「この国のかたち」的こころ

敬愛する司馬遼太郎さんと小沢昭一さんに少しでも近づきたくて、書きなぐってます。

藤城清治さんについて考える

2013年07月30日 12時14分50秒 | 妄想


静岡伊勢丹で藤城清治さんの展覧会に行ってきました。
藤城さんというと、影絵の第1人者で、僕らなんかで言うと、NHKの「みんなのうた」の背景でおなじみなんですが、幼少期の記憶をたどると、小心者のぼくは黒基調の絵がなんだか怖くて、あんまり好きじゃないんですけど、今回、実物が見られるということで、見に来ました。実際は影絵ではなくて、印刷したものなんですが、迫力とかかわいらしさとか、色々感じられました。
 で、藤城さんは、80歳過ぎなんですが、精力的な活動をされていて、驚いたのは震災直後の被災地に乗り込んで、被災地の復興を絵にされているんですね。すごいなあと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 宝台院 陸橋について考える | トップ | 日本橋のアンテナショップに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

妄想」カテゴリの最新記事