花のたより☆山のふみ ~青森県立名久井農業高等学校~

青森県の小さな学校「名久井農業高校」の美しい自然と植物研究グループ「チームフローラフォトニクス」の取組みを紹介します!

かたい桃、柔らかい桃

2018年08月13日 | 園芸科学科
桃の季節。
またまた桃が校内で販売されました。
フレッシュなフルーツがいながらにして
手に入るのが名農の良いところ。
ついつい買ってしまいます。
しかし野菜と違って桃のお値段は高いのが欠点。
気をつけないといつの間にかお金がなくなってしまいます。
さて皆さんは柔らかい桃とかたい桃のどちらがお好きですか。
一般には甘く柔らかい方が桃のイメージであり好まれると思いますが
実は歯ごたえのあるかたい桃もなかなかいいものです。
話によると桃は市場を経て食卓に並ぶ頃には
ちょうど柔らかくなるよう、まだかたいうちに収穫されるといいます。
したがってかたい桃を食べられるのは産地ならではの特権らしいのです。
南部町も青森県における桃の産地。
ぜひ直売所などで歯ごたえのある桃を手に入れてください。
さて桃などのフルーツを学ぶのも園芸科学科。
もちろん試食だってしてるはずです。
これからブドウ、リンゴのシーズン。
園芸科学科の季節が続きます。

コメント

COOL JAPAN

2018年08月11日 | 園芸科学科
これまた第2農場で発見した松の盆栽。
園芸科学科では時々、外部講師を招いて
盆栽の学習をする時があります。
これがその時に作られたものかどうかは
わかりませんが、たくさん並んでいます。
盆栽は日本が生んだ植物の楽しみ方で、
長い年月を小さな世界に凝縮させたまさに芸術。
BONSAIといってCool Japan をお代表するものです。
近年はMAN BONSAIという
フィギュアを使った面白い分野も登場しているようです。
ところが農業高校ではあまり教材として取り扱いません。
おそらく理由は施した学習の成果がすぐ確認できないから。
何年も何十年もかかるので
たった3年間の高校時代には収まらないのです。
さて一般に盆栽はお年寄りの楽しみのように扱われます。
日本人の平均寿命がまた伸びたとはいいますが
長い年月かかることを考えると
若いうちから楽しんだ方が良いのではないでしょうか。
10代20代の時に作ったものが
定年を迎えた頃に初めて味のある作品になるからです。
盆栽にチャレンジしようという高校生が現れることを待っています。
コメント

園芸カレッッジ

2018年08月11日 | 園芸科学科
土肥実験室でこんな用紙を見つけました。
ミニフラワーアレンジの作り方を説明した用紙です。
おそらくこれは先月下旬に行われた
体験入学の際に、中学生に配られたもののようです。
かつて名農といえば園芸科学科という時代がありました。
受験者も多く、それはそれは大盛況でした。
ところがここ数年は希望者が少なく寂しい思いをしていましたが
今年は体験入学にたくさんの中学生が来て
またいつもの賑わいを見せていました。
実は名農は農業高校ではなく
園芸高校ではないかと思うときがあります。
というのは生物生産科では水稲より野菜を学びますが
これは農業では野菜園芸という分野です。
また園芸科学科では果樹園芸と草花園芸を学びます。
さらに環境システム科。農業と工業の融合という
キャッチフレーズでしましたが、その農業とは施設園芸。
つまり学校全体を考えるとこれはすべてが農業の中の園芸という分野なのです。
いろいろな学科を有する総合大学をユニバーシティーといいますが
名久井農業高校はまるで園芸に特化した単科大学のよう。
つまりカレッジと呼ぶべき学習内容なのです。
園芸は農業の中でもお洒落な分野。
ぜひ名農で学んでみてはいかがですか。
コメント

お洒落な園芸グッズ!

2018年08月10日 | 園芸科学科
園芸科学科の草花温室に行ってみると
目に飛び込んできたのがこの赤い手袋。
おそらく生徒が実習する際に着用するものだと思いますが
昔は白い軍手が定番でした。
ところがこれは真っ赤で手のひら側に
ゴムのコーティングがされています。
手袋ではなくグローブとでも言いたい代物。
ちょっとおしゃれになりました。
さらに作業によってはよくお医者さんや
食品加工される方が使用する薄いゴム手袋なども使ったりします。
実習の小道具もずいぶん進化しているようです。
コメント

秋の女王!

2018年08月07日 | 園芸科学科
まさかと思いましたが
空き家だと思った温室の奥に植物を発見しました。
これぞ秋の女王となる「シクラメン」です。
シクラメンは名農祭で人気の商品。
みなさん温室に来られ、好きなものを選んでいきます。
最近は芳香性シクラメンも開発され
まさしく「シクラメンのかほり」を楽しめるようになりました。
しかし花を楽しむようになったのは近年のこと。
ジャガイモが普及するまでは、
なんと球根(塊茎)のデンプンを食べる食用だったといいます。
毒があるのに大丈夫だったんでしょうか。
さてシクラメンはそもそもあまり暑いのは好みません。
したがって温室のシクラメンもじっと猛暑を凌いでいるようです。
今年の名久井農業高校の文化祭である名農祭は
久しぶりに11月開催となりました。
1日目は11月3日の文化の日。
2日目は4日の日曜日です。
その日まで園芸科学科の皆さんは
心を込めて大切に育てていきます。
コメント