観測にまつわる問題

「最低賃金」を一応。「広島」は延期で他のテーマをやります。「経済再生」のアプローチを従来とはやや違う感じで構想中。

「加計問題」の本質

2018-05-09 14:56:08 | 政局・政治情勢
これは加計学園どうこうではないですね。加計問題という名称そのものが罠だと思います。

皆さんもご存知の通り、手を挙げたのは加計学園と京都産業大学だけです。そして後から来た京都産業大学は降りているので、誰がどうやっても加計学園以外の選択肢がありません。これで加計学園を選ぶなというのが無理難題です。

そもそも加計学園は何十年もずっと開設がなかった獣医学部新設のため努力し準備が整っていました。安倍首相と友人であることは徹底的に新設を阻止してきた獣医師会と戦うにあたって、加計学園の理事長も心強かったかもしれませんが、民主党政権の頃から獣医学部新設の働きかけはあり、その時決まっていたら「加計問題」はありませんでした。安倍首相は疑われないため、獣医学部新設を止めなければならなかったでしょうか?

京都産業大学は準備が整っていなかったので降りたそうですが、そもそも後から参入しようとしたのですから、準備が整っていなかったも当然かと思います。「加計問題」の本質を考えるなら、加計学園に注目するのではなく、京都産業大学その他に注目するべきでしょう。京都産業大学に過剰な圧力(圧力をかけられたような気がしたなどのフワッとした根拠が不確かな話で当然裁いてはなりません)があったかどうか、その他何処か手を挙げようとした大学に過剰な圧力が無かったかが焦点です。それがあったら安倍首相が加計学園ありきで友人に利益誘導したという話になるかもしれませんし、それが無ければまたしても野党・マスコミの大スキャンダルということになると思います。

加計学園周りを幾ら取材したって、物事の本質からは遠ざかり誤報を繰り返すばかりです。選択肢が加計しかなければ加計を選ぶしかありません。仮に首相が加計学園を選びたいと強く思ったとしても、他に選択肢があれば、加計を選ぶのにそれなりの理由が必要です。今回は理由も何も選んでいないのですから最終的な段階で加計学園に決まったことに首相の意志が働く余地はありません。最終段階に至る前に首相の意志が働いたかどうかが焦点に決まってるじゃないですか。そしてその意志があるかどうかは加計学園を取材して判断できることではなく、京都産業大学その他を取材して判断できるということになります。もう取材しており特に何も無いなら、加計問題は無かったということであり、国会で無駄な時間を浪費するのは止めなければなりません。

加計学園周りを取材して息巻いている野党はワザと空打ちして疑惑を振りまく悪党なのでしょうか?それともただの馬鹿なのでしょうか?解消されない疑惑を追及しまくるなんてワザとやっているならこんな小悪党はおらずクレーマーそのものだと思いますが、今までの野党の体たらくを見るにつけ、ただの馬鹿とも思えますし何とも言えないところです。

ただし、岩盤規制突破の観点からは加計学園や愛媛県・今治市の獣医学部新設の努力は賞賛されるべきものであり、京都産業大学が岩盤規制突破に努力したという話は聞いていないということは付け加えておきます。加計学園は汚職の問題ではないのですから(幾ら取材しても汚職の証拠は出てきていません)(加計学園を取材したのは汚職があったと思っているのでしょうが、大した根拠も無く延々と国会の場で追及することこそ犯罪的であり、魔女狩りそのものです)、獣医学部新設を阻む岩盤規制が是か非かという観点抜きに「加計問題」を語ることはできません。そもそも獣医学部新設を阻んだ文科省・獣医師会は政策的に正しかったのか(正しくないとすれば、問題解決に尽力した加計学園その他に同情的になります)、手続き的に政府や文科省・獣医師会に落ち度は無かったか(ほぼ確実に瑕疵はありません。瑕疵があったら決められませんし、決めたとしても反対した獣医師会が訴訟でも起こせばいいだけです)、選考の過程で加計学園以外を辞退させる圧力があったか(選択肢がないのですから、100%加計を選ぶ圧力はありません)その3つをよく見直してみることですね。どうしてもモヤモヤしてスッキリしないのであれば。

コメント

野党、それは恥ずかしい生き物・・・

2018-04-24 19:21:13 | 政局・政治情勢
森友学園に売却された土地が抱える “特殊な遍歴”(井戸端会議・瓦版 個人ブログ)

野党・マスコミは死刑でいいんじゃないかって気がしますね。

隣が14億円で森友が1億円って聞くと異常に思えますが、ほぼ同同面積の土地には補助金や交付金が出ており、実質2000万円で売却されています。森友学園の1億3400万円は寧ろ高値掴みさせられた可能性すらあるように見えます。籠池氏のあのキャラクターはインパクト大でよほど値切ったように見えましたが、マスコミも話を面白くし過ぎで、真面目に調査して報道すべきなんじゃないかと思います。筆者もマスコミの言うことを鵜呑みにしたかもしれませんが、まさかここまで悪質な誤報を垂れ流すと思わないじゃないですか・・・。野党・マスコミ、おまえらが一番悪質だよ・・・。どう責任とってくれるんでしょうか?エライことをしてくれたものです。仮に分かっていて悪質なデマを垂れ流したのだとしたら、2度と話は聞けないですね。近寄らないでほしいものです。

勿論全容が分かっている訳じゃありませんが、どちらかと言えば、豊中市に売却した時の国庫補助金や交付金こそ何なの?と気になります。

大阪の広い土地が安い原因ですが、昔は沼があってゴミを捨てていた曰くつきの土地のようです。伊丹空港の着陸するルートの真下で高速道路に隣接しており、環境もお世辞にも良いとは言えないよう。

かくして疑惑は綺麗サッパリ払拭された訳ですが(知らない人も説明されれば大体直ぐに理解するでしょう)、こうなると野党は口を噤むんでしょうな。ホント、死んでほしいわ・・・。何とかメールみたいに死人でなくて良かったと言えば良かったのかもしれませんが、学習したのは責任逃れの技術だけかと思います。
コメント

伝説の適当発言の主

2018-04-14 22:06:45 | 政局・政治情勢
小泉純一郎元首相が「安倍3選難しい」と断言するワケとは やりとり詳報(産経ニュース 2018.4.14 21:02)

小泉純一郎という人は、あまり人間を知らないんだろうなという印象ですね。安倍首相が野党に啖呵を切ったのは、あたかも自分が籠池氏に利益誘導したかのようなデマを流されカチンときたからでしょうし、安倍首相夫人が籠池氏に利益誘導するような人でもないと確信しているからでしょう。常識的な理解力があれば、それまでの経緯から「関係があったら」という発言は籠池氏の「犯罪」(推定無罪ですけれども)を安倍首相や首相夫人が助けたらということに過ぎないのであって、野党やマスコミがこうも言えるああも言えると揚げ足とりしているに過ぎません。それが成立したのは、安倍首相や安倍首相夫人が何も知らないということが伝わらなかったせいですが、知らないものは知らないと言わざるを得ず、安倍首相はずっとそう言ってきたのですから、野党が勘違いした、どうしてくれると言ったところで、追及したいんだったら自分で勉強しなさいよという話でしかありません。その辺の経緯はようやく元官僚の高橋洋一氏の話で自分も分かってきたところですが、野党やマスコミの皆さんにとっての一大事が政府与党サイドの一大事では全くありません。野党の興味関心にしたがって与党が優先順位を変えていくみたいなことは起こるはずもありません。森友事件とは何から何までほとんど全て野党やマスコミの勘違いではないかと思います。壮大な誤爆が明らかになってきた以上、小泉氏が何を言おうが、少なくとも森友事件は野党の敗北で収束に向かうでしょう。野党がどうするつもりか(ケジメをつけるのか、逃げるのか、討ち死にするのか)知りませんが、少なくとも森友事件を筆者は野党のスキャンダル=誤爆事件と確信しつつありますから、ちょっとネタにさせてもらおう(死ぬなよ)と思っています。もうね、誤爆で叩かれまくって、俺達が誤爆したのはお前が悪いなんて言われたらどういう気持ちがするかということなんですが、小泉氏には人の気持ちが分からんのだろうと思えます。説明がどうのこうのと言ったところで、人間は機械じゃないんですから、一々全部正確に表現できる訳もありませんし、どんな優れたAIが登場したところで全容が分かっていないと正確な答えは出てきません。揚げ足取りが成功したら勝ちだと思っているような人には一生分からないだろうと思います。

加計問題に関して言えば、記憶に無いと言われれば記憶に無いと思うんじゃないですか?記録を調べるまで待ってくれと言えば良かったのかもしれませんが、それ以上でもそれ以下でもないと思います。

佐川氏の件も普段の仕事で適材適所だと思っただけだと思います。安倍首相も麻生大臣も全知全能の存在ではありません。スキャンダルしか見ていない野党目線で普段の仕事を見ている麻生大臣の判断を槍玉に上げるのは必ずしも適当ではないでしょう。佐川氏は立件が見送られる方向でほぼ森友事件に関して政権の落ち度がないことが明らかになりつつあります。

もうね、とにかく信がないとか言うのは結構ですが、誤爆が明らかになったら、追及側が自分の信がないということを認めて欲しいと思います。それもちょっとやそっとの勘違いじゃありません。幾らでも調べる機会があって、当人がそうではないと正しい説明をしているにも関わらず、ずっと勘違いして人を悪者にして、俺達が勘違いしたのはおまえが悪いというような日本であってほしくないと強く思います。

最後の日報の件はちょっと笑っちゃいますけどね。小泉氏というのも憎めないところがあるというか、天然なんでしょうかね。小泉氏以外の誰しもが「自衛隊の活動している地域は非戦闘地域だ」発言に工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工と思っていると思いますが。この人変わってないなと凄く思いました。別に非戦闘地域発言で別に小泉氏を批判する訳ではありませんが、伝説の適当発言の主が何か言ってるよという感じです。

テーマ「小泉」は以上とします。本当は小泉進次郎氏で書くつもりでしたが、小泉には違いないだろうということで。いろいろ事情があるというか、そういう伏線回収の仕方をする小説家や漫画家も多いみたいですよ。記事は小説(作り話)ではありませんが。
コメント

「森友事件」は終了の可能性が濃厚

2018-04-14 19:51:28 | 政局・政治情勢
高橋洋一氏のツイッターからYouTube動画。これが決定版でしょうね。森友終了のお知らせのように思えます(政局の話題としては)。


いわんかな#10-2 ゲスト高橋洋一【森友騒動と財務省問題の結論★国益のため財務省は解体へ】堤堯・高山正之・志方俊之・福島香織・塩見和子★(YouTube)

これを見て内容を踏まえた上で、政治家の関与を立証するのは不可能のように思います。安倍首相は知らないから知らないと言ったまでで関与が無いから関与がないと言ったまででしょう。そうでないなら首をかけるはずもありません。できるのは揚げ足取りだけで、揚げ足取りで政権が倒れるとは思えません。

基本的に実務の詳細を政治家は知りません。理財局は特殊な部署で、地方はかなり独立していますから、財務省本省の上層部も具体的な経緯を何も知らないし、ましてや総理秘書官も何も知らないことは確実のように思います。佐川氏も何も知らず(理財局の経験も無かった)、国会答弁をする前にちゃんと勉強しておけば良かったものを、知らないまま答えて失敗した(よって(恐らく佐川氏以下で)辻褄あわせをしようとした)というのが真相のようです。

既にこれまでの「追及」で籠池氏と安倍首相夫妻がそれほど深い関係でありそうにもないということが明らかになっています。籠池氏のキャラクターからして、本当に安倍首相夫妻と深い関係があったなら、喋らずにはいられないはずです。浅い関係しかないので、総理もわりとどうでもいいし、一々指示するはずも無い、秘書官も意識してないし、財務省本省も意識してない、佐川氏ですら何?という話のように思います。

基本的に理財局も案件を多く抱えており忙しいらしく、こんな面倒な案件はさっさと終わりにしたいと現場で考えたことが失敗の原因のようです。入札しれていば公正な手続きで何も問題が起こらなかったのに、そこを端折ったことが失敗の原因だと指摘されています。値引きが問題だと言われますが、仮にタダで手に入れても、固定資産税が大変なようで、実際に籠池氏は事件が明るみにでなかったとしても、濡れ手に粟とは当然いかず、学校経営を軌道に乗せるためには金銭面で大変な苦労をしなければならなかったでしょう。

籠池氏の荒唐無稽にも思えるキャラクターから相当無茶をしたことが伺われますが、それは裁判が進む中で明らかになるのではないでしょうか?何故無茶をしたかと言えば、そうでもしないと学校は建たなかったし経営できなかったからでしょう。それが是だとは言いませんが、籠池氏の中ではこういう教育を実際にするためにはこうするしかないだろうということで話は完結しており、必ずしもお金持ちになろうと考え行ったことではないように思います。そうでなければ、ずっと幼稚園の園長であったはずもありません。幼稚園の園長に過ぎない籠池氏が小学校を建てるために相当無茶をしたというのが森友事件だと思います。

大阪の闇みたいなものもあるかもしれませんが、そんなことは安倍首相も官邸も財務省もそういうのがあるだろうぐらいで実際のところは何も知らない話だろうと思います。安倍首相も官邸も財務省も全知全能ではありませんし、極めて多忙な存在です。そこが明らかになるかどうか知りませんが、ある程度でも明らかになるとすれば裁判を通じてになるはずです。

公文書の保存の実際の話も興味深かったですね。電子データの修正は履歴に残るし、長期間保存するのも容易なようです。ブロックチェーン技術で改竄を防ぐこともできるようです。野党の皆さんが興味があるのは政局の話ですから、野党の皆さんは急速に公文書の話に興味を失う可能性がありますが、与党PTもありますし、折をみて電子文書の技術の相場観を踏まえて改善が進めば良いと思っています。

これも高橋洋一氏のツイッターからですが、佐川氏の立件は見送りのようですから(無理筋の案件ということだと思います)、後は籠池氏が何をしたか、大阪の闇はあるのかないのかどうなのかという話で、ミスはあったかもしれませんが、近畿財務局ですら(全部が全部と言い切る自信はありませんが)法的には概ね被害者であると言えるのではないでしょうか?謝罪するのは政治家や公務員の役割かもしれませんが(外国の文化は知りませんけれどもそれが日本の文化です)、これまで野党やマスコミの皆さんが追及してきた相手はとんだとばっちりで迷惑をかけたように思います。

公文書改ざん 佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず(毎日新聞 2018年4月13日 03時00分)

死者が出ると嫌なので(かつてそういう事件がありましたけれども)、執拗に追及はしませんが、これだけ大きな事件にして誤爆だったというような話のように思いますから、政治責任は正に野党の皆さんにあるんだろうと思います。
コメント

みんな冷静になりましょう

2018-03-28 07:04:55 | 政局・政治情勢
佐川前国税庁長官:安倍首相や官邸から指示ない-森友文書改ざん(ブルームバーグ 2018年3月27日 6:00)

>「責任はひとえに当時の担当局長である私にあり、深くおわび」
>理由や経緯については「刑事訴追受ける恐れある」と答弁控える

これ以上、何を説明する必要があるんですかね?

責任は佐川氏にあると本人が明言しています。文書改ざんの罪がどの程度重いのか知りませんが、法に則って佐川氏が責任を取る、それだけの話です。

政権を盗りたいだけの野党ドモの戯言はこれ以上聞きたくないですね。

刑事訴追受ける恐れがある時、回答を控える権利はあります。一種の黙秘権だと思いますが、止むを得ないでしょう。刑事訴追を受ける恐れが無くなれば、きちんと説明してくれるでしょうし、訴追されれば訴訟の過程で真相が明らかになります。これが法治国家のあるべき姿です。
コメント

真犯人を追及する前に安倍政権がなすべきこと

2018-03-20 00:08:40 | 政局・政治情勢
安倍政権が疑われている理由は、結局のところ籠池氏に首相夫人の名前を使われたのが原因かもしれません。首相夫人が名誉校長になったのは事実なので、関与してないと主張するだけでは疑いが払拭できないということなのでしょう。存在しないことの物的証拠は存在しませんが、安倍首相夫人の関与が無いという状況証拠が周知されれば、自然に安倍首相の関与がないということも理解されます。多分、犯人探しはその次でしょう。自分も迂闊でしたが、強く支持していると(首相サイドの情報を入れると)、他人も自分と同じで安倍首相の関与は無いだろうという前提で考えていると思い込んでしまいます。

かと言って証人喚問に首相夫人が出たところで、野党にいいように印象操作されるだけです。ですから首相夫人が、例えば自民党ホームページにビデオメッセージをのせるとか、いずれかのマスコミで独占インタビューで説明するとか何らかの形で疑惑を払拭しにいくことが考えられます。あまりとってつけたような感じだと逆効果になる可能性もありますが、真摯に説明したら伝わるのではないかと思います。

そうすれば、批判的な報道しかしないマスコミも渦中の人物のメッセージは報じざるを得ないのではないかと思います。安倍首相が幾ら説明してもニュースバリューが無く、報道しない自由を行使され、支持層以外に伝わらない可能性があります(支持層に伝えることも重要ですが)。

首相夫人が名誉校長になったことは事実ですし、籠池氏は幼稚園の父兄の支持はそれなりにあったことも事実のようです。そこを忘れてはなりませんが、これまでに明らかになった事実を見る限りでは、首相夫人と籠池氏の仲はそもそもそれほど親密ではありません。また、幼稚園の園長に過ぎない籠池氏が無理に無理を重ねて小学校を建て巨額の負債を負ったということで、政治家サイドにキックバックする余裕は全く無かったのも事実のようです。ここのところが世間では理解されていないのではないでしょうか?それを改善するためには広報が必要ですね。

以下、多分世間は踏まえてない(左から右で忘れた)であろうネタをザックリ小川榮太郎氏の「徹底検証「森友・加計事件」」などから列挙。

①安倍晋三記念小学校にしたいと籠池氏に言われ断った。例えば吉田松陰先生の名前をつけたらどうですかと薦めた。結局、学校の名前は瑞穂の国記念小学院になった。

②講演を依頼された首相夫人は名誉校長を引き受けるように懇願されたが断った。ところが父兄や児童の前で名誉校長と紹介されてしまう。その後も辞退を申し入れたが、結局押し切られた。

③2016年の首相夫人と籠池夫人の名誉校長を引き受けた後のメールで、籠池の名前を見ても誰か分からず、「塚本幼稚園 籠池泰典の家内」と名乗られようやく理解。その後もそれほど親密な様子は確認できない。が、報道では如何に親密か強調され続けられる。首相夫人と籠池夫人のやり取りでは、事件化以前のものが重要かと思われる。事件後のメールは首相夫人が逃げたと解釈され得る。事件後の関係もそれはそれで本質が現れるとも考えられ意味はあるが、事件以前の関係が本来の関係であり、ここのところが誤解されている恐れがある。

④野党は財務省と国交省の交渉責任者の参考人承知を求めていた。与党はこれに応じず虚言癖のある籠池氏の証人喚問に走りかきまわされた。与党側の対応ミスは真摯に説明し反省すべきと思われる。

⑤籠池氏の陳情を首相夫人付職員は首相夫人に確認し財務省に取り次ぎ希望に沿えないという回答を返した。つまり首相夫人の名前は財務省に全く影響していない。

⑥小学校の工事業者は安倍晋三記念小学校だと聞いていた。この業者は工費の未払いで籠池氏を訴えたが、籠池氏は刑法上の犯罪を犯した可能性が高い。

⑦近畿財務局にとって大阪航空局の代行業務の重要性は低かった。籠池氏の交渉は執拗で、政治家の名前を乱発し、恫喝的言辞でしばしば罵った。つまり首相や首相夫人の働きかけが無くとも近畿財務局が交渉に失敗する理由はあった。

以上ですが、報道の影響によるものか、この辺の経緯がスッポリ抜けている印象です。安倍首相や首相夫人が怪しいという前提による報道が世論に伝染している印象ですが、森友報道は一連の流れで支持率は下がっていない(加計で支持率が落ちた)と筆者は認識しています。それは確度の低い情報が意味をなさなかったからだと思いますが、一度間が空いたこともあり、上にのっている公文書偽造が本物の情報であるがゆえに、土台の偽情報が浸透したのではないかと考えられます。今一度丁寧に説明するべきかと思われます。

野党の皆さんは安倍政権の支持率が下がっても自身の支持率が上がらないことに悩んでいるようですが、デマを拡散しているから評価が上がらないのだろうと筆者は思っています。
コメント

公文書改ざん問題特別委員会の開催を

2018-03-19 19:11:50 | 政局・政治情勢
森友文書「佐川氏はなぜ書き換えを指示したのか」を読み解く鍵(現代ビジネス 高橋洋一 2018.03.19)

>「誰の指示で誰が書き換えた」という事実解明が進まないと、この問題で国民はスッキリしない。逆にいえば、そこがポイントである。

>今の紙ベースでの各省の文書管理の状況では、決裁文書の管理場所を知っている人であれば、決裁文書の添付書類を差し替えることは誰でも可能だ。

>問題となっている決裁文書は近畿財務局にあったわけだが、本省の誰から、近畿財務局の誰への書き換えの指示があったのか。それはいつなのか。そして、佐川氏がそれにどう関与したのか。近畿財務局内では、本省からの指示は誰が受けて、誰に伝えたのか。実際に、誰が決裁文書の書き換えを行ったのか。

>もちろん、捜査対象になっていることを理由として、佐川氏が肝心な所では国会での証言を拒むかもしれない。

>こうした事実解明は、国会の証人喚問で行ってもいいし、国会で特別委員会を設けて非公開で行ってもいい。さらに、捜査当局が佐川氏を逮捕して取り調べてもいいだろう。

>書き換え前の文書は、誰が森友学園の問題に関わっていたかが明確であり、それを読めば、結局政治家の関与はないことがわかる。もちろん、昭恵夫人の影響もないこともわかる。それなのに、なぜ書き直す必要があったのか。

>このように状況を子細に読んでいけば、財務官僚は政治家を「忖度」するのではなく、「コントロール」していることがわかるだろう。

財務省が政治家の言うことを聞くような人達ではないというのは高橋氏の言う通りなんだろうと思います。官邸主導のイメージがありましたが、少なくとも財務省は政治家のことは何とも思っていないのでしょう。そうだとすると、やはり政治家が一々指示を出しているという結論は無さそうです。にも関わらず、世論調査によると、安倍政権の責任を指摘する声が大きいようです(毎日新聞世論調査 文書改ざん「首相に責任」68% 毎日新聞2018年3月18日 20時56分 ※ただし、質問内容は安倍政権に責任があるかないかの質問で、広い意味での責任も含んでいると考えられます。本当は安倍首相に責任があるか、麻生財相に責任があるか、財務省に責任があるか、近畿財務局に責任があるかといった質問をするべきですし、まだ事実が大して明らかになっていない段階での質問も疑問です。左翼新聞は政治的な世論調査をやって大見出しで倒閣を誘導しようとします。政権支持率は下がっていますし、何がしかの効果はあるのかもしれません)。そう考えると、全容解明して真実を明らかにした方が、安倍政権にとっても良いことだということになると思います。

無論野党の皆さんも同じ意見で真実の解明を求めていると考えます。公文書問題とは真実の擁護のはずです。よもやデマが垂れ流されることを期待しているというようなことはありますまい。

事実解明の手法ですが、証人喚問にはあまり期待しない方がいいような気がします。確かに偽証罪はありますが、財務省官僚なら偽証せずにノラリクラリかわすのはお手の物ではないでしょうか?実際に犯人と思しき財務省はこれまで森友の答弁で何となく安倍政権に責任を擦り付けることに成功しています。与党の証人喚問に対するビミョーな態度は(疚しいからではなく)こういう経験から来るのではないかと思います。野党の皆さんは財務省の責任になるより、安倍政権の責任になった方が望ましい訳ですから、本気で財務省を追及するとは思えません。事実森友事件では補助金問題という籠池悪のスキャンダルは追及されずに全く関係がないと思える安倍首相と安倍首相夫人の追及が空振りでも何でも延々と続いてしまいました。質問の割合もありますしね。また高橋氏も捜査対象になっていることを指摘していますが、証人喚問(ウィキペディア)には宣誓・証言拒否事由がありますが、佐川氏は高松市の男性に告発されたようです(「佐川氏は虚偽公文書作成罪に該当」高松の男性が告発状 朝日新聞 2018年3月16日20時46分)。

逮捕は強制力があって良さそうですが、仮に法律的な問題で無罪になったと仮定して、誰が指示したかなどの経緯が公開されるか良く分かりません。時間がかかる可能性もあります。

そう考えると特別委員会が良いと考えられます。特別委員会なら、公文書改ざん問題特別委員会とします。与野党の公文書問題に詳しい議員で構成すればいいのではないでしょうか。例えば安倍政権から距離があるとされ(「森友文書改竄」で“公文書管理法の生みの親”福田康夫元首相が怒髪天 デイリー新潮 2018年3月14日)、公文書管理法案の生みの親とも言える福田康夫(ウィキペディア)元首相は適任かと思いますが、引退していたら出席できないでしょうか?

>公文書の管理体制の整備

>独立行政法人国立公文書館の整備、拡充を持論としており、「公文書館推進議員懇談会」では代表に就任している。公文書館の人員について、他国と比較し「米国の公文書館では2500人、英国では550人もの職員が働いているが、日本では、わずか42人。政府や自治体が持つ記録は、国民の共有財産なのだから、大事に保存して次世代に引き継がなくてはいけない」と指摘している。薬害肝炎問題では厚生労働省の杜撰な文書管理が明るみに出て、報告を受けた福田は激怒したとされる。2008年2月29日には内閣府特命担当大臣(少子化対策・男女共同参画担当)の上川陽子を公文書管理担当大臣に任命し、公文書の作成から保管までをルール化する「文書管理法案」の策定を指示した。

>首相退任後も、一議員として公文書管理法案の成立に尽力した。2009年4月には、自由民主党と民主党の政策担当者を呼び寄せ「これは与野党が対立する案件ではない」と主張し、両党による修正協議を提案した。この提案を受け、民主党も逢坂誠二らが修正協議の開始に同意し、福田も自ら修正協議の場に加わった。同年5月、福田と枝野幸男らが修正案の叩き台を作成し、他党も加えたうえで修正案が正式合意された。

>当初、民主党の西村智奈美が「審議に100時間は必要だ」と主張し、与党側も「重要法案」指定を見送ったことから、第171回国会での公文書管理法の成立は絶望視されていた。しかし、福田らによる事前の修正協議が功を奏し、国会での委員会審議は両院計12時間で終了するなど異例の速さで審議が進み、公文書管理法は2009年6月に与野党全会一致で可決、成立した。東京大学大学院人文社会系研究科教授の野島陽子は、法案成立の経緯について論じた際に、上川陽子、逢坂誠二、西村智奈美の3名を法文整備に尽力した立役者と評した上で、福田と上川の両名を「公文書管理法の生みの親」と並び称している。

法文整備に尽力したとされる(現役大臣ですが)上川陽子法相、逢坂誠二立憲民主党議員(もの凄く政治的な人のような気がしますが)、西村智奈美立憲民主党議員も良いと思います。やはり法案の生みの親こそきちんと運用されたかチェックするべきでしょう。そして不備があれば、改善を進めていく知恵になります。

他には、公文書管理担当大臣で公文書問題に詳しい岡田克也無所属の会代表も考えられますね(岡田克也「無所属の会」代表記者会見2018年3月6日(火) 民進党HP 2018年03月06日)。

>まず財務省の決裁文書の書きかえ疑惑ですが、これはもう本当に、これが事実であれば論外のことだと思います。私も役所に12年間在職いたしましたが、決裁文書が後から書きかえられるなどということは考えられないことで、もしそういうことがあったとすれば、それはもちろん当事者の公務員倫理が根本から問われるし、普通は担当者の判断でできることではない。大きな力が働かないとこういうことは起こり得ないことだと思っています。

>いずれにしても、これは立法府と行政府の問題ですから、与党の皆さんにも、一緒になって事実解明についてしっかりと力を合わせて努力していく、そのことをお願い申し上げておきたいと思います。

与党からは公文書館推進議員懇談会の「緊急提言」が福田総理に提出されました(国立公文書館)を参考に現役議員から、河村建夫議員、野田聖子議員(総務大臣)も考えられると思います。

素人かもしれませんが、追及が得意そうで宣伝力があり公文書改ざんに批判的な人として小泉進次郎も考えられると思います(小泉進次郎氏「書き換えたことの事実重い」一問一答 日刊スポーツ 2018年3月12日21時42分)。他に知名度で言えば、国会議員ではないですが、橋下徹氏も考えられるかもしれません。弁護士で追及力がありますし、公文書問題に批判的です。

議員だけでなく、公文書の専門家やコンピューターの専門家もいた方がいいかもしれませんね(データの消去や書き換えは素人では手に負えない可能性もあります)。公文書関連の法律に詳しい専門家もいた方がいいかもしれませんし、行政に詳しい人(元官僚の政治家もいますが)もいた方がいいかもしれません。国立公文書館の人なんかもいいかもしれません。

こういった面々なら、「自分の問題」を自分で調査したって言われないと思いますし、与党の不満分子の倒閣運動とも言わないと思いますし、野党の政治的パフォーマンスとも言われないと思います。テレビカメラの前の証人喚問では政治的な発言になるばかりで何の解決にもなりません。こういう時こそ超党派で真剣に問題に取り組むべきだと考えます。野党の皆さんは非協力的な可能性もありますが、協力してくれる人、公文書問題を本当に大事に思っている人だけでも構わないので、とにかくやってみるべきだと思います。
コメント

近畿財務局が公文書改ざんの犯人なのでは?

2018-03-18 22:30:15 | 政局・政治情勢
時事通信社が代表例として挙げている4つの例を検証します。これで削除の犯人が誰かヒントが見えてくるはずです。

価格交渉の記述削除=200項目超で改ざん-森友文書問題(時事 2018/03/12-21:35)



書き換え前)本件土地を買い受けたいとの要請を受けて、価格等について協議した結果、学園が買い受けることで合意した
→書き換え後)本件土地を買い受けたいとの申し出があり、売り払い申請書の提出があった

「価格等について協議した結果~合意」のところを隠したかったと考えざるを得ません。協議したのは近畿財務局です。価格問題に関しては安かったのではないかという指摘があります。この情報を近畿財務局が消したいと考えて無理はないとみていいと思います。常識的に考えて、近畿財務局の個別の案件におけるミスを隠すために、上が一々指示を出して情報を消すことは考えにくいはずです。それでは元々責任がないのに、バレたら自らの責任をわざわざつくることになってしまいます。「価格等について協議した結果~合意」が財務省や政治家の指示に基づいて行われた場合においてのみ、指示を出した主体に情報を消す動機が出てくることになりますが、これまで必死で野党や「ジャーナリスト」の皆さんが「追及」したにも関わらず、そんな話がないということは、単に籠池氏と近畿財務局が協議して合意したというフツーの理解でいいんだろうと思います。

書き換え前)特例的な内容になることから(中略)理財局長承認を得ている
→削除

理財局長の承認を得たことを隠そうとしているだけですね。基本的に理財局職員の仕事で責任者である理財局長が指示を出した訳でもないということが分かります。これこそその上に責任がないということを示す文書ではないんでしょうか?時事さん太っ腹!と言いたいところですが、本文を読むと安倍政権のせいにしたいようであり、頭の中身どうなってるの?という話です。勿論情報を消す動機は近畿財務局にしかありません。

書き換え前)(森友学園側が)「昭恵夫人から「いい土地ですから、前に進めてください」とのお言葉をいただいた」と発言
→削除

近畿財務局の動機としては、昭恵夫人の名前が出ると、安倍政権が怒りだして、責任者である自分達の身が危ないと思ったと考えるのが妥当だと思います。安倍政権サイドがやったと考えると、前に取り上げましたが、別に責任がないのに隠蔽しようとしてわざわざ追及されるネタをつくってしまうというおかしなことになります。

書き換え前)鴻池祥肇・平沼赳夫・鳩山邦夫(故人)・北川イッセイ各氏の秘書から値引きなどの働き掛けについての記述
→削除

これも昭恵夫人と同じく政治家の名前が出ると、政治家から責任の主体である自分たちが責任をとらされかねないという動機から削除したと考えられます。籠池氏の犯罪が明らかになった後では空しいところはありますが、値引きの働きかけ自体は違法ではないようです。そもそも陳情が違法だということになると、政治家の仕事は違法だということになりかねません。幼稚園の園長に過ぎない籠池氏はそんなお金がないにも関わらず、無理して小学校をつくろうとして犯罪を犯したということのようで、私腹を肥やしたというような話ではないようです。ですから値引きの働きかけも理念に共鳴してといった話であるはずで、キックバックがあったというような汚職の話では有り得ないようです。
コメント

公文書改ざん問題の犯人

2018-03-18 20:34:17 | 政局・政治情勢
公文書改ざん問題の犯人ですが、これはもうフツーに財務省近畿財務局ということでいいと思います。いろいろ指摘されていますが、財務省側のミスを隠すために公文書を改ざんしたということでしょう。責任問題も近畿の話ですから、トップ(麻生大臣)までいくのは無理があります。

国家と秘密 隠される公文書 (集英社新書 2014/10/17) (amazon)

断っておきますが、筆者は秘密保護法に賛成の立場です。上のリンクは秘密保護法を批判する立場から書かれたものですが、森友事件のモの字も無かった頃の本だけに当然森友事件を意識した内容になっておらず、その意味で参考になります。同じ著者の「公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書) 新書 – 2018/2/16」の方は、目次を見ると、秘密保護法批判とあわせて、森友や日報問題などにも触れられており、やや政権批判を意識している印象もありますが、書店で見かけただけでほとんど読んでいませんから、その内容の是非は問いません。



注目して欲しいのは帯です。何故か2014年の本なのに何故か帯に森友とあります。これは明らかに森友事件以降に(増刷されて)帯がつけられたものです。書店で見かけた時は、面出しで複数冊数置かれプッシュされていました。帯に左の政治臭プンプンたる青木理や望月衣塑子の名前で推薦などと書かれているので、その辺の事情を知っている人は、一目見ただけでこれはないと先入観をもってしまうシロモノです。それが狙いだったとは思いませんが、そこが陥穽でした。

2014年の情報は正直です。amazonの内容紹介に加藤陽子「情報公開法・公文書管理法の空洞化憂慮」(毎日新聞2014年11月16日より)があるので、該当部分を全文引用します。

>「本書のカバーの帯には、“本文書ハ焼却相成度(アイナリタク)"の部分を拡大した敗戦時の通達の写真が載せられている。評者もまた史料を見ている際、“本達ハ速カニ確実二焼却スベシ"と記された紙片を目にしたことがある。日本人は史料を焼くのがつくづく好きな国民なのだと長嘆息して天を仰ぐが、考えてみれば正倉院の古文書として八世紀初頭の戸籍などはきちんと伝来しており、国民性では説明がつかない。

>副題を“隠される公文書"とする本書の姿勢は明快だ。自分たちの業務に必要な文書だけを残し、国民への説明責任を負う自覚はついぞ持たないできた日本の官僚制の特質がまずは丁寧に語られる。よって、行政を担う者は情報を隠すものだと腹をくくったうえで、国民は、国家に記録を残させ情報を開示させることが肝要と説く。言論が萎縮しがちな昨今にあって、久々の直球ど真ん中の提言である」

どうです?日報問題や森友問題が出てない時点では、公文書問題とは官僚が公文書を消そう消そうとする問題でした。そう言われてみれば、日報問題も稲田さんが防衛相として適格だったかはさておき、南スーダンで陸自の方々が日報を消した問題ですし(安倍政権が稲田氏を更迭しなかったのは、お友達を守るとかそういう話ではなく、現場の問題を一々大臣の責任にしていたら首が幾つあっても足りないからだと思えます)、森友における公文書隠しも近畿財務局の話ですから、改ざんの主体があまり上の方にあるとは考え難いところです。

冷静に常識的に考えれば責任の主体が何処にあるか分かりそうなものですが、報道を見ていると、政権批判やる気マンマンの「ジャーナリスト」の方々が、我こそ正義ナリで政治家批判をしているので、ついついつられそうになることは否定できません。

麻生大臣、疑ってスミマセンでした。お友達を庇ったのかもという思いと佐川氏を庇ったのとで、正直怪しいかもと思っていました。げに恐ろしいのは疑う心ということでしょうか。

本日、森友事件を振り返るために「徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」(小川榮太郎 飛鳥新書)を買ってきたのですが、これを読んだ上で政治家が悪いと思う人はあまりいないんじゃないかと思います。言い訳ですが、発売当時スキャンダルが一応終わって自民党が圧勝した頃ですから、もともと政治家のスキャンダルに大して興味がないこともあり、もういいやになっていたんですよね。
コメント

タレントが悪徳企業のCMに出たケース

2018-03-18 00:39:57 | 政局・政治情勢
首相答弁との整合性のため“改ざん”では?(日テレNEWS24 2018年3月17日 00:54)

>森友学園を巡る決裁文書改ざん問題。16日の参議院・予算委員会で共産党の辰巳議員は、安倍首相の「妻が関係していたら総理大臣を辞める」という答弁との整合性を取るために改ざんしたのではないかと追及した。

>辰巳議員「誰の指示もなしにメリットも特にないのに、こんな大それたことをやるはずないじゃないかってことなんです。何のために改ざんしたのか、これは安倍昭恵氏の名前があったからに他なりません」

ビミョーじゃないですか?安倍首相夫人が利用されたのは首相が啖呵を切った当初から明らかでしたから(名誉校長になっていたことを啖呵を切った時点で知らないはずがありません)、「関与があったら」は直接的な関与があったら(安倍首相や安倍首相夫人が財務省に掛け合ったら)という意味のはずです。削除前のメール(JIJI.COM「森友学園」問題 写真特集)を見ましたけどやはり直接的な関与を示す文書ではありません(利用されたことを示す文書です)。関与の意味を広く取れば、間接的な関与も含むと思いますが、安倍首相が直接的な関与を意識していたのは明らかですから、このメールがあったから辞任ということにはならないはずです。

まぁ野党が揚げ足取りに来るのは間違いないでしょうが。本質的なことを言えば、犯罪を犯した主体は籠池氏です。安倍首相や夫人、保守系政治家は籠池氏にいいように利用された、それ以上の証拠は今までのところ一切出てきていません。これは隠されたからではなく、そんなことは無かったからではないでしょうか?隠された部分が明らかになったことで、それがよりハッキリしたと思います。

首相や首相夫人が脇が甘い(特に首相夫人)のは明らかですが、政治家に献金など近づいてくる人の氏素性まで調べさせるのは酷だというか、寧ろそれは絶対にやらない方がいいと思います。何故ならば、仮に調査するのが当たり前だというルールならば、献金したり近づくことで政治家を潰せることになるからです。調査するのに幾らお金があっても足りませんし、調査するのも完璧にはなりません。

(安倍首相が何処まで知っていたのか分かりませんが)安倍首相夫人の落ち度は、籠池氏のような人物を信用してしまったことでしょう。安倍首相夫人自体が悪さをしたという訳ではないと思います。校長になったという話だったら(実権があるか名義貸しになるので)勿論アウトだと思いますが、名誉校長ですからね・・・。実権がないのが名誉職なのであって、つまり安倍首相夫人は何もやっていません。そのことは関係者・政治家全て分かっているのではないでしょうか?

これはタレントが悪徳企業のCMに出る問題に似ているような気がします。悪さをしたのは悪徳企業であり、タレントはまず何も関与してないのですが(CMに出たことを関与だと言い張ることもできます)、イメージダウンしてしまうことは避けられません。そのイメージダウンが悪徳企業のCMに出たことに対する罰なのだと思います。CMの話を持ちかけられて、その企業が何か悪いことをしていないか調べることが出来るでしょうか?ポリシーとして、またイメージダウンを避けるため、この業界とは付き合わないとかそういう判断は有り得ますが、悪事に加担してないのにCMに出たから逮捕ということになるはずがありません。

以上を踏まえて改ざん問題を考えるべきですが、今夜はもう絵遅いので、続きはまた次回にさせていただきます。
コメント