会という個人団体の孔子廟などの宗教施設に無償で貸与しているので、憲法20条の政教分離の原則違反であり、那覇市が重大の法令違反を侵しているは明らかである。

したがって、原告請求の時効は適用されないので、控訴の理由になるという。

もう一つ、本件は提訴以来2年半に渡って政教分離については審議は尽くされており、却下理由の審査請求の手続きさえ完備すれば、勝訴の可能性が高い案件でもある。

結論として、控訴する場合次の2点に焦点を絞るとのこと。

1)政教分離は憲法違反の重大案件に相当するため、「時効」は請求手続きの瑕疵にはならない。

2)念のため、改めて監査請求をして「時効」の)瑕疵を消滅させる。

政教の審議については、過去2年半に渡り審議されており、釋奠祭禮など、一般の沖縄県民にとって全くなじみのない久米崇聖会特有の宗教行事であり、久米三十六姓の子孫以外は参加できない閉鎖的宗教行事そのものであり、誰もが知っているエイサーや爬竜(はりゅう)船競漕(ハーリー)のような世俗化した沖縄の習俗とは全く別の宗教行事そのものである。

孔子廟は、久米三十六姓が沖縄に持って来た中国の宗教施設であって、一般の沖縄県民にはなじみの薄いものだ。

 

孔子廟を市民の公園である松山公園に設置し、無償で使用させているのは、私的な団体である久米崇聖会に特段の便宜を与え、その宗教的活動を容易にするものだ

北海道での判例や、久米崇聖会が公有地で宗教行事を行っている証拠は他にも多数あるので、判決は審議を省略して下される可能性が高い。

なお地裁判決日当日、チャンネル桜沖縄支局で、原告代理人らの説明会が行われました。

詳しくは下記【動画】をご参照下さい。

 

 

 

「孔子廟は宗教施設か?」本論入らず却下/那覇地

 那覇市が特定の団体に市有地を無償で貸与し、久米至聖廟(孔子廟)の建設を許可している問題の訴訟で、那覇地裁(森鍵一裁判長)は29日、原告の訴えを全面的に退けた。使用料免除にかかる原告の監査請求は有効期間の1年を経過しており、訴えは「不適法」だという理由。

800

敗訴を受け記者会見する原告の金城テルさん(左)と徳永信一弁護士(左から2人目)=29日午後、沖縄県庁記者クラブ

 原告の金城テルさんは、「市の公園を久米崇聖会専用の場所として使わせているが、これでいいのか」と無念さをにじませた。

 原告代理人の徳永信一弁護士は、「争点になるべきだったのは、儒教は宗教か、孔子廟は宗教施設かだった。本論に入る前の形式的な問題で却下され、キツネにつままれた思いだ」と述べた。徳永氏は監査請求をやり直し、改めて訴訟を起こすと同時に、控訴審でも争う意向を示した。
(那覇・豊田 剛)

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

犯罪者を英雄に仕立て上げる沖縄2紙が翁長知事に噛み付く

2016-12-01 08:26:00 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

 

■公開対談の御知らせ■

 

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

 

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

機動隊「土人」発言から約一ヶ月経過した。

沖縄2紙にとって追い風になるはずの「土人」発言が、逆にブーメランとなるとは沖縄2紙にとっては想定外だった。

昨日のエントリーの冒頭で次のように書いた。

10月末に起きた機動隊「土人」発言で、沖縄2紙は暴走しすぎて強力なブーメランを受けることになる。

沖縄2紙の「善良な市民を狂暴な機動隊が弾圧する」といったデタラメを連日報道したため「ノーカット版動画」らネット動画や産経新聞の現地取材報道が「沖縄2紙は捏造新聞」という事実を全国民の前に晒してしまった。

 

沖縄紙が英雄に仕立てあげた山城博治容疑者が再逮捕された。

集団リンチのリーダー逮捕に対し、あたかも沖縄の英雄が逮捕されたかのように抗議する「市民」が今でもいるのには驚きを禁じ得ない。

今朝の沖縄タイムス社説は、早速「英雄の逮捕劇」に批判の矢を浴びせている。

社説[山城議長また逮捕]露骨な政治的逮捕劇だ 沖縄タイムス。

沖縄タイムスとは双子のような同じ論調の琉球新報もこの通り、山城逮捕には不満の様子・

<社説>平和センター捜索 不当な弾圧許されぬ 基地建設に警察が加担琉球新報

沖縄2紙が嘘報道を撒き散らし、一般県民を騙した罪は限りなく重い。

沖縄の米軍基地問題は、翁長知事の「ヘリパッド建設容認」や辺野古違法確認訴訟の全面敗訴で八方塞がりの沖縄2紙だが、最後の望みをかけたトランプ次期大統領の「沖縄海兵隊撤去」が、逆に「維持・増強」とのことで完全に追い詰められてきた。 「祝電」も悪足掻きの象徴に過ぎなかった。

沖縄2紙には「困ったときのアンケート」という風説が有るが、米軍基地問題で行き詰まった沖縄2紙には「困ったときの沖縄戦」というもう一つの切り札がある。

本日の沖縄タイムスはもう一つの切り札「集団自決」で一面トップを飾っている。 集団自決と教科書問題を記事にするのはよしとしても、なにこの時期に一面トップにする必要はないはず。

米軍基地問題では万策尽きたという感じの沖縄タイムス記者の顔が目に浮かぶ。(涙)

沖縄戦関連記事を唐突に一面トップ出報道するのは一週間前、琉球新報が、国頭村で日本兵が「住民虐殺」との大見出しで一面トップを飾っている。

沖縄タイムスも負けじと11月28日の第二社会面を「沖縄戦関連記事」で埋めている。

ウェブ記事には掲載されていないので、記録保存のため以下に文字起ししておく。

 2015年11月28日 沖縄タイムス第二社会面トップ 

「国、戦いの真実ねつ造」

石原名誉教授が講演

石原昌家沖縄国際大学名誉教授の講演会「沖縄戦の真実を取り戻す」が26日、那覇市の船員会館であり、」石原名誉教授は沖縄戦の「集団自決(強制集団死)」について「日本政府は援護法の上では軍関与を認めながら、教科書検定では関与を否定している」と矛盾を指摘した。主催は「琉球・沖縄の自己決定権を回復し、樹立する会」。石原名誉尾教授は、沖縄戦に巻き込まれた非戦闘員の老若男女を1950年代に日本政府が援護法の適用対象としたため、遺族年金を求めて多くの遺族が適用申請したと説明。遺族への支給と平行して、住民の犠牲者が靖国神社に戦争協力者として合祀されることになった経緯を振り返った。遺族らの心情について「ひどいい目にあった保証金、と思って遺族年金を受取っているケースが多い。」と代弁。「政府は遺族の弱みに付け込み沖縄戦の真実を都合よく捏造している」と強調した。

                           ☆

短い記事ながら突っ込みところ満載であり、これを書いた記者が「援護法と国の歴史捏造」のデタラメさを理解しているか疑わしい。

ここで、この問題に深く立ち入るのは避け、過去に石原教授を批判したエントリーを引用しておこう。

援護法」、住民ぐるみの公金詐取! 2012-01-28

 

さて、翁長知事は県知事に立候補したときから「(自分は)根っからの保守」「腹八分腹六分」などと意味不明の言動を撒き散らし、保守とは水と油の共産党・社民党ら極左勢力の担ぐ「オール沖縄」という神輿に乗って知事の座を獲得した。

爾来、沖縄2紙は矛盾の塊のような翁長知事の言動にはなるべき批判どころか擁護する立場をとってきた。

ところが、辺野古違法確認訴訟の全面敗訴や知事の「ヘリパッド容認」におより、ついに狼の、いや、ハイエナの本性を剥き出しにして、翁長知事に対し「公約違反」など批判の矢を浴びせかけた。

驚いた翁長知事、「報道は不本意」などと不満をあらわにしたが、元々が矛盾の「オール沖縄」の神輿に乗ったツケが回って来た似すぎず、沖縄2紙が批判を開始するのは時間の問題だった。

翁長知事の唯一の弁解は「オスプレイの使用には反対」を挙げているが、今時「危険な欠陥機オスプレイに反対」などというのは沖縄2紙と翁長知事くらいのもの。 今時「オスプレイ反対」を県知事が公式見解としたら世界のものわらいであり、説得力は皆無である。

翁長知事「報道は不本意」 オスプレイの使用には反対

沖縄タイムス 2016年11月30日 07:47

 

 翁長雄志知事は29日、米軍北部訓練場のヘリパッド建設で「苦渋の選択」との自身の発言が事実上の容認と報道されたことに関し、真意ではなく「不本意だ」との認識を示した。県庁で記者団に語った。

翁長雄志知事

 知事は、苦渋の選択は、オスプレイの使用が前提となっている「北部訓練場の返還(を容認すること)」だと説明。オスプレイを対象とした環境影響評価が実施されていないにもかかわらず、オスプレイが使用するヘリパッドが造られることは「容認していない」と述べた。また、1996年のSACO合意にはオスプレイの使用が含まれていなかったとし、現計画に関し「本来のSACO合意とは違う」との認識を示した。

                    ☆

翁長知事が沖縄2紙の知事批判に対し、「心外」などと憤懣やるかたない状況だが、沖縄2紙はおべんちゃら記事を書くときも、批判記事を書くときもまるで申し合わせでもしたかのように、同じ論調で牙をむく。

以下双子のように同じ論調で翁長知事を批判する社説。

社説[知事 ヘリパッド容認]県の迷走ぶりが際立つ

 

沖縄タイムス 2016年11月30日 07:52

 翁長雄志知事が北部訓練場で進められているヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設を事実上、容認した。

 報道各社とのインタビューで、翁長知事は工事を強行する政府の姿勢に疑問を呈しつつも、「苦渋の選択の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ることに異議を唱えるのは難しい」と述べた。

 この問題に対する県の対応はあまりにもあいまいで、ちぐはぐだ。

 2014年の県知事選の政策文書の中には「オスプレイ配備撤回」は明記されているが、「ヘリパッド建設反対」には触れていない。ただ、知事選の政策発表では「オスプレイ撤去と県外移設を求める中で、高江のヘリパッドは連動して反対していく」と語っている。

 知事を支える保守系の人たちからは「大規模返還が実現するなら基地内移設はやむを得ない」「知事は革新に傾きすぎる」との不満がくすぶっていたのも確かだ。

 板挟みの中で翁長知事は21日、オスプレイの運用を前提にした環境影響評価(アセスメント)を再実施するよう防衛省に要請したが、翌22日の参院外交防衛委員会で防衛省は再実施の予定がないことを明らかにした。

 アセスの再実施の見通しもないまま、翁長知事はヘリパッド建設を事実上、容認してしまったのである。

 ヘリパッド建設をどう見るか、突き詰めて考え、きちんと問題を整理してこなかった付けというしかない。後手後手の対応が続くようでは政府に振り回されるだけである。

■    ■

 東村高江周辺では連日、市民による体を張った反対行動が続き、けが人も続出している。知事の反対表明を期待していた人々にとって容認発言はハシゴをはずされたようなものだ。

 しかも、県はキャンプシュワブ陸上部分の隊舎工事再開を認めたばかり。「辺野古・高江」を一体のものととらえる反対派市民の反発と落胆は大きい。

 保革の枠を超えて知事を支えてきた政治勢力の「わだかまり」や「不満」はあちこちで表面化しており、知事発言がさらに内部の亀裂を深め、「アリの一穴」になるおそれがある。政府・自民党がその先に見すえているのは、2年後の知事選だ。その動きはすでに始まっている。

 翁長知事は、名護市辺野古の新基地建設について、知事権限を駆使して阻止していく考えをあらためて強調した。だが、ヘリパッド「事実上容認」の波紋は広がっている。

■    ■

 北部訓練場の過半返還は、返還面積を大きくし、大規模返還であることを印象づけるために打ち出されたものだ。

 不要な土地を返還する見返りに、海兵隊は新たに6カ所のヘリパッドを手に入れ、上陸訓練も可能となった。

 オスプレイ訓練に伴う貴重な自然や住民生活への影響を考えれば、6カ所のヘリパッド建設は無理な計画であることが明らかだった。

 にもかかわらず、米軍の強い要求に抗しきれず、住民説明も極めて不十分なまま、工事が強行されたのである。

                                  ☆

<社説>知事ヘリパッド容認 原点に立ち返るべきだ 基地負担軽減に逆行する

 

 県民を裏切る重大な公約違反と断じざるを得ない。過重な米軍基地負担軽減を求める民意に背くものであり、容認できない。

 翁長雄志知事が東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)新設を事実上容認した。
 知事選公約で「ヘリパッドはオスプレイの配備撤回を求めている中で連動し反対する」としていたことに反する。
 知事のヘリパッド容認は、騒音などが増す東村高江区民の生活環境破壊をいとわない政府に、知事自らが手を貸すことにほかならない。再考を強く求める。

 切り捨て許されぬ

 知事は北部訓練場の過半返還について「苦渋の決断の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは難しい」と述べた。ヘリパッド新設を返還条件とする政府の強硬姿勢に屈したとしか見えない。
 返還される約4千ヘクタールは米軍が「使用不可能」とする土地だ。返還されて当然の土地であり、ヘリパッド新設反対と過半の返還を受け入れることは矛盾しない。
 北部訓練場も普天間飛行場などと同様に、米軍によって奪われた土地である。本来ならば、知事は北部訓練場の全面返還を求めてしかるべきである。「異議を唱えるのは難しい」とすること自体、理解に苦しむ。
 知事は「オスプレイの配備撤回があれば、ヘリパッドもなかなか十二分には運用しにくいのではないか」と述べた。楽観的過ぎる。
 県内全41市町村長と議長らが2013年1月、オスプレイ配備撤回などを求める建白書に署名したが、政府は一顧だにしない。そのような状況で「配備撤回があれば」との仮定の話をすることは、無責任のそしりを免れない。高江では既に2カ所のヘリパッド運用が始まっている。
 高江では8月ごろまでオスプレイが午後10時以降も離着陸訓練を繰り返しているのが確認されている。その影響で眠れずに睡眠不足の児童らが欠席する事態も起きた。残りのヘリパッドが完成して本格運用が始まれば、昼夜を問わずオスプレイの騒音に区民がさらされるのは目に見えている。
 ヘリパッド容認は、今後も騒音被害などを高江区民に押し付けることを認めることである。それを「苦渋の選択」で片付けられては、区民はたまらない。
 人口約150人の高江を切り捨てることは断じて認められない。知事は高江を訪れて区民の声に耳を傾けるべきである。

 欺瞞に満ちたSACO

 知事は「SACO(日米特別行動委員会最終報告)の着実な実施と地元2村との信頼などを考える中で、オスプレイ配備撤回で物事は収れんされるのではないか」としている。
 SACO合意が沖縄の基地負担軽減につながると、知事は考えているようだが、果たしてそうか。
 基地負担軽減を装うが、SACO合意の本質は古い基地を返す代わりに、日本側が最新鋭の基地を提供して在沖米軍基地を強化することにある。その分、県民の過重な基地負担はさらに増すことになる。県民要求に逆行する。
 辺野古新基地と北部訓練場の新たなヘリパッドを連動させた北部の基地強化がSACO合意の狙いだ。欺瞞(ぎまん)に満ちたSACO合意を批判し、辺野古新基地とヘリパッド新設に反対を政府に突き付けることが知事の取るべき態度だ。
 知事は15年5月の辺野古新基地建設断念を求める県民集会で「うちなーんちゅ、うしぇーてー、ないびらんどー(沖縄人をないがしろにしてはいけませんよ)」と述べた。ヘリパッド容認は高江区民をないがしろにしている。そのことに知事は気付いてほしい。
 県民要求を実現させることが知事の務めである。知事はいま一度その原点に立ち返り、ヘリパッド容認を撤回すべきだ。

 

【おまけ】

 

【内ゲバ】琉球新報「おい翁長!県民を裏切る重大な公約違反!高江切り捨て許さんぞ!」へリパッド容認に激怒

【関連記事】

【沖サヨ発狂】翁長知事、ヘリパッド建設を事実上容認「苦渋の選択の最たるものだ」


1: ジャンピングDDT(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 07:54:49.16 ID:MBs9cVh50
県民を裏切る重大な公約違反と断じざるを得ない。過重な米軍基地負担軽減を求める民意に背くものであり、容認できない。

翁長雄志知事が東村と国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)新設を事実上容認した。
知事選公約で「ヘリパッドはオスプレイの配備撤回を求めている中で連動し反対する」としていたことに反する。

知事のヘリパッド容認は、騒音などが増す東村高江区民の生活環境破壊をいとわない政府に、知事自らが手を貸すことにほかならない。再考を強く求める。

 切り捨て許されぬ

知事は北部訓練場の過半返還について「苦渋の決断の最たるものだ。約4千ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは難しい」と述べた。
ヘリパッド新設を返還条件とする政府の強硬姿勢に屈したとしか見えない。返還される約4千ヘクタールは米軍が「使用不可能」とする土地だ。
返還されて当然の土地であり、ヘリパッド新設反対と過半の返還を受け入れることは矛盾しない。

北部訓練場も普天間飛行場などと同様に、米軍によって奪われた土地である。
本来ならば、知事は北部訓練場の全面返還を求めてしかるべきである。
「異議を唱えるのは難しい」とすること自体、理解に苦しむ。

plt1607210043-p1

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-403393.html
続きます

3: ジャンピングDDT(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 07:55:19.99 ID:MBs9cVh50
>>1続き

知事は「オスプレイの配備撤回があれば、ヘリパッドもなかなか十二分には運用しにくいのではないか」と述べた。楽観的過ぎる。
県内全41市町村長と議長らが2013年1月、オスプレイ配備撤回などを求める建白書に署名したが、政府は一顧だにしない。
そのような状況で「配備撤回があれば」との仮定の話をすることは、無責任のそしりを免れない。
高江では既に2カ所のヘリパッド運用が始まっている。
高江では8月ごろまでオスプレイが午後10時以降も離着陸訓練を繰り返しているのが確認されている。
その影響で眠れずに睡眠不足の児童らが欠席する事態も起きた。
残りのヘリパッドが完成して本格運用が始まれば、昼夜を問わずオスプレイの騒音に区民がさらされるのは目に見えている。

ヘリパッド容認は、今後も騒音被害などを高江区民に押し付けることを認めることである。
それを「苦渋の選択」で片付けられては、区民はたまらない。
人口約150人の高江を切り捨てることは断じて認められない。
知事は高江を訪れて区民の声に耳を傾けるべきである。

おしまい
 



5: エメラルドフロウジョン(茸)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/30(水) 07:56:01.08 ID:L6l7Q+iL0
パヨクの内ゲバって様式美

9: ラ ケブラーダ(大阪府)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 07:57:07.05 ID:FZOi2JVZ0
総括はよ

16: 16文キック(愛知県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:06:00.23 ID:BUoywxs80
なんかもう鳩山と変わらんな
混乱させるだけさせて結局なんも出来やしない
基地問題以外でも知事としての仕事もなーんも成果出してない

36: ジャンピングパワーボム(茸)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:34:55.61 ID:Fjv8yDtj0
>>16
突撃アポなしアメリカ旅行は楽しかったです‼

21: ミドルキック(愛媛県)@\(^o^)/ [EU] 2016/11/30(水) 08:08:14.74 ID:INxNqsBh0
内ゲバ好きだね

26: チェーン攻撃(関東・甲信越)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:12:47.77 ID:t/o9qAzKO
なんでパヨクってあっさり分断されちゃうね
パヨクは何時も尖鋭化して思想に汎用性がないから

ポッキリ折れちまう

30: 稲妻レッグラリアット(佐賀県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:20:27.92 ID:mOE+WQvO0
左翼同士潰し合え

35: ビッグブーツ(神奈川県)@\(^o^)/ [SE] 2016/11/30(水) 08:31:32.80 ID:vUeaLm0a0
オナガはネトウヨ(狂った目

38: ジャンピングエルボーアタック(大阪府)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 08:36:56.65 ID:3Q6Iem/C0
また捨てゴマ共がハシゴ外されたのかw

43: エクスプロイダー(兵庫県)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/30(水) 08:42:35.56 ID:8tT04HDR0
高江切り捨てって言うけど
辺野古や高江と言う田舎なら活動家がどんなことしようが目をつぶるってのも大概だと思うよ

61: オリンピック予選スラム(やわらか銀行)@\(^o^)/ [US] 2016/11/30(水) 09:10:01.71 ID:lRIXDtoI0
数日前に容認すると内ゲバ発生は必至だが4千ヘクタールもの返還を拒否する訳にはいかない、進むも地獄、退くも地獄だがどうする翁長wっていう煽り記事を産経が書いてたけどまさにその通りになったなwww
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1480460089/

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

終焉!「市民」と称する極左暴力集団

2016-11-30 17:44:44 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 100万アクセス達成のため拡散を!
【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

 

■公開対談の御知らせ■

 

12月19日(月)
開場18:30
開演19:00~ 2H予定...
場所 浦添市社会福祉センター
大研修室 (200名収容)
参加費 ¥500

 

コーディネーター・我那覇真子
主催 琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会

第一部 ロバート・エルドリッヂ博士・篠原章博士
公開対談『トランプ時代の在日米軍ー沖縄の基地はどうなるのか』 
第二部 特別登壇・依田啓示
シンポジウム「2016年高江の夏ーそこで何が起こったのか

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テキスト

 

 

 

大弦小弦]まるでゴーサインが…2016年11月30日 07:54

 まるでゴーサインが出たといわんばかりに映る。翁長雄志知事が、東村高江周辺の米軍北部訓練場へのヘリパッド建設を「苦渋の選択」と容認する発言から一夜明けた29日の県警の動きだ

▼早朝から、辺野古の新基地建設に反対する市民らの活動拠点や個人宅などを家宅捜索し、威力業務妨害の疑いで4人を逮捕した。高江でも、ヘリパッド建設に抗議する市民の逮捕者が出た

▼知事の発言には、建設反対の市民から落胆の声や公約との整合性で批判が出る一方、「諦めない」と抗議行動を続ける思いを新たにする声も上がった。基地の過重負担に抗(あらが)う思いが交錯するさなかのタイミングに違和感を覚えざるを得ない

▼反対派の一斉家宅捜索に、市民らは「運動の弾圧」と反発する。4人の逮捕容疑は、1月にキャンプ・シュワブゲート前で起きたもの。なぜいまなのか。知事発言を担保にするかのような捜査に、批判が出るのも当然だろう

▼辺野古や高江で基地建設に反対する運動や抗議行動の現場に足を運ぶ人たちの願いはひとつ。取材に行くたびに確信する。これ以上、沖縄に基地はいらない-

▼緑深い高江では連日、抗議する市民らとゲート前に並ぶ警備員、機動隊員がにらみあう異様な状態が続く。反対運動を押さえ付けようとすればするほど、反発は高まるだけだろう。(赤嶺由紀子)

                  ☆

「市民」と称する極左暴力集団に対し、県警が本気で取締りを始めた気配を示す昨今の沖縄の動きだ。

県警が本気になってきたことで「極左暴力集団」にも愈々年貢の納め時が来たようだ。

同時に彼らを「市民」と報じてきた沖縄2紙にも年貢の納め時の到来か。

少なくとも連日巨大ブーメランが沖縄の空を飛び交っていることだけは間違いない。

 

沖縄2紙は偏向しているとの批判に対して、「沖縄の民意を反映しているい過ぎない」と答える。

その一方、本音では「沖縄の民意を作るのは我々沖縄2紙だ」と豪語する。

事実、沖縄の主要選挙では沖縄2紙が争点を作り、沖縄2紙が支援する候補者を当選させてきた。

最近では「オール沖縄」で知事に当選した翁長知事がいる。

2014年の県知事選挙では、仲井真前知事が「沖縄2紙は特定団体のコマーシャルペーパーだ」と沖縄2紙を批判したことが両紙の逆鱗に触れた。

2013年の12月26日、仲井真前知事が一括交付金を安倍首相に確約させことで「いい正月が迎えられる」発言したことに対し沖縄2紙は「金で沖縄売った最悪の県知事」などと批判し、選挙期間中も仲井真氏への罵詈雑言は止まることはなかった。 敗北の第一報を受けた仲井真氏の第一声が「新聞に負けた」という呟きだったことが、すべてを物語っている。

その意味では確かに沖縄2紙は、沖縄の民意を作ると同時に沖縄の民意を反映しているということができる。

さらに沖縄2紙が沖縄の政治のキングメーカーという事もできる。

だが、10月末に起きた機動隊「土人」発言で、沖縄2紙は暴走しすぎて強力なブーメランを受けることになる。

沖縄2紙の「善良な市民を狂暴な機動隊が弾圧する」といった「高江の虚報」を連日報道したため「ノーカット版動画」らネット動画や産経新聞の現地取材報道が「沖縄2紙は捏造新聞」という事実を全国民の前に晒してしまったのだ。

沖縄紙が英雄に仕立てあげた山城博治容疑者が逮捕されたことに対し、あたかも沖縄の英雄が逮捕されたかのように抗議する「市民」が今でもいるのには驚きを禁じ得ない。

沖縄2紙が嘘報道を撒き散らし、一般県民を騙した罪は限りなく重い。

 

<米軍ヘリパッド>「県民の分断が狙いだ」高江で山城議長らの逮捕に抗議

 東村高江周辺のヘリパッド建設に反対する市民約250人は30日午前、建設予定地N1地区出入り口で座り込み、県警が29日に沖縄平和運動センターの山城博治議長ら4人を威力業務妨害の疑いで逮捕したことに抗議の声を上げた。

山城議長らの逮捕に抗議し、ゲート前に座り込む市民ら=30日、東村高江のN1ゲート

 うるま市の男性は「逮捕は山城さんの拘束を長引かせ、県民の分断を図ることが狙いだ。安倍政権の策略に乗ってはいけない」と強調。別の参加者も「高江や辺野古の反対運動を弱体化させるためのキャンペーンにすぎず、でっち上げ。沖縄を実験場に、民意を封じ込める方法を試している。萎縮してはいけない」と呼び掛けた。

 市民によると同日午前、資材を載せたダンプ8台がメーンゲートから入る様子が確認された。

                                       ☆

 

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風前の灯、翁長県政、辺野古テントなど7カ所家宅捜索 威力業務妨害容疑で県警

2016-11-30 06:46:41 | 高江ヘリパッド

 

お願い: 人気ブログランキングの投票が分散されるのを防ぐため、次のバナーをクリックお願いします。

忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
  1.  100万アクセス達成のため拡散を!
    【ノーカット配信】沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!【ザ・ファク】

12月の北部訓練場返還式を目前にした11月末現在。

、翁長知事やその支援団体に対する沖縄2紙の報道姿勢に大きな変化が見えてきた。

「不都合な事実」を報道し始めたのだ。

昨日の知事の「ヘリパッド建設容認」発言に続き、今朝の沖縄タイムスは「発狂見出し」の乱舞である。

■一面トップ

県警 8ヶ所一斉捜索

辺野古 抗議の4人逮捕

1月の搬入妨害容疑

■二面トップ

知事、民意と隙間

自分の言葉でせつめい必要

ヘリパッド容認 指揮者談話

星野英一琉大教授

知事「報道は不本意」 オスプレイ使用には反対

■第二社会面トップ

市民運動を弾圧」

名護署前で150人猛抗議

「狙い撃ちの逮捕」糾弾

警察国家の入り口に

偏った力 権利を抑圧

 

■社会面トップ

反基地拠点に権力

平和センター強制捜査

事務局長「屈しない」

辺野古のテントも捜索

市民「権力による恫喝」

捜索は不当弾圧 仲村清治さん 作家・沖大客員教授

捜査権限を乱用 池宮城紀夫住民側弁護士

この期に及んで、沖縄2紙がプロ活動家(極左暴力集団)のことを、「市民」と報道する面の皮の厚さには呆れる。

一旦報道してしまったのをいまさら「極左暴力集団」とは書きに辛いのだろう。(涙)

 沖縄県警は29日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で新基地建設に反対する市民が拠点としているテントなど2カ所と、名護市内のヘリ基地反対協事務所、同市の個人宅、宜野座村の個人宅、沖縄市の個人宅、那覇市の沖縄平和運動センターの少なくとも計7カ所を家宅捜索した。威力業務妨害容疑で、ことし1月に市民側が工事車両の出入りをふさごうとゲート前にブロックを積んだ関連とみられる。

辺野古漁港近くの「テント2」を捜索する警察官=29日午前10時16分、名護市辺野古

 県警は名護市辺野古ゲート前のテントに一時規制線を張り、立ち入れなくした。辺野古漁港近くの通称「テント2」には警察官約20人が入った。いずれも押収物はなかった。市民は「辺野古工事再開に向けた弾圧だ」と抗議した。

 平和運動センターには同日午後0時15分ごろ、捜査員9人が入った。

                           ☆
 

 県警警備一課と名護署は29日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で、コンクリートブロックを積み上げて工事資材の搬入を阻み、沖縄防衛局の業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いで沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)を含む計4人を逮捕した。

 逮捕されたのは山城議長のほか、名護市や宜野座村に住む職業不詳の男性3人。

 県警によると、逮捕された4人は新基地建設の工事を阻止するため、今年1月28日午後2時5分ごろから30日午前8時41分ごろにかけ、シュワブゲート前にコンクリートブロック1400個余を積み上げ、工事を請け負った業者の資材搬入や沖縄防衛局の業務を妨害した疑い。

 

辺野古テントなど5カ所家宅捜索 威力業務妨害容疑で県警

 【辺野古問題取材班】県警は29日午前、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に反対する市民らが活動拠点にしているテントなど5カ所で一斉に威力妨害容疑の捜査で家宅捜索した。家宅捜索が確認されたのは①米軍キャンプ・シュワブゲート前のテント②海上行動をする市民らの通称「テント2」③ヘリ基地反対協の事務所④沖縄平和運動センターの山城博治議長の自宅⑤反対運動をする市民の自宅―の5カ所。山城議長を含む反対運動の市民ら計4人が同日午前、威力妨害容疑で逮捕されたとみられる。

 山城議長らがまとめ役となる抗議行動の市民らは1月、辺野古移設作業の工事車両がシュワブの工事用ゲート内へ入るのを阻止する手段として1千個を超えるコンクリート製ブロックをゲート前で積み上げた。この行動が威力業務妨害に相当する疑いで県警が捜査しているとみられる。

 シュワブゲート前のテントで午前8時16分ごろから9時37分ごろまで警察官が市民ら立ち会いの下で家宅捜索したが、押収した証拠品はなかったという。
【琉球新報電】

                  

翁長知事のヘリパッド建設に対する「容認」発言で、昨日の沖縄タイムス、琉球新報両紙の紙面トップに「公約違反」の大見出しが躍った。

これまで翁長知事の言動に対しては極力批判を抑えてきた沖縄2紙。

その紙面に「公約違反」の文字が躍ったのは、翁長知事支援の決意が揺るぎ始めた何よりの証拠である。 沖縄2紙の動揺はこれまで知事を支えてきた「オール沖縄」に亀裂が入ったことを暗示している。

沖縄2紙が「容認」発言を騒ぎ立てた報道を見た県幹部が、知事を代弁して次のように怒りを表した。

心外だよ、心外」 

翁長雄志知事の「苦渋の選択」発言から一夜空けた29日、県幹部は記者の取材に不快感をあらわにした。 この日の地元紙が「知事ヘリパッド容認」と一面トップで一斉に報じていたからだ。

辺野古問題で政府と激しく対峙する印象の陰で見落としがちだが、翁長権勢は「辺野古新基地以外の「県内移設はやむなし」が基本的立場といえる。「反対ばかりでは交渉にならない」。 県幹部の胸中にはこんな考えもある。県は辺野古新基地建設を阻止するため、菅義偉官房長官と協議を重ねてきた。「辺野古もヘリパッドもすべて反対では、肝心の辺野古で譲歩を引き出せない。対等な交渉相手とも見られなくなる」(幹部)との危機感だ。(略)

基地返還のためとはいえ、知事がヘリパッド建設阻止に動かなかったことは、現場で反対運動する市民に失望感を広げた。(略)

与党県議の1人は、こう嘆いた。「使い古された『苦渋の選択』という言葉を口にしたばかりに、これほどの騒ぎになった、知事は言葉の選び方を決定的に誤ったのではないか」(30日付沖縄タイムス「知事ヘリパッド容認」 苦渋の選択の波紋①)

>知事がヘリパッド建設阻止に動かなかったことは、現場で反対運動する市民に失望感を広げた。

知事と極左暴力集団が同じ穴の狢である証拠。

沖縄2紙が翁知事の矛盾を擁護すればするほど、また高江や辺野古の「極左暴力集団」の蛮行を隠蔽すればするほど、沖縄2紙の捏造体質が国民・県民の前に暴露されることになる。

沖縄2紙もそろそろ「辺野古の真実」「高江の真実」そして「沖縄の真実」を報道せざるを得ない状況にお追い込まれてきた。

さもなくば沖縄2紙は「黒を白と報じ、犯罪者を英雄に仕立て上げる捏造新聞」が全国民に認知されることになる。

 

【おまけ】

 

【沖サヨ終焉の予感】辺野古ゲート前に千個以上のブロック積み上げて通行妨害したプロ土人4匹、威力妨害で逮捕 違法テントなど10箇所を家宅捜索

 

1: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 13:07:18.34 ID:0IoyathG0
辺野古テントなど5カ所家宅捜索 威力業務妨害容疑で県警

【辺野古問題取材班】県警は29日午前、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設に反対する市民らが活動拠点にしているテントなど5カ所で一斉に威力妨害容疑の捜査で家宅捜索した。
家宅捜索が確認されたのは①米軍キャンプ・シュワブゲート前のテント②海上行動をする市民らの通称「テント2」③ヘリ基地反対協の事務所
④沖縄平和運動センターの山城博治議長の自宅⑤反対運動をする市民の自宅―の5カ所。

山城議長を含む反対運動の市民ら計4人が同日午前、威力妨害容疑で逮捕されたとみられる。

山城議長らがまとめ役となる抗議行動の市民らは1月、辺野古移設作業の工事車両がシュワブの工事用ゲート内へ入るのを阻止する手段として1千個を超えるコンクリート製ブロックをゲート前で積み上げた。
この行動が威力業務妨害に相当する疑いで県警が捜査しているとみられる。

シュワブゲート前のテントで午前8時16分ごろから9時37分ごろまで警察官が市民ら立ち会いの下で家宅捜索したが、押収した証拠品はなかったという。

【琉球新報電】

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-402999.html
no title


no title

no title

no title

関連スレ
「積み上げ戦術だ」全国のサヨクが辺野古にブロック送る 今日も辺野古でサヨク300人と警官がブロック遊び
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1453867078/

【サヨク画報】 辺野古ゲート前のブロックの積み上げが想像以上にえげつない件
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1453955305/l

今日も辺野古でサヨク市民100人と警官らがブロック遊び 警官に噛み付いたジジイを逮捕
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1453800301/
 



57: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 14:28:10.00 ID:0IoyathG0
http://www.sankei.com/west/news/161129/wst1611290027-n1.html 

no title

沖縄県警は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先となる同県名護市辺野古近くの米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、移設反対派がコンクリートブロックを積んでゲートを封鎖したとして、 
威力業務妨害容疑で反対派に対する強制捜査に着手した。 
家宅捜索場所はゲート前で反対派が拠点にしているテントなど10数カ所に上る。 

県警は、妨害行為を主導したとして3人を同容疑で逮捕した。 
また沖縄平和運動センター議長の山城博治被告=傷害罪などで起訴=も再逮捕する方針。 

反対派への大規模捜索は極めて異例で、県警はブロックを大量に購入した資金の流れの解明も目指す。 

移設反対派は今年1月22日頃からゲート前に大量のブロックを積み上げ、移設工事に関係する車両の出入りを妨害した。 
県警は同月30日、威力業務妨害容疑で捜索差し押さえ令状を執行し、約1500個のブロックを押収した。 

その後の捜査で、県警はブロック調達を主導したのは「ヘリ基地反対協議会」と断定。1月20日頃に関係者が名護市内の複数の販売業者を訪れ、数百個単位でブロックを購入し、同協議会宛ての領収書を受け取っていた。 

同協議会は辺野古移設阻止を掲げ、辺野古で座り込みなどの抗議活動を行ってきた。 

同協議会は、辺野古移設阻止の支援金を募る「辺野古基金」の配分を受けており、県警は支援金の一部がブロック購入に充てられた可能性があるとみて捜査している。

67: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 16:01:07.95 ID:0IoyathG0
http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094799541.html?t=1480400948110 

アメリカ軍普天間基地の移設先とされる名護市辺野古で、ことし1月、移設計画に反対する人たちが、抗議のためにブロックを積み上げたことについて、警察は、 
工事用車両の通行を妨げたとして、現場近くに反対派が設けたテントなどを、威力業務妨害の疑いで、29日朝捜索しました。 
警察は、反対する人たち数人をすでに逮捕していて、事情を聞いています。 

警察が捜索をしたのは、アメリカ軍普天間基地の移設計画に反対する人たちが、移設先とされる名護市辺野古のアメリカ軍基地キャンプシュワブの近くに設けたテントなど数か所です。 
このうちテントでは、午前8時すぎから、警察官30人余りがおよそ1時間にわたって捜索しました。 
このテントの近くにある基地のゲートでは、移設計画に反対する人たちが、ことし1月下旬、コンクリートブロックを積み上げて抗議し、 

警察によりますと、この抗議活動によって移設工事に使う資材を搬入しようとした工事用車両の通行が妨げられたとして、威力業務妨害の疑いが持たれています。 
警察は、反対する人たち数人を威力業務妨害の疑いで、すでに逮捕していて事情を聞いています。 

移設計画に反対する、うるま市の74歳の男性は、NHKの取材に対して「なぜ、1月の行動に容疑をかけて捜索するのか。工事を進めやすくするための事実上の市民運動の弾圧にしか思えない」と話していました。

25: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 13:22:48.91 ID:0IoyathG0
BlogPaint

BlogPaint

no title

no title

28: ダイビングエルボードロップ(庭)@\(^o^)/ [ID] 2016/11/29(火) 13:26:32.77 ID:bgzsHQ1R0
>>25 
見事に爺婆ばっか 
ブサヨに未来ねえな

49: ファイヤーボールスプラッシュ(WiMAX)@\(^o^)/ [BR] 2016/11/29(火) 13:59:21.65 ID:ydVzKs100
>>28 
逆に言うと、団塊が動けるあと10年ぐらいが 
パヨク活動のピークになるかな

19: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 13:15:21.38 ID:0IoyathG0
2016/1/26 ブロック積む反基地老人 辺野古 
https://youtu.be/1MFVyFKfn3U



2016/1/28 ブロックを排除する機動隊 サル目線 辺野古 
https://youtu.be/cWZAOGCCB1Q



2016/1/28「 ブロックを盗んだのは軍警と警察」 辺野古 
https://youtu.be/ZA6vURFFanE

52: 稲妻レッグラリアット(庭)@\(^o^)/ [CA] 2016/11/29(火) 14:07:15.25 ID:spMiStny0
>>1
2枚目の画像
駐車場の車止めレベルのブロックだろと思ってたら想像以上に積んでてワロタ

24: スターダストプレス(大阪府)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 13:21:44.41 ID:9jL6EbZA0
>>1 
実名報道しろよ 
差別止めろ

42: 魔神風車固め(庭)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 13:50:45.62 ID:B4tJ0gZ10
土人発言を利用しようとしたら、反対にプロ土人の実態が晒された。
結果、今まで手を出しづらい状況だった警察が、動けるようになった。

ざまあ

50: ブラディサンデー(チベット自治区)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 14:03:07.18 ID:/dHUgg5k0
>>42
裁判で勝てるだけの証拠集めとこれはやり過ぎって世論の醸成を待ってただけだろう
いきなり強権発動すると世論の反発も大きいから

70: ミドルキック(チベット自治区)@\(^o^)/ [AR] 2016/11/29(火) 16:33:50.48 ID:zVYDpucR0
基地には反対だが暴れまくるプロ市民はどうしょうもねえな

64: 河津掛け(東京都)@\(^o^)/ [DE] 2016/11/29(火) 14:59:28.35 ID:JSIzGXrZ0
さっさと不法行為してる輩を摘発しろっての

65: 目潰し(茸)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 15:01:34.51 ID:/Gxb2hOu0
県警が仕事したのか

2: リキラリアット(大阪府)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/29(火) 13:07:45.84 ID:Wsypjlbt0
そりゃそうだろ 
抗議の域を超えてる 
ただの犯罪

 

 

1: ジャストフェイスロック(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/29(火) 12:41:13.41 ID:0IoyathG0
県警は29日午前、威力業務妨害容疑で、名護市辺野古の新基地建設に反対する市民が拠点にしている米軍キャンプ・シュワブゲート前のテントや海上行動をしている市民が使うテントの家宅捜索を始めた。
市民らによると、ゲート前のテントでは約30人の捜査員が午前8時ごろには立ち入り禁止のテープを貼って捜索を始めており、午前9時40分現在も続けているという。

【琉球新報電子版】
9eca91a39e3dff27272c379e5e6b473f

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-402898.html

沖縄タイムス辺野古・高江取材班@times_henoko

11月29日午前10時16分、県警は名護市辺野古漁港の近くにある新基地建設反対運動の拠点、通称「テント2」を威力業務妨害容疑で捜索しました。
これに先立ちキャンプ・シュワブゲート前のテントも捜索。
市民は「工事再開前の弾圧だ」と抗議しました。

30

https://twitter.com/times_henoko/status/803414364900364288

 
10: 腕ひしぎ十字固め(宮城県)@\(^o^)/ [IT] 2016/11/29(火) 13:57:58.40 ID:l+vneWA80
>>1
他人、国、県の土地に勝手にテント張っていいと思ってる馬鹿がいるのか・・

こんなの何処の県でもアウトなんだが

3: オリンピック予選スラム(空)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/29(火) 12:43:05.35 ID:WslH+MZI0
翁長もヘリパッド賛成に回ったし左翼は風前の灯だな

【沖サヨ発狂】翁長知事、ヘリパッド建設を事実上容認「苦渋の選択の最たるものだ」




7: 中年'sリフト(岩手県【12:46 岩手県震度2】)@\(^o^)/ [ID] 2016/11/29(火) 12:51:16.79 ID:snmEXf9i0
違法テントはダメだよ~
日本語読んでね~

引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1480390873/

 
忘れずに人気blogランキングへクリックお願いします。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加