須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

お知らせ(2021年10月1日更新)

3000年01月01日 | スタッフより
 
 
事前予約での館内見学を受付しています。
メール・お電話でも受け付けます。
 
休館日 毎週 火曜・水曜日
開館時間 AM10:00~16:00
入館無料
 
メール sunaga-h-b☆hello.odn.ne.jp 
 (☆ を @ に変えてください。)
電話&ファックス 0967-46-5847
スタッフ携帯 090-8915-1562
 

10月の休館日を赤い〇で囲んでいます。

 
 

須永博士美術館webショップ
全国発送いたします。
↑クレジットカードのご利用も可能になりました!


(様々な活動のため、発送が遅れる場合もございます。ご了承ください。)

須永博士とは・・・


須永博士美術館FBページもよろしくお願い致します






学校関係のドリルや学級通信・学級掲示物・卒業文集等の掲載の許可のお問い合わせをいただいております。
営利目的でない場合・入場料等を取らない場での発表・使用者への報酬が無い場合に限り、特に使用料などは発生いたしませんがいくつか確認点がございますのでご使用を希望の方は須永博士美術館までご連絡ください。
作品使用の際の注意事項は↓
をご覧ください。

問い合わせ電話 0967-46-5847
メール sunaga-h-b@hello.odn.ne.jp




↑日めくりカレンダー 大好評です!




須永博士美術館webショップ 通販で購入できます。


プレゼント用ラッピングについて


↑作品一覧(新作)


↑作品一覧(書)


↑作品一覧(絵)

ポストカード一覧表




↑キーホルダー一覧


↑お名前入れキーホルダーのご紹介


直筆ウェルカムボードの紹介
 
 

 

OGPイメージ

私が音楽を始めたきっかけ〜「ほほえみをたやさずに」誕生秘話〜

安慶名 愛(あげな まな)SNS ◼︎Twitter https://mobile.twitter.com/bsnlav​ ◼︎Insta...

youtube#video

 

 

OGPイメージ

【MV】安慶名 愛 / ほほえみをたやさずに

安慶名 愛(あげな まな)SNS ◼︎Twitter https://mobile.twitter.com/bsnlav ◼︎Instag...

youtube#video

 

 

OGPイメージ

入院中に勇気づけられた旅の詩人との出会い【言葉のチカラ#1】

こんにちは、しょうこです。 いつもご視聴いただきありがとうございます。 入院中に「旅の詩人 須永博士さん」から勇気をいただいた言葉を一部ご紹...

youtube#video

 

 





須永博士美術館
869-2505
熊本県阿蘇郡小国町北里460
電話&FAX 0967-46-5847
メール sunaga-h-b@hello.odn.ne.jp
開館時間 10:00~16:00
火曜.水曜定休日【臨時休館あり お問い合わせください。】

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年 令和4年カレンダー 予約受付開始しました!

2021年10月04日 | 須永博士カレンダー

 

2022年 令和4年 須永博士オリジナルカレンダーのご予約受付開始しました!

完成後、須永博士が直筆サインを書いてから発送いたします。発送は11月上旬からを予定しています。

 

ご予約お待ちしています!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「花咲か一座の豪快TV」

2021年09月27日 | スタッフより

 

地域興し番組「花咲か一座の豪快TV」の巻 - 岸本晃の住民ディレクターNEWS

イノシシ撃ち名人龍ちゃんの話をしましたが、元々は熊本県民テレビ在職中に企画した「花咲か一座の豪快TV」という地域活性化応援番組で出会った人で...

地域興し番組「花咲か一座の豪快TV」の巻 - 岸本晃の住民ディレクターNEWS

 

今日はびっくり、嬉しいお客様がお越しくださいました。

熊本県民テレビ(KKT)の地域おこし番組「花咲か一座の豪快テレビ」という番組に、須永博士も参加をしたのですがその時のアシスタントデレクターだった女性でした。

須永博士がまだ小国町に美術館を構えるなんて誰も想像できなかったころの話です。(1991年)
私も、この番組に出演したことは聞いたことがあったのですが、もう30年前のことでうろ覚え…

でも、熊本にくるきっかけや、熊本県民テレビのズームイン朝に出演することになったきっかけなどは須永博士からも聞いていました。

うろ覚えの中・・・その一番のきっかけとなった、崎坂祐司先生のことを取材して発行した「教壇」を開きながら・・・・

 

OGPイメージ

崎坂祐司先生との出逢い - 須永博士美術館スタッフブログ

1月23日、熊本県長洲町での講演会の最初に、須永博士が言った言葉です。「長洲町にやってまいりましたというより、長洲町に帰ってまいりましたとい...

崎坂祐司先生との出逢い - 須永博士美術館スタッフブログ

 

 



その女性の当時のお話を聞かせてもらい、まだ私も小国にくるなんて思ってもいなかった30年前と、こうして今ここにいることの不思議な縁を感じました。

その時、デレクターだった男性のお名前、「岸本さん」

岸本さんに出逢ったことも、須永博士が小国に惚れて第二の故郷にしようと思ったきっかけでもあります。

元アシスタントデレクターだった女性とお話しさせていただき、そして帰られてから須永博士に電話したら、

 

「そうそう!!なつかしい~~!」

と当時の思い出を教えてくれました。

ブログに書こうと思って検索していたら

 

こんな画像も発見!番組タイトルとイラストも須永博士が書いていたんですね。


当時のディレクターだった岸本さんのブログを見つけ、そこに書かれてありました。

 

「ちなみに一座のメンバーは第一回目の小国町では女子大生、お寺の和尚さん、元関取のちゃんこ鍋オーナー、

経済雑誌編集長、なぎなた師範、中国留学生、放浪の詩人(当時東京在住)、食クリエーター、陶芸家・・・などなどと七人を超える老若男女、業界もバラバラの全く異能集団でした。

このバラバラな人々が同じく地元の様々な年齢層、業界の面々と出会い激論し、実践する事業でした。

すでにこの頃から番組はオマケのようについてきました。

すでにビデオカメラも8ミリビデオでしたが一座メンバーに持ってもらい好きに撮ってもらっていました。「住民ディレクター」の先駆けでした。

この頃からいろんな人の目線が映像化される醍醐味を既に満喫していたのです。」

この記事を見つけられてよかったです!

そのあと、崎坂祐司先生がズームイン朝で紹介され、その1か月後に次は須永博士が「寅さんのような詩人」として紹介され・・・

1993年7月に作品館、1995年にアトリエ、そして1998年に須永博士美術館が出来ました。

 

須永博士 初めての小国 1992年2月21日

「なぜ、小国に須永博士美術館があるのですか?」とよく聞かれます。 それは、このテレビ出演がきっかけでした。 「寅さんのような詩人」と紹介した...

youtube#video

 

 



また、須永博士と岸本さんの再会・・・なんて日が来るといいなぁ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

令和3年の中秋の名月

2021年09月22日 | スタッフより

久しぶりの投稿です!

インスタフェイスブックでも更新していますので、よろしくお願いします。

 

さて、昨日9月21日は中秋の名月でしたね。

毎年このブログでも紹介していますが、この地域の伝承行事「あげたなさげたな」が今年も行われました。

皆さんも、月見団子をつくったり、お供えをしたり、ススキを飾ったり・・・それぞれが中秋の名月を味わい、楽しめたでしょうか・・・

 

「あげたな(お供え物を上げましたか)さげたな(下げましたか)」は、各家庭でお供えしたお団子などを地域の子供たちが自由に持ち帰っていいという行事なのですが、

特に、地域の人で話し合うのでも打ち合わせをするのでもなく、強制でもないですし、自主的に各家庭がずっとずっと続けてきていて、コロナ禍でも、月を愛でることには変わりなく

そして、地域の子供たちがこの日は朝からドキドキわくわくする日です。

我が家も、このブログでも書き続けてきましたが子供たちが毎年お世話になってきました。

中学生まではまわっていたけれど、末っ子は高校生ですのでもうまわりません。ですが、やっぱり地域の子供たちに楽しんでもらいたい、その笑顔が見たいなぁ~と、今年も準備しました。

 






お昼頃の東の空


午後6時過ぎ、まだ明るいけれど子供たちは出発!!地域にある小学校が閉校になってからは子供たちの声が聞こえずこの地域も淋しいなぁと思っていましたが、今日は違う!

あちこちから子供たちの楽しそうな声が響き、静かな北里地区がふわっと明るくなりました。














朝は青空が広がっていたけど、夕方まで持つかなぁ、お月様が見えるかなぁ~と私もそわそわしていましたが、無事に見事な満月が昇ってきました。明るい!!








私と娘は温泉に行き、帰るころには家の前のお菓子もほぼ無くなっていて・・・これが嬉しいんですよね。

子供たちも、ドキドキしながら家の前で「あげたなさげたな~~」と言いながらお菓子やジュースをそっと(ちゃんと1人1つのルールも守ります。)もらい、バックに入れる。

娘が言うには、この日は学校でも朝から友達と「どこからどうまわるか」「何時にスタートするか」の作戦会議をするそうで、本当に年に一度の大イベント!ほんと楽しみだったなぁ~~と。

そして、この経験をした子供たちが親となり、我が子や地域の子供たちのために準備をする・・・ここだからこそ、これまでも続いてきたんでしょうね。


今年もこの様子をアップ出来て、よかったです。

来年も、再来年も、ずっと続きますように・・・

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新作日めくりカレンダと名入れ日めくりカレンダーのご案内

2021年08月15日 | 須永博士カレンダー

既存の日めくりカレンダー


「生きるってすばらしい」

「教壇入魂」

に加え、2種類の新しい日めくりカレンダーを製作いたしました!

 

タイトルは

やさしいこころ

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

自分に勝つ

 

 

須永博士美術館ウェブショップからのご注文の他、ファックスやメールでのご注文も受け付けております。

↓注文書のプリントアウト

 

himekuri.pdf

Google Docs

 

 

また、今回より表紙への名入れもできるようになりました。

100部からのご注文となりますが、20%~40%割引となっており、製作した名入れカレンダーを記念品や宣伝、お礼などに使用していただく以外に販売品としていただくこともできます。(その際は販売価格は定価の1,760円以内でお願いいたします。)

 

↓注文書のプリントアウト

名入れ日めくり注文書.pdf

 

Google Docs

 

 

今の時代を、落ち込みそうな時やつらいことがあっても心を元気に保てるような詩をいっぱい入れました。

 

ぜひ、皆様にお届けしたいです!

よろしくお願いいたします。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月!!

2021年07月01日 | スタッフより




7月!

2021年の半分が過ぎましたね


2021年の祝日改正が昨年の12月に閣議決定され、22日が海の日、23日がスポーツの日になっています。


改正前に完成した壁掛けカレンダーと卓上カレンダーは、19日が海の日となっておりますので、お手数ですが修正をお願いいたします。


まだまだ東京オリンピック開催に向けての不安もありますが・・・


各国の代表選手の方々にとっては、万全の状態で試合に挑めるようにとの日々ですよね。


応援したい!テレビで良いから試合を見たい!

とにかく無事に、安全に、安心に、そして全力で挑む姿を見たい!!


それに、オリンピックだけじゃない、日々の生活や子供達の学校生活や部活動もなんとか今の状態から抜け出して動ける日が来ますように・・・


2021年の後半戦!


もう一度大切なことを考えて、明るい未来のためにひとつひとつを丁寧にしてゆきたいですね!








我が家の末っ子、高2の娘は今日からテスト!
小国高校は学年50人ほどの小さな高校ですが、家から通える唯一の地域の大切な高校。
先生方も熱心にご指導下さっています。
そろそろ進路に向けてしっかりと考えなければならないですが、まだ自分が何をしたいのか、何を学びたいのか模索中の娘です。

思えば2020年2月末、中3の卒業式目前で休校になり卒業式は出来たけどマスク着用、まだとても違和感がありましたがあれから1年半で、もう高2の中盤。
本当に子供達の学生生活はあっという間です。
大切な時間を、思いっきり動き回りたい時期を、抑えて抑えて自分の出来ることを精一杯している子供達の健気な姿を見ると、せつないのと、もどかしいのと、応援したい気持ちと、いろんな感情があります。

学校の先生方も、制限させる中でも学業や思い出作りをしっかりと出来るように工夫してくださっていますね。

この努力が報われる日が来ますように・・・







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月最後の週末

2021年06月27日 | スタッフより

6月も、今日含めてあと4日!

2021年もいよいよ折り返しですね!

2020年が始まってから新型コロナウィルス感染拡大でこれまでの生活がガラッと変わり・・・もう1年半

まだまだこの先どうなるのか?見えない中でも、それぞれの場所でそれぞれ皆さん、何とか行きぬいてゆくための工夫や努力を続けていますね。

早く、マスクを外し、好きな場所へ好きな時に行ける日が来てほしい・・・会いたい人に会いに行きたい・・・

そういう想いも、もう少し心の中で温めておきながら、心穏やかに過ごしていたいですね・・・

 

その生活の中に、頑張っている自分を励ましたり癒したり、心の支えになるような言葉が欲しい。気持ちを奮い立たせてほしい!

そのお手伝いが出来るといいなぁという願いも込めて、新作の日めくりカレンダー2種類を作りました。

優しい言葉、ほっとする言葉、心が明るくなるような言葉を集めた「やさしいこころ」

心が元気になる言葉、背中を押してくれる言葉、自分自身を奮い立たせてくれる言葉を集めた「自分に勝つ」

 

1日~31日までの数字がありますので、お手元に届いたその日から使えます。

お客様の中には、「日付は関係なく、好きな詩を掛けてます」という声も。

その日の気分で掛けるのも自由です。

学級通信や教室、部室にかけて使っている方、大切な友達にプレゼントしますと言ってくださる方、

ご注文を頂くたびに、うれしい気持ちです。

 

そして、初めてご注文いただく方も多くいまして、30年前、35年前に須永博士の展覧会で直接本人に会って詩を書いてもらったという方が、ブログやフェイスブック、インスタにたどり着いてご注文と一緒にメッセージも頂きます。

「30年前、自分が学生だった頃に名古屋の三越で先生の個展を拝見し、直筆の色紙を書いていただいたことがありました。
就職、結婚、東京への転居、育児…と須永先生の詩から離れた場で生活していましたが、旅先の旅館で先生の書を見つけ、近くの場所に美術館があることを知って鳥肌が立ちました。」

35年前に仙台の駅ビルエスパルで働いている時に展覧会をしていた須永博士を見て、

「須永先生が店の前で展示販売会をされていた数日間、楽しそうに描いておられる姿にとても魅力を感じて両親への感謝を込めて、父ありて…母ありて…の詩の可愛らしい絵を選んで購入し贈りました。」

わたしがスタッフとして展覧会に最初に行ったのは、今から30年前、横浜の駅ビル 相鉄ジョイナスでの展覧会で、それから仙台の駅ビルエスパルや、大阪の千里阪急百貨店、鹿児島の山形屋、長崎の浜屋などなど、各地の駅ビルやデパートへ行きました。多くの方との出逢いを見てきましたが、年月を越えてこうしてご連絡を頂くことは本当にうれしいです。

今は東京にいる須永博士とも、ほぼ毎日連絡は取っていますので、お客様からの声も伝えています。

 

そんな中、先日はものすごい貴重なお話をお客様からのお電話で聞きました。

つづく・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏至を過ぎて

2021年06月22日 | スタッフより
おととい6月20日は父の日でしたね




なかなか口に出さない日頃の感謝を・・・

私も、娘もすっかり忘れていました😅💦

そして昨日は夏至











梅雨の時期だけど、今年はあんまり降りません。これからどうかな?

昨日から本格的に日めくりカレンダーの全国発送を開始しまして、北海道から、沖縄までの皆様へと梱包しました。

須永博士美術館まで来れない方々へもこうしてお届けできること、ご注文いただけること、心から感謝いたします。

須永博士もサイン会や講演会、各地への旅が出来ないこの1年半、元気が出る詩を皆様に見てほしいと願っておりました。

日めくりカレンダーに入れた詩の他にもまだまだいっぱい原稿が届いています。

日めくりカレンダー発送の合間に、またブログでもお見せしたいです。

我慢の日々が続きますが、ここをなんとか乗り越えて、また笑顔でお会いしたいですね!





沖縄の、古堅南小学校の校長先生からご連絡いただき、図書室に須永博士の小さな夢の詩集を置いてくださいました。

ちょうど須永博士が小国に滞在していましたので、全巻に直筆サインを入れてもらいました。

まだ緊急事態宣言中の沖縄ですが学校は21日から再開しているとのことです。

図書室で須永博士の詩に出逢って何かを感じてもらえたら嬉しいです☺️

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

須永博士 初心にかえって・・・

2021年06月15日 | スタッフより

新作の日めくりカレンダー2種類のご予約受付が始まり、全国各地の方々からご連絡を頂いております。

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

須永博士も、完成出来てよかったと思うと同時に、また次の創作へと向かっています。

インスタグラムやフェイスブックではちょこちょこと載せていますが、ブログでは載せていなかった4月23日以降の須永博士の創作の様子をアップしますね。

須永博士美術館から徒歩で10分の所にある須永博士アトリエで、美しい風景を眺めながら、詩を書いたり絵を描いたりしています。

 















須永博士アトリエから、須永博士美術館まで距離にして800mほど



最初は階段を歩くのもきつそうでした。
 
昨年1年間ずっと講演会もサイン会も旅もなく、歩くのはほぼ家の中だけでしたので・・・

 

 

 
なので、階段を上ると息が切れ・・・無理せずゆっくり・・・
 
ですが、最近は歩くのも楽になったそうで、歩くスピードも速くなってきています。



 
この2カ月の間で、須永博士に会うことが出来たのはほんの数人のお客様でした。
 
サインだけ、外で…ということもありました。









 
熊本城をイメージした絵を描き、

 
須永博士美術館入り口に飾りました



5月6日に、東京オリンピックの聖火ランナーとして熊本を走った高橋尚子さんが、その2日後の5月8日、須永博士に会いに来てくださいました。
(写真を撮る瞬間だけ、マスクを外しています。)
 
↑画像をクリックすると動画が見れます。

尚子さんと須永博士との出逢いも話してくれています。
 

 

入院中に勇気づけられた旅の詩人との出会い【言葉のチカラ#1】

こんにちは、しょうこです。 いつもご視聴いただきありがとうございます。 入院中に「旅の詩人 須永博士さん」から勇気をいただいた言葉を一部ご紹...

youtube#video

 

 





















 
 
色あせていた看板も、須永博士自ら色を塗りなおしてくれました。

たまたま用事があってこられた方と・・・



 
出来上がったばかりの日めくりカレンダーの表紙すべてにサインを入れてくれました。

 
↑須永博士の左手に持っているのは、大好きなお菓子、「通りもん」  福岡へ行く用事があったので、お土産に買ってきたら大喜びで足早にアトリエに帰りました。









こんな感じで・・・

 

わたしもだいたい1日に1度はアトリエに行きますが、最近の須永博士は、4月に来た時よりも元気でイキイキとしています。

お客様に会うこともほとんど無くて、(本当は会いたいですが…今は我慢)創作意欲は・・・と心配することも無く、「今だからこそ」皆様にお届けしたい、読んでもらいたい、元気を与えたい

そういう気持ちが沸いてくるようです。

絵描きと詩人を目指して旅を初めて58年目・・・まだまだ気持ちは初心のままで、心から絵を描くことも詩を書くことも日々心がときめいたりワクワクしたりしながら書いています。

 

また、次は何が生まれるかな。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年6月の休館日

2021年06月09日 | スタッフより

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

須永博士 5か月ぶりの小国 そして1年半ぶりの講演会

2021年04月30日 | スタッフより

お久しぶりです!

なかなかブログの更新ができなくて・・・それでもここに来て下さる皆様、ありがとうございます!

お伝えしたいことはいっぱいあるので、なるべく時間が出来たらアップしますね!

 

お知らせ(2021年6月9日更新) - 須永博士美術館スタッフブログ

事前予約での館内見学を受付しています。メール・お電話でも受け付けます。休館日毎週火曜・水曜日開館時間AM10:00~16:00入館無料メール...

お知らせ(2021年6月9日更新) - 須永博士美術館スタッフブログ

 

 

まず、5月の須永博士美術館の休館日をお知らせいたします。

 

火曜・水曜日の定休日以外に15日・22日・23日をお休みさせていただきます。

須永博士美術館のスタッフは2名です。2名いる時もあれば、1名で対応していることも多々ありますので、事前予約をしていただくお客様優先とさせていただいております。

電話1本で構いませんので、 090-8915-1562 (スタッフ佐藤携帯)へお電話ください。

(固定電話も、お客様対応などで出られない場合もございます。携帯にお電話いただきましたら、出られなかった時には掛けなおさせていただきます。)

 

そして、4月17日(土)に、約5か月ぶりに須永博士が小国に来ています。

4月23日に、兵庫県姫路市の中学生の修学旅行の中での講演会のご依頼があったからです。

このご依頼を頂いたのは2年前の春でした。

須永博士の詩が大好きな中学校教師、後藤先生が、生徒たちに須永博士の講演を聞かせたい!という思いで、実はこの先生のご依頼は今回で3回目です。最初は

 

出逢い - 須永博士美術館スタッフブログ

安室中学校の先生が「人運という言葉を入れた詩を書いてください。」と、今年2月、須永博士美術館に来られた時にご注文を受けました。そのことは上記...

出逢い - 須永博士美術館スタッフブログ

 

2009年4月でした。

そしてその3年後の2012年4月も

 

安室中学校さん講演会 その3 - 須永博士美術館スタッフブログ

さわやかな、かわいい素敵な皆さんに会えました兵庫県姫路市の安室中学校3年生の皆様、ありがとうございました4月21日(土)は、修学旅行1日目の...

安室中学校さん講演会 その3 - 須永博士美術館スタッフブログ

 

同じ、阿蘇のホテル角萬で行いました。

 

それから後藤先生は別の中学校に移動されて・・・2019年に1年生の担任を持つことが決まった直後に

「この学年が3年生になった時の修学旅行で、須永博士講演会をお願いしたい」とご連絡を頂いていました。

その当時から須永博士は「2年後のことなんて受けられないよ、その時に自分が生きているかどうかも分からないんだから」なんて言っていました。

それでも、その計画はそのまま進んでいましたが・・・昨年からの新型コロナウイルスの感染拡大で、修学旅行自体が実施できるかどうかも分からないこの1年でした・・・

4月に入ってからも、日本中、世界中の感染は収まらず、出発直前には大阪と兵庫に緊急事態宣言発令要請されて・・・

4月23日、兵庫県を出発できるのか!?という状況でした。

須永博士は、小国に来る前も、小国に来てからも体調は良く、元気でしたので準備は進めていて、あとは当日も元気に阿蘇のホテルへと向かうのみ

↓今回は、前回、前々回とは別のホテル

OGPイメージ

阿蘇の司ビラパークホテル&スパリゾート

阿蘇山などの観光に便利な阿蘇の司ビラパークホテル&スパリゾートは室内スパやサッカーフィールドを始め様々な施設があり、お子様からご年配まで楽し...

阿蘇の司ビラパークホテル&スパリゾート

 

に宿泊されて、ホテル内のホールで行いました。

それもまた良かったです。今回はコロナ感染予防対策を取る必要があるので、4月初めに会場の下見に行き、いろいろな確認、その上での対策を打ち合わせることにしました。

 

 







 

人数が、以前の中学校の時(200名ほど)よりも少なく、55名の学年ということ

会場がとても広く、充分に距離を取れること

これが確認できてほっとしたのですが、あとは講演中の須永博士のマスク着用をするべきかという大きな課題がありました。

79歳の須永博士、普段はマスクを着用していますが、講演会となると約1時間、皆さんにただ話すだけでなくて魂込めて語るので、マスクをしては、呼吸もですし話すことが難しい・・・そこで、フェイスシールド、マウスシールドだったらどうだろう・・・と、何種類か取り寄せてみて、須永博士に練習してつけてもらうものも準備しました。

いろんな種類がありますね。

いろいろと、直前まで学校側と旅行会社さんとホテル側とで話しながら、

〇ステージと生徒さんの距離を普段よりも多く3~5メートル間隔を取る

〇演台にアクリル板を立てて、その後ろで話す

さらに、1年半ぶりの講演会ということもあり、1時間のすべてを立って話せるだろうか

対策と同時に、これまでにない、見通せないこともあって・・・当日の朝までいろいろと考えたりしていました。

そして当日!

早朝、後藤先生から姫路駅を出発したと連絡が

いよいよ九州に向かう!

須永博士と一緒に、午後、阿蘇のホテルに向かいました。

 

 







 
 




 
この感じ、ほんっとうに久しぶり✨✨

 

ワクワクするのと同時に湧き出てくる気持ち

本当に、1年半ぶりの講演会、ボードを持って話せるのか、立って話せるのか、1時間、声が出るのか・・・私の心の中では心配でいっぱいでしたが、とにかくここを目指してきてくださる皆さんのために準備をしよう!

そして、広~い会場を十分に使って、講演後に咲く分購入もしたいというご依頼でしたので、その場所も間隔をたくさんとってキーホルダーやポストカードを並べました。

 





 
 

ステージ上は、須永博士の提案で、演題の後ろに椅子を置きそこに座り、ボードを持って話すのではなくて横にイーゼルを置いてそこに私が横にいて、紙芝居のようにボードを取り換えてゆくという初めての試みでいこう!

と、設営、リハーサルをしました。
















垂れ幕も、当日会場横で書きました。

準備が終わって、午後6時過ぎ、2台のバスで兵庫市立安富中学校の生徒さんたちがホテルに到着しました。

そこで出迎えたのが、なんとくまモン!しかも、ワンピースのルフィーの衣装を着た超レアな姿で!

 

 





 

私も初めて見ました。

生徒にサプライズで・・・と、これも後藤先生が依頼して準備していたとのことです。

須永博士とくまモンのお出迎えで、皆さんも大喜び!みんなで記念撮影をしました。

 





くまモンと須永博士の貴重なツーショット😆✨✨

 

 



後藤先生とも、9年ぶりに再会!

後藤先生とお会いし、まずは会場の確認を一緒にしました。

ステージと生徒さんの席の間隔が十分に取ってあることを確認していただき、これだけの距離を取っていること、そして生徒さんのマスク着用をしていただくことで、須永博士はマスク無しで講演することを了承していただきました。

そして皆さんの夕食後、いよいよ講演会スタート!

座って話をするかと思っていたら・・・

須永博士の真剣勝負の講演会が始まりました。

約1時間、ずっと立って、そして、これまでの講演会のようにボードを持って、全身全霊で話し終えました。

その中で安富中学校の皆さんに書いた詩を読み上げました。

決意表明のような詩ですね。

そのあとも旅の話が続き、

「安富中のみんな、真剣勝負、命がけで自分のやりたいことをやってください

必ず、感動の人生が与えてもらいます。

今日、姫路からこんな遠い熊本まで来てくれたんです

なにかひとつ、これだという人生をつかんで、帰ってください。」

と思いを伝えました。

 





ステージ上のアクリル板の後ろで座って…というスタイルではなく、このような形で講演会をさせていただいたことに感謝するとともに本当にこのコロナ禍の中での講演会の大変さも経験しました。

生徒の皆さんは早朝の出発から1日目の行程、そして夕食後というお疲れもある中の講演だったと思いますが皆さん真っすぐに向いて最後まで真剣に聞いてくださいました。

その後の2日間の日程も予定通りに進み、無事に兵庫へと帰りました。

学校行事が縮小、中止が相次ぐ中、何とか修学旅行という大切な思い出になる行事ができて、本当に良かったですね。

須永博士も講演から1週間、元気です。ゴールデンウィークは小国に滞在している予定です。
これまでのようなサイン会は行いませんが、ネット上で作品を紹介したりしたいと思います。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほほえみをたやさずに

2021年04月16日 | スタッフより




安慶名愛さんの新曲、「ほほえみをたやさずに」


動画配信もスタートしています!


この歌詞の原点となった須永博士の詩






1979年  昭和54年発行の今は絶版となっている詩集「小さな夢の詩集  10集」に載っています。現在発行されているものは再編集されたものなのでこの詩が載っていませんが、須永博士がずっとずっと、42年もの間大切にしていた詩です。


その詩を愛さんに託し、ステキなメロディと明るく癒される歌声と合わさって、最高の曲にしてくださいました💓💓


今日は、熊本地震から5年目ということもあって、あの日の事を思い出すと


思う事は


「当たり前と思っている日々は当たり前では無い」ということ


この瞬間瞬間を、マスクをしていても「ほほえみ」、そういう気持ちを心にたもちつつ、思いやることやしあわせやふれあいを大切に思うこと


思うことは、いつでも、どこでも、誰にでも出来るから


愛さんの優しい歌声を聴きながら、温かい気持ちにさせてもらいました


ありがとうございます💓


⭐️須永博士美術館からのお願い


須永博士美術館は、小さな美術館です。


2人のスタッフです。1人の時もあります。


新型コロナウィルス感染予防に加え、急な用事で留守にすることも多々あります


遠方からお越しいただくお客様にゆっくりと見ていただくためにも事前予約のお願いをしています。


スタッフ佐藤の携帯で構いませんのでご来館前にご連絡をお願いします。


09089151562


ちなみに、明日4月17日はご予約のお客様のみで、時間外は休館となります。


よろしくお願いいたします🙇‍♀️






2019年6月に小国に来てくださった安慶名愛さん🥰💓


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほほえみをたやさずに

2021年04月16日 | スタッフより



https://www.youtube.com/watch?v=DTdJJlvEIzw


安慶名愛さんの新曲、「ほほえみをたやさずに」


動画配信もスタートしています!


2枚目に、この歌詞の原点となった須永博士の詩を載せました。

1979年  昭和54年発行の今は絶版となっている詩集「小さな夢の詩集  10集」に載っています。現在発行されているものは再編集されたものなのでこの詩が載っていませんが、須永博士がずっとずっと、42年もの間大切にしていた詩です。


その詩を愛さんに託し、ステキなメロディと明るく癒される歌声と合わさって、最高の曲にしてくださいました💓💓


今日は、熊本地震から5年目ということもあって、あの日の事を思い出すと


思う事は


「当たり前と思っている日々は当たり前では無い」ということ


この瞬間瞬間を、マスクをしていても「ほほえみ」、そういう気持ちを心にたもちつつ、思いやることやしあわせやふれあいを大切に思うこと


思うことは、いつでも、どこでも、誰にでも出来るから


愛さんの優しい歌声を聴きながら、温かい気持ちにさせてもらいました


ありがとうございます💓


⭐️須永博士美術館からのお願い


須永博士美術館は、小さな美術館です。


2人のスタッフです。1人の時もあります。


新型コロナウィルス感染予防に加え、急な用事で留守にすることも多々あります


遠方からお越しいただくお客様にゆっくりと見ていただくためにも事前予約のお願いをしています。


スタッフ佐藤の携帯で構いませんのでご来館前にご連絡をお願いします。


09089151562


ちなみに、明日4月17日はご予約のお客様のみで、時間外は休館となります。


よろしくお願いいたします🙇‍♀️






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

組み合わせ自由のキーホルダー

2021年04月09日 | スタッフより



今日発送するキーホルダーです。


須永博士美術館のウェブショップから、組み合わせ自由で2種類選べます。


今回のご注文は「挑戦」と「希望」の組み合わせ


どんな方が使ってくださるのかなぁ〜


4月も、もう9日が経ちましたね。

新学期が始まった人、

社会人としてスタートしている人、

新たな場所での一歩を踏み出す時のワクワク感を持ち続けてゆきたいですね。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

3月22日

2021年03月22日 | スタッフより
おはようございます。

なかなかテレビも見れず状況が分からないのですが、20日の地震からずっと続いているようで落ち着かない日々が続いているのでしょうね・・・

須永博士の自宅(東京)も揺れたそうで、やっぱり不安だと話してました。

「命を守る行動を」と言いますが、本当にそれが一番で、どうか皆様が無事でいますように・・・

須永博士美術館は、3月21日から24日までお休みいただいています。

ご注文は受け付けておりますので、帰り次第、発送準備を始めます。

よろしくお願いいたします。










日めくりカレンダー2種類




「教壇入魂」と「生きるってすばらしい」も人気です。

4月始まりのA5サイズ卓上カレンダーも、新生活のスタートにちょうどよく、来年2022年の3月まで使えます。

祝日法改正案が成立した後に作成しましたので、祝日も改正後のただしかものになっています。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする