写真師の「新カメラ日記」

JRP会員の橘が日々の事、撮影日記などを記録していきます。

雪解けの林 花と卵塊

2024年02月26日 | 写真日記
今日は緊急入院から二週間経過のつれあいの現況報告。
一時は最悪の事態も覚悟したのだが病状もだいぶ落ち着いて、私もようやく緊急連絡用の固定電話の近くから少しは離れる余裕も出来てきました。

    [早春の花 #オウレン ]

雪解けの始まる林で一番最初に姿を見せる直径1センチほどの小さくて白く可憐な「オウレン」の花です。
花言葉は「変身」「胃腸をお大事に」という花言葉でもわかるように薬草としても知られています。

    [ #クロサンショウウオ 卵塊]

林の近くにある小さな泉に白いゆで卵のようなものが浮かんでいました。
この地域に生息する小型の山椒魚「クロサンショウウオ」の卵塊です。
一つの卵塊には20-80個の卵があり、4・5週間で孵化します。
準絶滅危惧種に指定されているようです。

    [ #二ホンアカガエル (?)の卵]

クロサンショウウオの卵と同じ小さな泉に黒い粒粒がハッキリしてきたカエルの卵塊が透き通る帯のようになっていました。
早いものでは1月から卵を産むともいわれるニホンアカガエルの卵のようです。
おそらく雪のある中での産卵だったのでしようね、生き残るために同じ場所で育つクロサンショウウオなどとの生存競争に負けないよう、一刻も早い成長を狙っているのでしょうか。

#写真師の新カメラ日記  更新しました。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。
どうか時間があればそちらもご覧ください。
ぎゃらりーたちばなー新カメラ日記ー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春一番 紅梅・白梅・蝋梅

2024年02月16日 | 写真日記
金沢で「春一番」が吹いた昨日、少し時間が取れたので市内の早咲きの梅を撮ってきました。
ここ数ヶ月は心の余裕がなくて「花」にカメラを向けることも少なかったので、いい気分転換になりました。

    [紅梅]

春になると金沢市内では兼六園と並んで早めに開花する卯辰山梅林。
今年も春一番の時折吹く強い風に枝を震わせながら紅梅が咲き始めていました。
毎年の春の到来を私が感じる梅林の紅梅です。

    [白梅]

同じ梅林には白梅も咲いていました。
本格的な開花はまだまだ先になりそうですが、薄日の中で紅梅に負けじと花びらを広げてつれあいや私に「がんばれ!がんばれ!」と呼び掛けてくれているように感じました。

    [蝋梅]

道路わきの寺院の塀際で大きな「蝋梅」が見事に咲いていました。
そろそろ花期も終わりに近づいている花ですが・・・。
うれしい咲き具合でした。

三日前につれあいが緊急入院!とにもかくにも自分の自由になる時間が出来てパソコンの前でのブログ更新しました。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。
どうか時間があればそちらもご覧ください。
ぎゃらりーたちばなー新カメラ日記ー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

能登河北潟 被災地と野鳥

2024年02月08日 | 写真日記
2024年元旦に発生した震度7強という大地震から一ヶ月余、その衝撃もあってブログの更新も出来ないまま2月に入ってしまいました。
テレビ画面の上下や左右には現在も地震の被災状況や救援施策などを知らせるテロップがエンドレールとして流れ続けています。
大切な情報だとはわかりつつも、無残な傷口を見せつけられるようでついついリアルな画面から目をそらし録画やユーチューブなどに画面を切り替える日々が続いています。

    [珍鳥 #ヘラサギ 二種が]
写真は2月初めに出かけた河北潟干拓地、レンコン畑の畔で見つけた #ヘラサギ #クロツラヘラサギ が鷺の群れに交じって採餌をしていた姿です。
ヘラサギが河北潟周辺に冬鳥としてやってくることは知っていたのですが、干拓農地で二種同時に見られることはめったにないことだと思います。
二種とも絶滅危惧種として指定されているようです。
写真の左側が #ヘラサギ 右が #クロツラヘラサギ と思われますがこれは素人の私の推測なので間違っているかもしれません。

    [被災地の空を飛ぶコハクチョウ]
河北潟干拓地で冬を過ごす #コハクチョウ が餌場の移動で飛んでいきます。
画面の下に見えるのは日本で最初の米軍基地反対闘争「内灘闘争」として知られる能登半島入り口にあたる内灘町の市街です。
能登半島地震の震源地は半島先端、奥能登ですが金沢市粟ヶ崎も含めてこの内灘町にも地震の液状化現象による家屋破壊や道路寸断、電気・水道などライフラインも止まるなどの大きな影響をもたらし、現在も水道が止まっている地域も残っています。
写真で見る限りでは空を白鳥が飛ぶのどかな街に見えますがおおきな被害を受けています。

一か月ぶりに #写真師の新カメラ日記  更新しました。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。
どうか時間があればそちらもご覧ください。
ぎゃらりーたちばなー新カメラ日記ー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年が明ける

2024年01月01日 | 写真日記
パレスチナの「ガザ」やロシア侵攻の「ウクライナ」各地で激しい戦闘や侵略行為が続くなかでの2024年の幕開けです。
国内では金権自民政治による混迷のなかで、とても「おめでとう」とはいえないお正月になりました。
でもネットでコメントをやり取りしているお二人の記事を「赤旗日曜版」の元旦号で見てうれしくなりました。
一人は私より年長の元教師の方が「兄の遺骨返せ」として1946年、戦争が終わってからの戦病死したお兄さんのことを書いていました。
もうおひとりの方は「特別障害者手当で大助かり」という特集記事にパーキンソン病で要介護4のつれあいさんの症状が「赤旗」記事のチェック項目にすべて当てはまると粘って申請し手当を勝ち取ったことが記事になっていました。
2023年は、私のつれあいが二度目の脳梗塞でそれまでの要介護2から一気にレベルアップで「要介護5」になるなどいろいろありました。
2024年は公私ともに腹を据えて怒るところは大いに怒りながらつれあいとのくらしも大切に過ごしていきたいと思っています。
今日の写真は金沢の河北潟の空を飛ぶ「コウノトリ」。
「赤ちゃん」という「希望・幸せ」を運んできてくれるというコウノトリの飛ぶ姿に2024年の私の夢を託したいと思います。


クリスマス寒波の雪も消えた元旦の金沢、「しんぶん赤旗」一月一日号配達後の夜明け前にブログ「写真師の新カメラ日記」更新しました。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。
どうか時間があればそちらもご覧ください。
ぎゃらりーたちばなー新カメラ日記ー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野狐発見

2023年12月23日 | 写真日記
    [農道の狐]

今朝の金沢は積雪で駐車場の車を雪から掘り出すことから「日常」が始まるほどになっています。
本来なればその雪のようすをアップしなければ、とは思いましたが家周りの除雪で写真を撮ることもままなりません。
河北潟も積雪となっているようですが・・・、降雪前の晴れ間に撮った野狐の姿です。
農道を獲物を探す野狐の姿を見かけました。

    [見つけた?]

突然田んぼの畔際に鼻を擦り付けるようにしてあたりを注意深く見まわしました。
なにか獲物の気配を感じたのでしょうか。

    [いやだな・・・]

私の気配を感じたのでしょうか「あれっ」とこちらの車を見つめました。
田んぼ二枚ほど隔てている遠くの道路から見ていたのですが、カメラに気づいたようで二番穂の生えた田んぼに入り込んでしばらく隠れていたのですが、眼を離したすきに二番穂を揺らしながら姿を消しました。
河北潟は野鳥の楽園といわれるほど小鳥から猛禽まで多様な野鳥の姿を見ることが出来ますが、意外なことに哺乳類は少なくてイタチや狸、狐などがいるはずですがほとんどその姿を見ません。
冬を迎える干拓地での貴重な出会いでした。

気がつけば明日はクリスマスイブ、気づけば「歳末」という忙しない日々となりましたね。
老々介護ということで時折時間を見つけてのブログ更新、12月はまだ更新が一度だけになっています。
昨日からの冬型の気圧配置で金沢は大雪、我が家周辺でも積雪は40センチほどでしようか・・・。
ブログで公開した写真はフォトチャンネルでアルバムになっています。
どうか時間があればそちらもご覧ください。
ぎゃらりーたちばなー新カメラ日記ー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする