陸奥月旦抄

茶絽主が気の付いた事、世情変化への感想、自省などを述べます。
登場人物の敬称を省略させて頂きます。

横田めぐみさんへ贈る詩

2018-06-04 04:19:51 | 拉致問題
 私は1990年代の末に、下記の横田めぐみさんの気持ちを推し量る詩を作った。その後、手直しなどして2006年4月29日にこのブログでご披露した。先月22日に安倍晋三首相も参加されて、拉致被害者のための大集会が東京で開催されたが、私は一人で旅行が不可能な身ゆえ、それに参加出来なかった。  めぐみさんと拉致被害者全員の帰国をひたすら願いつつ、改稿した詩を再掲します。  望郷   -横田めぐみさ . . . 本文を読む
コメント

横田めぐみさん生存の新情報

2011-10-10 02:20:49 | 拉致問題
 民主党政権になってから、拉致問題は全く進展が無い。北朝鮮への経済制裁を強化し、朝鮮総連の活動を厳しく制限すれば良いのにと思うが、朝鮮学校への補助金まで出す自治体があるようでは、拉致問題に対する国民的認識が低過ぎる。  菅直人前首相が、代表選の最中、ドサクサに紛れて、文科省へ朝鮮学校の教科書を無償化する検討を命じていたことが報道され、極めて不快な気持ちになった。在任中の出鱈目な振る舞いと言い、彼 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

中井拉致問題担当相、もう辞任して下さい

2010-08-21 23:52:39 | 拉致問題
 民主党政権では、大臣が所管する内容を把握していない場合が多過ぎる。口蹄疫の問題(農水産相外遊)、朝鮮学校授業料の無償化(文科相は憲法違反の可能性)、挙句は首相が自衛隊の最高指揮官であることを知らなかった。更に、中井拉致担当大臣が横田めぐみさんの拉致状況を把握していないのは全く話にならない。  中井拉致担当相は、女性スキャンダルでもマスコミの話題になり、金賢姫の過剰接待では、韓国から要請があった . . . 本文を読む
コメント

菅政権が金賢姫に大盤振る舞いをした理由が分からない(追記あり)

2010-07-28 02:07:15 | 拉致問題
 金賢姫元工作員が、7月20日から4日間来日。菅<ガンス>内閣は、彼女にVIP待遇を行った。鳩山<ルーピー>前首相の軽井沢別荘で滞在させるために、ヘリコプターで移動、ついでに東京上空の遊覧飛行をサービス、また、都内移動の際は交通規制など、国賓の各国元首以上の厚遇ぶりだ。  この北朝鮮女性は、1987年、大韓航空機858便をラングーン沖で爆発墜落させ、乗客・乗員115人を殺害した。韓国法廷は、彼女 . . . 本文を読む
コメント (2)

国家の尊厳を貶める小沢民主党代表

2009-03-02 18:18:49 | 拉致問題
 北朝鮮による「拉致問題」は、国家主権を侵されて生じたのである。それ故、国家を挙げて北朝鮮を断罪し、武力を用いてでもこれを解決しなければならない。普通の国なら、間違いなく武力攻撃を考えるだろう。  異形の国、日本は憲法9条によりそれが出来ない。武力を使わないで、外交と経済制裁で時間を掛けながら拉致被害者を帰せと主張する他は無い。そうしたやり方にさえも、足を引っ張る国会議員が沢山いる現状だ。   . . . 本文を読む
コメント

横田めぐみさんが拉致されて31年を迎えた

2008-11-18 18:12:52 | 拉致問題
 11月15日(金)は、東京から遊びに来た友人と白川ダム湖畔に佇む<ホテル・フォレストいいで>で一泊、久し振りなので時を忘れて彼と未明近くまで歓談した。ビーフイーター(ジン)や地酒を持ち込んで心地良く痛飲、取り止めもない話に耽っていたら、何時の間にか徹夜を過ごすことになってしまったのだ。  ここは、朝夕の料理が美味しい。眠い目を擦って朝食ビュッフェに出たのだが、二日酔いのせいかあまり食欲が湧かな . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

<日朝平壌宣言>を破棄し、我が国が北朝鮮を<テロ国家指定>せよ

2008-10-31 03:15:39 | 拉致問題
 予想通り、北朝鮮は拉致被害者再調査などする気が無いと意思表示した。我が国は、ぐずぐずしないで、一切の送金停止、迂回輸出入禁止の厳格化、全ての朝鮮人の再入国禁止を始めとする経済制裁を強化すべきである。北朝鮮人の強制送還も考慮に入れたら良い。  また、朝鮮総連を非合法化して、この組織を壊滅させる事が重要であろう。パチンコ屋の両替を禁止するだけで、朝鮮総連は相当に弱体化するはずだ。警察庁長官の奮起を . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

テロ指定解除に対する麻生首相の本音

2008-10-14 18:36:43 | 拉致問題
 レイムダック化した小ブッシュ政権の愚行、北朝鮮に対する「テロ支援国家指定」解除は、多くの日本人をがっかりさせた。また、直後の麻生首相と中曽根外相の歯切れの悪い評価応答を聞いて、現自民党では誰が政権を取っても拉致問題には距離を置くのだなと感じた。  だが、麻生首相の今日の国会答弁から、彼は米国に不満を伝えていたことを知った。出来ればもう一歩進めて、日本は米国の応援を強く期待するが、独自にあらゆる . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

拉致調査委員会も設置延期:始めからやる気が無かったのでは?

2008-09-06 10:58:28 | 拉致問題
 福田首相が辞任記者会見したら、北朝鮮は空かさず拉致被害者の調査委員会設置を延期すると通告して来た。約束の履行はぐずぐずしてやらないくせに、約束を破るとなると実に素早い。まあ、これが北朝鮮外交の真髄でしょう。  8月12日に約束をしておいて、1ヶ月も経過しないのにこの有様では、調査委員会を作っても内容の伴わない偽造・捏造になったのではと勘繰ってしまう。それは、日本の経済制裁を緩和させるための方便 . . . 本文を読む
コメント

目を覚ませ、高村外相!

2008-08-31 13:06:41 | 拉致問題
 米国では、北朝鮮に対する「テロ支援国家指定」解除を延期と言う大きな状況変化があった。それにも拘らず、高村外相は拉致被害者の再調査が開始されたら、経済制裁を緩和する心積りらしい。では、開始の確認はどの様にするのか。そして「調査しました。良く分かりませんでした」と回答されたら、経済制裁を再び強化するのか?  何故、それ程に北朝鮮を援助したいのか。北朝鮮の立場を重視し、行動方針を定める外務省、これで . . . 本文を読む
コメント

拉致問題に対して、政府は毅然とした姿勢で行動せよ

2008-08-29 12:13:26 | 拉致問題
 北朝鮮による拉致被害者の奪還に関し、家族会や救出協議会、議員連盟の努力が6割、米国など外国への協力要請が3割程度とすれば、只今の日本政府自体の努力は1割にも満たないのではないか。この問題は、国家主権侵害に係わるのであるから、本来、努力配分としては国家が8割、海外へ理解を求める内容が1割、家族会などの協力が1割程度であって当然だ。  拉致問題は、現在も続いている国家テロ行為である。北朝鮮に対する . . . 本文を読む
コメント

北朝鮮再調査に対する中山拉致担当相の考え

2008-08-25 01:21:52 | 拉致問題
 北朝鮮の拉致被害者再調査に関し、新潟県知事と兵庫県知事が我が国の経済制裁解除に対しては慎重にするよう意見を述べていた。中山拉致担当相は、それに対して肯定的な発言をしている。読売新聞によると 北朝鮮の再調査開始、即制裁解除とならず…中山拉致問題相  中山拉致問題相は24日、先に開かれた日朝実務者協議で合意した北朝鮮による拉致被害者の再調査について、「北朝鮮が調査を開始して、即(日本が)制裁解 . . . 本文を読む
コメント

日朝拉致問題交渉の結果に強い不満を覚える

2008-08-14 14:19:58 | 拉致問題
 8月11日から行われた日朝間の拉致問題を主とする交渉は、一応合意に達した。北朝鮮は、再び口約束をしただけ、日本は制裁措置を一部解除する。どうしてこのようなアンバランスな交渉結果になるのか?それは、6月の交渉段階で福田内閣が制裁緩和を既に約束していたからだ。産経新聞 阿比留記者の記事によると 日朝実務者協議合意、予断許さぬ再調査の行方 2008.8.13 08:55  【瀋陽(中国遼寧省)= . . . 本文を読む
コメント

「万景峰92」の入港に反対

2008-08-11 21:49:20 | 拉致問題
 8月11日から2日間の予定で瀋陽市において行われている日朝協議だが、再調査を行うと北朝鮮は言っておきながら、調査機関も設置していない様子、今後もまずまともな調査が行われるとは考えにくい。  それにも拘らず、北朝鮮が調査機関を設置したら、日本は麻薬やスパイの運送に用いられている工作船「万景峰92」の入港を許すと言うのであるから、一体何を交渉しているのかと外務省に問い糺したいところだ。  米国政 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

国会議員の半数は拉致問題に関心無し

2008-07-29 08:01:33 | 拉致問題
 近代国家の統治機構における重要な三要素は、国防、外交、財政である。国防は国民の生命、財産の安全と領土を守り、外交は国家間の懸案問題を処理、財政は国民から税金を徴収し、これを適切に国防や外交、そして国民の教育と福祉へ配分することがその役割である。当然、これらの三要素はオーバーラップする部分が出るけれども、その調整は首相が行うことになる。  これらの三要素を繋ぐ形で教育体制があるわけだが、こうした . . . 本文を読む
コメント