須永博士美術館スタッフブログ

熊本県阿蘇郡小国町にある、須永博士美術館。スタッフ佐藤から様々な情報をお伝えします。

今日は……

2011年07月31日 | スタッフより

今日は、偶然か、日本各地いろいろな方の新たな挑戦、新たなスタートの日になっています(*^_^*)

希望に溢れたスタート、

全力で立ち向かうスタート、

不安もあるスタート、

なんとかなる!というスタート

これが終わりじゃない、本当のゴールへ向かっての大きな一歩


様々な思いで、今日1日を過ごした方々のお顔を思い浮かべています。

須永博士美術館も朝から閉館時間までお客様が途絶えずに来てくださる中、なんだかそわそわするような1日でした(^-^)

私も、身体をリセットしたくて、今日は家族で大分県大山の「ひびきの郷」に来ています。

温泉&サウナがあり、汗をかいてスッキリ(o^o^o)
明日からもまたがんばれそうです(^-^)

昼間、熊本県宇土市のお客様からメールが届き、

「太陽のまわりに虹がかかってますよ!!」と教えて下さいました♪

実は、昨日も出ていたそうで、昨日夕方にも写メを送ってくださっていました。

まさか、2日連続でこんな虹がかかるなんて……

ちょうど、須永博士美術館にお客様がいましたので、
「すみません、外に虹が……♪♪」

と、一緒に外に出て、見上げました(o^o^o)

直接太陽を見ないように気をつけながら見ると、ぐる~~っと大きな虹がかかっていました♪

お客様も「初めて見た」と、一緒に感動(*^_^*)

二枚目の写真は、真ん中の白いすじは飛行機雲です。

しばらく写真撮ったりしたあと、「なんかいいことがありそうですね!」と話しながら、戻りました(^-^)

何人が、この空に気がついたかな……♪♪

教えてくださった真紀さん、ありがとうございます(o^o^o)

幸せのおすそわけをもらいました(*^_^*)
コメント

栃木県真岡市に須永博士が!!

2011年07月31日 | スタッフより


今、須永博士は栃木県真岡市にいます。

「真岡りす村ふれあいの里」さんの中に、「須永博士 真岡ふれあい作品館」ができました


今日7月31日、ここで夏休み特別イベントが開催されています。

写真は、東京ギャラリーの安藤が撮影、熊本までメールで送信してくれています。















元気な須永博士です!

今日は、午前11時~と、午後2時~の2回、特別講演会を開催し、一緒に栃木県下野市で活動している「愛泉童子太鼓」のみなさんの演奏もあります。






愛泉童子太鼓のみなさんにお会いするのは初めてですが、8月27日に東京で開催される「東京国際和太鼓コンクール」に出場されるそうです。
この大会は、今年10回目を数え、鹿児島県指宿市の「山川ツマベニ少年太鼓」の皆さんが第1回で優秀賞を受賞した大会でもあり、またまたご縁を感じますね・・・。

7月24日、北海道礼文島の旅から帰った翌日に須永博士と向かった場所・・・それが、この場所でした。





まだその日は準備段階で、









それから今日まで急ピッチで準備が進められ、今日のオープンを迎えました。

なかなかここで紹介できなかったのも、あまりにもものすごいスピードでここまで出来上がっていたもので・・・

実際に見に行って、ほんとにほんとにびっくりでした



写真の男性が、りす村の社長 太田さんです。

数年前に須永博士の詩と出逢い、「須永さんの作品をりす村の中に飾りたい」という夢を抱いていたのだそうです。

茨城県結城市の金太郎ラーメンさんの村山さんが、須永博士と長年のお付き合いがあり、数年前から、茨城県桜川市の「真壁のひな祭り」では須永博士の作品販売をしてもらっています。


太田さんも、ここで須永博士の作品と出逢ったそうです。

りす村の入口にあったログハウスを、「ここに須永さんの作品を飾ったら・・・」との構想を持ち、入口から、いろいろと管理のし安い園内へと大移動!それが1年前のこと・・・

そのまま大きな進歩はないまま、東京ギャラリーの安藤とは打合せが少しづつ進んでいるくらいだったそうです。

それが・・・

6月26日、まだ1ヶ月とちょっとしか経っていないですね、たまたま須永博士と村山さんが連絡を取り、突然、りす村さんへ行くことが決まったそうです。

それからは・・・、もう、運命としか思えませんね、

このログハウスとの出逢い、太田社長さんとの出逢い


一気に、須永博士の挑戦が始まり、それに応えてくださる太田社長さんと、サポートして下さる村山さんのご協力、団結で、

「須永博士 真岡ふれあい作品館」ができました。

今日は、真岡の皆さんや、各地からのお客様でにぎわっている様子です。

また安藤から写真が届いたら紹介します
コメント

この道ひとすじ

2011年07月30日 | スタッフより
昨日の関宮祭で、マジックショーと歌謡ショーがありました。

小さなお祭りで、プロのステージが見れるなんてすごいことなのに・・・

子供たちはそんなことお構いなし

ワイワイしながらステージを見ていました。





さすがの歌声で とちゅうお話しされていた言葉に感動しました。

演歌歌手のかたわら、プロボクシングのリングアナもされている、星のぞみさん。

リングアナ10年目にして、世界タイトルマッチのリングアナをされたそうです
すごいことなんでしょうね!!

「みなさまのおかげです・・・」と話されていた星のぞみさんを見ていて・・・


須永博士もそうですが、有名になりたいとか、お金持ちになりたい・・・ではなく、
「自分の決めた道」を、一生懸命努力し続けてゆけること、それが自分にとっての「幸せな人生」になるんだろうな・・・と感じました。


今まで出逢ってきた、その道の“プロ”の方々・・・

誰にも真似できないようなことを見せてくれるその裏側では、どれほどの努力を積み重ねているのでしょうか。

須永博士が講演会の中でも言っています。

「人間のプロになれ」

「プロの人間になって下さい。」

そう、なんでもいい、自分が目指すことへのプロ意識を持つことが大切だと伝えたいのでしょうね・・・。



「この道 一筋です

心をこめて

愛をこめて

魂をこめて

一歩一歩です

それが わたしの人生です

それが わたしの

ゆくべき道です」

~詩集 「自分さがし」より~



コメント

小国の夏

2011年07月29日 | スタッフより

帰ってきたら、クワガタが家族の仲間入りしてました。









蝶が、湧き水が流れる地面で水分補給しています。羽をパタパタさせながら・・・













今朝は、公民館掃除があったので、北里大社様の横にある公民館へ娘達と行ってきました。

そして・・・今日は、近所の奴留湯温泉地域の関宮祭があります。





夜は歌謡ショーや出店もあり、なんだかタイムスリップしたような空間の夏祭り、あの雰囲気が大好きです。あとで子供達と行ってきます!

2008年の関宮祭のようす

あと・・・先日、みっちょこさんがコメント下さった鹿児島県指宿市山川のやまかわ保育園さんの法被の記事、昨年7月31日に書いていましたので紹介します

2010年7月31日の記事




コメント

阿蘇神社様

2011年07月28日 | スタッフより
7月26日、熊本空港に主人と子どもたちが迎えに来てくれて、中一の息子は、7月24~26日まで国立阿蘇青少年交流の家主催の体験宿泊に行っていて、そこへ迎えに行ってから小国へ帰ってきました。


途中、阿蘇神社様の前を通り、ふと「寄ってみようか」と、お参りすることにしました。


駐車場に車を停めて、正面に立つと、大楼門のちょうど真上、しかも真ん中に太陽が




「すごくない」と、そこでもう拝んでしまいました。

門をくぐって拝殿へ進むと、もちろん同じ方向なので拝殿の真上にも太陽



そして、その両側にある、「阿蘇都媛命」「健磐龍命」の神殿へ歩むと、一緒に動く太陽。







不思議・・・どちらも、ちょうど真正面に立つと、その真ん中に太陽が輝く・・・。

こんな事ってあるんだね・・・

と、ものすごく不思議で神聖で、なんだか清々しい気持ちになりました。

子供たちも一緒に、

「みんなが無事で、またこうして一緒にいられることに感謝しようね。」と、神様に手を合わせました。

お参りする前に手と口をすすいだお水を、帰りにもう一度飲ませていただき、







お留守番をがんばった子供達とお父さん、そして私も、疲れた身体がとってもすっきりした気分になり、小国まで帰ってきました。

須永博士に、この時の写真をメールで送ると・・・

「神様って、やっぱりいるよね。

見ていてくれているよね。

これからも、一生懸命生きていこう。

ありがたいね。」

と・・・

さまざまな世の中の出来事や、出逢う人のつらい人生に心痛めたりもして、「なんで神様はこんな試練を与えるんだろう。」とつぶやいたりする時もある須永博士ですが、

今回の稚内・礼文の旅でのたくさんの感謝と、これからの人生を、今からもう一度「人のために」と生きることを決めていることが私にも伝わってきます。

こんなすばらしい偶然に出逢わせてもらえるのも、このブログを見て下さるあなたにも見てもらうためなのかもしれない・・・。


☆今日7月28日は、阿蘇神社様の■「御田植神幸式 (おんだ祭)」■の日です。

阿蘇神社様HP

コメント

鹿児島県南九州市と指宿市にて講演会&サイン会開催

2011年07月27日 | 講演会・サイン会のお知らせ
2011年9月10日(土)

鹿児島県南九州市知覧町郡17880


南九州市コミュニティセンター知覧文化会館にて講演会

PM2:00~3:30

南九州市 市民大学の講師としてお呼びいただいております。

一般の入場も100名様限定で可能です。ご希望の方はご連絡下さい。

会場は、知覧特攻平和会館のとなりです。こちらもぜひ、訪れていただきたい場所です。



翌日、指宿市山川にて展覧会&サイン会を開催いたします!!


今年3月に15周年記念コンサートで共演しました「山川ツマベニ少年太鼓」の皆さんも演奏します

3月19日の様子①





2011年9月11日(日)

サイン会受付時間 AM11:00~PM3:00

色紙・パネル等に須永博士が直筆で詩を書きます。

価格一例 色紙・中パネル 5,500円(通常価格 10,500円)
     
     大パネル    8,000円(通常価格 15,750円)

他、詩集 1,223円~ 色紙 1,890円~ の販売もあります。

AM11:30~ 山川ツマベニ少年太鼓の皆さんの演奏

会場 活お海道さん 
  
鹿児島県指宿市山川金生町1-10


2日間、ぜひ皆様のご来場をお待ちしております。





コメント (4)

また今日から(o^o^o)

2011年07月27日 | スタッフより
心機一転、また今日から家族みんなで力合わせてがんばります(o^o^o)
コメント

笑力スタッフ(o^o^o)

2011年07月27日 | スタッフより
なかなか載せるタイミングが無くて、熊本まで帰ってきてしまいました(;^_^A

東京都足立区千住3-19

電話
03-3879-1112

http://itp.ne.jp/aa/KN1302081600015602
お好み焼き・もんじゃ・たこ焼きのお店

「笑力」のスタッフの皆さんです(o^o^o)

美味しかった♪♪

ごちそうさまでした(*^_^*)

須永博士の原画が贅沢に飾ってあります(^-^)

メニューもたくさんあって、どれも美味しいですよ(*^_^*)
コメント

熊本空港到着!

2011年07月26日 | スタッフより
さすが夏休み(o^o^o)

家族連れが多く、にぎやかな機内でしたよ~~(*^_^*)

もう、着陸直前は、ひとりで私、笑いをこらえるのに必死でした(;^_^A

羽田を離陸する時は、

「わあぁ~~~♪♪

おうちがちっちゃくなる~」

「楽しい~~」

「すごいね~~」

って声があちこちから聞こえてきたのが、雲の中に入るとき、気流のために揺れたら、一斉に

「ぎゃ~~~!!!」

「キャ~~~!!」

「落ちる~~~!」

「こわいよ~~、降りたいよ~~」

の悲鳴に変わって、お父さんお母さんがなだめる声が
「大丈夫!」

「落ちないよ!」

でもなかなかみんな落ち着かない様子。

でも、しばらくすると……
やっと機内が静かになってきました。

たぶん……

眠ったのかな(^-^)


でもまた、着陸直前には、私の後ろに座っていた男の子が、

「落ちるぅ~~~(泣)

やだ~~!!」

と(;^_^A

でも、ここからがおもしろかった(^-^)

大丈夫、落ちないよとお母さんが何度言ってもなかなかおさまらなくて、するとお父さんが、

「飛行機はね、鳥さんと同じだから飛ぶのが上手なんだよ。

ちょっと風が強いから揺れるけど、上手だから大丈夫。

絶対に落ちないよ。

降りる時も、ちょこり~~んと地面に着くからね。

○○は(男の子)強いから、こわくないよね。」

と言うと、

男の子「ちょこり~~んって?

スズメさんみたいに?」


父「うん、そうだよ。ちょこり~~んって。」


男の子はすっかり落ちついて、熊本上空の風景を楽しそうに見ている様子で、

「お母さん、ぎゅ~~ってして(^-^)」

と言って、心構えをしてから着陸!

もちろん、少しは衝撃もありましたが、男の子は大丈夫で、

「うわぁ~~、上手だったね~~、

また乗りたいなあ~~」

と♪♪

着陸したら、降りる時に私の横に来て、ニコニコ♪♪
お母さんに、「こら!」と怒られてましたが、きっとこの自分の感情を抑えきれない様子でした(*^_^*)

楽しい家族旅行になるといいですね(o^o^o)

さあ、私は小国に帰って、また須永博士美術館スタッフに戻ります(^-^)
コメント

須永博士東京ギャラリー

2011年07月26日 | スタッフより







須永博士東京ギャラリー

東京都江東区東陽にあります(*^_^*)

予約制ですので、ご連絡の上、お越しください(^-^)

須永博士東京ギャラリー

予約TEL…080-1213-3478

tokyogallery.sunaga-nao.an@docomo.ne.jp



7月17日に小国を出発してからの、須永博士の稚内-礼文島への旅も無事すべて行い、また須永博士美術館へ帰ります(o^o^o)

今度須永博士と会うのは、沖縄です(*^_^*)

不思議だなあ……。

昨年3月に沖縄に行ったとき、

「もう一度、日本列島縦断の旅をしたい」

と須永博士が話していたんです。

本当にその言葉が現実になります。

須永博士を応援してくださる皆様の力ですね……(*^_^*)

私も、ブログを通して、

《伝える》

役目を果たしていくように、これからも楽しんで更新していきます(^-^)

東京ギャラリーの安藤の家に昨日泊まって、写真の整理をしました(^-^)

先日は、青森県八戸市から長年のファンの方が

その前には、静岡県浜松市から詩集を買いに

東京ギャラリーまで来てくださったそうです。

わたしたちも、こうして来てくださる方々がいることが、ものすごく励みになります(o^o^o)

本当にありがとうございます(*^_^*)

では、今から羽田空港へ向かいます(^O^)/
コメント

稚内での愛さんとの出逢い

2011年07月26日 | スタッフより
今回、北海道の旅で最初の出逢いとそして北海道稚内を旅立つ日の最後の出逢い

平間愛さんとご家族にお会いしました



19歳の時に難病ALSが発病し16年、

愛さんのご家族は、愛さんと共にこの病気と向き合いながら、一日一日を大切に大切に生きています


愛さんのお父さんが、吉崎先生の恩師で、

お母さんは須永博士の作品をずっと前から持っていたそうです。

ぜひ、須永博士に会って欲しいとスケジュールを組み、7月18日に稚内に着いて宗谷岬に行ったあとにおじゃましました。

愛さんはベッドの上で待っていてくださり

その前で、たくさんたくさん詩を書きました。



ご家族の絆、愛、努力

それを感じとりながら……

そして、19日からの礼文の旅が始まり、23日、香深港からのフェリーに乗り、稚内港に着く10分前

「吉崎先生、もう一度平間さんに会いたい。」

とお願いしました。

18日は、愛さんのために詩を書きましたが、どうしてもお父さんに会いたいと。
「南中ソーラン」で有名な稚内南中学校で教頭をされていた時に、はじめはやんちゃな生徒達にソーランを踊ることから始まったものを、「全校生徒でやろう!」と声を上げたのが、平間さんなのだということや、

吉崎先生が尊敬する指導力、信念を持っていた教師であったということをお聞きして、


どうしてももう一度お会いしたい

と思ったようです。


ご都合をつけてくださり、1時間ほどでしたが、お会いすることが出来ました

須永も、平間さんにお会いできてまた新しい感動があり、

私も、愛さんのお母さんにきちんとブログに書いてもいいという許可をいただき、

「やっぱりもう一度ここに戻ってくることになっていたんだな」と感じました。

愛さんのお母さんからも、実は私達にたずねたいことがあったそうで…

愛さんのラジオ番組があり、毎週土曜日夜9時~ FMわっぴ~ にて

「ユペンディー ストーリー」

という番組です。

その中で、須永博士との今回の出逢いや、詩を朗読してもいいでしょうか

とのことでした。

もちろん、ぜひどうぞとお答えしました(o^o^o)

※次回 7月30日(土) PM9:00~ FMわっぴ~


「ユペンディー ストーリー」で、須永博士との出逢いを紹介されるそうです。




愛さんに出逢い始まった今回の旅

愛さんと再会を約束して旅立った北海道

きっとまた来る

そんな気がします。


握手して、笑顔で別れた須永と愛さんご家族でした

愛さんのホームページもあります。ぜひご覧ください。

おかあさんが「最近更新できていないのよね・・・」とつぶやいておられましたが、お会いして、本当の家族の愛、生きることの意味、家族の絆、人は人に支えられて生きている・・・たくさんのことを教わりました。



素敵な明日
コメント

東京スカイツリー

2011年07月25日 | スタッフより


ちょっと遠いですが、東京都江東区の、須永博士東京ギャラリー近くの道路から見た東京スカイツリーです

昨日正午からアナログ終了、地デジ化となり、いよいよ出番がやってきたスカイツリー。

そうだ・・・。

7月23日の夕方、浜松町のモノレールの駅から見えた東京タワー



なんだかさみしく見えたのは、長い年月活躍し、東京のシンボルだったのに、世代交代をしなければならない・・・

その前日だったからだったのか・・・。


今日は、須永博士東京ギャラリーの安藤の自宅に泊めてもらい、パソコンを借りて写真をパソコンに取り込んだりしています。

明日は、熊本へ帰ります

17日に出発してから10日間留守番してくれて、がんばっている主人と子供たちに会えるのは、やっぱりとっても嬉しいです

コメント

東京下町

2011年07月25日 | スタッフより
















須永博士の住む東京下町は、細い路地がたくさんあり、移動は徒歩か自転車が便利です(^-^)

私も24日夕方に南千住に着いてからは写真を現像に行ったり買い物に行ったり……自転車でスイスイ動きまわっています。

今日は暑くなってきたけれど昨日まではとっても涼しくて過ごしやすくて、自転車で外を走るのは気持ち良かったです(*^_^*)

小国では、自転車で動けるのは北里郵便局に行くくらいであとはほとんど車ですからね…(^^ゞ

足腰も丈夫になりそうです。

東京事務所から自転車で数分で、都電荒川線の三ノ輪駅があります。

終点は早稲田です。

線路脇には、バラがずっと植えられていて、のどかな風景と、下町らしい雰囲気が漂っています(^-^)


須永博士も、全国各地の旅をして、いつも旅の終点南千住駅を降りてからは1人リュックを背負い、路地裏を歩いて帰ります。

やっと、詩人の顔から、本当に全ての鎧を脱いだ自分に戻れる場所へ……(*^_^*)

一番下の写真は、都電荒川線三ノ輪駅のすぐそばのジョイフル三ノ輪商店街です。

たくさんの個性的なお店がたくさん並んでいて、いつもにぎやかです。

私も昨日は、とりふじで焼き鳥を買いました(o^o^o)
美味しそうなものばかりで、迷ってしまいます(^-^)
東京にいて感じることは、すぐ目の前や周りにたくさんの情報や選択肢がありすぎて、その中から自分に合ったものや、合った生き方を見つけていくのは楽しくもあり、大変でもあるな……ということです。

私も、22歳まで東京に住んでいましたから、いつもいろんな場面で選択をしてきました。

高校も、就職も、遊びも、友達も………。

今回礼文島に行き、素朴で純粋で、素直で、情熱や夢を持って生きている礼文の方々に出逢い、

大きな夢を持っている子供達の輝く瞳にも感動しました。

須永博士が講演の中で、

「一致団結」「少数精鋭」の詩を読むと、講演後に、
「そうか、少ないからできないんじゃなくて、少ないからこそできることがあるんだ!」

と感想を話してくれた方がいました。

その通りだと思います。

もちろん、多くの人が集まれば大きな力になるけれど
少ない人数だって、負けないパワーに変えることができるんですよね(*^_^*)
コメント

今の須永博士(*^_^*)

2011年07月25日 | スタッフより




昨日できてきた写真の整理(^-^)

須永博士が、厳選した数枚を一枚の資料にして、

いただいた名刺や、「いっこん」さんのライターをこれからコピーしてくるようです。

いただいた名刺はいつも、その旅ごとに整理して、ずっとずっと大切にしています。

「今からが本当の勝負!本当の動きを始める時だ」

と、今回の旅での詩や、出逢いを振り返りまとめるそうです。

私も須永の横で、皆さんの笑顔の写真を見ながらまとめています(o^o^o)

皆さん、本当に素敵な顔をしています(*^_^*)

「笑顔をたやさずに

もう一歩前進

苦しさに負けないで

もう一歩前進

やるべきことをやりながら

もう一歩前進

自分の幸せをつかむために

もう一歩前進」


「優しいあなたに

出逢いました

明るいあなたに

であいました

夢をもつあなたに

出逢いました

すてきなあなたに

であったことに

心から

感謝です」

須永博士の仕事場に飾られてある詩を読みながら

がんばります!

コメント

胸がいっぱいです(*^_^*)

2011年07月24日 | スタッフより

写真ができました(^-^)

三ノ輪の写真屋さんでプリントを頼んだのですが、あまりの枚数の多さに店員のお兄さんも

「どなたかの専属のカメラマンさんですか!?」

と(笑)

「まあそんな感じです(*^_^*)」

と答えました(^^ゞ

プリント枚数は、656枚でした(o^o^o)

先ほど取りに行くと

「重たいですよ~」

と店員さん。

ずっしりした重さの分、大切な出逢いや詩がいっぱいつまっていますからね(*^_^*)

さあ、この写真を整理しよう(^O^)/

と広げ、須永博士も一緒に見て

おぉ!○○くん、○○くん
かわいかったなあ~~○○ちゃん♪

○○ちゃんの夢が叶うといいな……

○○くんが、自分に自信持って堂々と生きていってくれるかな…

と、一枚一枚の写真を見ながらつぶやいています。

皆さんの表情が最高に素敵で、

整理するのにも時間がかかりそうです。

胸がいっぱいで………。
コメント