須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

ハロウィンかぁ……(^O^)

2011年10月31日 | スタッフより
今日はハロウィン(^-^)

うちじゃぁ、なんにもしませんでした(^^ゞ

子供達が学校から帰ってきて、

「ねえ、今日はハロウィンだよ!カボチャ食べようよ~~(o^o^o)」

って……

それは冬至でしょ!

ハロウィンらしいことも、十五夜で、あげたなさげたなをしたじゃない(^^)v

今日はうち、カボチャないわ~~(^^ゞ


と笑いました(^O^)

須永博士のイラストでカボチャといえば、このイラストくらい……。

カラフルなカボチャです(^-^)


いよいよ10月も今日で終わり……

明日からは11月!!

ご近所のお蕎麦屋さんでは、自分達で育てて収穫した新そばを1日10食限定で出しはじめているそうで…
近々行ってみたいなあ。

今週末は、以前ここにも書きました、ベビー&キッズマッサージ教室を小国で開催します♪♪

明日は、とっても楽しみにしている品が届く予定……(o^o^o)

カレンダー発送も順調に少しずつしています(^O^)

明日は北海道、沖縄、兵庫、鹿児島、奈良の皆様に送ります(^-^)

本当に、毎日全国各地へと…p(^^)q

ありがとうございます(*^_^*)
コメント

感謝(o^o^o)

2011年10月30日 | スタッフより
ありがたい…(^O^)



今日は、主人は早朝から福岡へ出かけ

息子は、小国養護学校のお祭りのお手伝いに(中学校のボランティア委員に入っているそう)

小学校の娘2人は、雨の日曜日、わたしはもちろん仕事で…
どうやって1日過ごすかな…外じゃ遊べないし…

そしたら、近所のお友達一家が「一緒にお祭りに連れていってもいいですか」って、小国養護学校のお祭りの他に今日は蓬莱地区のお祭りもあって、2人を連れ出してくれました(o^o^o)
助かる~~♪♪

お祭りに行ったあとも夕方まで遊んでいてくれて…おかげで、はかどりました~p(^^)q

ありがたい…♪♪

明日は、福島、宮城のご注文いただいた方にもカレンダーを送れます(o^o^o)

他、広島、神奈川、東京、鹿児島(喜界島!)、福岡、熊本、北海道、愛知、岐阜のお客様にも発送予定です(^-^)♪♪

もう明後日は11月!
早いですね……


しっかり睡眠、栄養、そして運動もして、動ける身体を維持してゆかなくちゃ!

11月は、須永博士も2回の講演会があります。

今日も電話で、元気でした(o^o^o)
携帯を少し耳から離さないと……っていうくらいのおっきな声で、

「注文の作品もどんどん書いてるからね!!」

と……(^-^)

わたしも、いろいろ目標があって、ひたすら前に進むのみ!ですo(^-^)o

チャレンジできる幸せを、皆様に感謝しながら…

できたものを、またここで紹介できるように、

一歩一歩、進みます!!



コメント

誰かの一言で・・・

2011年10月29日 | スタッフより
「言葉」で、勇気づけられたり、励まされたり、落ち込んだり悲しんだり、傷ついたり・・・

受ける側にもなれるし、言葉を掛ける側にもなれるのが、人間

もうかなり前の詩ですが、今読むと、30年近く前に書いた詩とは思えないなぁ・・・なんて思います。



「人間が 人間らしく

生きるってことは

人に対しての やさしい

思いやりや

自然に対しての

美しい感情や

自分にふさわしい

生きかたをすることなのに

いつのまにか

人間が 人間らしく

生きるってことは

どうでもいいことに

なりそうなんです」


当時、この詩を使用したグッズがいろいろとあったそうで、たとえばゴミ箱、バスマット、レターセット・・・

それを購入されたというお客様も、たまにここへ来られてお話しを聞きます。
「今もうちにありますよ!」と

30年位前と、今の日本はどう違うのかなぁ・・・と思ってもわからないけれど、

私は、周りの方々を思うと、「人に対しての思いやり」「自然に対しての美しい感情」をもっている人がたくさんいるので、なんだかとっても心地良いなぁと思います。

このブログを読んで、共感して下さる方がいっぱいいることも、本当に本当に嬉しいですし、

皆さんからいただくメールやお手紙も、須永博士の宝物であると同時に、私達も活動するパワーになっています

みんな、「人間らしく」「自分らしく」生きたいと思っているに違いない

でも、生きていると本当に色んなことがあって、時には誰かの言葉や行動に傷つけられ、

突然のアクシデントで心も身体も傷つくこともある・・・。

悩む事もいっぱいあるし、怒りの感情は、本当に疲れる・・・
(私が怒るのは、いつも子供たちに・・・「かあちゃんは、怒りたくないんだよ~~~って言いながら怒ってます


私が最近、とっても心が救われた一言があります。

10月18日のお祭りの日、知り合いのおじちゃんにとても久しぶりに会って、いろいろと話していた時に東北の話になって・・・

私たちに何ができるんだろうか、力が小さすぎて・・・と言ったら、

「バカ、誰が、この大きな被害を一度に救えるか! 小さいとか関係ないんだぞ、

今一番大切なのは、生きる希望を持ってもらうことじゃないか。

紙切れ一枚の手紙でもいいじゃないか。

なんにもしないより、なにかしていればいいじゃないか

と、喝をもらいました

「そうだよなぁ、それでいいんだ。。。 わかっていたじゃないか・・・」と、自分でもそう思ってはいたけど、そんな言葉をもらって嬉しかったです。
これからも、やれることを続けていこう!!

このおじちゃんにぴったりの詩がこれです。



普段は、寡黙なおじちゃんなんですよ・・・そのおじちゃんからの一言には、重みがありました。

さぁ、今日もカレンダーの発送がんばります。
コメント

《やりがい》って……?

2011年10月28日 | スタッフより
この一枚は……

今年7月、北海道礼文島にて、須永博士と中学2年生の男の子との、一対一の空間です。

ほとんど交わす言葉も無く、2人が感じ合う何かがぶつかりながら、静かな時と、須永博士の書く詩のサインペンの音だけがありました……。

今、どうしているかな…。


まだまだ、礼文島の旅の紹介が半分も出来てません(^^ゞ

必ず完結させますので、気を長くして、ぜひお待ちくださいね!!


で、今日のタイトルの《やりがい》です♪♪

小学校3年のわたしの娘、1ヶ月くらい前から、「かわいい服を買いにつれて行ってほしい」と言われています…。

うん!行こうね(o^o^o)って言いながら、全く出かけられない日々(^^ゞ

今日は、

「ねえ~~、いつ行ってくれるの?明日は学校お休みだよ。行こうよ~~」

って、ずっと言われてます。

ごめん……、りおん(娘)は休みだけど、母ちゃんはお休みじゃないんだ…。
明日も、一生懸命作ったカレンダーをね、全国に送るんだ…、

うちのお仕事は、土曜日も日曜日もお休みじゃないんだよ。


って話すと、

「じゃあ、土曜日も日曜日もお休みの仕事をすればいいのに。○○ちゃんも○○ちゃんも、いっつもお休みはお父さんもお母さんも一緒にお出かけしてるんだよ!

そういうお仕事にすればいいのに……」

と。

だけど、ごめん、母ちゃんはこの仕事にやりがいがあるから、他のお仕事はできんと思うよ。

って答えたら……

「やりがいって何?」


ストレートな質問!!

ん~~、やりがいかあ。

娘は、将来の夢は、「沖縄でケーキ屋さん」です。

それを例えに、

「美味しいケーキを作ってお店に並べたいよね。

でも、“美味しくない”ってもしお客様に言われたら……

じゃあ、もっと美味しいケーキを次は絶対に作ろう!ってがんばるよね、

がんばってがんばって、大変でもがんばって、

そしてお店に並べて買って行ってくれた人が、


“美味しい~~~♪♪”

て言ってくれたら……?」

と話すと

「嬉しい!!」

って、にっこり(o^o^o)


だよね!嬉しいよね!
大変でも、がんばって良かったなって思うよね!

それが《やりがい》かな……(^O^)


って話しました。

来月の小学校の学習発表会も、9月にあった運動会も見に行けなくて、子供達にはさみしい思いをさせてしまうけれど、こういうことを親子で話すことが出来るのは、本当にありがたいことです。

人を羨むのではなく、自分が、家族が、きちんと生きてゆくことが大切なんだよ……って、これからも子供にも自分にも語りながら、ゆっくり歩んでゆきたいです(^-^)
コメント

発送開始!

2011年10月27日 | スタッフより
昨日から、いよいよカレンダー発送が始まりました(o^o^o)

須永博士美術館での販売もスタートしています!

今日は、大阪、愛知、佐賀、長崎、京都、秋田、静岡、福岡のお客様に発送いたしました(o^o^o)

ご予約順に、手作業で梱包していますので、今日はここまでで集荷の時間になってしまいました。

明日も朝から、発送します(^-^)

合わせて、ウェルカムボードのご依頼も数件いただいています。

お天気の良いさわやかな日が続き、ここに来られるお客様も多く……

今日も本当にあっという間の1日でした(^-^)


「あ~~、あれもしたい、これもしたい……」

と、いろいろと動きたいけれど、まず今はこれをしなくては……と、頭を切り替えて(;^_^A


来年春に向けての新たな目標もでき、また挑戦もはじめます!

須永博士からどんな原稿が届くかな……(o^o^o)


そうそう、来年のカレンダーですが、10月31日まで受付分は送料無料サービス中です!

ご注文は、ぜひお早めに……☆彡

よろしくお願いいたします(^O^)
コメント

また明日…(o^o^o)

2011年10月26日 | スタッフより
1日が早い早い!!

子供達の行事などもあって、毎日がバタバタ(;^_^A

充実してるってことなんでしょうが、なかなか余裕がない……

さあ、今日はまず何からしようか、何からするべきか…

そう思って始まる朝、またまた《なかむらえり》さんからメール(^O^)

質問と注文があり、メールでお答えするよりも良かったらお電話ください…と返信すると、お電話くださり、
その中の質問で

「須永先生は、《優しいこころで人に会う》と言いますが、人に会うには自分に余裕が無いとできないと思います…

余裕ってどうやったら作れるんでしょうか…」


おぉ~~、まさに今の自分も、そんな感じです(^^ゞ

余裕………。

きっと誰もが、今やるべきことがたくさんあって、余裕がいっぱいある人なんてあんまりいないんじゃないだろうか……。

だけど、ひとつひとつをやってゆかなければ、前には進まない!!



ならば、ひとつづつで良いから、目の前の事、出逢いに一生懸命にすること


それでいいんじゃないかな。


1人の人、ひとつのことに集中して、誠心誠意関わり、


それを積み重ねてゆけばいい(o^o^o)


なんて、偉そうに言ってはみたけれど……、全然、自分がそれを出来ている訳じゃない(;^_^A


でも、えりさん、すごく喜んでくださって、

「ありがとうございます!!」
っと、元気に夜勤へと出かけたようでした(^O^)/


あとからきたメールです(^-^)

「きっと須永先生も
目の前の事に
目の前の人に
一生懸命
詩を書かれ
いつも
優しい心で人に会う
ってもってあるから
できられるんでしょうね♪

すべては
自分の心ひとつ
なんですね」


と、素敵な答えをくださいました(^O^)

あせらず、無理をせず……
優しいこころで、すべてのことに携わってゆけたらいいですね(o^o^o)
コメント

運が良くなる詩…?

2011年10月24日 | スタッフより
今日来られたお客様、須永博士の作品を見たのは初めてで、でも「いい言葉がいっぱいあるなあ~~」
と、喜んでくださっているようす(^-^)

そして、

「運が良くなる詩は、どれだ?」

とのこと……

初めての質問です(;^_^A


運が良くなる詩……


運……


そうか、そう考える人もいるんだ……


わたしがオススメしたのは、「感謝」(o^o^o)

「すべてに感謝する

つらいときも

苦しいときも

これが 自分を

大きくさせる試練と思えば

これほど強い

心のささえは

ありません」


運………、それは人生の中で自分で引き寄せたり、掴んだりするものかなと思うから……

良いことも、いやなことも、挫折も苦労も、すべてに感謝して前に進む気力があれば、

それが幸せな生き方かな…と思ったので、オススメしました(^-^)

多分、須永博士よりも年上であろう男性でしたが、

「そうか、これで運が良くなるか」

と、作品を抱えて帰られました。

運が良くなるか…と言われたら、はい!とは言えませんが…(^^ゞ

この詩を、「いいな♪」と思っていただけたら嬉しいです(o^o^o)
コメント

私は歩くんだ!

2011年10月23日 | スタッフより
9月20日、須永博士は一人の女の子に会いに、福岡の病院へ行きました。

女の子に会うのはこの時初めてです。

今年1月の事故で、脊髄損傷・・・当時高校3年生。

2月に、その女の子に詩を書きました。


「どんな逆境にも苦境にも

“絶対 負けない”と

前へ出る

夢へ挑む

どんな試練にも

明るく笑顔で

絶対 勝つ」


(一部省略)

それから月日が流れ、須永博士も、私も、心の中で想っていました。

そんな時・・・たしか8月はじめ頃だったと思います。

久美子さんからメールが届き、「須永先生と、あの子を出逢わせたいです。」と。
2月に詩の依頼をいただいたのは別の方で、その事も久美子さんは知らないでのメールでした。

今も、病院でリハビリをしながら、闘っている!!と知り・・・

その瞬間、「わたしも、できることならば実現させたい!!」と強く思いました。

9月、沖縄へ行く前日、須永博士にそっと話してみると・・・

「行こう!会いに行こう!」と即答でした。

それが、今年9月20日。

9月19日は、大分県立森高校の野球部・ホッケー部の皆さんに会いに行き、その翌日東京へ帰るため、福岡空港へ向かう途中でした。

「日本中、わたしはこんなふうに“ひとりのために”詩を書きたいと願って旅を続けてきた。ありがとう。」

詩を書くことで、何ができるんだろうか。その女の子にとって、これは必要なんだろうか。

・・・そんな想いと、それを必要としてくれるならば、自分の力をすべて使って詩を書こう。という決意をものすごく感じながら、病院へ・・・。

その場所は、須永博士が旅で何度も訪れたことのある、懐かしい町でした。

病院に着いた時、女の子はリハビリ中。お母さんと会い、「娘には内緒にしてるんです。」と

私達も、本人の体調もあるだろうし、その時は会えなくてもいい。という気持ちでいましたが、今日は大丈夫そうです。

30分くらい、病室で待っていると、車イスで戻ってきた女の子、カラカラ・・と、腕でドアを開けました

「え~~もしかして~須永先生・・・?」

と、入ってきたその瞬間私達もびっくり

なんだろう・・・かわいくて、美しくて、そして、強いものを感じました。

「しょうちゃんに会いにきたよ」と須永博士。

その女の子の名前はしょうこさん。

今年高校を卒業し、卓球界で活躍していたはずの今を、ひたすら生き、そして毎日リハビリをがんばっています。

久美子さんと、もうひとり2月に詩の依頼をいただいた先生からお聞きすると、人一倍がんばり屋さんで、前向きで、とってもかわいい生徒さんだと

そして、ご家族もとっても素敵なんですよ・・・と、お2人ともおっしゃっていました。

私達もお会いして、本当にその通り

「しょうこさんのために今から少し話をするから聞いていてね。」

と、1人のための講演会のはじまりです。



そして、しょうこさんを想い、病院についてから書いた詩をプレゼントしました。

「おじさん、ずっと応援しているからね。」と、自分自身が支えに生きてきた言葉

「助けてくれるのは“自分”

自分の力で

つよい人間になれ」と書いたボードと一緒に、写真を撮りました。



2人の短い時間でしたが、これは始まり・・・。

そう感じたこの日の出逢いでした。

帰るとき、病室の入口から、私たちが見えなくなるまで右手を振り続けてくれていたしょうこさんが、本当にまぶしく見えたのは何でなんだろう。

帰ってからも、須永博士もしょうこさんの写真を仕事場の机の上におき、私もこの花を毎日みつめ、しょうこさんを想い・・・


ゲンノショウコの花


そして10月6日お手紙が届きました。

封を開けたとたん、感動で「すごい!!!」と大声をだしてしまった

しょうこさんの手で書かれたお手紙でした。



どうやって書いたんだろうと思いつつ、読み進めると涙が止まらない・・・

全文を、紹介させていただきます。

「須永博士さんへ

こんにちは。

先日は、お見舞いに来て下さってありがとうございました。

初めてお会いしたのにもかかわらず「しょうちゃーん」と優しい口調で声をかけてくれてとても嬉しく思いました。

次々と書かれる須永さんの詩にとても感動し、「私は歩くんだ!」という思いが強くなりました。

何年たってでも絶対歩いてみせます。

いきなりの車イス生活に嫌気ばかりさしてマイナス思考になりがちでしたが

自分に負けずに頑張っていこうと思います!!

本当にありがとうございました。」



すごい、すごすぎますよね・・・。今の自分の状況を真正面から受け止め、生きるエネルギーを精一杯使っているしょうこさん。


久美子さんも「彼女の人生の後半が輝くためならば、

私も陰ながら、微力ながら、応援し続けたい」と、ブログにつづっています。




↑久美子さんのブログ

昨日は、「応援したい!」と思うメンバーとしょう子さんのお父さんと集まりました。

「これからまだまだ試練は続くと思います。負けそうになりながら、回りからたくさん支えられながら、家族一丸となって進んでいくつもりです。」

と以前いただいていたメール、そして昨日お父さんが言われていた、

「ずっとずっと応援よろしくお願いします。」の言葉を胸に、しょうこさんの素敵な笑顔が、輝き続けますように、応援し続けます

(掲載と、お手紙の紹介をして良いかおたずねすると「いいよー」と明るい声で答えて下さったそうですありがとうございます

コメント (4)

移植

2011年10月22日 | スタッフより
2008年11月28日の記事で、熊本の宮原敬助さんという当時17歳の男の子が、拡張型心筋症という病で、助かる術としてはドイツでの心臓移植しかない。そして、「敬助くんを救う会」が発足され、無事にドイツへ渡り、待機・・・そして、移植・・・

今、熊本に帰り、元気に過ごされていることを、敬助さんのブログから知ることができます。

「移植」しか、助かるすべが無い。そして、それはいつ自分に起きることかわからない。

先日、子供が風邪をひいて病院へ行くのに保険証を出し、裏に臓器提供に関する意思表示についてこう書かれてあるのを見て



「そうだ、書いておかなくちゃ」と、昨日の日付と名前を記入しました。

まだまだ、専門的な知識なんてなく、でも、もし自分のいのちが動かなくなって、自分の身体の臓器が誰かのためになるならば・・・

という思いしかないですが、まずは「知る」ということから、多くの人に広がるといいですね。

以下、敬助さんのブログより転載

日本臓器移植ネットワークのHPに移植登録者数が掲載されています。

心臓移植の累計登録数は以下の通りです。



累計登録数 533人(1997年10月~2011年9月30日までの14年間)
死亡 167人(31%)
国内移植 113人(21%)
渡航移植 41人(8%)
取消 17人(3%)
待機中 195人(37%)

敬助さんのお母さんの一言「理解をしなければ前には進めない。」

そうですね。

須永博士の旅に同行したり、須永博士美術館にいて、臓器移植をした、またはこれから入院して手術をするという方に出逢います。

礼文では、息子さんに腎臓を提供したお母さん。
自分自身が腎臓移植手術をうけたという女の子に出逢い、

先日、「これから入院します!その前にここに来たくて・・・。」と女性のお客様。

医療の進歩で助かるいのちがあることを、目の前で教えてもらいます・・・。

昨年12月の出逢い

コメント

今日も感謝(o^o^o)

2011年10月21日 | スタッフより
今年は、早かったなあ。
もうすぐ11月。

年賀ハガキの受付も始まって、郵便局に発送に行くたびに「年賀ハガキ、良かったらどうぞ」って声をいただきます(^-^)


あ!あの人、結婚したんだった(^O^)/

あ、そうそう、赤ちゃんが生まれるって書いてあったなあ(o^o^o)


あ~~~~~(;^_^A
お祝いしてなかったぁ………

って、また新しい年が来てしまう2ヶ月前に思いだしたりして

本当に、自分に反省です。
でも、今がチャンス!
気付いたんだから、動こうかな。

まだ今年、2ヶ月ある!
今できることはしようo(^-^)o


ひたすら過ごしてきた今年…

皆さんも、昨年とは違う今日までだったことと思います。


きっと、日本はもっともっと良くなる!

と感じる出来事もあり、

でも、まだまだやるべき事がたくさんあるから、

これからも、

「自分にできること」

を、今を感謝しながら続けてゆきたいですね。
コメント

気力o(^-^)o

2011年10月20日 | スタッフより






☆写真は、この周辺を散歩した携帯の写真です(^-^)

今日は、須永博士と電話で何度も話し……

「元気だ~~!!」

と感じた1日でした(;^_^A

その元気に負けちゃいられない!

動いても動いても、まだまだ追い付かないくらいの元気です。

「徹底的追及」

自分の求めるものに向かって進み続けると、

確かに壁や、苛立ちや、満足できない葛藤があるけれど……

それをはねのけながら、突き進むエネルギーって、どうしたら生まれるのかな…

夕方、また須永博士と話していて感じたのは、やっぱり

「人のため」

なのかな。

自分の満足感や達成感というのは、自分自身を満たす事はもちろんだけど、それ以上に、

「あなたのために」

力を尽くすこと、

優しさを与えること

一緒に進むこと

一緒に喜べること

それをめざすとき、ものすごい力が出るのかな…

なんて思いました。


人間関係で悩んだり、落ち込んだり、悲しかったり…
それは、何歳になっても誰にでもあることで、須永博士だってあります。

でも、

だけど、

それで立ち止まっていられないんです。

だからこそ、

「優しいこころで

人に会う」

という言葉を常に心に持っています。


どんな仕事でも、必ず使命があり、お金にかえられない大切なことを日々得ているはず……。


「人間

最後は 気力です

それが どこまで

続くかです」

笑顔、優しさ、気力、忍耐、

やる気、本気、


どれも、自分の《心》ひとつ、無理することなく、

自分自身も大切に、

明日も笑顔で過ごしてゆきたいですね……(o^o^o)
コメント

日頃市中学校野球部の皆さん(^^)♪おめでとうございます!!

2011年10月19日 | スタッフより
岩手県大船渡市 日頃市中学校野球部の皆さん、岩手県大会3位、おめでとうございます!!










先週、岩手県大船渡市の日頃市中学校さんへ、キーホルダーをお送りしました

ご依頼主は、仙台の高平様。もう、このブログに何度も登場してますねっ

お兄様が、日頃市中学校野球部のコーチをされているそうで、今回地区大会を勝ち進み準優勝!
そして県大会に38年振りに出場!!とのことで、お祝いにキーホルダーを贈りたいとご連絡いただきました。

作りはじめてから・・・

「せっかくなので、日頃市中学校 野球部って文字を入れたいな・・・」

と思い、入れさせていただきました。





なんとか10月14日の試合前に渡すことができたようで、

「子供たち、“うわぁ 日頃市中学校って入ってる~”って うんと喜んだだぁ~ どうもなぁ~」と、高平さんにお電話があったそうです

一試合でも勝利できたらいいなぁ・・・と、初戦勝てたらいいなとメールをいただいていましたが・・・

夜メールいただき、

「2試合済んで、どちらも 2-1で勝利!!

明日は準決勝

すごいすごい

そして翌日、3位とのご報告でした

おめでとうございます!!



写真提供、ブログ掲載の許可をありがとうございました
コメント

小国の秋祭り(写真追加しました♪)

2011年10月18日 | スタッフより








今日は小国の秋祭り♪♪

1日楽しんできました
(o^o^o)

上の写真は、小国小学校と小国中学校1年生のみんなのパレード(^-^)

小国の、各大字協議会の出し物は、毎年恒例の作り物のパレード


すごい完成度!! トトロだぁ~!!


ホークスのキャラクターもあり・・・


九州新幹線が来たと思ったら、なでしこジャパンに扮した女性が乗っていると・・・


あ!! ふみ子さんだ

(2009年12月まで須永博士作品館を菅理していてくださった、通称おばぴー











パレードを終えて下校した子供たちを迎えに行ってから一緒に町の中を歩いていると・・

くまモン発見!!

あの有名なくまモンが! 本物のくまモンですよ!!


しかも、小国町の北里町長との貴重なツーショット

「えぇ~~!! すごい! くまモンだぁ~~

って、大人も子供も大興奮

もしかして・・・くまモンを知らないという方のために・・・

くまモンオフィシャルサイトがあります。

いちおう公務員で、熊本県の営業部長さんなんだそう

まさかの小走りや、意外とダンスも上手かった




なんとかうちの子達も一緒に撮らせてもらいました右の2人

そんなこんなで、火曜日(定休日)ということもあり、お祭りとくまモンを満喫した一日でした
コメント

自分の生きかた

2011年10月17日 | スタッフより
スケジュール

スピード

スタイル


須永博士が人生で大切なことを、ふと話します。
上の3つの「ス」から始まる言葉……

《スケジュール》

長い期間、短い期間、どちらでもはっきりとした目標を作って、それに向かってのスケジュールを立てること

そうすると、今必要なことが見えてくるのかも……


《スピード》
(生きる早さ 動き)

これだ!今だ!という時の判断や、決断力、行動力は、やっぱり大切ですね♪♪

《スタイル》

これが一番、大切で難しい事かも…

自分のスタイルをわかっている人はいいけれど

「自分ってなんだろう」

「何のために今ここにいるんだろう」

と悩むときはある…

「わたしは○○が好き。」
「わたしは、こう生きる」
と道を見つかるまで、自分さがしの連続のような…

だけど、

3つの「ス」を意識してみると、うまくいきそうな気がする…(o^o^o)


須永博士、現在69歳。

自分の道を自分のスタイルでスケジュールで、スピードで歩き続けてきたけれど…

今日電話があり、昨日は須永博士のお母さんの妹さんに会いに行ったそうです。
須永博士が初めて知る、母の姿を知り、この年になって「お母さん、ごめんな。ありがとう」と、仏壇に手を合わせたそうです…。

今、「亡き母が導いてくれている」とすごく感じている須永博士です。


まだまだこれから、元気に旅を続けてもらわなくちゃ!

そのためにも、昨日はとても良い1日だった

またきっと、新たな須永博士になりそうです(^O^)
コメント

どこから?

2011年10月17日 | スタッフより

今朝は冷えます!

秋から、冬が近づいている……

あぁ、布団から出るのが毎日勇気がいる季節が近づいてる……

今年も、あと2ヶ月半。

早いなあ。さあ、また今日からがんばろう!!って思っていると主人が

「わあ、クワガタだ!」

と(^O^)

玄関先に、クワガタが(o^o^o)

こんなに寒い中、どこから?どうして?

子供の手袋の上に乗せてみたけど、じ~~~っとしてます。

オブジェのように……

クワガタって、冬眠するのかねぇ……。

と、小さないのちを見つめるわたしたち2人(^^ゞ

落ち葉がたくさんある木の根元に逃がそうか、うちの中の方が暖かいから、飼おうか、相談中です(^O^)
コメント