バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

吾妻光良トリオ。笑顔あふれる夜でした。

2018-01-12 | ライヴ報告
報告していないままの開催済みのイベントを今頃ご報告!の続きです。

12周年パーティーを挟んで1週間後には
バイユーゲイト12周年記念LIVEアンコールナイト
12月23日(土)
『吾妻光良トリオ』
吾妻光良&牧裕&岡地曙裕
が開催されました。

周年を祝っていただくのもすっかり恒例といった感じの吾妻トリオ。
いつも通り予約で完売。
リハーサル時の楽しさも
いつもの、という感じだったのですが
いざ始まって見るとこの夜のライブはいつもとちょっと手触りが違っていたように感じました。

ほんのちょっとなのですが、違うなと。
終演後数人の方からも同じ感想をいただいたので
僕だけが感じた訳ではないようです。

なんというか明るかった。楽しかった、いや楽しげだった。
いつも楽しい吾妻光良トリオ、なのですがいつも以上に楽しさが伝わってきたように感じました。
ギターソロでその引き出しの多彩さ、リズムの多彩さをこれでもか!と見せつけるように楽しそうに弾きまくる吾妻さん。
ブラシや手を駆使し、ベースアンプのヘッド部分まで叩きリズムを繰り出す岡地さん。
いつもよりベースソロが目立っていたように思える牧さん。

お客さんに対する煽り方?というか盛り上げ方。そして笑顔、笑顔。
音楽する、プレイする喜びにあふれたその姿はなんだかグッとくるものがありました。

素晴らしかった。

※客席にいたアンディが2部から参加!アンディ最高!!

※アンディのプレイにご満悦の吾妻さん。

後日、牧さんにそんな感想を伝えると
「そうかな?特にそんなつもりはなかったんだけどな(笑)でも楽しんでくれたのなら嬉しいな。
吾妻は最近は時々バリバリ弾くよ〜」と。

ご本人たちには特別な意識はなかったのかもしれませんが、聴き手には音楽する楽しさがいつも以上に伝わってきました。
楽しいことばかりじゃなく、日々色々なことが起こる日常…。
皆で共有したあの時間を、最後までたっぷりと楽しめて
本当に良い夜でした。

吾妻光良トリオの皆様、お客様、12周年を祝っていただきありがとうございました。
感謝いたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河村博司晩餐トリオ、素晴らしかった!

2018-01-12 | ライヴ報告
こちらで報告していないままの開催済みのイベント報告。
続いては12月15日(金)に開催された
バイユーゲイト12周年記念LIVE第7夜
『晩餐トリオ』
河村博司(v&g)& 磯部 ベチコ 舞子(vln)& 熊谷大輔(per)

ソウルフラワーユニオン脱退後初、ついに完成したソロアルバムリリース直後!
河村さんに昨年に引き続き周年イベントに参加いただきました。
編成も昨年と同じくダンサブルでソウルフルで楽しい3人。



流石の演奏。流石のパフォーマンス!お客さんも皆楽しそうでした。

河村さんの佇まいは、ギンギンにツノを立ててメッセージを発する訳ではないし、緊張感を張りめぐらせる訳ではない。
でもさりげない言葉や歌い回しの中に強いメッセージが感じられるし。ゆったりしているようで凛とした緊張感がある。
そんなさりげない、ロッカーぶりがとても格好良い。
同い年なので、余計にカッコイイよなと思う。


音楽する喜びが伝わってくるのがなんとも素敵に感じます。

『よろこびの歌』と題されたアルバムにもそんな彼のソウルフルなロックミュージックが目一杯詰まっているのです。

楽曲を素晴らしくスウィングさせるベチコさんのバイオリン!
グルーヴィな大輔くんのドラム!!
クオリティの高い演奏に飾りのないソウルフルなロック。
俺はこんな音楽が好きだなぁ。と思った夜でした。

河村さん!いつもありがとうございます。
これからもよろしく。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鷲巣功モーニンブルーズ生語り!最高に楽しみました!!

2018-01-12 | ライヴ報告
年末年始の諸々に追われているうちにすっかり時間が経ってしまいましたが
こちらで報告していないままの開催済みのイベントがいくつかあります。
それも最高に楽しかったものが!今更ですがご報告いたします。

まずは
12月14日(木)に開催された
バイユーゲイト12周年記念LIVE第6夜
『鷲巣功モーニン・ブルーズ生語り、皿回し 三鷹冬の陣』
連日開催された12周年イベントの中でも最も展開の予測がつき難く、それだけに最も記憶に残る夜となりました。
かつてインターFMで放送されていた伝説的マニアック音楽番組の再現LIVE。
2年前から構想があった為、開演した時点で「ついに実現した!」と感激していた僕でした。

予想通り、いや予想以上に鷲巣さんの生語りは素晴らしく。まさにラジオの再現+強力な現場感!元々の番組も生放送だったのですが、当然ながらそれ以上のLIVE感。
溢れる音楽愛の深さ、そして広さ、意外な展開、それらに興奮し目も耳も釘付けでした。

鷲巣さん、やっぱり凄い音楽人です。

忙しい年末の平日の夜にバイユーを埋めた満員のお客さんの熱気も後押し。
(イレギュラーで1夜限りの復活を果たした番組を平日3時からの生放送を翌日休みを取ってまでナマ聴きするリスナーさんたちですから当たり前かもしれませんが!)
果たして期待しているファンの方々に楽しんでいただけるのか…と心配していた企画者としては心から安堵しました。

お客様方からは「冬の陣?季節ごとにやろうよ!」とのお言葉を頂きました。
働きつつ、心から楽しんだ自分も
なんとか次の機会を作りたいと思う次第です。
ご来場の皆様、鷲巣さんありがとうございました。

当日の模様を再構築したものがこちらで文字によりご覧いただけます。
お時間のある方は是非。

※お客様として30年近く前のレコード会社時代の上司が初めてバイユーに。なんとも嬉しかったです。Kさんまた是非お立ち寄り下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加