陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

気持ちが豊かになる良書 「こころのチキンスープ」

2008-06-30 21:26:45 | 読書・映画・音楽
 10年位前に、ジャック・キャンフィールド、マーク・V.ハンセン著(木村真理・土屋繁樹共訳)「こころのチキンスープ~愛と奇跡の物語」(ダイヤモンド社、1995)を読んで、気持ちが爽やかになり、暫くして考えさせられることが多かった。仕事で行き詰った時、あるいは子供の教育で悩む親御さんや先生方も、この本を読むと何となく心が癒されて、新しい考え方が生まれて来るかも知れない。  そう言えば、3週間ほど前 . . . 本文を読む
コメント (1)

「岩手・宮城内陸地震」復旧への政府の対応

2008-06-30 15:25:13 | 国内政治:内閣
 「四川省地震」には、素早くどんどん被害復旧支援を行った福田内閣だが、国内の「岩手・宮城内陸地震」には、冷たい対応であった。福田内閣の更なる支持率低下を恐れたのか、県単位ではなく限られた地域への「限定激甚災害指定」を行うと言う。  生活道路が寸断された地域もあるし、通信施設もかなり損害を受けている。遅い決定、しかも小出しとは言え、それらを国家の力で修復するのは良いことだ。ところで、冬柴国交相は何 . . . 本文を読む
コメント

ブッシュ政権の「北朝鮮拉致問題」裏切りが日米政界へ与える波紋

2008-06-29 11:45:53 | 拉致問題
 ライス米国務長官の「拉致問題」裏切り行為は現実化し、自民党内で波紋を呼んでいる。ライス氏や彼女の操り人形である小ブッシュ大統領が、「拉致問題を決して忘れない」とお題目のように繰り返し唱えても、心ある日本人は最早彼らに信用を置かなくなった。拉致解決に努力を重ねて来た自民党代議士達は、米国の裏切りに手を貸した福田政権を大いに突き上げるだろう。 対北政策 揺れる自民 強硬VS融和、激化 6月28日8 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (8)

責任者処分の甘い毎日新聞社(追記あり)

2008-06-28 21:48:42 | Weblog
 破廉恥な記事を載せて、日本女性をとことん侮蔑した「毎日デイリーニュース」紙、世論の厳しい批判を浴びて記事全文の削除をし、お詫び記事を掲載した。また、毎日jpは、以下の記事を載せ、責任者の社内処分を伝えた。少し長いけれど、消されると拙いので全文コピペします。 毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分  毎日新聞社は27日、英文サイト「毎日デイリーニューズ」上のコラム「WaiWai」に不適切な記事 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (11)

6月の庭花と夏椿

2008-06-28 14:49:20 | Weblog
 今年は空梅雨と言われているが、6月下旬を迎えた我が家の庭では、「芍薬(しゃくやく)」、「牡丹」が咲き終わり、「水仙」や「鈴蘭」も葉のみになって些か寂しい。赤や白の花を咲かせた「躑躅(つつじ)」も盛りを過ぎ、妻が電気剪定具で遠慮無く形を整えたりしている。天水が少ないと、庭花も早く終えてしまうのだろうか。  元気なのは、大輪の花を幾つも咲かせる「薔薇」、そして早朝に青紫の花を開き、日が昇るとそれを . . . 本文を読む
コメント

日本は、六者協議から離脱すべき

2008-06-27 15:21:28 | 拉致問題
 北朝鮮が、どの様な内容の核計画申告書を出そうと、ライスーヒル組は「そら出た、出たぞ!」と誉め千切る。昨年2月に取り決めた六者協議の期限切れなど、何のその、全然気になどしない。この二人組の指向に無批判な小ブッシュ大統領は、まるで操り人形の如く「テロ支援国家指定解除」通告を米議会に行った。何故、核計画申告がテロ支援国家指定解除になるのか?  日本人拉致は、現在も継続されている重要問題だ。米国は、北 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

朝日新聞は「死に神」発言をシナ中共へ向けよ

2008-06-26 09:43:57 | Weblog
 残虐な殺人犯罪の横行する昨今、殺人を犯した人物はその犯罪内容に応じ、最低でも自らの命を以って謝罪すべきと私は思う。所謂「人権主義者」は、被害者の人権よりも、加害者の方に重みを与え、彼らを甦生させることに傾き過ぎてはいないか。  日本は、曲がりなりにも法治主義であり、三審制を維持しているし、裁判内容は公表される。その過程は、国民性を反映するかの如く慎重過ぎる側面があるのだが、法治主義に従えば止む . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

女子短大生が<花の聖母教会>で落書き(追記あり)

2008-06-25 09:40:42 | 旅行
 フィレンツェの歴史地区には、<花の聖母教会>(サンタ・マリア・デル・フィオーレ)を始め、<ジョットの鐘楼>、<聖ジョヴァンニの洗礼堂>、<シニョリーア広場>などがひしめいており、この地域全体が「世界遺産」として登録されている。イタリアには、世界遺産が40箇所もあり、その中でも有名な一つだ。  <花の聖母教会>は、白と緑の大理石を組み合わせた美しい大聖堂で、収容人員3万人と言う大きさだ。教会の屋 . . . 本文を読む
コメント

たばこ1パック1000円、そろそろ私も禁煙かな?

2008-06-23 09:00:25 | Weblog
 たばこの税金を更に上げて、現在1パック300円を1000円にしようと超党派議員連盟が発足した。今年3月、笹川陽平日本財団理事長が提言、世界各国に比べ、日本のたばこ税金は安いと言う趣旨を受けたもの。  たばこ価格を1000円にしたら良いと言う学術論文もある。 河野正道「たばこの適正価格について」 http://www.nosmoke55.jp/gakkaisi/200802/index.html . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ライス国務長官は日本人拉致に無関心

2008-06-22 09:52:52 | 拉致問題
 コンドリーザ・ライス米国務長官が、北朝鮮のテロ支援国指定解除を明言した。「六者協議」担当者をクリストフアー・ヒル米国務次官補に変えた時点で、彼女の思考には日本人拉致問題への配慮が無く、それは昨年4月の安倍前首相訪米の際にも明らかであった。この数年間ヒル氏が北朝鮮べったりで行動していたことから考えたら、予測された帰結である。 2008/06/19-08:43 核申告受けテロ支援国解除=拉致との . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

橋下知事と大阪府労連との闘い

2008-06-22 07:32:15 | Weblog
 財政難に陥っている大阪府の橋下知事は、人件費削減で大阪府労連と団体交渉したが、この団交で12時間も拘束されたとの事。財源が無ければ、給与が減っても仕方が無いと思うけれども、既得権にしがみ付く労組にはそれが分からない。  橋下知事は、給与を半額にすると言っている訳では無いのだし、府民の負担する税金に限界があるから賃金カットを提案しているだけだ。知事案は、最終的には府議会で審議して決めるのだから、 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (2)

変態報道を臆面も無く世界に垂れ流す毎日新聞英語版

2008-06-21 13:52:32 | Weblog
 日本の新聞社の劣化は、今に始まったことではないが、毎日新聞社英語版は日本人を貶める記事を5年間も世界に流し続けていた。一体、何の意図があってのことだろう?これは、毎日記者の品性を疑わせるだけでなく、毎日新聞社の組織的体質を反映している。 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信 6月20日20時45分配信 J-CASTニュース  「ファーストフードで女子高生が性的狂乱状態」「防衛省の . . . 本文を読む
コメント

鎌倉の紫陽花探訪

2008-06-20 12:46:30 | 旅行
 6月中旬は、鎌倉の紫陽花が満開になる。横須賀市に住むMK博士と懇談をする機会に、連れ立って紫陽花見物と洒落込んだ。  晴れた日の午後、<鎌倉ホテルMori>にチエックインして待ち合わせ、<なかむら庵>(十割そば)へ赴き、盛りそばを食べる。この店は中々美味だが、量が少ない(笑)。北鎌倉駅へ電車で移動し、そこから出発して、まず鎌倉五山第二位、瑞鹿山「円覚寺」(臨済宗円覚寺派大本山)へ。  円覚寺 . . . 本文を読む
コメント

領海侵犯と無害通航権

2008-06-19 16:45:57 | 台湾関係
 海洋法に関する国際連合条約(以下、国連海洋法)は、1994年11月16日に条約発効がされ、日本、中国、韓国は既に批准済みであるが、北朝鮮は批准していない。国連海洋法は、領海12海里、接続水域12海里、経済水域(EEZ)200海里を定め、領海に対しては他国の「無害通航権」などを定めている(wikipedia による)。紛争が生じた場合は、国際海洋法裁判所(ハンブルグに設置)で審理を行う。  台湾 . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (4)

台湾の領海侵犯に福田政権はどう対処するのか(追記あり)

2008-06-16 10:51:58 | 台湾関係
 先月台湾総統に就任した馬英九氏、どの様な姿勢で対日関係を築くのか興味を持っていたが、早速に尖閣諸島問題で強硬な反日姿勢を打ち出して来た。  6月10日早朝に発生した台湾遊漁船の領海侵犯問題、日本側は沈没した遊漁船の乗組員16人を救助し、彼らを帰国させる一方、書類送検した。これは、当然のことである。馬政権はそれが気に食わないとして、駐日経済文化代表処の許世楷代表(実質上の台湾大使)を召還、戦争も . . . 本文を読む
コメント (3)   トラックバック (4)