須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

力だしきれ!

2009年06月30日 | スタッフより
ちらっとお見せします

(o^∀^o)

気合いが入りそうな書、詩が入っていましたo(^-^)o
コメント

原稿到着

2009年06月30日 | スタッフより
須永博士から原稿がきました。

何かな……
コメント

阿蘇ミルクロード

2009年06月30日 | スタッフより
今日は月末棚卸しに、阿蘇プラザホテルさんと、阿蘇白雲山荘さんに行きました(^-^)

行きはかなりの激しい雨の中で、ところどころ道路に水が溢れていたり、路肩が崩れている箇所もありました(・・;)

短期間の大雨でも、大きな災害につながるから怖いですね。

帰りは雨は止んでいたけれど、阿蘇町から山を登り、小国へ向かうと、目の高さまで雲で覆われて、下から吹き上げる風が吹いてました。

小国は今は静かです。
今夜はどうかな…
コメント

カニo(^∇ ^o)(o^∇^)o

2009年06月30日 | スタッフより
カニ!

朝、子供達をスクールバスのバス停まで送る道で発見!!

どこから来たの!?

どこへ向かっているの!?

急いで携帯で撮ったのでボケてしまいました(^^ゞ

が、朝からテンション上がって、学校へ行きました!
コメント

朝がきました

2009年06月30日 | スタッフより
おはようございます(o^o^o)

雨は降り続いていますが、川の色は昨日の土色から、少しきれいな色になってました。

この日の景色と同じ場所からの写真です。比べてもらうと、その水量がわかるかと思います。

かなり増水しています。
まだ今日も明日も降るらしいので、油断はできませんね!
コメント

出動(・・;)

2009年06月29日 | スタッフより
いつもは穏やかに流れている川が、今日降り続いた雨でものすごい濁流になっています!

写真は、夕方6時頃、ついこの前までホタルが飛んでいた川です。

熊本県内各地に、洪水警報も出されているようで今晩はちょっと怖いです。

川の中を大きな石が転がる音がしています。

主人は、地域の消防団が集まり警戒に出動しました
(;^_^A

無事に朝がきますように……
コメント

一球入魂

2009年06月29日 | スタッフより
もうすぐ、全国高校野球選手権大会が始まるんですね!

春、大分代表で出場した高校の選手さんへ特別に制作したハガキを、今回は

一球入魂

の文字を入れて、制作しました。(1枚 150円)

ご依頼いただいたのは、少年野球の指導をされていた方です。
小学校の頃、指導していた子供たちが、各高校で活躍し、次の大会には3校から出場するそうで、激励に渡すキーホルダーとハガキをご依頼いただきました。

小学校の頃に教えてくれていた恩師の監督に、自分が活躍する姿を見せられる選手も素敵だし、こうして今も応援してくれる監督がいることも、またすてきだなぁ~と、なんだか私まで応援したいし、嬉しい気持ちになりました。
コメント

片付けをしていたら……

2009年06月28日 | スタッフより
須永博士から、原稿やキャンバスが次々と届いていますので(^O^)/

だんだんと、置き場が無くなってきました(^^ゞ

ならば、過去のものや、整理できるものを片付けていこう!!

と、過去の原稿なども集めたりしています。

今朝出てきたこの4枚の色紙、なんでこんな場所にあったのかな?って場所にありました。

1枚には、

2002年

と書かれてありました。
7年間もこの場所に隠れていたんですね(^^ゞ

4枚並べてみたら、

「人間には
必ず
チャンスがくる」

「いまだ
これだ
というときは

(“速く”と、“即”をかけているのかな)
素早く
行動せよ」

「素早くなんです
人生 生きている時間は
決められているのです
だから
やりたいことがあれば
次々やってゆくんです」

そして、これは色紙の裏に書いてあった言葉、書いた順番のしたに番号が書いてありました。

その順に書きますね。

「“指示”
“指揮”
“指導”
気力、本気、元気をいっぱいしてください。」


並べてみると、全部マジックの太さが違うので、別々の時期に書いたものだと思いますが、なんとなくつながるような気がして…

「素早く」
という言葉が二回も出ていて、何か意味があるような(o^o^o)

これを読んだ今、自分達も、やらなくてはならない事がたくさんあり、さあ何からしていこうか、してゆくべきか、考えていたら考えすぎて、素早さに欠けているような気がしました。


よし!!

決めた!!

はじめよう!!

ひとつひとつ、次々とやってゆくぞ!!

そんな気持ちにさせてくれた色紙でした(*^_^*)
コメント

須永博士千葉の旅

2009年06月27日 | スタッフより
先日、須永博士から電話で聞いた話です(^-^)

会いたい人がいて、千葉まで行ってきたそうですが、久しぶりに海へも足を運んだようです。

「すごかったよ~

サーファーがいっぱいだったよ!

若い人から年配の人まで、海も浜辺も いっぱい!
びっくりしたなあ」

と言っていました。

初めてみる生のサーフィンの迫力にも感動したそうです(^-^)

来年のカレンダーの制作にもとりかかっているそうで、また夏から秋へ忙しくなる前の充電期間、いい時間を過ごしているようですね(*^_^*)

今日はどこを旅しているのでしょうか(o^∀^o)
コメント

小国杉

2009年06月27日 | 小国の風景・情報・つぶやき
小国杉

山という山、あちこちにそびえ立つ小国杉

その中でも、私はここの杉風景が好きです。

須永博士美術館から、須永博士作品館まで車で行く道のりで見られます。

コメント

歯が!!

2009年06月26日 | スタッフより
小学校一年生の娘の前歯が抜けました(o^o^o)

こんな顔になってます(^o^;



ちなみにこのぬいぐるみは、須永博士の手作りです。
コメント (2)

o(^-^)o

2009年06月25日 | スタッフより
あら、梅雨本番だって思っていたのに……

今日も、とても過ごしやすい1日でした。

青空(*^_^*)

さわやかな風

ツバメが飛び

須永博士からも電話がありました。

次の詩集の表紙デザインが届き、その想いを聞きました。

明るい感じのデザインです。

ハサミやのりで、切り貼りした表紙デザイン、皆さんにも見せたいくらい、情熱が込められています(^-^)
声もすごく元気でした。

今日は千葉方面に行っていたようです。

体調もバッチリ!!

来月、宮城県石巻での講演会も、30年来のファンの方が中心になり計画が進んでいます。
私も行けるように、スケジュールを調整しています!
それも、ここで紹介したいとの想いがあるからでもありますo(^-^)o

石巻!
行きたいな(*^_^*)

仙台の駅ビル、S-PALさんでのサイン会には、何度も手伝いに行った事があり、松島にも、須永博士に連れて行ってもらいました。

ですが、石巻は想像がつかない土地です(^^ゞ
日本は広いですよね。
コメント

晴れ間

2009年06月24日 | スタッフより
梅雨の晴れ間、今日は過ごしやすい 1日でした。

雨が降ると、ジメジメしていやだけど、

空梅雨と言われると、それも心配。

かと言って、大雨が続くと土砂災害などの被害も心配だし……

バランスが大切ですね。

今年も、大きな被害が無いように願うしかありません。

昨日、6月23日は、沖縄の慰霊の日でしたね。

本当に申し訳ないほど、私がこの日を知ったのは、熊本に住むようになってからです。

22歳まで東京で生活してきて、この日を知る機会がなかなかありませんでした。
そんな自分が恥ずかしいですが、ブックマークにしてもらっています仲村颯悟くんのブログでも写真を掲載してありますので、見て欲しいです。


今の平和な日本、様々な不満や不自由があるかもしれませんが、あの時の事を思ったら、何も私は言えません。

笑って過ごせる瞬間があるだけで、どんなに幸せか…

今朝、スクールバスに乗る子供を送りに行くとき、空がきれいで見上げていたら、一年生の娘が

「見て、かわいいお花だよ(*^_^*)」

と摘んだ野の花(^-^)

あまり写りは良くないですが、こんな、なんでもない瞬間に幸せを感じたのでした。
コメント

続々と(^O^)

2009年06月24日 | スタッフより
須永博士から、続々とキャンバスが届いています

(*^_^*)

飾りきれないほどです!

今日届いたキャンバスがこちらです。

完全な直筆のこういうイラストをキャンバスに描くのは初めての事です。

さあ、どこに飾ろうかな…(o^o^o)
コメント

清流 続き..

2009年06月24日 | スタッフより
昨日紹介しました「清流」の詩

昨日の夜、須永博士と電話で話す機会があり、あらためて聞いてみました。

「清流という詩は、どんな時にできたのですか?」

と。

教えてくれました。

愛知県の女性の生きる姿をみて、できた詩だそうです。

お子さんが3人いて、そのご長男が障害を抱えながらも、喫茶店を経営していたそうで、

とても美味しいコーヒーを出してくれるお店で須永博士もよく行ってたそうです。

いろいろなお客様が来る中で、いつも笑顔で優しく応対しているその姿をみて、

「すごいなぁ。

大変な状況の中を生きているのに、こんなにさわやかに、人のために生きている。

こんなの、自分にはできないなぁ。」

このご家族のことを知れば知るほど、ここで書けないような状況なのだけれど、
家族のため、お客様のために笑顔を絶やさずに生きているこの女性の姿を、須永博士は尊敬し、この詩ができたんだと教えてくれました。
コメント