「この国のかたち」的こころ

敬愛する司馬遼太郎さんと小沢昭一さんに少しでも近づきたくて、書きなぐってます。

夏休みの宿題

2005年08月31日 23時39分58秒 | 日記
 今日、仕事から帰ってきて、ご飯を食べていると、突然娘が算数のワークを差し出し「採点して!」と言ってきた。

 どうやら夏休みの宿題らしい。

 近頃の小学校の宿題は、実に少なく国語と算数の入っているワークブック一冊だけだ。

 後は市販の問題集なり、工作なり、研究なりを「夏休みチャレンジ」と称して事前に計画を立てさせて、好きなだけ提出させるようだ。

 僕らの頃のように、画一的にワークブックと指定図書による読書感想文と自由研究と工作じゃないようだ。

 ウチの娘は感想文を結局外してしまったらしい。
 研究の「星の見え方日記」も途中で頓挫して、提出を断念。

 それで先ほどの「公文式 1学期総復習の算数」と「4年理科参考書と問題」と「漢字ノート」と「手作り風鈴」と後何かを提出する予定だ。

 それで問題集をやったら必ず採点してもらい「お直し」をして、親に点検してもらって初めて提出できるらしい。

 まあ小学生も大変だ。

 大変だと言えば、僕の妹の子供は今年中学3年で来年受験だ。当然のごとく塾に行っているが、この夏休みにだけで塾に払ったお金は実に11万円になるというからこっちも大変だ。

 そんなことを考えながら、採点を終わってリビングにいくと娘が毛布を引っ被って泣いている。

 隣でカミさんがプリプリしている。


 やだなあ~この流れはと思いつつも逃げるわけにはいかないので、わざと何でもない風に「どしたの?」と聞くと

 「この理科の問題さあ、何で最後までやらなくちゃいけないの!」とか言って怒っている。

 みるとそいつは理科の「電流の流れ」が分からなくなっている娘のために僕が本屋で選んだ参考書と問題集がセットのなったものだ。

 結構内容検討をしたやつなので、分かりやすいと思っている。

 だがそいつは4年生の総復習版なのだ。

 だから夏休みにやっても授業でまだ取り扱っていない箇所が沢山あって当然なのだ。

 どうやらカミさんはその辺の事情を知らずに、娘に「最後までやりなさい!」と言ってしまったらしい。

 娘は根性で参考書の部分をみながらやったらしいが、点数が全然取れない。

 それを採点しようとしたカミさんが気付いて、「何であんたはやってない所だって言えないの!」って、あなたそういうの逆ギレって言いませんか?

 と言いたいところだが、これ以上感情的にするとこっちも危ない。

 カミさんは更に娘の生活記録表を取り出し。9時15分の就寝予定なんて守ったことなんて1日もないのにこの人8割方○付けてるのよ。守る気なんて何にもなかったのに、学校の先生の前では見栄張りたがるんだから、嫌な子よね。」とかまくし立てている。

 さすがに嘘はいけません。そういう考えで世間が渡っていけると思ったら大間違い。

 「寝」マークに付いている○を全部消しゴムで消して、「守れない日もありました」という本人反省の弁も全て消して書き直すように言った。

 娘は大泣きに泣いていたが、親の見解に「娘の就寝時間については親がもっと意識して心懸けます。」という反省文を書いたので、30分後に自分の反省も書いた。

 その後理科のちんぷんかんぷんの部分を一緒にやってだいぶ機嫌を直した所で、今度は機嫌を損ねたカミさんが、どんどん寝室に入ってしまった。


 親が反省しなきゃいけないのはカミさんも分かっているはずだ。

 夏休みは親もだらしなさすぎた。


 娘にそれが影響したとしても仕方がない。

 わざわざそれを学校に報告しなくてもいいじゃないかって思うかも知れないけど、隠し事と全て子供のせいにするのも良くないことでしょ。

  と、いいながら実は去年の夏休みの最終日も似たような状況だったよな。


  要するに進歩のない家族だったりする。
コメント (2)

エマ(6)のはずなのに

2005年08月31日 00時14分01秒 | 書評
エマ (5)

エンターブレイン

このアイテムの詳細を見る


 エマの6巻が出ましたね。

 考えてみれば、今はやりのメイド系のマンガじゃありませんか。

 でも中身は英国貴族との身分違いの恋のお話、現在テレビで放映中です。

 設定が単純なのに展開が読めそうで読めない。

 今の韓流ドラマと同じで分かりやすいのに、ドキドキさせられる。

 軽く読めて、英国のロイヤリティも学べて、すこし上品な読後感が良いと思います。
 
 最近のマンガにはあまり見かけませんね。こういう雰囲気。


 

 
コメント

結婚と離婚と仕事とSEX Ⅶ  ダスティンホフマンには…3

2005年08月29日 22時51分10秒 | 結婚観
 世の中には社交辞令というものがあります。

 機嫌を損ねてはいけない相手にたいして、その場の和を保とうとする心から出る、軽めの嘘です。

 相手もそれが嘘であることを薄々知っています、が、嘘でも、そういう会話が出来ただけでもしないよりは親しさが増したような気分になるものです。

 彼女を誘ったとき、臆病な僕は、具体的な話に持ち込むことが出来ませんでした。

 ただ、一緒に行くことだけを約束して、その場を離れてしまいました。

 僕はそのことをすぐに後悔しました。

 僕のその時の心持ちから言えば、そして自分の今までの経験から言えば、社交辞令のおそれがなかったとは言えません。

 それに臆した僕は、千載一遇のチャンスを逃したように感じたのです。

 すぐに戻って先ほどの話の続きをしようかと思いました。また、今更、用もないのに彼女の前に出る不自然さを感じました。

 僕は二つの間で、立ち止まってしまいました。

 そしてそうこうしているうちに彼女の退勤時間になってしまいました。


 ぼくは不自然を承知で彼女の前に立ちました。

 そして周りに他の誰もいないことを確かめてから、「きゅ、急だけど、今度の土曜日はどうですか?」といきなり言うと、

 彼女は、しばらくビックリした様子でしたが、「空いてますよ。」と言ってくれました。

 僕は無我夢中で「じゃ、じゃあ駅ビルのレコード屋さんで待っていてくれる?」

 というと「何時にする?」と聞くので「あっ!そうか何時か決めないと駄目だよね。」といって少し笑いました。

 そうすると向こうも笑って「いつも会社あがるの8時半ぐらいでしょ。それからすぐ来れる?」と言いました。

 僕は「すぐ行く!すぐ行きます。」と慌てていったので、彼女は可笑しそうに口を少し隠して、「じゃあ、待ってます。」と言って部屋を出て行きました。

 まだ、携帯なんか無い時代のことです。
 
コメント

結婚と離婚と仕事とSEX Ⅶ  ダスティンホフマンには…2

2005年08月28日 23時20分23秒 | 結婚観
 僕と彼女は一緒に仕事をすることが多くなりました。彼女は自習室の管理を一人で任されていました。ですから僕と話すか僕の上司と話す以外に余り人と話す機会はありませんでした。今から思うとかなりの閑職だったような気がします。

 僕は縁遠いと思っていた人が急に身近になったような不思議な感じをもっていました。
 
  会社の立場では一応上司でしたが、ただ2年目ということもあり、全然上司っぽく出来なかったのです。

 ただ仕事内容に関しては僕の方が分かっていましたし、気の使い所も押さえていましたから、そういった要領の部分は彼女に教えてあげました。
 
 後で聞いたことですが、、そういった上司(というか先輩)というのは初めてだったそうです。

 僕は人に怒られるのが嫌いです。そして他人が怒られるのを見るのも嫌いです。

 だからそうならないようにするのが良いことだと思ってました。

 その職場の上司は血気盛んな人達の集まりですから、僕を含めてよく怒られました。

 自分の人間性を否定するがごとく怒られることもしばしばでした。

 僕は大学の体育会出身者でしたから、理不尽がまかり通る世界を体験していましたが、それでもかなりきつかったと思います。

 だから忍耐強くなったというか、相手の感情の部分は横にのけておいて、伝えたい内容だけ受け取るというか、そこに含まれる真実の部分だけを受け取るように、自分の感情をコントロールする術を身につけてしまいました。

 これは後々かなり貴重な財産になったようで、僕はいつの間にか、太っ腹だとか器がでかいとかいう評価につながっていきました。

 ある時(今の職場)などでは、ある人(事務局長という身分)が感情的に興奮しているのを知らずに、話しかけてしまい、僕自身には全く関係ないのに、八つ当たり的に接せられたことがあります。
 そのときも、この人は僕に対するものと別の所で感情的なんだなと、気付き極めて普通にやりとりできました。

 その人がいなくなった直後に皆から拍手を受けたのを記憶しています。


 かなり自慢げな話ぶりですが、これが僕の最大の弱点になっても行くのです。

 

 
 もう忘れてしまったのですが、彼女のミスを上に知らせず、二人で処理したことがあります。

 そのとき彼女が何度もお礼を言った後、何かお礼をしなきゃと言いました。

 僕はお礼なんかいいから、今度一緒にご飯でも食べようと言いました。

 僕の彼女に対する感覚はどっちかというと同級生に近かったように思います。

 そしたら彼女はOKをくれました。

 
コメント (3)

結婚と離婚と仕事とSEX Ⅶ  ダスティンホフマンには…1

2005年08月27日 22時18分04秒 | 結婚観
 人の価値観の違いっていうのは何処から生まれてくるのかっていう問題に対しては明確な回答ができません。

 でも家庭環境という要素は大きな部分を占めてくると言えるのではないでしょうか。

 人の話ばっかりで自分のことを少しも言わないのは不公平な気がしますし、先の話につながることもあるので、少しだけお話しします。

 もう20年近く前のお話ですで、半分昔話になります。

 僕は当時ある予備校の職員をしていました。今はその予備校はありません。

 僕はもてない人でした。

 今も変わりません。

 自分の容姿に自信を持ったことは一度もなかったので20才を過ぎても女の人と付き合うなどということはしたことがありませんでした。

 僕の仕事の内容は言えませんが、10人以上採用された職員は1年で二人になっていました。

 僕は入社2年目で主任と呼ばれていました。

 血気盛んな若者が教材販売で財産を作った実業家に掛け合って立ち上げた予備校でしたから、勢いはありましたが、後から入ったものにとっては不備な点が多々あったと思います。

 事業自体は順調に伸びていました。

 社長に相当する理事長という人物は、見栄えをよくしようと女性事務職員の採用に容姿の観点を入れたようです。

 2人ほど採用され、受付に置かれたようですが、しばらく立つとそのウチの一人が僕の部署に回ってきました。

 とても綺麗な人でした。

 「綺麗な人だなあ」という以外に感想はありませんでした。

 僕は、その人は僕より年上で既婚者だと聞かされていましたからね。

 何でそんな風に嘘を付かれたか分かりませんですが、とにかく僕は単純にそう信じていました。

 で、一緒に仕事をするようになったんですが、彼女がどうして受付から外れたのかだんだんと理由が飲み込めて来ました。

 彼女はもの凄いお嬢様育ちで、世間一般の事務仕事にはかなり向いていない人だと分かったのです。

 例えば新聞紙を束ねて10文字に縛っても彼女結ぶとユルユルでどさどさ落ちて来ちゃうのです。

 そういうことはしたことがないそうで、よくそれで主婦がつとまるなと思ってました。

 万事がそういう具合ですから、僕の部署に来る前にかなり叱られて随分と凹んでいたようなのです。

 僕は年上のしかも既婚者に向かって叱るなんてことは出来ようはずはありませんから、根気強く繰り返しやってもらうしか手がなく、彼女の仕事は必ず後で点検しフォローするようにしました。

 あるとき二人で仕事をする機会があり、当たり障りのない世間話をしていて、僕は何の気なしに「家庭を持ってるとお仕事大変ですね」というと彼女が「え~!私、独身ですよ~」と言われてしまいました。

 おそるおそる年を聞いて見ると僕より一つ年下の人でした。

 僕は一気に気が抜けてしまい。

 「なあんだ!年下だったのかぁ。」とかなり大きな声で言ったのを覚えています。

 「ずっと年上の人妻だったと思ってたの?」というので「うん!」と答えたら、「怖いイメージだった?」というので「うん!」と言って二人で声を上げて笑いました。

   
コメント (4)

大の字

2005年08月27日 14時46分14秒 | 人々
 先日午前1時頃ブログを書いていたら、突然娘が僕の部屋に入ってきた。こういう場合はたいがい昼間に寝過ぎて夜眠れなくなるケースが多いのだが、今日は「ママのイビキがうるさくて眠れないよ。」という。

 これもたまにあることで、そういうときは僕のベッドにしばらく寝かせてから、部屋を移ると上手くいく。

 娘はかみさんと6畳の部屋に布団2枚を敷いて寝ている。僕は別。家庭内別居か!と色めき立つ必要はない。仲が悪いわけじゃないからね。

 僕はいつも6時半に家を出て行く。カミさんは滅多に起きてこない。娘が乳幼児だった頃からの習慣で、僕は一人で朝ご飯を食べて出て行く。

 娘と一緒に寝てるとかなり眠りは浅くなる。おねしょはもう止んだが、鼻血、トイレ、寝相の悪さ等で、何度か起こされることもあるらしい。

 僕は出勤に45分の運転を伴うから眠気は命取りになる。

 で、そのとき娘は「パパ、見に来て!」という。

 理由を聞くと「ママが真ん中で大の字になっていて眠れない」というのである。

 部屋に見に行くと見事に「大の字」の形を創っている。

 そしてカミさんの足下には「クマのプーさん」の縫いぐるみがあった。

 僕はゆっくりと娘の方を振り返りながら、静かな声で


 「よく見なさい。これは『大』ではなく『太い』という字だよ。」

 と言った。

 娘も「そおかあ!」と感慨深げである。

 しばらく二人で鑑賞していたが、そんなことしても仕方がないので、僕がカミさんをゴロゴロ転がし始めた。

 カミさんは「ん~?なあに?」とか言いながら結構素直に従っている。

 「これで大丈夫!」
 「パパ、ありがとう」

 となって部屋に帰った。


 僕のカミさんの凄いところは翌日その話をしても全然怒らないところである。
ネタとして良ければ大笑いしてしまうのである。

 しかも先日カミさんは友達と温泉アンドお食事の小旅行をした際に、その自虐ネタで大いに笑いを取ってしまったとのことである。

 ちなみにネタは娘がカミさんの横に寝て枕を腕の辺りにもっていくと、「伏」の字になるという進化型のネタも披露したらしい。

 結局、何を言いたいのかよく分からないが、ウチの家族は脳天気だということだけは言えそうである。
コメント

誰にでも会えるとしたら… トラックバック練習版

2005年08月26日 17時34分19秒 | 妄想
 三国志を彩った人達に会いたいですね。曹操孟徳、劉備玄徳、関羽に張飛もあいたいなあ。
 もちろん当時の中国語なんぞ話せないから、ご都合主義の映画よろしく、日本語に翻訳されて耳に入るという状態であって欲しいですね。

 人間というものが、あんなドラマチックに生きることができるものかどうか確認できたら僕ももう少しましに生きることが出来るんじゃないかと思ったりするのです。

 
コメント (2)

台風通過!

2005年08月25日 22時39分13秒 | 日記
 午後9時頃から風も雨もおさまり始め、午後10時には静かになりました。時たま思い出したように風が吹く程度ですね。

 僕の家は都市ガスが敷かれてなくてプロパンガスなんですね。

 田舎ですから。

 で、それを車庫の北側に設置してるんですけど、これがかなり繊細な代物で、揺れを感じると自動で元栓を閉めてしまう機能が付いている。

 地震に対するものなんですね。

 今日くらいの強風が吹くとセンサーが働いて駄目になってしまう。

 おかげで今日の夕飯は電気ポットで沸かしたお湯で作ったカップラーメンとご飯のみ、お昼は日本平パークエリアで食べたきしめんだけ。

 なんか今日は貧弱な食生活だった。


 台風はこれから関東地方に向かう様子、神奈川や東京にお住まいの皆様長いと言っても4時間程度で通り過ぎます。お外に出なければ大丈夫かと思います。

 心配なのは伊豆の方々。特に伊東市は去年に引き続いてのご心配かと思います。被害のないようにお祈りしています。
 

 
コメント

台風のさなかっちゅうに

2005年08月25日 19時53分36秒 | 日記
 えーと、現在外では台風が唸りをあげて、吹きすさんでおります。飛ばされてしまうのではないかという脅威が今夜一晩中続くのではないかという恐怖感と倦怠感がありますね。
 

 そんな中、僕たちは今日、同じ県内ながら100キロ先の伊豆三津シーパラダイスに出かけて参りました。

 えーとホントは地球博だとか、横浜八景島だとか計画してたんですけど、この天気じゃ帰ってこれないんじゃないかということで急遽行けるところを探したわけです。
 そんなにしてまで行かなくても良いんじゃないかっていう向きもあります。

 僕もそう思います。

 これには事情がありまして、僕の娘は夏休みも後半になると、色んな友達からおみやげをもらうんですが、そいつを返さなくてはいけないらしい。

 だからどこか遠くにお出かけして、そこに行ったよと言う照明の出来るものを渡すのだそうです。お値段は500円以下と相場も固定していて尚かつハコものではいけない。つまり温泉まんじゅうのごときものは言語道断だそうです。
 女子小学生の世界も色々と難しいことがある。

 街の小学生は「金スマ」を見てないと話題についていけないといったこともあるようで、時代とは恐ろしいものです。

 ですから僕らは今日、台風の危険を冒して三津シーパラダイスのお土産袋を買いにいったようなものなのです。

 まあでもやっててよかった。伊豆の海岸沿いにあるから休業だったらどうしようと思ってたら3時半まではやるといったし、海獣ショーはおもしろかったし、波をかぶる可能性のある東名高速道路の由比パーキングエリア付近もなんとか通過できた。

 でも今ここで書いてると何でそんなことまでせにゃならんか改めて疑問に思ったりする。 
コメント (2)

夏バテ

2005年08月24日 23時49分19秒 | 日記
 サンプルになるくらいの夏バテである。

 この期に及んで花粉症も出てくるし、何とかならないのかよって叫んでも誰も出てきてくれない。そりゃそうだよね。

 とにかく眠い、一日中眠い、だけど夜になると上手に寝ることが出来ない。

 休みの日くらい、体が要求する文だけ寝ていても良さそうなものなのに癖で朝6時になると目が覚める。

 寝ていてもテンションが完全に下がりきっていない感じで、どこかに緊張が残っている感じがつきまとう。

 一日中、自然に目が覚めるまで、体が何かしたがるまで寝ていたいと本気で願ったりすることがある。
 

 「ストレスが多い職場でしょ。疲れ目と肩こりと高血圧は治らないよ。上手に付き合って行くしかないね。」ってかかりつけのお医者さんは言うけれども、できれば付き合いたくないわけで、分かっていても苛ついている自分があって、自分で自分を蔑みたくなるくらい、家族に余計な苛立ちを覚えることがある。

 駄目だなあ、人間として下品だなあとつくづく思うときである。

 明日は夏休みとしては家族サービスのラストチャンスの日だったはずなんだけど、台風直撃の怖れ有りで断念せざるを得ない所かと思うわけですが、まあ明日の朝の様子で出かけるか決めるので、今日は早めに寝ます。
コメント (2)