須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

明日から5 日間(^-^)

2011年04月30日 | スタッフより
明日から5日間、熊本県阿蘇郡小国町北里

「学びやの里 木魂館」にて、須永博士サイン会を開催します(*^_^*)

会場準備をしながら、須永博士美術館へもたくさんのお客様が来館くださり、

行ったり来たりの1日で、会場の写真を撮れませんでした(^^ゞ
ごめんなさい(^o^;


明日、朝からまた準備しますので、雰囲気をお伝えします!


今日は、チャリティーハガキを購入してくださる方が何組もいまして、本当に感謝です。

長く長く、支援してゆける範囲でも、自分が無理しないでできることでいいから、

意識を持ち続けることが大切だと思います。

普通に生活できることが、どんなにありがたいか…

本当に本当に、日本人としての誇りを持ち

我慢し、耐え、協力し、支え合い助け合い、

不満を言わず、自分も大変なのに、人のことを心配し、励まし合いながら生きている方々のことを心から尊敬します。

メールもありがとうございます。

本当に、北から南、日本はつながっています(*^_^*)

明日はどんな出逢いがあるのかな。

どんな詩が生まれるのかな。

一生懸命伝えたいと思います(^-^)


明日は、午前10時から、木魂館にて作品展示、販売

11時からはミニ講演会の予定です。

内容は、明日のお楽しみに……。


ゴールデンウィーク期間中、パソコンのメールチェックは朝か夜になりますので、お問い合わせは

私の携帯にお願いします。

出られない場合には、折り返しかけ直します♪

090-8915-1562

shoko.0428.ss@docomo.ne.jp

須永博士美術館
佐藤粧子

なお、須永博士美術館も、開館しています。

熊本県阿蘇郡小国町北里460

0967-46-5847
コメント

届きました~~~!!!

2011年04月29日 | スタッフより
完成!!

「いのちの詩集」

ゴールデンウィークのサイン会に、間に合いました(涙)

昨日、東京の印刷会社さんで出来上がり、発送、予定では明日着でしたが、想いが伝わったんでしょうか、
1日早く到着です♪

これから、ご予約いただいている皆様の分を須永博士にサインしてもらいます

p(^^)q
コメント

あの日の感動を

2011年04月29日 | スタッフより


2011年3月19日(土)、鹿児島県指宿市「指宿市民会館」でおこなわれました“山川ツマベニ少年太鼓 15周年記念 チャリティーコンサート”が、DVDになりました


ぜひ、あの日の感動を、写真や文字では伝えられない会場の雰囲気・音・想いを見て欲しいと思い、ツマベニ太鼓の西さんにお願いして、ここでも販売できるように少し分けていただきました。

昨日、届きました~~





先日のブログ①先日のブログ②でお伝えしきれない場面もたくさんです。

和太鼓 TAOの、西 亜里沙さんからのお祝い肉声メッセージもありました

愛・地球博と、10周年記念コンサートで共演されたシンガーソングライターの宇佐元恭一さんの、「ありがとう」を手話でしたり、

やはり黄帝心仙人さんのダンスも、すごい。最後の「フェスタ」と共に踊る姿は、他では絶対に見られない貴重映像です。



須永博士の入場シーンから、書を書き終え、詩を読むまでの全てが入っていたり・・


3月19日に演奏した全ての曲が入っています。(約2時間)

価格 1,500円です。

部数限定での制作のため、今手元には

残り 17部しかありませんが、ご希望の方は

090-8915-1562 (佐藤)

または

私の携帯アドレス

shoko.0428.ss@docomo.ne.jp

へ、至急ご連絡ください。

ご希望者多数の場合には、またすぐに西さんへ連絡したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

私も1部購入して、今見ています。

当日は裏方でしたので、ゆっくり見れなかったステージ、

鳥肌&涙です。

ほんとにおすすめです。







いのちの詩集(5月1日より先行販売、5月6日より全国へ発送開始)
 
価格 1,575円

と合わせて、発送もいたします。

コメント

朝です(*^_^*) その2

2011年04月29日 | スタッフより
お知らせの前にもう一枚(^-^)

公民館まで歩いてます。

振り返ったら、湧蓋山が綺麗(*^_^*)
コメント

朝です(*^_^*)

2011年04月29日 | スタッフより
おはようございます(*^_^*)

今日は晴れ!

気持ちの良い朝ですp(^^)q

公民館掃除へ行ってきます!

あとで、お知らせがありますp(^^)q
コメント

今日の夕陽

2011年04月28日 | スタッフより
きれいだったぁ~~

本当にきれい。

美しい風景、光、色……

自然が作り出す景色は、ずっとずっと眺めていても飽きませんね(*^_^*)

陽が沈むと暗くなる。

夜が来る。

一番星が輝き、月の満ち欠けで、毎日の移り変わりを感じる……。

山の中で生活していると、当たり前のように感じる朝、昼、夜の明るさの移り変わり。

東京で生まれ育った私は、社会人になってからは池袋や上野あたりで、会社の仲間と飲みに行く機会が多く、夜と言ってもいつまでも明るいのが当たり前で…

終電ギリギリまでいて帰ることもありましたが(^^ゞ

小国に来てからは、暗くなったら眠くなります(^o^;
星空がきれいで、近くの自動販売機の灯りが眩しくて、

「あの自動販売機が無かったら、もっと星が見えるのにな~」

と、闇を求めることもあるくらい。

満月の日には、月明かりで辺りがうっすら明るいのが不思議な空間を作ってくれます。

今日、東京ギャラリーの安藤から、「節電のために夕方早く閉めてしまうお店がたくさんある」と聞きました。

でも、不便を感じるのでは無く、それに合わせて生活すればいいだけだからねって言っていました。

何か送ろうか、と言っても、

「大丈夫だよ」

と、今あるものでの生活で充分っていうことが伝わります。


ものがいつでも、欲しいときに手に入ることが普通だった、つい1ヶ月ちょっと前。

そう、今日は3月11日から数えて四十九日にあたる日なんですね。

多くの尊い生命が奪われてしまい、今も大変な日々を暮らしている方々へ

その方々の苦労、努力、希望、悲しみを、他人ごとでは無くて

「何かをしたい、力になりたい」

と動いている人がたくさんたくさんいることも、大きな希望だと思います!!


悲しい現実を、簡単に受け入れるなんてとても出来ない。

出来ないけど、こうして月日は過ぎてゆく。


じゃあ、どうしたら心穏やかに過ごせる日が来るのだろうかと考えてみたら、


動くしかない!

のかなあ。


美しい今日の夕陽。

美しいものを、美しいと思い


泣きたいときには、おもいきり涙を流し、


傷ついた人を助け、支え…

元気な人が元気にがんばれる、


人が喜んでいる時に、一緒に喜びたい。


落ち込んだって、動けなくたっていい。

必ず立ち上がれる日が、必ず必ず来るから!

夕陽を見つめながら、


心から手を合わせていました。


コメント

今月の一枚

2011年04月28日 | スタッフより
須永博士公式ホームページにて、久しぶりに「今月の一枚」が紹介されています。

ぜひご覧ください。
コメント

須永博士からのFAX です。

2011年04月27日 | スタッフより


5月1日から始まる、小国町「木魂館」でのサイン会にむけて、動き出した須永博士から、FAXが届きました。

つらい想いをしているあなたへのメッセージです。

「かならず 行きます

会いにゆきます

愛するあなたが

今 人生最大の困難と

闘っているのです

最大の試練に挑んでいるのです

あなたのところへ行かせて下さい

あなたのために

わたしの力をだしきって

役に立ちたいのです

おせわになったあなたに

もう一度

会いたいのです」



「どこへ行ったのですか

わたしの おとうさん

おかあさん おじいちゃん

おばあちゃん せんせい

ともだち

どこへ行ったのですか

わたしの愛する人たち

帰ってきて下さい

もう一度 わたしのところへ

もどってきて下さい

そして もう一度

あなたの笑顔 優しさ

元気を見せて下さい

おねがいです

もう一度 あなたと

わたしは 生きて

ゆきたいのです」



5月1日~5日まで、サイン会のあと、北海道函館で講演会へと続きます。

須永博士も、心から心配し、本当に悲しそうな表情をしていますが、会う皆さんへ、もっと元気がでる言葉・詩を書いてゆこうとがんばっています!

木魂館の会場も、楽しい会場に作り上げます。ぜひ、お越しください!!

日時 2011年5月1日~5日(日)~(木)   

作品販売 AM10:00~PM5:00

サイン会受付 AM11:00~PM3:00

5月1・2・3日は、AM11:00~ ミニ講演会も開催します。入場無料です。


会場 まなびやの里 木魂館
   
   熊本県阿蘇郡小国町北里371-1

須永博士が直筆で詩を書きます。

価格例 
中パネル 2300円 → 直筆パネル 5500円(サイン会以外は10500円)

大パネル 5500円 → 直筆パネル 8000円(サイン会以外は15750円)

木製フレーム 4500円 → 直筆木製フレーム 7000円(サイン会以外は12600円)



詳しい日程は

こちら






コメント

四つ葉

2011年04月27日 | スタッフより
娘が見つけて持って帰ってきた四つ葉のクローバー(*^_^*)


まわりのものは、木の切れ端に須永博士が書いたものです(o^o^o)
コメント (1)

家庭訪問(^o^;

2011年04月26日 | スタッフより
今日は、我が家の子供達3人の、家庭訪問がありました。

火曜日で、ちょうど休館日でしたので、待っている間は事務処理をしたりして…

午後、順番に来られた先生と、子供の学校での様子や家庭での様子、学習についてなどを話しました(^-^)

ひとりひとり家庭環境が違うのは当然で、その子供達にそれぞれの対応をされてゆく先生は、本当に大変なことでしょうね。

小学校1年生の娘は、わたしたち親でも、いろいろ手を差し伸べてゆかなければならないのに、教室で30名近くの子供達を見ている先生の努力はすごいです。

2年、3年、4年…と成長するにつれ、教室では落ち着いて学ぶ環境を作れていくのでしょうが、

わたしたち親でもわからない、成長に連れての子供達の心身の変化を、先生方は専門の知識で向かい合い、指導してくださることへの感謝は忘れてはいけないと思います(*^_^*)


今日も、全くタイプの違う3人の先生方とお話ししながら、私も、我が家の3人の子供達ひとりひとりの性格や生活態度、得意なこと、苦手なことを話したりしました。

勉強は大切だけど、それ以上に、生きる力をたくましく育てて欲しいと願います。


「明るく 元気いっぱい

いつも がんばってね!」


「すこやかに 大きくなってね」

「生きるって素晴らしいことです」

などなど、須永博士の詩が浮かびます(*^_^*)
コメント

母の日ギフト

2011年04月25日 | 作品紹介
楽天市場 いずみ邑本舗
にて、「母の日」感謝の気持ちのえびせんべい詰め合わせ が販売中です。

須永博士オリジナルポストカードがついています。



オリジナルポストカードのみは、須永博士美術館でも販売しております。(1枚150円)

コメント

大切なことは・・・

2011年04月24日 | スタッフより




今日は、小国町も、町長と、町議会議員の選挙投票日です。

わたしたちの投票所は、旧北里小学校のクラブハウスと呼んでいる部屋で行われています。

2年前に閉校になり、校舎は使われていませんが、体育館や、このクラブハウスは、地域の人がスポーツや会議、ヨガ教室などにも使われています。

お世話する人がいなくなった花壇には、今年もチューリップの花が咲いていました。

周りには、タンポポや、イヌフグリ、すみれも咲いています。

立ち入りできないように、柵が置かれてあるのが、なんとも合わない風景に見えますが・・・。

お花は、心を癒してくれますね!


《須永博士サイン会のお知らせ》

日時 2011年5月1日~5日(日)~(木)   

作品販売 AM10:00~PM5:00

サイン会受付 AM11:00~PM3:00

5月1・2・3日は、AM11:00~ ミニ講演会も開催します。入場無料です。


会場 まなびやの里 木魂館
   
   熊本県阿蘇郡小国町北里371-1

須永博士が直筆で詩を書きます。

価格例 
中パネル 2300円 → 直筆パネル 5500円(サイン会以外は10500円)

大パネル 5500円 → 直筆パネル 8000円(サイン会以外は15750円)

木製フレーム 4500円 → 直筆木製フレーム 7000円(サイン会以外は12600円)

今日のタイトルに、「大切なことは・・・」と書いたのは、今も自分の頭のなかで、被災地のニュースを聞くたびに様々な感情が起きていて、何が大切なんだろう、なにが必要なんだろう。
一人の力では何も出来ないかもしれないけれど、何かをしたい、という人はたくさんいるんだろうな・・・と、

この前も載せました、ジャパンハート 東日本大震災 救援ブログを読み、

お願いの記事を読んで、なんだか・・・「それは違う」という気持ちと、その行動に出た人の気持ちもちょこっとわかるような気がして・・・

でも!!!!

「見てみたいから」なんていう気持ちだけで、被災地へ向かうのだけは絶対に絶対にしてはいけないことですね!

須永博士も、会いに行きたい人もいますが、今行ったからといって、その人がありがたいと思うかと考えたら、そうじゃないと思うし、みなさん日々を生きることに、精一杯がんばっていらっしゃるんですから、

「必ず、行きます!!」と、今はそれしか言えません。

今朝、先日の記事①

先日の記事②

を読んでいただいた方からのメールが届きました。

大船渡出身の方でした。

「ブログを拝見して 高田や日頃市が出ててなんでしょう‥なんともいえない嬉しさ、非常に有り難い気持ちでいっぱいです」

とのメッセージを寄せてくださいました。

想いが、一人の方にでも届いていた・・・と、私も嬉しい気持ちで、またまた涙です。

仙台から、石巻から、茨城など各地から、メッセージが届いています。

みなさん、すごい大変な状況でも、がんばっておられます。

九州各地、その他日本各地の須永博士ファンの方々からも、温かいメッセージが届いています。

ぜひぜひ、自分で出来る良いこと、良い言葉、良い行動を続けて、この日本がさらに美しく、強く、優しい住み良い国になれるように・・・

みんなの想いをしっかりと受け止めて、実行してくれるように・・・

今日の選挙で当選された方々が動いてくださることも、願います。
コメント

人間だれでも

2011年04月23日 | スタッフより
人間だれでも

しあわせになれる権利がある

人間だれでも

愛する権利がある

人間だれでも

生きる権利がある

わたしは限界から

それに挑戦する

成しとげてみせます


~~青春まっしぐらより~~

生きていて、


充実した毎日を過ごせていたら、とても幸せなことですね!

でも、様々な状況や、環境が変わる中で、自分がなんのために今ここにいるの


と、ふと目の前が見えなくなってしまうこと……

大きくても小さくても、きっとあるかと思います。


今やるべきことか?

今行くべきことか?

このままでいいのか?

判断をしながら、それでも立ち止まらずに、前に進むことで、

きっとその先には、幸せが待っていると信じていきたいですね…!!


やっとやっと、昨日の夕方、印刷に入る前の最終チェックを終えて……

「これで、最終校了でよろしいですか?」

と、印刷会社さんの担当さんからのお電話に、

「はい! お願いします(o^o^o)」

と、言いました!!

5月1日からの、木魂館でのサイン会に、間に合いそうです\(^O^)/


良かった~~。

まだ、手にするまでは本当にドキドキですが、あとは待つばかりです。

「いのちの詩集」

ご注文方法についても、もう少しでご紹介します!


心が元気でいれば、笑顔でいれば、

きっと大丈夫!!

乗り越えられる!!


須永博士の想いがいっぱいつまった一冊です(^-^)
コメント

一年生(*^_^*)

2011年04月21日 | スタッフより
左側が、一年生になったばかりの娘(*^_^*)

右側のお友達と、毎朝同じスクールバスに乗って、元気に学校に通っています(o^o^o)

つい1ヶ月前は、保育園児だったのに……

早起きして、勉強も遊びもめいいっぱい!!

今は、すやすや眠っています…。

また明日、元気に学校に行けますように…

そして、元気に帰ってきますように……

この日常が、ありがたくて

それをできない人がいて


今日は、奄美大島出身の方からお電話がありました。

覚えていると思います。

昨年10月の、集中豪雨による大水害を。

全壊、半壊、床上浸水で住まいを無くして避難所生活を長い間していた方々がたくさんいて、ライフラインの復旧も時間がかかったんですね…

本当に大変な災害だったのに、あまり報道もされず、大変さが伝わらないだけで
それでも現地の方々は、一生懸命生きていた。

復旧に向かっている。

そして、明るく前向きに、今もがんばっている……。

小国も、私が住んで18年が過ぎる中で、台風、長く続く大雨、豪雨、極寒、それに伴う土砂災害、河川のはんらん、停電、凍結


恐怖感を感じる出来事がたくさんありました。

実際に被害があったことも何回もあります。

そのたびに、直して、きれいにして、今があります。

精神も、肉体も、

傷ついたときには、立ち上がる力さえないときだってあります。

笑いたくても、笑えない。

写真を撮ったとき、笑っているつもりなのに、心が笑っていないから、写真を見たときに自分の顔みて涙が出たこともあります。

つらい気持ちは、抑えてしまいすぎないで、

誰かに話すだけでも楽になれると、今だから言えます。

だから、子供達の話には、一生懸命耳を傾け、聞いてあげようと思っています。

聞いてあげられるこちらの体制を作っておくことも大切だと、毎日思ってます。

でも、きっと、話していないで、我慢していることもたくさんあるかもしれないな…。



心のケア、身体のケア、


長い時間がかかる復興の中で、専門の方々がいろいろ知恵をだして取り組んでいかれることを期待しています。


わたしたちも、まだまだやれることをやってゆきますp(^^)q
コメント

作り上げるまで…

2011年04月20日 | スタッフより
作り上げるまで、あと少し!

今日は、カバーの紙と中身の紙、須永博士の希望した用紙で作られた「束見本」というものが届きました。

写真の左側、白いものです。


通常のスケジュールとはかなり遅れた到着ですが、今の状況の中で、出版ができるというだけでも、本当にしあわせなことです。


震災の影響で、用紙の確保に、かなりの時間を要したそうです。

でも、わたしの心の中では

「ゴールデンウィークに間に合わせたい」

という気持ちと

「間に合わなくとも、須永博士の想いがつまった詩集を作り上げるんだから、あせることはない」

という、とりかかる時点で抱いた気持ちが重なっていました。

本を作るということが、できるだけでもありがたいですし、今も、やるだけのことをやっているのだから、あとは気を抜かずに、完成まで努力しつづけるだけです。


振り返れば、当初は120ページの予定が、148ページに増えました。

載せるはずの詩を、かなり削っても、やはりまだまだ載せたい詩があります。

「言葉って、難しい」

と、載せる詩や、表現が伝わるのだろうか、

と、考える毎日でした。

ブログでも、もっと書きたいけど、書けない。


でも、ほとんどの詩は、今年1月末に私の手元に届いた詩であるのに、編集しながら涙をながしたり、力をもらったり…

ここまで大きな悲しみに包まれてしまうなんて、編集当初は想像もしていませんでした。

須永博士は、旅をしながら、家族を失った人、愛する人を失った人、

辛い想いをした人にたくさん出逢い、話しをきき、詩を書き

少しでも生きる力を持ってほしい

たった一度の人生を、あなたらしく生きてほしい

しあわせをつかんでほしい


願い続けています。


69歳の今まで生かされてきたことの意味を、日々感謝して、

いのちの大切さ、生きることの素晴らしさを、これからも書き綴っていきます。

「いのちの詩集」

完成を楽しみに…(*^_^*)
また内容も紹介します!

コメント