名南将棋大会ブログ 名古屋

名南将棋大会告知や結果のほか、
将棋が強くなるための記事を書きます。
まずは将棋上達法則を見てください。

大山将棋研究(2187);三間飛車に57金戦法(升田幸三)

2021-11-30 | 大山将棋研究

今日の棋譜20211130

昭和37年10月、升田幸三先生と第1期棋聖戦です。

升田先生の三間飛車です。

この当時は45歩の急戦定跡は出現していません。大山先生は57金戦法(金立ち戦法)。対中飛車以外にも使えるようですが、玉が薄くなるのが難点です。

すぐに中央から動きます。

スムーズに56金の形を作れるのが、金と銀の違いです。

右銀を繰り出して

3筋を攻めます。

飛で圧力をかけて

2歩手持ちにできました。

銀を引いて

4筋の歩を突き出します。形勢は互角ですが、先手のペースではあるでしょう。升田先生は美濃囲いから木村美濃に組み替えているのですが、堅さを好む現代将棋では好まれませんでした。今のAIならばどれを選ぶかわかりませんが、現代ならば銀冠のほうでしょうか。

33角48飛45歩から角交換して

大山先生は銀を上がるのですが、

65歩77銀引64銀左、これは後手陣の姿が良いです。

57金55歩53歩、53同金は24歩同歩23角とするのでしょうが、升田先生はそのほうが良かったかも。

84角の自陣角は升田好みですが善悪は不明です。49飛53銀

15歩は取ると14歩同香24歩同歩23角がありました。先の13香が角交換に弱かったということなのです。なので端を放置して64銀左。(1~3筋が受からないのならば53同金としておく方が良かったという理屈でした。)

21角には42飛よりも42金のほうがいいのか、よくわかりません。

飛をさばいたけれど、32金が離れていますから。さて駒損は避けられないので何か攻めねばなりません。

角を打ち込んで

左桂を使います。これならば駒損でも悪くはないか。

86香に62角は仕方なかったか。してみると少し苦しかったのかもしれません。

61飛84歩41飛成、この金取りは受けにくいので、

85歩同香84歩32竜

85歩48金。升田先生は飛金と角の交換ですから駒損です。

47香同金同歩成56飛、これで駒損が緩和されて難しくなったか。攻めるならば57金、守る手はいくつかありますが

52歩58歩、互いに辛抱すると、また難しい図です。73角~46と くらいだったでしょうか。

64銀左44歩55金

55同飛同銀43歩成、飛は持ち駒の金を使って取ったので大したことはありません。と金を作られて52とが嫌な感じです。ここは平凡ならば39飛52と35角、戦えないことはないと思うのですが、

54飛の自陣飛車は攻防でした。こういう手は見えにくいです。対して大山先生は53香。52と を実現したかったのですね。でも重いから(後に出てくる)58と同金46銀でまだ難しかったのではないでしょうか。

53同角同と同飛、後手玉の堅さを重視したわけですが、金損は大きいでしょう。先手有利がはっきりしたのでは。

41竜83香

51竜(小さな竜の動きで気が付きにくい)58と同金46銀

59歩57桂成。これで後手の寄せ合い勝ちならば良いのですが、

62金は結構速い手で、58成桂で寄せ合いです。後手玉は2手すきくらいでしょうか。先手玉に詰めろは難しいから3手すきくらい。

72金同銀71角

73玉62竜84玉58歩。一回手を戻すのが良いのですね。68銀を取って73銀打がまわればまだ難しいかというところでした。(72銀には角のひもがついています。)

61金に82角成、竜は見切って角を成れば良いと。

62金86歩で詰めろ。これは受けが難しいです。

73桂85歩同桂86金で詰めろ。

ここまで。

 

57金戦法で勝つのは大変ですが、右銀を中央に使う形ならば勝負になっていると思います。終盤まで難しい戦いが続いているのですが、升田先生がいくつかチャンスを逃しているのではないでしょうか。大山先生は派手な手を指していない(なので問題集がつまらないかも)けれど確実な手を積み重ねた感じです。

 

#KIF version=2.0 encoding=Shift_JIS
# ---- Kifu for Windows V7 V7.46 棋譜ファイル ----
開始日時:1962/10/19
手合割:平手  
先手:大山名人
後手:升田幸三9段
手数----指手--
   1 7六歩(77)  
   2 3四歩(33)  
   3 2六歩(27)  
   4 4四歩(43)  
   5 4八銀(39)  
   6 3二飛(82)  
   7 2五歩(26)  
   8 3三角(22)  
   9 5六歩(57)  
  10 5四歩(53)  
  11 6八玉(59)  
  12 6二玉(51)  
  13 7八玉(68)  
  14 7二玉(62)  
  15 5八金(49)  
  16 4二銀(31)  
  17 6八銀(79)  
  18 8二玉(72)  
  19 9六歩(97)  
  20 9四歩(93)  
  21 5七金(58)  
  22 7二銀(71)  
  23 5五歩(56)  
  24 同 歩(54)  
  25 4六金(57)  
  26 5三銀(42)  
  27 5五金(46)  
  28 5四歩打    
  29 5六金(55)  
  30 5二金(41)  
  31 5七銀(48)  
  32 6四歩(63)  
  33 3六歩(37)  
  34 7四歩(73)  
  35 4六銀(57)  
  36 4三金(52)  
  37 3五歩(36)  
  38 5一角(33)  
  39 3八飛(28)  
  40 3五歩(34)  
  41 同 銀(46)  
  42 3四歩打    
  43 4六銀(35)  
  44 6三銀(72)  
  45 1六歩(17)  
  46 1四歩(13)  
  47 5七銀(46)  
  48 7二金(61)  
  49 4六歩(47)  
  50 1三香(11)  
  51 4五歩(46)  
  52 3三角(51)  
  53 4八飛(38)  
  54 4五歩(44)  
  55 3三角成(88)
  56 同 桂(21)  
  57 6六銀(57)  
  58 6五歩(64)  
  59 7七銀(66)  
  60 6四銀(53)  
  61 5七金(56)  
  62 5五歩(54)  
  63 5三歩打    
  64 8四角打    
  65 4九飛(48)  
  66 5三銀(64)  
  67 1五歩(16)  
  68 6四銀(53)  
  69 2一角打    
  70 4二金(43)  
  71 3二角成(21)
  72 同 金(42)  
  73 1四歩(15)  
  74 5六歩(55)  
  75 5八金(57)  
  76 2七角打    
  77 5九飛(49)  
  78 4六歩(45)  
  79 1三歩成(14)
  80 4五桂(33)  
  81 8六香打    
  82 6二角(84)  
  83 6一飛打    
  84 8四歩(83)  
  85 4一飛成(61)
  86 8五歩(84)  
  87 同 香(86)  
  88 8四歩打    
  89 3二龍(41)  
  90 8五歩(84)  
  91 5三歩打    
  92 同 銀(64)  
  93 4八金(58)  
  94 4七香打    
  95 同 金(48)  
  96 同 歩成(46)
  97 5六飛(59)  
  98 5二歩打    
  99 5八歩打    
 100 6四銀(53)  
 101 4四歩打    
 102 5五金打    
 103 同 飛(56)  
 104 同 銀(64)  
 105 4三歩成(44)
 106 5四飛打    
 107 5三香打    
 108 同 角(62)  
 109 同 と(43)  
 110 同 飛(54)  
 111 4一龍(32)  
 112 8三香打    
 113 5一龍(41)  
 114 5八と(47)  
 115 同 金(69)  
 116 4六銀(55)  
 117 5九歩打    
 118 5七桂成(45)
 119 6二金打    
 120 5八成桂(57)
 121 7二金(62)  
 122 同 銀(63)  
 123 7一角打    
 124 7三玉(82)  
 125 6二龍(51)  
 126 8四玉(73)  
 127 5八歩(59)  
 128 6一金打    
 129 8二角成(71)
 130 6二金(61)  
 131 8六歩(87)  
 132 7三桂(81)  
 133 8五歩(86)  
 134 同 桂(73)  
 135 8六金打    
 136 7七桂成(85)
 137 同 玉(78)  
 138 投了        
まで137手で先手の勝ち

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大山将棋問題集20211129 | トップ | 大山将棋問題集20211130 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

大山将棋研究」カテゴリの最新記事