【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

Guisy Ferrei

2017-07-30 | ◆日記・エッセイ・コラム



ミラノで買った唯一のモノ、CDです。19.50 euro

去年は
VOLEVO TE
が何処へ行っても聞こえました。

-----------------------------------

 https://www.youtube.com/watch?v=igNgYtGYjys

 


本来無一物

2017-07-28 | ◆日記・エッセイ・コラム

よく目にする禅語です。その解説は誰でも出来ると思います。 しかし、店の前に自然に芽吹いたこの花が何故咲くのか、誰一人答えることは出来ない。

 

そう思えば、小林秀雄は疲れる。 何処か、温泉宿でエアコンいれて畳の上でカー雑誌読んで昼寝したい。


BACCHI エスプレッソマシン到着 激安37000円

2017-07-28 | ◇エスプレッソマシンのしくみ




イタリアはトリエステから本日サンプル入荷しました。

Bacchi espress

[youtube]でその実際を見て下さい。

缶入りです。(缶はお約束で凹んでいます。)

-------------------------------

販売も可能です。

今回は特別価格です。期間限定9月1日まで

37000円(消費税+送料込み)

------------------------------

 この商品、直火式のエスプレッソマシンでは。唯一「9bar」まで加圧出来る、

まともなクレマが出れるマシンとしては有名です。

私も一台使います。

問題は、良いグラインダーがあるかどうかです。

これが全てだとも思います。

----------------------------- 

 今後はこの商品を継続輸入するかは現在不明です。

日本国内でも、どのお店も売り切れになっております。

 

 

 

 

 

------------------------- 

 

 


基本、「3WAYソレノイド」を全部交換する。

2017-07-27 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

エスプレッソマシンのしくみ。




【 エスプレッソマシンのしくみ】

これは現代エスプレッソ機の最も重要なパーツの一つでもあります。

名前は「3way ソレノイド」です。

本日はこれを一台分、全て交換(2wayも含め)です。2grの場合は3個~5個は最低ありますが、一度に交換した方が結局は安くつきます。メーカーは数社ありますが、ソレノイドで代表的なメーカーは[SIRAI][PARKER]ですね。

エスプレッソマシンは単純に言えば、これらの主要部品を集めれば製造メーカーに成れます。

ボティー部分だけを自社設計製造すればよいだけです。(それでも高度な工作機械が必要です。)

だから、日本製も可能です。

実際、多くのイタリア製エスプレッソマシン製造メーカーは日本製工作機械を使ってます。

誰も買わないと思いますが、中国製マシンというのは、これらの主要パーツがイタリア製を使ってなければ、つまり地雷だということです。そして使っていれば同じような価格になってしまいますね。


イタリアの本物(本当の事を知ってる)の技術者は、基本的にこれらの部品(ソレノイド)を使わないレバーマシンや、ミニレバー型を使う人(好む)が多い。つまりは、これが(これらのパーツ)故障の原因があるわけです。

その故障を防止する為に、洗浄を毎日必ず終業時にしなければなりませんが、しっかりやらないとダメだということです。

「毎日、しっかり洗浄をしています。」と言うマシンを何台も見ましたが、残念ながら殆どダメです。全く内部は塞がっています。

実はここからが、バリスタの真の実力です。 

-----------------------------

【エスプレッソの味はレバー機が最高です。誰でも知ってます】

日本のバリスタはそれさえも知らない人が多い。イタリア人なら常識です。

但し、レバーマシンはアルバイトさん、女子では中々使いこなすことが難しいことも事実です。

現在のエスプレッソマシンの高級機は、結局、そのレバータイプのメカニズムの動き(味・抽出の理論)を真似ようとしますから、どうしても無理な部分があり故障が多い。

ある人気メーカーも高級機種もまともに動くものは実は少ないのではないでしょうか?

それ以前に、バリスタがその機械的な意味、その根本の動作(何故そうなるのか)をを全く知らないのです。

知れば絶対に買いません。怖くて買えない筈です。

抽出圧力が変化するのと、させるの違い。を知るべきです。

誰かが書いた提灯記事を信じて、コピペした知識で考えてるだけです。そんなバリスタはガスケットさえ交換出来ない大笑い野郎なのです。

ただ、単純な「能書き」だけを信じている。ところが、スプレッソマシンは機械ですから、能書きだけでは無理です。 整備性、安定性が重要でもあります。

保障期間1年が過ぎた時から、故障し、その修理に法外な価格が請求される可能性もあります、可変圧力出来るマシンは要注意であることは留意してください。

メーカー保守契約で月々10800円支払えば、1年で108000円、10年でなんと、129万円になります

つまり、あるメーカーでは商業エスプレッソマシンは、年間10万円以上の経費は掛るという試算上の価格だということです。

軽自動車並みの経費は掛るのでしょうか?

どうですか?新品が一台購入出来ます。こんなに金掛ければ、新品以上になってる筈ですが?

エスプレッソマシンはボイラー~銅管~抽出部分を通るだけです。 シングルボイラーなら故障が何分の一に少ないのは当り前です。

 

 

 

-----------------------------------

【バリスタなら、エスプレッソマシンを知るべき】

如何にハードウェアを知ることが重要であるかを理解下さい。

だから、簡易ですが、時折、技術講座を実施しています。前回はイタリアからわざわざ来日して頂きました。私達は、皆さんが本物を目指して頂きたく思います。

だから、酸っぱいエスプレッソを勘違いしてる人には、やはりイタリアに遊びに行って欲しいと思います。そういう事もしないで「エスプレッソ」を語ってもどこか芯もない。

「酸っぱい」のがサードウェーブだと、素直に信じるのは、

まともな料理などないハンバーガー食べてるアメリカ人の舌なんて信じる事と同じで可笑しい。

グルメ・ハンバーガー?大笑いです。

それで1000円以上支払うなら、アンガス牛買って自分でステーキ焼きます。

結局「グルメ」って、自分で料理することですよ。

化学調味料が使われたチェーン店のラーメン店食べ歩いて、写真とって、自分が「グルメ」だと思ってる人が多いのは笑います。

チャンチャラ可笑しいです。

----------------------

 


世界中から操作出来るマシン WEGA my concept

2017-07-27 | ◇【WEGA】ヴェガ:

【WEGA】のイタリア本社では、現在、稼動中の世界中の「My Concept」が一覧出来き常態が把握されてます。






【My Concept】の個々の所有者は、ログインして、各種、操作を可能に出来ます。

勿論、自分の店舗のマシンを到着する前に使用可能な状態に準備することも出来ます。それも1抽出グループごとに管理できます。

タブレット端末でも、ノートでも操作出来ます。

【My Concept】の最大の利点は、優れたソフトウェアによる、徹底した省エネルギー性能です。それも随時、確認出来ますから、何千Wの電力が、20%で(80%カット)で稼動してるのが見えたりすると幸せな気分でもあります。

その反対に、このマシンの性能以上にブーストも可能です。

イタリア国内の毎朝のシーンのように、1時間に何百杯も抽出する時間帯は、性能をUPして注文に対して追随出来るのです。

 

 


旅する方法・・

2017-07-23 | ◆日記・エッセイ・コラム

東京に行っても、東京タワー、皇居、浅草、上野へ行かなければいけないことはない。ある人にとっては、秋葉原だけが東京かもしれません。 神田の古書街かも、原宿の人もいるでしょう。概して言えば、観光の目玉は行かなくても良い

しかし、もし、イタリアに行くのなら、ローマのコロッセオだけは行くべきだと思います。 それを機に「ローマ帝国」を少し勉強すれば、イタリアを少しだけ理解出来る入り口に立てる気がします。今、私はそこに立ってます。

帰国してからでも良いです。そしてもう一度行けば、何度も行けば、少しずつその国が判りますが、居住しない限り本質的な事は判りません。つまり役所の手続きとか暮す難しさとか諸々のことです。

それでも、一つの国を少しでも知ることは楽しいことです。

旅する方法とは、どう自分自身が生きてるかを感じることです。

ガイドブックに掲載されてる店に行くのはその確認ですか?それが旅ですか?一番つまらない旅行の仕方です。そういう安全パイな人もいるでしょう。そういう生き方です。

嫌味な例ですが、農協のツアーは、やはり集落が動いて,ただ農協がもうかるだけという日常があるだけです。

旅を続ける限り人は幸運に巡り会えます。勿論同数の不運もSETです。

Just walk on the bright side of the street

人種差別・列車の遅れ、飛行機の遅れ、自然災害は普通にあります。むしろ当り前、その時に自分で対処出来れば良いのです。

TVのニュースでは新幹線が止まると、駅員に怒鳴ってるオジサンの姿が写されますが、駅員に怒鳴れば、新幹線が動くのか考えれば、判りますね。

それが大事な用事ならタクシーで行けることろまでいく、仕事上大事なら、身銭切っても行く(自分の金は一円も払いたくないなら別です)

先日のローマでは、テルミニ駅に一応の集合時間は午後6時で夕食をして、帰り便が8時発でミラノ着が11時半。(切符もその指定です)が、

私は、5時の時点で、30分列に並んで切符を変更、6時30分の列車に変更、その時点では何も表示もされませんが、徐々に全ての特急が遅れはじめました。6時で2時間遅れでした。 結局、若い連中も6時発で90分遅れで離れたようです。

もうテルミニ駅はごった返しです。場所の確保です。(壁が背後にあること、一人がトイレで離れても2人分荷物を見れる)などなど

予定は未定、その場の「勘」に任せることもあります。スマホを見ていてはそういう事は無理です。現場の雰囲気と対処しかありません。

だから私は旅行の添乗員の仕事は絶対に出来ません。入れ歯洗浄剤がない、便秘だ。足が痛い、アレルギーだ、サイフ取られたなんて言われても自分の責任しかないです。それで皆の予定が狂うなら自分は置いていってくださいというのが当り前の日本人が少なくなりました。

そして添乗員付きの旅行なら、最初に多少なりとも「寸志」を渡すべきです。

そういうことが出来ない人がジジイでも多いです。で文句ばかり言う。 

欧米ではチップが面倒だなんて言う人がいますが、全然気になりません。日本でも普通に今も行われてます。ポチ袋なんてのも使えます。タクシーのつり銭もそうでしょう。お金ではない、気を使うもアリです。以心伝心 (チェーン店では無理)

自然に生きる動物は、自由気ままに生きているわけではないでしょう。生き延びてるが正しい表現かもしれません。 自然に、危険を感じ取りながら慎重に行動しているということでしょうか?

スリが多いという情報が事前に有れば、勝負は5分5分だということに過ぎません。

予定調和はありません。 強いて言うなら

未定への調和です。

-----------

観察してください。日本のコンビニでレジで何人の客が言葉を発するか?殆ど無言か?店員さんが「XX要りますか?」と聞かれて頷く程度です。これではイタリアはおろか世界中旅行は出来ません。語学の問題ではありません。

Aくんは、語学は殆ど出来ませんでした。出来たのはラテ・アートだけ。たったそれだけでピチャー一つでニュージランドへ旅立ち、今。暮しています。結局は「passion」の問題です。彼は今、旅の途中です。

---------------------

 ストリートビューで世界を見ても、それは視覚だけです。 旅には、五感覚と第六感も必要です。 旅も、商売もやってみなければ決して判らないのです。

皆さん、出来なかった、やらなかった言い訳が上手です。 結果だけで充分です。

するか、しないか? どんな場面でもそれは同じです。

 --------------------------

旅を語るには、旅に出るしかない。


トラム(路面電車)が行き交う街角で・・

2017-07-23 | ◆日記・エッセイ・コラム

 イタリアには、どこにでも本物、本職のウェイターがいます。 大変疲れる仕事だと思いますが、笑顔で仕事する姿を見ると「プロ」を感じますね。

その洗練のされ方が、他の国の人達とは何か違うものを感じます。何かは判りません。

基本的に私は店を変えませんので、ローマでも同じ店の、同じオジサンにお願いしますが、いつもそのプロ意識を感じます。

彼等の職場は、テーブル数台だけです。それで家族を養ってる。スゴイことですね。

イタリアに関する書籍は沢山あります。ほとんどが、歴史・政治・観光・暮しから見たイタリア社会、グルメに関するものですが、

彼等(ウェイターやバリスタ)の生活(収入・支出)、暮らし方、考え方、家族、老後、休日を知りたいですね、先日書いた、小さなBARのオジサンは親の代からそこで店を営んで45年目だそうだ。

小さくても確実な何かを信じながら市井に生きる人達がこの国に多いと思います。平均値がない、そんなモノに価値がないの当然ですが、日本人はどうも平均値が気になるようですね。他人と比べて高い車を、服を着てるとか、少し大きい家を持ってるとか?

高い店で食事してるとか?クラスの中で、会社の中で、自分の位置が気になるようです。

高級な大衆車なんてカテゴリーもあります。マークXとか? 大衆車に高級もあるものか!

百姓です。

私はありません。もちろん。

チャンチャラおかしいです。

例えば私が今、高校生なら当然、スマホを持ってるでしょうけれど、彼女以外に番号を教えることはまずありません。 教室の中で堂々と操作していても「持ってない」と言い張ります。

まあ、ただの変人ですが、1000人に一人位、「カッコいい」と思う女子がいれば、それで良いと思います。

自分でも、変人と思います。(ほんの少しね)

 

 


駅舎の中の風景

2017-07-23 | ◇【WEGA】ヴェガ:

 

 

忙しい店は、別の場所で先勘定でレシートを貰い、それをカウンターで見せて、一杯貰って、「グッい」と5秒で皆さんカウンターを離れます。 勿論、そこそこアピールしないと貰えません。

カウンターで話し込むことは残念ながら出来ません。

麻の風景です。

みんなリュック背負って、けっこう若い人達が多かったです。

この店はミラノ駅の3Fにありますが、殺風景です。

「ブリオッシュ」は右側のケースの中だけど、・・

このエスプレッソに対する異常なまでの情熱は何なのでしょうか?

不思議なことに、駅舎の中で一番繁盛している店は、エスプレッソマシンではありませんが、そこは居心地が良い作りです。

--------

 

 


MILANO

2017-07-22 | ◇「イタリア」へ行くしかないのだの巻

ミラノ中央駅には、何件コーヒーが飲める店があると思いますか?

おそらく20軒~30軒だと思います。

http://www.milanocentrale.it/it/offertacommerciale/index/food

 

尼僧も朝からカフェなのでしょうか?(店はMotta)

一番宣伝している店が、1番不味い、ここはエスプレッソではない。ポーコレーターでクレマは一切ない。

名前はBISTROT。

しかし、他の人のブログでは、オススメになってます。

 

 


WEGA社公認インストラクター資格を取得しました。

2017-07-22 | ◇【WEGA】ヴェガ:

WEGA社 メーカー公認インストラクター

                                                                             

今回の目的である、WEGA社公認のインストラクター資格をSUSEGANA参加者は無事に全員頂けました。

授業そのものは、イタリアチャンピオンのエミリオさん自らの特訓です

彼はナポリ出身なので、最高のレバーマシン使い手です。

WEGA社の公認日本のチーフ・インストラクターでもある葛見君とは仲がいいです。世界中回ってます。

 レバーマシンの使い方、彼から諸々のシークレットも授かりました。合計5個?

それ以外にも彼からは、もっと大事な事を沢山教えてもらいました。

受講生は真剣です。

 

 

 残念ながら、一部の方は午前中はヴェネチア市内遊覧となりました。その後集合です。

抽出時にはスプーンも使います。日本では余りしませんよね。

ナポリ系のエスプレッソについて本当に多くのことを学びました。殆どの時間はこのレバーマシンの授業に切り替えました。

残念ですか、昔の技は、今のレバーには通用しません。

 

 

 彼女は私達を撮影に来た本当のカメラマンですが、すぐに、ちょっかい掛けて反対に被写体になってました。 若い奴等は、本当にもう・・・笑

 

 

海外部長からは、この在庫は全部あんたのだよ!っと言われました。

その耐久性、操作性、整備のし易さでWEGAは最高だと思います。

だからこそ、世界で一番売れているのです。

 

海外部長コロンボさんです。 

---------------------------------------------

私達は本物を伝えたいという思いです。

日本では本物でない人達が、本物でないもの(西海岸風)を伝えてます。

一度、イタリアに遊んで下さい。エスプレッソが何か?自分の舌と目でで確認して下さい。

本当にそう思います。イタリアも北から南まで長い国です。特色はいろいろあると思います。

彼等も良質の豆を使ってます。

私自身は、バドワイザーは本当のビールだとは原料からして思ってません。FANTAがジュースだとも思いません。

「サードウェーブコーヒー」がスッパイコーヒーだとも思ってません。良いコーヒーです。

酸っぱいエスプレッソが「美味しい」とは全く思いません。絶対に不味いです。

毎日何杯も飲めるエスプレッソは美味しくなければなりません。

だから、私達は、少なくとも謙虚な気持ちであちこち行ってます。

ビチェリン飲むもOK、

何を飲もうと勉強になります。 

少なくとも、今まで一度も酸っぱいエスプレッソはイタリアにはありませんでした。

私は焙煎所も仕事で何軒か訪問しています。

 

 my conceptです。

 

20000平米の工場の全てを案内していただきました。

勿論、日本メーカーの機械(ライセンスもの)がイタリアのエスプレッソマシンを製造しています。

上記の「My Concept」はWiHiで、この本社と繋がって交信しています。

イタリアのバールでは一日何百杯も抽出します。朝からほとんど休みなしで動作してます。

けれど、そういう店の多くのはシングルボイラー機を使ってます。理由は安定です。

ツインボイラーでも結局、容量が少なければ意味はありません。

結局は1回30cmm抽出するだけですから、分母が大きな4GRシングルが有利です。故障率の少なさからはシングルボイラーです。

----------------------------

「my concept]は現在、販売されているエスプレッソマシンの中では最新機能を持ってます。初めて特許のGREENLINEを搭載した徹底的な省エネ機でもあります。

使いこなせれば最高ですが、果たして日本国内でずっと何時間も連続して、そしてバリスタごと、焙煎豆ごとに 抽出を変化させる店が何軒あるのでしょうか?一軒もないでしょう。

「MY CONCEPT」は全部判ってる人のマシンです。

その店が「スッパプレッソ」なら何の意味もありません。だって、そんなモノを出す為にエスプレッソマシンは存在するわけではありません。

我々の次の仕事はこのソフトウェアに日本語を入れることです。


記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-22 | ◆ジャパン・バリスタ・サプライ


ローマの休日・・・

2017-07-22 | ◆日記・エッセイ・コラム

ペックとワイラーは新人ヘプバーンの女優としての力量を引き出すために腐心した。真実の口のシーンの撮影では、二人は一計を案じ、本番で真実の口に手を突っ込んだペックは、本当に手を噛みちぎられたように演じた。ヘプバーンは驚きのあまり、本気で叫び声を上げ、素のリアクションを見せた。この自然な演技は、二人を十分満足させるものであり、1テイクでOKがでた。「Wikiより」

--------------------

 この写真の教会は、ローマから東へ1時間ほどにあるANAGNIという小さな丘の街にあります。 中世の絶対王政の発端となった場所です。故郷のここまで逃げた法皇は、フランス王の手先に捕まり3週間後に憤死・・みたいな大きな事件です。

 

アナーニ事件で調べてください。

 

この教会の周りには小さなレストランが3軒程あり、その一軒で昼食ですが、前菜一皿だけで

終わってしまいました。 量的に食べれませんって!美味しかったですが。

そして、「石造りの風の良さを感じておくれっ」て言われた通りでした。感謝

最初は、街を見下ろせる野外席を選んだのです。

-------------------------

尚、この教会のパンフには「トーマス・ベゲット」が云々とありましたが、現在、詳細不明です。

暗殺された英国のカンタベリー大司教です。これも大事件です。ヘンリーがカンタベリー大司教を・・と同じ対決で、これも絶対王政の足掛かりですね。

この街には、この小さな教会だけが観光の資源です。ローマに行けば、街が全て歴史です。

「永遠の都」の遺跡です。ローマに休日はありません。

旅に出て何を感じるかは個人で違いますが、「ローマ帝国の凄さ」は誰しも感じますが、

それがどうして滅びたのかは歴史が証明しています。

五賢帝以後、皇帝はアホばっかで、裏切りと暗殺ばっかりです。

塩野七生著の「ローマ人の物語」は長編ですが、そういう面でもうウンザリすることも多いです。

人間の作った文化は、いつか滅びるとその歴史は教えてくれます。

 「永遠の都はないのだよ」とキリスト教のえらい人は言ってます。誰です?

 誰? パウロ? ヘブル人の手紙?

-----------------------------------

ローマは「永遠の都」ではありません。どの旅行のパンフレットにもガイドブックにも「永遠の都」と書いてありますが、

「永遠の都」だと思った都の廃墟です。ローマ帝国は滅びました。

塩野七生著の「ローマ人の物語」長編ですがオススメです。


MILANO

2017-07-18 | ◆日記・エッセイ・コラム

 

ミラノ観光は、この「ドゥオーモ」 と 「最後の晩餐」だけです。観光なら基本的には半日で充分かもしれませんが、ここに10日間います。兎に角、暑いというより熱い。連日40度越え、夜は9時まで明るいので活動時間も長い。ビールが美味い。

 

 

 

 

 


やや無茶な・・

2017-07-18 | ◆日記・エッセイ・コラム

やや、無茶な飲茶(ヤムチャ)な話。

どうでも良い話ですが、香港の飲茶の何処で食べても同じ気がします。

つまり商業発展が著しい香港では、必ず飲茶製品の製造卸が何軒かあると思います。

一部の高級店では全部、自作というところもありますが、その他は押しなべて同じ味です。

そして重要なのは、そんなものは食べ歩いて、どうのこうのというレベルの話ではないということです。第一現地の若い人は飲茶なんてのんびり食べてません。近所の年寄りだけです。

麺類も同じです。

グルメと言うのはやはり「ピン」しかないと思います。で、「ピン」は高いですから中々続きません。

そして、量もそれ程食べられないのです。競争が激しい香港では良いお店でも、中々続きません。流行っていても家賃が高いのでしょう。昔ながらの店は淘汰されてます。 

私は時々「ピン」です。キリだけはなるべく避けたいです。週に3回は行っていた店が、内部抗争のとばっちりを受けて縁遠くなりました。

さて、イタリアの話ですが、、どこで何を食べても美味しいです。ここでは1月で10キロ太るのは簡単でしょう。それほど、肉も、チーズも野菜も全て美味しいです。 

本当に「太陽の国」を実感出来ます。

化学調味料なんか売ってないような気がします。

反対に日本はどうでしょうか?

化学調味料自体の味が判らない若者がいます。これは小さい時から、それを口にしているからでしょうか?それが普通にある、売ってる国が日本です。で、グルメ

 

 

 


「アペリティーボ」(aperitivo)

2017-07-15 | ◆日記・エッセイ・コラム

Aperitivo

Bar(バール)はエスプレッソを飲むだけではありません。夕方以降は、Aperitivoです。

(調べてください)

私はAperol Spritzが好きです。

これはプロセッコ & APEROL & ソーダ の超軽いワインドリンク。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%B3

Campariにて

---------------------------

夏の休日の昼は カンパリ&ソーダ。

カンパリオレンジ と カンパリオレンジ・パッションの違いが分からず、ミラノですから、ちょいとCAMPARI本店に行ってきましたが、どうでもよくなりました。

「どうでもいいや~~~。」って感じです。実際どうでもいいです。笑

この大きなオリーブは美味しかったです。探したけれど、スーパーマーケットには、このレベルは無かったです。

----------------

昔から、マティーニがどうのこうのいう奴が大嫌いでして

「お前は、007か?」って

ところで「小説家を見つけたら」ってS・コネリーの映画があります。笑う映画ではありませんが、さりがなく置いてあるウイスキーが「J&B」(爆)だったり、舞台はアメリカですが自転車の乗り方(手信号)が英国式であったりします。ツィードのジャケットだったり、結構Sコネリーの[sence of humor]が捻ってあります。自転車の乗り方だけで英国人かハッキリわかります。

どこかの「ブログ」で、どうせ会社の金でビジネス乗ってるオッサンがCAにマティーニを何回も満足いくまで作り直させたと、もう得意になって書いてるのがありますが、もう読むだけで赤面します。チョー勘違い野郎です。そんな場所で、身銭切らずに、女子供相手に、偉そうに!最高にカッコ悪いです。

そんな事を007は絶対にしません。(笑)

もう最低・最悪な野郎です。

本当の紳士ならそういうことは絶対にしないです。

こんな阿呆が「たかがマティーニ、されど・・・」っと抜かすのでしょう。くだらん本の読み過ぎです。それで「カルテルの王様」って信じちゃって、ステアが・・アホです。

貴族中の貴族のW・チャーチルはどう言ってるか、調べてください。注1

近々、N・チャンバレン以後の彼の伝記的な映画が公開されます。

英国は階級社会です。下層階級のGINの方が美味いのですが、それをマティーニという呼び方に変えてグラスをお洒落にしただけなのですが、形式主義の日本では本物レシピなんて思ってる人がほとんどです。本場はもっとラフです。

本当は、男はGINを飲みましょうって話です。 HotelのBARでGINと言うよりは、マテーニをすすった方がお行儀が良い。但し、上流のお行儀の問題です。

日本でも寿司屋で「いも焼酎」「チューハイ」なんて飲むわけがないでしょ?

英国は産業革命以後において、GINが広く飲まれ大きな社会問題にもなっています。そういうGINが身近な国と、全ての材料を輸入してる日本の違いです。

反対に労働者がマティーニがいくらドライでも注文しません。それが出来ない社会なのです。クラスが違えばグラスも違うのです。

注1: ベルモットの瓶を眺めながら飲むのが最高らしいです。つまり100%GINです。(この言い回しは、勿論彼のウィットです。本当ですれば野暮ってもんです。) マティーニなんて狭い視野で、実はステアがどうのこうのは大笑いです。現在も英国では小さなジンの蒸留所が出来ているようです。そういう文化・下地がある国と、レシピという形式だけが輸入された日本とは根本が違います。果ては、ウォッカか?ジンかなんてアホな論争もやってますが、英国のハードリカーはジンなんです。日本でいう「焼酎」みたいな一番身近な庶民の酒なんです。ホガーズの絵をみたことあるでしょ?

そういう下地さえも日本のプロのバーテンダーには無いものですから、型を重視する方が多い。マティーニをシェイクしてキッチリ出すのが偉いという「風」になってます。(爆)

オーセンティックな偉そうなBARが嫌いな理由です。

日本にはTPOのが基本にないと思います。雑居ビルの2階のホルモン屋の隣にBARが在っても普通ですからね。大笑いです。でオーセンティック(笑)

話は逸れますが、先日、香港でオーストラリア系のステーキ屋でマティーニ頼んだら、7UPでした。(運ばれる前にフロアさんがそう確認に来ましたので注文しました。)

肉もシカゴ系に行けば良かったなあと後悔はしました。でも5倍の差があります。

-----------------------

さて、英国の少し田舎の普通のPUBでは1パイントで1時間も誰とも話さず、カウンターの片隅で静かにで飲んでる人が普通に2,3人はいます。

私はそういうのが好きで修行しましたが、間が持ちません。今なら1時間は出来そうな気がします。

ところで、ミラノには行き付けの店、飯屋とBARが2軒あります。これはキチントした形でいつか書きたいです。今の人には、何故そうなるのか理解出来ないのかもしれません。わざわざ事細かくは書きたくもありません。が下記は事実です

-------------------

その飯屋とは、オーダー以外の会話はないです。無愛想な奴です。けれど注文していないモノが、、。 一杯1ユーロの商売しているBARの親父は最後の日は我々にPROCECCOを開けてくれて決して代金を受け取りませんでした。

だから私は

「カフェ・サスペーゾ」

で、お返しを、、、親父は笑って了承してくれました。

(調べてね・・)

ローマから地方線で1時間、イタリア歴史上アナーニ事件で有名な教会でも幸運な瞬間は同じく起こりました。

タクシーでも。

思い起こせば初日のランチテーブルにもPROSECCOが置いてありました。これは上海のマルチナ嬢の指示だとすぐに判りました。「電車代もホテル代金ももちます。」とのオファーは有りましたが、我々は各自、若い連中も皆さん、身銭切って訪問してます。そこに損得はありません。自由意志の表明です。

事前の打ち合わせの中で、ベントレーで送迎とシャンパンを頼んだら(冗談でね)、ここはPROSECCOの産地だよ!って下地から。

チューリヒに到着した瞬間にも幸運が、

トリノの市電でも幸運が、、、

読んでる方は、幸運が続きだと思うかもしれません。が、

これは単純に不運を気にしてないだけです

I just walk on the bright side of the streetで、実は

禍福は糾える縄の如し。

例えば不運、Hotelの予約宿泊数を間違えておりました。幸運はマネージャーの配慮でそのままステイできました。

幸運も、不運も常にあちこちにあります。多分同数あります。

だから、セコイ人間(-)には、絶対にもないと思います。

乞食と泥棒をしない限りOKです。彼らにもない。

この日本国はさもしい精神的乞食が多過ぎます

新刊書店で座ってるジジイなんて乞食です。こんな奴が「僕は本好きでね・・」なんて言います。大笑い。

さもしい。さもし過ぎます。定年してそれか?ジジイ

さて、私は小市民ですから、自分勝手な小さな小さな幸運を紡いで生きています。

それは吉野屋で無料の「生姜」を山盛りにして徳したと思うことや、Tポイントカードを出すこととは正反対だということです。

赤、赤、赤と10回続いたルーレットが、次の11回目に赤が出る確率はやはり1/2なのです。

そして

冥利です。難しいですね

「男の冥利」「男冥利」

先に述べた英国人が思う理想が007のS・コネリーなら

アメリカ人の理想、或いは男の理想が「リック」です。 そう「カサブランカ」のボギー演じるリックです。

映画 「カサブランカ」でググッて下さい。この映画が戦時下の反ナチス・プロパガンダ映画で、今も各方面では今も評価が高いわけがわかります。 助監、ドン、 シーゲル

ここから「コピペ」

大戦後は再びアメリカ映画がヨーロッパ諸国で配給されるが、マーシャルの名前がつけられた欧州復興支援『マーシャル・プラン』により売上をアメリカへ持ち込めなくなった。これも一因としてヨーロッパ・ロケの映画が製作される。『ローマの休日』(1953年)もその一本だが、本来はキャプラが監督するはずだった。戦争中は戦意高揚映画を作らされ、大戦後は冷戦の影響により、1948年より始まった赤狩りの猛威に晒されたハリウッドで、自信を失っていたキャプラは、ハリウッド・テンのドルトン・トランボの脚本と知って、友人ウィリアム・ワイラーへ譲った逸話がある。 

(ここでコピペ終わり)

『ローマの休日』のG・ペック演じる「アラバマ物語」の主人公フィンチがアメリカ映画協会が選んだアメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100では、フィンチがインディ・ジョーンズやジェームズ・ボンドといったスーパーヒーローを抑えヒーロー部門第1位を獲得している。

これは、凄く感じるところがあります。G・ペックがカッコいいのはこれと「ナバロン要塞」です。

私たち20世紀の青年は、映画に影響されたことが多大です。

そこに理想とか、過度の思い込み、勘違いも多々ありますが、少なくとも

「マティーニ」のレシピを薀蓄みたい言うアホほど恥ずかしいものはありません。

せめて「GIN」そのものの話をしてほしい。それが判ってないのに、つまり本筋が判ってないのに、ステアが。。なんてアホです。

大事なのは会話の中身そのものです。

はっきり言って「マティーニ」なんてどうでもいいです。

「どうでもいいです。」

チャーチル言うところの本当のドライ「マティーニ」とは「ジン」です。(英国の婉曲表現なのです)

TPOでジンが飲めないのでホテルで「マティーニ」なのですが、日本では「正しいオリーブのかじり方」まであるようです。笑

日本では、全てがニセモノですから、変な薀蓄が新たな伝統を作ってゆきます。特に「何々でなければいけない!」ってのが危険で。結局その人一人が言っただけなのです。

 特に型式主義の日本では、欧米のバーテンダーの技術が劣ってる、全然だめと多くの日本のバーテンダーが語ってますが、そんなことはありません。日本のように「こうしなければならない」という型がないだけです

エスプレッソでも同じです。 肘を「90」度で圧力が・・・なんてやってるバリスタはイタリアではいません。タンパーすら重視してませんが・・・使わない人も多い。

ミラノ駅2階の「ザネテッィー」の20歳くらいの女の子が独りで20人位の列を一人でテキパキ裁いていたのは実力でしょう。

Of all the gin joints in all the towns in all the world...

カサブランカのセリフです。

「GIN JOINTS」は酒場の意味です。

ジンが庶民の酒です。要するに「焼酎」 で「マティーニ」は「チューハイ」のようなものでレシピなんて何万とあるいじゃないですか?実際それと同じ。

そんなものに正しいレシピを云々いっても仕方ありません。

初心者向けのカクテルブック(みやげ本)には目安といて書いてあります。

ただ、日本ではそれが絶対値になってしまいます。信じちゃう。聖書になる(笑)

男は「GIN」なのです。ただ単純にそれだけです。

日本のオーセンティックなバー程、「マティーニ」が似合わない場所はありません。バーテンも偉そうだし、進駐軍の手先みたいで。

ロンドンで場所にいけば女性はみんなイブニングドレスです。そうあの背中丸出しのヤツ、男もタキシードです。映画でよくあるシーンですね。TPO

申し訳ないです。そういう連中が飲むものです。彼等にはマティーニなんてどうでもいいです。

外見も日本人では三船敏郎と岡田真澄しか無理だと思います。渡辺謙もOK?

日本のHOTELって多くは外資系で、植民地みたいで素敵です。よく見学してれば、なるほど外人は偉くて、現地人がキビキビ働いていて、現地の金持ちが威張ってるって公式がありそうです。

日本のホテルもインドのホテルも同じ感じです。

だから私は、民族資本系ホテルさんは、頑張ってほしいです。ね

以上が、私が「なめらかプリン」なんて出来損ないが大嫌いな理由です。??

「えっ!」

チャンチャラおかしいです。これ

おととい来あがれ!