「この国のかたち」的こころ

敬愛する司馬遼太郎さんと小沢昭一さんに少しでも近づきたくて、書きなぐってます。

素振りの功罪 足以外が攣ったことはありますか?

2006年08月30日 22時11分22秒 | 日記
 僕は毎日、少年軟式野球用のバットで素振りをしています。え~毎日といっても雨の日はしませんね。

 雨が降っていなくても遠くで雷が鳴っていたらしませんね。かなりいい加減です。

 動機は肩こりでした。肩こりが酷くて頭痛はするは吐き気はするは色々方法を試してみたのですが結局運動不足だろうという結論に達しまして、とにかくかをほぐして器具が安くて…と条件を加えて行き着いた結論が「素振り」でした。始めたのは7月の最初でしたから(ブログで確認しました)9月になると2ヶ月継続したことになります。

 で、どうなったの?

 別に聞きたくない?

 そうかも知れませんが言いたいので言っちゃいます。


 胸板が少し厚くなりました!


 これは結構嬉しいぞ!

 と思っております。この歳(46歳)になって胸の筋肉が触って実感できるほど逞しくなるとは思いませんでした。

 二の腕の力こぶも申し訳ない程度ですが硬くなりました。

 えへへ

 とナルスティックに風呂に入る前は鏡に向かってポーズを決めたりして娘に変態をみる目つきをされています。

 で、肩こりの方も随分と軽減されました。

ホントっすよ!


 まさに良いことづくめでございまして、

 スイングスピードも以前から比べると「オズマ級」と言ったら良いくらいで、一本足で溜めて溜めて溜めて、

 一気にフルスイング!

 という具合で振っておりますので結構良い運動になります。

 
 で、昨日の朝、仕事中に


 胸筋が攣りました!

 
 ピキ!

 という音を聞いたような気がします。


 それから10分ほどしかめっ面でおりました。

 ふくらはぎが攣ったら足の指を体側に倒せばいいのですが胸の筋肉が攣ったらどうして解消すればいいのでしょうか?


 翌日である今日もまだ少し痛いんですけど…



 こう言うのを東洋のことわざで

 年寄りの冷や水

 て婆ちゃんが教えてくれたんだぜ!
コメント

岩崎屋書店閉店について考える

2006年08月28日 21時24分30秒 | 人々
 今月末でお店をとじる岩崎屋書店さんに行って参りました。前回の投稿では岩崎書店となっておりましたが、正確には岩崎屋書店となります。

 

 これは閉店記念に頂いた二色ボールペンなのですが、なんと1889年商業となってますね。静岡の「すみや」同様に元は他のご商売なのでしょうか、今更聞けませんね。

 にしても1世紀以上続いた菊川では老舗中の老舗が店じまいをするのですから寂しいものです。

 今日は店頭に奥さんが立っていらっしゃったので、ご挨拶して参りました。

 お店はなんと今80%割引セールでございます。僕ら家族は3000円以上の買い物をして払った料金は680円でございました。

 それで記念のボールペンも4本も頂いてしまいました。



 なんだか一層寂しさが募りますね。

 くるお客さんがレジで支払いの時にみんな丁寧にご挨拶やお礼や閉店を惜しむ言葉を掛けていくものですから奥さんも大変そうでした。奥さんはもう働いているお嬢さんがいらっしゃるのに大変に若々しく、おきれいで優しいかたです。

 そしてウチの娘に限らず、ちょっとした言葉も聞き逃さず誉めてくださいますのでとても気分良く、みんなに愛されているかたです。

 もちろん旦那さんも素敵なかたですよ。

 文房具をそんなに安くしてしまって大丈夫なのかと思いますが、この手のものはお店の買い取りなのでなるべく処分しないといけないのだそうですね。

 本の方は返品が可能なのだそうです。

 あと3日で菊川の知性の光源が一つ消えます。

 ほんとに惜しいことだと思います。

 そして改めて感謝したいと思っています。
コメント

やっと買えた愛宕下羊羹

2006年08月27日 23時27分26秒 | 


 掛川市大須賀にあります愛宕下羊羹をゲット致しました。明治10年から羊羹一筋だそうですが恥ずかしながらこの歳になるまでこういうお店が有るとは意識したことがありませんでした。

 食べたこともあるはずなんですけどね。

 羊羹なんて何処も一緒さ!

 なんて思っていたのかもしれません。



 ある人が貸してくれた雑誌に載ってまして興味を持って行ってみたんですね。

 だいたいこの辺だろうなんて検討つけていったのですが、分からずに引き返してきて1回目。カミさんと二人で行って店を見つけて入ろうとしたら店の前に「本字分は売り切れました」って書いてあって、それでも脇から入って行こうとするご夫婦がいたので話しかけようとしたら、奥さんに機先を制せられて「すみません私たちは予約しておいたんです。」と何とも優しげに事情説明をしてくださった。

 謝ることは全然無かろうかと思うのだが気を遣って頂けて清々しい気分になって帰ってきた。

 そして今度は8月の24日の朝10時頃着くように意気込んで出かけていったら、23日から25日まで夏休みだそうな。

 さすがにがっかりして帰ってきた。

 僕はこういうことに対してとてつもなく縁がない。

 同時進行でグリフォンというケーキ屋さんに行こうと狙っていたのだがなんやかやと3回ほど振られて先日やっとクッキー2袋を買えた。

 で、今日は万難を排してチャレンジしてやっと目当てのものにありつくことができた。

 お店の構えは重厚だが全く古くなく寧ろモダンでさえある。

 店の中はいたってシンプルで木枠のガラスケースの中に幾つかの味の羊羹が三角に摘まれていた。

 種類は「小豆」「栗」「抹茶」である。

 ホントは「白」というインゲン豆ベースの羊羹があるはずなのに見あたらなかった。時刻は10時30分である。既に売り切れたということは無かろうから作らなかったのかもしれない。

 お店の人は女性が二人。年配のかたと若いお嬢さんであった。

 驚いたのは羊羹はケースの中でなんの包装もされずに置いてあることであり、僕が「栗」と「抹茶」を注文すると手際よく包んでくれたことだ。

 商品としてはこれより他に季節限定品の「しろ柚羊羹」(11月~1月)と御衣黄羊羹(3月中旬~4月中旬)というのがあるらしいのだけれど今の季節はどちらも該当しない。

 他のブログをみると一口サイズのものもでたらしいのだが僕が舞い上がっていたのかそれとも作るのをやめてしまったのか認知できなかった。

 味は絶品でした。若い人が羊羹を敬遠するのは濃厚と言うよりしつこく残る甘さのべたつき感なのでしょうが、ここの羊羹は全然そういったものと違って清涼感さえ感じることが出来るのです。

 値段は1本750円なのですが、まあお使いものとしてはお手頃ですし、自分で買って食べる分として、ショートケーキ3つ買うよりは遙かに健康的なのではないかと思うのです。

 大須賀といえば半ば地元でありながらまだまだ知らないことが沢山あって、城下町横須賀だけでなく、もっともっとジモティにならなくちゃいけないなと思いました。

 ちなみにこの羊羹は一日に作ることの出来る数量が決まっているので売れる日には午前9時半の開店で午前中に全て売り切ってしまうそうで、「栗」「小豆」「白」「抹茶」の順か、「抹茶」「白」の順になるそうです。

 何せ無添加、非密封梱包ですから日持ち致しません。というよりその日の内に食べてしまいたくなります。

 それとこの店にしか置いて無くて、物産展でも町の特産物販売所にもありませんのでご注意をお願いします。

 
コメント   トラックバック (1)

CR 松浦亜弥について考える

2006年08月26日 09時51分33秒 | 妄想

 最近のパチンコには目を見張るものがありますね。

 3年くらい前に久しぶりにパチンコ屋さんに入ったら「指輪物語」の画面があって数字の部分が出演者の写真になっていてビックリしたことがある。

 それまでにも映画のキャラクター等が使われることはあったのだけれど、極々部分的に使われるだけで、その他の殆どがアニメでの表示だったと思う。

 それで今度はイエローキャブのグラビアアイドルとか、ピンクレディーとかの少し大人の色っぽさを持った女性がCRパチンコ台に登場するようになりましたね。

 最近ではCR松浦亜弥などという正統派アイドルまでがパチンコの画面に登場して本人の声で語りかけてくる。

 中森明菜、美空ひばり等の時代を飾ったスターさん達も今やパチンコの画面で毎日のように見ることができ、やがて消えていくのでは無かろうかと思う。

 このようなプロジェクトには巨大な著作権料が発生するので、プロダクションとすれば随分おいしい仕事になっているらしい。
 プロモーションもできて尚かつお金が入るのだから堪えられない仕事だろう。しかし、そんじょそこらのタレントじゃ買い手が付かないだろうし、パチンコ台の人気度はその機種自体の面白さによる部分が多く、キャラクターだけでロングセラーとなるわけではない。

 しかし全国で何百万台という数字が一斉に稼働するのだから著作権料も億は下らないだろうかと勝手に想像してみる。

 次はどんな人が採用されるんだろう。
コメント

ルパンザファイアー SEAMOも変換して並べ替えると汗疹になるよ

2006年08月25日 23時47分51秒 | 人々
ルパン・ザ・ファイヤー
SEAMO, Naoki Takada, Shintaro “Growth” Izutsu, Takahito Eguchi, LEMS
BMG JAPAN

このアイテムの詳細を見る


 ルパン三世のテーマ曲をラップにしちゃった人です。

 来週ミュージックステーションに出ますからみてくださいね。見た目はイケメンじゃないみたいです。それに今回の楽曲に関しては真面目にコメントしてますが本来はもっと砕けた下ネタ系のお兄ちゃんですからね。FMで番組持っているんじゃなかったかな。SEAMOで検索すると出てくるかもで。

 本拠地は名古屋でしょ。ベニーkの先輩格にあたる人で地元じゃ結構前から知られた人らしいんだけどベニーKの方が先にメジャーになってしまいまして、SEAMOの方がベニーKのアルバムに参加させてもらってたりしましたね。

 まあ聞けばそれなりに実力のあるかたなので今後もアイデア次第ではいけちゃうんじゃないかなと思います。

 全国版で深夜番組とか持てちゃうと良いのかもしれないね。
コメント   トラックバック (1)

生意気な子はいやだあ! 保育園ボランティア

2006年08月25日 16時47分36秒 | 人々
 ウチの娘さんの夏休みは色々と忙しくて宿題がなかなか進まない。特に今年はボランティア体験に目覚めたらしくて、老人ホームだの保育園などに行っている。

 事前にボランティアは人のためにするんじゃなくて自分のためにするんだよ。自分がさせてもらってるという意識じゃないといけません。

 「助けてあげる」とか「何かしてあげてる」なんていう人を見下すような意識じゃなしに教えてもらうっていう意識で参加しなさいという自分を棚に上げてお話ししましたが何処まで分かってもらえたでしょうか。

 で、昨日はその保育園ボランティアの第1日目。

 事前に絵本の読み聞かせ等の練習はしたものの役に立ったかどうかは判別できず。

 とにかく疲れ切っていて尚かつ不機嫌でした。

 怒っております。下手に話しかけるとやつあたりされそうです。親としてはそう分かっているのなら付き合ってあげなくちゃいけないところなのですが、そういうのはカミさんでたくさんなので、「シムソンズ」という女の子がカーリングで頑張る映画をみせて様子を見てます。

 とにかく僕のところは田舎なので保育園も平和な環境であることが多く、特に娘の同級生は一概に大人しい子が多いのです。

 で、そのイメージで街の保育園でのボランティアなのですから、ギャップは相当激しいようです。

 「全然言うこと聞く気がないの!」

 そりゃそうだろうね。

 とにかく今の世の中は多動性症候群とか、キレル遺伝子だとかを持ってる子もいるのだから十把一絡げの教育が通じるはずがありませんやな。

 で、今日も同じ保育園でボランティアだそうで、ゲンナリして出かけていきました。

 「保育園の先生」という未来の選択肢は消えてしまうのかな?

 まあ端から小学校の先生志望なのですが、その程度で疲れていたんじゃ小学校の先生も慣れそうになくなっちゃうよ。

 で、今日は6時から老人ホームで夏祭りなんだそうですが、大丈夫かいな?
コメント (4)

お茶も色々めぐります、と大きなチョコチップメロンパンの図

2006年08月23日 23時42分48秒 | 


 僕はスーパーだとかドラッグストアーに行くのが好きだ。以前京都に行ったときに「るるぶ」で事前においしい店を調べて実に精密に店をまわってお土産品を買いあさったら同僚から「おまえはOLか!」とタカアンドトシ並みにツッコミを入れられたことがある。

 まあそれはさておきカミさんともども夜のスーパーが好きなのである。

 で、今日は必殺高血圧対策の一環である「まいにちラッキョウ計画」の主戦力たる花ラッキョウ(甘口)が底をついてきたので、買いに行こうということになった

 で、上の写真は一軒目のスーパーで見つけたもの。

 そのうち出てきそうな商品名になっている。


 え?

 それだけですけど、何か?

 

 これはある人にとっては非常に刺激的な図になっているかもしれません。

 ヤマザキの大きなチョコチップメロンパンである。

 これは市内のドラックストアーで一ヶ月に一度大幅値下げで大量に売りに出されるらしい。

 パンの正統派メロンパンにチョコチップをのせるという「愚」を犯したものにさしのべる手はあり得ない!

 と日頃から豪語しておりましたが、ブログで半ば取り憑かれているかたの記事を読んで以来、そんなに言うのならちょい食べてみるか、となって以来何故か1週間に一度は口に運ぶようになりました。

 かみさんは「また買うの?」と横白目で私を蔑んでおりますが、「あんただって僕が毎週買ってくる「ハバネロカレーパン」を三つも喰ってるじゃないか」と反論したくなりますが夫婦円満のため何も言いません。

 でもチョコとメロンパン生地のおいしさが此処まで調和をみせるパンは「ヤマザキの「大きなチョコチップメロンパン」しかございませんのです。
コメント (2)   トラックバック (5)

ローカルホスピタル症候群3

2006年08月22日 22時36分33秒 | 人々
 僕は、でっかいルームランナーの上の椅子に座って担当医師から運動負荷の説明を受けています。

 でこのでっかいルームランナーの上を最終的に走って、その上で心電図をとるということになるようです。

 先ほどから「でっかいルームランナー」と再々いっておりますが実はルームランナーをしげしげ見るのはこれが初めてでした。
 退院後近所のスポーツジムにあるのを見たんですが病院のと変わらなかったです。

 とすると僕のイメージはどうも深夜にやっているアメリカのテレビショッピングのもののイメージが強いのだということが何となく分かりまして、あれは家庭用のホントに小さいものなんだろうなと逆に思い直しました。

 だいたいおの深夜の通販っていうのは実に昼間見ると実にいい加減な商品が多くて、それでも同じ商品のCMをくどくどと何度も繰り返し見ているうちに段々とその気になってくるから不思議です。

 まともな体内時計を持ってる人間なら大抵は眠いはずで、いわば催眠状態に入りやすい環境を自ら創り出しているわけですね。

 そういうときに同じ言葉を反復されるとやっぱりその気になるんじゃないかと思いますね。

 アメリカの映画で何十コマの中に一こまだけコカコーラの映像を入れたら売り上げが伸びたということがあって今では禁止されていることなんですけど、この深夜のアメリカンショッピングもそのうち法律で規制しないと被害者が増えてしまうんじゃないかと思います。

 僕の友人で一回かけると貴方の世界観が変わるというサングラスを買ったやつがいますが、ホントにその通りでサングラスなのにガラスが濃い藍色でありまして確かに世界観が変わるのですが、それだけの話で実際に掛けてみると「おー!」とか「へえ~!」も出てこずに「で?何ナノこれは」という感想しか出てこないのです。

 とにかく僕はそのルームランナーで歩行を始めました。

 「きつくなったら無理せず言ってくださいよ。」と気づかっているつもりなのかしらないけど、これって今の段階では普通の歩行ですから

 これ出来ないと検査にならないと思うのですが、これもマニュアルの一つかと思いました。

 それで5分ほど歩いたでしょうか、段階が一つ上がって早足になりましたね。

 「無理に歩こうとせずに走っても構いませんよ、普通は歩きなんですけど走る人もいますね、あ!無理しないでくださいよ。」って既に走っている人に向かって言うかぁ普通。

 そしてもう一段階レベルアップ。

 待ってました。これですよルームランナーの醍醐味は、これで足を滑らせたりするとあごを手すりに打ち付けたりして結構見た目でも痛そうだと同情したくなる環境があったりしますが、今日の主役は僕なのでそういう痛い目までしてウケを取りたくありません。

 ですから結構必死で頑張りました。

 何分ぐらい走り続けただろう。

 結構長く感じましたね。

 だってインターバルなしですよ。

 止まったら転びますよ、間違いなくね。

 で、その間死すに座った副院長さんが色々と話しかけてきますよ。

 走っていることよりも、副院長さんと会話を続ける方がしんどいです。副院長さんはいい人ですよ。

 でもかたや限界スピード近くで走っているのに、かたや椅子に座ってしたから斜めに見上げているんですよ。

 やなシュチエーションでしたね。

 で、結果は全く異常なし。

 むしろ今までに見たこと無いくらいの正常な動き方なんだそうです。

 ひょっとして僕ってスポーツ心臓なのではと思いました。

 次は薬物負荷なんですが、その前にベッドに荷物を置くことになりました。 

コメント

倉木麻衣と百人一首

2006年08月20日 19時40分16秒 | 人々
DIAMOND WAVE
倉木麻衣
GIZA

このアイテムの詳細を見る


 えーと8曲目の「State of Mind」という曲の冒頭部分に「あまつ風 雲の通い路 吹きとじよ 乙女の姿 しばしとどめむ」とい和歌がでて参ります。

 それから「道野辺に 清水流るる 柳影 しばしとてこそ 立ち止まりつれ」という和歌もでて参ります。

 「あまつ風…」の方は小倉百人一首の12番目に出てくる「僧正遍昭」の歌で、「道野辺の…」の方も彼女はFMで百人一首からとか盛んに言っておりましたが、この歌は「西行」の「千人万首」という歌集の中にあるもので新古今和歌集にも出ております。

 でもまあ、和歌を倉木麻衣の曲調に取り入れようというチャレンジは勝算に値するかなと思って聞いています。

 でもやっぱり倉木麻衣を聞いてるとどうしても「コナン」が頭に浮かんじゃうんだよなあ。
コメント (2)

ローカルホスピタル症候群2

2006年08月19日 23時01分55秒 | 人々
 先日の続きです。状況としては僕は診察台に上半身裸で心臓を下にして壁の方を向いて寝ています。
 検査技師で娘の同級生の母親であるTさんはエコーを当てて僕の心臓の形状を色んな角度から撮影しようとしています。

 で、Tさんは僕の体がぶれないように僕の寝ている診察台に腰を掛け、自分の腰と脇で僕の体を挟み込むようにして極端にいえば僕の背中越しに僕の心臓付近にエコーの機械をあてています。

 臨床検査技師と患者の関係じゃなかったら姿勢にはならんだろうなと思いますね。

 これが20代の男女なら結構まったりしたいちゃつき方だろうし、30代の男女なら耳掃除でもしてそうな色っぽい図かもしれない。で、これが双方とも猿だったら毛繕いになるのかなと思ったりしてたら終わりました。相変わらず妄想癖が直らないなと反省して我に返りました。

 Tさんは何枚もの僕の心臓写真を見ながら何か書いおられましたが、内容についてはお話ししてくださいませんでした。

 技師は患者に診断めいたことは言っちゃいけないのかな、医師の判断と食い違ったりしたら説明が大変になるのかなと変に気を回しつつ、別の部屋に連れて行かれました。そこはこの間心電図をとった場所です。

 そこには大きなルームランナーみたいなものがあってそこに置いてあるパイプ椅子に座るようにいわれました。 
コメント (2)