【JBS】ジャパン・バリスタ・サプライ。ラテ・アート教室・珈琲焙煎プロ教室・ 珈琲焙煎機中古販売買取・・Cafe987

三重県桑名市:珈琲焙煎プロ講座:レバー式エスプレッソマシン:電話0594-31-9874 新品中古業務用珈琲焙煎機販売

R440 用 アルミバット(廉価版)

2018-03-17 | ◆特注パーツ・備品・販売



営業中は、このR-440は、どえらい粉が飛び散ります。私はバットを置いて対処してます。





40 X 30 X 5 アルマイト製 バットです。

定価2700円  2000円(送料 消費税別)

----------------------------------------

先週は中古機 R-440 5台ありましたが、残り1台になりました。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

最適ザルとボウルの組み合わせ

2018-03-15 | ◆特注パーツ・備品・販売

Pre-Washed Coffee

◇PRe-Washed 焙煎用のザル&ボウルの販売

私自身が日々使ってるとても丈夫な網です。これがベストです。

下記の表示価格は税抜きの定価です。

当社の販売価格はSETのみで ザル代金(税抜き)のみで(ボウル分を割引です。)

ですから

ザル代金+1000円(送料)に消費税8%加算です。

-----------------

①33cm

ザル  11800円

ボウル 2280円

----------------

②36cm

ザル 13200円

ボウル 2680円

----------------

 ③39cm

ザル 13800円

ボウル 3050円

----------------

④42cm

ザル  14100円

ボウル 3650円

----------------

⑤45cm

ザル  15000円

ボウル  4110円

-----------------


この記事をはてなブックマークに追加

特製 フジローヤル ダンパー指示板

2017-12-08 | ◆特注パーツ・備品・販売

            -----------------------------------------------

ダクト系の「詰り」、メインファンの汚れの進行度は、この表示板で常時監視していればスグに判ります。

つまり、一般に言われる「ニュートラル」に位置が徐々にズレて行くのです。

普段、偉そうに「排気ダンパー」云々抜かしてる焙煎者は、少なくとも週に一回はメインファンの大掃除をしないと全く言ってることが「大嘘」だと判ります。

「その日の気候で焙煎が変わる」と大層なことを言ってる人は、尚更、毎日ダクト系の完全分解清掃しないと言行一致しません。

また、「ニュートラルは排気系が一番スムーズに流れる位置」なんて教えている先生も実に困ったチャンです。

 

     --------------------------------

一体、何に対して「N」なのですか?(笑)

そして、この位置は、どうにでも変更出来ますが、全部。自然な流れということは?

馬鹿ですか?

 こんな先生に教えて貰っても、そこそこコーヒー焙煎は出来ます。

だって、手回しロースターでも立派に煎れるのです。深煎りです。

チャフは出ない、温度管理は出来ない。回転は手回し

急速冷却も出来ない。何も出来ないけれど立派な焙煎出来ます。

「なーんだ、焙煎ってそんなものか?」 


この記事をはてなブックマークに追加

有れば便利という程度のモノ

2017-09-10 | ◆特注パーツ・備品・販売

筆記用具のトレイにしてます。




3キロ機のコントロール部横に取り付けています。

かなり強力なマグネットで保持しますので、鉄の平面ならどこでもつきます。取り外し自由です。

200X100mm(おおよそ値)

1キロ機ではこれをつける平面は一箇所だけです。

価格は980円 オリジナル商品です。

上の写真は3キロ機

下の1キロ機ではこれをつける平面は一箇所だけです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

プロ用機材としてバットちゃん

2017-09-09 | ◆特注パーツ・備品・販売

私共は常に初期段階の営業用ミルとして、フジローヤルR-440を価格の面からも、性能の面からもお勧めしております。最近大きく値上がったのが残念です。

何せ50年も作られ続けて、いまだに【即納】ではなくしばらく待たねばなりません。

富士珈機の忠岡工場では、ほとんど昔ながらの感じで作ってる風景が見れます。

性能は1分間に500g程度ですので、まずまず初期段階はこなせます。

このミルの下敷きとして写真のアルミバットは実店舗では必須の機材です。ハッキリ言って粉が飛び散ります。これがないと収拾が付きません。

1週間で 満タンになります。ドンだけ周囲に無駄してますんや?

(このバットの材質は静電気が起きないものです。アルミ、ステンなど)

 

 

 手前のミルには、日々の掃除の後の「微粉」が落ちています。これは毎日割り箸で下から、ゴシゴシしてます。これが本体に発生する静電気で付着した微粉末です。

静電気で付着して好都合だと、逆転の発想です。教科書に載らない情報はたくさんあります。

 

価格4000円

(消費税・送料別) 

 ミルのメンテナンスは、1~2週間に一度、その量によって変化しますが1分で出来ますのでやって下さい。

 


この記事をはてなブックマークに追加