【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

PIDは装置ではない。制御の方式。ここでは温度調節噐

2018-10-29 | ◇la pavoni パヴォーニ
■最近よく聞く「PID」です、毎度書いてるように、どんなエスプレッソメーカーでも、使ってる部品はほとんど同じ、PID制御による温度調節器も同じ時期に、多くの会社が装備始めました。裏返せば、コンパクトで特化された同じデバイスが業界に同時期に導入されたわけです。

この「装置」自体がとても安価になったわけでもあります。

何度も書いてるが「PID装置」なんてものはない、これは制御の方式名である。エスプレッソマシンではその温度調節に利用するわけだが、アマチュアが後付けで手っ取り早く追加する為に、海外では出来合いの装置で富士電機のXPG4がよく使われているようだ。特にエスプレッソマシンでは複雑なモノ要らない。
但し、温度分布が違うから、どこで計測するかが問題で、屁理屈抜きでボイラーの中にプローブを差し込むべきではあるが、面倒である。

「PID」制御は古典ではありますが、現代のマイコン技術でとても高度な制御が可能です。
PIDをイメージするのは、我々が車を運転する時に、結構キチント60キロで定速度走行するのに似てます。実は速度制御を上手くしている。

ネットでは工作を綴って複雑に書いてあるが、実はただの温度調節。

実際は、容量が小さなPAVONIでは、プロセス制御で充分で「プレッシャスタット」を弄れば同じ、但しベース内なので使用中は無理。

ま、圧力計一つあれば、指標として使えます。





ほとんどポン付けで、、



私は価格も安いパナソニックの「温度調節器」KT4R AC100-240Vを使いたい。

パヴォーニのような小さな容量にPID温度調節を付けても実は自己満足だけである。ただ工作し易い手本だからやってるに過ぎない。その自己満足が大事だとも言える。





Small milk jug for la Pavoni lever machine

2018-10-28 | ◇la pavoni パヴォーニ


パヴォーニのレバーマシンのスチームノズルを75mm延長してみました。50mmが最適な感じがします。





朝一番のたった1杯に使うミルクは小さなミルクピッチャー(100cc)前後で充分ではないでしょうか?ミルクが無駄にならない大きさって重要です。今日は試験的に・・・


ピルスナー・ウルケル (チェコ国)

2018-10-25 | ◆日記・エッセイ・コラム


■最近、日本で本格的に売られはじめた、世界のビールの№1 チェコのビールです。
世界一消費が多いのはチェコ国です。


■今回は、桑名市の日本酒の蔵元さん(そこは地ビールも生産)と京都のお店でビールの飲み比べなのですが、その蔵元さんが地ビールを手掛けた頃、ドイツ人技師が「これが最高のビール」だと言われたことを思い出した。と言われました。それがコレ
チェコが一番だと、ドイツ人も思っている。

欧州全体が硬水なのですが、チェコは(超?)軟水らしいような話・・


■意外ですね、ビールはドイツかイギリスだと思ってました。勉強はするものです。
勉強です。 業者しか知り得ない情報は沢山ありますし、知っていても、ここではとても書けない情報の方が遥かに多い。

笑うのは、業界にいて、素人の同じ次元で物事も判断してる人が多いことです。

コーヒー業界では、ハリオV60を使ってる人達です。
もうお気の毒しかないです。



  ---------------------------



「パヴォーニ」Pavoni エスプレッソ 完全制覇講座!

2018-10-25 | ◇レバーマシン エスプレッソ

パヴォーニでイタリアの味(クレマ)を出します!
ラテ・アートも業務機同様に出来ることをお見せします。
■2018年12月1日(土)

    -------------------
■ PAVONIのレバーマシンの本格実践講座です。
これからマシンを購入予定の人も、
マシンは昔買ったけれど、適正な抽出が出来てない人も・・・・・・
ずっと使っているけれど、悩んでる人も、奥様、友人を誘ってお越し下さい。

①【クレマ】が出てない。
②「美味しい」エスプレッソが抽出出来ない。
③ キレイなラテ・アートが出来ない。
④ 最初からキチンと学びたい
⑤ 近所の「坊や」の店はスッパ過ぎて飲めない
⑥ 豆について知りたい
⑦ ハリオV60なんて絶対に使いたくない

などなど、
人それぞれに悩みはあります。その【原因】を探りましょう。
    -------------------
■ 講座について
座学は極力少なくして、実践的な講座であることは当講座の一番の特徴です。
「タンパーは肘を90度にして何ポンドで押す!」なんて漫才はありません。
こんな方法では申し訳ないですが、PAVONIでエスプレッソは出ません。

イタリア生まれのマシンをイタリア方式で操作します。

    -------------------
■ もし既に持ってるならマシン&グラインダーも是非、持参して下さい。
他人と比べて調子はどうなのかを見るのもよいかも・・です。
但し、修理講座ではありませんので、その場で修理するなんてことは出来ないです。

あなたのセットは出来る組み合わせなのか?知りたくないですか?
「売るだけ」の業者で買った人は、悲劇です。
講座をやってない業者なんて詐欺と同じ。

    -------------------
■ 講座代金

お1人様  9800円 
お2人様(夫婦・友人同士) 12800円(下記の特典は一人のみ)
    -------------------
■ 講座内容 & 特典です。

① 特選スチームチップ ①穴 ②穴、③穴から希望の1個プレゼント

② エスプレッソ用特選焙煎豆 200g

③ 基本メニュー

④ マシンを分解して、基本の仕組みそのものを学ぶ

⑤ グラインダーを調整する。

    -------------------
■ 開催日 & 時間

2018年12月1日(土曜日)
午後12時から~夕方5時位迄
    -------------------
■ お問い合わせ申込み
0594-31-9874
090-1721-9874



★2019年度からは月に2回の開催になります。

FABEX 大阪 (カフェ・飲食関係展示)

2018-10-25 | ◆日記・エッセイ・コラム
大阪南港で開催されているFABEX大阪に行ってきました。
内容は「あーしょーもな」です。が

私は全く別の用事の為です。
その内容は10分で済みますが、これがスマホではダメなのです。
スマホは連絡だけで、仕事は一切出来ません。

多くの若い人は、LINE、FBで仕事が出来ると思っていますが、実は、仕事とはそれ以外のことです。

その為に人々は背広着て、朝早くから新幹線で移動しているのです。
或いは、飛行機で世界中飛び回っています。



あなたが仮に、LINEで1000人と繋がっている、明日100万円何も言わずに貸してくれる人は何人ですか? それが友達の実数です。

  -----------------------------
 


よ。

11月3,4,5,6,日 サンタRCG消煙消臭機 実演展示会

2018-10-25 | ◇コーヒー焙煎用  消煙消臭装置
メーカー協賛企画!!

11月3.4.5.6日


サンタ製消煙消臭機の2タイプの実演展示会です。購入検討段階を前提の希望者さんに実際に見て頂く機会を設定いたしました。暇つぶしの方は遠慮ください。 この後に当方が営業をかけることはありませんので安心ください。しかし、来店名簿には必ず記入していただきます。(個人情報云々抜かす方は来ないでね)

このサンタ製もFUJIのROYAL CLEANも基本の「しくみ」は同じです。構成も同じ、サンタ製は消臭もします。FUJIは出来ません。どう考えてもサンタの方が優れてますが、違う事を洗脳されて言う人もいます。ご注意ください。要は自分でやらない限り本当の事はわからない。




場所は、三重県桑名市の当店舗です。

 ---------------------------

■RCG-7




■RCG-5



■11月3.4.5.6日 開催します。(完全予約制です。)サンタ製の両タイプを実際に使って頂く展示会です。開発者さんも来ますので、色々とお聞きになりたいことは全て質問ください。無料です。
10日以内にご予約がない日は実施いたしません。

当店のデモ以外でご自分で焙煎されたい方は生豆を持ち込んでください。当日は基本、この機械についての質問だけでお願いします。



■内部構造や使用実例などを開示します。実際にどうなのか?現実に使ってお見せします。


■どちらかご希望かもお知らせください。不明な場合は現在、何キロ機をお使いなのか(予定なのか?)を参考に実演させていただきます。
実際に豆を焙煎しますから、冷やかしは固くお断りいたします。


完全予約制です。下記まで来店時間などもお願いします。

■尚、当日は食事などの接待は出来ませんのでご了承ください。尚、桑名駅までの送迎は無料です。

■展示会は当然、無料です。

0594-31-9874


三重県桑名市大仲新田540
エースマンション 103
JBS(cafe987)

パヴォーニの改造

2018-10-23 | ◇la pavoni パヴォーニ
写真の通り「ダブルヒーター」のユニットです。最近、多く輸入しております。価格はスイッチ込みで20000円ほどです。当然4極になってますが2+2ですから、簡単な制御です。

在庫2個あります。

パヴォーニ(パボーニ)は、単純なエスプレッソマシンですから、メンテナンスも自分でできます。


下がダブルスイッチです。


この古い機種の配線図は下記から見ることが出来ます。
http://www.partsguru.com/LaPavonilevermodels.html

但し、これが有った頃とは、全く技術が違いますから、違った、進歩した方法で制御すれば面白いかもしれません。例えば、PIDによる温度制御なんてよくある手です。
これは「熱電対」をボイラーに仕込むだけが仕事です。




パヴォーニの治具の製作

2018-10-22 | ◇レバーマシン エスプレッソ
車の整備でも専用工具使う仕事が一番簡単なのです。多くは反対に思っている。楽だから専用治具も作る。これは仕事の基本なのです。


■ 何度も訪問しているミラノのla Pavoni 社は製造にバラツキが大きい。家庭用・商業用も問わずですから販売し発送する前に、必ず点検・試験運用をしなければなりません。


ちょっと前に1台100万円の商業機を2台輸入しましたが全く動きません。(笑)、スグに、自分で直せましたが(代理店だから当り前ですが)今のように、インターネットやFAXが無い時代は大変だったと思います。素人さんだと困ります。


■ さて本日、小型レバーマシンのPAVONIの点検用の治具を2X4材で簡易製作しました。先に述べたように発送前点検をしますが、これはボイラーの【締め増し】をする為の台です。

今回は試作ですから「木製」ですが、実際、木の方が柔らかいのでキズ付かず点検用には向いているかもしれません。
試作ですが、比較的、上手く行きました。これを鉄製で本格製作すればOKです。

ボイラーが動かないように下で挟む装置が肝心でもあります。


■これが、PAVONI専用工具の一部です。実はこれ相当高価です。
真ん中の、丸い道具でフランジを締め増しします。

ネジを交換したり、調整したりしながら、完全な状態で出荷するその手間はちょっと大変です。が、正規輸入モノというのは、自動車でも同じことが言えるのですが、そういうトータルの価格です。部品のストックや情報量、保証。

ベンツで言えば平行モノとヤナセでは100万円単位で違いますが、平行モノ買う人は少ない。

勿論、平行モノ・個人輸入の故障修理、それが「メーカー保障期間中でも」、弊社は一切の相談やアドバイスは申し訳ないですがいたしません。これも自動車と同じですのです。

そもそも、そのような保守契約がメーカーとありません。

■よく親切に何でもご相談どうぞ!と書いてあるのは、正規輸入モノの何倍もの部品代・工賃を請求されます。

その親切なHPには数百円もしないパーツが1万円になってます。笑。何故、当社が平行モノを面倒みないのか? 新しい部品を交換すれば、弱ってる次の部品が壊れますので、そういう人達を相手にすれば、当然かなりの確率でゴネて来ます。 最初(新品)から、面倒見てるマシンなら状況もオーナーさんも知ってるから、リスクがないから安価で修理が出来ます。まあハッキリ言って懲りてます。

もちろん、部品供給も一切無理です。

以前に行っていた部品の供給も、間違ったから返品したいなんて平気でいう人達が多かったので現在は中止しています。「良かれと思ってやってる事に対して、ゴネれば何とかなる」なんていう人達が多過ぎます。結局こういう人達が市場をダメにします。

勝手にエスプレッソマシンを送って来る人もいます。が、次が壊れればこっちの責任にしてくるから、開封もせずに即、送り返します。


■ガスケットの交換や各種調整が出来るようになれば、エスプレッソの世界は何倍にも膨らみます。是非、勉強して下さい。

パヴォーニの分解清掃くらいが誰でも出来るように完全講座をします。マシンの中では一番簡単です。

法外な価格でメンテナンスなんてする意味が全くないのです。

日本は今迄、そういう情報が無かっただけなのです。殆どのバリスタが「坊や」だから仕方ありません。メーカーに踊らされてるだけです。

■当社では、この治具を特約店に配布する予定です。




レバーマシンの購入について、エスプレッソ

2018-10-22 | ◇レバーマシン エスプレッソ
■ 当社では、レバーマシン購入を予定されるているお客様には、レバーマシン講座の受講を強くお薦めします。それは、私達がここ数年、イタリアの先人達に直接伝授された正しい取り扱い方法を知って頂き、正しい操作方法を広く周知させてほしいからです。(日本独自のデタラメはオススメしません。)

① 正しくより安全に使う為
② より美味しいエスプレッソを抽出する為
③ そのマシンの裏にある思想や歴史・成り立ちを知るため
④ そのマシンをお店でどう使うのか知るため
⑤ イタリアのエスプレッソを知る為
⑥ メニューのお勉強



■レバーマシンは、全てマニュアル操作です。 今迄、長い間、セミオートのエスプレッソマシンをお店で使っておられた方でも、その経験は全く生きません。

例えば挽き目を合わせるグラインダーの調整はもっと、シビアなものです。

だから、タンピングの強弱で合わせるようなアメリカ式では相当に無理です。ここは、グラインダー勝負です。


■本格的なエスプレッソを目指してるとすれば、その方法論は多岐に及びます。
レバーマシン以外でも普通に本格的に抽出出来ますが、そこを敢えて、レバーマシンを使う意味を見つけたなら、エスプレッソをシングルオリジンで出す意味などないと思う筈です。(自由ですが)

イタリア国内の多くエスプレッソ講座でも、コーヒー各産地の特徴を知るために、勉強として一通りシングル・オリジンで抽出しますが、きっと、それをメニューと勘違いしたのかもしれませんね。笑


■機械は正しい操作方法で、キチンとした動き、つまり結果が出ます。私達が恐れているのは「日本独自の変な方式」を誰かが知ったかぶりで言った結果が、それが定説になることです。イタリアと全然違う使い方はおかしかないでしょうか?
他の事象でも、勘違いがその国の定番となることは多いのです。

日本のエスプレッソは不味過ぎると外国人は言います。

「エスプレッソ・イタリアーノ」と言う言葉を知って下さい。それはアメリカ西海岸とは根本的に違うものです。


■当社は「エスプレッソ・レバーマシン」を多く扱っています。購入者の皆さんが講座を受講され、外国人のお客様からも「美味しい」って言って貰らえる現実があります。この現実です。店を出たお客さんが、わざわざ戻ってきて「美味しかった」と言ってくれる。そこにたった一杯に掛ける情熱が喜びに変わる瞬間があります。

それ故に、当社の「レバーマシン講座」はとても安価に設定されてます。上記がその理由です。手間隙を惜しめば、レバーマシンは使えません。

他店でレバーマシンを買ったお店では、実際に「使えてないお店」が多いです。ちょっと見ただけで、「ああ、ダメだ」と判ります。


■デタラメな先生に教えられて、結局、レバーマシンの根本原理を知らない使い方をして、「スッパプレッソ」を得意になっても仕方ありません。本物はイタリアに在り、アメリカにはありません。申し訳ないですが、これが事実です。

世界中で、日本だけが「エスプレッソ」が来てません。残念です。


■「エスプレッソ」は薬ではありませんので「苦い」「スッパ~イ」のは間違ってます。アメリカからくる食べ物は不味さの限界ばかりで、敗戦後まともなモノは来やしません。笑

スローフードはイタリアから








鵜呑みにしない。ベッカムの奥さんは「ダイハツ」に乗ってない。

2018-10-16 | ◆受講者さんのコメント
【受講者さんよりのコメント】

********************************

先日は焙煎講習指導ありがとうございました。

おかげさまで、素人ながら焙煎の基本について、さらにコーヒー全般の知識を得ることができました。
また、この業界における一般常識に大きな齟齬があることも教えていただき非常に勉強になりました。
何事も鵜呑みにせず何が正しいのか自分でしっかり判断することが必要であると痛感しました。

どんな形でコーヒー焙煎をするかはまだ決めかねていますが、いずれ焙煎の世界に一歩踏み込んでみようと思っております。



*********************************


感想をお送り頂きありがとうございます。

当講座でお伝えしたように、巷で「シティだ、フルシティだ」って得意になって焙煎を語ってる人は、たった2つの色見本(指標)で判断してるわけで、それは最低の焙煎です。だから毎日、同じような「焙煎」だが、味が違う。笑

そこを大きく「勘違い」して、だから気圧や湿度で焙煎は変わるんだよ!と言ってる。結局、本人が一番ブレているのです。

商売(プロ)は、今日も、3年後も同じ味を出せるということです。全く正反対です。

これをお読みの皆様方も、絶対に、手網焙煎や、手でグルグルはしないこと。絶対です。

素人の遊びを10年しても意味はない。しかし、そういうトロイ事をしてる人が、「あの手回し10年の経験が・・」なんて抜かしますから、世の中のレベルがドンドン落ちてゆくのです。


素人の遊びが、プロの前段階だと勘違いしています。

区切りがない時代ですから、「坊や」がくだらん事を雑誌で言うから、本気にする「坊や」が沢山いる。

発売されて間もない「ハリオV60」の広告記事(コーヒー特集)を本気にする。ネルドリップの味だって!

その「坊や」はサーバーの下にハカリを敷いて抽出量を見ているが、肝心要のドリッパー(V60)自体の抽出速度はバラバラである。これは本末転倒です。チャンチャラおかしいです。

親切にポットにも温度計が付いてる。ハカリもある。しかし、使ってるその「ミル」じゃダメでしょ?ってのを使ってる。どこか珈琲焙煎に似ている、理屈は立派だが、中心がない。笑。

どうして、ドリッパー10個買って、自分で検証しないのだろうか?

ペーパードリッパーで「湯通し」なんてしてる人もいる。ナンデカナ~~~?





「クレジットカード」が使えるようになります。

2018-10-15 | ◆日記・エッセイ・コラム
コーヒー焙煎講座や他の講代金や一般商品にもカード支払いが出来るようにします。

エスプレッソマシンやグラインダーでも可能です。


お客様の選択で、分割払い、2回払い、ボーナス払いなども可能です。

回数は (ボーナス払い・リボ・1~24回払い) と選べます。



    ----------------------------------

VISA/
MASTER/
JCB/など


コーヒー焙煎講座で 【紅茶業者】紹介

2018-10-14 | ◇コーヒー・プロ焙煎講座・教室・セミナー
当講座を受講される方々には、生豆の仕入れ先から、袋など、色々と紹介させて頂いております。まず受講者さんが繁盛することが第一です。


講座受講者さんに紹介出来る幾つかの事の中で、一番大切なのは【生豆の仕入れ先】だと思います。ここは暗中模索という感じで自身で探してゆく手間が省けると同時に、騙されなくてよいメリットがあります。

これは、ここで書いても判りはしない。

  -----------------------------

今回は、新たに優良な紅茶関係の仕入先業者さんを紹介することが出来るようになりました。

これは何故かというと、自家焙煎店のコーヒーを飲むような顧客は、紅茶も判ってる人が多いということ。

そして紅茶専売では商売が難しいのであまりない。だから需要はあるということ

喫茶もしてるお店では、コーヒー飲まない方も来店期待出来るいうメリットがありますので、【紅茶】も視野に入れてるお店さんは、是非考えて下さい。

特に、エスプレッソ関係のお店では、紅茶のバリエーションでメニューも増えます。


  -----------------------------

以前に、当焙煎講座を受講された方(店舗のみ)も、紹介させて頂きますので是非、私に問い合わせ下さい。勿論、これらは無料です。 当店は紹介だけですから以後は各自で話を進めて下さい。


紹介料が入ることも一切ないです。(笑)

   
  ------------------------------




最初の美味しい一杯・・・

2018-10-13 | ◆日記・エッセイ・コラム
一昔前までアメリカのコーヒーは「不味さ」の代名詞でした。
薄くて、すっぱい (つまり、浅煎り)
ホットドックにしろ、コーラにしろ、それは不味さの限界という人も多い。

今年もSCAJの多くのブースでは坊や達が「スッパプレッソ」を、それはもう得意げに提供していましたね。他人事ではありません、残念ながら、私達の昨年のWEGAのブースでも、担当バリスタが何処からか持って来た自分の仕事為の「カフェインレス」の豆を勝手に使い始め、多くの皆様の期待を裏切ってました。

っまあ、私の監督が出来てなかったわけで、私はもう初日からWEGAブースを離れてました。


WEGAのブースでレバーマシンで試飲された多くの方々からも「酸味が強い」という指摘を頂き翌日に正規の豆に換えたのですが、また、勝手に豆を入れ替えてました。

というわけで、評判はやはり、あまり芳しくないものでした。

  ---------------------------

本来は、エスプレッソは(実際は飲みませんが)何杯も飲めるほど、美味しいものです。 
スッパプレッソではないです。

まして、シングルオリジンで飲むものでもありません。

焙煎豆と同じく、「ブレンド」の方が「美味しい」のは当然なのです。
焙煎豆屋で一番売れるのは、「ブレンド」であることからも理解して頂けると思います。

アメリカ西海岸で考えたイタリアのようなものをひねって、日本に再輸出したモノがベースの日本のエスプレッソシーンでは、本物が中々伝わらない。本物の波が来ません。

日本でエスプレッソシーンを引っ張ってるのは、やはり西海岸系の人々で、「とても飲めたモノ」ではないエスプレッソです。


イタリアの各メーカーが皆言います。「日本だけはエスプレッソ・カルチャーがない」

東南アジア諸国は全部来ているそうです。彼等は世界中、転戦していますから言うことは信じることが出来ます。


まあ、兎に角、最初の一杯が美味しくなければ、飲み物に意味がありません。

多くの人が、海外旅行に行く時代に、イタリアに行けば本物がある。各街角にあります。
それを無視して、ただ、なんとなくサードウェーブだから、なんてのはどこか胡散臭い。

スターバックスではエスプレッソなんて誰も注文しないこの状況下で、何を説明しても虚しい。

本当は「酸っぱいだけ」のエスプレッソを誰も、美味しいとは思っていない。

ACID,ACIDLY をただ「酸味」と直訳し、誤訳した結果である。そこには「美味しい」という「暗黙の了解」が抜けている。浅く煎って、酸味が出てるのを美味しいと思い込ことが通だと信じている。「美味しい酸味」と「香り」は昔から、アラビカ種の特色である。

とても哀れな「直訳」である。

話は変わるが、「ほんの少し前」の英国の本に、パブの話が載っていて、「KING's ARMS]
が「王様の腕」なんて書いてある(笑)本当は「紋章」である。英文学の先生が書いてる。

最近の国土交通省のHPには英国式の円形交差点が「ランアバウト」と平気で書いてある、そんな発音はない。これは「ランナバウト」である。

そして、それが日本では普及しない。理由は2つ、①天下り信号会社が困る。②そして同じ左側通行(右ハンドル)なのだが、英国は当然見える側の右優先、日本は法律を導入時に間違えて「左優先」だから、円形交差点は危険で導入できないでいる。(当然、車は右側から来るからである。)


だから、常識を疑え!

「酸っぱいエスプレッソ」なんて不味い!ぜ。

毛糸の帽子被ってる坊やが「何を言おうと」不味過ぎる!!

チャンチャラ可笑しい。

イタリア南部では、レバーマシンが主流である。
ところ変われば常識も変わる。

しかし、美味い、不味いは、人間の感覚の問題でそれほど変わらないと思う。

イタリア国内で飲むエスプレッソと

日本で毛糸帽子の「坊や」が出す「スッパプレッソ」とどっちが美味しいですか?

舌に聞くのが一番だ。

-----------------------------------

さて、ここから何かを始めなければならない。


  






中古マシンのOH完了です。

2018-10-07 | ◆日記・エッセイ・コラム
買取りさせて頂いたった中古焙煎機のOH完了です。実は2台とも新品同様で分解して確認して完了、交換部品はないです。RCG消臭機も新品同様です。



最近ヤフオクで、とんでもない古いマシンが高値で売買されてますが、それで「ノークレーム」とはふざけた話です。そんなモノを買って商売出来ると思ってる人は、ちょっと心配。無理です。

自分で全分解して組み上げることが出来ないと無理です。焙煎機は店のエンジンですから、


正直、こんなマシン、今の基準の焙煎では無理だろって代物が売られています。

2018年製の新品マシンでも、正直、そのままでは中々使い物になりません。そこをどうするかです。
使用状況により、お店の作りなどで全く違う排気ファンに換装したり、まあ色々します。
左スプーン機は、私の中古機の方が絶対に使い易いです。(改造しますから)

第一「キャスター台」からして全く違います。純正の台では、おそらく自由に野外にコロコロは危険すぎて運べません。爪3つですが、当店のは5個の爪があります。純正は棚にもなりません。

この1キロ台は細部にわたって諸々違います。理由は、当方の鉄工所の方が設備も技術も相当上だと思います。まず工作精度が違います。


当店のキャスター台なら3キロ、5キロ機でも自由に一人で移動できます。


さて、今回は、2016年、18年の新しいモノです。状態は新品同様ですが、この2年の違いは各部の違いが色々とあります。それが判っている。当方で現行機以上にします。メーターとかも違ってます。

まあ、ヘタな中古は絶対に買わない方が良いです。まず単体を買っても判らないと思います。

蛇足ですが、私は最初に2台(1キロ、3キロ)を購入しました。それで焙煎の違いを完全に把握しました。具体的には、ニュートラルなんて全く違うわけです。ということは、ニュートラルを追いかけるなんてのはダメだと判るわけです。
直火式と半熱風式ですから、比較が出来ます。
そういう事の積み重ねです。

      **************************

■ほとんど新品なのがよくわかる2018年製、ガス調節はダイヤルになっています。当店では新品注文時にレバーも選択出来ます。



■作業台に載ってます。手前が「キャスター台」です。これでは下が何も使えません。当店ではここが2段棚になってす。ここが一番使い易い場所です。ご覧のように縦の棒一本だけ。笑



■左スプーン機です。 よく観察してください。プローブ(温度計センサー部)の位置が右スプーン機と同じです。本来、反対側に在れば邪魔になりませんが、ここが右スプーン仕様のままです。当店ではご希望により移動可能です。 



■ご覧の通り「新品同様」の2016モデル。


■2016年当時の色です。室内では少しダークになりますが、現在の真っ黒とは違います。




■右スプーンと左スプーンでは構造上、これだけ高さが違うのが冷却槽の違いでよくわかる。何故だかわかりますか?

このようにラッピングされ、輸出の場合は木箱梱包になります。

la Pavoni 正規輸入しております。

2018-10-02 | ◆日記・エッセイ・コラム
パヴォーニの小型エスプレッソマシン。

■ 弊社はLa Pavoni社より直接輸入しております。正規輸入商品です。

正式な検疫所における登録と、電気安全法における<PS>マークも保持しております。


尚、個人輸入の方が、これら商品を輸入し販売されると犯罪になります。


■ SCAJで展示してありました青のダイヤモンドは価格は通常に戻りました。