【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

ラテアート・プロ講座 初心者でも「ロゼッタ」は一日で描く

2017-03-31 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

私達は「本気」で教えてますから、えらく疲れます。

60000円 (税込み64800円)

大阪校は50000円(税込み54000円)です。

 

材料原価だけで15000円以上です。

**********************************

たくさん授業料を頂いているので、これは真剣勝負です。

他所(よそさん)とはスタンスが基本的に違います。

この日本で唯一、全くの初心者が、その一日で「ロゼッタ」を画ける講座です。

そして、笑顔で帰る講座です。

体も気力もヘロヘロになります。爆

既に、おおよそ、ロゼッタが描ける方はお断りしてます

 

 ************************************

ラテ・アート講座で「ロゼッタ」を描けるまでに、他所に行けば何回も引っ張られます。一回数千円で何十万も支払って講座を受けます。何ヶ月も掛っても結局は出来ない。

その時間や交通費は計算すれば多大な出費です。

可愛い「熊ちゃん」なら5分で書けます。それで誤魔化される。笑

当講座は、一日で「リーフ」(ロゼッタ)が確実に描ける特別講座です

それが出来る過程で、マシンも、グラインダーも自然に操作出来るようになります。ご大層な説明は一切要りません。

その代わり当講座は、本当のことをお教えします。

バリスタの中には、情けないことに、「この技術を教えのは嫌だ」という狭い人が多いです。これが人には伝えられない技術だと思っているのです。

************************************

 近日中に新規出店されるオーナーさんが本日の受講者。

全くの初心者さんですが、午後には何とか「ロゼッタ」が描けるとうになりました。

当講座で、描けなかった人はいません。

つまり、キチンと伝えれば「リーフ」」(ロゼッタ)は一日で確実に出来るようになるのです。

これは間違いありません。

そしてこれは当講座の約束なのです。

 

 

 

その為に、絶対に必要なのは、お一人様、牛乳20本を使うことです。それを確実に用意することです。 5人なら100本ですから・・

今日は18本で時間終了しました。(2本いただき~~)

どうして20本必要なのか?

それは、この講座の成功事例の積み重ねの結果です。

今まで失敗したことはないですが、普通のカフェの学校で何ヵ月かかっても無理です。

 

************

エスプレッソ抽出、マシン操作なんて自然と出来るようになります。

当講座は、狭い範囲の形式主義に囚われません。

タンパーも重視しません。なぜならイタリアでは殆どやらないからです。

「肘を直角で、何ポンドで押すなんて誰もしていません。タンパーも持ってないのが普通です。」

何故、それが出来るのですか?という質問が良く来ます。そういう事なども教えています。

私達の強い処は、自らコーヒー豆を焙煎しているからです。 エスプレッソの味を焙煎から簡単に操作できますから、屁理屈言うことがないのです。

実は「タンパー」も「PID」も凌駕できます。

そこが強みです。

そして、当り前ですが、100%アラビカで、深い煎りはしてません。オイルなんて出てませんよ。

コーヒーの味は豆で決まるのなら、当然ながら「エスプレッソ」も豆の段階で決めれます。

日本ではラテ・アートが綺麗でも、エスプレッソの味そのものが不味い店が現実は多いです。 

----------------------------

多くの講座では、それが理解出来ないので、マシンやタンパー云々となります。

ただ、単純に付加価値的に「PID」を付けているに過ぎません。素人受けします。

焙煎していない人は、少し有効ですね。

 

 

現在の体制で、エスプレッソマシン(2GR)は4台程、稼動可能です。

たぶん、そんな店はないでしょう。

当講座の講師陣は、自分の持てる技術の全てを以って教授します。

コレ、全力投球です。

----------------------------------

今日の講師さんは

繁盛期は一日500杯、カフェラテを出す店の方です。(自動機ではありません)

イタリアでは普通にエスプレッソはその程度は出るでしょうけれど、

カフェ・ラテの500杯は絶対にないです。 

 

 「伝える」ことは、真心であります。

何度も書きますが、教えることは、教えられることです。

私達が、他人様に教えることによって、私達自身も、より向上することが出来ます。

日本全国のカフェで、クオリティーの平均値そのものが上がれば、それは自分達全員の利益です。

それは、目に見えない利益です。

誰でも「ロゼッタ」が書ければ良い、それで困る人はいません

当店のような三重県の教室で出来るなら、貴方のお店でも出来ます。

ご協力いただければ、そこが教室になり、我々のメソッドで教えてください。人手が必要な時は近くの仲間が応援に入ります。

各オーナーさん、バリスタさんがキチンとした報酬が取れる仕組みです。

入会金、会費など一切ありません。

そこに「嘘もハッタリ」もありません。利用されるバリスタから、儲けられるバリスタへ

 

------------------------------------

たった一日で、描ければ、あとは個人の努力で、どうにでもなります。がんばって下さい。

行けば判りますが、貴方が何処の講座・スクールに行こうと、「ロゼッタ」を描けることはまずないでしょう。

普通は1万円で1回、2回練習できるだけです。(たった牛乳300CC)ですよ。

私たちの講座は、牛乳、お一人様20リットルです。他店(他講座)では、そこまで金掛けて、真似しないでしょう。どこかで真似してることろが在れば、教えて下さい。

金儲けか? 本気か?の違いです。

以前はバイクの団体も主催してました。誰が上手、下手ではないですね、皆が技術向上して安全になれば良いのです。

この講座も同じです。

来た方も、教える側も、ヘロヘロになります。9時間、10時間ずっと、練習です。

余計な説明はしません。なぜならイタリアではそんなことしてないからです。

 

---------------------------------------

「ロゼッタ」が描ければ、ただ嬉しいですね、それだけです。

そうしたら、誰かに繋げてゆきましょう。

きっと、マシンも喜びます。

エスプレッソマシンなんて買えば誰でも使いこなせます。グラインダーも同じ、

抽出圧の調整、ボイラー圧の調整、ヘッドパッキンの交換、正しい洗浄も時間があれば教えます。(なかなか無いです。)

 

----------------------------------

エスプレッソ・マシンで一番大事な事は【洗浄】です。 グラインダーの洗浄もです。

イタリアの学校ではこれが最初に教えられます。最重要課題です。

これが出来るか。出来ないかで仕事はキマリます。本当です。

日本では殆ど教えてません。それほど「レベル」が違います。

-------------------------

焙煎講座で「排気ダンパー」なんて使わないのと同様に

このエスプレッソ講座も、イタリアからの流れです、西海岸からではありません

しかし、ラテ・アートは日本のマーケットでは必要ですから習得して下さい。

何が、本物、ニセ者ではありません。

貴方に、この技術が必要ならお越し下さい。

 

-------------------------------------------

エスプレッソ・マシンで一番大事なことは、洗浄です

これを否定する人は、バリスタではないでしょう。

これを教えない講座は、正直   【?】   です。

そして、「ラテ・アート」が出来るバリスタさんは、是非ご連絡下さい。

日本全国、津々浦々何所の方でも大歓迎です。

貴方の店の休日や特定日で講座も開催しませんか?

そういう繋がりの連鎖です。主従関係でもありません。

自分だけの都合(利益)を考える方は確実にお断りです。カフェを「箱」で考えている方です。

狭い考えは私達と相容れません。

 

 

 -----------------------------------------

0594-31-9874

090-3935-7777

 

 

 


最大の褒め言葉 「たったこれだけなんですね?」

2016-09-19 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

全くの初心者の方、大丈夫です。

昨日の講座の、ダンナさんに付いてきた奥さんも

夕方には、3キロ釜の前で一人で堂々と座ってました。

特に、教えることはありませんでした。

その日、初めて焙煎機を操作した、その夕方には

「たったこれだけなんですね?」

これが私への最大のホメ言葉だと思ってます。

それだけの為に修行してる奴なんて笑います。たった一日で判ることです。

***********************

日本独自の「排気ダンパー操作」を省けば

「蒸らし」

「ニュートラル」

「チャフ飛ばし」

「気候による変動」

「1ハゼの操作」など、殆どの迷信を考慮することがない。

世界標準の美味しい焙煎が出来ます。

**********************

珈琲焙煎は、技術ではありません。ただの作業です

その中で大事な事だけを十数焙煎を通して学んで頂きます。

ゴルフに例えるなら「確実に真っ直ぐ飛ばす」ことです。

書いても無駄だから、書いてません。

読んでも判りません。

読んで判れば、ゴルフ本100冊読めば、全英オープン優勝です。

************************

スッパーイ珈琲が、スペシャルティだと思ってるカフェ坊には判らないです。

酸味の美味しい珈琲です。

アメリカ人の舌より、我々日本人の味覚の方が優れてます。

水の味が判ります。

「酸味」の全くの誤訳です。 「酢も」「グレープフルーツ」も酸味です。

*************************

ここまで間違うと素(酢)敵です。


仕事は苦難の連続ですよ、登山です。

2016-08-17 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

このお盆に焙煎講座をしながら、1カ月前に必死で作成した提出した書類、ミカン箱2箱分が、単純な、ごく初歩的な表記ミスで戻ってきましてその修正にてこずっております。 こういう負荷を掛けて、登れそうにない壁に挑まなければなりません。

けれど「やれやれ」という安息な日々は長くは続きません。いつの時代もです。振り返って思えば常に不安でした、これから商売をされる方は不安があって、普通のなのです。

 


登録証書が来たの巻

2016-07-08 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

それがどうした?どうもしません。(笑)

やっと、正式に行動開始しようかなという感じです。

今後、当社は世界中のエスプレッソマシンを正式にメーカーより直接輸入いたします。

価格も従来よりも大幅に安く、出来れば海外価格と同じレベルにしたいと思ってます。

そして「バリスタ」さん各位がその気になれば利益が出るシステムを作ります。(青写真は出来てます)

利用されるバリスタから、儲けるバリスタへ

それにはまず第一にやる気のない人は、ダメだとも言えます。

店舗という箱で考えると限界は見えています。普通はその限界まで行けば次のステップを踏みます。

しかし、これでは時間が無駄になります。それで充分と思う方もいます。それはそれでOKですね。

どうして、こんなことを考えているのか?

箱は疲れます。実際、以前は月100万円の家賃で商売していました。時代が良かったですからホームベースまで帰ってこれましたが、これからの時代は難しい。

でも、いつの時代も難しいのです。時代について来れなくなっただけかもしれません。

箱より、空で商売した方が可能性があります。空=ボーダーレスという意味です。ネットという意味もあります。

今や、個人で手の中で世界中からモノを売買する時代になりました。 すべてではありません。

寿司屋さんも、鰻屋さんも。これからも箱の世界で上手くやっていかれるでしょう。

私自身の状況はもう「箱」はやりたくありません。

物販も疲れます。だから疲れない物販を別の商売でしております。(競争原理で動かない)

勿論、リスクを持ってます。リスクを取らないようなものはビジネスではありません。

っじゃあ、どういう風にリスク取るのか?

先日、イタリアの大手のエスプレッソメーカーの話をすると、一社は9回2アウトまで行って大ケンカしてオジャン(笑)。

もう一社は重役会議の席上、先方社長が「韓国は初年度1000台、次年2000台売ったよ、あんた日本でどれだけ売るねん?:という問いに私は堂々と「2台か3台です」と返答して「合格」しました。私の読みも事実、2,3台なのです。このレポートを先送りしてありますので、アポイントメントが取れたわけですけどね。

この2.3台の為に数百万投資(1社でね)はリスクではありませんね。これは勉強代。

ここから先はマーケッティングの問題ですが、永遠に書き続けてなければなりませんのでカット。

何十冊の専門書も読みましたが、しっくり来ない。

利用されるバリスタから、儲かるバリスタへ

と書きましたが、儲けるけることが出来るバリスタさんは実際に少ないと思います。

これは現実かもしれません。

結局、儲けれる人しか儲けられないのが世の中かもしれませんね。(そりゃそうでしょうがね)

幾ら方法論を提示しても、結局実行できなければ、画餅です。

JBSはここをブレークスルーしたいわけです。

最後は相互の信頼です。これはビジネスの本質です。

本質は「笑えるか」ですブラックも含めです。(このブラックが知性だと私は思ってます)

日本に来たザビエルに長崎の何某が聞きました。

「どうして、そんな素晴らしい神がいるのに、我々は今迄、発見されなかたんですか?」

 

実話なブラックです

取りあえず自分が笑う為に行動してます。笑うことが出来れば幸せですよ。

「笑えない」人とは仕事は出来ないでしょう。

「喜び」を他者に与えれられない人とも無理です。

 

---------------------------------------------------------------- 

 さて

 モンティ・パイソンMonty Python

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3

 

 また彼らの時代が来ました。こういう番組は今の日本でも、これからも無理でしょう。

何故「ブラック」なのか、それは社会を透徹した目で見るからです。紙一重の愚かさ、社会システムの欺瞞、偽善、。

秋田伝統の「ナマハゲ」が児童虐待という声が上がって変化しているらしい。これって一部のキチガイが物言ってるだけですが、これが今の日本の「アホ」なのです。

いいのか?日本。

 


プロ焙煎教室の意味ってなんですか?

2016-07-07 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

 

これは、明日にでも焙煎豆屋を開業される為の講座です。私が責任を持って指導させていただいてます。

焙煎も物理的な変化ですから、全ての事象について、説明出来る筈です。

オカルト的な焙煎は笑います。大笑いします。軽蔑します。

他の焙煎教室に行かれた方々は最後に当店にお越しになり開業されます。

それはどうしてですか?

当焙煎講座の半分(50%)は、既に開業されている方々です。

講座を受ける前に聞いています。

「どんな豆でもいいですから、同じ豆を3等分して(1500gなら、500gづつ)連続焙煎してください。」と・・

当然ながら、同じデータが揃う筈です。

1ハゼ、2ハゼ(聞くならば)も全く同じです。

もし、基本的なこんな事さえ安定しない焙煎機なら、たとえコンピューター接続してデーターロガーしても全く意味はないのです。ただの「格好だけのこけおどし」

本来、例えば。172度が3回続く筈が、169度、175度、176度と来て、これの単純平均を知りたいのですか?この豆の特徴を知りたい?

チャンチャラ可笑しいです。

プロなら温度上昇率は同じに出来ますから、1分ごとの温度変化などアホでも判ります。知る意味も全くありません。

どこかで、誰かが日本の焙煎を出鱈目にしてます。

もし、 「ダンパー」で味が変わるなら「天地が引っくり返る」のです。

アホもそこまでゆくと、意外にオモロイですが・

じゃあ、「ダンパー」がある日本の焙煎が世界中で一番美味しいわけです。?

プロバットなんて「不味くて」使えないという理論になりますが、そんな冗談は、とても他国で言えるものではありません。

もう一つ、これも何度も書いてますが「ダンパー」操作によって確認出来る「ニュートラル」なんてものも、どう設定できます。私がニュートラル(これも日本だけのアホ理論)を確認するのは、ファンを換装して風力比を測定をする時だけです。

安定した焙煎、それも連続焙煎、2ハゼ直前を確実に捉えることが出来て(鳴って直後ではなく)どんな事象も例外なく説明出来る焙煎の為には、ダンパーなど動かさないことです。

これで味が変われば「カエルが空を飛び」ます。

日本は焙煎機の歴史が浅い国です。それでも私はフジローヤルを推薦し、販売も多少しております。「ダンパー」は焙煎では使いませんが、他作業で有効に使ってます。これは道具ですので、使い方の問題です。当然ですが「ダンパー」弄ってる限り、安定することはありません。そして、そんな操作をしている「限り」、蒸れるの、蒸れないの、煙がこもる、こもらんなど低脳な議論を繰り返しています。

さて現実問題です。、もう既に、「焙煎はその日の湿度や気圧で微妙にダンパーを変化させる」なんていう嘘は見破られました。それに、その微妙な操作を言ってるのに「チャフ飛ばしの為にダンパー全開1分間」!!!!」なんてのは、こらやまた、どんな落語より、オモロイですね。

「蒸れる」なんて信じてる人は、小学生でも判ることが、わからない人です。

「中点」なんて言葉も世界中にありません。日本だけです。 しかたがって当焙煎講座では使用禁止です。世界に通用しないものは使えません。笑えもしません。

日本のコーヒー焙煎をまず元に戻しましょう。戻さなければなりません。それは後に続く人達への義務でもあります。

どうか皆さんも「中点」「蒸らす」なんて絶対に言わないようにしてください。

 

本当の事を知っている焙煎屋さんは・・・若い焙煎屋さんがアホな屁理屈を信じていても何も言うこともありません。

つまり、ずっと判らないままのほうが、競争相手にならなくていいわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


資料の下絵

2016-07-04 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

誰でも判る理論の組立ての為のラフ・スケッチ



ラテアート講座の資料です。既存の関係書籍より数段理解は早いと思います。
教授陣向けです、つまり生徒さん向けでもあります。
考え(順序)を整理するための作りました。
パワーポイントの出番ですが、このままでもいいな。

位置エネルギー、慣性の法則が半分ですが、取りあえず、これを盗めばラテアート講座、一日でリーフを描く講座は真似出来ると思われてそうですが、実は出来ません

一番大切なのは教える側の情熱

生徒さんの感性が要ります。

5人で参加するから、幾らか安くしろ、という電話を頂きましたが、1円も無理です。情熱が失せます。

ここが他所さんとは違うところです。100人でもこれは無理です、反対に値上げしたいです。

今度、イタリアの先生の料理講座を募集します。4名で2万円ならば、1名6000円です。この機微がわからないと難しい。勘定と感情の違いです。

そういうことも段々判らない人が増えました。だ故ならから人と人の間に余裕がない、経済停滞で金銭にも余裕がない。


ポチ袋に心付け用意して料理屋に行きますか?下足番の方に、旅館でお部屋付きの係りさんにも
否、そんな大層な話でもなく、タクシーで870円なら、1000円置いてくるででょう、勿論、返事もしない運転手なら、私も釣りももらいます。

結局、桝添って人は、その真逆です、結局は乞食でそのものですよ。

お約束ってあります。飲み屋の付き出しのようなもの、蕎麦屋の酒、イタリア料理のワイン、

私は金持ちではありません。けれど男です、痩せ我慢もします、分相応に遊んでおります。

随分無駄遣いもしたから、「分」が判りました。諸先輩にも随分お世話になりました。酒飲み方、箸の使い方、諸々。

先日、一番叱って頂きました税理士の先生が亡くなりました。

今の人の不幸は、誰にも怒られないこよです、左手で箸もっても個性だといい。しかし、日本人が日本人なのは、この手前です、面倒ですので省きます、

えー何が言いたいのかしら?(橋本治?)

身銭切って遊べ、です。
他人の金で酒を呑むなです。会社の金でゴルフして、趣味がゴルフなんてアホ抜かすなです。

例え同窓会でも酒は飲みませんね。
まあ、行きませんが(笑)

だって、私が会いたいのは、同窓会なんて来ない奴ですから、

この屈折率が、まあ素適!
ずっとこのまま生きていたい、ね











組織より個人・個店がまず潤うこと、それを横に繋げるだけです。

2016-07-03 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

培った技術を社会に役立てるしくみ

 

 

ちょっと一言です。

ここで述べる「JBA」はいわゆる団体ではありません。だから入会金や会費と試験、免状発行料、テキスト代金を要求しようというものではありません。多分一切ありません。

だから役員や意味のない組織自体もないです。物販は物販の部門を作ります。

目的は、利用されるバリスタから、儲けられるバリスタに成る。ということだけです。その為の「しくみ」です。

それでいて講座に参加される方々にも充分な価値がある。

準備段階で正式に動いてはいません。HPもここで間借りしてる状況です。

現在は、「一日プロ講座、ラテ・アート、ロゼッタ完成」を動かし始めたばかりです。

組織・親玉が利益も殆ど持ってゆく、バリスタはそこで利用されるだけという構図は実に馬鹿げています。まず、バリスタ個人が潤うこと、

そして協力店舗さんがまず儲かること。

今はまだ、書けませんが、

バリスタさんが儲かるシステム作り(マルチ商法とかでなく・・・笑)をやってます。

先に書いた、利用されるバリスタから、儲けられるバリスタになって欲しいという動機です。

店舗としての「箱」から、出て儲けた方がいいという結果を目論んでいます。

私自身はバリスタではありません。

それをJBSがオーガナイズするだけというものです。

講座における生徒さんも、今までのおそらく何分の一も費用で直接、バリスタ各位から学べるのです。

会員組織・会費がないということは、団体として儲けを求めてないと意味です。反対に自分の儲けしか考えられないバリスタはどうか遠慮して頂きたい。

大切な事は、初心者に本物を心から教えるという事に尽きます。

エスプレッソ道のようなものは実はないのです。イタリアに無いものが、一番歴史が浅いに日本にあるのは?そもそも日本のエスプレッソはアメリカ「経由」です。「道」を作って有料道路にして料金を徴収したいだけです。

一日で皆が「ロゼッタ」を描ければ、世の中のコーヒーワールドはもっと素敵になります。(これを否定しますか?)

だから垣根なんてのはありません。

スターバックスの従業員さんも是非とも個人で来て下さい。

本物のマシン、本物の技術を同じ視点でお教えします。

JBS(Japan Barista Supply)が儲かるのではなく、参加協力されるバリスタ・店舗さんがまず最初に儲かるシステムです。 だから詳しい案内なんてありません。

ただ若い方々に頑張ってほしいです。この「しくみ」が全国的に上手くいく・行かないがまだ、まだ不明です。

尊敬される人(バリスタ)って、やはり一生懸命に教えてくれる人だと思います。これはどんな分野でも同じです。もし自分が抜かれれば、自分よりその人が優れているという事です。

物事を単純化し、教えるという事に特化すれば実は組織なんて不要なのです。

Man To Manで教えてるのですから・・ 

修了書もなんてのも無料です。ロゼッタ(リーフ)も描けない内容でスクールはチャンチャラ可笑しいのですよ。どんな言い訳してもね・・・・

 

 

 

 


受講Fさんより「コメント」頂きました。星★たぶん五つ?

2016-07-02 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

自家焙煎の珈琲豆屋の開業を目指している者です。

ホームページのコメントが面白く、説得力もありましたので申し込みました。

その日の受講が私1人で運も良かったのでしょう。2人の現役バリスタが朝10時から夕方5時まで完全に付きっきりで指導してくれました!

一般的な講座に付きものの無駄が一切有りませんでした。正確にいうと、どうすれば私が最短コースで目標に到達できるようになるかをバリスタ2人とCAFE987のご主人が真剣に考えてくれました。

講座が終わった直後には何も考えられないほどヘトヘトになりますが、それも1日だけのこと。

かかった費用をはるかに越えた、貴重な体験になりました。ありがとうございました!

------------------------------------------------------

Fさん、ありがとうございます。

ヘトヘトになりますね、判ります。本当に時間が掛ることを圧縮してます。イメージを忘れないで、再始動するときは勘を取り戻して下さい。勿論、これからの練習が大事です。そこからがスタートです。

世間では「教えてくれない人」が多いです。つまり、かなり小さな人が多いのです。

教えたほうが市場全体の質が上がれば、自分に跳ね返るのです。プロ野球選手が少年野球を指導するのは技術よりも違う面があるのと同じとはいいませんがそれに似ています。

だから、有名バリスタさんは皆さん教えています。当講座は日本で一軒でも良いラテを出せる店が増えれれば良いと思ってます。それで自分自身が磨かれるのです。

他のスクールでは絶対に一日では無理だと思います。日数で授業料を稼ぐのです。

遠くから新幹線を使っても価値があると思われれば幸甚です。

 


コーヒー焙煎 プロ講座は全ての情報を開示してます。

2016-07-02 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

7月に入り、まだまだ蒸し暑いですが、プロ焙煎講座の中身は今月も変化はしておりません。

これで一応の完成型と思っております。13焙煎は保証します。

-------------------------------------------

① 疑問点・質問事項を全て書いて来て下さい。

② カメラ、動画、メモも自由です・

③ 開始時間等は設定自由です。

④ 12焙煎分はお持ち帰りいただきます。(既存店さんは売った分、安い講座になります。)

⑤ 本物(笑)ブルーマウンテンも焙煎いたします。

⑥ その他、何でも相談下さい。 

-------------------------------------------

今まで「焙煎をモノに出来なかった人」はいません。

それに受講者さん自身の「今までの疑問」「やりたい事」を付け加えることも出来ます。勿論、時間が許せばですが、自身で生豆をお持ちなら2焙煎程度は可能です。(無料です)

是非、事前に詳しく相談下さい。

何故ならば

当講座と同じ銘柄があれば、比べることが簡単に出来ます。

同じ銘柄等級で、当講座のA社の豆、と受講者さんのB社の豆を

----------------------------------------------------

1. 生豆の状態から見比べ、

2. 煎り比べ、特にハゼ音の違い

3. 味比べ

4. 価格比べ

----------------------------------------------------

を是非してください。本当なら同じ筈ですね、

言い訳は沢山出来ます。曰く、保存状況が違う、クロップが違うなどなど・・・

驚くべき事実を書きますが、全く別物だと誰でも判断出来るほど違います。

そして、多くの方(9割)が安易なネット検索の結果、特定のB社で購入しています。

コーヒー焙煎は「生豆」で決まります。

ハンドピックするような駄豆は現地での大人の労働一日0.8ドルさえケチったものです。これをハンドピックした結果、見た目は同じですが、中身そのもの、例えば標高などは判らない。

だから比較焙煎しなければ判らないのです。

ハンドピックなど一日中やっても100円程度の仕事なのです。こんなものを自慢しても笑えます。こんなものは技術でも何でもありません。

日本じゃ通用しても、海外では笑われるだけです。

これが流通する理由は、安いからです。つまり利幅がある。

安物買いの銭失い。

こういう人は、永遠に本物を知らないから余計に始末が悪い。

 

コーヒー焙煎は、生豆の段階で勝負が決まります。 

生豆 6割

焙煎 3割

抽出 1割

これは、もう何度もクドイほど書いてます。ここが生命線です。それでも、どうして経営が成り立つのかというと、深煎り、ロブスタという「しょーもないコーヒー」を好みという人が田舎もんが実際に多いわけです。

つまり、戦後、日本酒を飲んで来た人には、今の本物は「高いだけ」だと思える。今の本物飲む人も多くは「通販」や雑誌の記事で買う。

 

 


一人様~12人様まで対応可能、プロ(企業)向け、ラテ・アート講座、リーフを一日で書けるように

2016-06-30 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

企業向け講座、個人オーナー様、出張講座も可能・・・・

日本初の完全指導一日ラテ・アート(リーフ)講座です。

 

完全責任指導です。

一日で「リーフ」が描ける完全指導型のプロ向けラテ・アート講座です。

一人当たり、なんと牛乳20本を用意、気兼ねなく、遠慮なくバンバン使って下さい。

一気に上達出来るように

特別プログラムを専任の現役バリスタが徹底指導します。

かなり厳しいです。遊びではありません。

現実社会では、高い料金(何十万円)も支払って、何カ月もかかっても、結局リーフも書けないスクールばかりです。

知らぬが仏、「熊ちゃん」書いて誤魔化されてます。

「リーフ」(ロゼッタはお店の必需品です。それが日本のエスプレッソ文化の特徴です。

現実に注文が多い。出来て普通。出来て偉いわけでもありませんが

 

 

 

 

A店舗で業務用エスプレッソマシンが4台、6グループ

B店舗で2台、同時に稼動可能な設備です。

業務用エスプレッソマシンが使えるという方が前提の講座です。

何ヶ月も習得に時間が掛るリーフをたった一日で描いて頂きます。

何が違いますか?

全てが違います。まず心意気が違います。

現役のバリバリのバリスタが真剣に教授いたします。

本物の講座だけですから、チャラ坊は絶対について来れません。

 

ロゼッタ(リーフ書き)に特化した新メソッド開発

 

 

 

 

どこが他のスクールと違うのか?

それは前提が違います。 「リーフが描けて一人前」です。

ろくでもない座学で何時間もそれらしい授業して「熊ちゃん」描くのとはわけがちがう。

正直、教える側も、教えられる側も、ヘロヘロになります。

それは、真剣だからです。

本・イラスト・理屈で判っても、出来ない部分は絶対にあるのです、そこを如何に伝えるかです。 そこを伝えることが普通は出来ないのです。

 

 「リーフ」を描ければOKか?という問題ではありません。イタリアでは、エスプレッソばかりの注文ですから、これをする理由がありません。無いから描けないバリスタが多い。それを持って技能が劣るというわけでは決してありません。

日本では商売上の観点から、同じ材料で450円なのか、それが650円も頂けるのか?という商売上の観点です。

和食の世界は、見て食べることも言われてます。

まさにそれです。 

 

阿呆な座学は要りません。 屁理屈知っていても絶対に出来ません。

「リーフ」も書けないカフェ・スクールは詐欺だと思ってます

個人的に。

これに反論する時間があれば、実際に出来るように生徒さんに教えれば良いのです。

どこの大学にも合格しない、予備校なんて詐欺でしょ? (笑)

JBAはお店への出張講座も承ります。

カフェ企業様向けも得意です。

イタリアン・レストラン様店内でもエスプレッソマシン講座承ります。

個人の方、ハイアマチュア様 歓迎します。

お一人から12人様まで、出来るまで完全指導いたします。

 JBSの修了書も授与いたします。もちろん無料です。

Japan Barista Supply

プロ向け、ラテ・アート講座(リーフを描く) 完全指導一日講座

本当の自信をつける為の講座です。

チェーン店にお勤めの方は自動機で練習出来ません。ましては仕事中には・・・

ズルズルと格好悪い飲み方(カッピング)を信じていないで

当講座にお越し下さい。

バリスタでも、より高みを目指す方はどなたでも大歓迎です。

プロ講座です。

挨拶も出来ない野郎はお断りですよ。

講座代金40000円(税別)価格改定済

(導入価格で現在お値打ち価格です)

 

何故出来るのか?何故出来ないのか?を視点を変えて考えてみました。

そこで新しいメソッドが出来ました。

あなたは自動車学校でクラウンを運転する時に分厚い取扱説明書を読みませんよね?スマホに取説書はないですよね?

要は、無駄を無くせば一日で出来るのです。

 

 


JBS講座が連続していますが・・・・

2016-06-28 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

当ラテ・アート・スクールが選ばれる理由

熊ちゃんではなく「リーフ」が最低基準だからです。

-------------------------

中原中也の詩に下記があります。

 

桑名の駅

中原中也




桑名の夜は暗かつた
蛙がコロコロ鳴いてゐた
夜更の駅には駅長が
綺麗な砂利を敷き詰めた
プラットホームに只(ただ)独り
ランプを持つて立つてゐた

桑名の夜は暗かつた
蛙がコロコロ泣いてゐた
焼蛤貝(やきはまぐり)の桑名とは
此処のことかと思つたから
駅長さんに訊(たづ)ねたら
さうだと云つて笑つてた

桑名の夜は暗かつた
蛙がコロコロ鳴いてゐた
大雨(おほあめ)の、霽(あが)つたばかりのその夜(よる)は
風もなければ暗かつた
(一九三五・八・一二)
「此の夜、上京の途なりしが、京都大阪間の不通のため、臨時関西線を運転す」

 --------------------------------------------

80年前とそれほど変わってません。



皆さん、日本全国より、この三重県桑名市まで電車を利用されお見えになります。

桑名駅は「西口」でお待ちしております。

寂れた側ですので、写真のとおり、のんびりとしたものです。



朝から開始して、昼には、ここまではスグに上達、ここまでたったの2時間です




ここからが、講師のバリスタさんが「本気」になり始めました。

本日のバリスタ各位は、大阪から、と、名古屋からお越し頂きました。

ここから、どこまで引き上げるかが、プロ講座たる所以。

写真の「リーフ」書けました。ハチパチではありません。

これが一番下手な、やっと出来たリーフです。

あとは集中力の問題です。

私たちが、生徒の方に最後に求めるものは

「どや顔」です。

プロ講座ですので、素人の満足度では終われません。

B to B です。

ガキ相手(カフェ坊)の遊びじゃないってことです。

カフェ・ラテもカプチーノの違いも判らないような、いい加減な店が多いですが、どうか自己研鑽してください。

 「どや」

 


JBSの講座、

2016-06-27 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座



本物のイタリア人の先生も呼べます。
カフェでの注文の仕方、イタリア語で、、、、。

全てが本物です。

エスプレッソ道のようなものはありません。

そういう道を作って、しかも「有料道路」、料金徴収人になりたいのではありません。


水道管延長しました。

2016-06-25 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

エスプレッソ用の浄水が出ます。

止水栓も中間に

結構複雑に曲げてます。

約30分で完了です。水道屋さんよりは早いと思います。(測ってありますから)


「機微」は文章では絶対に伝わらない、だから説明も出来ない。

2016-06-23 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

ゴルフの本を100冊読んでも、真っ直ぐには飛ばないのさ。

 

世の中の全てのことは、そう言えるかもしれません。ところが、若い世代はそうは思わない、なにせ辞典も不要という世代だ。スマホで全て解決出来るとでも思っている、皆と繋がってると思っているだろうが、実際、18才で彼女いない人が80%だという調査結果がある。不思議ではないか?

挨拶一つが出来ないのに彼女は出来わけがないでしょう・・・・・。

ラテ・アートも、自動車の運転も、スポーツも、

コーヒー焙煎も同じだと思います。

ネットを100年見ても、「屁理屈」が100年分、頭に入るだけです。

屁のような理屈です。中学生が語るGTR伝説みたいな・・

100人の素人に聞いても、1人のプロには勝てません。いいですか、相撲の解説は誰でもできますが、相撲は出来ないのです。

カセットコンロの上に薄い鉄板で囲っただけの鼻クソ焙煎機と、鋳鉄製とは根本的に思想が1違います、だから本物は価格も何倍もします。上がってる土俵が違う。

そこを価格だけで選択するなら、一生、何もわからない馬鹿のままです。まさに舛添、

ずっとトヨタのアリオン銀色を法定速度で乗っていれば良い。

ラテ・アートを自分で練習する時に、最低牛乳20本捨てるのです。毎日1本でも3週間です。

「勿体ない」ですね。判ってます。

だから真剣です。

他人にとやかく言われる筋合いは一切ありません。

エスプレッソ・マシンは100万円と1万円があります。極端な事を言えばどちらかです。

申し訳ないですが、デロンギ、SAECOはイタリアでは見ることはありません。論外です。だから日本のイタリアン・レストランで上の2社が置いてあれば、食後はコーヒーは注文しません。横道に逸れてます。

最初に「機微」と書きました。

本読んで、或いはネット検索で出来るなら、自動車学校も要りませんや。

我々は、講座でそういう事を学んでもらってます。読んで分かるなら、来る意味はないのです。空手も通信講座でやれ。w

Aという道を教えている時に

「Bはどうですか?」と聞く馬鹿がいます。

Bが出来るなら、ココに来る意味はありませんので、申し訳ないですが

「講座は即中止します」金額は焙煎数で均等割にします。)

ゴルフを学んでいる時に「Aプロ」に対して「Bプロの打ち方はこうですが」というようなものです。殴られても仕方ない。

ダンパー弄りたい、蒸らしたい、色で煎り分けたい、時間で煎りたい、ハンドピックを教えてほしい。

或いは、ラテ・アートで「熊ちゃん」書きたいなら・・・

「よそさん」に行ってください。縁無き衆生です。

ついでに言っときますが、ダンパー1個で美味しくなると思うなら、ダンパーを2個、3個連続したら、きっと、もっと、もっと美味しくなるでしょうね・・・・。もう

チャンチャラでしかありません。


初心者も、一日でリーフ(葉)が書ける本格的ラテ・アート講座

2016-06-13 | ◇エスプレッソ・一日でロゼッタを描く講座

[バリスタ共同企画]

実力本位のプロ向け・エスプレッソ講座です。

その日、たった一日で「アテ・アート」を描けるように責任指導します。

講師陣は、全国からスゴ腕をその都度に厳選し招聘します。その日、受講者が たった一人でも、講師はお付けします。

 

受講者一人当たりのミルク(1000ml)は何と!20本を用意いたします。

つまり20L(!)です。

こんな中身のある講座は日本中、他にはありません。ズバリ中身勝負。 

このミルクの原価だけでも相当なものですが、この20本を遠慮なく使ってください。

 

 

通常の考え方・練習では、リーフを描くまでに何ヶ月も必要です。

我々は、即現場で使えるプロのメソッドを開発し、

全くの初心者でも、その日、一日でリーフを書けることを目指してます。

これが出来てプロのスタート地点だという考えです。

上から目線ではなく、一緒になって問題点を解決して進歩してゆきます。

****************************

沢山のリサーチの結果、何十万も支払って、これさえも出来ない講座・スクールが沢山あります。(ほとんどです。)

子供だましの「熊ちゃん」を描くわけではありません。

「リーフ」を描けることを、まず第一の目標にしておりますが

実は、その過程の中で多くのことを学んでいただけます。

カリキュラムの時間割を増やす目的の座学は一切ありません。

 

マシンの使い方、メンテナンス、グラインダーの使い方、ダンピングは、自分のマシンを買えば、その日で独学出来ます。そんなものはスグ身につきます。長年の経験とか、勘は全く関係しません。

努力も意味はない。無駄の努力をいくらしても意味はない。

偉い先生が下手な教え方をしても、学ぶことは出来ない。

 

 

カフェ・ラテのリーフを描く講座です。

「熊ちゃん」書いてOKではありません。

ここが講師の腕の見せどころです。

あなたが主体となって、本当に一日で出来るまで頑張ります!

過去に出来なかった人はいないことを結果を踏まえ

この度、一般にも広く周知させていただくことになりました。

**************************************

 

6月の開催日程は、

16.17、20,21,22、24,27、28,31

 

*************************************

お一人でもOKです。

10人まで受講可能、この場合は講師は5人になります。

この場合は業務用エスプレッソマシンは4~5台用意いたします。スゴっ!

*************************************

 

全くの初心者でも、その日にプロの仲間入りです。

受講代金

お一人様

40000円(税別)価格改定済

 

**************************************

リーフを描ければ一人前とは勿論、思ってません

イタリアのバリスタは描けない人も多い、それは、そういう注文が中々入らないことが原因だからだと思います。しかしバリスタとしても底力は彼らの方が何枚も上です。

反対にこの日本では、綺麗なリーフですが不味い店も本当に多いです。のも事実。

ラテ・アートだけが突出していています。

それが良い、悪いではなく、そういう市場の性格の中で、バリスタなら最低はこれくらいは描いてほしいと思います。

そこからが「出発だ」という考え方です。

カフェ業界に勤めている方が基本的な受講者ですが、これから進もうとする、全くの初心者でも、その日初めてエスプレッソマシンを触る方も大歓迎です。大丈夫です。

 

皆さん、本当はリーフは一日で書けます。

それが最低ラインだというレベルになれば良いと思ってます。

エスプレッソの注文が通らない市場で

我々の仲間のバリスタ達はそう考えております。

一日にカフェ・ラテ(リーフ)を4~500杯業務で作るバリスタも講師にいます。(有名店)

商売(ビジネス)なら、出来て普通(当り前)だと、あなたも思って下さい。

同じカフェ・ラテでも高く価格設定出来ると思います。 

 ***************************************

6月の開催日程は、

16.17、20,21,22、24,27、28,31

 ***************************************

申込み・お問い合わせは

0594-31-9874 

090-3935-7777

 

 

  ***************************************

 

この講座は、特に、全自動機ばかりのチェーン店にお勤めの方々(バリスタ)にもお勧めします。

マシンが無いと練習出来ませんね。一度、技術を身に付ければ大丈夫ですよ。

ズルズルとカッピングなんてしてないで、遠慮なく当店で技術を身につけて下さい。

この講座に参加資格はありません。一日で出来れば安い!と本当に思います。

本当に何十万を取られて、リーフの一つ書けないスクールばかりです。恐ろしい話です。その他のろくでもないことを、カリキュラム化して無駄な時間でお金を取ります。

私達はその反対です。

最初に「リーフ」が書ければ自信が付きます。だって「リーフ」書けないのにメニュー教えてもらっても仕方ないじゃないですか?

水泳で水に浮かないのに、バタフライの講義受けても仕方ない。

私達は、皆がリーフが書ければ良いと思います。それが業界の底上げになります。(そうですよね?)

リーフが綺麗、味はダメな店も多い。

それで良いのか?

「こうでなければ、ならない」って言う人は100%「偽者」です。

だって、それなら第一に「イタリア人でなければならない」のですから・・

 

 

 「こうでなければ、ならない」って?本場のバリスタはそんなこと誰もしていません。