須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

12月6日は

2009年11月30日 | スタッフより
ハート to  ハート 九州と題した、臓器移植 市民公開講座が開かれると知りました。

行こう!!

そう思ったのですが、主人が東京へ出張のため、お店を休むことは出来ないので、私は行かれませんが・・・。

行けるという方はぜひぜひ、足を運んでほしいと思います。

私には未知の世界のことというくらい、何にも知らなかったけれど、昨年の熊本日日新聞の記事で、宮原敬助さんのことを知り、そして、11月16日に玉名で講演をしたあと急遽決まった、12月23日の講演会。
こちら

その会場は、今回の「ハート to ハート」が開催される、その場所でした。

スマイルコーチさんから、

「入場料を、敬助君を救う会に寄付したらどうか」

とご提案いただいたのも、不思議なご縁を感じます。

12月6日は、斉藤広将君の誕生日でもあり、「Ring」を昨年出版した日でもあります。

出版記念講演会の様子

重なる偶然が、見えない力で教えてくれる何かに思います。

つながっていく命、つながっている出逢い・・・。

人は、必ず意味があって生きているんですよね!!

コメント

優しいこころ

2009年11月28日 | 講演会・サイン会のお知らせ
11月26日、福岡県八女郡星野村での講演会は、約1時間30分の講演でした。

今回は、ちょっとした理由があり、ホワイトボードも使って話しました。

それが、いつもの流れと違い、かえって話に引き込まれるような感じがして良かったです。
これも、大きな講演、大人数で無かったからこそできたものです(*^_^*)

講演が終わり、質疑応答へ…

と司会の方が話し出した瞬間、

「よくある質問です。」

と須永博士の方から話しだしました。

「対人恐怖症は治ったのですか?
とよく聞かれます。

治っていません。

今も、人の前に立つのは怖いです。

人は、十人十色です。

生き方も考え方も違います。

それに合わせていたら、合わせようとしたら、自分が壊れます。

ただ、この生き方を私はしようと決めました。

この生き方が出来れば、何も怖くありません。」

と言い、ステージを降りてホワイトボードに書いたのが写真の言葉です。

「どんな人に会っても

どんな事にあっても

わたしは

優しいこころで

人に会う」


この言葉を書いて、会は終了。

最後に、この日集まってくださった星野村の皆さんと記念撮影をしました(o^o^o)
コメント

ただいま(*^_^*)

2009年11月27日 | スタッフより
昼過ぎに須永博士を福岡空港へ送り、私も小国に帰ってきました(^-^)

注文が早速あり、一息ついてから(おみやげの星野茶を煎れて)、今は娘が小学校から帰ってくるのを迎えに、スクールバスのバス停です。

写真は、バス停の横にある野菜直売所

「北里 森のキオスク」

です。

我が家の台所(*^_^*)

今は白菜やカブ、大根がたくさん並んでいます(o^o^o)

小国に来られたらぜひ、寄ってみてくださいね(^-^)
コメント

久留米へ

2009年11月27日 | スタッフより
あら(^^ゞ

星野村でゆっくりするつもりが、清流さんを出発してから、須永博士がずっと来たいと言っていた場所にきています。

久留米の

地場産くるめ

というところです。


須永博士が大好きな、久留米がすりを、今年最後の九州の締めで、寄りたいなあと思ってたみたいでしたので、今、立ち寄ってますp(^^)q
コメント

清流

2009年11月27日 | スタッフより
昨日、ステージに飾っていたこの作品が、今日から飾られます(*^_^*)
コメント

おばしゃんの店清流

2009年11月27日 | スタッフより
今日宿泊した宿、池の山荘さんのすぐ上にあるお店、
おばしゃんの店 清流さんへ立ち寄っていますp(^^)q
コメント

窓からの眺め

2009年11月27日 | スタッフより
須永博士は和室の部屋でした。

その和室の窓から見える今朝の風景です。

天文台が見えます(^-^)

周りの木々は、紅葉していてきれいです!
小国の方が早いかな……
まだここの方が葉が残ってるように感じます。

今日は今から、星野村を歩いてみたいと須永博士が言っています。

では、また後で……(^O^)/
コメント

幸せ(*´∀`*)

2009年11月27日 | スタッフより
今朝、五時半頃に目が覚めてしまい、

昨日チェックインの時に

「温泉は、夜は午前一時まで
朝は五時半から入れます。」

とお聞きしたのを思いだし、朝風呂に行ってきました。

温かかったです(*^_^*)

部屋に戻ったけど、朝ごはんまではまだまだ……

小国の家族にモーニングコールもまだ早い……

部屋を見渡したら、急須があったので、お茶飲もう(^-^)

と、茶筒を開けたら、中は星野村の紅茶!!

お~~♪♪
嬉しい~~♪♪

ひとりでのんびり♪

普段ありえない、幸せな朝のティータイムです♪

あ、時計を見たら、スクールバス出発の時間でした。
お父さん、がんばって送りだしただろうな……。

今日は、小国小学校は持久走大会です。

北里小学校(今年3月で小国小学校と統合になりました。)の時は、木魂館のグランドを走っていましたが、今年からは小国小学校の周辺をはしるんですね。
当たり前ですが(^^ゞ

応援に行きたかったけど、今日はここから、がんばる姿を想像しながら応援しますp(^^)q
コメント

ひとりでは☆

2009年11月27日 | スタッフより
ひとりではもったいない!

部屋に入った瞬間、そう思いました\(^O^)/

今度は家族で来たいなあ。
コメント

今日の宿

2009年11月27日 | スタッフより
コメント

星が☆☆

2009年11月26日 | スタッフより
写真は、今日最後に書いた詩です。

星野村を想い書いていました。


今日は、星がきれいです(*^_^*)

小国もきれいですけどね(^-^)

また違った土地で見る星空、地名に☆星☆がついた場所でみる星空は、さらにきれいに見えるものですね

p(^^)q

明日は、須永博士を福岡空港へ送り、それから小国へ帰ります。

そうそう、須永博士作品館が来月閉館になりますが、
須永博士美術館は、変わらず、これからもさらにがんばっていきますので、ご安心くださいね♪♪

そのうち、うちの子ども達が大きくなったらバイトしているかも……(*^_^*)
コメント

皆様と(*^_^*)

2009年11月26日 | スタッフより
約1時間20分の講演会、今日は、私も久しぶりに観客になった気分でした(^-^)
一緒に笑い、一緒に涙し……

あっという間に感じました。

「今、みんな本当に求めています。

心からのやすらぎ、元気がでるもの、本物の出逢い…」

「幸せになりたかったら、
夢をつかみたかったら、

テンションを二倍上げて生きてください!!」

「家族が健康なら、家族が幸せなら、それだけでいい。」

「今、つらかったら、

今、絶望を感じたら、

今から本気で、挑戦するときです。」

等々、須永博士が生きて感じたこと、出逢いの中から学んだこと、一生懸命語りました。

講演の最後には、須永博士の強い希望で、皆様と一緒に記念撮影!!

皆さん素敵な笑顔でした

(o^o^o)
コメント (2)

星のツーリズム大学

2009年11月26日 | スタッフより
星のツーリズム大学

グリーン・ライフ

農的暮らし方

と、ステージの上に掲げられていました。

今回、江藤副村長さんから、

「星野村へ来てほしい。」
とご依頼をいただき、江藤さんの頼みならとの一心で今日星野村に向かいましたので、

あ、そういえば、普段のような細かい打ち合わせ、してなかったな………(^^ゞ
と会場に着いてから思いました……

だって、もう江藤さんと須永博士は、17年来の友で、きっと私よりもお互いを知っているでしょうし、その間に入って細かい事を話すのも…という感じでしたので(;^_^A

会場準備をし終わる頃に、ステージにこの幕が掲げられ

あ……そうだぁ、そういえばそんな事、話してたような…(;^_^A

須永博士も、そうか、ツーリズム大学の講師として呼ばれたのか(^-^)と、今日気がついたのでした。

まあ、どんな形でも、須永博士の話は同じように、ただ詩人として生きてきた人生を、人数が100人でも1000人でも、また10人でもひとりでも、命懸けで語るということには変わりないので、わたしたちスタッフも、ひとりの方が来てくださればいい。

そんな気持ちで準備をしました(*^_^*)
コメント

ありがとうございます

2009年11月26日 | スタッフより
ご来場いただいています(*^_^*)
コメント (2)

ステージ

2009年11月26日 | スタッフより
星野村の役場の大会議室をお借りしてステージができましたo(^-^)o
コメント