【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

「判ってはる」人になろう・・・

2018-11-22 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

カフェ坊や、せめて「しくみ」を知ってから,いろいろ語ろうね・・・

 **********************

誰も教えてくれないから判らないというのは子供のセリフ。判らないなら自分で知ろうとするころしか方法はないです。

時間、お金、道具、部品発注の失敗の無駄ばかりです。 で?

「判ってはる」人になるには大変なのです。雑誌の特集で「V60」ベタ褒め記事を真に受ける単純さではないです。あれは「ベタ褒め」する為の特集なのです。結局、それ読んだだけでしょ?

最低でも「しくみ」を知ってから語ろうね~~~。

ガスケットも自分で交換出来ない、「しくみ」も判らない頭デッカチな「カフェ兄貴」に相談すると何も判ってないのに、もう「俺はもう全部知ってる」な答えが返ってきます。笑。で

昨日、10年ぶりに、昔のバイク屋の親父が昨日来ました。互いに未だ生きてることに驚きました。この店では昔スパナが手裏剣のように飛んでいました。笑。

「最近の客は、エンジンオイルも自分で出来ないくせに、オイルの番手がどうの、成分がxx」なんてだけは雑誌で読んで知っていて、プラグの番手下げろよっと言ったら上げていた。・・・これと同じです。中坊が0-400mタイムで自動車比べてると同じ。

本当の事知るには、多くの回り道が必要です。

それは天体望遠鏡でも、カメラでもバイクでも、エスプレッソマシンでも同じ。

エスプレッソマシン知る為には、「コーヒー焙煎」が判るといいです。川上の焙煎と生豆が判れば、川下も理解できます。しかし 200万円は必要です。

本物を知る為には、イタリアに飛べは良い。20万円必要です。

  **************************

常に主体性を持って行動することでしか、本質は掴めません。

  *************************

日本では「普通のメーカー」が最高とカフェ坊の間で言われてます。生豆の卸もそうです。だから全部不味い。阿呆な「カフェ兄貴」が最初に騙され、素直な「坊や」が続いている。

当店では、レバーマシンとして「WEGA]と「IZZO」を主に販売しています。何故なのか?中身同じだからです。同じヘッドユニットを使ってます。

そして、正しい情報を皆様にお伝えすることです。

レバーマシンは修理が難しい、構造が複雑、メンテが大変とは、デタラメです。何も知らない所有してない人が言ってるだけです。だから、本物の講座を実施しています。

10人の判ってない人に売るよりは、

1人の「判ってはる人」に売りたい。

10の間違った、的外れな使い方され、評価されたくないわけですよ~~~。

レバーマシンで「スッパプレッソ」出す意味もありません。

「カフェ坊」は「カフェ坊」の世界でLINEしながら仲良く遊んでいて下さい。

10人の「判ってはる人」を作る努力はメーカーはしてないです。

諦めか?馬鹿にしてるか?メーカーも判っていないのか?それは分りません。

私はただそういてるだけで、やせ我慢でもあり、変人でもあり、イケズでもあります。

そう「イケズ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 


レバーマシンのメンテナンス ②

2018-11-12 | ◇エスプレッソマシンのしくみ
使い手(手ダレ)になるために・・・

■ 「レバーマシンは、調整が難しい。直せない」は嘘です。逆
多くの場合は、何一つ直せない「カフェ坊」の先輩の「カフェ兄貴」が想像で言ったことをなぞってるだけで、実際はヘッド交換なら急いで1分です。なれれば分解修理5分です。

これはもう、軍隊で小銃バラして組み立てる手入れと同じ。(映画で見ただけ、笑)

ただ、私達の世代はバイク修理などで、トルク管理もある程度は重要部分でない箇所は勘で出来ます。そういう色々な下地があります。

■どんな事も、誰でも最初は難しい。

バイクのキャブのセッティングは、まずノーマルを手入れすることが大事で、エアファンネルに交換すればバランスは崩れます。しかし、やってみることでスキルが身につきます。

実際に私は、バイクには、CDI関係一式は積んでいます。現場では電気は分からないからです。
機械的な故障は見れば分かります。機械か、燃料が来てないか?火が飛ばないか?
先回は、リアホイールが割れてしまいました。笑 (お手上げです。)
■ ネットでは、一番判ってない人が「一番知ったかぶり」をする。
レバーマシンは一番シンプルです。そして歴史があります。例えばPAVONIがその一つです。
コーヒー焙煎では、自分で全バラも出来ない、週に一回も掃除しない、「手網み」や「煎ッ太郎」を使ってる人が「酸味が・・」なんて一生懸命に抜かしています。自分のトリックに自分に嵌っていますが、これは絶対に気がつきません。

「カフェ坊」がPC繋いで「プロファイルが・・」なんて、PCは一切関係ありません。個々の独立した焙煎が全く出来てないのに、それさえも気がついてません。(これも理解さえ出来ない)

■ 設計者・製造者が組み上げた通りに、組み上げれば、同じ「性能」を発揮します。それが機械です。エスプレッソはボイラー~銅管~ソレノイド~ヘッドをお湯が通過するだけで、どのメーカーも同じ部品です。大笑いですが、これが真実です。 ただ展示会では付加した装置の威力が判る設定をします。それは【芸】としてのデモンストレーターです。

■ 「レバーマシン」を誰でも直せる・修理出来るように指導するのが、一番大切ですが、徐々にそのカリキュラムを作っています。悪徳業者にボラレないようにです。遠方の方にも自分で直すことが出来れば出張費も不要です。

私は「そういう「ソフトウェア」をも一緒に売りたいのです。今の日本は、それが【0】です。
コーヒー焙煎では【0以下】です。1分ごとに排気ダンパーが閉じたり開いたりで、その1分ごとに効果が真逆に違い(爆)、次はNを追いかけ、次が全開1分、で、スプーンは極力見ない。これは本物のアホです。

■ 中途半端な知識で、間違ったエスプレッソを抽出して頂いても困りますので当社の場合は「レバーマシン」を購入される方々には、まずマシンを理解していただがないと。。、そこは必須です。だから、半分は売らないお客さんです。
ここは、商売以前の問題です。商売の仕方の問題でもありません。
金の為に「魂」は売らないよ!ってものでもない。金の為なら魂も売ります。

これは単純に、この種のマシンを売る者の当然の義務だと思います。

「レバーマシン」はイタリア南部で使われているポピュラーなマシンです。アメリカでは売られてません。ファーストフードとスローフードの「国」です。

シングルで「スッパプレッソ」を出す意味は「レバーマシン」にはないです。
イタリア100年歴史と、スタバでは全く違います。

是非一度「イタリア」に行って下さい。
これが一番の答えです。

■ おっと最後に最低限の「工具一式」も買って下さいね。


弊社取り扱い品目

2018-09-30 | ◇エスプレッソマシンのしくみ
当社(エイアンドエム貿易有限会社)の取り扱い品目


製造会社より正規輸入です。



WEGA
IZZO
La Pavoni
PULY CAFF
TOP MOKA
ROCKET
EUREKA



----------------------------------

卸売りの相談はいたしますが、新規取引で、自分の店の分を安く買いたいというのは卸売りではありません。率も、お取引の実績に、数量により、またアフターケアの(分担)技量にもよります。




無料貸与のマシンです。広告戦略です。

2018-07-29 | ◇エスプレッソマシンのしくみ
素人の目。玄人の目

■イタリアに旅行にゆく、主要観光都市の良い場所にある店のマシンは多くは最新型マシンです。 

これは大きなビジネスですので、チェーン店展開する大手に、エスプレッソマシンメーカーが貸与するケースも多い。或いは、取引の豆の会社が無料貸与するパターンが多いのです。
当然ながら、それは各社の広告活動でもあるわけです。だから最新型です。


■てな訳で、(どんな訳?) 主要駅のチェーン店では常に最新モデルが無償貸与され、それはメーカー耐久試験にもなっています。

同じ駅内の独立系の店では、「知らないメーカー」の普及機が多い。これも無償貸与ですが豆メーカーも資本の小さな会社だと思います。

価格の安い無名のエスプレッソ・マシンメーカーなら幾らでもあります。
「性能は同じです。」




----------------------------------

イタリアでは多くの店が、【4連】です。それを2人から3人のバリスタで使うのです。
1時間当たりの処理能力は最低300杯のマシンが必要なのです。
それと日本の状況とは大きく違いますね。

イコール

いかに素早く、同じ高いクォリティーで抽出し続けるかが鍵だとすれば、当然ながら。
「タンパー」(タンピング)を重視しない。

つまり、グラインダーのメッシュ合わせに重点を置くという必然に帰結します。

-------------------------------
【重要ポイント】
実際にイタリアでは、グラインダー付属タンパーや、マシンにオマケについてくる黒いプラスチックのタンパーがほとんどです。 店のカウンターの高さは当然一定です。身長差は30cmはある複数人が同じ職場なら、ダンパーで均一の仕事は不可能なのです。

誰がアルバイトで入っても、同じ品質にするためには、グラインダー勝負です。

日本で「カフェ坊」が普段使わない度量衡の「ポンド」も使って「肘90度、何ポンド」なんて教えてるのは、やはりどこか「付け焼き刃」的だと思いませんか?
「ポンド」使えばカッコいいですかぁ・・。

-------------------------------

■さて、以前の「WEGA」は、上述の無償貸与の場合に使われることが一番多いメーカーでした。だからイタリア各地で何処に行っても「WEGA」ばかりでした。これは私が始めてイタリアに行った35年位前の話です。

その後、「WEGA」自体の経営者も変りました。今は世界企業です。世界で一番売れているTOPメーカーです。



■同時並行で何より変わったのは世界中に「エスプレッソ」が波及したことです。東南アジアも大きな波に飲み込まれました。
マジな話で、皆さんもお判りでしょうが、日本だけが来てないのです。
来たのは「シアトル」から「な~~~んちゃってプレッソ」が来ました。

さあ、ここから始まったから大変です。
また、手先の器用な日本人ですから「ラテアート」が上手い。

が、「エスプレッソ」は不味い。

---------------------------

■ 川上(かわかみ)、川下(かわしも・下流)という問題を再掲

豆を焙煎する。(川上で操作する)

エスプレッソ・マシン(川下で操作)


圧倒的に川上で操作した方が自由度は高いし、確度も高い。

これは私の持論に過ぎませんが、グラインダーは作業の時系列でいえば中流域です。

①豆

②グラインダー

③エスプレッソマシン


      -----------------------------

③エスプレッソ・マシン は自動車と同じ、付加価値をつけて価格を高く出来るので、いろいろなギミック追加装備されます。PIDまではまあいいでしょう。

私のマシンは、世界中から、スマホから、タブレットから操作出来ます。
操作出来ますが、コーヒー豆のセットは当然出来ません。笑
どう使ったかもイタリア本社で技術部が把握しています。

洗浄も自動はもう普通ですね。

各社のカタログも見れば、いろいろな言葉で修飾されていますが、実際は故障が増えて自分では手に負えないものばかりです。


事前蒸らし
圧力変化抽出
温度変化
流量調整
みんな当然考えられることですが、「アホ」だとひっかります。
事前蒸らしで例えるなら、普通機でも普通に出来ます。

温度調節も普通機で出来ます。

展示会では、それらがどう味に変化するのか、ハッキリと判る抽出をします。そういう結果ありきなのです。商売ですからそれは簡単に操作します。

しかし、結論から言えば

美味しいエスプレッソは、豆次第です。

「酸っぱい豆」を幾らテクニックが合っても「イタリアの味」にはなりません。

川で言えば、その源流が違います。



-----------------------
■ いつもの通り、強引に結論です。

エスプレッソマシン自体が判っていないのに、実はエスプレッソは語れないのです。

多くのバリスタで出来ることは、抽出だけです。
自分で調整もガスケットの交換も出来ないのに、デタラメを語ってくれます。・・。

大笑いです。ですがFB的繋がりの中では、それが精査なく子亀。孫亀に拡散してゆきます。
で結果、日本は全くエスプレッソ文化がない国になりました。

有っても、無くても関係ないです。

ただ無いだけです。






 

WIHIお借りしてます。

2018-07-03 | ◇エスプレッソマシンのしくみ


イタリア国鉄の特急列車は電源装備なので充電を皆がしてます。

このWIHIさんは同行者さんに借りたものです。イモトのWIHIです。調子良いです。

まあ、使うほど充電に気をつけています。

ほとんどの駅はFREE WIHI なので大丈夫です。


マクドナルドは繋がったことはないです。

本当のことをお伝えします。

2018-06-24 | ◇エスプレッソマシンのしくみ



写真はエスプレッソ・マシンに付いてくるプラスチックのオマケの「タンパー」です。
多くのイタリア製エスプレッソマシンには、この黒い糸巻のような安いタンパーが伝統的に付いてきます。


イタリア国内では、ほとんどコレをプロが使います。

「レッジバーバー」なんて使ってるイタリアのバリスタは見かけません。


この黒い糸巻さんか


グラインダー本体に付いている「タンパー」で実は充分なのです。


見た目が本物っぽいのと、
実力が本物の違いです。


---------------------------

アメリカ西海岸から来た「ニセプレッソ」屋は「肘を90度に曲げて、XXポンドで押さえる」のですが、イタリアではそんな事は学びません。

SCAE が SCAA に統合されたら、アメリカナイスされた考え方が主流になるかもしれませんが、現時点で【タンピング】は重視しません。




----------------------------

【理由は】

つづく





本当のことをお伝えします。②

2018-06-23 | ◇エスプレッソマシンのしくみ
イタリア国内では多くのエスプレッソマシン製造会社があります。
そして有名メーカー上位を含め、殆どの会社で私達が現実に見るものは、嬉しいことに日本製の工作機械なのです。
AMADA(アマダ)が多い

或いはそのライセンス生産のものです。
沢山の銅パイプが3Dのクネクレした形で多種多様ですが、一発で出てきます。
職人さんなんて殆どいません。

人もいません。

実は、日本とイタリアとは意外に根の深いとことで繋がっています。

足踏みポンプ

2018-05-20 | ◇エスプレッソマシンのしくみ



給水システムを考える。

 

          ------------------------------

■エスプレッソマシンを野外で使う場合は、当然ながら水道直結はありません。

先日のレバーマシンは電気も水道もない場所でも使えるように なっています。

水の補給は、自分で用意した水タンクからマシンへ足踏み式ポンプで送り出す仕組みです。その手順は有ります。


内蔵の電動ポンプも工場注文で可能ですが、その電気が必要です。


2連、3連でも可能です。

             --------------------------------



■全てのエスプレッソマシンのボイラーの中には、通常の電気(電熱)ヒーターは入ってます。

そのヒーターの稼働配分も任意に分ける設定も当社なら可能です。

1ヒーター(電気量が小)-----野外の使用で、多忙時にガスと併用

2ヒーター(電気量が大)-----店舗内でも通常使用(ガスなし)

ガスバーナー  ------------野外でガス単独

              --------------------------------

 

現在、各社のエスプレッソマシンを日本国内向仕様にて輸入しております。

海外仕様では、同じ110Vでも、全く使えない機種もあり、その仕様変更をしております。

勿論、並行輸入されたのものは、いかなる場合も対応はしません。

相談も一切お断りです。

 

 


プロパンガス エスプレッソマシン IZZO

2018-05-06 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

レバー式エスプレッソマシンだから、ガス単独の使用(運用)もOKです

 

IZZO 社 一連レバーマシン 110仕様 ガス・電気併用モデル

 

先日来ずっと試験運用中のガス燃焼のエスプレッソマシンです。

ボイラーの中に電気のヒーターエレメントも通常通りに入っていますので、普段は通常の電気による店舗運用も出来ます。

そして、「フードカー」移動販売車などで電気供給が細い場所ではガス燃焼でも運用します。

今回のこのマシンは、日本向けの特注品ですので、通常スペックよりも、より日本向けの柔軟な運用がな「しくみ」を持ってます。

ご期待下さい。

 -----------------------------------






電気がない野外イベントには強力な武器ですな。

2連・3連でも運用可能です。




今回は持ち運びに可能な小型ボンベです。





ガスの炎がユウユラと見えます。 何を試験しているのか?

色々です。

フードカーの中でも、そこいらの坊やの店以上に美味しいエスプレッソを供給出来る「しくみ」をお売りします。

その為にも「レバーマシン」は存在します。





少しは勉強しましょう。モノ知らぬ先輩が多過ぎます。

2018-04-30 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

誰が何と言おうと、各エスプレッソマシンに使われている各主要部品は、各専門メーカーで同じものです。

どこどこのメーカーが美味しい、美味いエスプレッソが出来るなんてのは、思い込みに過ぎません。

車で言えば、ブリジストン、日本電装、NGKなどで、どれも特別な部品はない。どこも同じです。

常識で考えても、HXで熱くなったただのお湯がE61ヘッドから出てくるのに過ぎません。メーカーで味が違うとすれば、ただ単純に設定温度と圧力が違うだけでです。

E61を使った通常のマルチボイラーなんてのも実は全く意味はないのだけど、商業的に、つまりマーケッティング的には意味があるだけですが、それを否定するつまりはありません。

こういうモノは基本的にモノを知らぬ「坊や」の為にあります。

少し頭がよければ「シングルボイラー」を選択します。

ボイラーがどれだけ大きいか宣伝されても、エスプレッソ抽出にその中(ボイラー)のお湯は使われてないのが通常ですので、安定度においても日本の使用頻度では全く意味はないのです。。

イタリアで最も進んだ製造機器を有する某エスプレッソメーカーは、当然ながら「シングルボイラー」しか製造していない。 その姿勢も、設計思想も全く同感です。現在、残念ですが現在日本に入って来てません。

日本の「カフェ坊」に人気の会社の特徴は価格がとても高いだけであるが、その分リセールバリューも高いのでその点は良い。(意味ないか?)

実力は、エスプレッソ界のカローラです。

だからイタリアではあまり見かけません。Espuresso caltureがありますから。実はアメリカ人の会社です。 イタリア人はただ高いだけってのを知ってます。

          -------------------------------------

後輩が、業界の先輩がほとんど何も知らないのにマシン相談するから、結果は無残な同じ機械ばかりです。「笑」です。半額の予算でもっと本物のエスプレッソマシンが買える筈です。

 

         -----------------------------------

再度、ボイラーがどんなに大きくても、その中のお湯はエスプレッソには使わないのです。、ツインのボイラーは意味がないから、多くのメーカーは今も採用しない。これが本当の事です。

独立マルチボイラーとは別の話です。

     -------------------------------

抽出圧力は、どうにでもなります。長いイタリアの歴史が得た数値を、ここ20年の歴史しかない日本の業界の「坊や」が何BARだ。と叫んでもチャンチャラおかしいですわな。コレ

メーター読み「9気圧」は、出口でどれほどですか?測ってますか?

 


水道直結のエスプレッソマシンをタンクで使う

2017-11-14 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

 

 


エスプレッソ マシンの為の電気講座

2017-11-08 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

エスプレッソ・マシン設置の為の電気講座

販売する為に、必要な知識です。

----------------------------------------

第3回

エスプレッソマシンの為の電気講座

2017年11月17日(金曜日)

場所: 桑名市

講座費用 : 8000円(税別)

参加資格 : 

人   数 : 若干名です。      

-------------------------------------

今回から実技講習も導入し、即戦力を要請します。

単相200V、三相200V

R.S.T と U.V.W など

一流電気工事会社で新人教育してる本物の先生を招聘し、ごく初歩から漏電遮断機のしくみ程度までの内容です。

配線における実技の時間も増やしました。

これから、エスプレッソ・マシンを販売したいバリスタさんは参加されてます。

--------------------------------

これが、エスプレッソ・マシンの基本の一つです。

必須の講座です。

オームの法則

フレミングの左手の法則

程度の基礎知識は必要? たぶん要りません。 

 

 

 

 

 


エスプレッソマシン修理 プロ講座 準備中

2017-10-22 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

2018年1月開講

『エスプレッソマシンのしくみ』を学ぶ

 エスプレッソマシン修理 プロ講座

------------------------------------------

エスプレッソマシンの「しくみ」が判れば修理が出来る。

なぜなら、メーカーが違っても内部の重要部品は殆ど同じなのです。

この講座では、本物の2連マシンを使っての実習をします。

バリスタだと言いながら、ガスケットの交換一つ出来ない人が殆どが日本の現状です。

当然ながら、業者さんに、その、たった2個のガスケットを交換して貰えば出張料&技術料も含めれば、軽く1万円以上はかかります。

そして、その他の簡単な調整もして貰えば、10年で最低10万円は必要になります。

自分で出来れば・・・・とても安価な維持費で済みます。

--------------------------------------------

● 一日で学ぶ、「エスプレッソ・マシン」の基本から、簡単な修理まで学べるプロ講座です。

        -----------【内容】-------------

① 基本理論 と 「しくみ」

② 技術実践 (実際に本物で各自が施工していただきます。)

   ガスケット交換

   電磁バルブ交換

   安全バルブ交換

   洗浄剤の正確な使い方

   などなど

③  調整方法を学ぶ (実際に本物で各自が施工していただきます。)

   ボイラー圧力の調整

   抽出圧力の調整

 

④  各社マシンの部品の注文方法(ほとんどのメーカーOK)

 

⑤ 「電気」と「水道」の基本(希望者に)

 

⑥ その他 各位に合わせて行います。

 

------------------------------------------------

この講座を受講されれば、メカニカルな部分の最低限の技術は身に付きます。

エスプレッソマシンの「電気」「電子」部分はほとんど「ユニット交換」しますので大丈夫です。

但し、最低でも自転車(原付や)くらいは直せるスキルをお持ちの方を対象にしてます。

つまり、正しい工具の使い方が出来る方です。

日本では、グラインダーのメンテも殆どしませんし、洗浄剤も使いません。ミルクノズルもです。

 

---------------------------------

 

講座  40000円(予定)

特典を用意しております。

-------------------------

 

お問い合わせは、

090-1721-9874

0594-31-9874

 

開催日は随時です。ご都合の良い日を相談させていただきます。 

 


BACCHI エスプレッソマシン到着 激安37000円

2017-07-28 | ◇エスプレッソマシンのしくみ




イタリアはトリエステから本日サンプル入荷しました。

Bacchi espress

[youtube]でその実際を見て下さい。

缶入りです。(缶はお約束で凹んでいます。)

-------------------------------

販売も可能です。

今回は特別価格です。期間限定9月1日まで

37000円(消費税+送料込み)

------------------------------

 この商品、直火式のエスプレッソマシンでは。唯一「9bar」まで加圧出来る、

まともなクレマが出れるマシンとしては有名です。

私も一台使います。

問題は、良いグラインダーがあるかどうかです。

これが全てだとも思います。

----------------------------- 

 今後はこの商品を継続輸入するかは現在不明です。

日本国内でも、どのお店も売り切れになっております。

 

 

 

 

 

------------------------- 

 

 


基本、「3WAYソレノイド」を全部交換する。

2017-07-27 | ◇エスプレッソマシンのしくみ

エスプレッソマシンのしくみ。




【 エスプレッソマシンのしくみ】

これは現代エスプレッソ機の最も重要なパーツの一つでもあります。

名前は「3way ソレノイド」です。

本日はこれを一台分、全て交換(2wayも含め)です。2grの場合は3個~5個は最低ありますが、一度に交換した方が結局は安くつきます。メーカーは数社ありますが、ソレノイドで代表的なメーカーは[SIRAI][PARKER]ですね。

エスプレッソマシンは単純に言えば、これらの主要部品を集めれば製造メーカーに成れます。

ボティー部分だけを自社設計製造すればよいだけです。(それでも高度な工作機械が必要です。)

だから、日本製も可能です。

実際、多くのイタリア製エスプレッソマシン製造メーカーは日本製工作機械を使ってます。

誰も買わないと思いますが、中国製マシンというのは、これらの主要パーツがイタリア製を使ってなければ、つまり地雷だということです。そして使っていれば同じような価格になってしまいますね。


イタリアの本物(本当の事を知ってる)の技術者は、基本的にこれらの部品(ソレノイド)を使わないレバーマシンや、ミニレバー型を使う人(好む)が多い。つまりは、これが(これらのパーツ)故障の原因があるわけです。

その故障を防止する為に、洗浄を毎日必ず終業時にしなければなりませんが、しっかりやらないとダメだということです。

「毎日、しっかり洗浄をしています。」と言うマシンを何台も見ましたが、残念ながら殆どダメです。全く内部は塞がっています。

実はここからが、バリスタの真の実力です。 

-----------------------------

【エスプレッソの味はレバー機が最高です。誰でも知ってます】

日本のバリスタはそれさえも知らない人が多い。イタリア人なら常識です。

但し、レバーマシンはアルバイトさん、女子では中々使いこなすことが難しいことも事実です。

現在のエスプレッソマシンの高級機は、結局、そのレバータイプのメカニズムの動き(味・抽出の理論)を真似ようとしますから、どうしても無理な部分があり故障が多い。

ある人気メーカーも高級機種もまともに動くものは実は少ないのではないでしょうか?

それ以前に、バリスタがその機械的な意味、その根本の動作(何故そうなるのか)をを全く知らないのです。

知れば絶対に買いません。怖くて買えない筈です。

抽出圧力が変化するのと、させるの違い。を知るべきです。

誰かが書いた提灯記事を信じて、コピペした知識で考えてるだけです。そんなバリスタはガスケットさえ交換出来ない大笑い野郎なのです。

ただ、単純な「能書き」だけを信じている。ところが、スプレッソマシンは機械ですから、能書きだけでは無理です。 整備性、安定性が重要でもあります。

保障期間1年が過ぎた時から、故障し、その修理に法外な価格が請求される可能性もあります、可変圧力出来るマシンは要注意であることは留意してください。

メーカー保守契約で月々10800円支払えば、1年で108000円、10年でなんと、129万円になります

つまり、あるメーカーでは商業エスプレッソマシンは、年間10万円以上の経費は掛るという試算上の価格だということです。

軽自動車並みの経費は掛るのでしょうか?

どうですか?新品が一台購入出来ます。こんなに金掛ければ、新品以上になってる筈ですが?

エスプレッソマシンはボイラー~銅管~抽出部分を通るだけです。 シングルボイラーなら故障が何分の一に少ないのは当り前です。

 

 

 

-----------------------------------

【バリスタなら、エスプレッソマシンを知るべき】

如何にハードウェアを知ることが重要であるかを理解下さい。

だから、簡易ですが、時折、技術講座を実施しています。前回はイタリアからわざわざ来日して頂きました。私達は、皆さんが本物を目指して頂きたく思います。

だから、酸っぱいエスプレッソを勘違いしてる人には、やはりイタリアに遊びに行って欲しいと思います。そういう事もしないで「エスプレッソ」を語ってもどこか芯もない。

「酸っぱい」のがサードウェーブだと、素直に信じるのは、

まともな料理などないハンバーガー食べてるアメリカ人の舌なんて信じる事と同じで可笑しい。

グルメ・ハンバーガー?大笑いです。

それで1000円以上支払うなら、アンガス牛買って自分でステーキ焼きます。

結局「グルメ」って、自分で料理することですよ。

化学調味料が使われたチェーン店のラーメン店食べ歩いて、写真とって、自分が「グルメ」だと思ってる人が多いのは笑います。

チャンチャラ可笑しいです。

----------------------