【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

珈琲焙煎士なんて職業・資格はない。

2013-11-30 | ◆正法焙煎眼蔵

士業には、高度な専門性を要求される職業が多く、呼称は、その高度な専門性から取得難度の厳しい資格の名称の末尾に「士」の文字がついている場合が多いということに由来している。広義においては「-」だけに限らず、「-」との名称である資格も含むことがあるため、「士師業」「師士業」などとも呼ばれる。

資格は、無資格者の実施が禁止されている業務を行うことが許可される業務独占資格と、その名称を用いて業務を行うことが許される名称独占資格とに分かれる。国家資格については、資格の認定(すなわち当該資格を保有することについての専門性の認定)が法的に担保されるとともに、その多くにおいてこれらの独占性が法的に担保されるものである。

一方、民間資格は、独占性を法令上認められるものではなく、当該資格を保有することが一定の専門性を有することを認定するものである。

第一、珈琲焙煎は技術では、ありません。 ただの作業です。通常は一日でマスター出来る程度のものでしかありません。 今後、近い将来、民間の任意団体が年会費と試験検定料と認定料目当てに「コーヒー焙煎士」なんていう資格を作るでしょう。 ただの金儲けです。


テイクアウト出来ます。

2013-11-23 | ◆日記・エッセイ・コラム

一杯一杯、フィルタードリップしますので多少のお時間はかかりますことご了承ください。

不思議なもので、紙コップで飲むと何か物足りなさを感じます。それで食事後(特にカレーなんて食べた後)ではもっと物足りなさがきっと増幅されるでしょう。

車の運転にも注意すると意識が散漫になり、感じるのは苦味だけになるのだが、

これを美味いと感じるか、もっと・もっと落ち着いた気持ちの時にソファに座って、旨み・甘みを感じるかは別れ道・・

だから、安売りの深く煎った苦味のある安いコーヒーの方がテイクアウトには合ってるかもしれませんね。

研究します。

これって考えてみれば日本茶と同じですね。本当に美味しい高級な日本茶は、知識層といわれる方々が飲まれてます。量といえば、杯のような茶碗に数滴みたいな世界ですが、これが朝飲むと、午前中、脳内にお茶の香りが漂ってる感じがします。

汗を流して働く私のような人には、水分の補給も出来ませんから飲めません。

飲むゆとり、心の余裕です。

何気なく飲んでる日本茶ですが、本物を知って、飲んでる人は極、極少数だと思います。

私がこの日本茶を教えてもらったのは、京都ですが、さすがに京都には大学の先生や学者さんが多く、そういう需要も残ってるらしいです。それとそういう方々の屋敷に出入りする職人さんの親方は知っておられる。

一般は私同様、ガブ飲みになりました。ペットボトルで日本茶飲む世代に、本物を知る機会がないのは残念です。

 

 

 

 

 

 

 


コーヒーは農産物です。

2013-11-21 | ◆日記・エッセイ・コラム

皆さんが玉ねぎや大根やキュウリ、レタスやキャベツも買って来てサラダを作る時に、やっぱり多少は洗いますね、常識として最低でも水洗いをします。

コーヒー豆もやはり農産物です。それも随分と土埃っぽいし、目の粗いドンゴロス袋に入って輸入されます。

それをそのまま煎って飲むなんて、知らぬが仏です。

じゃあ、どうして今迄、洗ってこなかったんだという点から言えば、焙煎するからいいだろう・・・ってことです。生豆が自由に買えるようになったのは最近です。

ただ我々、日本人は水の味も判るし、食卓に座って一口で「ああ、新米に替った?」と判る民族です。私は世界中で和食が一番美味いと思ってます。

だから、私はコーヒーを洗います。

反論もあるでしょう。当然、 その前に一度でも自分で実践して比べてみれば良い。それから理屈も言えば良い。

美味しさが逃げるというなら、「あなたの家ではお米は洗わないのですか?」と聞きます。

東京のような都会では現実に、干す場所もないでしょう。けれど、それでアンチ論はいただけないねぇ・・。

大手のように一回に何百キロと焙煎し売れるところは洗いません。そんな手間を掛ける必要がありません。売れているのですから・

私のようなマイクロ・ロースター業はそうは行きません。一生懸命に焙煎し、少しでも美味しい豆を作るのが存在意義ですね、それはマーケットの価値とは違って・・。

だから、欠点豆をピックアップするなんてありません。そんな豆は買いません

ピックアップする必要がある時点で、特級品ではありません

それで美味しくなるなら、カーロラを毎日磨けばセルシオになるような話です。

例えば「マンデリン」でも同じグレードと称するものでも倍の価格差があると感じます。G-1(一番いいものです。) 買って比べるまでもありません。

コーヒーは第一次生産物で貿易額では石油に次いで第2位だそうです。つまり資本主義の波に揺られているわけで、そんな世界で同じ品質で半額なんて常識で考えても無いわけです。それがあるなら半額の原油も何処かにあるでしょう。(笑)

カローラの価格で新車のセルシオも何処かで買えるでしょう。

私はそれが見つけられないので高いものを買ってます。G-1のもう一つ上SGです。

卸価格は培以上です。同じマンデリンです。

Adb5_main

だから私は、フェアトレード・コーヒーなんてのも全く信用していません。それは商社と農園主の間だけのフェアな話で、農園主と労働者は多分、フェアじゃない、一日懸命に働いて0.5ドルというのは・・・・・

なんとなく良いことをしているような錯覚で。この珈琲豆買うと現地の人々が豊かになるなんていうのは、甘い幻想でしかない、これほど発達した日本でも、収入の大きな差が話題になっている。

話はそれましたが、コーヒーは原始的な農産物です。 洗って当然なのです。

否定派にもう一言、そもそもそれ以前に現地で実を取る段階で水で洗ってるのが今のコーヒーなんです。水洗いすると栄養が抜けるなんて話は現実に合いません。じゃあ米も洗わないで食べれば良い。

http://www.uplink.co.jp/oishiicoffee/


ペーパードリップをお薦めします。

2013-11-13 | ◆日記・エッセイ・コラム

その理由

①誰もスグ上達する。

②一度上達すれば、ブレがない

③調整幅が他方法と比べると何倍も大きい

④後処理が簡単

⑤コスト安

⑥雑味がない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の通り良い事ばかりです。だから世界中であっという間に広まりました。

メリタ(一穴)  対  カリタ(3穴)  ならカリタ

コーノ      対  ハリオV60  ならハリオ

という具合ですが、当店は三洋産業 大きさにより穴が1個~3個と理にかなうのと、V字形が深い、&利益率も良い

理論的にはコーノ か ハリオですが 必ずブレます。まず心を安定させるのが肝心です。心がブレていてもキチンと出るのがコーヒーメーカーです。。

その点、他社は一度習得すれば、まず失敗することがありません

後片付けも紙フィルターを捨てるだけで一切面倒はありません。

大昔の若い頃に教わった理屈も今でも信じてる喫茶店のオヤジはペーパーは無漂白の茶色がいいと言い、使う前にお湯で洗えなんていいますが、そんな面倒なことは

現在のバージンパルプの酸素漂白の白色なら不要です。

日本全国の珈琲の名店は三洋産業の白色を使ってるのが多いことでも判ります。

世の中はあらゆる物が凄いスピードで変化してゆきます。昨日と今日とは違います。コーヒーフィルターだけが何十年前と同じなわけがない。それでは企業は残りません・より良い商品を日夜開発しているのです。

私が思う素敵な人とは、昔の考えを基礎に柔軟に変えていける人です。状況が変ってるのに、「自分だけが変らない」というひとは頑固じゃない、ただの馬鹿です。

本物のコーヒーに頑固な人は、常に最上を追い求めている人です。あれが良いと聞けば日本中尋ねてる人です。

固定観念を持った時点で、旅は終わります。

次にコーヒーのオイル肯定派、否定派に分かれます。

オイルは勿論コーヒーのオイルですが、カップに浮かぶと、何かの拍子にランチの焼きソバの油が付いた感があり個人的には嫌ですから、通さないペーパー方式を支持します。

ペーパーで落とすのなら、お湯の温度も自在、スピード&量も自在ですので無限の可能性があります。サイフォンなんての沸騰した100%だけです。

コーヒーの最適温度は83度~85度です。これを否定した時点で【負け】です。

現実に100度で最適に出せる焙煎なんて存在しません。

日本全国で東海地方だけは、砂糖もミルクもタップリ入れて、尚且つコーヒーの味がしないと~~~なんて馬鹿オヤジが一杯いるので、焙煎店は本当に楽です、深く苦く煎れば文句は来ません。早い話がカフェ・オーレ用です。(笑)

おまけにカップは冷めない部厚いのがいいなんて・・・田舎もんです。

当店、砂糖もミルクもありません。