陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

美空ひばりが心を込めて歌う「同期の桜」

2018-04-20 14:32:31 | 読書・映画・音楽
 愈々当地も桜満開を迎えた。そして、白梅も元気に咲き続けている。  昨日は、晴天に恵まれ、久しぶりに散歩に出て、松川(最上川上流)の土手に咲く桜並木を逍遥した。我が家から5分程度の距離だが、足腰が弱っているので杖を突いてゆっくり歩き、1年ぶりの櫻花と再会、挨拶を交わした。  今年3月下旬、<虎ノ門ニュース>でコメントした気象予報士・俳優の半井小絵(なからい さえ)さんがこんなことを言っていた。 . . . 本文を読む
コメント

嘘つき財務省に騙される国民:PB固執は日本亡国への道

2018-04-19 01:43:11 | 財政・経済問題
 この一週間程、朝方は2-3℃と寒く、日中も12-13℃で散歩に出掛ける気も起らない。ベッドに横たわっても、視力低下で読書も出来ないありさま。そこで、チャンネル桜の様々な討論を聴くことにした。最近行われた財政健全化のテーマは、実に興味深く、多くの国民が聞くべき内容と思うので、ご紹介する次第。     討論の参加パネリストは、  安藤裕(衆議院議員) 高橋洋一(嘉悦大学教授 . . . 本文を読む
コメント

激動する半島情勢と日本の対応

2018-04-09 01:58:07 | 朝鮮半島
 この数日、気温が下がり体調不良で寝込んでしまった。暫く見ない内に、庭の白木蓮は4分咲きとなり、大輪の白い花を咲かせている。白梅(ゆすら梅)は3分咲きと言うところか。桜の花も、1週間後には開花するであろう。  国会は、森友疑惑が収まったと思ったら、陸自のイラク日報問題が再燃している。厚労省・年金機構による年金データの中共流出は、安全保障に関わる大きな問題だと思うが、こちらはあまり議論になっていな . . . 本文を読む
コメント

様々な歌手が歌う昔の歌謡曲<男の純情>~「金もいらなきゃ、名もいらぬ」の心意気

2018-04-03 16:41:24 | 読書・映画・音楽
 3月末には、残雪を割るようにして、クロッカスの花が顔を見せる。同時に、山茱萸(さんしゅゆ)の木には黄色い花が咲き始める。ああ、春が来たなと感じさせる風景だ。 4月2日、例年よりも10日早く雪囲いを全て撤去してもらった。窓からの見通しは真に明るくなった。  さて、表題の歌謡曲<男の純情>は、昭和11年(1936)の日活映画《魂》の主題歌で、藤山一郎が歌った。この年、2.26事件が起きた不安定な世 . . . 本文を読む
コメント

佐川氏国会証人喚問 の波紋

2018-04-01 10:19:32 | 国内政治:議会と政党
 3月27日には、久しぶりに国会中継をTVで視聴した。佐川前理財局長の答弁は、土地売買に関する政治家の干渉波一切無く、売買契約書の書類改竄の責任は全て自分にあると認めた。しかし、なぜ改竄したのか、あるいは具体的な方法については証言拒否をし、語らなかった。  この問題の解明は、以後司直(検察庁)の手に任せ、国会は朝鮮半島有事や安全保障体制について議論を集中すべきと思う。私は、以下の動画の中の加藤清 . . . 本文を読む
コメント

sayaさんが歌う<蛍の光>完全版

2018-03-29 06:52:32 | 読書・映画・音楽
  卒業式の季節も終わり、学校校舎には子供達もおらず静まり返っていることだろう。私の世代の卒業式では、卒業生が<仰げば尊し>を唄い、在校生は<蛍の光>を唄って別れを惜しんだ。今の時代は、流行歌のようなものを式場で歌うらしい。何とも、少し寂しい気がする。  <蛍の光>の原曲は、スコットランド民謡の<オールド・ラング・サイン>である。これに日本語の歌詞を付けて、<蛍の光>とした。元々は、1 . . . 本文を読む
コメント

馬渕睦夫元ウクライナ大使が語る米朝首脳会談と森友学園問題

2018-03-27 00:11:07 | 朝鮮半島
 馬淵睦夫氏(72歳)は、外交官として各国に駐在、その豊富な経験を生かして内政や外交面で闊達な言論活動を行っている。その語り方は静かではあるが、問題を鋭く捉えた見方をされていると思う。  馬淵氏は、地上波TVには殆ど出演しないが、DHC・TV(インターネット)で毎週1回 <和の国の明日を造る>と言うタイトルで講演と視聴者との討論を行っている。  今回ご紹介する内容は、この時期にふさわしいもので . . . 本文を読む
コメント

混迷の<モリカケ政局>に対する評論家・門田隆将氏の見方(3月21日配信)

2018-03-25 13:18:44 | 国内政治:議会と政党
 1年以上に亘って、衆議院も参議院も所謂<モリカケ>事案を議論しているが、混乱するばかりで決着がつかない。それどころか3月に入って、財務省が決裁文書を改竄していたと言う事件が発覚した。益々話はこじれるようで、我々一般国民には意味が掴めない。  事実を重んじる評論家・門田隆将氏の解説を聴いてみよう。   特別番組「モリカケ政局これだけは言いたい~官邸の危機管理能力はかなり問題!」門田 . . . 本文を読む
コメント

精神科医・銀谷翠氏のユニークな治療法

2018-03-18 12:13:41 | Weblog
 銀谷 翠(ぎんや みどり)さんは、秋田大学医学部を卒業した精神科医。食事を中心としたユニークな治療方法で知られている。現在は、東京で<代々木クリニック>の経営者として活躍中。  今シーズンの強力寒波襲来で、私は体調を崩しベッドで寝ていることが多かった。その折、改めて下記の動画を数回聞いた。後期高齢者となって、記憶力は減退し、視力低下による現状認識不足、意欲喪失なども伴い、精神病になったのではと . . . 本文を読む
コメント

<蒙古放浪歌>を聴いたことがありますか?

2018-02-27 04:10:12 | 読書・映画・音楽
 私は表題の曲を、小林旭が歌うCDで 覚えた。昭和の初め頃から、満州地域へ渡る若者が増えて、満蒙開拓団も結成された。そうした若者らによって、この歌は愛唱されていたらしい。夢を求めて広大な大地を彷徨(さまよ)う若者達の心情が良く表現されている。  ここでは、アイ・ジョージの重厚な歌声を聞いてみる。   蒙古放浪記 (蒙古放浪歌)    加藤登紀子さんが歌うと、些か違う雰囲気になる。 蒙 . . . 本文を読む
コメント

[専守防衛]は本土玉砕戦法であることを再認識しよう

2018-02-18 03:34:52 | 国防関連
 1月31日の参議院予算委員会で、安倍首相が「専守防衛」について説明した。敵国がミサイルを我が国へ打ち込んでから対応策を取るのが「専守防衛」だと言う。  現在のミサイル技術は進んでいるから、命中精度は高いし、ノドン・ミサイルを数十発同時発射されたらイージスシステムでは対抗出来ない。日本は焼け野原になり、国民は玉砕することになる。老若男女、幼い子供達も殆ど殺されてしまう恐ろしい戦法が「専守防衛」で . . . 本文を読む
コメント

平昌五輪後の半島情勢はどうなるか : 藤井厳喜×大高未貴両氏の予想

2018-02-10 19:47:20 | 朝鮮半島
 平昌冬季五輪が開幕したが、厳寒の地なので日本選手は体調管理に気を付けて、しっかり頑張って欲しい。特に、会場ではノロウイルス病が流行しているようなので心配である。  3月18日までは、パラリンピックが引き続いて開催されるから、半島有事は回避される見込みである。その後は、米国がどのような戦略・戦術に出るかは予断を許さない。米韓共同軍事作戦は、4月1日から開始されるらしい。  五輪後の半島情勢につ . . . 本文を読む
コメント

<五木の子守唄 >を聴く

2018-02-07 23:42:26 | 読書・映画・音楽
 1月下旬からの猛寒波襲来で風邪を引き、数日間寝込んでしまった。今回の寒波は、福井県に甚大な被害を与えた。  ベッドで何とはなく中学生の頃の思い出に耽った。その頃、亡き母が良く歌っていた<五木の子守歌>が脳裏に浮かび、懐かしくなった。この子守歌は、熊本県球磨郡五木村に伝わるもので、赤ん坊や乳児を寝かしつける内容ではなく、子守娘の悲哀が歌われている。  ここでは、山崎ハコさんが現代風に歌うのを聴 . . . 本文を読む
コメント

西部邁氏の逝去 : 中山恭子氏との最後の対話

2018-01-28 01:47:34 | 読書・映画・音楽
 評論家の西部邁氏が入水自殺された。今月21日早朝、田園調布に近い多摩川で、家族により遺骸が発見された。享年78歳。謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。  60年安保騒動の頃、同氏は東大教養部の2年生、ブント運動のリーダー格として活躍した。安保騒動が終わると、彼は左翼活動から身を引き、経済学部を卒業して大学院修士課程へ進学した。その後、米国や英国へ留学し、横浜国立大学助教授、東大教授(駒場)など . . . 本文を読む
コメント

J.S.バッハ <主よ、人の望みの喜びよ>を聴く

2017-12-07 00:35:18 | 読書・映画・音楽
 12月に入ると、時折デパートあるいはスーパーなどでオルガン曲が流れる。ヨハン・セバスチャン・バッハの<主よ、人の望みの喜びよ>(Jesu, Joy of Man’s Desiring ; BWV 147; 1723 年)と言う曲だ。これは、バッハのカンタータ147番(6曲構成)の最後の部分で、元はコラール(合唱)として歌われた。  この曲の名前や来歴は、「バッハ『主よ人の望みの喜び . . . 本文を読む
コメント